トレントに最適なVPN 10選 安全・匿名でP2Pができることを確認済み 2019年最新情報

トレント用VPNにはどのような特長が必要かということに関して、嘘の情報がたくさん出回っていますから、最適なサービスを見つけるのは簡単ではありません。

一部のVPNはログを記録しているもの、さらにはログを漏洩したりしているサービスもあり、P2Pでファイルを共有するには通信速度が遅すぎるものもあります。Holaなど、P2P通信をすべて禁止しているVPNもたくさんあります。

弊社ではトレントに最適なVPNを見つけるべく、300以上のプロバイダを試験しています。こちらでおすすめするサービスはP2Pに完全に対応しているほか、スムーズに安全にトレントするのに必要な通信速度とセキュリティ対策機能を搭載しています。政府やISPによる介入にも対応できます。

違法行為は推奨しませんが、トレントする場合は安全第一です。きちんとしたログなし方針やP2Pに対応しているという方針があるかどうか確認し、通信速度試験も行い、VPNのランキングでは14アイズ同盟以外に本社があるVPNを優先しました。

トップでお勧めなのはExpressVPNです。

ExpressVPNの裏技!1か月間無料でお試し!

トレントする際にExpressVPNがいかに効果的か試してみたい場合や短期間だけ高品質のVPNを使いたい場合、この裏技を使って1か月無料でExpressVPNをお試しください

ExpressVPNは30日返金保証を提供しているため、必要なサーバー、通信速度、セキュリティ機能があるのか確認できます。私たちはExpressVPNの返金方針を試し、本当に返金保証を守っているのか、返金の理由を質問されないか確認済みです。何らかの理由で満足できなかった場合はすぐに返金してもらえるので安心です。

一つアドバイスすると、トレントする場合は以下でおすすめしたVPNを1つ利用し、他のサービスは利用しないようにしましょう。ISPによる監視、帯域調整、ハッカーなどを対策する唯一の方法ですし、他のトレント利用者にあなたの本当のIPアドレスを見られることもありません。

これらのVPNの試験・ランキング方法について詳しくはこちらをご覧ください。

お急ぎですか? トレント向けのトップVPNをまとめました:

    1. ExpressVPN – トレントする際に最速のVPNで、強力なセキュリティ対策や機能を搭載
    2. NordVPN – 完璧なプライバシー保護と特別なサーバータブがあるのでP2Pで利用するのにオススメのチョイス
    3. CyberGhost – トレントプロフィールが搭載された使いやすいVPN
    4. Surfshark – 何台でも端末を同時に接続できるので複数の端末でトレントする場合にピッタリ
    5. PrivateVPN – P2Pに対応した経済的なVPN

2019年最高のトレント向けVPN レビュー・比較

1. ExpressVPN

トレントに最適なVPN―安全で機能が満載、超高速

  • インターフェイスが使いやすく、P2Pに完全対応。キルスイッチやスプリットトンネリングなどの機能も。
  • 最大で5台まで同時に接続でき、帯域が無制限
  • P2P通信に対応しているのは:すべてのサーバー
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、BlackBerry、ルーター、Raspberry Pi、Chrome、Firefox、Safari、プレーステーション、Xbox、Apple TV、Nintendo Switch、Amazon Fire TV、Samsung スマートテレビ、Roku、Chromecast、Nvidia Shield
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC、DAZN、HBO GO、Amazonプライムビデオ、Showtime、Sling TV
  • ポートフォワーディング機能:あり

ExpressVPNは安定して通信速度が速いことが評判のサービスです。帯域は無制限で、3000以上のサーバーすべてでP2Pに対応しています。

160個のサーバー地点から手動でサーバーを選ぶこともできますが、スマートロケーション機能を使って一番近くて速度が速いサーバーに接続することもできます。

ExpressVPNのセキュリティ機能は最高です。英国領バージン諸島に本社があり、14アイズの監視の対象ではありません。ExpressVPNはログなし保証もあるのでトレントする際にプライバシー保護を最優先させたい人には最高のチョイスでしょう。トレントする際にはプライバシー保護がとても重要なのです。

