VPNとは何で、なぜ必要なのでしょうか?

VPNを使うことでほとんどの人にメリットがあります。国外のコンテンツにアクセスしたり、個人情報を保護したり、飛行機代を安く手に入れたり、メリットは様々です。VPNを選ぶ際に注目すべきポイントもたくさんあります。すべてのVPNサービスが同じというわけではないのです。 共有

VPNは制限されたウェブサイトにアクセスできるようにしてくれたり、位置情報を隠したり、データを暗号化したりいろいろなメリットのある素晴らしいツールです。

その仕組みは何でしょう? 利用方法は?

このような質問への答えをまとめたのがこの記事です。

記事をすべて読む気がしませんか? 以下の動画でVPNについてまとめています。

VPNが開発された経緯

VPNの仕組みについて解説する前に、なぜこのような技術が開発されたのか見てみましょう。

VPNは仮想プライベートネットワークの略称です。もともとは大企業が遠隔の従業員が安全に特定のコンピュータに接続できるようにするために開発されたものです。

理解しやすいように以下のような例をとってみましょう。

コカコーラ社がジョージア州アトランタに本社を置いていると考えてください。すべてのコンピュータはケーブルで本社のサーバーにつながれています。このようなケーブルは物理的に存在し安全です。ハッカーがコカコーラのプライベートネットワークに侵入することが難しいということです。

その後、コカコーラはカナダに支部を置いたとしましょう。トロントの従業員はアトランタのネットワークに安全に接続する必要があります。

アトランタ本社とトロント支部をケーブルでつなぐのは非効率的で現実的ではありません。そのため、会社は仮想プライベートネットワークを作成するのです。

つまり、仮想プライベートケーブルで本社と支部をつなぐということです。

VPNが生まれたのはこのような経緯からです。本来は大企業の従業員が遠隔から安全に重要なファイルにアクセスできるようにするために利用されていました。

Screenshot_11

その仕組みは?

VPNはコンピュータとサーバーを仮想ケーブルでつなぐと考えてください。このケーブルを経由するデータは暗号化されます。

これにより、ハッカー、インターネットサービスプロバイダ、政府、その他の外部者があなたのネットでの活動を見ることが不可能となります。

もう少し詳しく見てみましょう。

VPNには3つの要素があります。

  1. セキュリティープロトコル

VPNはセキュリティープロトコルにより、サーバーを通過する情報をすべて保護します。

このプロトコルは安全な接続を構築するだけでなく、VPNに適用される暗号の種類も定義しています。

セキュリティープロトコルは実際のプライベートネットワークや実際にケーブルで接続するように完ぺきというわけではありませんが、同じくらい安全になります。

様々な理由で多くの異なるセキュリティープロトコルが利用されています。各セキュリティープロトコルとその仕組みについて知りたい方はこちらをクリックしてください。

一般的に最も安全なプロトコルはOpenVPNで、通常の用途にはこれが最適です。

  1. 暗号化

暗号化とセキュリティープロトコルには切っても切れない関係があります。この機能は暗号化することで情報が保護されるのです。あなたのデータを手に入れたい人やハッカーにも見られないという対策になります。

最高のVPNはAES128ビットやAES256ビットを適用しています。AESは高度暗号化標準の頭文字で、最も頻繁にみられる暗号です。ほとんどのVPNはこれを利用しており、主要なVPNプロトコルに対応しています。

128と256という数字はキーの長さのことで、コンビネーションの数を表しています。最速のコンピュータでもAES128ビットで可能なすべてのコンビネーションを示すのに10億年かかります。

暗号化はVPNに関して非常に重要な要素です。 この記事で暗号化の詳しい説明とVPNがハッキング被害に合う可能性があるかについて説明していますのでお読みください。

  1. サーバー

VPNにいくつサーバーがあるのか頻繁に耳にすることでしょう。その理由は、一般的に多くのサーバーや地点がある方がいいからです。

なぜでしょう?

