当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

Torrentにおすすめの安全なVPN 6選│高速!2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月20日 編集主任

Torrentをダウンロードすると、ネット上のさまざまな脅威にプライバシーが脅かされ、データが公開されるため、VPNの使用は必要不可欠です。安全と主張するVPNが多いなか、期待通りにデータを守れなければ、大変なことになってしまいます。また、Torrent対応VPNを選ぶ際は、大容量ファイルを短時間でダウンロードできるよう、通信速度も重視したいものです。

今回の調査では80社のVPNを徹底検証し、Torrentにおすすめのサービスを厳選しました。ここで紹介するVPNは優れたセキュリティ機能でデータを守り、ノーログポリシーを遵守していることが証明されています。どれも通信が速く、帯域使用量が無制限なので、効率的にファイルをダウンロードできます。

TorrentにはExpressVPNが一番おすすめです。ExpressVPNのセキュリティ機能とプライバシー機能は非常に優秀で、安心安全にトレントを行えます。これまで検証したなかで最速のVPNでもあり、大容量ファイルも数分でダウンロードできます。安心の30日間返金保証もありますから、 ExpressVPNでTorrentをダウンロードしましょう。満足できなかった場合、簡単に返金を受けられます。

TorrentにExpressVPNをお試しください >>

【注意】Torrentは大半の国で合法ですが、多くのTorrentファイルは著作権で保護されています。当サイトではプライバシーを支持していますが、著作権侵害は絶対にいけません。ダウンロードを行う前に、お住まい国の法令を必ず確認してください。

プロ厳選!2024年におすすめのTorrent向けVPN

  1. ExpressVPN:P2Pに一番おすすめのVPN。プライバシー保護がしっかりしており、軍レベルのセキュリティ機能も。ダウンロード速度が最速なのもポイントです。30日間返金保証がありますから、トレントアプリを利用する際の性能を試すことができます
  2. CyberGhost:Torrent専用サーバーがあり、P2Pファイル共有を行う際にいつも最高のパフォーマンスが期待できます。
  3. Private Internet Access:カスタマイズ可能なセキュリティ機能が多く、Torrentの通信を柔軟に調整できます。
  4. NordVPN:脅威対策が広告やトラッカー、マルウェアをブロックし、トラッカーサイトで悪質なコンテンツを阻止します。
  5. Surfshark:接続台数が無制限なので、多数のデバイスでTorrentやストリーミング、ゲーム、ブラウジングをしたい大家族にピッタリ。
  6. IPVanish:SOCKS5プロキシ機能がP2Pダウンロード速度を改善します。

TorrentにおすすめのVPN — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:最速のP2P対応VPNで、強力なプライバシー・セキュリティ機能を搭載

注目ポイント プライバシーをしっかり守り、高度なセキュリティ機能も
Torrentを利用する際の使いやすさ とても簡単
セキュリティ RAMのみのサーバー(TrustedServer)、不正サイトブロッカー(Threat Manager)、パーフェクトフォワードシークレシー
平均速度 近距離サーバー:4%の速度低下、遠距離サーバー:10%の速度低下
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメールサポートがあり、自動翻訳ツールを使ってやり取りできる。ヘルプセンターあり

ExpressVPNのノーログポリシーは監査されており、The Pirate BayなどのトラッカーサイトへのアクセスやTorrentのダウンロードなど、オンラインアクティビティは一切記録されません。本拠地は英国領ヴァージン諸島で、5・9・14アイズ同盟(データ共有を行う多国間協定)の管轄外です。他社VPNはデータを保存できるハードドライブ型サーバーを採用していることが多いですが、ExpressVPNのサーバーはRAMのみで実行されているため、再起動のたびにすべてのデータが自動的に消去されます。

Screenshot from ExpressVPN's website explaining how its RAM servers protect user privacyトレントアクティビティは一切記録されません

ExpressVPNは強力なセキュリティ機能があり、Torrentをダウンロードする際に個人情報が公開されるのを防いでいます。軍レベルの暗号化とパーフェクトフォワードシークレシーを組み合わせているため、データを傍受されるのはほぼ不可能です。

ファイル共有の際に心配なのはデータの盗聴だけではありません。ランサムウェアやスパイウェア、トロイの木馬など、Torrentサイトにはウイルスとマルウェアが蔓延しているのです。幸い、ExpressVPNの「Threat Manager」は、Torrentをダウンロードする際に悪質なファイルやサイトをブロックしてくれます