ExpressVPNは強力なAES 256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシーで保護してくれるため、共有したファイルは確実に安全です。また、ネットワークロック設定というExpressVPNの接続停止スイッチもあります。この機能を使うことで、故意に通信が途切れた際に本当のIPアドレスが漏洩されることが防止されます。OpenVPNプロトコルはすべてのアプリで標準的に使われています。

さらに、ExpressVPNにはスプリットトンネリング機能があります。この機能では、P2P通信だけを暗号化し、ゲーミングやインターネットサーフィンなどの通信はホワイトリスト化するようにアプリをカスタマイズすることができます。

ExpressVPNではuTorrent、BitTorrent、Delugeなど色々なトレントプログラムを試してみました。追加でセットアップしなくてもスムーズに利用することができました。

また、ExpressVPNはビットコインでの支払いにも対応しているので、トレントサービスを購入する際に高度な匿名性が欲しい場合にもおすすめです。

アプリは直感的に利用できますから問題なく利用できるはずですが、必要な場合は24時間週7日体制のライブチャットサポートにいつでも助けを求めることができます。

ExpressVPNが向かないのはこんな人:

  • 低価格なVPNを探している人。ExpressVPNは他のサービスと比べてやや高価格ですが、トレントする際に最高の通信速度とセキュリティ対策が欲しい場合はお金を払う価値があると思います。さらに、1年プランを購入すると3か月無料で利用することができます。

ExpressVPNには無料トライアルはないものの、30日返金保証があるので最大3台の端末でサービスを試してみることができます。現在利用可能なExpressVPNのクーポンを確認するのをお忘れなく!毎日最新情報を更新しています。

今すぐExpressVPNをお試しください!

ExpressVPNの利用者やこのサイトの利用者からのレビューをご覧ください。

2. NordVPN

完璧なプライバシー保護と特別なP2Pタブには何千ものサーバーあり

NordVPN

  • P2P通信に対応しているのは:4700以上のP2P専用サーバー
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、BlackBerry、ルーター、Raspberry Pi、Android TV、Chrome、Firefox
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC、HBO GO、Amazonプライムビデオ、Showtime、Sling TV
  • ポートフォワーディング機能:なし

たくさんのお金を払わなくてもトレントするために高度なセキュリティ対策を行うことができます。低価格で高品質という最高のサービスを探している方にはNordVPNがおすすめです。

非常に安全なNordVPNには強力な256ビット暗号化とOpenVPNをデスクトップアプリの搭載しています。完全な漏洩対策・広告ブロッキング機能であるCyberSecも含まれています。

NordVPNはプライバシー保護に適したパナマに本社があり、厳しいログなし方針のもとで営業されているため、VPNサービスさえも情報を見ることはできません。

4700以上のP2P専用サーバーを用意しており、最高速度で安全にファイルを共有できるようになっています。VPNアプリの専用メニューから簡単にアクセスでき、他にもダブル暗号化やオニオンオーバーVPNに設定されているサーバーもあります。

データと帯域が無制限であるほか、NordVPNには2種類の停止スイッチがあります。1つは接続全体の停止スイッチ、もう一つは特定のプログラムだけの停止スイッチです。トレントクライアントの通信だけをNordVPNで保護することができるので、故意に接続が途絶えた場合、P2P通信だけがブロックされます。

高度なBitTorrentの利用者はSOCKS5プロキシが役に立つかもしれません。NordVPNのすべてのプランに含まれている機能です。このようなプロキシは完全に暗号化してくれるわけではありませんが、追加でセキュリティ対策が可能で通信速度が速くなる場合もあるため、匿名で安全にトレントするのに本当に役立ちます。

VPNアプリを起動すれば良いだけなので、NordVPNをトレントクライアントと併用するのはとても簡単ですが、トラブルが発生した場合は24時間いつでもサポートに問い合わせられます。ライブチャットで簡単に質問できます。

NordVPNが向かない人はこんな人:

  • PayPalで支払いたい人。残念ながら最近NordVPNはPayPalでの支払いの対応を停止しました。しかしビットコインやその他の仮想通貨での支払いは可能ですから、安全に支払うことができます。

NordVPNなら高速ですし、セキュリティ機能もサポート体制も万全なのでインターネットサーフィン、Netflixの視聴、トレントなど、どんなことでも快適です。30日返金保証があるので最大6台の端末で使い心地を試してみてください。

NordVPNは定期的にプランの割引を提供しています。NordVPNの最新クーポンコードを確認してプランを格安でご利用ください。

今すぐNordVPNをお試しください!

