facebook
私たちは前回の記事で vital internet trends に関する多くのデータを提示しました。活用いただければ幸いです! しかし、根本的には、VPN の利用とデータセキュリティに関する最新情報を更新したいと考えています。そのため、この記事は、最新の調査結果をわかりやすくまとめたものです。 データ・プライバシー 2017年は、一般の人がデータプライバシーの問題に注目するようになった注目すべき年になりました。 データ・プライバシー vs 国家セキュリティ プライバシー擁護問題の深刻化の中で、大多数のアメリカ人は、Apple社は、サンバーナーディーノ市のテロリストのiPhone をアンロックすべきだったと考えています。 これは一般的な傾向を反映しています。アメリカ人は現在、政府がテロリズムに対処する上でサイバーの面で十分なことができていないと心配しています。 ビジネスとデータ利用に対する関心の高まり 最近の調査では95%以上のアメリカ人が、企業のデータ利用に関して、多少あるいは非常に関心を持っていると答えている。 伸び続ける広告ブロック Apple や Google のようなインターネットの巨人は、顧客データを収集し、ユーザー向けの広告をカスタマイズすることに同意しています。しかし、データは、インターネットユーザーの広告に対するいら立ちが強まり、記録的な数で広告ブロッカーが利用されていることを示しています。 データ・プライバシーの統計まとめ まとめると、これらの表は、消費者と企業両方で、かつてなくサイバーセキュリティに関心が高くなっていることを示しています。 この関心は、米国と世界の政治的な状況により、より難しくなるでしょう。 最終的には、データ保護法を制定したり強化するのは政府次第です。同時に、多くの政府は、データ保護を侵害する法的手段を求めています。 VPN の利用 もちろん、VPN 利用とデータプライバシーには、強い相関関係があります。インターネット利用時に別個のサーバーにアクセスすることにより、VPN は、ハッカーや第3者がオンライン活動を追跡することをはるかに困難にします。以下の表は、地球上のVPN 利用の現状を精査したものです。 VPN 利用のトップマーケット 相変わらずアジアと中東がVPN 市場を支配しています。 VPN の利用頻度 VPN を利用する人の大多数は、少なくとも週1回利用します。 匿名ブラウジング 匿名ブラウジングは、特にサウジアラビア、インド、ベトナムでVPN を利用する主な目的です。 Netflix へのアクセス VPN 利用のもう一つの主な目的はコンテンツ・ストリーミングです。例えば、ある月の全VPN ユーザーの約30%がNetflix にアクセスしています。 VPN 利用統計のまとめ インターネット・プライバシー市場は、近年、世界の同一地域にけん引されて成長を続けています。加えて、ストリーミング・コンテンツへのアクセスが主なVPN 利用目的であり続けています。 サイバー犯罪 サイバー犯罪は進化を続けています。次の表で示されているように、セキュリティの破れは変わらず多く、消費者・企業双方にとって進化する多様な脅威から保護することは課題です。 データの破れ 最近の数値は、世界中でデータの破れが増加する傾向が続いていることを示しています。 オンライン・プライバシーに対する脅威...
