当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

ExpressVPNの評判・口コミ│安全で高速。コスパは?2024年

当社の評価: 9.9/10
トレントとストリーミングに最適
キーラ・ワッデル 更新日 2024年02月14日 ファクトチェッカー:ケイト・リチャーズ 編集デスク

ExpressVPN(エクスプレスVPN)は人気度と信頼性が業界トップクラス。最も安全で最速のVPNとして知られていますが、実際の使い心地はどうでしょうか?安いVPNとは言えないものの、割引キャンペーンが頻繁に行われているため、オトクに購入できます。ExpressVPNと似たようなセキュリティ機能があり、より低価格なVPNがあるなか、割高のExpressVPNを購入する必要はあるのでしょうか?

その答えを探るため、Windows、Mac、Linux、Android、iOSのパソコンとモバイルデバイスで徹底検証を行いました。ゲームや動画の視聴、Torrentを行いながら、通信速度を測定したのです。また、ExpressVPNのセキュリティ機能、サイトのアクセス制限を回避できるか、どのようなデバイスに対応しているか、独自プロトコル「Lightway」の性能も掘り下げていきます。さらに、信用できるVPNサービスなのか探るべく、プライバシーポリシー、独立監査、会社沿革も調査しました。

結論から言うと、ExpressVPNはほぼすべての観点で最高です。値段相応の価値は間違いなくあります。検証したなかで最速クラスのVPNで、非常に使いやすく、パワフルなセキュリティ機能も搭載されています。また、動画配信サービスのアクセス制限を回避するのが得意で、ルーター専用アプリもすばらしいでしょう。返金保証付きなので、ExpressVPNの全機能をリスクなしで体験できます。満足できなかった場合、30日以内に問い合わせて返金してもらいましょう。

リスクなしでExpressVPNをお試しください >>

お急ぎですか?主な検証結果はこちら!

メリット

デメリット

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNの機能【2024最新情報】

10.0
💸 価格 6.67 USD/月
📆 返金保証期間 30 日
📝 VPNはログを記録している? なし
🖥 サーバー数 3000+
💻 ライセンスごとの端末数 8
🛡 キルスイッチ あり
🗺 本社の所在地 Virgin Islands (British)
📥 トレントに対応 あり

ストリーミング:NetflixやHulu、ディズニープラスなど、40以上の動画配信サービスのアクセス制限を回避

10.0

ExpressVPNは人気ストリーミングサービスにアクセスするのにおすすめです。NetflixやDisney+、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayerなどを視聴できます。動画配信サービスに確実にアクセスできる理由は、サーバーを積極的にモニタリングしているから。あるIPアドレスが動画配信サービスにブロックされた場合、ExpressVPNはすぐに新しいIPアドレスに置き換えてくれるのです。

ExpressVPNの公式サイトには、どの動画配信サービスにアクセスできるか最新情報が掲載されています。掲載されていた各サービスにアクセスしようとしたところ、ほとんど問題なくアクセスできました。ただし、ExpressVPNにも限度があります。一部の国のNetflixにはアクセスできませんでした。

ExpressVPNのサーバーロケーションのうち50か所以上を検証した結果、次のプラットフォームにアクセスできました。

ネットフリックス Hulu ディズニープラス BBC iPlayer (HBO)Max Crunchyroll
Amazonプライムビデオ Peacock ESPN+ Paramount+ RaiPlay Globoplay
DStv ProSieben 6play ORF CBC Gem Vudu
Pluto TV Discovery+ Locast Rakuten Viki IPTV AT&T TV
Now TV ITV Hotstar Crackle Zattoo Channel 4
Sky TV beIN Sports DAZN fuboTV Sling TV Kodi
Showtime Apple TV YouTube Spotify UKTV Crave

【ヒント】動画配信サービスにアクセスできない場合、ブラウザを使ってみてください。Max(旧称HBO Max)とHuluにアクセスできなかったのですが、ChromeではなくMicrosoft Edgeを使ったところ、両方ともすぐに表示されました。また、ブラウザでキャッシュとクッキーを削除したり、同じ地域の別のサーバーに切り替えたりするとうまくいくこともあります。それでもエラーが表示される場合、24時間年中無休のライブチャットでExpressVPNのサポートに問い合わせてみましょう(日本語でやり取りできます)。どのサーバーなら好きな国のライブラリにアクセスできるか教えてもらえるはずです。

アクセス制限を突破できる:アメリカ、イギリス、日本など20か国以上のNetflixライブラリ

ExpressVPNでは、多数の国のNetflixにアクセスでき、快適に動画を視聴できました。NetflixはいつもVPN対策技術を強化していますから、一流VPNでも制限を回避できないことがあります。VPNを使うとNetflixのプロキシエラーが発生することが多いのですが、ExpressVPNも例外ではありません。しかし、検証中にエラーは一度も発生しませんでした。

まず、ロンドンサーバーを試します。Netflixに問題なくログインできました。

screenshot of ExpressVPN streaming UK Netflixどの国のNetflixライブラリでも、読み込みや画質のトラブルはまったくありませんでした

最終的に、20か国のNetflixライブラリにアクセスできました。遠くのサーバーでもバッファせずにHD画質で視聴できたので大満足です。ニュージャージーサーバーに接続したところ、ラグなしでアメリカのNetflixにアクセスできました。しかし、かなり遠いサーバーでは、動画の読み込みに少し時間がかかります。9,500キロ離れた東京 2サーバーだと、動画が再生されるのに5秒待たなければなりませんでしたが、それでもかなり速いと言えます。

アメリカのほかに、次の国のNetflixにもアクセスできました。

イギリス カナダ アメリカ オーストラリア フランス
チリ 日本 ドイツ イタリア ブラジル
スウェーデン ニュージーランド 香港 オランダ スイス
コロンビア マレーシア ルーマニア スペイン ギリシャ

残念ながら、ExpressVPNの仮想サーバーで視聴できたのは、Netflixオリジナル作品だけでした。オリジナル作品はNetflixが所有する映画とドラマです。地域限定コンテンツは見られなかったわけです。アルゼンチン、台湾、エジプト、パキスタンの仮想ロケーションでは、Netflixオリジナル作品しか見られませんでした。

アクセス制限を突破できる:ディズニープラス

ExpressVPNのサーバーを10台試したところ、どれもディズニープラスのアクセス制限を回避し、ドラマ『終わってない! 40代わたしのリスタート』をバッファなしで再生できました

Screenshot of ExpressVPN unblocking Disney+アメリカの長距離サーバーでも画質は落ちませんでした

アメリカ、オーストラリア、カナダ、イタリア、イギリスのサーバーでバッファを気にせずにDisney+を視聴できました。オーストラリアサーバーは動画の読み込みが3秒遅かったものの、違いはそれだけでした。

アクセス制限を突破できる:Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオにアクセスしようとした際、1つだけ小さな問題が発生しましたが、全体的に上出来です。イギリス、アメリカ、カナダのサーバーでブロックを解除できました。

Screenshot of ExpressVPN streaming Picard on Amazon Prime Video動画はすべてHD画質で瞬時に再生され、バッファは発生しませんでした

アメリカサーバーでは1つ問題がありました。1台目のサーバーではアマプラにアクセスできず、基本的なトラブルシューティングを行っても解消されなかったため、サポートに問い合わせました。

Screenshot of ExpressVPN's live chat support agent helping me access US Amazon Prime Video請求先住所とIPアドレスの国が一致しない場合、プライムビデオにアクセスできない可能性があります

ExpressVPNのサポート担当者によると、アメリカの請求先住所ではない場合、Amazonプライムビデオのアプリは使えないそうです。私はイギリス在住なので、アクセスできませんでした。アメリカ以外のプライムビデオにはアクセスできたので、不思議です。請求先住所とIPアドレスの国が一致しない場合、ブラウザを使えばプライムビデオを視聴できるとのこと。ブラウザでAmazon.comを開いたところ、確かにアメリカのコンテンツを視聴できました。

アクセス制限を突破できる:Hulu

Huluのアクセス制限を回避し、HD画質でドラマと映画を観られました。読み込みに時間がかからなかったのもすばらしいでしょう。

Screenshot of ExpressVPN US servers working to unblock Hulu再生ボタンを押したところ、3秒後にドラマがHD画質で再生されました

Huluはアクセス制限が厳しいのですが、ExpressVPNのサーバーを7台試したところ、すんなりアクセスできました

アクセス制限を突破できる:Max(旧称HBO Max)

Maxのアクセス制限を問題なく回避し、ドラマを快適に観られました。ドラマ『メディア王 〜華麗なる一族〜』を快適に視聴できたのです。

Screenshot of ExpressVPN US servers working to unblock HBO Maxアメリカサーバーをすべて試した結果、どれもMaxのブロックを解除できました

Maxのドラマはすぐに再生され、カクカクしたり途中で止まったりすることは一度もありませんでした。

アクセス制限を突破できる:BBC iPlayer、Peacock、Crunchyroll、ESPN+、Kodi、ソーシャルメディアなど

BBC iPlayerやPeacock、Crunchyroll、ESPN+など、ほかにも多数の動画配信サービスのアクセス制限を回避できました。Kodiでパブリックドメインの映画『蜂女の実験室』も視聴できました。ほかのVPNの場合、アクセスできないサービスが少なくとも1つはあることが多いため、ExpressVPNですべての動画配信サービスにアクセスできたのは感心に値します。CyberGhostやNordVPNなどでさえ、Sky GoやAmazonプライムビデオなどにアクセスできないことがあるのです。

5か所すべてのイギリスサーバーでBBC iPlayerを視聴でき、いつもスムーズに再生されました。Peacockでは、動画の読み込みに約10秒かかり、最初は画質が悪かったのですが、2秒後にHD画質に切り替わりました。ESPN+でバスケットボールの中継も観戦できました。試合の読み込みに時間はかからず、再生中もエラーは発生しませんでした。Crunchyrollではアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』を快適に観られました。

まとめると、ExpressVPNはストリーミングにぴったりのVPNと言えます。試したすべての動画配信サービスにアクセスでき、動画はほぼすべて問題なく再生されました。

一部の国ではソーシャルメディアサイト・アプリへのアクセスが制限されていますが、ExpressVPNなら大半のSNSにアクセスできます。旅行中に「ソーシャルメディアにアクセスできない!」というとき、ExpressVPNを使えばFacebookやインスタグラム、Google(GmailなどのGoogleサービスを含む)、ツイッター、YouTube、WhatsApp、Snapchat、Tinderなどが利用可能になります。

49% オフ

今すぐExpressVPNを49%オフでご利用ください+3か月分を無料延長!