ExpressVPNの全3,000台のサーバーがTorrentに対応しており、日本サーバーでもTorrentが可能です。特殊サーバーを探す手間を省けますし、混雑したサーバーに接続されてラグが発生する心配はありません。また、近くに多数のサーバーがあるはずですから、大容量ファイルを高速でダウンロードできます。

スイスサーバーに接続したところ、通信速度は120.15Mbpsとなり、接続前と比べて4%しか低下しませんでした。1,000キロ以上離れたサーバーでここまで高速なのは驚異的です。4GBのTorrentファイルを5分以内にダウンロードできました

ExpressVPNはスピードとセキュリティの観点で第1位のVPNなので、Torrentに最適です。性能が良いのでコストが高めなのは驚きではありませんが、長期プランを選べば大幅割引が適用されます。加入したところ、短期プランより49%オトクでした。

返金保証を守っていることも確認済みです。ExpressVPNを試用して期待通りではないと感じた場合、30日以内に問い合わせれば全額を返金してもらえます。24時間年中無休のライブチャットで返金をリクエストしたところ、すぐに承認され、5日後に口座に振り込まれていました。

便利な機能

  • 独自のLightwayプロトコル。ExpressVPNは、個人向けVPNに必要のないコードを取り除き、軽量・高速・安全なLightwayプロトコルを開発しました。大容量のTorrentファイルをダウンロードするのにピッタリです。
  • スプリットトンネリング。VPNから除外するアプリを指定できる機能で、Torrentのためにより多くの帯域を確保できます。VPNに接続されていなければトレントアプリを使えないように設定することも可能です。ネット検閲が厳しい国で身を守るのに役立ちます(macOS 10以降では利用できません)。
  • 必須のセキュリティ機能を搭載。IPアドレス・DNSの漏えい対策とキルスイッチ(Network Lock)がTorrent利用時にデータ流出を防ぎます。漏えいテストを実施したところ、データ漏えいは検出されませんでした。
  • 同時接続数。ExpressVPNのアカウントが1つあれば、同時に8台のデバイスでTorrentをダウンロードできます。ルーターに設定すると、自宅のすべてのデバイスが保護されます。
2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:P2P専用サーバーで高速かつ安全にTorrentが可能

注目ポイント 高速かつ安全にTorrentをダウンロードできるように最適化された特殊サーバー
Torrentを利用する際の使いやすさ 簡単
セキュリティ NoSpyサーバーでプライバシーを強化
平均速度 近距離サーバー:4%の速度低下、遠距離サーバー:22%の速度低下
アプリは日本語に対応 〇(macOS、iOS、Android)
日本語のカスタマーサポート ライブチャット、メール、ヘルプセンター

CyberGhostはTorrentをダウンロードするために最適化された特殊サーバーを提供しています。日本にもTorrent専用サーバーがあり、高性能です。パフォーマンスを改善するために継続的にメンテナンスが行われています。[ダウンロードのため] > [スイス]の順にクリックしてサーバーに接続したところ、速度は基準値から5%しか低下しませんでした。一般サーバーもTorrentに対応していますが、スピードテストで速度はあまり一貫していませんでした。

Screenshot showing the CyberGhost app with CyberGhostのアプリに各サーバーの負荷率が表示されるため、最速のTorrent用サーバーを簡単に見極めることができます

NoSpyサーバーは、ネット検閲が厳しい国でTorrentを利用する際にプライバシーを強化するのに役立ちます。NoSpyサーバーはCyberGhostが所有しているサーバーで、14アイズ同盟の管轄外であるルーマニア本社で管理されているため、第三者に干渉されるリスクはありません。NoSpyサーバーはすべてTorrentに対応していますが、検証では一般サーバーより約35%遅いことが分かりました。

Smart Rules(スマートルール)を活用して、Torrentの通信が常にVPNで保護されるように設定することも可能です。トレントサイトを閲覧したり、トレントアプリを開いたりする前にVPNをオンにするのを忘れたとしても、データが危険にさらされることはありません。WiFiの通信を検出し、VPNがどのように反応するか設定しておくわけです。

1つのアカウントで最大7台のデバイスを同時に接続できます。ノートパソコンでTorrentファイルをダウンロードしながら、ほかのデバイスでもVPNを使って動画視聴やブラウジング、ゲームなどを行えるわけです。

