情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

ExpressVPNレビュー 2021年:安全ですが、価値は?

ケイティ・カスニック
ケイティ・カスニック | 技術研究者
更新日 2021年08月26日

ExpressVPN(エクスプレスVPN)は評判が良く、安全性と通信速度が業界最高クラスのVPNですが、料金は高めです。頻繁に割引キャンペーンを行っていますが、ExpressVPNより安く、同じようなセキュリティ機能を搭載した高性能VPNはいくつかあります。では、高くてもExpressVPNを利用する価値はあるのでしょうか?

その答えを探るため、パソコンとモバイルでExpressVPNを詳しく検証しました。Windows、Mac、Linux、Android、iOSで実際に試用し、徹底的にテストしたのです。ゲームや動画を視聴したり、トレントでファイルをダウンロードし、通信速度を測定しました。また、セキュリティ機能、アクセス制限の回避、対応端末、Lightway(独自プロトコル)などを念入りに確認していきます。また、プライバシー方針、独立審査、会社の沿革なども調べ、本当に信頼できるのか吟味しました。

結論から言うと、ExpressVPNはほぼすべての観点で最高峰のVPNです。性能と機能が圧倒的に優れているため、やや高くても料金を支払う価値があります。
本記事では、ExpressVPNを最大限に活用する裏ワザもご紹介していきます。返金保証がありますから、ExpressVPNを安心して試せるのも嬉しいポイントです。万が一満足できなければ、30日以内に返金してもらえます。

リスクなしでExpressVPNを30 日間お試しください!

ExpressVPNの2021 9月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

お急ぎですか? 主な調査結果はこちらです!

今すぐExpressVPNをお試しください!

ExpressVPNの機能【2021 9月最新情報】

価格 $6.67/月
返金保証期間 30
VPNはログを記録している? なし
サーバー数 3000
ライセンスごとの端末数 5
キルスイッチ あり
本社の所在地 Virgin Islands (British)
トレントに対応 なし

ストリーミング:NetflixやHulu、Disney+など40種類以上の動画配信サービスにアクセス

ExpressVPNは動画配信サービスのアクセス制限・地域制限を回避できることで有名です。アメリカなどのNetflix、Disney+、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayerなどでスムーズにドラマを視聴できました。また、ExpressVPNのホームページを見てみると、現在利用できる動画配信サービスが一覧として掲載されています。今回の調査では、ExpressVPNのホームページに掲載されているプラットフォーム以外にも多数の動画配信サービスを試しました。その結果、アンブロックできない動画配信サービスはありませんでした。ただし、一部の地域のNetflixライブラリにアクセスできません。

30種類以上のサーバーに接続し、以下の動画配信サービスにアクセスできるか調べました。

Netflix Hulu Disney+ BBC iPlayer HBO Max Crunchyroll
Amazonプライムビデオ Peacock ESPN+ Paramount+ Rai Play Globoplay
DStv ProSieben 6play ORF CBC Gem Vudu
Pluto TV Discovery+ Locast Rakuten Viki IPTV AT&T TV
NOW TV ITV Hotstar Crackle Zattoo Channel 4
Sky TV beIN Sports DAZN fuboTV Sling TV Kodi
Showtime Apple TV YouTube Spotify UKTV Crave
NHKオンデマンド テレビ朝日 日本テレビ スカパー! テレビ東京 U-NEXT

今すぐExpressVPNで動画を視聴しましょう!

アクセス可能:アメリカ、イギリス、日本など20か国のNetflixライブラリ

ExpressVPNは世界各国のNetflixライブラリにアクセスでき、妨げなく動画を視聴できます。まず、サンフランシスコのサーバーに接続してNetflixにアクセスしたところ、きちんとログインできました。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をクリックすると、素早く読み込むことができ、画質が落ちることはありませんでした。バッファせずにHD画質で映画を視聴できたのです。

調査の結果、20か国のNetflixのブロックを回避できました。遠くのサーバーに接続しても、バッファせずにHD画質で視聴できたのです。ウェンブリーのサーバーでイギリスのNetflixにアクセスでき、VPNに接続していることを忘れるほど高速通信でした。しかし、サーバーとの距離が極端に長いと、動画の読み込みに少し時間がかかります。例えば、8,494キロ離れた「東京2」というサーバーで日本のNetflixにアクセスできたのですが、動画の読み込みに8~10秒程度かかりました。

一方、ExpressVPNの仮想サーバーではNetflixを視聴できないことがあります(※ 仮想サーバーとは、その国にいるように見せかけることができるが、物理的なサーバーは別の国に設置されているサーバーのこと)。アルゼンチンの仮想サーバーに接続したところ、Netflixオリジナル作品しか視聴できませんでした。オリジナル作品は、Netflixが利用できる国ならどこでも視聴できますから、地域制限を回避できたことにはなりません。他の仮想サーバー(台湾、エジプト、パキスタン、バハマ諸島)も試したところ、同じ結果となりました。Netflixのプロキシエラーは表示されませんでしたが、これらの地域限定コンテンツを視聴できないのは残念です。

仮想ロケーションでより多くのコンテンツを楽しめないのは残念ですが、20か国のNetflixライブラリにアクセスできたのは優秀です。Netflixの地域制限は厳しいことで知られていますから、ExpressVPNで多数の国のコンテンツを視聴できるのは素晴らしいでしょう。

アメリカの他に、以下の国のNetflixにアクセスできました。

イギリス カナダ アメリカ オーストラリア フランス
チリ 日本 ドイツ イタリア ブラジル
スウェーデン ニュージーランド 香港 オランダ スイス
コロンビア マレーシア ルーマニア スペイン ギリシャ
アドバイス:Netflixのプロキシエラーを解決するには以下の方法をお試しください。まず、他のブラウザを試してみましょう。また、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除すると解決できる場合があります。最後に、同じ地域に別のサーバーがある場合は、そちらに切り替えてみましょう。それでもエラーが表示される場合は、ExpressVPNの24時間年中無休のチャットサポートに問い合わせてみましょう。最適なサーバーを紹介してもらえるはずです。

アクセス可能:Disney+

Disney+は高画質の人気コンテンツを配信していますね。ExpressVPNのサーバーを10台試したところ、すべてDisney+にアクセスでき、『パイレーツ・オブ・カリビアン』をウルトラHD画質で視聴できました

アメリカのサーバーは文句なしの結果です。オーストラリア、カナダ、イタリア、イギリスのサーバーでもDisney+をバッファせずに視聴できました。ただし、カナダのサーバーでは動画を読み込むのに2~3秒程度かかりました。

ExpressVPNでDisney+を視聴しましょう!

アクセス可能:Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオでは少しトラブルがありましたが、全体的に満足の結果です。Amazonプライムビデオは全世界で利用できる動画配信サービスですが、今回の調査ではアメリカ、ドイツ、カナダのVPNサーバーで試してみます。その結果、ドラマや映画をHD画質でバッファせずに再生できました。

イギリス・ドックランズのサーバーに接続したときにトラブルが発生しました。他のブラウザを使用し、キャッシュを削除し、イギリスの別のサーバーに切り替えてもAmazonプライムビデオを視聴できなかったのです。ロンドンのサーバーに接続してもエラー画面が表示されたため、カスタマーサポートに問い合わせました。

ExpressVPNのカスタマーサポートによると、Amazonプライムビデオに私の請求先住所が見えていたそうです。私はアメリカに住んでいるので、VPNでイギリスのIPアドレスに変更してもアクセスできなかったのです。しかし、アメリカやカナダ、ドイツのAmazonプライムビデオは利用できましたから、必ず引っ掛かるわけではないようです。

ExpressVPNでAmazonプライムビデオを視聴しましょう!

アクセス可能:Hulu

ExpressVPNのサーバーはHuluの地域制限を回避し、HD画質でドラマや映画を視聴できました。素早く読み込めたのも素晴らしいでしょう。他社のVPNはHuluにアクセスできないことが多いのですが、ExpressVPNのサーバーを7台試したところ、毎回確実にアクセスできました。

『パラサイト 半地下の家族』を2秒で読み込み、HD画質で再生できました。妨げなくスムーズに視聴できました。

アクセス可能:HBO Max

HBO Maxのブロックも解除でき、トラブルに遭遇せず、快適に番組を視聴できました。私は『ゲーム・オブ・スローンズ』の大ファンなので、ExpressVPNで視聴できたのは大満足です。

HBO Maxでドラマを瞬時に読み込むことができ、途中で止まることは一切ありませんでした。デンバー、タンパ、アトランタ、サンタモニカのサーバーはすべてHBO Maxにアクセスでき、大満足です。

ExpressVPNでHBO Maxを視聴しましょう!

アクセス可能:BBC iPlayer

ExpressVPNはイギリスの4か所にサーバーを設置しており、すべてBBC iPlayerを視聴できます。過去にExpressVPNでBBC iPlayerの地域制限を回避できないことがありましたが、現在はきちんと利用できます。

アメリカのコンテンツは人気がありますから、多くのVPNサービスはアメリカに多数のサーバーを設置しています。一方、イギリスのサーバーは少ない傾向があり、BBC iPlayerを確実に視聴できるVPNはほんのわずかです。

ExpressVPNでBBC iPlayerにアクセスできなくても、イギリスの別のサーバーを試してみることができます。また、プロトコルを変更すると成功する場合があります。それでも視聴できない場合は、MediaStreamerというスマートDNS機能を試してみましょう。エラー解決に役立ちます。

ExpressVPNでBBC iPlayerを視聴しましょう!