NordVPNがRedditで人気があるのも納得していただけると思います。詳しくはNordVPNのレビューをご覧ください。

3. CyberGhost

直感的に利用できるトレントプロフィールで使いやすいVPN

  • P2P通信に対応しているのは:専用プロフィール。サーバー数と距離が表示されます。
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、ルーター、Raspberry Pi、Chrome
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC、DAZN、HBO GO、Amazonプライムビデオ、Sky Go
  • ポートフォワーディング機能:なし

CyberGhostは使いやすさと保護が最高レベルの注目サービスで、トレントに向いています。本社はプライバシー保護に適したルーマニアで、ログなし保証があります。

アプリでは分かりやすいメニューが表示され、簡単にP2P専用プロフィールにアクセスできます。P2Pに対応したサーバーがある国が表示されますし、あなたのIPアドレスからの距離や利用しているユーザー数、現在のサーバーの負荷なども確認できます。

CyberGhostは解読不可能なAES 256暗号化でデータを保護してくれます。対応しているプロトコルは業界で標準的に使用されているOpenVPNのほか、IKEv2やL2TPにも対応しており、アプリから直接切り替えることができます。

CyberGhostのセキュリティ機能には停止スイッチがあり、接続が停止した場合にP2P通信が保護されます。さらに、IPv6とDNS漏洩保護機能もあります。広告ブロッキング機能やマルウェア対策機能も搭載されているので、トレントクライアントで悪質な宣伝が表示されなくなります。

CyberGhostはNordVPNやExpressVPNほど高速ではありませんが、バッファすることなく高速でトレントできるような通信速度と無制限の帯域が魅力的です。

CyberGhostは合法なトレントを許可しています。

また、CyberGhostはライブチャットサポートがあるので問題や質問があった場合に素早く解決することができます。このVPNはビットコイン決済に対応しています。

CyberGhostがおすすめではないのはこんな人:

  • 中国で利用できるVPNが必要な人。CyberGhostは今のところ中国のグレートファイアウォール(金盾)を通過することができません。

同時に7台まで接続できますし、24時間無料トライアルのほか、45日返金保証もあるのでCyberGhostならリスクなしで使い心地を試すことができます。

今すぐCyberGhostをご利用ください!

実際の利用者からのレビューをご覧ください。

4. Surfshark

同時に接続できる台数が無制限なので複数の端末でトレントする場合にピッタリ

Surfshark devices
  • P2P通信に対応しているのは:すべてのサーバー
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、ルーター、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC、HBO GO、Amazonプライムビデオ、ESPN
  • ポートフォワーディング機能:なし

Surfsharkは50か国以上に800以上のサーバーを配置しており、高速で安定したサーバーネットワークがあるのが特徴です。サーバーネットワーク全体でP2P通信が可能なので快適にトレントすることができます。

Surfsharkのプライバシー方針はログなしを保証しています。ExpressVPNと同じでSurfsharkは英国領バージン諸島に本社があるため、プライバシー保護の面では完璧です。

すべてのサーバーでトレントすることができますが、時々ソフトウェアはオランダまたはカナダのサーバーにリダイレクトします。自動で行われますから、トレントやインターネットサーフィンに支障はありません。

セキュリティ対策の面ではAES 256暗号化、OpenVPNへの対応、停止スイッチなどの特長があります。追加の機能にはスプリットトンネリング、マルウェア対策、広告ブロッカーなどがあります。

また、Surfsharkでは接続できる端末数が無制限という珍しい特徴があります。複数の端末がある場合や家族や友達で使用するためのVPNが必要な場合にとても役に立ちます。

Surfsharkのライブチャットサポートは24時間週7日体制なので、質問に素早く親切に答えてもらえます。

Surfsharkが向かないのはこんな人:

  • ルーターにインストールできるVPNが必要な人。Surfsharkはルーター専用アプリがありません。

全体的にSurfsharkは経済的なVPNでパワフルです。何台でも接続できますし、30日返金保証があるので高速で安全にご利用ください。

今すぐSurfsharkをお試しください!