返金保証期間: 30日

今すぐ割引をご利用ください!

通信速度:サーバーとの距離によらず、非常に高速

9.6

ExpressVPNは当社がこれまで検証したなかで最速のVPNです。近くのサーバーでも長距離サーバーでも、ExpressVPNは一貫して高速でした。スピードテストの分析では、次の3つに注目しました。

  • Ping。データ通信にかかる時間で、ゲームをプレイする際に重要な数値です。Pingが低いほど入力操作がゲームサーバーに到達する時間が短いことになります。単位はミリ秒(ms)です。
  • ダウンロード速度。データを受信する速度。動画の視聴やWebページの読み込み、ファイルのダウンロードなどに影響します。単位はメガビット毎秒(Mb/秒、Mbps)です。
  • アップロード速度。データを送信する速度。動画のアップロード、SNSへの投稿、ファイルの共有を行う速さです。ダウンロード速度と同様、単位はMbpsです。

当社には、VPNのスピードテスト専門の担当者がおり、いつも同じイギリスの都市でExpressVPNのスピードテストを毎週行っています。下のグラフは、各サーバーに対してテストを10回行い、平均速度を算出した結果です。テストでは、最速のLightway UDPプロトコルを使っています。

Screenshot of a speed chart showing results while connected to ExpressVPN servers around the world近くのサーバーでは5%、遠くのサーバーでは25%の速度低下となりました

通信速度は常に75Mbps以上で、ExpressVPNは非常に高速であることが分かりました。速度が38%以上低下することは一度もなかったのです。一流VPNでさえ、それ以上通信が遅くなることは珍しくありません。例えば、CyberGhostやPrivate Internet Accessなどの高速VPNでも、近くのサーバーでは30%、遠くのサーバーでは85%以上通信速度が低下することがあります。

回線混雑を抑えるため、ExpressVPNは2022年6月からサーバーのアップグレードに取り組んでいます。通信量の多い場所ではサーバーの帯域が1Gbpsから10Gbpsに拡大されたのです。アメリカとイギリスの全地点を含む20か所以上のサーバーがアップグレードされています。

現在、ExpressVPNのスピードテストツールはmacOSアプリでしか使えません。以前はWindowsアプリでも使えたので、残念です。ニーズに合ったサーバーを選べるように、各サーバーのPing値(レイテンシと表記されています)、ダウンロード速度、アップロード速度の差が表示されます。

ローカルサーバーの速度

ExpressVPNのローカルサーバーは、これまで検証したVPNのなかで最速でした。通信速度が7%以上低下したサーバーは1台もなかったのです。まず、担当者がVPN接続なしでスピードテストを行いました。

VPNなし(イギリス、ロンドン)

Ping(ms) 6
ダウンロード速度(Mbps) 121.26
アップロード速度(Mbps) 17.03

次に、Windows 11のノートパソコンでスピードテストを行います。

最初の検証では「スマートロケーション」機能を使いました。レイテンシ、速度、距離をもとに、最適なサーバーを自動的に接続する機能です。英国ロンドンのサーバーに接続され、通信速度はほとんど低下しませんでした。

イギリス(ロンドン)

Ping(ms) 8
ダウンロード速度(Mbps) 115.78(5%低下)
アップロード速度(Mbps) 16.37(7%低下)

もう少し遠いフランス(パリ)のサーバーでも、似たような結果となりました。

Ping(ms) 22
ダウンロード速度(Mbps) 113.43(6%低下)
アップロード速度(Mbps) 16.27(7%低下)

ドイツとウクライナのサーバーでも、速度はほとんど低下しませんでした。ウクライナサーバーはイギリスから2,500キロ以上離れていますが、通信速度は5%しか低下せず、感心しました。

Screenshot of Ookla speed tests record with no VPN connected and while connected to ExpressVPN's Frankfurt 3 server担当者がスピードテストを行った結果、ローカルサーバーで通信が7%以上遅くなることはありませんでした

イギリス在住の筆者も同じヨーロッパサーバーを検証したのですが、ブラウジングやストリーミング中、速度低下は感じられませんでした。いつもUltra HD画質でストリーミングできたのです(25Mbps以上ならUHD画質で視聴できます)。

長距離サーバーでの通信速度

遠くのサーバーでは速度が低下しましたが、それでもかなり高速です。一番遅くなったのは東京 2サーバーに接続したときで、38%低下しました。とは言え、現在地との距離が9,294キロであることを考えると、すばらしい結果と言えます。ほかのVPNで同じくらい遠いサーバーに接続した際、90%も遅くなったことがあるのです。

アメリカ東・西海岸のサーバーでは、次のような結果が出ました。

アメリカ、ニューヨーク

Ping(ms) 94
ダウンロード速度(Mbps) 95.21(21%低下)
アップロード速度(Mbps) 16.21(6%低下)

アメリカ、ロサンゼルス

Ping(ms) 160
ダウンロード速度(Mbps) 84.96(30%低下)
アップロード速度(Mbps) 14.54(25%低下)

最後に、非常に遠いオーストラリア、インド、ブラジル、日本のサーバーを検証します。

Screenshot of Ookla speed tests done with no VPN connected and while connected to ExpressVPN's Brazil 2 server遠くのサーバーでも速度低下率が38%を超えることはありませんでした

私が行ったスピードテストでは、遠くのサーバーでも帯域使用量の多いアクティビティに適した高速通信でした。すべての長距離サーバーで地域限定コンテンツを視聴でき、バッファも気になりませんでした。まとめると、ExpressVPNは遠くのサーバーでも高速で、世界中どこでもスピーディーな接続を確立できます。

プロトコルのスピードテスト

プロトコルの速度を検証したところ、Lightway UDPが最速でしたが、IKEv2と大差ありませんでした。近距離サーバー(緑)と遠距離サーバー(黄色)の両方で、各プロトコルの通信速度を測定しました。

Screenshot of ExpressVPN's speed tests trying different protocolsプロトコルを切り替えても、通信速度が低下する心配はありません

OpenVPNが一番遅かったものの、通信速度が70Mbpsを下回ることはありませんでした。

ゲーム:近距離サーバーではラグなしで快適にプレイできる

9.5

近距離サーバーを選べば、ExpressVPNはゲームにピッタリのVPNと言えます。遠くのサーバーではPing値が高すぎてマッチを読み込めませんでしたが、他社のVPNも遠くのサーバーでゲームができたためしがないので、予想通りの結果です。

激しいオンラインゲームをプレイする場合、応答速度が勝敗の決め手になります。そのため、Ping値は85ms以下であるべきです。応答が遅すぎてスムーズに操作できなければ、ゲームを楽しめませんね。特に、機敏に反応しなければならないゲームは、一瞬でもラグが生じると不利になってしまいます。

ペースの速いFPSゲーム「Team Fortress 2」で検証を行いました。まず、ロンドンサーバーに接続したところ、Pingは8msとかなり低く、すぐにマッチングできました。ゲーム中、VPNを使っていることを忘れるほどでした。

Screenshot of playing Team Fortress 2 connected to ExpressVPN's London server走ったり、ジャンプしたり、よけたり、撃ったりしても、遅延はゼロでした

しかし、遠くのサーバーでFPSをプレイすることはできません。6,349キロ離れたシカゴサーバーが最速だったので、そのサーバーでゲームを試してみます。ダウンロード速度は速かったものの、Pingは110msで、ロンドンサーバーの13倍以上。5分待ってもゲームを読み込めなかったため、一旦終了し、再接続することにしました。しかし、状況は改善されず、快適にプレイできるか確認できませんでした。

残念ながら、ニューヨークサーバーでも同じ問題が発生しました。サーバーとの距離は5,567キロでしたが、数回試してもゲームに参加できなかったのです。そのため、ExpressVPNがゲームにおすすめなのは、近くにサーバーがある場合のみです。

サーバーネットワーク:世界中に多数のサーバーを設置

10.0

ExpressVPNのネットワークは大規模で、日本を含む105か国に3,000台以上のサーバーがあります。広範囲をカバーしているため、高速で安定した接続を確立しやすいのが特徴です。ただし、ピーク時に利用したり、現在地から物理的に遠いサーバーに接続したりすると、通信速度が遅くなりがちです。ネットワークの規模がExpressVPNより大きなプロバイダもありますが、(Private Internet Accessは29,650台のサーバーがあります)、ExpressVPNなら高速な近距離サーバーがほぼ確実に見つかります。

Screenshot of server map from the ExpressVPN websiteサーバー数が最多なのはアメリカとヨーロッパ、最少なのはアフリカです

ExpressVPNは、同じ国でも数か所にサーバーを設置しています。例えば、オーストラリアは東西両海岸にサーバーがあります。また、香港やベネズエラ、トルコなどにサーバーがあるVPNは少ないですが、ExpressVPNなら利用可能です。ただし、これらのサーバーはバーチャルロケーションなので、通信速度に影響する可能性があります。

最速の通信になるよう、都市レベルでサーバーを選べるのもポイントです。サーバーがどの都市に設置されているか表示されるため、どれが一番近いのか見極めやすいのです。

ExpressVPNで自分専用の固定IPアドレスを取得することはできません。ほかのVPNは有料で固定IPアドレスを提供していることがあり、Webサイトの管理人にとって役立ちます。安全性の面では劣りますが。ExpressVPNのIPアドレスはほかのユーザーと共用なので、第三者が特定のユーザーの個人情報とアクティビティを追跡するのは非常に困難です。サインインするたびに、IPアドレスが交換される仕組みになっています。