アクセス可能:Kodi

ExpressVPNでバッファせずにKodiを視聴でき、音声や画像が乱れることもありませんでした。Kodiとは、P2Pで動画配信サイトを利用できるオープンソースのソフトです。著作権で保護されていない『蜂女の実験室』という映画を視聴するために、KodiでPopcornFlixというアドオンをダウンロードしました。

著作権で保護されていない映画や動画をKodiで視聴するのは合法です。しかし、PopcornFlixなどは著作物を配信していることがあります。そのようなコンテンツを視聴すると法的なトラブルに巻き込まれることがあるので注意が必要です。当サイトは、著作権侵害を容認していません。今回の調査は、責任を持ってKodiを利用したい方が、安全に利用できるよう行ったものです。

アクセス可能:Crunchyroll、Peacock、ESPN+など

ExpressVPNはCrunchyroll、Peacock、ESPN+など、今回試した動画配信サイトのブロックをすべて解除できました。

Peacockでは動画を読み込むのに約10秒かかり、最初は低画質でしたが、2秒ほどでHD画質に切り替わりました。ESPN+でバスケットボールの生中継を視聴するのもうまく行きました。試合は瞬時に再生され、エラーは一切ありませんでした。また、Crunchyrollでも『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』を快適に視聴できました。

まとめると、ExpressVPNは動画を視聴するのに優秀なVPNサービスです。多数の動画配信サービスにアクセスできました。また、いくつか例外はありましたが、動画をスムーズに再生できました。

49% オフ

今ならExpressVPNが49%オフ!

返金保証期間: 30日

ExpressVPNのプランを割引価格でご利用ください!

サーバーネットワーク:世界各国に多数のサーバーを設置

ExpressVPNは全世界に多数のサーバーを設置しているため、通信が速く、安定しています。VPNの一般的な傾向として、サーバーの負荷率が高いと、通信が遅く不安定になり、サーバーとの距離が長いほど遅くなりがちです。ExpressVPNは日本を含め90か国に 3,000台のサーバーを用意しています。そのため、近くにサーバーがある可能性が高く、1台のサーバーに多数のユーザーが集中しにくいのです。

また、国数が多いだけでなく、ExpressVPNは同じ国でも複数の都市にサーバーを用意しています。例えば、オーストラリアには西海岸と東海岸にサーバーが設置されています。競合他社は香港、ベネズエラ、トルコなどにサーバーがないことが多いですが、ExpressVPNはこれらの国もカバーしています。ただし、仮想サーバーもあり、そのようなサーバーは通信がやや遅い場合があります(※ 仮想サーバーとは、その地点のIPアドレスを取得できるが、物理的なサーバーは他の地点にあるサーバーのこと)。西ヨーロッパと北アメリカにはまんべんなくサーバーが分布しています。

サーバーの設置箇所が表示されるので、近いサーバーに接続しやすいでしょう。ExpressVPNは日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ブラジルなど16か国で複数の都市にサーバーを設置しています。都市レベルのサーバーでは、サーバーが物理的にその都市に設置されていることが分かります。国レベルのサーバーだと、位置をはっきり特定しにくくなります。例えば、メキシコのサーバーに接続しても、メキシコシティーに設置されているのか、首都から遠く離れた都市にあるのか分かりません。1万キロもブレてしまうのです。サーバーとの距離が分からないと速度低下の原因となってしまいます。

IPアドレスはすべてExpressVPNが所有していますが、サードパーティのデータセンターと提携しているのも事実です。データセンター側はサーバーの保守を行っており、サーバー上のデータにはアクセスできません。ExpressVPNに問い合わせたところ、提携会社はサーバーから送受信される通信は見られるが、ネットの利用状況と個人を関連付ける資格証明書はないそうです。つまり、サードパーティにサーバーの保守を委託しているものの、プライバシーは脅かされません。

今すぐExpressVPNをお試しください!

スマートロケーション

「スマートロケーション」とは、距離、待ち時間、速度が最適なサーバーに自動接続する便利な機能のことです。ただし、手動接続でも高速サーバーを利用できます。スマートロケーション機能はワンクリックで素早く接続するのに役立ちますが、複数のサーバーに手動で接続してみると、より高速なサーバーが見つかる可能性があります。試しにスマートロケーションをクリックしたところ、サンフランシスコのサーバーに接続されました。しかし、手動で東ロンドンのサーバーに接続した方が31Mbps速かったのです。もちろん、手動接続では高速サーバーを見つけるのに試行錯誤が必要ですから、素早く接続したい場合はスマートロケーションを活用すると良いでしょう。

VPNが規制されている国ではこの機能が便利です。例えば、中国でスマートロケーションを利用すると、かなり時間を短縮できます。試行錯誤しなくても、最速で正常に動作するサーバーが一発で見つかります。

TrustedServer技術

プライバシー保護とセキュリティ対策を強化するため、ExpressVPNのサーバーはRAMだけで動作しています。これが「TrustedServer」技術です。RAMにはデータを保存できませんから、サーバーを再起動するとセッションデータがすべて消去されます。起動時に、ハードドライブの安全な読み取り専用イメージからソフトウェアスタック全体を新たに再インストールするわけです。全サーバーでTrustedServer技術を採用することで、安全性が高まる理由は以下の通りです。

  • ユーザーデータがハードドライブに保存されない。
  • データの保存期間が短い。
  • サーバーを起動するたびにソフトウェアスタックが再インストールされるので、最新のセキュリティパッチが適用される。
  • 全サーバーで同じソフトが使用される(他社VPNだと、サーバーごとに異なるソフトを使用していることがあり、脆弱性の原因となります)。

ハードドライブに情報を記録しているVPNは多いものです。手動で削除するまでハードドライブ上にデータが残ってしまい、安全性が脅かされてしまいます。ExpressVPNのサーバーは1~2週間おきに再起動されています。サーバーには機密情報が保存されませんから、頻繁に再起動しなくても情報はきちんと保護されます。とは言え、最新技術をアップデートするために定期的に再起動しているのは頼もしいですね。

ExpressVPNは仮想サーバーロケーションがあります

ExpressVPNのサーバーのうち、仮想サーバーは3%未満です。「仮想サーバー」に接続すると、IPアドレスはその地点のものとなりますが、物理サーバーはそれ以外の場所にあります。一方、普通のVPNサーバーに接続すると、VPNサーバーの位置とIPアドレスの位置が一致します。ExpressVPNの仮想サーバーロケーションはホームページに掲載されています。

ExpressVPNの仮想サーバーに接続すると、ネット検閲が厳しい国でもVPNのIPアドレスを使用できます。VPNを禁止・規制している国に安全なデータセンターを設けるのは難しいのですが、仮想サーバーはそのような問題を解決できるのです。また、サウジアラビア、中国、ロシアなどに物理サーバーを置いていませんから、ExpressVPNはこれらの国の法律に従う必要はありません。

また、仮想サーバーの方が通信が速く、安定性が高くなる場合があります。通信が遅く不安定な国では、インフラが整った国にサーバーを構築することでVPNのパフォーマンスを向上できるのです。仮想サーバーの欠点として、動画配信サービスのブロックを回避できないことが挙げられます。また、物理サーバーと仮想ロケーションの距離が遠い場合、速度が低下する可能性があります。

ExpressVPNは仮想サーバーを提供することで、他社よりはるかに広範囲をカバーしたサーバーネットワークを構築しているのです

今すぐExpressVPNをお試しください!

ExpressVPNは固定IPアドレス・専用IPアドレスを提供していません

ExpressVPNで固定IPアドレス(専用IPアドレス)を取得することはできません。ユーザーは誰でも自由にVPNサーバーに接続できますから、毎回異なるIPアドレス(共有IPアドレス・動的IPアドレス)が割り当てられます。

専用IPアドレスを有料で提供しているVPNサービスもあります。サイトを運営したい場合、IPアドレスが変わってしまうと訪問者はサイトを閲覧できませんから、固定IPアドレスが必要です。また、株取引などのオンラインサービスに毎回異なるIPアドレスでログインすると、セキュリティ上の理由でアカウントがブロックされる可能性があります。

しかし、固定IPアドレスは共有IPアドレスほど安全ではないので、使用は避けましょう。ExpressVPNでは他のユーザーとIPアドレスを共有することになりますから、個人情報やネットの利用状況を追跡しにくくなるのです。ExpressVPNの1か所のサーバーに接続しても、サーバー地点ごとに複数のIPアドレスが用意されています。IPアドレスは定期的に交換されていますから、接続するたびに新しいIPアドレスが割り当てられ、個人を特定されにくくなります。

ExpressVPNはIPアドレスを交換することで、セキュリティ対策を強化でき、動画の視聴に有利です。もちろん、固定IPアドレスが必要な場面もありますが、安全にインターネットを利用するには共有IPアドレスが最適です。

通信速度:サーバーとの距離によらず、いつも高速

これまで多数のVPNを試してきましたが、ExpressVPNは最速です。また、サーバーが遠くても、安定して高速なのは感心しました。どのサーバー地点でも、ストリーミング中に速度は低下しませんでした。一部のサーバーでは動画の読み込みに少し時間がかかりましたが、画質の低下やバッファなどのトラブルはありませんでした。

Microsoft Surfaceのノートパソコン(Windows 10)でスピードテストを行いました。Ooklaのスピードテストツールを利用し、データを記録していきます。どのセキュリティプロトコルでも高速でしたが、一貫した結果となるよう、Lightway TCPでスピードテストを行いました。