長期プランに加入すると、安心の45日間返金保証が適用されます。一方、短期プランは14日間返金保証付きです。

便利な機能

  • コンテンツをブロック。トレントサイトに多いマルウェアや危険なコンテンツをブロックする機能です。
  • 安全なプロトコル。WireGuardは業界最速クラスのオープンソースプロトコルで、デスクトップパソコンでTorrentをダウンロードする際におすすめです。IKEv2はデータソースの切り替えが得意なので、モバイル端末でTorrentをダウンロードするのに向いています。
  • プライバシー保護に適している。CyberGhostのサーバーはRAMのみで実行されており、ノーログポリシーを順守しているのでユーザーデータを一切追跡されません。トレントアクティビティのプライバシー保護は万全です。
  • 必須のセキュリティ機能を搭載。内蔵されているキルスイッチとデータ漏えい対策機能がTorrent利用時もデータを守ります。設定を変えなくても使い始めることが可能です。
2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Private Internet Access:セキュリティ設定をカスタマイズでき、Torrentに最適な接続に

注目ポイント さまざまな設定を変更でき、Torrentに適したVPN接続に
Torrentを利用する際の使いやすさ VPN初心者にはやや困難
セキュリティ RAMベースのサーバー、漏えい対策、2つのプロトコル(WireGuardとOpenVPN)
平均速度 近距離サーバー:5%の速度低下、遠距離サーバー:44%の速度低下
アプリは日本語に対応
中国語のサポート ヘルプセンター

Private Internet Access(PIA)は変更できる設定が多く、Torrentに適したVPN接続にカスタマイズできます。256ビット暗号化(通信は遅め、より安全)から128ビット暗号化(安全性は低め、より高速)に切り替えられます。キルスイッチも2つあります。高度なキルスイッチはPIAが無効になっていても動作するので、Torrentを始める前にVPNに接続し忘れても安心です。

Screenshots of the PIA Settings menu with Multi-Hop selectedマルチホップ(ダブルVPN)は、データを2か所のサーバーに転送してプライバシーを強化します

PIAは、Torrentの通信速度を改善するのに便利なポートフォワーディング機能もあります。ポートをトレントアプリに転送することで、ネットワークの制限を回避し、ダウンロード速度を改善できるのです。

PIAがトレントに役立つ最大の理由は、巨大サーバーネットワークを構えていること。91か国に29,650台のサーバーがあります。PIAのすべてのサーバーがTorrentに対応しており、もちろん日本サーバーでもTorrentが可能です。適切なサーバーに接続できないという心配はありません。

PIAの本拠地がアメリカ(5アイズ同盟の加盟国)なのは心配ですが、ノーログポリシーを守っていることが証明されていますから、データを記録されることはありません。また、ユーザーログやメタデータを保存していないことが独立監査で確認されています。

PIAの30日間返金保証を試したところ、返金手続きは簡単でした。カスタマーサポートに返金をリクエストしたところ、翌日に口座に振り込まれていました。

便利な機能

  • 複数のデバイスを接続できる。同時に無制限のデバイスを接続し、Torrentやその他のオンラインアクティビティを楽しめます。
  • PIA MACE。トレントサイトに潜むトラッカーやマルウェアをブロックする機能です。
  • スプリットトンネリング。アプリとサイトがVPN接続を必ず使うか、VPNから除外するか選べます。検証では、TransmissionとuTorrentは必ずVPNを使うように設定し、ChromeブラウザはVPNから除外しました。
  • インターフェースをカスタマイズできる。最小化、最大化、サーバー、設定ビューから選べます。詳細ビューにすると、Torrentをダウンロード中に下り速度や上り速度など、さまざまなデータを閲覧できます。
2024 2月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

4. NordVPN:脅威対策がTorrent利用時にマルウェアに感染したファイルを阻止

注目ポイント 「脅威対策」が広告やマルウェア、トラッカーをブロック
Torrentを利用する際の使いやすさ 簡単
セキュリティ 漏えい対策、RAMベースのサーバー、キルスイッチ、256ビット暗号化
平均速度 近距離サーバー:8%の速度低下、遠距離サーバー:22%の速度低下
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート 自動翻訳付きライブチャット、メールサポート、ヘルプセンターあり