facebook
VPN を利用するオーストラリア人が増えています。プライバシーを強化し、同時に地域的に制限されているコンテンツをブロック解除するためです。VPN利用がここ数年、オーストラリアで急激に伸びているのには理由があります。世界の全ての地域でVPN 利用には多くの利点がありますが、オーストラリアももちろんそうです。 VPN の利用からはどんなメリットがあるか? 今日オーストラリア人の大きな関心事のひとつはプライバシーです。それは、彼らのデジタルライフを監視・調査することを認める法律があるからです。このため、プライバシーを強化し、個人の生活を覗かれないために何らかのソリューションが必要です。VPN は完全なプライバシーと匿名性を提供できるので、ユーザーは、誰かに監視されたり、それと知られることなくウェブを利用できます。 政府による監視を別にすれば、もう一つの主な問題は、地域制限されたウェブサイトやチャンネルのブロック解除です。例えば、米国内向けNetflix は、その他のどこの国のバージョンよりもはるかに内容が充実しています。オーストラリア人がNetflix に申し込む時は、米国内同様同レベルのサービスを期待しますが、そのためには、米国にサーバーを置くVPN が必要です。 また、政府を別にしても、セキュリティの脆弱性を狙っているサイバー犯罪者もいます。もし本当にウェブを最大限に活用したければ、常に彼らの危険の及ばない所に身を置くべきです。最もよい方法はVPN を利用することです。VPN は全てのトラフィックを暗号化するので、重要な情報が他人に知られる心配はありません。 オーストラリアにベストなVPN はどれか? 上記の全てのことから、オーストラリアで(そしてもちろん、世界の全ての地域で)VPN を使うことの重要性は言うまでもありません。オーストラリアに関しては、多様なサーバーを世界中に、特に米国に多く(オーストラリア国内にも)配置しているVPN プロバイダーが必要でしょう。これにより、これまで視聴できなかった米国チャンネルの地域制限されたコンテンツの制限を解除することができます。 それだけでなく、プライバシーを尊重し、ログを記録しないVPN からはその面の恩恵を受けられます。全てを考えた上で、こちらがオーストラリアに最適なVPN トップ5です。(ここに挙げた5つ全てが、オーストラリアと米国に高速サーバーを保有し、どこでもお気に入りの番組を視聴できます): 
facebook
ゲームは、ソファーに座って1人でプレイする昔のスタイルからマルチプレイヤー・ゲームへと進化しています。最高のゲーム体験のためには安定した高速インターネット接続が必要です。しかし、マルチプレイヤー・ゲームは個人情報を必要とします。これは、ハッカーなどのサイバー犯罪者には格好の獲物です。このため、VPN サーバーが必要なのです。接続が暗号化されるということは、あなたの情報は、パブリック・ネットワークに接続している時も安全です。 ゲーム向けVPN トップ5 全ての VPN はゲーマーの特定のニーズに基づいてカスタマイズされます。例えば、オンラインゲームをプレイする、ゲームをダウンロードする、制限されたアプリケーションにアクセスするなどです。ゲーミングVPN を探す時は、料金、サーバー数、そして、パーソナルDNSサーバーを提供しているか、などを考慮するべきです。  VPN サーバーは以前から、専用ゲーミング・サーバーを提供し、DDoS攻撃を防ぎ、データを保護し、ラグを減らし、ブロックを解除するために利用されています。以下は、2017年のベスト・ピックアップです。 クリックすると各VPN のより詳細なレビューが見られます *上の表の方が下の記事よりも最新です。 – VyprVPN は、おそらく最速のゲーム用VPN サーバーを持っています。 多様なサーバーを戦略的に配置して、トラフィックを迂回させ、速度を最適化しています。暗号化システムと、DDoS攻撃の可能性を減らすセキュリティ・フレームワークを備えます。月額 $6.67 で38ヵ国で運用される20万のIPアドレスと700台のサーバーにアクセスできます。    – この VPN サーバーは、オンラインゲームをプレイ中のバッファリング時間をなくします。速度を向上させ、あなたのゲーム体験を改善します。少なくとも60ヵ国に500台以上のサーバーを備えています。この巨大なネットワークにより、あなたのゲームに完璧なサーバーがあります。  IPVanish は、暗号化のセキュリティとノーログ・ポリシーを備えています。   – 他のVPN サーバーと比べ、BolehVPN は有名ではありませんが、このリストの他のサーバーと同じくらい信頼できます。暗号化のセキュリティを備え、帯域幅は無制限です。残念ながら、iPhone向けアプリはなく、インストールはかなり面倒です。