詳しくはSurfsharkの完全レビューをお読みください。

5. PrivateVPN

P2Pに対応している経済的な最高のVPN

PrivateVPN Devices
  • P2P通信に対応しているのは:すべてのサーバー
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、ルーター
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC、HBO GO、Amazonプライムビデオ
  • ポートフォワーディング機能:あり

PrivateVPNは150個のP2Pに対応したサーバーを60か国に配置しており、トレントする際に安全な接続を保証しています。PrivateVPNはOpenVPNと強力な256ビット暗号化を使用しています。

PrivateVPNは14アイズ同盟国であるスウェーデンに本社があり、トレントの利用者の中には不安を抱く人もいるかもしれません。しかしスウェーデンはしっかりしたプライバシー法がありますから、PrivateVPNは厳しいログなしサービスを保証しています。

追加で匿名性を確保したい場合やビットコイン決済に対応しているのは良いですね。

トレントセッションは接続停止スイッチ、DNS漏洩対策、IPv6漏洩対策などで保護されます。

PrivateVPNはP2Pに対応していることを公表しています。BitTorrentが好きな人には最高です。一般的にトレントにオススメなサーバーはスウェーデンにあります。スウェーデンはThe Pirate Bayが運営されている国です。

PrivateVPNのアプリはサクサク利用でき、デザインもきれいです。快適にトレントでき、頼りになります。質問やトラブルが発生した場合は24時間週7日体制のサポートでいつでも問い合わせることができます。

PrivateVPNが向かないのはこんな人:

  • 多数のサーバーが必要な人。PrivateVPNは国際的なサーバーネットワークを用意しており安定していますが、国ごとのサーバー数はあまり多くありません。

PrivateVPNは安全で高速なトレントに適した低価格のチョイスです。30日返金保証で最大6台まで端末を保護することができますからPrivateVPNを試して実感してみてください!

今すぐPrivateVPNをお試しください!

レビューをお読みになってPrivateVPNの人気の理由を見てみてください。

6. IPVanish

高速、安全、スタイリッシュなVPN

IPVanish devices
  • トレント専用プロフィール:なし
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Windowsフォン、ルーター、Chromebook、Amazon Fire TV
  • ストリーミング:Netflix、BBC iPlayer
  • ポートフォワーディング機能:なし

IPVanishはきれいできちんと作動し、Kodiの利用者に人気があります。試験したところ、プライバシーを守りながら安全にトレントするのに適していることが分かりました。ユーザーログは一切記録せず、1300以上のカーバーが利用可能なので通信速度も速いからです。

すべてのサーバーでP2Pが許可されています。

ただし、IPVanishはアメリカの会社だということに注意しましょう。データ保持法について心配する必要がない反面、アメリカに住んでいる場合は偽のDMCA(アメリカの著作権保護法)申請によって比較的簡単に個人情報が公開されてしまう恐れがあります。それでも、2014年からIPVanishは完全にログなしなので問題はないでしょう。最高のプライバシー保護を保証しています。

IPVanishは256ビット暗号化を利用しており、OpenVPNに対応しています。さらに、24時間週7日体制のサポート、SOCKS5プロキシ、接続停止スイッチでパフォーマンスも最高です。

IPVanishが向かないのはこんな人:

  • 充実したストリーミング機能があるVPNが必要な人。IPVanishでアメリカのNetflixやBBC iPlayerを楽しむことができますが、HuluやAmazonプライムビデオなどのストリーミングはできない場合があります。

最大10台の端末を接続できるのでIPVanishは家族向けのVPNサービスでしょう。7日間返金保証で使い心地をお試しください。

今すぐIPVanishをお試しください!