NordVPNがTorrentに向いている理由はたくさんありますが、最大の魅力はアプリに搭載されているブロッカー機能です。「脅威対策」がトレントサイトで広告や悪質なコンテンツをブロックしてくれるのです。他社VPNの広告ブロッカーとは違い、NordVPNの脅威対策はVPNがオフになっていても動作し、デバイス上の既存の脅威も削除できます。一方、「Lite版」はVPNを使用中しか動作しません。

NordVPNのP2Pサーバーは、Torrent向けに最適化されているため、高速で安定した接続を確立できます。特殊サーバーは50台以上あり、日本のP2Pサーバーも利用可能です。CyberGhostより少ないものの、平均速度を比較するとNordVPNのほうが4%高速でした。NordVPNのサーバーはすべてTorrentに対応していますが、一般サーバーの下り速度は一貫していませんでした。

スピードとセキュリティを優先して開発されたNordVPNの独自プロトコル「NordLynx」も利用できます。NordLynxの基盤にあるのは、WireGuardプロトコル。高速ですが、セキュリティの脆弱性があります。NordVPNはその脆弱性を修正することで、高速で安全な接続でTorrentができるようにしたわけです。

NordVPNの本拠地は、データ保持法のないパナマです。また、厳格なノーログポリシーがあり、何度も監査されています。Torrentをダウンロードする際、NordVPNで個人情報をしっかり守れることが分かりますね。

NordVPNのチャットサポートは必ずしも担当者とやり取りできるわけではなく、チャットボットが応じることもあります。しかし、メールサポートもあり、いつも12時間以内に返信してくれました。アプリはとても使いやすいので、問い合わせなければならないことはほとんどありませんでした。

30日間返金保証がありますから、NordVPNをリスクなしで体験できます。また、各プランで同時に6台のデバイスを接続できます。

便利な機能

  • メッシュネットワーク。この機能を活用すると、暗号化された接続で遠隔からデバイスにアクセスできます。トレントサイトがブロックされている場所でも、自宅のパソコンに接続してTorrentを行えます。遠隔から映画をダウンロードし、再生できるわけです。
  • プリセット。トレントサイトやアプリに適した設定をあらかじめ作成し、サーバー一覧からワンクリックでアクセスできるようにするのがプリセットです。現在はmacOSでのみ利用可能ですが、サポート担当者によると、ほかのOSでも開発が進んでいるそうです。
  • 通信速度を改善する機能。スプリットトンネリングでは、VPNから除外するブラウザやアプリを選ぶことができ、大容量のTorrentファイルをダウンロードするための帯域を増やすのに役立ちます(Appleアプリでは利用できません)。NordVPNなら、トレントアプリがSOCKS5プロキシ接続を使うように設定することも可能です。
  • Dark Web Monitor。NordVPNはデータが漏えいしていないか継続的にモニタリングしてくれます。トレントサイトまたはトレントアプリのセキュリティ事故でメールアドレスが漏えいした場合、通知が届き、すぐに手を打てます。

5. Surfshark:接続台数が無制限。すべてのTorrentデバイスを保護できる

注目ポイント 同時接続数は無制限
Torrentを利用する際の使いやすさ 簡単
セキュリティ キルスイッチ、漏えい対策、IPアドレスの自動交換、256ビット暗号化、パーフェクトフォワードシークレシー
平均速度 近距離サーバー:4%の速度低下、遠距離サーバー:16%の速度低下
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応

Surfsharkなら、無制限のデバイスを接続してTorrentをダウンロードできます(もちろん、ほかのアクティビティのために使うことも可能です)。1つのアカウントでデバイスを何台でも接続できますから、家族全員でSurfsharkを利用できます。

3,200台の高速サーバーがあり、すべてTorrentに対応しています。通信はいつも速く、接続も安定しているので、妨げなく簡単にファイルを共有できます。日本を含む100か国にサーバーが用意されており、世界中のコンテンツにスムーズにアクセスできます。

Screenshot showing the Surfshark app connected to a server in Switzerland over a browser showing listings on 1337Torrentには、プライバシー保護法が厳しいスイスサーバーがおすすめです

Surfsharkには、広告とトラッカーを防ぐCleanwebというブロッカー機能が搭載されています。トレントサイトは有害なコンテンツが多いので、ファイル共有する際は特にCleanwebが便利です。Cleanwebを使えば、ブラウジングやダウンロードをしても脅威から身を守れます。