通常、インターネットを利用するとき、特定のウェブサイトのリクエストとあなたの情報をサーバーに送信しています。するとそのサーバーはウェブサイトの情報をあなたの端末に送信するのです。

VPNを使用するとき、あなたのデータはまずVPNのサーバーに送信されます。そしてVPNのサーバーが適切なサーバーに情報を送信します。

これが重要な理由はウェブサイトを求めてサーバーに送信すると、その接続で常の情報が行き来することになるからです。VPNを経由させることで、あなたの情報はVPNのサーバーまでしか到達しないでウェブサイトのリクエストがサーバーに届けられます(あなたの端末とVPNのサーバーの間には暗号化トンネルが構築されます)。そのため、送信先のサーバーにはあなたの個人情報が一切届かないのです。

これによってVPNの利用者は匿名でいられます。さらに、VPNであなたの現在地情報を変えられるのも同じ仕組みです。これについては後ほど詳しく解説します。

あなたの現在地情報が見られる唯一の方法は漏洩が発生した場合(またはVPN会社があなたを監視している場合)だけです。

VPNでどのようなことができますか?

VPNの仕組みを理解できましたね。では、その用途について見てみましょう。以上で解説したように、VPNにはいろいろなことができるのです。

  1. コンテンツにアクセスできる

フランスに住んでいる人がHuluを見たいと思った場合や、ギリシャに旅行に行った場合にアメリカのネットフリックスでしか観られない番組が観たいという場合を考えてみましょう。VPNなしではそのようなウェブサイトにアクセスできません。

しかし、VPNがあれば現在地情報を変更してアメリカにいるように見せることができます

さらに、VPNでインターネットサービスプロバイダや政府が禁止しているようなサイトにもアクセスできるようになるのです。例えば中国ではフェイスブック、Gメール、ユーチューブがファイアウォールによって制限されていますが、VPNを使えばアクセスできるようになります。

犯罪行為を防止するためにトレントサイトを禁止している国もありますが、VPNでそのようなサイトにアクセスできるようにもなります。

VPNは特定のサイトを禁止している学校などの施設でも利用できます。

コンテンツの制限を解除するのはVPNの利用目的としては大きな理由でしょう。

  1. IPアドレスを隠せる

VPNがコンテンツにアクセスできるようにしてくれるのと同じ方法であなたのIPアドレスを隠すことができます。あなたのIPアドレスは端末の住所のようなものです。

IPアドレスはどのサーバーに接続しているかによって変わります。

VPNに接続すると、VPNのサーバーによってIPアドレスが隠されるので、政府、インターネットサービスプロバイダ、ハッカーなどに実際の現在地を知られなくなるのです。

IPアドレスを隠すことに関する詳しい解説にはこちらをクリックしてください。

  1. お金を節約できる

ウェブサイトはあなたの国によって価格を変更しているとご存知ですか?

本当です。飛行機のチケットやホテルの予約をしたいとき、IPアドレスを変更することで大幅に節約できるのです。

私たちも信じられませんでしたが、試してみたところ、驚異的な結果となりました。

  1. データを暗号化できる

暗号化について少し解説しましたが、そのメリットについては話しませんでした。

VPNをハッキングするのは困難ですが、不可能というわけではありません接続を妨害された場合、情報を暗号化しておけば安全です。

政府やインターネットサービスプロバイダに活動を見られたくないという場合に特に役立ちます。

データを暗号化すると危険なネットワークでも安全でいられるというメリットもあります。ですから公共のWifiを使っている人はVPNが便利です。

  1. トレントするのに便利

VPNがトレントするのに役立つのには2つの理由があります。第一に、トレントサイトにアクセスできるようにしてくれます。トレントは違法ではありませんが、著作権物をダウンロードするのは違法です(そのため、VPNが本当に合法なのか疑問を持つ人もいます)。

全員が合法的にダウンロードしているわけではないため、多くの国でトレントサイトは制限されています。トレントしていることが発覚すると警告を表示したり罰金を科したりしている国もあります。

VPNなら活動を隠し、現在地情報を隠せるので、トレントサイトが違法でない国や監視していない国を選択できるようになります。

第二の理由は帯域幅調整に合わないからです。インターネットサービスプロバイダはあなたの活動を監視し、接続を遅くすることがあります。ピアツーピア接続を使っているときに調整することが典型です。