なお、IPアドレスを所有しているのはExpressVPNですが、第三者のデータセンターと提携しているのも事実です。しかし、データセンター側の役割はサーバーのメンテナンスを行うことであり、サーバー上の情報にアクセスすることはできません。ExpressVPNに問い合わせたところ、提携企業もサーバーの通信を見られるそうですが、オンラインアクティビティを個々のユーザーに紐づけるために必要な認証情報はありません。

スマートロケーション

スマートロケーションは便利ですが、より高速なサーバーを自力で見つけられました。

Screenshot of ExpressVPN's Windows app highlighting the Smart Location featureスマートロケーションの隣の3点アイコンをクリックすると、全サーバーの一覧が表示されます

スマートロケーションでミッドランズサーバーに接続されたのですが、東ロンドンに切り替えたところ、通信速度が5Mbps改善されました。

TrustedServerテクノロジー

利用者のセキュリティとプライバシーを強化するため、ExpressVPNはRAMのみで実行されるディスクレスサーバーを採用しています。これはTrustedServerテクノロジーと呼ばれています。RAMにはデータを保存できませんから、再起動されるとセッションデータが完全に消去されるのです。電源を入れると、ハードドライブに保存されている読み取り専用イメージから、OSを含むすべてのデータを読み込むことになります。安全が強化される理由は次のとおりです。

  • ハードドライブにユーザーデータが一切保存されない。
  • データの保存期間が短い。
  • サーバーの電源を入れるたびにソフトウェアが再インストールされ、最新のセキュリティパッチが適用される。
  • 全サーバーで同じソフトウェアが実行される(ほかのVPNの場合、サーバーによってソフトウェアが異なることがあります。安全性の低いサーバーが存在する可能性があるわけです)。

多くの場合、他社VPNはハードドライブに情報を保存しています。手動で削除されない限り、ハードドライブにデータが残ってしまうため、ExpressVPNほど安全ではないのです。ExpressVPNは1~2週間ごとにサーバーを再起動しています。機密情報はサーバーに保存されませんから、どれくらいの頻度で再起動されても安全であることには変わりありません。とは言え、定期的に再起動し、いつも最新版のテクノロジーを実装しているのはすばらしい取り組みです。

ExpressVPNは、サーバーの脆弱性を発見した人に100,000ドルの報奨金を与える「バグバウンティ制度」を実施しています。このプログラムはBugcrowdというプラットフォームを通して行われていますが、Bugcrowdを利用しているほかの企業と比べてもExpressVPNの報奨金はかなり高額です。ExpressVPNは、部外者がサーバーに不正侵入したり、脆弱性を発見したりすることはないと考えているのでしょう。高額な報奨金を提供しているのは、サーバーの安全性に対する自信の表れです

難読化サーバー

ExpressVPNの各サーバーで自動的に通信が難読化されます。他社の場合、VPNがブロックされているネットワークでは特定のサーバーしか使えない、あるいは特別なプロトコルに切り替えなければならないことがあります。一方、ExpressVPNなら、どのサーバーでもVPNの使用が難読化される(隠される)ので安心です。職場や大学でもExpressVPNに接続できるはずです。

ExpressVPNは仮想ロケーションを使用していますか?はい

ExpressVPNのサーバーのうち、5%未満は仮想サーバーロケーションとなっています。物理サーバーはほかの国に位置しているということです。仮想サーバーロケーションを選ぶと、表記されている国のIPアドレスを取得できますが、実際のサーバーは外国に設置されています。

Screenshot of the Virtual server list on ExpressVPN's website物理サーバーの所在国が表示されるので、速度を予想できます

ExpressVPNの仮想サーバーを使うと、ネット規制が厳しい国のIPアドレスも取得できます。VPNが禁止または規制されている国では、安全な場所にデータセンターを置くのは困難です。また、ExpressVPNはサウジアラビアや中国、ロシアなどに物理サーバーを設置していないため、これらの国の規制は適用されません。

例えば、ExpressVPNは2022年にインドの物理サーバーを撤去しました。電話番号や住所など、顧客の個人情報を記録することをVPN企業に義務付ける新たな法律をインド政府が可決したからです。ExpressVPNはこの法律に従う必要がないように、物理サーバーを撤去したわけです。なお、インドの仮想ロケーションは現在も利用可能です。

仮想サーバーのほうが速度と安定性も優れていることがあります。ネット通信が遅くて不安定な国もあるため、インフラが整備されている国にサーバーを置いてVPNのパフォーマンスを改善しているのです。

仮想ロケーションのデメリットについて、動画配信サービスのブロックを解除するためには向きません。また、近い仮想ロケーションを選んでも、物理サーバーが遠い場合は通信速度が低下することがあります。まとめると、ExpressVPNは仮想サーバーを提供することで、ほかの一流VPNより広範囲をカバーしています。例えば、NordVPNは105か国にしかサーバーがありません。

安全性:セキュリティ機能の設定を柔軟に変えられる

10.0

ExpressVPNは幅広いセキュリティ機能を提供しており、軍レベルの暗号化を採用していますから、データの安全をしっかり確保できます。ここでは、ExpressVPNのキルスイッチ、スプリットトンネル、Torとの互換性について徹底的に検証していきます。プロトコルを比較し、ExpressVPNの独自プロトコル「Lightway」も深掘りしました。最後に、第三者機関によるインフラと業務慣行の監査結果を調べました。

唯一の不満点は、ExpressVPNは広告・マルウェアブロッカーを提供していないこと。あれば非常に便利ですが、他社VPNの広告・マルウェアブロッカーはあまり性能がよくないため、広告とマルウェアを防ぎたい場合は専用のアプリまたは拡張機能を使うことになります。

暗号化:軍レベルの保護

ExpressVPNは暗号化技術でプライベートデータをしっかり守ってくれます。AES 256ビットサイファーと4096ビットRSA鍵およびSHA-512 HMAC認証を組み合わせた「AES-256ビット暗号化」でデータが保護されるため、部外者がデータを解読するのは事実上不可能になります。軍隊や金融機関、政府組織などが使用しているのと同じ水準の暗号技術なのです。

組み合わせの数は、鍵のビット数によって決まります。例えば、1ビットの鍵は2通り(2の1乗)、8ビットの鍵は256通り(2の8乗)の組み合わせがあります。しかし、256ビットの場合、組み合わせの数は78桁という莫大な数になるため、小さなデータでさえ解読するのは非常に困難です。世界一パワフルなコンピュータを使っても解読するのに数十億年かかります。

P2Pファイル共有など、データを転送する際、ExpressVPNはSHA-512 HMAC認証を用いて高い安全性を確保しています。この認証では、送信者と受信者の両方が共有の秘密鍵を使ってファイルが改ざんされていないか確認することになります。秘密鍵が少しでも変更されるとデータが改ざんされたことを意味しますから、直ちにデータへの不正アクセスを発見できます。セキュリティ違反をすぐに特定し、対処できるわけです。

また、ExpressVPNはパーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)を実装しています。ログオンセッションごとに暗号鍵を変更する機能のことです。現在の暗号鍵を他人に知られたとしても、過去と未来のVPNセッションは異なる鍵を使用しますから、不正アクセスされません。

セキュリティプロトコル:すべてのデバイスで複数のプロトコルが使える

ExpressVPNは複数のセキュリティプロトコルを提供しており、状況に応じてVPNをカスタマイズできます。プロトコルは、VPNがデータをどのように暗号化するか定める規約のことです。Windows・Mac・Android・iOSのアプリでは「プロトコル」タブでプロトコルの切り替えができます。Linuxでは、ターミナルでコマンドを入力するとプロトコルを切り替えられます。

Screenshot of ExpressVPN Windows app showing the protocol settingsLightwayの詳細設定で暗号化サイファーを変更できます

プロトコルの違いを紹介します。

  • Lightway:ExpressVPNが開発したプロトコルなので、ほかのVPNでは使えません。バッテリーへの負担が軽く、ネットワークの切り替えをシームレスに行うため、スマホに適しています。UDPとTCPの2種類があり、検証ではUDPのほうが高速でしたが、TCPよりエラーが発生しがちであることが分かりました。
  • OpenVPN:最も安全性の高いプロトコルの1つです。オープンソースなので、世界中の人々が継続的にコードを検証し、安全を強化しています。このプロトコルもUDPとTCPから選べます。
  • IKEv2:OpenVPNより高速とされていますが、検証では1%しか違いませんでした。安全性が低めなので、筆者はほかのプロトコルでうまくいかないときだけ使っています。TCPオプションはありませんから、一部のファイアウォールではブロックされます。

使えるプロトコルはデバイスによって異なります。また、プロトコル設定を「自動」にすると、現在の接続に最適なプロトコルを選んでくれます。

スピードとセキュリティを両立した「Lightway UDP」がおすすめです

Lightway

Lightway(ライトウェイ)はExpressVPN独自のとても軽量なプロトコルで、高速であるなどさまざまなメリットがあります(検証ではOpenVPNより12%高速でした)。スマホなどのデバイスでは、ChaCha20暗号化に切り替えると速度をさらに向上できます。Lightwayはモダンな暗号ライブラリ「wolfSSL」を採用しています。軍レベルの256ビット暗号化として知られており、第三者によって徹底的に検証されています。

Lightwayはネットワークの切り替えも高速です。通信が切れた場合、VPN接続を停止する代わりにアイドル状態になるため、Wi-Fiとモバイルネットワークの切り替えが完了したらすばやく再接続できるのです。また、Lightwayは大抵、1秒以下で接続を確立します。Lightwayのコードは約2,000行に過ぎず、VPNプロトコルとしてはかなり少ないほうです。監査しやすく、バッテリーが減りにくいという特徴があります。