スピードテストでは以下の項目を比較していきます。

  • 応答時間
    データの要求を送信してから、応答が戻ってくるまでにかかる時間のことです。応答時間が短いほど入力を素早く受信するため、ゲームでは応答時間が短いほど有利になります。単位はミリ秒(ms)です。
  • ダウンロード速度
    データを受信する速度のことです。ダウンロード速度が速いほど動画を快適に視聴でき、素早くウェブページを閲覧したりファイルをダウンロードできたりします。単位はメガビット毎秒(Mbps)です。
  • アップロード速度
    データを送信する速度のことで、アップロード速度が速いほど、動画のアップロード、SNSへの投稿、ファイルの共有が短時間で完了します。アップロード速度も単位はMbpsです。なお、家庭用ネットワークでは、アップロード速度はダウンロード速度よりかなり遅いということをご理解ください。ホームページを閲覧したり動画を視聴したりするには、サイトや動画のデータを「受信」する必要がありますね。そのため、家庭用ネットワークはデータの送信量より受信量が多いことを想定して構成されているのです。

ExpressVPNの30か所以上のサーバーをテストしたところ、通信速度が362Mbpsを下回ることはありませんでした。

ExpressVPNのアプリには、サーバーの応答時間(レイテンシ)、ダウンロード速度、アップロード速度を比較できるスピードテスト機能がありますが、正確ではないのでおすすめしません。例えば、ロサンゼルスのサーバーはサンフランシスコより33%速いと表示されていましたが、実際にはサンフランシスコの方がわずかに速かったのです。

遠くのVPNサーバーでは速度が低下しがちですが、ExpressVPNで2台の長距離サーバーに接続したところ、普段より通信が速くなったのは感心しました。接続前のダウンロード速度は461Mbpsでしたが、東ロンドンのサーバーでは5%速くなりました。しかし、このようなケースは例外であり、全体的に見るとサーバーが遠いほど通信は少し遅くなりました。

まず、スマートロケーション機能でVPNサーバーに接続します。サンフランシスコのサーバーに自動接続できました。速度を測り、接続前と比較します。

VPNに接続前
(フレズノ)
VPNに接続後
(サンフランシスコ)
VPNによる
速度の変化
ダウンロード速度(Mbps) 461.38 455.17 1.2%の低下
アップロード速度(Mbps) 42.03 42.05 なし
応答時間(ミリ秒) 16 21

VPNに接続しても通信速度はほとんど変化しませんでした。応答時間はわずかに長くなりましたが、実感できるほどではありません。

今すぐExpressVPNをお試しください!

近くのサーバーの通信速度

4,000キロ離れたサーバーに接続したのに、通信は1.5%しか低下しませんでした(平均値)。高速通信をここまで維持できたのは驚きです。VPNに接続すると通信は遠隔サーバーを経由し、暗号化されますから、速度がかなり低下することが多いのです。スマートロケーションでサンフランシスコのサーバーを試した後、「ロサンゼルス3」というサーバーを試しました。

ロサンゼルス 3:

応答時間 26ミリ秒(10ミリ秒長い)
ダウンロード速度 441.19Mbps(4%の低下)
アップロード速度 42.03Mbps(変化なし)

私の現在地からロサンゼルスはサンフランシスコよりも110キロ遠いのですが、速度は3%程度低下し、応答時間も5ミリ秒長くなりました。次に、2,547キロ離れたダラスのサーバーでスピードテストを行います。

ダラス:

応答時間 56ミリ秒(40ミリ秒長い)
ダウンロード速度 443.14Mbps(4%の低下)
アップロード速度 41.97Mbps(0.1%の低下)

ロサンゼルスより少し速いですね。ExpressVPNは長距離でも高速通信を維持できました。また、近くのサーバーでも速いとは限らないことが分かりました。残念ながら、アプリ上でサーバーの負荷率は確認できません。推測ですが、ダラスの方が接続中のユーザーは少なかったのでしょう。

近くのサーバーもいくつか試してみたところ、パフォーマンスに違いは見られませんでした。距離が4,000キロ以下のサーバーでは、どれもスムーズにゲームやストリーミングできました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

遠くのサーバーの通信速度

サーバーが遠いと通信がわずかに遅くなりましたが、結果には大満足です。「東京2」は8,494キロ離れていますが、ベース値から11%しか遅くなりませんでした。一般的に、VPNに接続すると速度は15~20%程度低下しますから、遠くのサーバーでここまで高速なのは素晴らしいでしょう。

東京 2:

応答時間 124ミリ秒(108ミリ秒長い)
ダウンロード速度 409.06Mbps(11%の低下)
アップロード速度 37.36Mbps(11%の低下)

スマートロケーションでサンフランシスコのサーバーに接続したときより10%遅くなりましたが、近くのサーバーと比べると、ストリーミング中やブラウジング中に違いは感じられませんでした。次に、東京より100キロ以上離れた東ロンドンのサーバーを試します。

東ロンドン:

応答時間 148ミリ秒(132ミリ秒長い)
ダウンロード速度 486.30Mbps(5%の向上)
アップロード速度 39.48Mbps(6%の低下)

地球の反対側であるにもかかわらず、ロンドンのサーバーだとベース値より通信が速かったのは驚異的です!

まとめると、ExpressVPNは遠くのサーバーでも驚くほど高速通信でした。レイキャビクのサーバーはかなり遠いのですが、ダウンロード速度は414Mbpsで、10%しか低下しませんでした。

今すぐExpressVPNをお試しください!

プロトコルのスピードテスト

プロトコルごとに速度を比較したところ、L2TP/IPsecが最速でした。しかし、他のプロトコルも300Mbps以上の高速通信でした。

L2TP/IPsecは最速でしたが、古くて安全性が低いため、できれば他のプロトコルを選びましょう。Lightway TCP、OpenVPN UDP、IKEv2の速度はほぼ同じでした。Lightway TCPはセキュリティ対策と高速通信をバランス良く実現しており、おすすめです。

ExpressVPNはゲームに適した高速通信です

近くのサーバーを選べば、ExpressVPNはゲームにおすすめのVPNだと言えます。遠くのサーバーは応答時間が長すぎたため、ゲームに参加できませんでした。

オンラインゲームを楽しむ場合、速度はとても重要ですね。応答時間は100ミリ秒以下であるべきです。俊敏さがものを言うゲームでは、数ミリ秒遅れると負けてしまうこともありますから、応答が遅いと不利なのです。

そこで、Counter-Strike Global Offensive(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)でテストを行います。このシューターゲームはペースが速いため、通信速度が勝敗に影響するのです。まず、サンフランシスコのサーバーは応答が21ミリ秒でした。

すぐに対戦相手が見つかりました。ゲームの読み込みが完了すると、ラグなしで走ったり、よけたり、ジャンプしたり、銃を撃ったりできました。勝てませんでしたが、VPNのせいではありません。私はこのゲームが苦手なのです。

しかし、遠くのサーバーではプレイできません。ダウンロード速度が最速だったのは8,562キロ離れた東ロンドンのサーバーでした。そのサーバーに接続し、再びゲームを始めます。ダウンロード速度が速くても、応答時間は148ミリ秒で、サンフランシスコのサーバーより6倍長くなってしまいました。ゲームを読み込むのに3分もかかったのです。その後、ゲームを終了して再接続しなければなりませんでした。もう一度同じことが起きたため、プレイ中のパフォーマンスは確認できませんでした。

残念ながら、ニューヨークのサーバーを試したときも、同じ不具合に遭遇しまいました。サーバーとの距離は4,743キロなので、それほど離れているわけではありませんが、数回試してもゲームに参加できなかったのです。そのため、ExpressVPNでゲームを楽しみたい方は、近くにサーバーがあることを確認しましょう。

ExpressVPNは通信が速いことで有名ですが、応答時間が短く、速度がほとんど低下しないのは近くにサーバーがある場合だけです。ゲームプレイのためにVPNに加入する場合はサーバーの設置箇所を確認することをおすすめします。

今すぐExpressVPNでゲームをプレイしましょう!

セキュリティ対策:設定を自由に変えられ、最高水準の暗号化でデータを保護

ExpressVPNはさまざまなセキュリティ機能と軍用レベルの暗号化を提供しているため、どんな状況でもデータを安全に保つことができます。多くのVPNは、「接続が停止してもきちんと保護します、IPアドレスは常に隠されます」と保証していますが、調査や検証を行わなければ、本当にきちんと対策できているか分かりませんね。

そこで、自動停止スイッチやスプリットトンネル、トーア(Tor)への対応など、ExpressVPNのセキュリティ機能を徹底的に検証しました。また、プロトコルを比較し、Lightwayという独自技術も掘り下げてみました。最後に、独立審査の結果を読み、インフラや経営慣行がどのように評価されたか確認しました。

唯一見つかったExpressVPNの欠点は、広告・マルウェアブロッカーを搭載していないことでした。このような機能があればとても便利ですが、他社VPNのブロッカーはきちんと役割を果たさないことが多く、広告やマルウェアをブロックするには専用アプリや拡張機能を使うことになるでしょう。性能の良い無料の広告ブロッカーはたくさんありますから、ExpressVPNのアプリに広告ブロッカーがないのは大した欠点ではないと思います。

暗号化:軍用レベルの対策

ExpressVPNは高度な暗号化で個人情報をしっかり守ってくれます。AES 256ビット暗号化はAES 256ビットサイファーと4096ビットRSAキーとSHA-512 HMAC認証を組み合わせた暗号化で、安全性をきちんと確保します。世界中の軍隊や銀行、政府が機密データを守るために使用しているのと同じ水準の暗号化で、他人がデータを解読することは不可能です。

ビット数を見ると、鍵を作る組み合わせがいくつあるか分かります。例えば、1ビットの場合、組み合わせは2通りです。8ビットだと256通り、256ビットだと組み合わせは78桁という膨大な数になります。世界一高性能のスーパーコンピュータでも、256ビット暗号化で保護されたデータの0.1%を解読するには数十億年かかると言われています。

ExpressVPNが採用しているSHA-512 HMAC認証(ハンドシェイク)は、データの転送に高い安全性を発揮し、P2Pでファイルを共有するときなどに役立ちます。共有されたシークレットキーを使うことで、ファイルの送信者と受信者両方がファイルの真正性を確認できます。シークレットキーが少しでも変わると、部外者がファイルに変更を加えたことが分かりますから、データの漏洩を直ちに検出して対処できます。

ExpressVPNはパーフェクトフォワードシークレシーも使用しています。パーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)とは、ログオンするたびに暗号化キーを変更することです。そのため、他人に暗号化キーを知られても、過去に使用した暗号化キーとは異なりますし、今後同じ暗号化キーを使用することもありません。VPNに接続中に何をしたか絶対に知られないのです。

暗号化の水準は使用するプロトコルに左右されます。例えば、Lightwayプロトコルは、AESではなくwolfSSLを使用し、256ビットの暗号化であることは変わりません。安全性はAESと同レベルで、オープンソースなので、サードパーティが継続的に検証、アップデートを行っています。

今すぐExpressVPNをお試しください!

