当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

おすすめのVPNを徹底比較│目的別にVPNをご紹介 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年05月07日 ファクトチェッカー:クリスティーナ・ヨシェフスカ 編集主任
全文を読む時間がない方のために。2024年のおすすめVPNサービスはこちら!

ExpressVPN:最速のVPN。とても安全で、使い勝手も良く、動画の視聴に適しており、手頃です。こちらの特別割引を使えば 49% OFFでゲットできます。

高性能で万能なVPNを見つけるのは大変です。動画の視聴に適していても強力なセキュリティ機能がなかったり、安全性が高くてもあまりにも低速で快適にブラウジングできなかったり。信用できないVPNも少なくありません。そのようなVPNサービスを使うと、オンラインアクティビティを追跡されたり、データがきちんと暗号化されなかったりします。

そこで、世界中にいるサイバーセキュリティのプロが数か月にわたって300社以上のVPNサービスを検証し、総合的に最高のVPNサービスを厳選しました。

ここで紹介するVPNは世界中にサーバーがあり、居住国のコンテンツをHD・UHD画質で視聴するのに向いています。また、通信を遅くせずにデータを保護し、オンラインアクティビティのプライバシーを保護してくれます。ネット検閲が厳しい国で使えるほどパワフルなものもあります。

結論から言うと、ExpressVPNが一番おすすめです。業界最先端のセキュリティ機能が備わっており、とても高速なので動画の視聴やTorrent、ゲームに適しています。オンラインアクティビティのプライバシー保護に尽力しているのもポイントです。

ExpressVPNは30日間返金保証があるので、安心して体験できます。質問や懸念がある場合は24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせることができ、日本語で対応してもらえます。満足できなければ、返金手続きは簡単です。

おすすめランキング1位のVPNを今すぐ試す >>

プロ厳選!2024年のおすすめVPNサービス

  1. 編集者のチョイス
    ExpressVPN
    ExpressVPN
    最高峰のVPN。揺るぎないセキュリティと高速通信がポイント。動画の視聴にもイチオシ。
    読者の70%がExpressVPNを選んでいます
  2. CyberGhost VPN
    CyberGhost
    ストリーミングやTorrent、ゲーム向けの専用サーバーがあり、高速で快適。
  3. Private Internet Access
    Private Internet Access
    カスタマイズ可能な設定が充実しており、スピードとセキュリティを調節できる。
  4. NordVPN
    NordVPN
    内蔵されている脅威対策機能が広告やトラッカー、不正サイトをブロック。
  5. Surfshark
    Surfshark
    定期的にIPアドレスを変更する機能があり、Cleanwebやカモフラージュモードなどで通信を保護。

おすすめVPNサービスをほかにも5社紹介!

自分に合ったVPNの選び方

当サイトでは、VPNの調査と検証を徹底的に行っていますが、最終的にVPNを選ぶのはご自身です。また、VPNには良し悪しがあるのは間違いありませんが、最適なVPNは個人のニーズと好みによって異なります。

ここでは、3ステップで自分にピッタリのVPNを選ぶ方法を解説します。

  1. 優先事項を見極める。セキュリティを重視しますか?エンタメに役立つVPNが欲しいですか?どちらか一方を得意とするVPNサービスもありますが、一流VPNは両方に適しています。
  2. 目的をはっきりさせる。VPNを使いたい理由は何でしょうか?プライバシー保護、動画の視聴、ゲーム、Torrentなどが考えられますが、これらすべてに使えるVPNが欲しい方もいらっしゃると思います。また、VPNの使用頻度はどれくらいでしょうか?「何のために、どれくらいVPNを使うか」をはっきりさせると、必要な機能や特徴が見えてきます。
  3. 予算を決める。どれくらいの価格なら良いでしょうか?また、月払いするか長期プランに加入するか決めましょう。一流VPNは頻繁に割引キャンペーンを行っていますが、価格が高ければ性能も良いとは限りません。

主な特徴

VPNレビューを読む際、次の特徴に注目しましょう。VPNを選ぶときに検討したい最重要ポイントはこちらです。

  • プライバシーとセキュリティ。プライバシーポリシーを遵守していることが確認されており、256ビット暗号化やIPアドレス・DNSの漏えい防止機能、安全なプロトコル(OpenVPNやWireGuardなど)があるノーログVPNを選びましょう。
  • ストリーミング。動画を快適に視聴するには、お住まいの国に多数のサーバーがあり、HD画質で再生してもラグが発生しない高速なVPNを選びましょう。また、NetflixHuluBBC iPlayerDAZNなどのアカウントを確実に使えるか確認しましょう。
  • Torrent。IPアドレスを隠し、通信を暗号化し、P2Pプロフィールを提供しているTorrent向けVPNを選びましょう。通信が速いのも重要です。オプションですが、SOCKS5プロキシなどの機能があると便利です。
  • 使いやすさ。優秀なVPNは幅広いOS向けのアプリがあり、VPN非対応デバイスでも使えるようにルーターソリューションやSmart DNSを提供しています。この記事で紹介するVPNはWindowsmacOSAndroidiOSLinuxなどの主なデバイス向けのアプリを公式サイトから入手でき、インストールも簡単です。
  • ファイアウォールの回避。難読化などの機能があれば、VPNの使用を隠せます。また、ネット規制の厳しい国で使えることが確認されているVPNを選びましょう。例えば、中国向けVPNが必要な場合、現地で使えることをチェックしなければなりません。24時間年中無休カスタマーサポートがあると、必要な情報をいつでも得られるので安心です。

おすすめVPNサービス — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:スピード、安全性、安定性が最高のVPN

注目ポイント 検証したなかで最速。強力なセキュリティ機能も備わっており、汎用性が高い
サーバーネットワーク 日本を含む105か国に3,000台のサーバー
同時接続数 最大8台
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vudu、DAZN Japan、Abema TV、TVer、GYAO!、U-NEXTなど
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート 自動翻訳機付きのライブチャットとナレッジベース

世界中のVPNのエキスパートが検証を行った結果、ExpressVPNはすべての観点で最高であることが分かりました。非常に高速で、セキュリティが強いVPNサービスです。

まず、近くのサーバーでも遠くのサーバーでもExpressVPNが最速であることが分かりました。スピードテストでは、英国在住の担当者がスピード重視のLightwayプロトコルで複数台のサーバーに接続し、通信速度を測定しました。平均すると、ExpressVPNは通信速度にほとんど影響しないことが分かりました。近距離サーバーで通信速度は5%しか低下せず、数千キロ離れたサーバーに接続しても10%しか遅くならなかったのです。

ExpressVPN's speed test results for Toronto and London.VPN接続前の通信速度は105.51 Mbpsです

使いやすく、動画の視聴にピッタリ

ExpressVPNは世界中にサーバーがあるため、国内のコンテンツを視聴するのに適した近距離サーバーが必ず見つかります。サーバー混雑が原因で通信が遅くなることもありません。

なお、ExpressVPNなどのVPNサービスを使うと、理論上は国内で配信が許可されていないコンテンツを視聴できますが、このような行為は動画配信サービスの利用規約違反であることがほとんどです。また、著作権侵害と見なされる可能性もあります。規約違反や権利侵害は絶対にいけません。VPNは合法な範囲で責任を持って使用してください。

当サイトのグローバルチームの各担当者がそれぞれの国のライブラリをテストし、合計10以上のNetflixライブラリを確認しましたが、いずれも高速でスムーズに機能しました。また、アメリカの担当者がアメリカ国内からHulu、Disney+、Amazonプライムビデオにアクセスしたところ、全サイト上で問題なく作動したそうです。イギリスの担当者からは、Sky GoとBBC iPlayerでもスムーズに動作したとの報告がありました。

Smart DNS機能(MediaStreamer)を利用すると、ゲーム機やスマートテレビなど、通常はVPNに対応していないデバイスでも動画を高画質で見られます。ただし、VPN接続とは違い、通信は暗号化されません。