例えば、「チームフォートレス」、「カウンターストライク1.6」、「コールオブデューティ」、「マインクラフト」などのゲームには理想的な専用サーバーを提供しています。    – ゲーミング VPN に関しては、Express VPN は高速で、バッファリング待ちを経験することはないでしょう。これは最高のゲーミングVPN のひとつで、さまざまなOSで完璧に動作します。256ビット暗号化とノーログ・ポリシーにより、安心感があります。  ExpressVPN の賞賛に値するところは他にも、24時間週7日のカスタマーサポートと30日間返金保証があります。   – セキュリティの点で、Iron Socket はかなり進んでいます。暗号化は2048ビットと4096ビットです。ノーログ・ポリシーで超高速、ゲームに関する限り、あなたをがっかりさせることはないでしょう。36ヵ国で50以上のサーバーを運用しています。
facebook
Chrome のVPN 拡張機能はたくさんあります。これだけたくさんあると、偽物ではないしっかりと機能するVPN を見つけるのは困難です。VPN を利用する目的が何であれ、これらのVPN は、Google Chrome は最適です。 各VPN の詳細なレビューが以下には含まれています *上の表の方が下の記事よりも最新です。 VyprVPN は、Chrome ユーザーにとても人気があります。とても使いやすく、世界中のあちこちにサーバーがあります。 VyprVPN は、多くの追跡者をブロックするので、インターネットを閲覧するのに優れています。Wi-Fi 保護も内蔵しています。 Windscribe は、2014年にリリースされましたが、今は勢いを増す一方です。現在、ユーザー数は50万人を超えています。これほどの人気の理由のひとつは、無料であることです(低速で機能制限があるので無料版はおすすめしません)。この VPN は、対ハッカー保護機能と Wi-Fi 保護機能を内蔵しています。 これは最も新しいグーグルクローム用VPN拡張機能のひとつです。Hotspot Shield は、Anchor 社が保有し運営しています。 Anchor 社は、ソフトウェア業界で最も信頼できる会社の1つとなり、人気のアプリを多数リリースしています。このVPN には無料版と有料版があります。有料版は無制限で機能豊富です。無料版は低速で、大量の広告がユーザー・エクスペリエンスを台無しにしているように思えます。 他の多くの VPN と違い、CyberGhost VPN は、ユーザーのセキュリティとプライバシーに注力しています。 CyberGhost VPN は、広告、追跡、悪意あるウェブサイトをブロックします。クリックだけで使いやすく、 インターネットを匿名で閲覧できます。  CyberGhost VPN には必要ならジオブロッキングもあります。 CyberGhost VPN は、Wi-Fi スポットで利用する時には、データを圧縮し、インターネット閲覧に使用するデータ量を減らします。 CyberGhost VPN は毎年、ISO認証された透明性レポートを公表しています。もっと機能が必要なら、プレミアム版があります。 TunnelBear VPN は、本当はVPN ではありません。本当は、暗号化されたプロキシです。暗号化プロキシはVPN とは違いますが、ほとんど同じ目的に利用されるサービスです。この拡張機能はブラウザのデータのみを暗号化し、デスクトップ版は全データを暗号化します。 TunnelBear...
facebook
イギリスでは、Sky TV が人気のテレビ・プロバイダーです。Netflix や他のオンライン・ストリーミング・サービスに対抗するために、Sky Go はつくられました。Sky Go には、短期間放送されていた多くのTV番組と、アメリカのTV番組があります。Sky Go は、PC、タブレット、スマートフォン、ゲーム機などで見ることができます。Sky Go は、それぞれ内容の異なる7つのチャンネルに分かれています。しかし、英国内に居住していなければ、Sky Go へのアクセスはブロックされ、VPN を利用しなければ、アクセスできません。 各VPN の詳細なレビューが以下にあります *上の表の方が下の文よりも最新です。 Express VPN は、英国内に多くのサーバーを保有しています。常に稼働しているサーバーがあるので、これは、Sky Go には有利です。Express VPN は、とても使いやすく、初心者に適しています。Express VPN の持つサーバーにより、その接続は安定しています。つまり、ロードの待ち時間や動画の中断はありません。 IPVanish も、英国内にサーバーを持つ人気のVPN です。IPVanish は共有IPアドレスを使用します。