セキュリティプロトコル:すべての端末で複数のプロトコルに対応

ExpressVPNは複数のセキュリティプロトコルに対応しており、ニーズに合わせてVPNの設定を変更できます。プロトコルとは、VPNがデータをどのように暗号化するか定義する一連のルールのことです。Windows、Mac、Android、iOSでは「プロトコル」のタブで切り替えることができます。Linuxでは、ターミナルのコマンドで切り替えられます。

プロトコルの違いをご紹介しましょう。

  • Lightway
    ExpressVPNが独自に開発したプロトコルなので、他社のVPNでは利用できません。バッテリーの使用量が少なく、ネットワーク間でスムーズに移行できるという特徴により、スマホに最適です。不安定なネットワークではTCPが良いでしょう。テストでUDPよりTCPの方が10%高速でした。
  • OpenVPN
    安全性が最も高いプロトコルの1つです。オープンソースなので、セキュリティを強化するために世界中の人々が改善を続けています。このプロトコルもUDPとTCPから選ぶことができます。スピードテストでUDPとTCPの速度はほぼ同じでした。
  • IKEv2
    一般的に、IKEv2はOpenVPNより高速と言われていますが、今回のスピードテストでは1%しか速くありませんでした。IKEv2は安全性が低めなので、他のプロトコルで不具合が発生したときに使用すると良いでしょう。TCPはありませんから、ファイアウォールにブロックされる場合があります。
  • L2TP/IPsec
    やや古く、安全性が一番低いプロトコルです。しかし、スピードテストでは最速でした。セキュリティよりもスピードを優先したいときに使うといいでしょう。

使用できるプロトコルは端末によって異なります。

Windows Mac Android iOS Linux ルーター
Lightway
OpenVPN
L2TP/IPsec
IKEv2

プロトコルの自動選択機能はとても便利でしょう。L2TP・IPSecに対応していないサーバーもいくつかあります。サーバーごとに利用可能なプロトコルはExpressVPNのホームページをご覧ください。

まとめると、通信速度とセキュリティ対策のバランスが良いLightway TCPがおすすめです

Lightway

LightwayはExpressVPNが独自に開発したプロトコルで、とても軽量なのでモバイル端末に最適です。Lightwayを使用するメリットは以下の通りです。

  • 通信が速い
    通常の接続と比べ、ダウンロード速度が5%速くなりました。また、wolfSSL暗号化ではなくChaCha20に変更するとさらに高速になります。
  • 最新の暗号化を採用
    wolfSSLは、サードパーティが徹底的な検証を行っている最新の暗号化ライブラリで、軍用レベルの256ビット暗号化を実現します。
  • ネットワークの切り替えが速い
    通信が停止した場合、LightwayはVPN接続を終了するのではなく、アイドル状態にします。これにより、WiFiからモバイルネットワークに切り替えても瞬時に再接続できるのです。また、スマホもスリープモードや機内モードを無効にしたときに素早く接続できます。
  • 直ちに接続を確立できる
    1秒以内に接続できました。
  • コード量が少ない
    Lightwayのコードは1,000行しかありません。最も軽量なVPNプロトコルの1つなので、検証しやすいのが特徴です。また、バッテリー消費量も少なく、スマホで通信を暗号化するのに適しています。

ExpressVPNはWireGuardに対応していませんが、「Lightway」という安全性と高速通信を両立した独自のプロトコルを利用できます。ExpressVPNは近々、Lightwayのコアライブラリのオープンソース化も予定しており、これによりさらに安全性が高まります。

今すぐExpressVPNをお試しください!

データ漏洩テストに合格

ExpressVPNのWindows、Mac、Android、iPhoneアプリはすべてデータ漏洩テストに合格しました。まず、10台のサーバーに接続し、ipleak.netでテストを行います。

テストを数回行ったところ、公開されていたのはアプリで接続したモントリオールのIPアドレスとDNSサーバーだけでした。データ漏洩と一言で言っても、IPv4やIPv6、WebRTC、DNSなど、漏れる恐れがあるデータはさまざまです。VPNがきちんとデータを保護しても、情報漏洩のリスクはゼロではありません。そのため、ExpressVPNはデータ漏洩機能を搭載し、あらゆる手口でデータを盗み見ようとしているハッカーから保護できるのは本当に素晴らしいことでしょう。

全サーバーがプライベートDNSに対応

ExpressVPNが漏洩テストに合格した理由の1つは、プライベートDNSサーバーがあるからです。サイトを移動するには、ドメインネームサーバー(DNS)と呼ばれる仲介ネットワークにアクセスする必要があります。その時にデータ漏洩が発生する可能性があるのですが、プライベートDNSサーバーを使用することで、データ漏洩のリスクを軽減できます。

独自のDNSを使用することもできますが、できるだけExpressVPNのプライベートDNSサーバーを使用するのがおすすめです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

独立審査済み

Cure53とPwCによる独立審査でExpressVPNの安全性が実証されました。ログ方針が独立審査で裏付けられているVPNはほんの少数です。ExpressVPNが誠実なログなし方針を打ち出していることの証明であり、自信の表れでしょう。

Cure53というサイバーセキュリティ企業はExpressVPNのChrome・Firefox用拡張機能を審査しました。ハッカーが通信を悪質なサイトに再ルーティングできるような脆弱性は見つかりませんでしたが、比較的重要度が低い問題点がいくつか見つかりました。1か月後、Cure53の再検査でExpressVPNは問題点を解決したことが分かりました。ブラウザ拡張機能はオープンソースですから、専門知識があれば、誰でも審査できます。

PricewaterhouseCoopers(PwC)は業界大手の審査企業です。ExpressVPNのプライバシー方針の評価、TrustedServer技術のコードの審査、社員面談などが1か月かけて行われました。2019年6月および2020年の審査結果は公開されており、誰でも閲覧できます。PwCの調査で、ExpressVPNは宣伝通りのセキュリティ機能、プライバシー機能を提供していることが実証されました。

自動停止スイッチ

ExpressVPNの自動停止スイッチとは、VPN接続が途絶えた場合にネット通信を自動で遮断して安全性を守る機能です。VPNに必要不可欠な機能の1つで、ExpressVPNの自動停止スイッチは「Network Lock(ネットワークロック)」と呼ばれています。

この機能を試すため、トロントのサーバーに切り替えている途中でブラウザのページを更新しました。接続が完了していなければ、ExpressVPNはブラウザ画面で通信がブロックされていることを通知してくれます。

Windows、Linux、Macでは、自動停止スイッチが自動で有効になります。また、LANに接続されている機器は無効にすることも可能です。例えば、Wi-Fiにプリンターを接続している場合、サーバーで不具合が発生しても印刷できなくなることはありません。パソコン向けアプリやAndroidアプリでは、自動停止スイッチのオン・オフを切り替えられますが、ルーター用アプリでは切り替えられません。Androidの停止スイッチはNetwork Protectionという名前で、設定画面で「常に有効にする(Always On)」に設定する必要があります。

Network Lockはパソコン、Android、ルーターで利用できますが、iOSには自動停止スイッチがありません。私はiOSなどのモバイルにおすすめのVPNについて定期的に調査しているのですが、ExpressVPNは最高クラスのVPNなのにiOSで自動停止スイッチを利用できないのは残念です。

今すぐExpressVPNをお試しください!

スプリットトンネル

スプリットトンネル機能を利用すると、一部の通信をVPNトンネルに経由させないように設定できます。海外コンテンツを視聴しながら、国内サービス(ネット銀行など)を利用する必要があるときに役立ちます。また、プリンターを使用したり、ファイルをダウンロード中に帯域幅を節約したりするときも便利です(トレントアプリの通信だけを暗号化するように設定できます)。

まず、どのアプリの通信をVPNに経由させるか決める必要があります。アプリの追加・削除は簡単ですが、VPNの例外にアプリを追加する際にはVPNを切断する必要があります。

スプリットトンネルには3つの設定があります。

  • すべてのアプリでVPNを使用する
  • 選択したアプリはVPNを使用しない
  • 選択したアプリだけでVPNを使用する

今回は2つ目のオプションを選択しました。スプリットトンネルが正常に動作するか確認するため、ネット銀行アプリの通信をVPNの例外に設定します。

イギリスのサーバーに接続してBBC iPlayerへ戻りました。きちんとアクセスでき、アメリカのネット銀行を開いたまま『シャーロック』を視聴できました

この機能は、Linux、Windows、Android、Mac、ルーター用アプリで利用できます。残念ながら、iOSアプリではスプリットトンネルを利用できません。

Torに対応

ExpressVPNとトーア(ザ・オニオン・ルーター)を併用したい場合は、トーア・オーバー・VPNという方法を使用できます。トーアとは、データを匿名化するためにネットワーク内の通信をすべて暗号化する特別なブラウザのことです。トーアを使うとダークウェブにアクセスできますが、ダークウェブには悪質なサイトや違法行為が蔓延しているため、評判が悪いのです。一方で、トーアは世界中の活動家や告発者が重要な情報を匿名で暴露する手段として重要な役割を果たしています。

ExpressVPNとトーアを併用するには、VPNに接続してからトーアを開く必要があります。そうすると、ネットワークでトーアがブロックされていても、アクセスできるようになります。また、トーアの使用を問題視されることもありませんし、ブラウザのバグ対策にもなります。

さらに、トーアネットワークにはExpressVPNの.onionサイトもあります。ネット検閲が厳しい国でも、規制されているサイトにアクセスできます。例えば、中国に入国する前にVPNをダウンロードするのを忘れた場合、トーアからアプリをダウンロードできます。

トーアネットワークでは高度な暗号化で通信が保護されますから、一般的なブラウザより動作が少し遅めです。「ロサンゼルス1」に接続したところ、トーアブラウザを読み込むのに4秒かかりました。また、ExpressVPNの.onionサイトにアクセスするのに9秒かかりました。VPNに接続していないときとほぼ同じ速度ですから、トーアを使用しても速度の低下はなかったことが分かります。

ExpressVPNは驚異的な通信速度、ログなし方針、強力な暗号化、自動停止スイッチ、TrustedServer技術など、さまざまな対策機能があるため、トーアで併用するのに適しています。

ExpressVPNで通信を保護しましょう!