Bypasser(スプリットトンネリング)でTorrentの帯域を確保することも可能です。特定のアクティビティをVPNから除外し、下り速度を改善できるのです。ただし、今のところmacOSでは使えません。

30日間返金保証を活用してSurfsharkを体験しましょう。自分に合わないと感じた場合、簡単に返金してもらえます。試したところ、5日以内に口座に振り込まれていました。

便利な機能

  • プライバシー保護がしっかりしている。ExpressVPNと同様、SurfsharkもRAMのみのサーバーを採用しており、ノーログポリシーは監査済みです。とは言え、本拠地は9アイズ同盟の加盟国であるオランダです。プライバシーを重視したい場合、最適とは言えません。
  • WireGuardプロトコル。高速でダウンロードしたり、動画を視聴したりできるよう、業界最先端のオープンソースプロトコルに対応しています。
  • クイック接続。ワンクリックで接続できるように設定できます。最速のロケーション、一番近いロケーション、Torrentに適したロケーション(スイスなど)を選べます。
  • MultiHop。マルチホップ(ダブルVPN)では、2つの国のサーバーにデータを経由させます。ネット検閲が厳しい国で安全にTorrentをダウンロードするのに役立ちます。適切な国の組み合わせが見つからない場合、カスタムで作成することもできます。

6. IPVanish:SOCKS5プロキシでダウンロード速度を高速化

注目ポイント すべてのアカウントでSOCKS5プロキシを無料で利用可能。下り速度を改善できる
Torrentを利用する際の使いやすさ 簡単
セキュリティ 難読化(Scramble機能)、IPv6の漏えい対策、自動再接続、キルスイッチ
平均速度 近距離サーバー:5%の速度低下、遠距離サーバー:28%の速度低下
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応

IPVanishでは、VPNの代わりにSOCKS5プロキシを使えます。VPNより高速で、Torrentのために設計されています。大半のトレントアプリに2分で設定でき、ローケーションを変更するのも簡単です。ただし、データは暗号化されないので、プライバシーを守りたい場合はSOCKS5プロキシは使わないほうがよいでしょう。

Screenshot showing the Preferences panel on the Deluge torrent client, with IPVanish's SOCKS5 proxy configurationsIPVanishでは、主なトレントアプリとFirefoxでSOCKS5プロキシを設定できます

他社VPNは共用のデータセンターにあるサーバーをレンタルしていることが多いため、第三者に干渉されるリスクがあります。一方、IPVanishはすべてのサーバーを所有しているので、ファイル共有していることを他人に知られません

IPVanishのアプリは使いやすく、Torrentを念頭において開発されています。VPNが初めてでも、主なトレントアプリと連動するように簡単に設定できます。

IPVanishのデメリットは、5アイズ同盟の主要国アメリカに本拠を置いていること。しかし、ノーログポリシーはきちんと監査されていますから、安全にTorrentをダウンロードできます。

30日間返金保証を活用して、IPVanishで大容量のTorrentファイルをダウンロードしましょう。スムーズにダウンロードできなければ、簡単に返金してもらえます。担当者とやり取りする必要はありません。アカウントにログインして「アカウントを解約する」をクリックするだけです。

便利な機能

  • 接続台数は無制限。Surfsharkと同様、IPVanishも同時接続数が無制限です。Torrentや動画視聴、ゲーム、ブラウジングなどを思う存分楽しめます。
  • WireGuardプロトコル。高速でストリーミングしたり、大容量ファイルをダウンロードしたりするために設計された業界最先端のプロトコルを使えます。
  • スプリットトンネリング。VPNから特定のアクティビティを除外すると、Torrentの下り速度を高速化できます。
  • 全サーバーがTorrentに対応。日本を含む75か国以上に2,200台のサーバーがありますから、どこでも気軽にTorrentが可能です。

【比較表】Torrent対応VPNの特徴

VPNを選ぶ際、第一に注目したいのはP2Pに対応しているかということ。P2Pに対応していないVPNもありますし、P2P通信が可能なサーバーが限られていると、P2Pサーバーに多数のユーザーが集中してなかなかダウンロードが進みません。また、Torrentを行う際にネットの脅威から身を守れるよう、強力なセキュリティ・プライバシー機能が備わっているのも大切です。