ExpressVPNはWireGuardプロトコルには対応していませんが、LightwayはWireGuardと同じくらいスピーディーで安全です。Lightwayプロトコルを提供しているExpressVPNは、モバイルデバイスにおすすめのVPNの1つと言えます。このプロトコルはCure53社の独立監査を受けており、コアライブラリはオープンソースとなっています(GitHubで公開されています)。

データ漏えいテストの結果:合格

ExpressVPNのWindows・Mac・Android・iPhoneアプリを使い、データ漏えいテストを実施したところ、すべて合格しました。まず、ipleak.netを利用して10台のサーバーを検証します。

Screenshot of a leak test performed on ipleak.net while connected to ExpressVPN's Montreal server実際の現在地はイギリスですが、VPNサーバーの位置情報(モントリオール)しか検出されませんでした

上の画像をご覧ください。アプリで接続したモントリオールのIPアドレスとDNSサーバーしか表示されていないことが分かります。IPv4、IPv6、WebRTC、DNSが漏えいすると、他人はデータにアクセスできてしまいます。VPNがほかの方法で安全を確保したとしても、これらのデータが漏えいする可能性はゼロではありません。ExpressVPNは漏えい対策機能が搭載されていますから、あの手この手でデータにアクセスしようとするハッカーから身を守ることができます。

全サーバーでプライベートDNSを実装

ExpressVPNが漏えいテストに合格した理由の1つは、全サーバーでプライベートDNSを実装しているから。サイト間を移動するには、ドメインネームサーバーというネットワークにアクセスしなければなりません。プライベートDNSサーバーを使用することで、この仲介ネットワークを通る必要がなくなり、情報が流出する可能性のある部分を1つ減らすことができるのです。

自分のDNSを使うこともできますが、ExpressVPN独自のプライベートDNSサーバーを使ったほうがよいでしょう。

独立監査済み

信頼できるセキュリティ企業数社が独立監査で、ExpressVPNは主張通り安全であることが証明されました。重大な問題は1つも報告されておらず、深刻度の低い脆弱性はすべてただちに修正されたのです。

当社がこれまでに検証したVPNのうち、ExpressVPNは最も頻繁に監査を受けており、監査を行った企業数も最多です。世界レベルのエキスパートが常に改善を行っており、数社による監査でプライバシーポリシーを守っていることが実証されているのは本当にすばらしいと思います。

Cure53

この企業は、ExpressVPNのLightwayプロトコル(2021年)、TrustedServerテクノロジー(2022年)、ChromeとFirefoxの拡張機能(2018年)を監査しました。ブラウザ拡張機能はオープンソースなので、専門知識があればだれでも検証できます。最近行われたのは、2022年に実施されたLinuxとmacOSアプリの監査です。

PricewaterhouseCoopers(PwC)

PwCは、業界を代表する監査法人の1つです。1か月にわたり、社員面談とコードの検証を行い、ExpressVPNのプライバシーポリシーとTrustedServerテクノロジーを審査しました(2019年)。

KPMG

KPMGは、保険から政府機関まで、さまざまな業界の大手企業の審査を行っている監査法人です。KPMGも、2022年にExpressVPNのTrustedServerテクノロジーとプライバシーポリシーの監査を行いました。

F-secure

世界有数の金融機関のセキュリティ検証チームです。2022年に、ExpressVPNのWindowsアプリ(バージョン12)に脆弱性がないかチェックしました。その結果、脆弱性は発見されませんでした。

ioXt Alliance

ExpressVPNのAndroidアプリは、ioXt Allianceに認定されています。Androidアプリのデザインと仕組みが安全で信頼できるものであることを確認するため、2021年に低レベルの脆弱性がないか確認されました。例えば、ネットワークセキュリティ、暗号鍵が保存される場所、ソフトウェアのデザインとアップデートなどの安全性が検証されました。

キルスイッチ

VPN接続が切れた場合、ExpressVPNのキルスイッチがネット通信をブロックし、常に安全な状態をキープしてくれます。VPNに必須の機能であり、ExpressVPNのキルスイッチは「Network Lock」と呼ばれています。

Windows、Linux、Macでは、ExpressVPNのキルスイッチは自動的に有効になります。また、ローカルネットワーク上のデバイスへのアクセスを許可することも可能です。プリンターがWi-Fiに接続されている場合、この設定を有効にしておけば、サーバーで障害が発生してもドキュメントを印刷できます。パソコン、Android、iOSアプリでは、キルスイッチのオン・オフを簡単に切り替えられますが、ルーターアプリではできません。Android・iOSアプリのキルスイッチは「ネットワーク保護」と呼ばれています。手動で有効にしなければなりませんが、Androidの設定で「VPNに常時接続する」を選ぶだけなので、簡単です。

スプリットトンネル

スプリットトンネル機能を活用すると、一部の通信をVPNトンネルから除外できます。ローカル接続でネット銀行などを利用しながら、海外の動画を見たいというときに役立ちます。また、印刷のためにも活用でき、ファイルをダウンロードする際に帯域幅を節約できます(トレントアプリの通信だけ暗号化するため)。

「除外するアプリ」にアプリを追加・削除するのは簡単ですが、一時的にVPN接続を切らなければなりません。

Screenshot of ExpressVPN split tunneling features on Android and Windows appsアプリやサイトを追加・削除する際はVPN接続を切る必要があります

この機能を試すため、銀行アプリをVPNトンネルから除外することにしました。アメリカのサーバーに接続し、Huluを開きます。成功です!イギリスの銀行アプリを使いながら、『ヒルソング教会のヒミツ』を視聴できました

この機能はLinux、Windows、Android、ルーターアプリで利用可能です。残念ながら、iOSアプリとmacOS 11以降のデバイスでは、スプリットトンネルは使えません

Torとの互換性

TorオーバーVPN接続を使うと、ExpressVPNとTor(The Onion Router)を併用できますTorとは、ネットワーク内のすべての通信を暗号化し、データを匿名化する特殊なブラウザのこと。ダークウェブにアクセスする手段の1つであることから、「違法行為が蔓延しているダークネットサイトを閲覧するために使われている」という悪評があります。ですが、Torを使うとどこからでも重要な情報を匿名で共有できるため、活動家や内部告発者にとって欠かせない存在です。

ExpressVPNとTorを併用するには、最初にExpress VPNに接続する必要があります。こうすることで、ネットワークがTorをブロックしている場合もアクセスできるようになります。Torを利用していることを問題視される心配もありませんし、ブラウザのバグから身を守ることもできます。

Torはデータを強力に暗号化するため、一般的なブラウザよりやや低速です。ロサンゼルス 1サーバーに接続した際、Torブラウザを読み込むのに4秒かかりました。VPNに接続していないときとほぼ同じです。Torを利用してもVPNのせいで通信がさらに遅くなることはありませんでした

Threat Manager

Threat Managerは、サイトやアプリが第三者とやり取りするのを防ぎ、アクティビティの追跡や迷惑行為からユーザーを守る機能です。Webサイトやアプリをブラウジングした後、大量のターゲティング広告が表示されるのは非常に迷惑ですね。

現在、Threat ManagerはExpressVPNのMac、iOS、Linux用アプリでしか利用できません。WindowsとAndroidに追加されることを期待したいものです。

プライバシー:データを一切保存せず、信用できる

10.0

ExpressVPNはノーログポリシーがあり、本拠地は14アイズ同盟の管轄外です。所有しているのはKape Technologiesで、同社はExpressVPNのほかにも多数のVPNを所有しています(CyberGhostやPrivate Internet Accessなど)。

ExpressVPNはログを保持していますか?いいえ

ExpressVPNは厳格なノーログポリシーがありますから、個人情報を保存・共有・売却されることは絶対にありません。

Screenshot of the ExpressVPN privacy policy highlighting what it does not collect保存される情報は、メールアドレスと支払い方法、パフォーマンス改善のための匿名化されたデータのみです

ExpressVPNは、下記の情報のみを収集しているとしています。

  • 加入時に入力した情報(支払い情報とメールアドレス)
  • 有効にしたアプリの数とそのバージョン情報
  • 接続した日(時間は収集されません)
  • 接続先のサーバーロケーション(割り当てられたIPアドレスは収集されません)
  • 1日あたりのデータ通信量

収集する情報がExpressVPNほど少ないVPNはありません。サービスを提供し、ユーザーと連絡を取るために必要最低限の情報だけを収集しているのです。「VPNを利用した」という記録しか残りません。

プライバシー保護をさらに強化したい場合、仮想通貨で支払い、新しいメールアドレスでアカウント登録すると良いでしょう。ライブチャットでExpressVPNのカスタマーサポートに問い合わせ、ユーザーデータ、支払い情報、メールアドレスを削除してもらえるか質問したところ、解約後に削除できるそうです。

Screenshot of live chat stating you can request to have your information deleted after you cancel your subscriptionデータを削除できるのは解約後だそうです

ExpressVPNは以下の情報を収集しません。

  • 実際のIPアドレス、使用したVPNのIPアドレス
  • 閲覧履歴に関するデータ(どのサイトにアクセスしたか)
  • メタデータ
  • DNSクエリ(どのサイトにアクセスしようとしたか)

どこでExpressVPNを使ったのか、接続中に何をしたのかという記録は一切残らないということです。

任意で診断情報をExpressVPNと共有できますが、共有したくない場合は「ExpressVPNの改善に協力(Help Improve ExpressVPN)」という画面で「いいえ(No Thanks)」をクリックしましょう。

Screenshot of Help Improve ExpressVPN page on ExpressVPN app診断情報を共有する場合、送信されるのは匿名化されたデータのみなので、個人を特定することはできません

2017年にExpressVPNのノーログポリシーが試された事例があります。暗殺事件の捜査でトルコ政府がExpressVPNのサーバーが押収したのですが、サーバーにデータは保存されていませんでした。ノーログポリシーを守っていることが証明されたのです。