プライバシー:データを保存せず、信頼できる会社

プライバシー方針、本社の所在地、親会社を検証した結果、ExpressVPNは安全性が最高レベルのVPN企業ということが分かりました。政府やハッカーだけでなく、GoogleをはじめとするIT企業からデータを隠すのがVPNの役割ですが、そのためにはユーザーデータを取り扱う必要があります。そのため、信頼できるVPNを選ぶのがとても重要です。

VPNに接続すると、IPアドレスとネットの利用状況に関するログをVPN企業に渡すことになりますから、そのような情報をきちんと取り扱うよう、VPNの信頼性を確認しましょう。幸い、ExpressVPNはユーザーのプライバシー保護を真剣に受け止めていることを証明しています。

ExpressVPNはログを記録しない

ExpressVPNは厳格なログなし方針があり、ユーザーの個人情報を保存、共有、販売することはありません。

ExpressVPNが収集しているのは以下の情報だけです。

  • 加入の際に入力した情報(支払い情報とメールアドレス)
  • インストールしたアプリの数とそのバージョン
  • 接続した日にち(タイムスタンプは収集されません)
  • 接続したサーバー地点(割り当てられたIPアドレスは収集されません)
  • 1日の通信量

ExpressVPNほど収集する情報が少ないVPNはありません。感心しました。サービスを提供し、ユーザーと連絡を取るために必要最低限の情報だけを収集しているのです。「VPNを利用した」という記録しか残りません。

個人を特定されないよう対策したい場合は、仮想通貨で支払い、新しいメールアドレスでアカウントに登録すると良いでしょう。チャットでExpressVPNのカスタマーサポートに問い合わせ、ユーザーデータ、支払い情報、メールアドレスを削除してもらえるか質問したところ、解約後に削除できるそうです。

ExpressVPNは以下のデータを収集していません。

  • 本当のIPアドレス、接続したVPNサーバーのIPアドレス
  • 閲覧履歴に関するデータ(アクセスしたサイトのURLなど)
  • メタデータ
  • DNSクエリ(アクセスを試みたサイトのURLなど)

どこでExpressVPNにアクセスしたのか、接続中に何をしたのかなどの記録は一切残りません。

診断情報を任意でExpressVPNと共有することもできますが、共有したくない場合はアプリをダウンロードするときに、「ExpressVPNのサービス改善にご協力ください(Help Improve ExpressVPN)」で「いいえ(No Thanks)」をクリックしましょう。

さらに、2017年にExpressVPNのログなし方針が試された事例があります。暗殺事件の捜査でトルコ政府がExpressVPNのサーバーが押収したところ、サーバーにはデータが保存されておらず、ログなし方針をきちんと守っていることが証明されました。

ExpressVPN International Limited(アプリの親会社)は、ExpressVPNを唯一の収入源としています。また、同社はCenter for Democracy and Technologyと協力して、世界中でプライバシー権の推進に貢献しています。このような取り組みと確かな実績があるExpressVPNは、ネット上で匿名性を守ることに尽力していることが分かります。

本社はプライバシー保護に有利な英国領ヴァージン諸島

ExpressVPNの本社は、データ保持法がない英国領ヴァージン諸島にあります。VPN企業は、本社の所在国の法律や規制に従わなければなりませんから、本社をプライバシーを侵害する国に置いているVPNは信頼できません。英国領ヴァージン諸島はプライバシー保護法が整っているだけでなく、検察官が令状を取るのが非常に難しいという特徴もあります。市民を監視する法律はありませんし、14アイズ同盟(SIGINT監視同盟)にも加盟していません(※ 14アイズ同盟とは、加盟国同士が国民に関するデータを共有する協定)。

名前の通り、英国領ヴァージン諸島は英国の海外領土ですが、政府は完全に独立しています。英国は14アイズ同盟に加盟していますが、ヴァージン諸島は加盟していません。外国の政府がヴァージン諸島の高等裁判所にデータの引き渡しを申し立てることはできても、自国民や企業の情報を開示するよう強制できないわけです。また、仮に情報を開示されても、ExpressVPNはユーザーデータを保持していませんから開示するデータ自体がありません。それでも、プライバシー保護に有利な国に本社を置くことで、対策を強化しているのです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

トレント:全サーバーがP2Pに対応、素早くダウンロードできる

ExpressVPNの全サーバーがP2Pファイル共有に対応しており、帯域幅は無制限ですから、トレントに最適です。

多くのVPNは、一部のサーバーしかP2Pに対応していませんが、ExpressVPNなら一番近いサーバーに接続して最速の通信を確保できます。qBitTorrent、Transmission、Vuze、Deluge、uTorrent、NyaaTorrents、東京図書館、アニデックスなどを利用でき、主要なP2Pアプリに対応しています。また、Kodiにも対応しているのでP2P形式の動画配信サイトにもアクセスできます。

ExpressVPNでトレントするとどのようなパフォーマンスになるのでしょうか?著作権が保護されていない『少年と犬』をuTorrentでダウンロードしてみました。ニューヨークのサーバーではシーダーは0.44で、2.1Mbpsでダウンロードできました。容量が700MBのファイルをダウンロードするのに10分弱かかりました。

ExpressVPNでポートフォワーディングに対応しているのはルーター用アプリだけなので、他のアプリではこの機能を利用できません。また、SOCKS5プロキシもありません。これらの機能は高速でシードするために使用することが多いのですが、今回のテスト結果を見れば、ポートフォワーディングやSOCKS5なしでも素早くダウンロードできることが分かりますね。

ExpressVPNのセキュリティ・プライバシープロトコルはすべて、安全にトレントするために役立ちます。例えば、内蔵されている情報漏洩対策や自動停止スイッチにより、P2Pファイル共有ソフトを使用中に匿名性を守ることができます。また、スプリットトンネルを使えば、トレントアプリでIPアドレスを隠しつつ、普段のネット通信を使い続けることもできます。以上のような対策機能と通信の速さを踏まえると、ExpressVPNはトレントにおすすめのVPNだと言えます。

当サイトは違法なトレントやストリーミングを容認していません。P2Pサービスは合法なファイル共有のためにご利用ください。トレントアプリを使用する前に、著作権で保護されている映画やドラマを共有していないことを確認しましょう。

今すぐExpressVPNをお試しください!

ExpressVPNは中国で利用可能

ExpressVPNは中国で利用できますが、入国前にVPNアプリをダウンロードしておきましょう。現在、中国で合法なのは政府が認可したVPNだけで、多くのVPNがブロックされています。政府がVPNの利用者を狙うことはあまりありませんが、中国でVPNを使用する前にリスクについてしっかり調べておくのが重要です。

中国政府はインターネットを厳しく規制しています。普通のネット通信ではGoogle、Twitch、ツイッター、フェイスブック、YouTubeなどを利用できないのです。このようなネット検閲は「中国のグレートファイアウォール(金盾)」と呼ばれています。中国政府が数年前にVPNの取り締まりを開始してから、現在も、ExpressVPNはネット検閲に対抗できています。

ExpressVPNは香港にもサーバーがありますから、中国以外でも中国のテレビチャンネルやサイトにアクセスできます。

応答時間は202ミリ秒だったので、ームには向きませんが、「香港2」に接続したところ、ダウンロード速度が19%も速くなりました。速度は低下せず、中国のドラマをHD画質で視聴できました。

逆に、中国国内で海外のVPNサーバーに接続すれば、規制されているサイトにアクセスできます。ExpressVPNは難読化技術を採用しており、中国で使用できると保証されているサーバーがあるので安心です。ただし、法律や規制は頻繁に変わりますから、念のためご自身で調べることをおすすめします。

カスタマーサポートによると、ネット通信さえあればトルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など、規制の厳しい国でも利用できるそうです。特に中国に関しては、トラブルシューティングに関するアドバイスをまとめたサイトを用意しています。アプリを最新版にアップデートし、プロトコルを「自動」に設定し、中国に適したサーバーに接続しましょう。中国向けのサーバーは頻繁に変わりますから、接続するたびにこちらの一覧をご確認ください。

ExpressVPNを使えば中国国内でもFacebook、Google、WhatsApp、Netflixなど多数のサイトのアクセス制限を回避できます。しかし、中国ではVPNのサイトがブロックされていることが多いため、入国前にVPNソフトをインストールしておくのをお忘れなく。入国してからダウンロードする必要がある場合は、トーアブラウザを使用し、ExpressVPNの.onionサイトにアクセスしましょう。

今すぐExpressVPNをお試しください!