大半のデバイスやOS向けのネイティブアプリを提供しているため、簡単に使い始めることができます。ブラウザ拡張機能も優秀です。他社のブラウザ拡張機能は単なるプロキシ接続であることが多いですが、ExpressVPNのVPNアプリはリモコンのような役割を果たし、デバイス全体を守ります。アプリについて唯一不満だったのは、Linuxのインターフェースがやや使いにくいことです。

ExpressVPNはルーター用のカスタムファームウェアも提供しており、容易にインストールできます。ほかのVPNとは違い、ルーターのコードを変更して手動でインストールする必要はありません。ExpressVPNの公式サイトからファームウェアをダウンロードすると、設定を説明してくれます。ExpressVPNのAircoveルーターを購入するとさらに簡単です。VPNが設定されているため時間を節約できます。

ExpressVPNのネットワークはP2P共有に完全対応しており、空いている高速サーバーが簡単に見つかります。ポートフォワーディングに対応しているのはルーターに設定した場合のみですが、スプリットトンネリングを活用するとTorrentの速度を改善できます。私はスプリットトンネリングでBitTorrentの通信だけ暗号化し、それ以外はローカルネットワークを使うようにしています。

トップクラスのセキュリティ対策とプライバシー保護

セキュリティとプライバシー保護に関するExpressVPNの主張は、業界最先端の機能や独立監査で裏付けられているため、信用できます。ExpressVPNのLightwayプロトコル、アプリ、ブラウザ拡張機能は何度もセキュリティ監査を受けており、抜け漏れがないことが証明されています。また、2022年には、ExpressVPNがノーログポリシーを遵守していることを大手監査法人KPMGが確認しました。

その他のセキュリティ・プライバシー機能:

  • プライバシー保護。本拠地は英国領バージン諸島で、14アイズ同盟の管轄外です。また、サーバーはRAMベースなので、再起動のたびにデータが消去されます(TrustedServerテクノロジーと呼ばれています)。
  • 軍レベルの暗号化。AES 256ビット暗号化、SHA512ハッシュ関数、4096ビットRSA鍵を組み合わせているため、非常に高い技術を持つハッカーさえ傍受できません。また、万一暗号鍵が部外者に知られたとしても、パーフェクトフォワードシークレシーにより、過去と未来の通信は危険にさらされません。
  • データ漏えいは一切なし。ExpressVPNのキルスイッチNetwork Lock(ネットワーク・ロック)は、VPN接続が突然切断された場合にデータが公開されるのを防いでくれます。ExpressVPNならDNS、IP、WebRTCの漏えい対策も万全です。
  • プロトコルが選べる。LightwayのほかにOpenVPNも利用可能で、macOSではIKEv2も使えます。
  • Threat Manager。ExpressVPNはトラッカーやマルウェアなどを含むサイトが登録されたブロックリストを用いて、利用者のデバイスがそのような悪質なサーバーとやり取りするのを防ぎます。また、ポップアップ広告や成人向けサイトをブロックするようにワンクリックで設定できます。
  • 全サーバーが難読化に対応。難読化により、中国のようにネット検閲が厳しい国でもExpressVPNを使えます。

カスタマーケアがしっかりしており、安心の保証付き

ExpressVPNは30日間返金保証があるので、リスクなしで体験できます。返金手続きは簡単です。24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いしたところ、利用体験についていくつか質問されましたが、すぐに返金が承認されました。2日後に口座に振り込まれていました。

ExpressVPNはこんな人におすすめ!

  • 汎用性の高いVPNが欲しい人。ExpressVPNは高速でセキュリティが強く、安定しているため、動画の視聴やTorrent、ゲーム、安全なブラウジングなど、幅広いオンラインアクティビティに向いています。また、中国でこれらのアクティビティが行えることが証明されている数少ないVPNの1つでもあります。

ExpressVPNはこんな人にはあまり向きません

  • 予算が限られている人。この記事で紹介したほかのVPNと比べると、ExpressVPNは安いとは言えません(料金プランは$6.67/月~)。とは言え、公式サイトで割引キャンペーンが行われており、長期プランに登録したところ、49%オフでゲットできました。
2024年5月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:専用サーバーで快適にゲームやストリーミング、トレントが可能

注目ポイント 専用サーバーが用意されているため、最も使いやすいVPNの1つ
サーバーネットワーク 日本を含む100か国に11,690台のサーバー
同時接続数 7
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vudu、DAZN JPなど
日本語のアプリ 〇(macOS、iOS、Android)

CyberGhostは動画の視聴におすすめのVPNの1つです。日本にストリーミング専用サーバーがあり、高速で安定した通信で国内のコンテンツを快適に楽しめます。各サーバーに利用可能な動画配信サービスが明記されているのは便利だと思いました。

アメリカの担当者は、CyberGhostのNetflix米国サーバーを3年近く利用していますが、接続が遅くなったり、途切れたりした経験はないとのことでした。その他海外の担当者もCyberGhostのストリーミング専用サーバーをテストしたところ、それぞれの国・地域のDisney+、BBC iPlayer、Amazon プライムビデオなど、様々なストリーミングサービスで一貫して動作したと報告がありました

Screenshot showing easy to find streaming servers using CyberGhost app.CyberGhostは30以上の国際的な動画配信サービス向けのストリーミングサーバーを提供しています

ゲームとTorrentのために最適化されたサーバーも便利です。ゲームサーバーは低Pingで安定したスピードを実現するよう設計されており、Torrentサーバーはセキュリティが強く、高速でダウンロードできます。ポートランドからニューヨークのゲーム専用サーバーに接続して友達とCall of Duty: Warzoneをプレイしたところ、Pingはわずか41msで安定しており、ラグはごくわずかでした。

業界最高のプライバシーとセキュリティ

CyberGhostはユニークなプライバシー機能とセキュリティ機能が充実しており、ユーザーデータの保護に全力を尽くしていることがうかがえます。公共Wi-Fiを利用する際に安全を確保したり、マルウェア感染を防いだり、機密データを扱う際にプライバシーを強化したり。どんな場面でも安心です。

その他のセキュリティ・プライバシー機能:

  • 本拠地はルーマニア、NoSpyサーバーが利用可能。CyberGhostの本社は14アイズ同盟の管轄外にあります。本社にはNoSpyというプライベートサーバーも設置されており、データが盗聴されるリスクを最小限に抑えるため、NoSpyサーバーの管理はCyberGhostの職員のみが行っています。
  • 保護をカスタマイズできる。コンテンツブロッカー機能は広告やトラッカー、マルウェアを防ぐのに役立ちます。スマートルールでは、アプリがいつ、どのようなときに通信を守るかカスタマイズできるため、公共Wi-Fiを安全に利用するのに便利です。また、スマートルールでVPN接続から除外するアプリとサイトを選ぶこともできます(スプリットトンネリングと同じですね)。
  • 高品質プロトコル。IKEv2、L2TP/ IPSec、OpenVPN、WireGuardから選べます。ただし、iOSとmacOSでOpenVPNは使えません。
  • 専用IPアドレス。少額の月額料金が発生しますが、自分だけが使えるIPアドレスを取得できます。混雑を避け、サイトにVPNのIPアドレスであることを検出されないようにするのに有用です。専用IPアドレスはアメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、フランスで利用可能です。
  • 頼れるプライバシー保護。CyberGhostのノーログポリシーはDeloitte社の監査を受け、ユーザーデータが一切保存されないことが確認されています。また、ExpressVPNと同様、CyberGhostはディスクレスサーバーに移行し、データが保存されない環境を整えました。
  • 必須のセキュリティ機能。256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)により、個人情報をハッカーからしっかり守れます。DNS・IPアドレスの漏えい対策とキルスイッチも備わっています。

アプリは使いやすく、通信が速い

CyberGhostのアプリはすっきりしており、操作しやすいデザインです。大半の機能はワンクリックでオンにできます。無料のブラウザ拡張機能もありますが、単なるプロキシであり、すべての国で使えるわけではありません。WindowsやmacOS、Linuxをはじめとする主なOSに対応していますが、Chromebookでは使えません。

CyberGhostは高速で、特に近距離サーバーに接続するとスピーディーです。3台の近距離サーバー(イギリス、フランス、ドイツ)を試したところ、通信速度は平均で5%しか低下しませんでした。日本サーバーも高速で、接続前と比べて23%以上遅くなることはありませんでした。1台のオーストラリアサーバーでは約70%も減速してしまいましたが、CyberGhostのサーバーネットワークは大規模なので、ほかのオーストラリアサーバーに切り替えるだけで速度低下率が27%に改善されました。

料金は格安で、保証期間がとても長い

プランは格安で、全機能を体験できる24時間無料トライアルもあります。VPNをくまなく試すのは時間がかかるので、CyberGhostのプランに加入して45日間返金保証を利用することにしました。これは長期プランが対象で、短期プランの返金保証は14日間となっています。

実際に返金をお願いしたところ、保証をきちんと守っていることが分かりました。ExpressVPNと同様、CyberGhostも24時間年中無休のライブサポートがあり、詳しく丁寧に対応してくれました。

CyberGhostはこんな人におすすめ!