高速で安全にTorrentをダウンロードするのにおすすめVPNを比較しましょう。大切な機能や特徴を表にまとめました。

一番安いプラン 本拠地はプライバシーに配慮した国? P2Pへの対応 ダウンロード速度 ポートフォワーディング ノーログポリシー 広告・マルウェアの防御力(%) 日本語のアプリ
🥇ExpressVPN $6.67/月 すべてのサーバー(日本サーバーを含む) とても高速 ルーターのみ 監査・確認済み 19%
🥈CyberGhost $2.03/月 すべてのサーバー(日本サーバーを含む)。特殊サーバーあり 高速 × 確認済み 79% 〇(macOS、iOS、Android)
🥉Private Internet Access $2.03/月 × すべてのサーバー(日本サーバーを含む) ふつう 確認済み 81%
NordVPN $3.39/月 特殊サーバー(日本もカバー) 高速 × 監査済み 33%
Surfshark $2.89/月 × すべてのサーバー(日本サーバーを含む) 高速 監査済み 52%
IPVanish $3.25/月 × すべてのサーバー(日本サーバーを含む) 高速 × 監査済み 0% ×

TorrentにExpressVPNをお試しください >>

Torrent向けVPNの選び方

この記事では、次の条件を満たすTorrent対応VPNを厳選しました。Torrent向けVPNを選ぶ際のチェックリストとして参考になれば幸いです。

  • Torrentに対応。すべてのVPNがTorrentを許可しているわけではありませんが、本記事に掲載されているVPNはTorrentが可能です。Torrent専用サーバーを設置している、あるいは全サーバーでP2P共有を許可しているサービスを厳選しました。
  • 高速。P2P向けVPNは、常に高速で帯域使用量が無制限であるべきです。サーバーが高速なら、ファイルをダウンロードする際に速度低下を避けられます。また、SOCKS5プロキシやポートフォワーディングなど、Torrent専用の機能もダウンロード速度を最大化するのに役立ちます。
  • 強固なセキュリティ機能が備わっている。Torrentを利用する際に大切なセキュリティ機能として、軍レベルの暗号化、キルスイッチ、高度なプロトコル、DNS・IPアドレス・WebRTCの漏えい対策が挙げられます。個人情報をしっかり守るVPNを選びましょう。
  • ノーログポリシー。ノーログポリシーがあれば、トレントアクティビティやIPアドレスなどのデータをVPNに絶対に収集・保存されません。ノーログポリシーが外部組織によって監査されていれば、さらに信用できます。
  • 幅広いデバイスで使える。Torrent向けの高品質VPNは、Windows、macOS、Android、iOSなど大半のOS向けのアプリを提供しています。また、同時に複数のデバイスで使えるか確認しましょう。
  • 安心の返金保証付き。返金保証を活用して、VPNの速度やセキュリティ、機能を確認しましょう。この記事では、各社VPNの返金保証を試し、手続きが簡単か、本当に返金してくれるか調べました。
  • しっかりしたカスタマーサポート。トラブルが発生した場合に備えて、サポートチームにいつでも問い合わせられるVPNを選びましょう。日本語でサポートを提供しているのが理想です。メールや電話窓口、よくある質問集、ヘルプセンターなどがあるはずですが、24時間年中無休のライブチャットがあれば質問にすぐに答えてもらえます。

【クイックガイド】3ステップで簡単!Torrentをダウンロードする方法

  1. VPNをゲットします。ExpressVPNがおすすめです。全サーバーがTorrentに対応していますし、最速のプロトコルが利用可能で、使いやすいセキュリティ機能も備わっています。
  2. サーバーに接続してください。スイスのサーバーはプライバシー保護にお勧めです。スピードを重視するなら、あなたの実際の所在地に近いサーバーを選びましょう。
  3. 安全にTorrentをダウンロードしましょう。安全かつプライベートに好きなTorrentファイルをダウンロードできるようになりました。