使いやすさ

10.0

ExpressVPNのパソコン用アプリ・モバイルアプリはきれいなデザインで安定しており、使いやすい設計です。洗練されたモダンな設計で、中央に大きな電源ボタンがあります。「簡単に接続できるのは当たり前」と思うかもしれませんが、接続しにくいVPNは意外に多いものです。


サーバー地点を手動で選択することもできますが、スマートロケーション機能ならワンクリックでVPNサーバーに接続できます。一番近い高速サーバーに自動で接続され、素早く対策できる機能です。

もう1つ気に入ったのは、最近接続した地点がアプリに表示されることです。VPNアプリを起動し、おすすめの地点をクリックすれば、素早く接続できます。さらに、WindowsアプリとMacアプリはほとんど同じです。

アプリのハンバーガーメニューをクリックすると設定画面が表示されます。この画面ではスピードテストの実行、セキュリティプロトコルの変更、スプリットトンネルの設定、Network Lockの切り替えなどができます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

インストールと設定:どんな端末でも素早く簡単

4分以内にExpressVPNに加入し、インストールできました。


ExpressVPNをインストールする方法をご紹介しましょう。

クイックガイド: 3つの手順でExpressVPNをインストールする方法

  1. プランを選びます。
    ExpressVPNのホームページにアクセスし、登録しましょう。プランを選び、情報を入力します。
  2. アプリをインストールします。
    返金保証が適用されるよう、ホームページから加入しましょう。加入したら端末にアプリをダウンロードし、アクティベーションコードを入力します。
  3. 安全にブラウジングできるようになりました!
    ワンクリックでサーバーに接続したら、安全にブラウジングできます。

Windows、Mac、iOS、Androidでは以上の方法で利用を開始できます。Linuxでは、コマンドラインでインストールする必要があります。他のOSと同じように素早くインストールできます。分からない場合は、ExpressVPNのホームページで詳しいセットアップガイドをご覧ください。

Firestick専用アプリが用意されていますから、ダウンロードしましょう。Android TV、Nvidia Shield、Roku, Apple TV、Chromecast、Samsung TV、Kindle Fire、Xbox、プレイステーション、ニンテンドースイッチにExpressVPNをセットアップする場合は、MediaStreamerが役立ちます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

対応端末:さまざまな端末で利用可能

ExpressVPNは主要なOSに対応しているため、さまざまな端末で利用できます。WindowsMacAndroidiOS、 Linux向けのアプリがあり、ルーター用アプリもあります。


ExpressVPNの魅力の1つは、どの端末でもアプリが使いやすいことでしょう。OSによらず、アプリの使い方はほぼ同じです。ただし、LinuxはGUIがないため、テキストで操作する必要がありますが、サーバーの切り替えや機能はコマンドラインで簡単に操作できました。

アプリのデザインはほぼ同じですが、機能はOSによって異なります。

Windows Mac Android iOS Linux ルーター
GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)
自動停止スイッチ
IKEv2
Lightway
スプリットトンネル

ほかにも、MediaStreamerを使えばVPNに対応していない端末も簡単に接続できます。例えばXboxやプレイステーション、ルーターやスマートテレビの通信も保護できます。さらに、Chrome、Firefox、Microsoft Edge向けのブラウザ拡張機能あり、他社のVPNより多くの端末で利用できるのが特長です

今すぐExpressVPNをお試しください!

パソコン:Windows、Mac、Linuxのアプリがあり、日本語に対応

ExpressVPNのWindowsアプリとMacアプリはほぼ同じです。どちらも同じプロトコルを使用できるのは珍しいでしょう(OpenVPN、IKEv2、L2TP/IPSec、Lightwayに対応)。ただし、macOS 11ではスプリットトンネルを利用できません。

動作環境はWindows 7以降、macOS 10.10以降です。


3つのOSでデスクトップアプリを使用するのは簡単でしたが、Linuxのコマンドを覚えるのに少し時間がかかりました。GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)がないため、インストール後はターミナルでコマンドを入力して操作することになります。例えば、「expressvpn connect」と入力すると、最後に接続した地点のサーバーに再接続できます。「expressvpn list all」というコマンドを入力すると、全サーバーが一覧で表示されます。Linuxをご利用の方はGUIなしでアプリを使うことに慣れていると思いますが、不満を感じるユーザーもいらっしゃるかもしれません。

Linuxアプリにはスプリットトンネルのほかにも必須の機能がすべて搭載されています。他に注目したい違いは、Linuxアプリで利用できるプロトコルはLightwayとOpenVPNだけであること、WindowsやMacとは違い、ショートカット機能を利用できないことです。「ショートカット」とは、アプリから任意のサイトにワンクリックでアクセスできる機能のことですが、個人的にはあまり使わないと思います。Linuxアプリは、Ubuntu、Fedora、Arch、Raspbianに対応しています。


OSによらず、ExpressVPNのパソコン向けアプリは多機能で便利です。

Android・iPhone(iOS)アプリは日本語に対応

Android・iOS用アプリはパソコン用アプリとよく似ていますが、iOSではいくつか重要な機能が利用できません。

Androidアプリではデスクトップアプリと同じ機能(スプリットトンネル、自動停止スイッチ、自動接続)が利用できるほか、追加機能もいくつかあります。Protection Summary(保護の概要)ではインストールしてからVPNで保護した時間がパーセンテージ(%)で表示されます。また、使い方のヒントがホーム画面の下部に表示され、ExpressVPNのブログにリンクされています。ExpressVPNのホームページでアカウント登録してからGoogleプレイストアでアプリをダウンロードする必要があり、動作環境はAndroidバージョン5.0以降です。


Androidアプリでは、LightwayまたはOpenVPNプロトコルから選べます。Lightwayプロトコルはネットワークの切り替えが早く、バッテリー使用量が少ないため、スマホに適しています。AndroidでLightwayを利用できるのは素晴らしいでしょう。また、Androidでは、他のアプリやサイトへのショートカットを最大5個作成できます。Androidアプリはパソコン用アプリとほぼ同じで、Lightwayを選んだところ、モバイルデータとWiFiを瞬時に切り替えられ、高画質でドラマを視聴できました。

残念ながら、iPhoneアプリではスプリットトンネルとNetwork Protection(自動停止スイッチ)が利用できません。また、Androidアプリの下部に表示される保護の概要やヒントもiPhoneアプリにはありません。しかし、サイトやアプリへのショートカットはiPhoneでも利用できます。

幸い、LightwayプロトコルはiPhoneに完全対応しています。以前はβ版でしか利用できなかったのですが、現在は誰でも利用できます。Lightwayに接続したところ、新しいネットワークに1秒以下でログインできました。また、デスクトップアプリと同じように動画配信サービスのアクセス制限を回避し、バッファせずにドラマを視聴できました。IKEv2も利用できますが、Lightwayがおすすめです(UDPよりTCPの方が高速です)。

iOSでは「VPN設定の再インストール」が利用できますが、この機能はAndroidにはありません。トラブルが発生した場合、この機能を使えばアプリ内からVPNを再インストールできます。Androidでは、Googleプレイストアから手動でアンインストールして再インストールする必要がありますが、iOSではアプリを再起動するのが簡単なのです。

iPhoneではアプリストアから加入してインストールする必要があり、動作環境はiOSバージョン12以降が必要です。

まとめると、ExpressVPNのモバイルアプリは素晴らしいでしょう。iPhoneアプリでは、スプリットトンネルや自動停止スイッチがないのが残念です。しかし、iOSアプリでこれらの機能が利用できないVPNは珍しくありません。

今すぐExpressVPNをお試しください!

Chrome、Firefox、Edge、Brave、Vivaldi向けのブラウザ拡張機能

ExpressVPNのブラウザ拡張機能は、追加のセキュリティ機能がいくつかありますが、パソコンでしか利用できません。ChromeとFirefox向けのブラウザ拡張機能が用意されています。Microsoft Edgeでも利用できますが、Chromeウェブストアからダウンロードし、Edgeの設定画面で「他のストアからの拡張機能を許可します」というトグルをオンにする必要があります。BraveやVivaldiでも同じ手順でExpressVPNの拡張機能をインストールできます。

拡張機能はプロキシではなく、アプリのリモコンのような役割を果たします。アプリの全機能を利用できますから、良いでしょう。利用するにはパソコンにExpressVPNをダウンロードしておく必要があります。ブラウザでVPNの接続ボタンをクリックすると、アプリから接続することになります。


ブラウザ拡張機能を使うことで、ブラウザの位置情報が必要なHuluなどのサービスにアクセスできました。Huluは端末のGPSなどで本当の位置を検出しています。そこで、位置偽装をオンにすれば、VPNサーバーの設置場所にいるように見せかけられるため、サイトを利用できるようになります。

拡張機能はWebRTCの漏洩防止にも役立ちます。WebRTCとは、多くのブラウザで有効になっている通信技術のことです。漏洩テストで試したところ、WebRTCの漏洩は検出されませんでした。

ブラウザで安全性を向上するには、「HTTPS Everywhere」を有効にしましょう。HTTPS版のサイト(暗号化を用いた安全なバージョン)がある場合、ExpressVPNは自動でそちらにアクセスします。この設定を有効にした状態で、普段アクセスすることが多い6つのサイトにアクセスしたところ、必ずHTTPSサイトが表示されました。

ブラウザの拡張機能はとても便利ですが、スマホやタブレットで利用できないのは残念です。パソコンではアプリやブラウザを簡単に切り替えられますが、タッチパネルでは操作が面倒なのです。ブラウザ拡張機能はChromebook(ChromeOS)に対応していますが、試したところ、同期のトラブルが発生したのでおすすめしません。また、Safariの拡張機能がないのも残念です。

今すぐExpressVPNをお試しください!