アプリの親会社であるExpressVPN International Limitedは、ExpressVPNを唯一の収入源としています。また、同社はCenter for Democracy and Technologyと協力し、世界中でプライバシー権の推進に貢献しています。このような取り組みと確かな実績から、ExpressVPNはネット上で匿名性を守ることに全力を尽くしていることがうかがえます。

本拠地はプライバシー保護に適した英国領ヴァージン諸島

ExpressVPNはデータ保持法のない英国領ヴァージン諸島に本拠を置いています。VPN企業は本社所在国の法律・規制に従う義務があるため、どこに本社を置いているかというのは非常に重要です。英国領ヴァージン諸島はプライバシー保護法が厳しいだけでなく、検察官が令状を取るのが非常に難しいという特徴もあります。大衆監視は行われておらず、14アイズ同盟(SIGINT Seniors Europe)には加盟していません。(※ 14アイズ同盟:加盟国間で国民に関するデータを共有する協定)

英国領ヴァージン諸島は英国の海外領土ですが、政府は完全に独立しています。英国は14アイズ同盟に加盟している一方で、ヴァージン諸島は非加盟です。他国政府はヴァージン諸島の高等裁判所に対してデータの共有を申し立てることはできても、強制的に国民や企業の情報を開示させることはできません。もっとも、仮に情報を開示するよう裁判所を説得できたとしても、ExpressVPNは顧客のデータを保存していませんから、意味はありませんが。それでも、プライバシーを重視した国に本社を置くことで、ExpressVPNは安全性をより一層高めているのです。

ExpressVPNは中国で使えますか?はい

ExpressVPNは中国で使えますが、入国前にダウンロードしておくのが賢明です。現在、中国で合法なのは政府が認可したVPNだけで、認可されていないVPNはブロックされていることが多いのです。政府がVPNを使っている個人を取り締まることはあまりないようですが、中国におけるVPNの使用について詳しく調べ、どのようなリスクがあるか把握しておくようにしましょう。

中国では、インターネットの利用が政府によって厳しく規制されています。このネット検閲は「中国のグレートファイアウォール(金盾)」と呼ばれています。中国政府がVPNを取り締まり始めて数年が経っていますが、ExpressVPNは現在も中国で使えます。そのようなVPNは少ないので、すばらしいですね。

また、ExpressVPNは香港にサーバーがあるため、国外から中国のテレビやサイトにアクセスできます。

Pingは229msと高かったものの、香港2サーバーに接続したところ、ダウンロード速度は14%しか低下しませんでした。遅延を気にせずに、中国のドラマをHD画質で視聴できたのです

逆に、中国で国外のVPNサーバーに接続すれば、検閲されているサイトにアクセスできます。ExpressVPNは難読化技術を導入しており、中国で使えるサーバーの一覧が公開しています。とは言え、法律や規制は頻繁に変わりますから、念のためご自身で調べることをおすすめします。

Screenshot of chat with ExpressVPN support staff confirming it works worldwideプロトコルを「自動」に設定し、中国向けサーバーに接続する必要があります

サポートチームによると、トルコやサウジアラビア、アラブ首長国連邦などの検閲国家でも使えるそうです。特に、中国で利用する場合、トラブルシューティングに関するアドバイスと中国でおすすめのサーバーを掲載した特設ページが公開されています。中国で使えるサーバーは頻繁に変わるため、接続するたびにこちらの一覧をチェックしましょう。

トレント:全サーバーがP2Pに対応しており、高速でダウンロードできる

10.0

すべてのサーバーでP2Pファイル共有が許可されており、各サーバーで帯域幅は無制限なので、ExpressVPNはTorrentにピッタリです。

ほかのVPNの場合、一部のサーバーでしかP2Pファイル共有できないことが多いですが、ExpressVPNなら一番近いサーバーに接続して最速でダウンロードできます。qBitTorrent、Transmission、Vuze、Deluge、uTorrentなど、主要なP2Pアプリを使えます。また、Kodiにも対応しているのでP2P型ストリーミングサイトにもアクセスできます。

ExpressVPNのTorrentパフォーマンスを調べるため、uTorrentを使い、パブリックドメイン映画『少年と犬』をダウンロードしてみました。ニューヨークサーバーに接続したところ、シーダーは0.44で、ダウンロード速度は2.1Mbpsでした。700MBのファイルを6分以下でダウンロードできました。

Screenshot of Utorrent downloading A Boy and His Dog while connected to ExpressVPNシーダーは0.44と少なかったものの、ダウンロード速度は2.1Mbpsに達しました

ポートフォワーディングはExpressVPNのルーターアプリでしか有効にすることができません。また、SOCKS5プロキシは提供していません。これらの機能はシードを高速化するために活用することが多いのですが、今回の検証では、ポートフォワーディングやSOCKS5を利用しなくても高速でダウンロードできることが分かりました。

なお、当社はTorrentとストリーミングの違法利用を容認しません。法律を違反しないよう、ダウンロードするのは著作権フリーのファイルだけにしてください。

インストール・アプリ

10.0

ExpressVPNのデスクトップ・モバイルアプリの見た目は魅力的で、安定しており、使いやすい設計です。すっきりしたモダンなデザインで、中央に大きな電源ボタンがあります。Windows、macOS、iOS、Androidアプリと主なブラウザ拡張機能は日本語化されています。

Screenshot of ExpressVPN Windows app showing the home screen, server list, and options page3点リーダーをクリックするとサーバー一覧、3本線アイコンをクリックすると設定が表示されます

最近接続したロケーションが表示されるのは便利です。また、WindowsアプリとMacアプリはほぼ同じです。

3本線アイコンをクリックすると、アプリの設定が開きます。この画面では、セキュリティプロトコルの変更、スプリットトンネルの設定、Network Lock(ネットワーク保護)などの機能のオン・オフ切り替えなどを行えます。

ExpressVPNのサイトのダッシュボードからしかアクセスできない設定と機能もあります。ホームページで「マイアカウント」をクリックしてログインすると、アクティベーションコードとサブスクリプション情報の確認、支払い方法の変更、過去の請求書の閲覧ができます。また、DNS設定を変更したり、MediaStreamerのIPアドレスを確認したりすることも可能です。設定ページでは、ExpressVPNのアプリをダウンロードできます(各デバイスへのインストール方法を解説した設定ガイドも掲載されています)。

設定とインストール

ExpressVPNに加入し、インストールするのに3分もかかりませんでした。

Screenshot of ExpressVPN website highlighting where to download the app for Windowsデバイスを選び、緑色のダウンロードボタンを押すだけです

ExpressVPNをインストールする手順を紹介します。

【クイックガイド】3ステップで簡単!ExpressVPNをインストールする方法

  1. プランを選びます。ExpressVPNの公式サイトにアクセスし、登録を始めましょう。プランを選び、情報を入力してください。安心の30日間返金保証付きなので、じっくり体験できます。
  2. アプリをインストールします。ExpressVPNはWindows、macOS、Linux、Android、iOS向けの専用アプリがあり、使いやすい設計です。デバイスにアプリをダウンロードし、アクティベーションコードを入力してください。
  3. サーバーに接続します。ExpressVPNで動画の視聴、ブラウジング、ゲーム、Torrentなどを安全に行えるようになりました。

Windows、Mac、iOS、Androidデバイスでは、上記の手順で設定できます。Linuxの場合、コマンドラインを使って設定しましょう。所要時間はほかのOSとほぼ同じで、ExpressVPNのホームページに詳しい設定ガイドが掲載されています。

対応機器:幅広いハードウェアで利用可能

ExpressVPNはすべての主要なOSに対応しており、幅広いデバイスで使えます。Windows、Mac、Android、iOS、Linuxデバイスでは専用アプリが利用可能です。また、ルーターアプリも充実しています。

Screenshot compatible devices listed on ExpressVPN's websiteMediaStreamerを活用すると、アプリがないデバイスにも簡単に設定できます

ExpressVPNの良さの1つは、どのデバイスでもアプリが直感的に使えること。OSによらず、アプリの使い方はほぼ同じです。LinuxアプリはGUIがないのでテキストで操作しなければなりませんが、コマンドラインを使って簡単にサーバーを切り替えたり、機能を利用したりできます。

アプリの見た目は似ていますが、使える機能は若干異なります。

上記のOSのほかにも、ExpressVPNのMediaStreamer機能を使うとVPNに対応していないデバイスも簡単に接続できます(スマートテレビやゲーム機など)。Chrome、Firefox、Microsoft Edge向けのブラウザ拡張機能もあります。

デスクトップパソコン:Windows、Mac、Linux用アプリ

ExpressVPNのWindowsアプリとMacアプリはインターフェースがそっくりです。しかし、機能には違いがあります。OpenVPNとLightwayプロトコルはWindowsとmacOSの両方で使えますが、IKEv2が使えるのはmacOSのみです。また、macOS 11以降では、スプリットトンネル機能は使えません。

スプリットトンネルはWindows 7以降、macOS 10.11以前のデバイスで使えます。Appleシリコン(M1、M2)を搭載したMacデバイス向けアプリもリリースされています。このようなデバイスでも使えるようにアプリを作り直さなければならないことが多いのですが、通常、その過程でバグが発生してしまいます。ExpressVPNならそのような心配はありません。最新版Macアプリに更新すれば、Appleシリコンを搭載したデバイスでも使えます。

Screenshots of the ExpressVPN Windows and Mac apps side-by-side唯一の違いは、Macアプリにはスプリットトンネル機能がないことです

デスクトップアプリは3つのOSで使いやすいと思いましたが、Linuxはコマンドを覚えるのに少し時間がかかりました。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)がないからです。LinuxアプリをGUIで操作できるVPNはほとんどありませんが、Private Internet AccessのLinuxアプリはWindows・Macアプリと同じように操作できます。

ExpressVPNのFirefoxとChrome向けブラウザ拡張機能を使えば、GUIでVPNを操作できます。拡張機能はプロキシではなく、アプリのリモコンのような役割を果たします。ブラウザの通信だけでなく、デバイス全体の通信を保護できるわけです。唯一の欠点は、設定を変えられないこと。拡張機能でできることは、接続、接続の終了、サーバーの切り替えだけです。