  • エンタメ向けVPNが欲しい人。動画の視聴やゲーム、Torrent向けの専用サーバーが用意されています。Smart DNS機能もあり、より多くのデバイスでストリーミングできます。

CyberGhostはこんな人にはあまり向きません

  • 規制の厳しい国でVPNを使いたい人。中国やアラブ首長国連邦など、ネット検閲が厳しい国でCyberGhostは使えません。
2024 5月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在83%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Private Internet Access:セキュリティ設定を柔軟にカスタマイズでき、スピードと安全を両立

注目ポイント 設定が多く、コスパ抜群
サーバーネットワーク 日本を含む91か国に29,650台のサーバー
同時接続数 無制限
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のアプリ

Private Internet Access(PIA)は激安で、セキュリティ機能が優れているため、人気上昇中のVPNサービスです。さらに、無制限のデバイスを接続できるので、非常にオトクなVPNと言えます。

セキュリティ機能をカスタマイズ可能

PIAなら、好みに応じて接続をパーソナライズできます。VPNプロトコルはOpenVPNとWireGuardの2つから選べます。ストリーミングに適した高速通信になるようにWireGuardに切り替えてスピードテストを実施したところ、OpenVPNより9%高速であることが分かりました。

ネット銀行を利用する際はセキュリティが最優先なので、私は安全性の高いOpenVPNプロトコルを選んでいます。暗号強度を選べるのも良いですね(128ビットまたは256ビット)。極秘情報はしっかり守りたいので、暗号強度を256ビットに引き上げるようにしています。

PIA's Windows app displaying different protocol and encryption settings.左側のパネルのタブをクリックすると、より多くの設定をカスタマイズできます(MACEを含む)

その他のセキュリティ・プライバシー機能:

  • 多層防御。PIAには、広告とマルウェアを阻止するMACE機能が内蔵されています。また、マルチホップを有効にすると、VPNサーバーだけでなく、SOCKS5あるいはShadowsocks難読化プロキシにデータを経由させることができます。ただし、ほかのVPNの難読化機能とは違い、PIAのマルチホップ機能を有効にしても中国でVPNを使えるわけではありません。
  • 次世代サーバー。第三者に干渉されるリスクを排除するため、PIAは3つの地域(北米、ヨーロッパ、オーストラリア)に自社所有のコロケーションサーバーを設置しています。
  • 基本がしっかりしている。軍レベルの暗号化はもちろん、データ漏えい防止機能と調整可能なキルスイッチが備わっており、手動でVPNを無効にしても漏えいを防止してくれます。検証中、漏えいは発生しませんでした
  • プロキシブラウザ拡張機能。Chrome、Firefox、Opera向けのプロキシ拡張機能を無料でゲットできます。VPNとは違い、通信は暗号化されませんが、位置情報は変更できます。
  • ノーログであることが裁判で証明されている。PIAがノーログポリシーを遵守していることは、裁判事例で何度も証明されています。ユーザーデータの提出を命令されても、PIAは提出できるデータがなかったのです。PIAの本社は14アイズ同盟の加盟国アメリカにあるので、データを記録していないのは安心感があります。

サーバーが非常に多く、高速

29,650台もサーバーがあるため、PIAが圧倒的に速いのは驚きではありません。近距離サーバーだと通信速度は5%しか低下しませんでしたが、長距離サーバーでは平均で32%低下しました。

PIAの全サーバーがP2P共有に対応しています。また、ExpressVPNやCyberGhostとは違い、ポートフォワーディングも可能なので、シーダーに直接接続してダウンロード速度を向上できます

PIAは、計8ヶ国にストリーミングに最適化されたサーバーを配置しています。時々、通常のサーバーだとストリーミングの速度が遅かったり不安定なことがありますが、これらの専用サーバーは、通常サーバーよりもはるかに安定していることが分かりました。アメリカの担当者は、アメリカ東部ストリーミング専用サーバーに接続してアメリカ版NetflixとHuluを快適に視聴できました。なお、アメリカ西部にもストリーミング専用サーバーがあります。

もう一つの特長は、PIAはアメリカ全50州に最低でも1台のサーバーを配置しているということです。ですので、どの州にいても近隣サーバーに接続ができます。大抵の場合、サーバーが近ければ近いほど通信速度は速くなりますのでこの点は素晴らしいです。さらに、サーバーが多いほど、ユーザーの過負荷や速度低下を軽減できます。

優れたカスタマーサポートとヘルプページ

PIAのアプリはインストールしやすく、Smart DNS機能もあります。特に気に入ったのは、Linux向けのGUIアプリがあること。助けが必要な場合、ライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせられます。ヘルプセンターにはよくある質問やチュートリアル、セットアップガイドなどが充実しています。

料金プランはわずか$2.19/月~で、この記事に掲載されているVPNのなかで最も手頃なサービスの1つです。全プランが安心の30日間返金保証付きなので、PIAをリスクなしで体験できます。24時間年中無休のライブチャットもありますから、返金手続きに時間はかかりません。

PIAはこんな人におすすめ!

  • 設定を柔軟に調整したい人。PIAはセキュリティ設定を自由に変更できるので、Torrentやオンラインバンキング、ブラウジングなど、ニーズに応じてセキュリティを調整したいユーザーにおすすめです。

PIAはこんな人にはあまり向きません

  • VPN初心者。VPNを初めて使う場合、設定オプションが多いと圧倒されてしまうかもしれません。上級ユーザーにとっては嬉しいポイントですが。
2024 5月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

4. NordVPN:脅威対策で広告やトラッカー、マルウェアに対するセキュリティを強化

注目ポイント 脅威対策はさまざまなセキュリティ設定があり、カスタマイズ可能。マルウェアや広告、トラッカーなどから身を守るのに便利
サーバーネットワーク 日本を含む111か国に6,376台のサーバー
同時接続数 10
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート ライブチャット、メールサポート(自動翻訳を使って対応)、ヘルプセンター

NordVPNがおすすめVPNにランクインしたのは、脅威対策やNordLynxなどのユニークな特徴があるからです。NordLynxはスピードとセキュリティを重視してNordVPNが独自に開発したプロトコルです。

機能を直感的に使える

脅威対策は不正サイトや広告、フィッシングなどを阻止する機能で、VPNサーバーに接続されていなくても動作します。また、デバイス上のファイルをスキャンし、有害なファイルを削除してくれます。allrecipes.comという広告の多いサイトで何度か試したところ、すべての広告が非表示になり、ブロックされた脅威が一覧に表示されました。

NordVPNのDark Web Monitor(ダークウェブモニタリング)は、VPNのアカウントに紐づけされているメールアドレスがダークウェブに流出した場合に通知するものです。メッシュネットワークでは、暗号化した状態でさまざまなデバイスをリンクできます。例えば、旅行中にノートパソコンから自宅のパソコンのフォルダにアクセスしたいというときに役立ちます。

その他のセキュリティ・プライバシー機能:

