情報開示:
アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

2021年にESPN3のVPNブロックを通過するには

応援しているスポーツチームが強豪チームと対決する今夜の試合を楽しみにしているのでしょう。ESPNの生中継を見たくてうずうずしているのでしょう。しかしESPN3でストリーミングしようとすると、このようなメッセージが表示されてしまいました。

「ESPNプレーヤーはあなたの地域では現在ご利用になれません。ESPNプレーヤーのアカウントがあり、最近お引越しになられた場合やアカウントをキャンセルする必要がある場合はsupport@espnplayer.com宛にメールでお問い合わせください。詳しくはFAQページをお読みください。」

VPNをダウンロードして番組を見られるようにしたのですね。しかし一つ問題があります。ESPNのサイトはVPNを使ってジオブロックを回避しようとしている利用者をブロックしているからです。

このようなブロックを導入しているのはESPN3だけではありません。NetflixやHuluなどのメディアストリーミングサイトも著作権所有者の収入を守るためにVPNブロックを行っています。VPNブロックが導入されているのには理由がありますし、VPNブロックを回避するのは違法ではありませんが、回避するのはかなり大変です。

VPNブロックを回避することはできるのでしょうか?

できますが少し手間がかかります。

このようなVPNブロックを導入している会社はVPNが使用していることが知られているサーバーやIPアドレスをブロックする傾向があります。つまり、ブロックされているサーバーに接続した場合、サイトはVPNを使用していると探知し、コンテンツがブロックされてしまいます。

ポートブロッキングが行われることもあります。ポートにはそれぞれID番号があり、一般的に特定のサービスに番号が割り当てられています。ストリーミング会社がVPNが使用しているポートを識別すると、ブロックできるのです。

VPNをブロックする方法として、ディープパケットインスペクション(DPI)もあります。ネットワークはデータがインターネット上のチェックポイントを通過するときに一つ一つ確認することができます。

この方法だと、通信するデータの種類を正確に識別できるため、VPNをブロックする最も高度な方法だと言えます。

ESPNは主にこのような方法でVPNをブロックしているのです。

ブロックを通過する最も簡単な方法はしっかりしたVPNを利用することです。

そうなのです。VPNブロックを回避できるようなVPNを使うだけでブロックされているサイトでもアクセスできるようになります。

ただ、すべてのVPNがブロックを回避できるわけではありません。

しっかりしたVPNが欲しい方のために、ESPNを観るのに最適なVPNを以下にまとめました。

ESPNにアクセスするその他の方法

  1. 別のVPNプロバイダやサーバーを試してみる
    すべてのIPアドレスやサーバーをトラッキングするのはかなりの労力がかかります。特定のVPNでESPNにアクセスできない場合、別のサーバーに接続してみるか、他のVPNサービスを利用するのは一つの手です。
    VPNプロバイダには定期的にIPアドレスを再利用している会社があります。変更をチェックして新しいIPアドレスをブロックするのは大変なので、このようなVPNならアクセスできるサーバーを見つけられる可能性が高いのです。
  2. 独自にVPNを構成する
    自分でVPNを作成することもできます。この方法だと、大手VPNプロバイダの提供している重要な機能を利用できませんが、完全に匿名ですし、合法です。独自のVPNサーバーを動作することで、探知されないVPNのIPアドレスを取得することができます。パソコンをVPNサーバーとして使用したり、VPSプロバイダからVPSをレンタルすることもできます。
  3. ポート番号を変更する
    ポート番号を変更するのはポートブロックを回避するオススメの方法です。ほとんどのVPNサービスはアプリから直接またはサーバーからポート番号を変更できるようにしています。現在ブロックされているポートを、ブロックされないポート番号に変更できます。

ブロックされないことがほぼ保証できる2つのポートは以下の通りです。

TCPポート 80

HTTPで使用されているTCPポート80は暗号化されていないすべてのインターネット通信が通過するポートです。このポートをブロックすると、インターネットが完全に閉鎖されます。検閲の多い地域でも、このポートはブロックされないでしょう。しかしこのポートは基本的なDPI技術にもほとんど対抗できません。このポートを通過するVPN通信は発見され、ブロックされる可能性が高いということです。

TCPポート 443

このポートはHTTPSによって安全なインターネット取引のために使用されています。つまり、暗号化されている通信はすべてこのポートが必要なのです。このポートをブロックすると、インターネット上のすべての商業、銀行業がシャットダウンされてしまうため、ブロックされないことがほぼ確実です。暗号化というメリットがありますし、HTTPプロトコルと違い、このポートを通過するVPN通信はDPI技術でも探知することが非常に困難なのです。

少し工夫すればほとんどのVPNブロックを回避することができます。高度なVPN対策があっても、以上のヒントに従えばVPNサーバーのブロックも通過できるはずです。地理的な制限や著作権に妨害されずに大好きなスポーツを楽しめたら最高ですよね。賢くVPNプロバイダに投資し、検閲に注意してストリーミングしましょう。

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

vpnMentorのために記事を執筆している匿名のエキスパートで、個人を特定されたくない人たちです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
独占割引キャンペーン
3か月分無料
ランキングトップのVPN
期間限定

00

00

時間

00

00

ExpressVPNをゲットする
30日返金保証付き
Image Alt Text - Vendor Logo expressvpn - devices