LinuxにExpressVPNをインストールし、設定を変更するには、ターミナルでコマンドを入力する必要があります。例えば、「expressvpn connect」と入力すると、最後に接続したロケーションに再接続されます。「expressvpn list all」というコマンドでは、全サーバーの一覧から選べます。ブラウザ拡張機能のほうが使いやすいので、ターミナルを操作するのは主にプロトコルを切り替えたいときだけです。

スプリットトンネル機能のほかにも、Linuxアプリにはほかのデスクトップアプリで使える必須機能がすべてそろっています。ほかのWindowsやMacとの主な違いは、LinuxアプリではLightwayとOpenVPNプロトコルしか使えないこと、アプリのショートカット機能を利用できないことです。「ショートカット」を使うとVPNアプリから指定したWebサイトにワンクリックでアクセスできますが、筆者はあまり使いませんでした。LinuxアプリはUbuntu、Fedora、Arch、Raspbianに対応しています。

Screenshot of ExpressVPN Linux app connected to the Los Angeles locationLinuxアプリで使えないのは、アプリのショートカットとスプリットトンネルだけです

OSによらず、ExpressVPNのパソコン用アプリは多機能で便利です。

iOS・Android

全体的にAndroidアプリとiOSアプリはデスクトップアプリと似ています。

Androidアプリではデスクトップアプリと同じ機能(スプリットトンネル、キルスイッチ、自動接続)を使うことができ、追加機能もいくつかあります。ホーム画面の下には、保護に関するアドバイスが掲載されたExpressVPNのブログ記事へのリンクがあります。

もう1つユニークなAndroidアプリの特徴は、アプリ内でスクリーンショットの撮影を禁止できること。ほかのアプリや部外者にExpressVPNのアプリ画面の機密情報を覗き見されるのを防ぐことができます。

ExpressVPNの公式サイトから加入してからGoogle PlayストアからAndroidアプリをダウンロードしましょう。Android 5.0以降で使用できます。

Screenshots of the ExpressVPN Windows and Mac apps side-by-sideモバイルアプリの唯一の違いは、iOSアプリにはスプリットトンネル機能がないことです

ExpressVPNのパスワードマネージャー「ExpressVPN Keys」はAndroid・iOSアプリでのみ使えます。ネット上で使うすべてのパスワードが暗号化した状態で保存され(保存数は無制限)、すばやくログインできるようになります。パスワード生成ツールもあり、安全な固有のパスワードを簡単に作成できます。ExpressVPN Keysのブラウザ拡張機能を入手するとWindows、Mac、Linuxでも使えます。

両方のアプリに保護サマリーという機能があり、インストールしてからVPNに接続した頻度がパーセンテージで表示されます。

Androidアプリで使えるプロトコルは、Lightway UDPとOpenVPN UDPの2つです。また、アプリとサイトへのショートカットを最大5個作成できます。全体的にAndroidアプリはデスクトップアプリと同じように動作します。ドラマをHD画質で視聴でき、LightwayプロトコルではモバイルデータをWi-Fiが瞬時に切り替わります。

残念ながら、iPhoneアプリにスプリットトンネル機能はありません。しかし、iPhoneではAndroidアプリにはない2つの機能が使えます。

iOSアプリではThreat ManagerとParallel Connections(パラレル接続)が利用可能なので、マルウェアから防御し、制限されたネットワークでVPNに高速で接続できます。

パラレル接続では、VPNが一度に複数の方法で接続を試みるため、より高速でサーバーに繋がります(特に、制限されたネットワークで効果的です)。例えば、学校のネットワークではUDP接続がブロックされていることがありますが、VPNがTCPでも接続を試みるため、手動で複数のプロトコルを試す必要はありません。さらに、ExpressVPNのほかのアプリでショートカットを作成すると、iOSアプリでもそのショートカットを使用できます。

iOSアプリではLightwayプロトコル(TCPとUDP)だけでなく、IKEv2プロトコルも使えます。

iPhoneの場合、アプリはApp Storeからインストールすることになります。iOS 12以降で利用可能です。

Chrome、Firefox、Edge、Brave、Vivaldi用ブラウザ拡張機能

ExpressVPNのブラウザ拡張機能には追加のセキュリティ機能がいくつかありますが、パソコンでしか使えません。Chrome・Firefox用のブラウザ拡張機能があり、日本語に対応しています。Microsoft Edgeに追加することもできますが、Chromeウェブストアから拡張機能をダウンロードし、Edgeの画面上部に表示される「他のストアからの拡張機能を許可する」というポップアップで「許可」をクリックする必要があります。BraveとVivaldiブラウザでも同じ手順で拡張機能を入手できます。

ExpressVPNの拡張機能はプロキシではなく、アプリのリモコンのような役割を果たします。拡張機能からアプリを操作するため、すべての機能が使えるのです。事前にExpressVPNをパソコンにダウンロードしておく必要があります。ブラウザで接続すると、アプリでも接続された状態になります。

Screenshot showing the ExpressVPN Chrome extension and its option screens位置情報を隠すと、ブラウザで位置情報を要求するプラットフォームにアクセスする際に役立ちます

ブラウザ拡張機能を使うことで、ブラウザの位置情報を要求するHuluなどの動画配信サービスにアクセスできました。Huluはデバイスの位置情報からユーザーの現在地を特定しようとします。「ロケーションを隠す」を有効にすると、VPNサーバーと同じ場所にいるように見せかけることができ、Huluにアクセスできるようになるのです。

拡張機能でWebRTCの漏えいも防げます。WebRTCは、多くのブラウザで有効になっている通信ソフトウェアで、WebRTCからIPアドレスが公開されてしまうことがあります。データ漏えいテストでWebRTCの漏えいは検出されませんでした。

「HTTPS Everywhere」を有効にすると、より安全にブラウジングできます。HTTPS版のサイト(暗号化を用いた安全なバージョン)がある場合、ExpressVPNは自動でそちらにアクセスします。この設定を有効にして普段使っている6個のサイトを訪問したところ、必ずHTTPSサイトが表示されました。

ブラウザの拡張機能はとても便利ですが、スマホとタブレットで使えないのは残念です。パソコンでアプリとブラウザを行き来するのは簡単ですが、タッチパネルでは面倒なのです。ブラウザ拡張機能はChromebook(ChromeOS)で使えるものの、試した際に同期のトラブルが発生したのでおすすめしません。Safariの拡張機能がないのも残念です。

ルーター専用アプレット

ExpressVPNはブラウザベースのルーター用アプリがあり、一部のデバイスでは手動設定も可能です。ExpressVPNが一層使いやすくなり、ここまで優れたルーターアプリを提供しているVPNはほとんどありません。

ルーターアプリをインストールすると、さまざまなメリットがあります。ExpressVPNの全サーバーを使えますし、ホームネットワークに接続されているすべてのデバイスが保護されます。VPNソフトに対応していないデバイスもVPNに繋がるわけです。例えば、RokuでExpressVPNを使うにはルーターに接続するとよいでしょう。ゲーム機やスマートテレビ、Chromecastなどのストリーミングデバイスも接続できます。さらに、ルーターにVPNをインストールしておけば、同時接続数が無制限になります。

自動キルスイッチとスプリットトンネルも使えます。設定する際、インタラクティブなガイドがとても参考になり、10分以下でインストールできました。Asus、Linksys、Netgear製のルーターであれば、大半の機種にExpressVPNのアプリを導入できます。

なお、ルーターにExpressVPNのファームウェアをインストールすると、元のファームウェアが置き換えられます。保証が無効になる可能性があり、設定を間違えるとルーターが故障する恐れがあることに注意してください。ExpressVPNのホームページに掲載されている手順に従って慎重に作業を進め、必要な場合は24時間年中無休サポートに問い合わせましょう。

ルーターにExpressVPNを設定する方法を紹介します。

  1. ルーターのインターネット初期設定を行います。次に、ExpressVPNのダウンロードページでお使いのルーターモデルを探し、ファームウェアをダウンロードしてください。
  2. ブラウザでルーターの管理画面にログインします。デフォルトのアドレスは「192.168.1.1」です。
  3. 「詳細設定(Advanced)」タブで「管理(Administration)」を開きます。次に、「参照(Browse)」を選択します。
  4. 先ほどダウンロードしたファームウェアが保存されているフォルダを開きます。ファイルを選択し、「更新(Update)」をクリックします。インストール後、工場出荷時の設定でルーターを再接続しなければならない場合もあります。
  5. https://www.expressvpnrouter.comにアクセスします。ガイドを参考にして設定を完了しましょう。
  6. VPNサーバーを選びます。ダッシュボードでもExpressVPNのルーターアプリを管理できるようになりました。

【注意】詳しい設定手順については、お使いのルーターモデルの設定ガイドをご覧ください。上記の手順はNetgear Nighthawk R6400v2に設定する方法です。お使いのルーターの手順は若干異なる場合があります。

最近、ExpressVPNのルーターソフトがアップデートされました。バージョン 2.7.0以上のソフトに自動アップデート機能が追加され、アップグレードやアップデートが利用可能になった際に手動で再インストールする必要がなくなったのです。また、インフラにOpenSSLバージョン1.1.1kが実装され、安全性が向上しました。新しいLinksysのWi-Fiドライバも導入され、安定性が増しています。

ルーターアプリでは、デバイスグループを設定し、グループごとにサーバーを選ぶことができます。デバイスグループ機能の使い方は簡単です。画面上でデバイスをドラッグ&ドロップするだけで、すばやくロケーションを切り替えられます。他社VPNの場合、ルーターに接続されているデバイスはすべて同じサーバーに接続されますから、異なるサーバーに接続できるのはExpressVPNならではの特徴です。この機能を活用して、スマートテレビでアメリカ版Netflixを視聴しながら、iPhoneでは通常のIPアドレスで銀行アプリを使うことができました。