Amazon Fire TV、Nvidia Shield、Android TV向けアプリ

ExpressVPNはAmazon Fire TV、Nvidia Shield用アプリを用意しています。また、Androidのスマートテレビでも利用できます。

Amazon Fire TVではバージョン2以降が必要です。Fire TV Stickに2分以内でアプリをインストールできました。普通のアプリと同様に、Amazon AppStoreからアプリをダウンロードできます。

Android 2以降であれば、Play StoreからAndroid TVにアプリをダウンロードできます。アプリはストアからダウンロードできますが、ExpressVPNのホームページで加入しなければサービスを利用できません。

スマートテレビやストリーミング端末に直接アプリをダウンロードできるVPNは珍しいでしょう。これはExpressVPNの魅力の1つだと言えます。ExpressVPNならAmazonやAndroid TVの地域をとても簡単に変更できます。

MediaStreamer:Xbox、プレイステーション、ニンテンドー、Apple TV、スマートテレビなどに対応

MediaStreamerというスマートDNSを使うと、一般的にVPNに対応していない端末(ゲーム機やスマートテレビなど)でもVPNを利用できます。

ただし、MediaStreamerはストリーミング専用であり、VPNとは別物です。位置を切り替えることはできません。アメリカの最適化されたサーバーに端末を接続することで、アメリカの動画配信サービスにアクセスする機能なのです。

また、ExpressVPNのプランでは5台の端末を接続できますが、MediaStreamerを利用すると1台接続したと見なされます。また、MediaStreamerでは通信が暗号化されず、IPアドレスを隠せませんから、VPNアプリのようなセキュリティ対策にはなりません。逆に、通信を暗号化しないので速度は低下しません

PS4にMediaStreamerを5分以内で設定できました。ExpressVPNにIPアドレスを登録するだけです。MediaStreamerのIPアドレスが表示されますから、プレイステーションのネットワーク設定に入力したら完了です。


私はアメリカに住んでいるので、MediaStreamerでブロックを解除できるサイトはVPNがなくてもアクセスできます。そこで、MediaStreamerが本当に役立つのか確認するために、ブリュッセルの同僚にVPNを試してもらいました。その結果、MediaStreamerをPS4に導入したところ、Hulu、HBO Max、Amazonプライムビデオ、アメリカのNetflixにアクセスできたそうです。

通常はVPNに対応していない端末ではMediaStreamerを使えばお好きな動画配信サービスを楽しめます。しかし、VPNのすべての機能を使って通信の安全性を守りたい場合はルーター専用アプリがおすすめです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

ルーター専用アプリ

ExpressVPNはルーター用アプリがあり、一部のデバイスでは手動設定も可能です。ExpressVPNが一層使いやすくなり、素晴らしいでしょう。ルーター用アプリがここまで優れているVPNはほとんどありません。

ルーターにアプリをインストールする利点はいくつかあります。まず、VPNソフトに対応していない端末を含め、ホームネットワークに接続している端末をまとめて保護できます。スマートテレビやゲーム機、ChromecastやRokuなどのストリーミング端末も保護できるわけです。さらに、ルーターにVPNをインストールしておけば、何台でも端末をVPNに接続できるようになります。

また、自動停止スイッチやスプリットトンネルなどの機能も利用できます。インタラクティブなセットアップガイドがとても便利で、10分以内で設定が完了しました。Asus、Linksys、Netgearのルーターであれば、ほとんどの機種でExpressVPNのアプリを使用できます。

また、最近のアップデートでは、ルーターでより簡単にサーバー地点を切り替えられるようになりました。自動アップデート機能も新登場し、手動でアップグレード・アップデートしなくて済みます。インフラに関して、セキュリティ対策を強化するためにOpenSSLバージョン1.1.1kが実装されています。新しいLinksysのWi-Fiドライバも導入され、安定性が増しました。さらに、Lightwayプロトコルの最新バージョンもルーターで使用できます。

Asus、D-Link、DD-WRT、NetdumaなどルーターにはExpressVPNを手動でインストールできます。ただし、手動設定は面倒ですし、IPアドレスを変更するだけです。手動設定やルーターアプリの操作はブラウザで行います。

ExpressVPNがインストール済みのルーターを購入するのが一番手っ取り早いでしょう。ExpressVPNのホームページを見ると、ファームウェアが設定済みのルーターが掲載されています。


ルーターのファームウェアをExpressVPNのファームウェアにすることも可能です。ただし、保証が無効になったり、端末が破損する可能性があるので注意が必要です。専門知識がない場合はおすすめしません。

最後に、MediaStreamerを使うと、アメリカのストリーミング用サーバーにルーターを接続できます。ただし、この方法では通信が暗号化されませんから、ルーターをVPNサーバーに接続したい場合はアプリをご利用ください。

今すぐExpressVPNをお試しください!

接続台数:5 台まで同時に接続

5台の端末を同時にExpressVPNに接続しても、パフォーマンスが落ちることはありません。ちなみに、ルーターにExpressVPNを導入すれば、何台でも接続できるようになります。

この機能を試すため、ノートパソコン、デスクトップパソコン、iPhone、AndroidのスマホにExpressVPNをセットアップしました。『Doom Eternal』というマルチプレイヤーゲームをプレイしながら、4種類の動画配信サービスにアクセスできました。画質の低下やバッファなどはなく、ゲームの速度も低下しませんでした。多数の端末を同時にExpressVPNに接続しても、パフォーマンスは低下しないということが分かりますね。

価格

9.2
アドバイス:すべてのページに3か月間無料キャンペーンが表示されるわけではありませんが、一番お得な価格は無料トライアルのページに掲載されています。ぜひご覧ください。

15か月プラン
$6.67 /月
6か月プラン
$9.99 /月
1か月プラン
$12.95 /月

ExpressVPNは長期契約がお得ですが、月払いのプランでもお金を払う価値はあるでしょう。

確かに、ExpressVPNより安い高性能VPNはたくさんありますし、ExpressVPNは詳細設定が少なめです。しかし、ExpressVPNはかなり性能が高いため、割高でもお金を出す価値があります。通信速度、信頼性、カスタマーサポート、セキュリティ対策の面で、他社のVPNより優れているのです。

ExpressVPNは3つの料金プランがあり、プランはそれぞれ契約期間が異なるだけで、サービス内容は同じです。他社サービスだと、安いプランは一部の機能しか利用できないことがあります。

今のところ、ExpressVPNは1か月プラン、6か月プラン、1年プランを提供しています。一番安いプランは月額$6.67/月 49% 割引が適用されますから、かなりお得でしょう。

支払い方法に関して、ExpressVPNはVisa、Mastercard、PayPal、Qiwi Wallet、Maestro、ビットコインでの支払いに対応しています。仮想通貨で支払い、ExpressVPNに加入するためのメールアドレスを作成すれば、完全に匿名で登録できます。

安心の返金保証もありますから、サービスに満足できなければ30日以内に問い合わせて全額を返金してもらえます。試しに、チャットでカスタマーサポートに問い合わせて返金を請求しました。解約したい理由を聞かれ、約12分で返金手続きを開始してくれました。サポートスタッフは返金が届くのに5~7営業日かかると言っていましたが、3日後に全額が返金されていました。


ただし、iPhoneでAppleストアからExpressVPNに加入した場合は例外です。この場合、7日間トライアルが利用できるだけで、満足できない場合は7日以内に返金を請求する必要があります。Appleストアから加入した場合、 30日間返金保証を守る義務はないからです。そのため、ExpressVPNにはホームページから加入するのが賢明です。スマホにアプリをダウンロードしておき、ホームページから加入した後にサインインすれば良いのです。

また、友達を紹介するとさらにお得になります。一緒に加入すれば、2人とも契約が30日分無料で延長されます。アカウント設定の下に、小さなプレゼントのアイコンが表示されますから、友達のメールアドレスを入力しましょう。

今すぐExpressVPNをお試しください!

信頼性とサポート

10.0

24時間年中無休のカスタマーサポートはチャットで親切に対応してくれ、頼りになります。さらに、日本語で問い合わせても、サポートスタッフは翻訳ツールを使ってコミュニケーションをとってくれます。

このレビューを執筆するにあたって20回以上問い合わせたのですが、サポートスタッフは必ず10秒以内で対応してくれました。複雑な質問だと回答を調べるのに2~3分かかることもありましたが、納得いくまで対応してくれたのはとても良いと思います。

例えば、タブレットやChromebookでブラウザ拡張機能を使用することに関して詳しい情報がなかなか見つからないということがありました。そこで、サポートに問い合わせたところ、ほんの数分で詳しく対応してくれたのです。


些細なことですが、チャットがすぐに途切れてしまったのが気になりました。一度、返事を待っている間に数分間パソコンから立ち去ったのですが、戻ってくるとチャットボックスが閉じられていたのです。しかし、再びチャットを始めれば同じ担当者に繋げてもらうこともできますから、大した欠点ではないでしょう。また、アカウント登録してあれば、チャットが途絶えてしまってもメールでやり取りできます。

ExpressVPNのホームページには、よくある質問や日本語のセットアップガイド、動画チュートリアルが豊富に用意されています。サポートスタッフに質問したくない場合はそちらで問題を解決できるはずです。また、チケットやダイレクトメールを送信することもできます(個人的にはチャットの方が便利だと思いますが)。


ExpressVPNのホームページは分かりやすいデザインで、便利な情報が満載です。日本語、英語、スペイン語、フランス語、オランダ語など、16か国語で表示できます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