  • 特殊なセキュリティサーバー。マルチホップサーバーと難読化サーバーではデータが傍受されにくくなり、ファイアウォールを回避できる場合もあります。オニオンオーバーVPNサーバーもあり、Torブラウザをダウンロードしなくても安全にTorに接続できます。
  • 確実なプライバシー保護。NordVPNがノーログポリシーを守っていることは3回確認されています。最近行われた検証は2022年にデロイト社が実施したもので、NordVPNがノーログポリシーを100%遵守していることが分かりました。また、RAMベースのサーバーを採用しており、本拠地はデータ保持法のないパナマです。
  • 必須のセキュリティ機能とプラスアルファ。NordVPNのキルスイッチは2つの設定があり(ネット通信を停止させるキルスイッチと特定のアプリを停止させるキルスイッチ。両方を有効にすることも可能)、256ビット暗号化やDNS・IPアドレスの漏えい対策などもあります。また、独自のDNSサーバーも提供しているので、オンラインアクティビティを追跡されません。
  • 3つのプロトコル。独自のNordLynxプロトコルだけでなく、OpenVPNやIKEv2/IPSecも利用可能です。

ストリーミングとTorrentに大変便利なVPN

NordVPNに内蔵されている「SmartPlay機能」はストリーミングに非常に役立ちます。数か国の調査スタッフが現地で利用可能なサイトを試したところ、どれも確実にうまくいきました。5か国でNetflixが利用できたほか、BBC iPlayer、Max(旧HBO Max)、Huluも成功しました。

少額の月額料金が発生しますが、専用IPを取得することもでき、15か国のサーバーロケーションから選べます(日本、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど)。専用IPを使えるのは自分だけなので、共有IPでありがちな「遅い」「通信が不安定」といったトラブルを避けられます。

P2P専用サーバーは数か国に設置されています。また、Torrent非対応サーバーに接続してファイル共有をしようとすると、カナダかオランダのP2Pサーバーに自動的にリダイレクトされます。

スピードを重視したNordLynxプロトコルを使うと、動画の視聴やファイルのダウンロードなどをスムーズに行えます。近距離サーバーは高速で、イギリスの調査スタッフが3台のサーバーに対してスピードテストを実施した結果、通信速度は平均で6%しか低下しませんでした。遠距離サーバーも3台試したところ、平均速度低下率は19%となり、まあまあ良いと言えます。

使いやすく、カスタマーケアの対応が速い

調査チームとNordVPNのアプリを検証しました。デスクトップ、モバイル、Linux、ストリーミングデバイスなどのアプリがありますが、どれも数分でインストールできました。NordVPNはSmart DNS機能も提供しています。

すべてのサブスクリプションが30日間返金保証の対象で、試したところ、保証を守っていることが確認できました。返金リクエストなどの問い合わせには24時間年中無休のライブチャットを利用するのがおすすめです。迅速に対応してくれます。

NordVPNはこんな人におすすめ!

  • ストリーミングとTorrentに適したVPNが欲しい人。NordVPNは効果的な広告・マルウェアブロッカーが備わっており、高速で、SmartPlayやP2P専用サーバーもあるため、動画の視聴やTorrentに向いています。また、スプリットトンネリングやSOCKS5プロキシ接続でダウンロード速度を向上することも可能です。

NordVPNはこんな人にはあまり向きません

  • すぐに接続したい人。インターフェースは世界地図ですが、大きくて邪魔だと思いました。とは言え、一覧より地図のほうがサーバーを選びやすいと感じるかもしれません。また、一部の長距離サーバーに接続するのに最大40秒かかります。

5. Surfshark:非常にユニークなセキュリティ機能でデータの安全を強化

注目ポイント ユニークで高度なセキュリティ機能が充実している
サーバーネットワーク 日本を含む100か国に3,200台のサーバー
同時接続数 無制限
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のアプリ

Surfsharkは業界で最も高度なセキュリティ機能を提供しており、PIAと同様、無制限のデバイスを接続できます。ただし、PIAほど安いわけではありません。

「ロウテイティングIP」を有効にすると、IPアドレスが5~10分ごとに変更されます。「Cleanweb」は広告やトラッカー、マルウェア、フィッシングを防ぐ便利な追加機能で、Cookie使用同意を求めるポップアップも非表示になります。

Surfsharkの「NoBorders」は、自由なインターネットを楽しむのに役立ちます。ネットワークの制限を検出し、それを回避するのに最適なサーバーを一覧に表示してくれる機能です。「カモフラージュモード」を有効にすると通信が難読化されますが、中国でSurfsharkを使えるようになるわけではありません。

Surfshark's Windows app displaying security settings, like NoBorders and Rotating IP.NoBordersをオンにすると、ネットワークのファイアウォールやVPN規制を突破できるサーバーだけが表示されます

その他のセキュリティ機能

  • 専用IPアドレス。Surfsharkは、イギリス、アメリカ、ドイツ、オランダの専用IPアドレスを提供しています。これらの国に住んでいて、現地で配信されているコンテンツを確実に視聴できるようにしたい場合に役立ちます。
  • ホワイトリスト。安全を一層強化したい場合、自分のデバイスとやり取りできるメールアドレス、IPアドレス、サイト、アプリをホワイトリストに登録できます。登録したもの以外はブロックされます。
  • 軍レベルのセキュリティ。Surfsharkでは、WireGuard、OpenVPN、IKEv2から選べます。256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシーを採用しており、キルスイッチやDNS・IPアドレスの漏えい対策機能もあります。8台のサーバーに対して漏えいテストを何度も実施したところ、データ漏えいは一切検出されませんでした。
  • GPSオーバーライド(Androidのみ)。スマホのGPS位置情報をVPNサーバーの位置と一致させる機能です。位置情報が必要のないアプリに追跡されるのを防げます。

通信が速く、確実にストリーミングできる

Surfsharkなら、ほぼすべてのストリーミングサービスが確実に利用できます。Torrent向けVPNが欲しい方にもおすすめです。しっかりしたセキュリティ機能と通信速度を向上するBypasser(スプリットトンネリング)が備わっているうえ、すべてのサーバーがTorrentに対応しています。

ストリーミングやゲームなど、最速の通信が必要なときは「最速のロケーション」を使うと良いでしょう。最近実施したスピードテストでは、近距離サーバーで119.19Mbpsという高速通信が得られました。VPN接続前と比べ、通信速度は4%しか低下しなかったのです。遠くのサーバーはまあまあでした。通信速度が33%以上低下することはありません。

プライバシーポリシーと返金保証がしっかりしている

Surfsharkの本拠地はオランダ(14アイズ同盟の加盟国)ですが、RAMベースのサーバーを採用しており、ノーログポリシーも定めているため、データのプライバシーはきちんと確保されます。また、2022年に実施されたDeloitte社の独立監査で、Surfsharkがノーログポリシーを遵守していることが確認されています。

返金保証がありますから、30日間リスクなしでSurfsharkを試せます。返金を希望したところ、1週間以内にクレジットカードに返金されていました。

Surfsharkはこんな人におすすめ!