Screenshot of ExpressVPN's browser-based router firmwareExpressVPN内蔵ルーターを購入するか、対応ルーターにインストールするか、手動で設定することができます

Asus、D-Link、DD-WRT、Netduma、Sabai、Tomato、TP-Link、Xiaomiのルーターモデルには、ExpressVPNを手動でインストールすることも可能です。ただ、手動設定は時間がかかり、IPアドレスの変更しかできません。

ExpressVPN内蔵ルーターを購入するのが一番簡単です。しかし、ルーターでExpressVPNを使いたい場合、コストが一番高い方法です。ExpressVPNの公式サイトには、ファームウェアが内蔵されているルーターがいくつか販売されています。

ExpressVPNは「AirCove 6」という独自のWiFiルーターも開発しました。高速になるように「WiFi 6」という技術を採用しており、サーバーが異なる5つのグループに、自宅のWiFiデバイスをドラッグ&ドロップで割り当てることができます。Aircoveは、Cure53社による独立監査で安全性が実証されています。

MediaStreamer:Xbox、PlayStation、ニンテンドースイッチ、Apple TV、スマートテレビなどで使える

MediaStreamer(SmartDNSプロキシ)を使うと、ゲーム機やスマートテレビなど、通常はVPNが使えないデバイスをExpressVPNに接続できます。これらのデバイスはVPNに対応していませんが、デフォルトのDNSサーバーを変更することは可能です。デバイスのインターネット設定でDNSサーバーアドレスをMediaStreamerのIPアドレスに置き換えるだけです。

なお、MediaStreamerはあくまでストリーミングのための機能であり、VPNとは別物です。ロケーションを変えることはできません。MediaStreamer DNSに接続すると、アメリカとイギリスのコンテンツが自動的に表示されます。

また、ExpressVPNの同時接続数は8台ですが、MediaStreamerを設定したデバイスは1接続と見なされます。また、MediaStreamerでは通信が暗号化されず、IPアドレスは隠されないため、安全性の観点ではVPNアプリのような効果はありません。しかし、裏を返せば、速度に影響しないということになります。

LG製のスマートテレビにMediaStreamerを設定するのに5分もかかりませんでした。ExpressVPNのアカウントにIPアドレスを登録するだけです。新たなMediaStreamerのIPアドレスが付与され、テレビのネットワーク設定に新しいアドレスを入力したら完了です。数秒で設定できます。

Screenshot of MediaStreamer settings on ExpressVPN account websiteIPアドレスを登録し、「このデバイスでDNSを設定する」をクリックするとMediaStreamerのIPアドレスを取得できます

筆者はイギリスに住んでいるのですが、MediaStreamerを使ってアメリカのコンテンツを視聴できるか試すことにしました。その結果、LGのスマートテレビでHuluやMax(HBO)、Amazonプライムビデオ、アメリカ版Netflixにアクセスできました。また、Channel 4やBBC iPlayerなど、イギリスの動画配信サービスのブロックも解除できます。数か国で異なるコンテンツを配信している動画配信サービス(NetflixやAmazonプライムビデオなど)にMediaStreamerを使ってアクセスすると、デフォルトでアメリカのライブラリが表示されますが、アメリカ版はコンテンツ数が最多であることが多いので、欠点ではありません。

MediaStreamerはVPNに対応していないデバイスで動画配信サービスを利用するのに役立ちます。しかし、VPNの全機能で安全を確保したい場合、ExpressVPNのルーターアプリを使ったほうがよいでしょう。

同時接続数:最大8台のデバイスを繋げる

厳密に言えば、ExpressVPNは同時に8台のデバイスでしか使えません。同時接続数がExpressVPNより多いVPNもありますが(Private Internet AccessやSurfshark、IPVanishは無制限のデバイスを接続できます)、5台しか接続できないのは1か月プランであり、2つの長期プランでは8台を接続できます。

ExpressVPNをルーターに設定すると、無制限のデバイスを接続できます。他社とは違い、ルーター専用アプリとファームウェアが用意されているので、ルーターに設定するのが簡単で、使い勝手も抜群です。ルーターにExpressVPNを設定すれば、デバイスを何台でも接続できるようになります。

試しに、ノートパソコン、PC、iPhone、AndroidタブレットにExpressVPNを設定し、LGのスマートテレビにもMediaStreamerを使って設定しました。その結果、『Doom Eternal』というマルチプレイヤーゲームをプレイしながら、4つの動画配信サービスにアクセスできました。画質が落ちたりバッファしたりすることなく、動画はスムーズに再生され、ゲームも遅延は発生しませんでした。多数のデバイスを接続してもExpressVPNのパフォーマンスには影響しません。

価格

9.4
1年 + 3か月
$ 6.67 / 月 毎月
6か月
$ 9.99 / 月 毎月
1か月
$ 12.95 / 月 毎月

コスパ抜群。特に長期プランがオトク

サブスクリプションプランは3つあり、最長期プランが一番オトクです。長期的にVPNが必要か分からない場合は1か月プランのほうが向いていますが、月額料金は13ドル近く(およそ1,900円)ですから、ほかのVPNと比べるとかなり高額です。

6か月プランと12か月プランは全額を前払いしなければなりませんが、月額料金はかなり安くなります。1年プランはわずか$6.67/月で、1か月プランより49%安いのです(また、契約が無料で3か月延長されます)。

ExpressVPNはこれまで検証したなかで最高のVPNなので、値段相応の価値があると思います。ExpressVPNより安い高品質VPNもありますが、スピード、安定性、カスタマーサポート、プライバシー、セキュリティの観点でExpressVPNは群を抜いています。ExpressVPNの12か月プランが一番オトクで、一番安いVPNサービスより月額料金は数ドルしか違いません。また、Surfsharkのように、新規加入時の料金はかなり安くても、更新すると非常に高くなるVPNもあります。ExpressVPNならそのようなことはなく、加入時の金額がずっと続きます。

ExpressVPNは、Visa、Mastercard、PayPal、Qiwi Wallet、Maestro、ビットコインなど、幅広い支払い方法に対応しています。仮想通貨で支払い、新しいメールアドレスを使えば、匿名で加入することも可能です。

満足できなかった場合、30日以内なら返金してもらえます。返金保証を試すため、ライブチャットでサポートに問い合わせ、返金をお願いしました。解約理由を聞かれましたが、すぐに承認されました。

Screenshot of live chat where I requested a refund3日後に全額が返金されていました

ただし、iPhoneでApp Storeを通してExpressVPNに加入する場合、7日間トライアルが始まります。7日目以降は使い続けない場合、Appleに返金をリクエストしなければなりません。Apple社はExpressVPNの30日間返金保証を守る義務はないのです。そのため、ExpressVPNのサイトから加入したほうがよいでしょう。加入してからスマホにダウンロードし、サインインすれば良いのです。

ExpressVPNを安く利用するもう1つの方法は、友達を紹介すること。友達と一緒に30日間の無料期間をゲットできます。ExpressVPNの友達紹介制度を利用するには、アカウント設定の下にある小さなプレゼントアイコンをクリックして相手のメールアドレスを入力しましょう。

信頼性とサポート

10.0

サポートは親切で知識が豊富。対応も速い

ExpressVPNは24時間年中無休のライブチャットがあるので、とても簡単に問い合わせられます。他社の場合、最初はチャットボットが対応することが多いですが、ExpressVPNならすぐに担当者に繋がります。サポートチームは製品知識が豊富で、いつもほんの数分で質問に答えてくれました。チャットには自動翻訳機能が搭載されているため、日本語を含むすべての言語で対応してくれます。

このレビューを執筆するにあたって、サポートに20回以上問い合わせたのですが、担当者は毎回10秒以内に返答してくれました。難しい問い合わせは調べるのに2~3分かかることもありましたが、いつも質問に答えてくれました。また、やり取りの記録を送ってもらったり、メールでの回答を希望したりすることもできます。

例えば、ホームページを探してもタブレットやChromebookでのブラウザ拡張機能の使い方が見つからなかったので、サポートチームに問い合わせました。数分後、担当者は知っておきたいことをすべて教えてくれました。

Screenshot of live chat support agent answering questions about ExpressVPN's MediaStreamer毎回10秒以下でサポート担当者に繋がりました

ExpressVPNの公式サイトには、よくある質問集、設定ガイド、動画チュートリアルがたくさん掲載されており、大半は日本語に翻訳されています。サポート担当者とやり取りしたくない場合、サポートセンターを見れば自分で疑問を解決できるはずです。また、チケットシステムを利用するか、メールを送信することも可能です。

ExpressVPNのサイトはナビゲーションしやすく、便利なリソースが充実しています。英語や日本語、スペイン語、フランス語、オランダ語など、17言語に対応しています。

結論

まとめ:信頼性が高く、とても高速で、安全性も優秀。値段相応の価値あり

ExpressVPNは、筆者がこれまで使ったVPNのなかで最速で、最も頼れるVPNです。また、動画配信サービスのアクセス制限を回避するためにも向いており、いつもバッファなしでHD動画を視聴できました。試した動画配信サービスはすべてほぼ瞬時に表示されました。掲示板サイトRedditでも「ExpressVPNが最高」という声が多く、評判の良さがうかがえます。

セキュリティの観点でも、ExpressVPNはトップクラスです。軍レベルの暗号化とプライベートDNSサーバーにより、すべてのデータ漏えいテストに合格しました。さらに、ExpressVPNは厳格なノーログポリシーを守っており、プライバシーに適した英国領ヴァージン諸島に本拠を置いています。ノーログポリシーは監査済みですから、信用できます。

検証中に唯一気になったのは、広告ブロッカーが搭載されていないことです。ほかの一流VPNは広告ブロッカーを提供しているので残念ですが、無料で使える安全な広告ブロッカーもありますから、大した欠点ではないでしょう。

まとめると、「VPNを使ってみたい」という方にはExpressVPNがおすすめです。価格相応の価値は間違いなくあります。

jo4moAR7jbY
  • 非常に高速。バッファなしでストリーミングできる
  • Netflixなどの動画配信サービスのアクセス制限を回避するのが得意
  • サーバーネットワークが大規模。日本を含む105か国に3,000台のサーバーあり
  • 軍レベルの暗号化と自動キルスイッチがデータを保護
  • 厳格なノーログポリシーあり
  • 幅広いデバイスとルーター向けのアプリ
  • 独自プロトコル「Lightway」はとても高速で、モバイル機器に最適
  • 24時間年中無休のライブチャットサポートは優秀。日本語で利用可能
  • 30日間返金保証付き

ExpressVPNについてよくある質問

ExpressVPNは信用できますか?