VPNでより快適にTorrentをダウンロードする方法

  • ポートフォワーディング。この機能を使うと、スウォーム内のより多くのピアに接続できるため、ダウンロード速度が改善されます。VPNの設定でオンにして、生成されたポート番号をトレントアプリの設定に貼り付けましょう。ただし、VPNを使っている場合、セキュリティが損なわれる場合があります。同じIPアドレスを利用しているほかのユーザーとは違うポートを使うことになるため、アクティビティを追跡されやすくなってしまうのです。
  • 通信を高速化。設定を変えて通信速度を改善することもできます。暗号化水準を128ビットに引き下げ、スプリットトンネルを使って一部のブラウザとアプリをVPNから除外しましょう。利用可能な場合、SOCKS5プロキシを使うのもありですね。なお、このように設定を変えると、安全性が若干下がります。とは言え、より高速なプロトコル(Lightway、WireGuard、NordLynx)に切り替えてもセキュリティには影響しません。
  • キルスイッチ。匿名性を守るにはキルスイッチを有効にしておくのが大切です。VPN接続が切れた場合、キルスイッチはネット通信を直ちにブロックし、本当のIPアドレスが漏えいするのを防いでくれます。サーバーとの接続が切れたときだけでなく、VPN接続が少しでも不安定になった場合にキルスイッチが有効になれば、データ漏えいを確実に防げます。
  • IPアドレスをバインドする。安全性を高めるには、IPアドレスをトレントアプリとバインドしましょう。指定したVPNのIPアドレスでなければダウンロードが行われないので、ダウンロード状況とIPアドレスが公開されるのを防げます。スプリットトンネリングを活用してトレントアプリをVPNにバインドする手もあります。
  • 広告・マルウェアブロッカー。広告の多いサイトでセキュリティを強化するために、広告・マルウェアブロッカーが搭載されているVPNもあります。マルウェアブロッカーは、マルウェアに感染したファイルをダウンロードしたり、安全でないポップアップ広告が表示されたりするのを防ぐためにも便利です。ただし、ダウンロードするのは安全が確認されているトレントだけにしましょう。ファイルをダウンロードする前にコメントを読み、感染ファイルやその他の脅威が報告されていないか確認してください。
  • ファイルスキャナ。NordVPNのように、ファイルスキャナが搭載されているVPNを使うと、セキュリティソフトなどのマルウェアツールが検出しなかった感染ファイルをキャッチできる場合があります。Torrentでダウンロードしたファイルを開く前にスキャンを行い、安全を確認してください。

【警告】避けたいTorrent対応VPN

Torrentに対応しなかったり、プライバシーを十分に守らなかったりするVPNは少なくありません。ここでは、知名度の高いVPNのうち、Torrentを行う際に使ってはいけないVPNを3社紹介します。

Hola VPN

Holaの無料VPNでは、P2P通信がブロックされます。また、サーバーネットワークではなくP2Pネットワークを用いて接続を確立するため、不特定多数のユーザーとIPアドレスを共有することになります。通信が暗号化されるのは有料版のみであり、プライバシーポリシーにはユーザーの個人情報を収集していると書かれています。

TurboVPN

Turbo VPNはTorrentを完全にブロックしており、ユーザーデータをほかの組織と共有していることをログポリシーで認めていますから、プライバシーは保護されません。さらに、TorrentのためにTurbo VPNのサーバーを使うと利用禁止となります。キルスイッチもなく、IPアドレスが漏えいする恐れがあるため、危険です。安全にファイル共有するためにはおすすめしません。

OperaVPN

ブラウザでしか動作せず、トレントアプリの通信は暗号化されません。また、アクティビティを記録され、接続プロトコルがはっきりせず、サーバーロケーションに関する透明性が低いのも気になります。

Torrent向けVPNについてよくある質問

VPNを使わなかった場合、Torrentデータはだれに見られますか?

質の高いTorrent対応VPNを使うと、インターネットプロバイダや政府、著作権者、ハッカーなどにユーザーデータを見られるのを防げますプロバイダはTorrentアクティビティをモニタリングし、速度を制限(上限を設ける)ことがあり、著作権侵害を検出した場合、サービスを停止することもあります(当然ですね)。

政府機関と著作権者(およびその代理人)もTorrentデータをモニタリングすることがあり、著作権で保護された素材をダウンロードしたと思われると、訴えられる可能性があります。さらに、Torrentを利用する際に安全なVPN接続を使わなかった場合、ハッカーにデータを盗聴される恐れがあります

VPNを使ってTorrentを行うのは合法ですか?