  • ユニークなセキュリティ機能が欲しい人。GPSオーバーライドやカスタマイズ可能なマルチホップ接続などを提供しているVPNは多くありません。

Surfsharkはこんな人にはあまり向きません

  • ルーターに設定したい人。Surfsharkはルーター専用のアプリやファームウェアを提供していないため、インストールとロケーションの変更は手動で行わなければならず、難易度は高めです。幸い、公式サイトにステップバイステップガイドが掲載されています。

6. IPVanish:自社所有ネットワークが究極のプライバシーを実現

注目ポイント IPVanishのサーバーはすべて自社所有。サードパーティからレンタルしたサーバーは一切なし
サーバーネットワーク 日本を含む90か国に2,400台のサーバー
同時接続数 無制限
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、BBC iPlayer、(HBO)Max、Vuduなど
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応

IPVanishは必須のセキュリティ機能がすべてそろったVPNで、最大の魅力はプライバシー保護へのこだわりです。他社VPNは第三者からサーバーを借りていることが多いですが、IPVanishはすべてのサーバーを所有しているため、第三者に詮索されるリスクは一切ありません。本拠地はアメリカですが、IPVanishの厳格なノーログポリシーはLeviathan Security Groupによる監査を受け、ユーザーデータを記録・保存しないことが確認されています。

使いやすく、近距離サーバーは高速

IPVanishが使いやすいのは、シンプルで設定が少ないからです。各サーバーのPing値と負荷率が表示されます。Amazon Fireアプリでこれらの情報を確認できるので、自分の国で最適なサーバーがすぐに見つかり、ラグなしで動画を視聴できます。PCでゲームをする際、低Pingのサーバーを選びやすいのが気に入りました。

IPVanish Windows app displaying each server's ping and load percent.Pingと負荷率の低いサーバーを選ぶと、安定した高速通信が期待できます

スピードテストの結果は一貫しませんでした。遠くのサーバーでの速度低下率は12%~72%と幅があったのです。一方、近距離サーバーでは平均で4%しか遅くなりませんでした

その他のセキュリティ機能:

  • 必須のセキュリティ機能を搭載。IPVanishは256ビット暗号化、キルスイッチ、IPアドレス・DNSの漏えい対策などの機能がそろっています。さらに、追加機能としてスプリットトンネリングや広告・マルウェアブロッカー(Threat Protection)などもあります。
  • スクランブル。ネットワークにVPN接続が弾かれる場合、スクランブル機能で通信を難読化すれば、VPNを使っていることを隠せます。
  • 4つのプロトコル。IPVanishはWireGuard、IKEv2、OpenVPN、IPSecに対応しています。

24時間年中無休のカスタマーサポートとしっかりした保証

IPVanishはかなり使いやすいため、トラブルが発生する可能性は低いでしょう。もしも問題が発生した場合は24時間年中無休のライブチャット、メール、電話でカスタマーサポートに英語で問い合わせることができます。

30日間返金保証があるので、安心してIPVanishに申し込めます。返金手続きは簡単です。サポートに連絡しなくても、ホームページのアカウントポータルから返金をリクエストできます。

IPVanishはこんな人におすすめ!

  • Torrentを利用したい人。IPVanishの自社サーバーはすべてTorrentに対応しています。SOCKS5プロキシ接続でダウンロード速度を向上することも可能です。

IPVanishはこんな人にはあまり向きません

7. PrivateVPN:ネットワークは小規模でありながらも、信頼性の高いVPN

注目ポイント ストリーミングとセキュリティ対策に便利
サーバーネットワーク 日本を含む63か国に200台のサーバー
同時接続数 10
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のカスタマーサポート ナレッジベース

PrivateVPNのネットワークは比較的小規模ですが、国内のプラットフォームで動画を視聴したり、その他のオンラインアクティビティをしたりするときに頼りになります。

当サイトのグローバルチームが、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア国内のPrivateVPNサーバーに接続してサーバーの高速性・安定性をテストしたところ、Netflix、Sling TV、BBC iPlayerなどを始めとする各国の人気ストリーミングサイトで、ラグなくスムーズなストリーミングができました。

Streaming Netflix in HD from the US while connected to PrivateVPN's Miami serverアメリカの同僚は、所在地から最も近いマイアミのサーバーに接続したところ、速度が最速になりました。

スピードテストでは、PrivateVPNは近隣サーバーでは高速ですが、遠くのサーバーでは大きな速度低下(平均48%)が発生しました。ただ、どのサーバーもブラウジングやHDストリーミングが快適にできるほどの速度は出ました。

厳格なノーログVPNで、中国でも使える

PrivateVPNはスウェーデンの企業で、14アイズ同盟の管轄内ですが、厳格なノーログポリシーを遵守しています。

プライバシーを強化するため、DPIファイアウォールやVPN規制を回避するために設計された「Stealth VPNモード」があります。中国の調査スタッフが試したところ、Stealth VPNモードは効果的であることが確認できました。

その他のセキュリティ機能

  • Advanced View(詳細ビュー)設定。PrivateVPNには、キルスイッチとIPv6・DNS漏えい対策が備わっており、Advanced view(詳細ビュー)でオンにできます。
  • 5つのプロトコル。AES 256ビット暗号化を採用しているほか、プロトコルはAnyConnect、IKEv2、IPSec、OpenVPN、WireGuardから選べます。
  • ポートフォワーディングとSOCKS5。この2つの設定は、Torrentの速度を向上するのに特に役立ちます。

アプリはシンプル、返金保証付き

アプリは使い勝手が良く、大半のデバイスやOSで使えます。Chrome向けのプロキシ拡張機能を提供しているのは便利ですが、ほかのブラウザでは使えません。幸い、どのブラウザを使っても完全版VPNアプリがデータを保護してくれます。Smart DNS機能もありませんが、PrivateVPNをルーターに設定するとスマートテレビやゲーム機、一部のストリーミングデバイスなどで使えます。

30日間返金保証もありますから、じっくり試したうえで自分に合っているか判断すると良いでしょう。PrivateVPNは24時間年中無休のライブチャット窓口があり、質問すると迅速に回答してくれます。

PrivateVPNはこんな人におすすめ!

  • VPN初心者。Simple view(シンプルビュー)にすると、PrivateVPNの高度なセキュリティ機能が非表示になり、ワンクリックでサーバーに接続できます。

PrivateVPNはこんな人にはあまり向きません

  • ネットワークが大規模なVPNが欲しい人。PrivateVPNは接続が安定しており、スピードもまあまあ良いですが、ネットワークは小規模です。接続したい国にサーバーが設置されていないということもあるかもしれません。

8. Proton VPN:使いやすく、安全で、無駄のないVPN

注目ポイント 使いやすい
サーバーネットワーク 日本を含む91か国に4,987台のサーバー
同時接続数 10
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のアプリ 〇(macOS、iOS)

Proton VPNは、初心者でも使いやすいVPNサービスで、大半のストリーミングプラットフォームに対応しています。通信はかなり高速で、特にVPN Acceleratorを有効にするとスピーディーです。英国の担当者がスピードテストを行った結果、一番遅かったのは東京の長距離サーバーで、43%の速度低下となりました。

特殊なセキュアコアサーバー、本拠地はスイス

Proton VPNはプライバシー保護に適したスイスの企業で、ノーログポリシーを遵守しています。また、独自のセキュアコアサーバーを提供しています。プライバシー保護法の厳しい国(アイスランド、スイス、スウェーデン)に設置されたサーバーです。「セキュアコアサーバー → 別のVPNサーバー → 目的地」という経路でデータ通信を行えるわけです。

ProtonVPN's Windows app displaying Secure Core locations from Sweden.2台のサーバーを経由してデータ通信を行うと、通信速度が大幅に低下することに注意しましょう

その他のセキュリティ機能

  • 安全なプロトコル。Proton VPNはOpenVPN、IKEv2、WireGuard、Stealthというプロトコルに対応していますが、全アプリですべてのプロトコルが利用可能というわけではありません。
  • パーフェクトフォワードシークレシー。この機能と軍レベルの暗号化を組み合わせることでデータへの不正アクセスを防いでいます。
  • Netshield(ネットシールド)。広告やマルウェア、トラッカーをブロックし、デバイスに到達するのを防ぎます。

便利な機能と制限付き無料プラン

Proton VPNなら、接続をパーソナライズできます。例えば、多数のP2P専用サーバーから好きなものを選び、プロトコルを指定し、「Torrent」と名前を付けておくと、ファイルをダウンロードしたいときに便利です。

Proton VPNのサーバーはほぼすべてTorrentに対応しています。P2Pサーバーの横には小さなアイコンが表示されますが、UIがごちゃごちゃしているため見逃してしまうかもしれません。

Proton VPNを試したい場合、無料版があります。データ通信量は無制限で、広告は表示されません。ただし、無料プランはTorrentに対応しておらず、安定して高速ではないので動画を視聴するためには向きません。また、有料プランとは違い、24時間年中無休のライブチャットは利用できません。

Proton VPNはルーターにも対応していますが、PrivateVPNとは違い、Smart DNS機能はありません。Proton VPNに申し込む際、暗号化されたメール、カレンダー、クラウドサービスのセット購入も可能です。30日間返金保証があるので、リスクなしで体験できます。

Proton VPNはこんな人におすすめ!