はい。軍レベルの暗号化、高度なセキュリティ機能、厳格なノーログポリシーなどの特徴がありますから、ExpressVPNは極めて安全で信頼できるVPNと言えます。AES-256ビット暗号化では、データを隠す暗号鍵の組み合わせがあまりにも多く(78桁という莫大な数の組み合わせがあります)、パワフルなコンピュータを使っても解読できません。VPNサーバーとの接続が切れた場合、キルスイッチがIPアドレスの漏えいを防止してくれます。さらに、ExpressVPNは利用者の所在地やネットの利用状況に関するデータを一切保持しません。このことは2017年に試されました。トルコ政府が捜査のためにExpressVPNのサーバーを差し押さえたものの、サーバー上にデータは一切残っていなかったのです。

ExpressVPNは英国領ヴァージン諸島に本拠を置いているため、安心して利用できます。英国領ヴァージン諸島はデータ保持法がありませんし、14アイズ同盟の管轄外なので、国民や企業に関するデータを共有するよう他国に強制されることはありません。また、イギリスの海外領土ですが、独自の法律の下で統治されています。

ExpressVPNはどのデバイスで使えますか?

ExpressVPNは、インターネットに接続できるほぼすべてのデバイスで使えます

次のデバイスではアプリが利用可能です。

  • パソコン:Windows 7以降、macOS 10.10以降、Linux(Ubuntu、Fedora、Arch、Raspbian)
  • iPhone・iPad:iOS 12以降
  • Androidのスマホ・タブレット:Android 5以降
  • 一部のルーター:Asus、Linksys、Netgear
  • Android TV
  • Amazon Fireデバイス:Fire TV、Fireタブレット、Fire Stick
  • Nvidia Shield

ExpressVPNをルーターに設定すると、Chromecastやスマート家電、スマートテレビなど、あらゆるWiFi対応デバイスをVPNに接続できます。

MediaStreamer機能を活用すると、次のデバイスも接続できます。

  • ゲーム機:Xbox、Xbox One、PS4、PS5、Wii U、ニンテンドースイッチなど
  • スマートテレビ:Samsung、Vizio、Sony、LGなど
  • ストリーミングデバイス:Apple TVやRokuなど
  • ルーター:ExpressVPNのアプリに対応していないモデル

ExpressVPNはNordVPNより優れていますか?

NordVPNよりもExpressVPNのほうがおすすめです。どちらも優れたVPNで、NordVPNは値段相応の価値があることは間違いありませんが、ExpressVPNはこれまで検証したなかで最速のVPNなのです。また、ExpressVPNのほうが接続が安定しており、VPN接続が中断したり切れたりすることはほとんどありません(NordVPNの場合、以前そのようなトラブルがありました)。

さらに、NordVPNで過去にアクセスできなかった動画配信サービス(Amazonプライムビデオなど)も、ExpressVPNならアクセス可能です。

ExpressVPNでNetflixは視聴できますか?

はい。ExpressVPNを使えば世界中のNetflixライブラリにアクセスできます検証では20か国のNetflixにアクセスできました。ほかにも、ディズニープラスやHulu、BBC iPlayerなど、幅広い動画配信サービスにアクセスできます。実際、ブロックを解除できなかったストリーミングサービスは1つもありませんでした。検証したすべてのプラットフォームで、ラグを気にせずにHD画質で動画を視聴できたのです。また、ExpressVPNのMediaStreamer機能を使うと、あらゆるデバイスでNetflixを視聴できます。

ExpressVPNを無料でゲットすることはできますか?

無料プランはありませんが、一部のデバイスでは無料トライアルが利用可能です。しかし、ExpressVPNを体験したい場合は無料トライアルではなく返金保証を利用したほうがよいでしょう

デスクトップ版の無料トライアルは廃止されていますが、iPhoneとAndroidでは現在も7日間トライアルが実施されています。ただ、無料トライアルを利用すると30日間返金保証の対象外になるため、おすすめしません。また、トライアル終了の24時間前までに解約しなければなりません。さらに、無料トライアルはApple App StoreとGoogle Playストアを通して行われているため、24時間年中無休のライブチャットでExpressVPNに問い合わせて返金を希望することはできません。

ExpressVPNの料金は?

料金プランはわずか$6.67/月~です。一般的に、短期プランは長期プランより割高です。1年間プランは1か月プランより49%オトクです。満足できなかった場合、30日以内に問い合わせると返金してもらえますから、1年プランを選ぶことをおすすめします。

ExpressVPNを解約するのは大変ですか?

いいえ、ExpressVPNは簡単に解約できます。満足できなかった場合、30日間返金保証を利用して全額を返金してもらいましょう。実際に試したところ、本当に返金してもらえました。カスタマーサポートに返金をお願いするのに数分しかかからず、3日以内に銀行口座に全額が振り込まれていました。

ExpressVPNは中国で使えますか?

はい、ExpressVPNは中国で使えます。ExpressVPNの香港サーバーで中国のテレビを見ることができ、中国で最適なVPNの1つとして知られています。しかし、ExpressVPNは中国で禁止されているため、現地でExpressVPNを使いたい場合は、中国におけるVPNの使用について法律や規制を事前にしっかり調べるようにしましょう。しかし、中国政府は基本的に、VPNを使っている個人を突き止めるのではなく、VPN技術自体をブロックすることで不認可VPNに対抗しています。また、中国に渡航する予定がある場合は、入国前にVPNをダウンロードしておくとよいでしょう。

ExpressVPNはカナダでおすすめですか?

はい、ExpressVPNはカナダでおすすめのVPNです。サーバーネットワークが大規模で、セキュリティ機能もしっかりしているため、ExpressVPNは安定性と安全性の高いVPNが必要なカナダのユーザーに最適です。

ExpressVPNは世界各地に多数のサーバーを設置しており、カナダにも数か所にサーバーがあります。大規模なネットワークにより、接続はいつも高速で安定していますから、カナダで動画コンテンツやWebサイトに制限なくアクセスできます。カナダのドラマの視聴、金融サービスへのアクセス、インターネットの閲覧など、ExpressVPNはカナダで快適に利用でき、国外からカナダのコンテンツにアクセスするためにも役立ちます。

ExpressVPNを使うと通信速度は低下しますか?

はい。しかし、速度の違いはほんのわずかなので、遅いと感じることはほとんどないはずです。VPNはデータを暗号化して遠隔サーバーにリダイレクトするため、通信速度は若干低下します。しかし、ExpressVPNのローカルサーバーでは、ダウンロード速度は7%しか低下しませんでした。他社のVPNだともっと遅くなることが多いため、すばらしい結果と言えます。長距離サーバーでの通信速度は、これまで見たなかで最速でした。

返金保証 (日数): 30
モバイルアプリ:
ライセンスごとの端末数: 8
VPN プラン: expressvpn.com
当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
ExpressVPN ユーザーレビュー (ユーザーのレビューは確認されていません)
9.7
以下に基づいています: 1404 レビュー / 29 言語 中の

ExpressVPN のレビューを書く

VPN を評価してください。

全て 速度 動画の視聴 セキュリティ カスタマーサポ
Kaoru Omiya
Kaoru Omiya
10/10
高速で満足しています アドオンも多くのブラウザに対応

以前は他の非常に安いVPNを使っていましたが、速度が大幅に下がりかつ不安定なので使い物になりませんでした。ExpressVPNにしてスピードテストをしてみても、VPN接続前とほとんど変わらない速度が出ているので非常に満足しています。速度の減衰はまったくないわけではないですが、気にならない程度のごくわずかです。ルノワールなどの公衆Wifiを使って仕事するときなどに重宝しています。設定から接続まで簡単ですし、ブラウザのアドオンもいろいろなブラウザに対応しているので、1年間使用してみて特に不満な点は見つかりませんでした。

匿名
匿名
10/10
使いやすく、スピードが速いです easy to use and fast speeds

今までVPNサービスを複数使いましたが、expressvpnがダントツ使いやすく、スピードも速いです。殆どは海外(主に米国)の動画サイトで使ってますが、iphone, Android, Macのアプリで利用しています。値段は他のサービスと比べて少し高いですが、使いやすさを考えたらコストパフォーマンスもいい方だと思います。ここ一年間express vpnを使ってますが、今まで接続、スピードの問題は一度もありません。毎日安心して利用してます。

Slimshadyjapan
Slimshadyjapan
10/10
Very reliable service

普段のインターネットブラウジングで使用しているものです。 良かった点としては、インターフェースがすごく分かりやすく、かつ初心者である自分にとっても操作が簡単なことです。 また、以下にも書いてありますが、一部遅い国があるものの、しっかりと見極めた上で接続先の国を選択すれば、安定した速度が得られ、非常に快適です。 悪かった点としては、繋がる先の国(例えばアメリカなど)によって、回線速度がかなり遅かったりすることがあり、しっかりとどの国が一番安定するか、試す必要があります。

ExpressVPNと他のおすすめVPNを比較しましょう
当社のスコア: 9.7
当社のスコア: 9.2
当社のスコア: 9.2
当社のスコア: 9.2

著者について

キーラはサイバーセキュリティに熱心なプロのIT系ライターです。彼女は、自由なインターネットと、ネット上のプライバシー保護を支持しています。

この記事は役に立ちましたか?
申し訳ございません。
(最低文字数 10文字)