VPNはあなたの活動を隠すため、インターネットサービスプロバイダはトレントしていることが分からないため、接続を調整することができないということです。

トレントの速度を上げ、帯域幅調整されない方法に関してはこちらをお読みください。

VPNを選ぶ際に注意すべきこと

VPNについて理解できましたね。では、あなたに合ったサービスを選ぶにはどうすればいいのでしょうか? こちらの記事で良いVPNを選ぶ秘訣を詳しく説明していますが、以下でポイントをまとめておきましょう。

現在市場には300以上のVPNが流通していますが、すべて同じというわけではありません。

VPNを選ぶ際に検討したい点は以下の通りです。

  1. 速度

特に番組や映画を見たいという場合は高速なVPNが必要です。 ExpressVPN は最速のVPNで、 NordVPN は第2に高速です。(2つのサービスを比べたいならこちらの記事をご覧ください。)

  1. サーバー数

サーバーの数が多いほど、地点も多くなります。ウズベキスタンのサーバーを使うことはないと思いますが、異なる地点にサーバーがあるのは非常に重要です。

さらに、サーバーの数が多いということは、一つのサーバーに接続しているユーザーの数が少ないということを意味します。11しかサーバーがない場合、ユーザーはそのうちの一つに接続しています。60あれば、一つのサーバーに接続しているユーザーの数は低いことが考えられます。

  1. 帯域幅とデータ量が無制限

1GBのデータ量があればいろいろなことができますが、すぐに使い果たしてしまうことでしょう。いくらでもストリーミング、投稿、ダウンロードなどできるように、データ量と帯域幅が無制限のVPNを選ぶことをおすすめします。当社のトップVPNはすべて帯域幅が無制限です。

  1. コンテンツの制限解除

VPNを使ってネットフリックス、Hulu、BBC iPlayerなどを観たいという人はそのようなサイトにアクセスできるVPNが必要です。

多くのストリーミングサービスはVPN制限をかけ、コンテンツをストリーミングできないようにしています(ネットフリックスがそのような対策をしていることは特に有名です)。ネットフリックスが制限できないようなサーバーを所有しているVPNを選ぶべきでしょう。

こちらで紹介しているVPN はネットフリックスなどのサイトにアクセスするのに最適なサーバーを提供しています。

  1. セキュリティー

セキュリティーは最も重要な機能の一つです。あなたの選んだVPNが高度の暗号化、強力なプロトコル、ログなし方針を構えているのは非常に大切です。残念ながら、すべてのVPNにそのような特徴があるとは限りません。無料VPNは特に注意が必要です

さらに、他にもVPNのセキュリティーを強化する機能や、逆に弱くなってしまう機能があります。 IPVanish はセキュリティーに特別に力を入れているVPNの一つです。各サーバーを所有してより安全なネットワークになるようにしているからです。

ProtonVPN はセキュリティー対策に力を入れているもう一つのVPNです。(プライバシー対策のために最高のVPNとして賞を受賞したほどです。)

  1. P2P(ピアツーピア)やトレント

すべてのVPNがトレントやピアツーピア通信を許可しているわけではありません。 CyberGhostPIA などの一部のVPNはトレント専用のサーバーを設けています。 IPVanishVyprVPN などのVPNはすべてのサーバーでトレントできるようにしています。

トレントに最適なVPNにかんしては こちらをご覧ください。

ほとんどのVPNはあなたがしたいことをすべてできるようにしてくれますが、得意なことのあるVPNもあります。このほかにVPNについて疑問がある方はライブチャットでお問い合わせください。

最も人気のあるVPNサービスに関する詳しい比較に関してはこちらをご覧ください

重要事項:当社はVPNを使った違法行為を勧めているわけではありません。インターネット上の自由を重要視しています。以下のソーシャルネットワークボタンで記事を共有してください。

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
Facebookでシェアする
0
これをツイートする
0
Googleがあなたのことを十分に知らないと考えるなら共有してください
0