IPVanishのユーザーレビューをご覧ください。

7. Private Internet Access (PIA)

格安でトレント機能を利用できるように

Private Internet Access devices
  • トレント専用プロフィール:なし
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、ルーター、Chrome、Firefox
  • ストリーミング:Netflix
  • ポートフォワーディング機能:あり

Private Internet Accessは低価格で安全にBitTorrentを利用したいという人向けの経済的なサービスです。

AES 256暗号化およびOpenVPNに対応しており、ログなし方針が確認されています。

PIAは32か国に3000以上のベアメタルサーバーを配置しています。特に負荷の大きいサーバーでは通信速度が安定しない場合もあります。

PIAはサイトでP2Pに対応していると明白に記載していません。PIAはアメリカのVPNなので納得できますが。PIAでトレントしてみた時には満足できるパフォーマンスでした。

PIAには停止スイッチ、DNS漏洩対策、広告ブロッカーおよびマルウェア対策機能のMACEが搭載されています。また、SOCKS5プロキシでトレントの通信速度を向上することができます。さらに、トレントを最適化するためにポートフォワーディング機能もあります。

PIAが向かないのはこんな人:

  • 最高のカスタマーサポートが必要な人。
  • すべてのストリーミングサービスに対応できるVPNが必要な人。

全体的に価格を検討するとPIAは素晴らしいサービスだと思います。匿名性を向上するためにビットコイン決済にも対応しています。7日間返金保証があるのでリスクなしで最大で10台の端末で試せます。

今すぐPIAをお試しください!

素晴らしい機能のある低価格なこのサービスについて詳しく知りたい方は レビューを読んでエキスパートや実際の利用者の意見をご覧ください

8. BTGuard

トレントを中心に設計されたサービス

  • トレント専用プロフィール:なし
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Linux、Android、iOS、ルーター
  • ストリーミング:人気ストリーミングプラットフォームは一切アンブロックできません

BTGuardはカナダ、シンガポール、オランダの3か国にサーバーを配置している小規模なサービスです。しかしネットワークは適度に分散されているのでトレントの通信速度は適切です。

BTGuardはOpenVPNプロトコルでしっかりと暗号化してくれます。また、PPTPにも対応しています。接続や帯域に関するデータはログを保存しません。

プライバシーを優先させている人は、BTGuardは14アイズ同盟国であるカナダに本社があることが心配かもしれません。

試験したところ、BTGuardは複数のトレントクライアントでスムーズに利用することができます。

全体的にパフォーマンスが良いため、トレント用VPNとしてランクインすべきサービスでしょう。しかし1つのアカウントにつき1つの接続しか許可されておらず、無料トライアルや返金保証がないので、柔軟ではありません。

BTGuardが向かないのはこんな人:

  • 使いやすいVPNを探している人。BTGuardはネイティブインターフェイスがなく、この一覧でご紹介したほかのプロバイダと比べてセットアップ手順が複雑です。

BTGuardを利用する価値はあるのでしょうか? 結局はニーズによると思います。安全にトレントするためのVPN探しているという場合はこのVPNを試してみる価値があると思います。

今すぐBTGuardをお試しください!

詳しいレビューをご覧ください。

9. VyprVPN

価格設定が柔軟で、高速でトレント可能

VyprVPN Devices
  • トレント専用プロフィール:なし
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、ルーター、Android TV、QNAP、Blackphone、Anonabox
  • ストリーミング:Netflix、Hulu、BBC
  • ポートフォワーディング機能:あり

VyprVPNは直感的なアプリ、256ビット暗号化、複数のプロトコルOpenVPNを含む)、ゼロ知識DNSを提供しています。

70地点以上に700以上のサーバーを配置しており、独自に管理しています。サーバーはすべてトレント通信を許可しています。

このVPNは真のログなし方針があり、プライバシー保護に適した素晴らしいサービスです。

VyprVPNはスイスの会社ですが、親会社であるGolden Frogはアメリカの会社です。DMCA(アメリカの著作権保護法)のリクエストには真剣な体制で、著作権物をダウンロードしていることが見つかった場合、VyprVPNのアカウントが停止されてしまう可能性があります。

これはプライバシー侵害ではありません。VyprVPNはユーザーを特定する情報は公開しないからです。

VyprVPNが向かない人はこんな人:

  • 短期間、安いVPNを使いたい人。VyprVPNの1年プランは素晴らしいですが、1か月プランなどの短期プランは比較的高価格です。

当たり前ですが、合法なトレントならVyprVPNはスムーズに安全に利用できるサービスです。30日返金保証を利用すればスタンダードプランでは3台、プレミアムプランでは5台の端末を接続することができます。

今すぐVyprVPNをお試しください!