  • 広告なしで快適にブラウジングしたい人。FirefoxとChromeでは完全版VPNブラウザ拡張機能が利用可能で、Netshield機能もあるため、広告なしで安全にネットを閲覧したい場合はProton VPNがイチオシです。

Proton VPNはこんな人にはあまり向きません

  • 手頃なVPNが欲しい人。Proton VPNはこの記事で紹介したVPNのなかで最も高いサービスの1つで、長期プランでも$4.49/月~となっています。

9. Hotspot Shield:セキュリティが強く、速度も妥協しないVPN

注目ポイント Hydraプロトコル
サーバーネットワーク 日本を含む80か国に1,800台のサーバー
同時接続数 10
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応

Hotspot Shield独自のプロトコル「Hydra」なら、暗号化による極端な速度低下を防げます

スピードテスターがHydraで国内のサーバーに接続したところ、通信速度は平均で3%しか低下しませんでした。日本、オーストラリア、米国の長距離サーバーでも、平均速度は74Mbpsでした(基準値と比べ、わずか35%の速度低下)。高速なので、HD・UHD動画の視聴やTorrentなど、通信速度が重要なアクティビティに適しています

Hotspot Shield's speed test results in LA and London.ローカルサーバーに接続しても、速度低下は感じられませんでした

アメリカの担当者がHotspot Shieldをテストしたところ、NetflixやDisney+のようなほとんどの人気ストリーミングサイトでスムーズかつ安定して動作しましたが、Amazon プライムビデオでは機能しなかったそうです。スマートDNSは提供していませんが、ルーターに設定すればスマートTVやゲーム機でも利用できます。試しにASUSのルーターに設定しましたが、時間は掛からず、Apple TVで問題なくDisney+を見ることができました。

必須のセキュリティ機能

スピード重視のHydraプロトコルのほかにも4つのVPNプロトコルから選ぶことができ、どれも256ビット暗号化に対応しています(OpenVPN、SSTP、IPSec、L2TP)。最大の欠点は、VPNやWebサイトをブロックする制限の厳しいネットワークで使えるようにするための高度な機能がないこと。しかし、ブラウジングや動画視聴、Torrentなどを行う際にデータの安全を確保するためには頼りになります

その他のセキュリティ機能

制限付き無料プランがあり、返金期間が長い

Hotspot Shieldの有料プランの料金は高いほうです。無料版もありますが、4か所のサーバーしか使えません(シンガポール、イギリス、アメリカ2か所)。Hotspot Shieldをリスクなしで試したい場合、他社より長い45日間返金保証があります

Hotspot Shieldはこんな人におすすめ!

  • 動画の視聴やTorrentをしたい人。スピード重視のHydraプロトコルが利用でき、HD動画を確実に再生できるほか、P2Pにも対応しているので、ストリーミングとTorrentに適したVPNであると言えます。

Hotspot Shieldはこんな人にはあまり向きません

  • プライバシーがとても気になる人。本拠地はアメリカで、プライバシーポリシーが曖昧ですが、詳しく調べたところ、IPアドレスは詐欺防止のために一時的に記録されるものの直ちに暗号化され、VPNセッション終了後に削除されることが分かりました。

10. hide.me:ユニークなステルスガード機能により、指定したアプリで安全を確保できる

注目ポイント ステルスガード
サーバーネットワーク 日本を含む90か国に2,600台のサーバー
同時接続数 10
利用可能なサービス Netflix、ディズニープラス、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、(HBO)Max、Hulu、Vuduなど
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート ライブチャット(自動翻訳を使って対応)

hide.meのステルスガード機能では、VPN接続しなければ動作しないアプリを指定することができます。VPN接続が切れると指定したアプリは自動的に停止するため、保護されていない接続を通してデータが漏えいするのを防いでくれます。キルスイッチとスプリットトンネリングを組み合わせた機能と考えて良いでしょう。

また、保護された通信、保護されていない通信、イーサネット通信でhide.meがどのように動作するかカスタマイズすることも可能です。これらのネットワークが検出されたときの挙動は「尋ねる」「VPNを有効にする」「VPNを無効にする」「ネットワークを無視する」から選べます。

Screenshot of hideme's Windows app displaying a range of security settings.アプリの各機能に説明が表示されるのは親切です

その他のセキュリティ機能:

  • 漏えい対策。hide.meにはDNS・IPアドレスの漏えい対策とキルスイッチが組み込まれており、どんな状況でもネット上で匿名性を守れます。
  • ノーログ。オンラインアクティビティが保存、記録、共有されることは一切ありません。また、hide.meはデータ保持法のないマレーシアに本拠を置いています。
  • 暗号化と強力なプロトコル。hide.meはSoftEther、WireGuard、OpenVPN、IKEv2、SSTPに対応しており、256ビット暗号化を用いてデータを保護します。

ストリーミングとTorrentが可能

hide.meのBolt機能は、回線混雑を避け、待ち時間を短縮するもので、通信速度と安定性を改善できます。すべてのサーバーがP2Pに対応しており、スピーディーにTorrentが可能です。

動画を高画質で再生するのに適したスピードで、確実に視聴できます。ルーターに設定すれば、スマートテレビやゲーム機でも使えます。実際にルーターに導入したところ、Apple TVでNetflixのコンテンツをHD画質で見られました。

無料版と返金保証あり

hide.meの無料版では9か所のサーバー拠点が利用可能で、データは無制限です。しかし、一部のサーバーしか利用できず、スピードの上限があり、確実にストリーミングできるわけではないため、できることはかなり限られています。リスクなしの30日間返金保証を利用して、制限のないプレミアム版を体験したほうが良いでしょう。

hide.meはこんな人におすすめ!

hide.meはこんな人にはあまり向きません

  • 遠くのサーバーでも高速なVPNが欲しい人。hide.meの近距離サーバーは比較的高速です。しかし、スピードテストの結果、オーストラリアと日本の遠距離サーバーでは通信速度が平均で71%も低下してしまいました。

おすすめVPNサービスの比較表

VPNの機能や特徴はそれぞれ大きく異なります。そのため、特定のアクティビティに適したVPNもあれば、そうでないものもあるのです。

サーバーネットワークが大規模なVPNは回線が混雑しにくく、近くに高速なサーバーがある可能性が高いと言えます。また、VPNが遅いとバッファやラグの原因になりますから、ストレスなくネットを利用するには高速VPNを選ぶのが重要です。

Netflixが好きな場合、お住まいの国のライブラリが確実に利用できるVPNを探しましょう。どの地域でもNetflixを高画質で視聴でき、通信をしっかり守るサービスを選びたいものです。プライバシーが気になる場合は14アイズの非加盟国に本拠を置いているVPNを使うと、データが危険にさらされないという安心感を得られます。

おすすめVPNの主な特徴を表で比べてみましょう。

最低価格(月額) 最大のメリット 最大のデメリット サーバー数 速度 利用可能なNetflixライブラリ数 本拠地は14アイズ同盟の管轄外? 日本語のアプリ
🥇ExpressVPN $6.67/月 あらゆる場面でスムーズに使える やや割高 日本を含む105か国に3,000台 超高速 13以上
🥈CyberGhost $2.19/月 ストリーミング、ゲーム、Torrent向けの専用サーバー 中国で使えない 日本を含む100か国に11,690台 超高速 13以上 〇(macOS、iOS、Android)
🥉PIA $2.19/月 セキュリティ機能をカスタマイズできる 高度な機能は難易度が高め 日本を含む91か国に29,650台 高速 10以上 ×
NordVPN $5.99/月 広告、マルウェア、トラッカーをしっかりブロック アプリがイマイチ 日本を含む111か国に6,376台 高速 16以上
Surfshark $2.19/月 ユニークなセキュリティ機能が充実している 本拠地は9アイズ同盟の加盟国。macOSアプリはOpenVPNに対応していない 日本を含む100か国に3,200台 超高速 14以上 ×
IPVanish $2.19/月 自社所有サーバーネットワーク ストリーミングにはあまり向かない 日本を含む90か国に2,400台 ふつう 10以上 × ×
PrivateVPN $2/月 動画の視聴に向いており、中国で使える サーバーネットワークが小規模 日本を含む63か国に200台 ふつう 12以上 ×
Proton VPN $4.49/月 アプリが使いやすい やや割高 日本を含む91か国に4,987台 超高速 7以上 〇(macOS、iOS)
Hotspot Shield $2.99/月 スピード重視のユニークなプロトコル プライバシーポリシーが曖昧 日本を含む80か国に1,800台 高速 2以上 × ×
hide.me $2.69/月 アプリのセキュリティをカスタマイズ可能 遠くのサーバーは遅い 日本を含む90か国に2,600台 ふつう 4以上

