今年8月、2017年全米テニスオープンを観る方法

全米オープンが今年8月に始まります。世界中どこからでも観られる方法をステップバイステップでお教えします 共有

ニューヨークで通年のグランドスラムが開幕する8月28日を多くのテニスファンが待ち望んでいることでしょう。9月10日まで行われる全米オープンはテニスファンにとって見逃せない大会です。チャンピオンのスタン・ワウリンカ選手とアンジェリク・ケルバー選手は世界クラスの大会で連続優勝を狙っており、ランキングトップのアンディ・マレー選手は2度目の優勝を目指しています。すでに5040万ドルという最高賞金がかかっており、歴史的な大会になること間違いなしです。ノバク・ジョコビッチ選手は怪我で辞退を発表したため、大きな打撃がありましたが、全米オープンはそれでも最初から最後まで、みんなに観ていただきたい大会です。

快適に好きな時に観賞をしたいという人にとってオンラインストリーミングが好評です。ケーブルがなかったり、米国に住んでいなかったりする場合、ウェブ上で全米オープンを見るのが一番いい方法でしょう。

しかし、どうすればいいか分からないという人が多くいます。そのため、この記事ではグランドスラムの展開をたどるための2つの方法をご紹介します。手間は少しかかりますが、しっかりしたVPNを工夫して使うだけです。

VPNはなぜ重要なのでしょうか?

大半の値段相応のストリーミングサービスには、地理的制限が掛けられていることが多くあります。「独占ライブ国内メディアパートナー」のESPNを例にとって見てみましょう。アメリカ国内に住んでいればいいのですが、その他の地域に住んでいる場合、ほとんどの地域でアクセス制限が掛けられています。さらに、ネット上で観るだけでもケーブルのプロバイダに情報を提供しなければなりません。ヨーロッパなどに住んでいると使用できないため、他の方法が必要になってきます。つまり、主要なストリーミングサービスには必ず地理的制限が掛けられているからVPNが役に立つのです。

一言で言うと、仮想私設網(VPN)は瞬時に位置を変えられるIPアドレスを提供します。VPNを使うことで、制限された地域にアクセスできます。つまり、世界中どこでも全米オープンを楽しむことができるということです。

VPNは地理的制限など、その他の問題に対抗するためにも使えます。VPNで何ができるか、どのような仕組みなのか詳しく知りたければ、初心者ガイドをご覧ください。

VPNの使用が増えており、それに関連したIPアドレスを制限するという努力も強化されています。ですから、このような困難に立ち向かえるような信頼できるVPNが必要になってきます。テニスに例えてみましょう。VPNサービスを使うたびに2012年のサム・グロス選手の伝説的なパフォーマンスを期待するでしょう。つまり、的確で、超高速なサービスが欲しいということです。そのようなパフォーマンスを得るために、楽に全米オープンを見られるような最高のVPNを以下で紹介します

方法1:スリングテレビとペイパル

前述の通り、必要なケーブル情報を提供できない場合、ESPNで全米オープンを観賞することはできません。でもご心配なく。すべてのコートから、1300時間以上のライブストリーミングを楽しむ方法があります。スリングテレビです。

スリングテレビは有名なテレビサービスで、ESPNを含む多数のチャンネルを提供しています。米国独占のもので、入会するにはアメリカのクレジットカードが必要です

しっかりしたVPNは地理的制限という問題に対抗できますが、会費はどうでしょう? 実は、スリングテレビのサービスの支払いにはもう一つの方法があります。ギフトカードを使うという方法です。ここで、ペイパルが役に立ってきます

スリングテレビのギフトカードを販売していてペイパルで支払いのできるサイトは数多くあります。ペイパルのギフトショップから購入することもできます。通常、$25、$50、$100から選べます。1か月のスリングテレビの会費と、必要の時のための追加パッケージをカバーできる$50のギフトカードをお勧めします。万が一に備えた方が安心ですよ!

支払いが済んだら、VPNを開始し、アメリカのIPアドレスを取得しスリングテレビのウェブサイトでギフトカードを使用するページを探すだけです。このリンクを使用してください。 https://www.sling.com/gift 以下ような画面のはずです:

入会が完了したら、スリングテレビ経由でESPNを1か月間存分に楽しめます。

全米オープンの最終日を見逃さないようにするために、810日以降に入会するのをお忘れなく。最終戦は見逃せません!

方法2:ユーロスポーツプレーヤー

方法1がややこしいと思う人や、ヨーロッパの方法でグランドスラムを楽しみたいという人にはもっとシンプルな方法があります。ユーロスポーツはこの部門の主要提供者になりたいと努力しているようです。最大12コートの生中継とインスタントストリームリプレイ、ライブアラート、画面上の統計データやニュースなどの情報で素晴らしい価値があります。

ヨーロッパ在住の場合、ユーロスポーツプレーヤーに加入するにはVPNが必要ない可能性すらあります。アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、サービスが提供されている70か国以外の国はすべてVPN接続が必要です。地理的制限を回避するためにVPNが必要でなくても、国ごとに会費が異なるため、VPNを使用することで節約することもできます

この方法を使えば、支払い方法に困ることはありません。ビザカード、マスターカード、アメリカンエクスプレスなどの主要なクレジットカードやペイパル決済に対応しています。

では、全米オープンに備えて、ユーロスポーツプレーヤーを取得するにはどうすればいいのでしょうか? まず初めに、VPNを開始して、必要であれば適切な地域を選択します。そして、ユーロスポーツプレーヤーのウェブサイトの中継イベント(1)をクリックして適切なカテゴリと時間を設定します(2)。その後、全米オープントーナメントを選択します(3):

全米オープンを選択したら真ん中の大きな赤いボタンをクリックして入会を促されます:

次に、入会プランを選択します。全米オープンだけに興味があるのであれば、月々プランが最適です。8月10日以降に加入するのを忘れないでください。あなたの情報を入力したら終わりです。継続する必要もなく、いつでも簡単に退会できます。

ユーロスポーツプレーヤーは全米オープンの生中継を楽しんだり、それ以外のことができたりするため、素晴らしいサービスだと言えるでしょう。

無料で観賞できますか?

もちろん、お金を支払わないでVPNを使わないで全米オープンを楽しむ方法はあります。大会を間接的に提供するサイトやストリーミング場所はたくさんあります。しかし、この方法はお勧めしません。その合法性以外にも多くのデメリットがあります。ストリーミングの遅延、低画質・低音質、多数の広告、深刻な安全性への心配など、数多くの問題があるからです。生中継のストリーミングに関しては、お金を払わないと、他で損をするというものです。最も信頼できる解決策はしっかりしたVPNを使ってお金を支払ってストリーミング先から楽しむことです。

8月28日にグランドスラムを見ようと思っている人には素晴らしい観賞を楽しんでいただきたいものです。地理的制限は多くの人を困らせるかもしれませんが、VPN技術を賢く使いこなせば今年最高のテニス大会を目にすることができるようになります。いづれの方法を使っても、完全生中継は間違いなしで、スリルあるスポーツを存分に楽しめることでしょう。

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
Facebookでシェアする
0
これをツイートする
0
Googleがあなたのことを十分に知らないと考えるなら共有してください
0