詳しくは VyprVPNの利用者からのレビューをご覧ください

10. ZenMate

通信速度とセキュリティ対策がバランス良く、P2Pに対応したサービス

Zenmate-devices-1024x768_optimized
  • トレント専用プロフィール:なし
  • データロギング:厳しいログなし方針あり
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Chrome、Firefox、Opera
  • ストリーミング:Netflix
  • ポートフォワーディング機能:なし

ZenMateは30か国に配置された290個以上のサーバーでP2P接続を許可しています。

ZenMateは使いやすいのが特徴です。AES 256暗号化とOpenVPNプロトコルによって、業界標準のセキュリティ対策を実現しています。

また、ZenMateはサービスで個人を特定できる情報をログしていません。

DNS漏れ対策や停止スイッチ(Windowsのみ)などの重要な機能で追加の保護が可能です。

ZenMateはカスタマーサポートの改善が求められると思います。将来的にライブチャットサポートを導入してほしいですが、チケットを使って問い合わせても素早く対応してくれるはずです。

ZenMateが向かないのはこんな人:

  • macOSでトレントするためのVPNが欲しい人。ZenMateはMac用のネイティブアプリがあるものの、停止スイッチやDNS漏洩対策機能など、重要なセキュリティ機能が欠けています。

ZenMateはBitTorrentの利用者にオススメです。1週間トライアルと1か月間無料保証を利用して最大5台の端末でリスクなしでお試しください。

今すぐZenMate VPNをお試しください!

エキスパートや実際の利用者からのレビューをご覧ください

VPNの特徴比較

VPN 返金保証期間 同時接続可能台数 PHPに対応 本社 ポートフォワーディング機能
ExpressVPN 30 日間 5 すべてのサーバー 英国領バージン諸島 あり
NordVPN 30 日間 6 専用サーバー パナマ なし
CyberGhost 45 日間 7 専用サーバー ルーマニア なし
Surfshark 30 日間 無制限 すべてのサーバー 英国領バージン諸島 なし
PrivateVPN 30 日間 6 すべてのサーバー スウェーデン あり
IPVanish 7 日間 10 すべてのサーバー アメリカ なし
Private Internet Access 7 日間 10 すべてのサーバー アメリカ あり
BTGuard 1 すべてのサーバー カナダ
VyprVPN 7 日間 5 すべてのサーバー スイス あり
ZenMate 30 日間 5 すべてのサーバー ドイツ なし

VPNのランキング・比較方法

最高のトレント向けVPNについて調査する際に私たちが注目したのは以下のようなポイントです。

  • ログなし方針
  • 管轄地域
  • 通信速度
  • PHPに対応
  • トレントに便利な機能

トレント向けの最高のVPNはすべての項目を満たしています。トレント向けVPNプロバイダはパフォーマンスが素晴らしく、セキュリティとプライバシー保護がしっかりしている必要があります。

また、サーバーの数、使いやすさ、カスタマーサポート、全体的な互換性、対応しているプロトコルなども考慮しました。

以下で最も重要な項目について詳しくご説明します。

厳しいログなし方針

VPNをどんな目的で利用する場合でも、認証されたノーログポリシーは優先ポイントの一つです。トレントをする際にはログなし方針は必須です。

ハッカーから保護するために強力な暗号化をしていても、接続やインターネットの利用状況についての情報が記録されている場合データが危険にさらされる可能性があります。実証済みのノーログポリシーがあるVPNの場合、機密情報は一切収集されません。情報を提供するように法的に命令されたとしても、公開できる情報がないのです。

そのため、プライバシー方針でログなしを保証しているVPNサービスがおすすめです。

管轄地域

理想的にはプライバシーを侵害するような方針や大衆的な監視のない国に本社があるトレント用VPNを利用したいものです。つまり、一般的に5・9・14アイズ同盟国に本社があるプロバイダは避けるべきですが、例外もあります。

簡単に説明すると、5アイズ監視同盟とは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国、米国の間で結成された監視ネットワークのことです。9アイズ同盟にはそのほかに、デンマーク、フランス、ノルウェー、オランダが加わります。14アイズにはさらにベルギー、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデンが含まれます。