【クイックガイド】3ステップで簡単!VPNの設定方法

  1. VPNに登録します。ExpressVPNがおすすめです。高速かつ安全で、あらゆる場面で役立ちます。
  2. VPNをダウンロードします。VPNの公式サイトにアクセスし、デバイスに適したVPNアプリをインストールしましょう。
  3. 接続します。サーバーを選びましょう。現在地に一番近いサーバーに接続すると、最速の通信が期待できます。

【調査方法】VPNの評価・比較の仕方

VPN企業は何百社もあり、どれも自社こそが最高と宣言していますが、自分に合ったVPNを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか? 個人がすべてのVPNを調べるのは不可能です。そこで当社では世界中のエキスパートが徹底検証を行っています。このランキングだけでなく、当サイトのレビューや記事はすべて厳しい基準をもとに作成されています。

当サイトでは、重要ポイントに重点を置いてさまざまな観点から各社VPNを分析しています。評価項目には次のようなものがあります。重要度の高いものから説明します。

  • プライバシーポリシーとログポリシー。各社VPNのプライバシーポリシーを精読し、改定された場合は改定内容も確認しています。
  • 速度。担当チームが各社VPNのスピードテストを毎週実施し、短距離サーバーと長距離サーバーに接続したときのパフォーマンスを調べています。また、速度が一貫しているか、正確かを確認しています。
  • セキュリティ機能。256ビット暗号化やデータ漏えい対策、キルスイッチなど、VPNに必須のセキュリティ機能が備わっているか調べています。また、すべてのVPNに対してデータ漏えいテストも絶えず実施しています。世界中のサーバーを複数台選び、データが漏えいしていないことをチェックしているのです。
  • ストリーミング。国際チームと協力し、それぞれの地域で利用可能な人気ストリーミングサイトに対して各社VPNを試しました。VPNで通信を保護しても、ストリーミングの速度と安定性が損なわれないことを確認しました。
  • 使いやすさ。利用者のスキルレベルによらずVPNを使いこなせるか、アプリを簡単にインストールできるか、サーバーに接続しやすいか、サイトまたはアプリに機能の説明が掲載されているかをチェックしています。
  • カスタマーサポート。担当チームが各社VPNのカスタマーサービスに実際に問い合わせ、質問に詳しく回答してもらえることを確認しました。ライブチャットの応答時間だけでなく、ホームページにヘルプセンターがあるか、ヘルプ記事は参考になるかをチェックしています。
  • Torrent。VPNに接続してTorrentを行い、どれくらい速いか、広告ブロッカーは効果的か(提供されている場合)、マルウェアの可能性がある場合はデバイスが感染する前に警告が表示されるかを調べました。また、定期的に漏えいテストを実行し、Torrent中にIPアドレスが公開されるか調べています。

VPNの必要性

VPNを使うと、世界中のプライベートサーバーを利用できます任意のVPNサーバーと接続を確立すると、データの内容が暗号化され、その地点を経由して通信が行われるようになります。また、接続したサーバーのIPアドレスを使うことになるので、元のIPアドレスは公開されません。

こうすることでオンラインプライバシーが強化され、盗聴やハッキング、サイバー攻撃などの脅威から通信を守れるのです。

どのような機能が備わっているかにもよりますが、VPNは幅広いメリットがあり、さまざまな場面で応用できるツールです。VPNの主な利用シーンを紹介します。

  • サイバー犯罪からデータを守る。おすすめVPNは256ビットAESアルゴリズムで通信を暗号化します。政府組織や金融機関、軍隊などが使用しているのと同じ暗号化です。また、信頼できるVPNプロトコルを用いてデータをスクランブリングするため、ホームネットワークであれ、保護されていない公共Wi-Fi(フリーWi-Fi)であれ、ブラウジングデータのプライバシーが保護されます。
  • IPアドレスを非公開にする。VPN接続ではIPアドレスが隠されるため、オンラインアクティビティの追跡を阻止できます。ハッカーから身を守れるほか、プロバイダによる帯域制限(Torrentなど大量のデータを送受信する際に通信速度を制限されること)も回避できます。徹底的にプライバシーを保護したい場合、VPNと安全なTorブラウザを併用すると良いでしょう。
  • Torrentで安全にファイルを共有する。P2P(ピアツーピア)でファイル共有を行うと、違法行為や非倫理的行為に巻き込まれるリスクやハッカーやマルウェアの被害に遭うリスクがあります。Torrentを利用する際にVPNを使えば、後者のリスクから身を守り、デバイスと個人情報を防御できます。vpnMentorはTorrentを使った違法行為を容認しません。ファイルをダウンロードする前に著作権フリーであることを必ず確認してください。
  • オンラインゲームを安全にプレイする。オンラインゲームをプレイすると、ほかのプレイヤーからDDoS攻撃を受けてホームネットワークが妨害されることがありますが、VPNを使うとそのような攻撃から身を守れます。おすすめVPNはPingの低いサーバーを提供しており、Call of Duty: WarzoneやValorantなどのゲームに最適です。

おすすめVPNサービスについてよくある質問

最速のVPNは?

1位に選ばれたおすすめVPNはスピードテストでいつもトップに輝いています。ただし、当社の調べで最速だったからと言って、ご自身が使用した際に最速であるとは限りません。VPNのスピードテストの結果は、一番近いサーバーとの距離、サーバーの負荷、VPN接続前の通信速度など、さまざまな要因に左右されます。

とは言え、当社は過去数年にわたって1位のVPNプロバイダと提携してきましたが、アップロード速度とダウンロード速度は一貫して最速で、Ping値も一番低いのです。そのため、動画を高画質で再生してもバッファせず、Torrentをすばやくダウンロードでき、オンラインゲーム中に速度低下に悩まされることはありません。

VPNは合法ですか?

VPNの使用はほとんどの国で合法です。VPNはプライバシー保護やセキュリティ対策、インターネットの自由を促進する、正当なツールなのです。主な機能(データの暗号化とプライバシーの確保)は、ほとんどの国の法で100%認められています。

ただし、VPNが禁止されている国や法的にグレーゾーンの国もあります(中国、イラク、イラン、ロシア、ベラルーシ、トルコ、オマーン、アラブ首長国連邦など)。ネット検閲が行われている国にお住まいの方は、VPNに関する現地の法律を確認してください。

違法な目的のためにVPNを使うユーザーがいますが、当サイトはこれを一切容認しません。例えば、理論上はVPNを使って外国のIPアドレスを取得し、通常は利用できないコンテンツにアクセスすることは可能です。しかし、このような行為はストリーミングプラットフォームの利用規約違反であり、著作権侵害と見なされる可能性もあります。VPNを使わずに違法なことはVPNを使っても違法です。違法行為は絶対にしないでください。

VPNは安全ですか?