結論

結論:信頼性、通信速度、セキュリティ対策が非常に優秀で、割高でも買う価値あり

ExpressVPNは私がこれまでテストした中で、最速で信頼性が最高のサービスです。遠くのサーバーで通信が速くなることもあり、バッファせずHD画質で動画を視聴できました。また、動画配信サービスのブロックも確実に解除できます。多数の動画サイトを試しましたが、すべて瞬時に読み込むことができました。

セキュリティ対策もExpressVPNは最高クラスです。軍用レベルの暗号化とプライベートDNSサーバーにより、データ漏洩は一切ありませんでした。さらに、ExpressVPNは厳格なログなし方針があり、プライバシー保護に有利な英国領ヴァージン諸島に本社を置いています。安心してデータを任せられる、信頼度の高いVPNサービスなのです。

今回の調査で見つかった唯一のデメリットは、広告ブロッカーを搭載していないことです。おすすめのVPNサービスはこの機能を提供していることが多いので、残念ですね。しかし、無料で使える高性能の広告ブロッカーはたくさんありますから、大した欠点ではないでしょう。

まとめると、ExpressVPNはVPNを検討している方にぜひ試していただきたいサービスです。料金を払う価値は間違いなくあります。

jo4moAR7jbY
imgur-jo4moAR7jbY
  • 圧倒的な高速通信で、バッファせず快適にストリーミング
  • Netflixなどの動画配信サービスのブロック解除におすすめ
  • 94か国に 3,000台のサーバーがあり、充実したサーバーネットワーク
  • 軍用レベルの暗号化と自動停止スイッチでデータを保護
  • 厳格なログなし方針
  • さまざまな端末向けのアプリがあり、ルーター用アプリも
  • Lightwayという独自プロトコルは超高速で、モバイルに最適
  • カスタマーサポートは24時間年中無休対応。チャットも可能
  • 30日返金保証付き
  • 今すぐ ExpressVPN を始めよう

ExpressVPNに関してよくある質問

ExpressVPNを使えば日本でもアメリカなどのNetflixを視聴できますか?

はい。ExpressVPNに接続すると、世界各国のNetflixにアクセスできます。今回の調査では20か国のNetflixを利用できました。他にも、Disney+、Hulu、BBC iPlayerなどあらゆる動画配信サービスを楽しめます。アクセスできない動画配信サービスは見つからなかったのです。多数の動画サイトを試したところ、すべてアクセスでき、速度が低下せず、HD画質で動画を視聴できました。さらに、ExpressVPNのMediaStreamer機能を使えば、あらゆる端末でNetflixを視聴できます。

ExpressVPNの対応端末は?

インターネットに接続できるすべての端末でExpressVPNを利用できます。

以下の端末ではアプリを使用できます。

  • パソコン
    Windows 7以降、macOS 10.10以降、Linux(Ubuntu、Fedora、Arch、Raspbian)
  • iPhone・iPad
    iOS 12以降
  • Androidのスマホ・タブレット
    Androidバージョン2以降
  • 一部のルーター
    Asus、Linksys、Netgear
  • Android TV
  • Amazon Fireデバイス
    Fire TV、タブレット、Fire Stick
  • Nvidia Shield

ExpressVPNをルーターに設定すれば、そのWi-Fiに接続しているすべての端末が保護されます。Chromecast、スマートホーム機器、すべてのスマートテレビがVPNに接続できるわけです。

また、MediaStreamer機能では以下の端末を接続できます。

  • ゲーム機
    Xbox、Xbox One、PS4、PS5、Wii U、Nintendo Switchなど
  • スマートテレビ
    Samsung、Vizio、Sony、LGなど
  • ストリーミング端末
    Apple TVやRokuなど
  • ルーター
    ExpressVPNのアプリに対応していない機種

無料でExpressVPNを利用できますか?

無料プランはありませんが、一部の端末で無料トライアルを利用できます。しかし、無料トライアルよりExpressVPNの返金保証がおすすめです。.

パソコンでは無料トライアルは中止されていますが、iPhoneとAndroidでは現在も7日間無料トライアルが利用できます。しかし、30日返金保証が利用できなくなるため、おすすめしません。また、トライアルが終了する24時間前までに解約する必要があります。さらに、無料トライアルの手続きを行うのはAppleやGoogle Playストアなので、24時間年中無休のExpressVPNのサポートに問い合わせても返金してもらえません。

ExpressVPNの料金は?

ExpressVPNのプランは月額$6.67/月ドルから加入できます。短期プランは長期プランより割高ですが、年間プランを選ぶと、月払いのプランより49%お得になります。 満足できなければ、30日以内に返金を請求できますから、年間プランがおすすめです。

ExpressVPNを解約するのは簡単ですか?

はい。満足できなければ、簡単に解約できます。ExpressVPNはサービスを30日間試せる返金保証期間があります。満足できない場合、保証期間内に問い合わせれば全額を返金してもらえます。試しに、返金を請求してみたところ、わずか12分でカスタマーサポートに返金を処理してもらえました。3日後、口座に全額が払い戻されていました。

ExpressVPNは日本でも安全ですか?

はい。軍用レベルの暗号化、高度なセキュリティ機能、厳格なログなし方針などがあるExpressVPNは安全性が高いのが特長です。AES 256ビット暗号化では、データを解読するための鍵が78桁と非常に長いため、スーパーコンピュータを使っても解読できません。また、自動停止スイッチにより、VPNサーバーとの接続が途切れた場合もIPアドレスが公開されません。 さらに、ExpressVPNはユーザーの位置情報やネットの利用状況に関するデータを一切保持しません。実際、ユーザーデータを記録していないことが2017年に実証されています。トルコ政府がExpressVPNのサーバーを押収したのですが、サーバーにはデータがまったくなかったのです。

また、ExpressVPNの本社は英国領ヴァージン諸島にあるのも安全性が高い理由の1つです。この国はデータ保持法がなく、14アイズ同盟にも加盟していませんから、国民や企業の情報の共有を強いられないのです。英国領ヴァージン諸島は英国の属領ですが、全く別の法律で規制されています。

中国でもExpressVPNを利用できますか?

はい。ExpressVPNは中国でご利用いただけます。ExpressVPNは香港にサーバーを設置しており、中国のテレビを視聴するために役立ちます。また、ExpressVPNはにおすすめのVPNの1 つとして評価されています。しかし、中国政府はExpressVPNを規制しているため、中国国内で利用する場合は条例や規制を確認しましょう。なお、中国政府はVPNの利用者を特定して処罰するのではなく、許可されていないVPN技術をブロックして規制を行っています。また、中国に旅行する場合は、入国前にVPNをインストールしておくのが得策です。

ExpressVPNを使うと通信が遅くなりませんか?

VPNに接続すると通信がいくらか遅くなってしまうものです。通信を暗号化し、VPNサーバーに経由させるという仕組みにより、一定の遅れは避けられません。しかし、ExpressVPNで近くのサーバーに接続したところ、ダウンロード速度は1.5%しか遅くなりませんでした。 ほとんどのVPNは速度が大幅に低下しますから、1.5%しか低下しなかったのは驚異的です。スピードテストでは、シカゴや東ロンドンなど、普段より通信が速くなったサーバーもありました。

ExpressVPNに接続して通信が遅くなっても、ネットの利用体験に影響するほどの遅れではないでしょう。

返金保証 (日数) : 30
モバイルアプリ :
ライセンスごとの端末数 : 5
VPN プラン www.expressvpn.com

ExpressVPN ユーザーレビュー

9.7
以下に基づいています: 1333 レビュー / 29 言語 中の
Kaoru Omiya
高速で満足しています アドオンも多くのブラウザに対応 - 10
Kaoru Omiya

以前は他の非常に安いVPNを使っていましたが、速度が大幅に下がりかつ不安定なので使い物になりませんでした。ExpressVPNにしてスピードテストをしてみても、VPN接続前とほとんど変わらない速度が出ているので非常に満足しています。速度の減衰はまったくないわけではないですが、気にならない程度のごくわずかです。ルノワールなどの公衆Wifiを使って仕事するときなどに重宝しています。設定から接続まで簡単ですし、ブラウザのアドオンもいろいろなブラウザに対応しているので、1年間使用してみて特に不満な点は見つかりませんでした。

匿名
使いやすく、スピードが速いです easy to use and fast speeds - 10
匿名

今までVPNサービスを複数使いましたが、expressvpnがダントツ使いやすく、スピードも速いです。殆どは海外(主に米国)の動画サイトで使ってますが、iphone, Android, Macのアプリで利用しています。値段は他のサービスと比べて少し高いですが、使いやすさを考えたらコストパフォーマンスもいい方だと思います。ここ一年間express vpnを使ってますが、今まで接続、スピードの問題は一度もありません。毎日安心して利用してます。

Slimshadyjapan
Very reliable service - 10
Slimshadyjapan

普段のインターネットブラウジングで使用しているものです。 良かった点としては、インターフェースがすごく分かりやすく、かつ初心者である自分にとっても操作が簡単なことです。 また、以下にも書いてありますが、一部遅い国があるものの、しっかりと見極めた上で接続先の国を選択すれば、安定した速度が得られ、非常に快適です。 悪かった点としては、繋がる先の国(例えばアメリカなど)によって、回線速度がかなり遅かったりすることがあり、しっかりとどの国が一番安定するか、試す必要があります。

ExpressVPNと他のおすすめVPNを比較しましょう

9.5
9.3
9.1
9.1
この記事は役に立ちましたか? 0 0
申し訳ございません。
(最低文字数 10文字)
独占割引キャンペーン
3か月分無料
ランキングトップのVPN
期間限定

00

00

時間

00

00

ExpressVPNをゲットする
30日返金保証付き
Image Alt Text - Vendor Logo expressvpn - devices