14アイズ同盟国に本社があるVPNの場合、保存されたデータは他の同盟国と共有される場合があるのです。そのため、プライバシー重視のサービスのほとんどがパナマや英国領バージン諸島などの遠い国に本社を置いているのです。

高速通信

トレントは帯域をたくさん必要とする活動で、通信速度の速さが重要になってきます。VPNを利用すると通信は別のサーバーにルーティングされますから、通信速度に影響があります。

一般的にVPNは通信速度を遅くしてしまいます。重要なのは、VPNによる遅延を最小限に抑えることです。ExpressVPNなどの高速のVPNサービスを使えば通信の遅れはほとんど感じられないはずです。

VPNを使うと通信が全体的に速くなる場合もあります。例えば、ISPが帯域を調整している場合、通信を暗号化することで通信速度が速くすることができることがあります。

PHPに対応

スムーズにトレントするには完全なプライバシー保護や最適化されたサーバーだけでは足りません。P2P通信に完全に対応している必要もあります。

ExpressVPNなど、P2P通信を許可していることを公表しているようなVPNを使うことが最高の解決策です。

また、利用規約やFAQにP2P通信について明記されていると役に立ちます。

トレントに関して一部のVPNはあまり大々的に宣伝していない会社もあります。このようなサービスを見つけるにはもう一つの方法があります。

トレントに便利な機能

スプリットトンネリング、SOCKS5プロキシ、ポートフォワーディング、停止スイッチなどの機能に注目しましょう。

追加の機能があるVPNはトレントに向いている可能性が高いです。もちろん、しっかり情報を公開しており、機能が豊富なサービスを選ぶことが理想的です。

FAQ

日本を含むほとんどの国でトレントは合法ですが、トレントにはたくさんの利点がある反面、悪用されているケースも多いのです。

BitTorrentの評判が悪いのは、著作権物を適切な合意なく流通させるために利用されているからです。映画やゲーム、音楽など、トレントでダウンロードすることができるのです(違法ダウンロードはしないでください)。

しかしBitTorrentには合法的な用途もたくさんあります。いくつか例をご紹介しましょう。

  • 著作権のないコンテンツの流通。トレントは世界中にコンテンツを素早く効率的に共有する方法です。
  • 大きなファイルのダウンロード。科学的な文書やゲームのアップデート、公共のデータなど、BitTorrentを使えば大きなファイルでも素早く共有できます。
  • Linuxディストリビューションの入手。Linuxディストリビューションは無料でダウンロードして利用することができますが、データ量が多いのです。一番データが少ないUbuntuバージョンでも約1GBです。トレントなら素早くLinuxを取得できますし帯域もそれほど使用しません。
  • インターネットアーカイブからのダウンロード。インターネットアーカイブとはWayback Machineを開発した非営利組織です。Wayback Machineで見つけられる多様なコンテンツはトレントでダウンロードすることを推奨しています。高速ですし、帯域をあまり必要としないからです。

一言でまとめると、トレントは合法です。VPNと同じように、BitTorrentプロトコルはネットでとても役に立つツールなのです。また、VPNと同じように、合法な目的のために利用することをお勧めします。

トレントやP2P通信に最適なVPNの地点は?

トレントが合法だとしても一部の国では対策が強化されており、著作権物が違法に流通しにくくなってきています。

トレントサイトを閉鎖している国のVPNサーバーには接続しないようにしましょう。ポルトガル、イタリア、マレーシア、中国、アメリか、オーストラリア、ロシア、南アフリカ、ラトビアのサーバーは避けましょう。

トレントに対して好意的な姿勢を取っている国のサーバーを選ぶのが理想的です。スイス、スペイン、ポーランド、オランダ、カナダなどはP2Pに寛容な国です。

とは言え、トレントに関しては完璧なVPN地点はありません。

厳しいログなし方針があり、多様なP2Pサーバーを用意しているVPNプロバイダを選べばVPNアプリが推奨してくれた地点に接続して安心してトレントすることができるでしょう。アドバイスとしては、実際のあなたの現在地にできるだけ近いサーバーを選ぶことで、できるだけ速い通信速度でトレントできるようになります。

無料VPNと有料VPN:無料VPNで安全にトレントできるの?