VPN自体は安全です。むしろ、ネット上での安全性を向上するように設計されたツールなのです。ただし、法律や規則を違反しない形でインターネットを利用するのはご自身の責任です。

次のような行為はリスクが伴います。

  • 一部のVPNだけが許可されている国で非公認VPNを使うこと。
  • VPNに接続した状態で、著作権で保護されたコンテンツをダウンロードしたり視聴したりすること(VPNなしでも危険です)。

また、無料VPNを使うとプライバシーが脅かされる場合があるので注意しましょう。例えば、ユーザーデータを第三者に売却したり、マルウェアに感染させたりする無料VPNが見つかっています。厳しいセキュリティ対策を講じており、プライバシーポリシーをきちんと定めている高品質VPNを選ぶのが大切です。

Netflixに一番おすすめのVPNは?

このランキングに掲載されているVPNはどれもNetflixに適しています。ただし、利用可能なNetflixライブラリの数や動画再生時の速度はVPNによって異なります。お住まいの国のNetflixカタログに対応しており、画質が悪くならないVPNを選ぶ必要があります。

なお、VPNを使うと理論上は海外のNetflixライブラリにアクセスできますが、このような行為はNetflixの利用規約違反であり、著作権侵害になる可能性もあります。VPNは責任を持って使うようお願いいたします。

VPN接続前の回線速度によりますが、バッファせずに動画がすぐに再生されるよう、超高速VPNを選びましょう。また、ゲーム機やスマートテレビなどのデバイスでNetflixを見たい場合、Smart DNS機能があるVPNかルーターに対応しているVPNを検討しましょう。

VPNに追跡されることはありますか?

厳密に言えば、VPNがネットの利用状況を追跡することは可能です。しかし、おすすめのVPNは追跡しませんVPNを使うと、プロバイダやハッカー、広告事業者、政府などの第三者からデータと個人情報を守れますが、VPN事業者にはデータが丸見えです。そのため、多くのVPN事業者は「ノーログポリシー」を定め、データを一切記録・保存しないと約束しています。

また、一部のVPNはRAMベースのサーバーなどの技術を導入し、利用者のデータが悪人の手に渡るリスクを最小限に抑えています。RAMベースのサーバーでは、再起動のたびにサーバー上のデータがすべて消去されるため、個人情報が残らないわけです。

VPNに限界はありますか?

もちろんです。VPNはオンラインセキュリティとプライバシーを向上し、インターネットをより自由に利用できるようにしてくれますが、万能ではありません。業界トップクラスのVPNでも、次のようなことはできません。

  • ウイルスとマルウェアから完全に身を守る。マルウェアブロッカーが搭載されたVPNもありますが、最善策は信頼できるセキュリティソフトを使うことです。
  • 回線速度を向上する。プロバイダが通信速度をこっそり制限している場合は別ですが、VPNを使っても通信が劇的に速くなることはないでしょう。
  • 完全に匿名になる。VPNを使うとプライバシーを強化できますが、完全に追跡できなくなるわけではありません。ブラウザフィンガープリント、トラッキングスクリプト、通信解析などの手法でオンラインアクティビティを監視できるのです。また、ログを保存し、14アイズの加盟国に本拠を置いているVPNを使うと、ユーザーデータが政府機関に渡る恐れがあります。
  • 違法行為を合法にする。VPNを使っても、Torrentを利用して著作物をダウンロードしたり、お住まいの地域で禁止されているサイトを訪問したりするなどの違法行為が認められるわけではありません。インターネットを利用する際は法律を必ず守ってください。

学校や大学で使うのにおすすめのVPNは?

この記事で紹介したVPNはすべて、学校や大学での使用に向いています。どれもしっかりしたセキュリティ機能が備わっているからです。さらに、この記事で紹介したVPNは高速なので、勉強や宿題のためにインターネットを利用する際に役立ちます。調べ物でポッドキャストをダウンロードしたり、ドキュメンタリーを視聴したりするときに使うと良いでしょう。学校のネットワークではファイアウォールがVPN接続を弾くことがありますが、そのようなケースでは難読化などの高度な機能が搭載されたVPNがベストです。

自宅でVPNを使う必要はありますか?

はい。自宅でも、VPNを使うメリットはたくさんあります。VPNはデータを暗号化し、監視から守ってくれます。プライバシーの観点でも、プロバイダにネットの利用状況を監視されたり、通信速度を制限されたりするのを防ぐ効果があります。

ゲームをプレイする際も、VPNはDDoS攻撃から身を守ったり、新たなゲームリージョンで遊んだりするのに役立ち、パフォーマンスが改善される場合もあります。Torrentが好きな場合、VPNを使うことでプライベートかつ安全にダウンロードできます。

必須ではありませんが、自宅でもVPNを使うのが賢明でしょう。

どのVPNサーバーを使えば良いでしょうか?

どのVPNサーバーを使うべきか、というのはネット上で何をしたいかによります。最適化されたサーバーが一覧にまとまっているVPNなら、各サーバーがどのようなアクティビティに適しているか一目瞭然です。例えば、このランキングで2位に選ばれたVPNは、動画の視聴やプライバシー保護、Torrent、ゲームのために最適化されたサーバーを提供しています。

ブラウジングやプライバシーのためにVPNを使う場合、スイスやアイスランドのようにプライバシー保護法が厳しい国のサーバーに接続すると良いでしょう。通信速度を優先する場合、現在地に一番近いサーバーが最速のはずです。

多くの場合、一流VPNは「クイック接続」機能があり、最適なサーバーを自動的に選んでくれます。結局のところ、最適なサーバーはニーズによるのです。

VPNの価格はどれくらいですか?

VPNのコストはプロバイダによって異なりますが、この記事でおすすめしたVPNはとても手頃です月額2ドル以下のVPNもあります。コーヒー1杯分以下の月額料金でデータを保護し、セキュリティを確保し、ネットの自由を守れるのです。値段相応の価値があると言えます。

一般的に、短期プランより長期プランのほうがオトクです。サブスクリプションが長いほど、月額料金が安くなります。

また、おすすめVPNは返金保証がありますから、登録後に気が変わっても、一定期間内に問い合わせれば払い戻しを受けられます(保証期間は通常30日間です)。価格は変わりませんが、コストが気になる方も安心して加入できます。

ご購入の際はこちらのクーポンページで一流VPNの特別割引をご利用ください。

無料VPNはありますか?

無料VPNもありますが、当サイトの検証ではプレミアムVPNのほうがはるかに高性能であることが分かっています。

有料サービスとは違い、無料VPNはセキュリティやパフォーマンス、安定性を向上するために投資するリソースがないことがほとんどなのです。ブラウジングには十分かもしれませんが、それ以上のことはできないでしょう。動画配信サービスが利用できないことが多く、サーバーが混雑しているためTorrentのダウンロード速度が大幅に低下してしまいます。

とは言え、優れた無料VPNがないわけではありません。いわゆるフリーミアムVPNは役立ちます。「フリーミアム」とは有料ソフトの無料版のこと。広告を含むことがありますが、優れたフリーミアムVPNは有料ユーザーから得た利益で運営されているため、制限されているのはデータ使用量や帯域幅などです。有料サービスと同じではないものの、予算が限られている場合は代わりに使うと良いかもしれません。

ただし、タダより高い物はありません。ここでおすすめした無料VPNは信頼性が高く、安全ですが、すべてがそうとは限りません。検証では、ユーザーデータを広告事業者に売り渡して利益を得ている無料VPNが多数見つかりました。また、明らかに詐欺であるものや、マルウェアに感染させるものも発見されています。

おすすめVPNサービスを今すぐゲット!

万能なVPNを見つけるのは時間がかかりますし、大変です。「動画の視聴には適しているがセキュリティは甘い」「プライバシーを重視しているが通信は遅い」など、何らかの観点で至らないVPNサービスは少なくありません。当サイトでは300社以上のVPNサービスを徹底検証し、トップクラスのVPNを厳選しました。

一番おすすめなのはExpressVPNです。強固なセキュリティ、驚異的なスピード、プライバシーへのこだわりという観点で他社と差をつけています。安心の返金保証もありますから、ExpressVPNを完全にリスクなしで体験できます。VPNを実際に使って自分に合わないと感じた場合、とても簡単に返金してもらえます。

まとめとして、おすすめのVPNサービスはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
83% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
74% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
86% 引き!
当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。