これはセキュリティを厚くしますが、接続は時々スローダウンします。試用したければ、7日間の無料トライアルがあります。 Goldenfrog社の VyprVPN は、最安値のひとつであるだけでなく、よい選択です。ネットワークには多くのサーバーがあり、Sky Go やその他のサイトに対し、良好な高速接続を提供します。 NordVPN は技術志向で、VPN 初心者には手に余るかもしれません。さまざまな地域に多くのサーバー配置場所があります。そのサービスを利用するために最適なロケーションを選択する「スマートプレイ」という機能があります。複数のオンライン・ストリーミング・サービスを利用している場合には、これは最高の機能です。 Buffered は、英国内と世界中に多くのサーバー配置場所を持つ優れたVPN です。ハンガリーに拠点を置くBuffered は、イギリスと米国等その他の国々の法律によって保護されています。ソフトウェアは使いやすいのに機能豊富です。Buffered の速度は上々で、速度が低下したと感じた時には、切り替えられるサーバーが多数あります。 以下のリストが役立つでしょう。これは、現時点でのトップVPN のリストで、定期的に更新されています
facebook
ルール41 とは何か、そしてアメリカ国外に居住するあなたに、どのように影響するのか? ルール41 は、連邦治安判事が捜査と差し押さえのための法的強制力を持つ令状を発行することを認めます。しかし、これは重要な制約を含んでいます: 特定の限定された状況以外では、政府は捜査を執行するために管轄判事の令状を得る必要があります。ルール41 の修正条項は、この制限を緩和します。この修正条項は、1つの管轄区で発行された令状を適用して、別の場所にあるコンピューターの捜査を執行することを認めます。この変更は次の場合に適用されます: 自分のコンピューターの位置情報を隠蔽するために「技術的な手段」を用いた場合、または、 ボットネットを捜査する場合に、損傷したコンピューターが5か所以上の地域にある場合。 公益グループ、プライバシーツールのプロバイダーおよびインターネット会社を含む50もの団体が、ルール41への変更に反対を唱えるために結集しました。vpnMentorは、noglobalwarrants.orgと協調してルール41の変更案を無効にする世界的な努力を主導しています。noglobalwarrants.org は米国民に注力して、連邦議員に働きかけるように呼びかけていますが、この法令に対する世界的な関心を高めることは大きな重要性があります。なぜなら、米国政府はさらに、VPNやTorブラウザを使用している世界のユーザーをハッキングすることも可能になるからです。このために、私たちはオリジナルの「決起要請」を 26言語に翻訳し、世界全体にシェアする努力を続けているのです。 ルール41 の改正の何がそんなに危険なのか? この法改正は法執行機関によるコンピューターのハッキングを劇的に増加させるおそれがあります。なぜなら、米国内ほとんどの連邦治安判事に令状を出すことを認めるからです。法執行機関は、合衆国全体から最も法執行機関寄りの判事や技術面に不案内な判事を探して、この危険な令状に署名させることができます。 この修正条項の下では、米国内ほとんど全ての任意の地域の判事が、法執行機関に対して、個人情報保護技術によってコンピューターの所在があいまいな場合に、離れた地域の捜査や一般人のコンピューターへのハッキングを許可することができるようになります。つまり、この法改正によって、最も懸念されるプライバシーが打撃を受ける公算が大です。 多くの場合、治安判事は無自覚に、米国内のみならず、世界中のコンピューターに対して、その国の法律に関わらず、令状に署名するでしょう。 この法改正はまた、法執行機関が1通の令状で何千ものコンピューターを遠隔捜査するという事態を招きます。―これは、合衆国憲法修正第4条および国際的な人権法に違反します。 ハッキング―コンピューターへの秘密侵入、データのコピー・削除、プログラムの実行―は、ユーザーとそのデバイスに深刻な結果をもたらします。公的機関は、捜査の間に善意のユーザーのコンピューターにボットネット自体よりも大きなダメージを与える可能性があります。もし連邦議会が公的機関によるハッキングを認めるという極端な手段を認める場合は、どのような場合に認められるのか、また、合衆国憲法と国際法に一致するようにユーザーを保護するために、厳密な制限が設けられなければなりません。 もし連邦議会が行動しなければ、この新条項は2016年12月1日に発効します。ですから、私たちは声を上げ、この法改正を否定しなければなりません。この記事をソーシャル・ネットワークやあなたのブログでシェアしてください。 Facebookでシェア! あるいは ツイート してください。