残念ながら、トレントする場合には最高のものでも無料VPNはオススメできません。トレントする際は無料VPNの使用は避けることをお勧めします。理由をご説明しましょう。

無料VPNはお金がかからないものの、別の方法で支払うことになります。通信速度が遅くなったり帯域が制限されていたりすることもあります。しかし一般的にはプライバシーを侵害されてしまうのです。

無料VPNには重大なセキュリティリスクがあったり、他のデメリットがあることが多いのですさらに、多くの無料VPNはデータのログを記録して高い価格を入札した組織に転売しています。ユーザーが利用されてしまうというわけです。

それでも、すべての無料VPNがトレントに向いていないというわけでもありません。それでも無料VPNを試してみたい場合、適切なサービスをご紹介していますのでご覧ください。

結局は有料VPNの方が機能が充実しているのです。適切なVPNサービスを購入して、料金を支払う形でプロバイダを支援すると、プライバシーと安全性を保証できるのです。また、便利な機能、何百、何千もの安定したサーバーや24時間週7日体制のサポートを利用できます。

賢くVPNを選ぶことでたくさんのメリットがあります!クーポンコードを使えばプレミアムVPNもかなり安く利用できます。最高の割引やクーポンをまとめましたのでご覧ください

トレントやP2Pで避けるべきVPNはあるの?

あります。vpnMentorでは以下の3つの項目をすべて満たした場合、トレントに向かないVPNと判断されます。

  • プライバシー方針が宣伝されている内容と違う場合
  • トレント・P2Pに対応していることを明白に宣言していない場合
  • トレントに役立つ機能がない場合

Holaはまったく適していません。VPNだと宣言しているものの、ソフトウェアはリスクの高いP2P通信ベースですし、暗号化していないからです。さらに、Holaはユーザーデータを収集して転売していることも知られています。つまり、このVPNは本当の意味でのVPNではなく、トレントするときもそうでなくても、プライバシーを心配しているなら利用すべきではありません。

Holaを避けるべき理由を詳しく知りたい方は詳しいレビューをご覧ください

Hotspot Shieldも人気VPNですが、トレントには向きません。接続ログを記録していますし、トレント専用機能がなく、P2Pに対応しているか曖昧だからです。Hotspot Shieldはストリーミングや毎日の利用には適しているものの、トレントする場合はあまりお勧めできません。

Hotspot Shieldの長所について知りたい方はHotspot Shieldの長所について知りたい方はをご覧ください。

Popcorn TimeやKodiはトレントと関係があるの?

KodiやPopcorn Timeはメディアプレーヤーですが、コンテンツをストリーミングするためにトレントを利用しているため、従来的なソフトウェアとは異なります。

もちろん、トラッカーから直接ダウンロードしているわけではありません。しかし、ダウンロード・アップロードが行われているのです。そのため、著作権物を視聴している場合、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

Kodi、Popcorn Time、AcestreamsなどはP2PベースのサービスなのでP2Pと同じセキュリティ脅威があるのです。ハッカーにIPアドレスが漏洩する危険性なのです。Kodiに適したVPNPopcorn Timeに適したVPNを利用することをおすすめします。

トレントするときにポートフォワーディングは重要?

トレントコミュニティーではポートフォワーディングが話題になっています。ほとんどのVPNプロバイダはこの機能を提供していませんが、一部のユーザーにとっては重要な機能なのです。

トレントを例にとって簡単に説明すると、P2P通信が特定のポートを使用するように設定できるようにしてくれる機能なのです。ポートは一般的にVPNプロバイダによって割り当てられます。ポートフォワーディングの主な利点はファイアウォールを通過してP2Pネットワークのピアの数を改善できることです。つまり、より高速に、効率よくトレントできるようになります。

ポートフォワーディングに反対している人はプライバシーを懸念しています。ポートの数には限りがあるため、トレントを行ったユーザーにトラックバックできるのです。

これは複雑な話題であり、賛否両論があります。一般的なユーザーにとってはポートフォワーディング機能はあってもなくても良い機能なのです。

ExpressVPN
49%引き
Devices

市場最速のVPN

  • プライバシーを保護
  • スムーズにストリーミング
今すぐExpressVPNを入手
いいえ、いりません