はい、TorrentのためにVPNを使うのは安全であり、合法ですVPNはネット通信を暗号化し、IPアドレスを隠しますから、監視からオンラインアクティビティを守れます。コンテンツブロッカー機能が搭載されたVPNは、トレントサイトで多いマルウェアを避けるのに役立ちます。

TorrentのためにVPNを使うのは一般的に問題ありませんが、著作権で保護された素材をダウンロードまたは共有するのは違法です。そのようなことをすると訴えられる可能性がありますから、VPNは責任を持って使い、どのようなコンテンツをダウンロードしようとしているのかきちんと調べたうえでダウンロードするか判断してください。

Torrentに最適なVPNプロトコルは?

ExpressVPNのLightwayなど、Torrentには高速なプロトコルを使うのがベストです。ExpressVPNは不要なコードをすべて取り除くことで、データをより高速で処理できるLightwayプロトコルを開発しました。大容量ファイルをダウンロードするのに向いています。軽量なので、モバイルデバイスやノートパソコンのバッテリーも長持ちします。

独自プロトコル以外では、業界最速クラスの「WireGuard」がおすすめです。オープンソースなので、だれでもコードを検証し、脆弱性がないか調べたり、改善を提案したりできます。

Torrent対応VPNが使えないとき対処法は?

VPNの動作が止まった場合、Torrentを停止してください。VPNに接続されていなければ、データが漏えいする恐れがあるからです。次に、下記の解決方法をお試しください。

  • インターネット接続を確認する。インターネット接続が安定しているか、ネットワーク障害が発生していないかチェックしましょう。
  • 別のサーバーを試す。サーバーの不具合が発生している場合、ほかのサーバーに接続してみてください。
  • VPNソフトの更新が必要かチェックする。一流のTorrent対応VPNは、定期的にアップデートして、ソフトウェアの改善と脆弱性の修正に取り組んでいます。最新版のVPNアプリを使っているか確認しましょう。
  • プロトコルを切り替える。どのVPNプロトコルを使用中でも、ほかのプロトコルに切り替えると解決できる場合があります。OpenVPNやIKEv2をお試しください。
  • VPNソフトを再起動する。VPNソフトを再起動するだけで問題を解決できることもあります。
  • ファイアウォールを無効にする。ファイアウォールが有効になっている場合、無効にしてみてください。ファイアウォールがVPNの動作に影響している場合は解決されます。
  • カスタマーサポートに問い合わせる。上記の対処法を試しても問題が解決されない場合、VPNのカスタマーサポートに問い合わせましょう。トラブルシューティング方法を提案してくれるかもしれません。

VPNを使うとTorrentの速度が改善されますか?

場合によります。帯域制御が行われている場合、VPNを使うとTorrentが高速化しますインターネットプロバイダは、Torrentを行っている利用者の通信速度を制限することがあります。それが原因でTorrentの下り速度が遅くなってしまうのです。VPNを使えば制限を回避できますから、ダウンロード速度が改善されます。

また、大半のVPNは数か国にサーバーを設置しています。Torrentが合法で、制限されていない国のサーバーに接続すると、スウォーム内のより多くのピアに繋がり、より高速でダウンロードできるようになります。

公共Wi-Fiやユーザー数が多い場所でTorrentをダウンロードしようとすると、回線混雑のせいで通信が遅くなります。VPNはインターネット接続を暗号化し、ネットワーク上のほかのユーザーからアクティビティを隠すことで速度低下を解消してくれます。さらに、公共Wi-Fi、職場や大学のネットワークなどで行われているメディアの制限を回避するためにもVPNが役立ちます

Torrentに最適な国・サーバーロケーションは?

しっかりしたセキュリティ機能があり、P2P対応サーバーを提供している高品質VPNを使えば、どの国・サーバーロケーションでTorrentをダウンロードしても問題ないはずです。高品質VPNは、安全かつ匿名でTorrentを利用できるように、データや位置情報、個人情報を隠してくれます。しかし、Torrentの違法ダウンロードは絶対にいけません。お住まいの地域の法律に必ず従ってください。

とは言え、Torrentに対して寛容な姿勢をとっている国もあります。例えば、スイスではトレントサイトがブロックされておらず、プライバシー保護法も整っているので、データを保存されても大した問題ではありません。Torrentをダウンロードする際のプライバシーがとても気になるという方はスイスサーバーに接続するとよいでしょう。

スピードを優先したい場合、国内または近隣国のサーバーを選びましょう。サーバーが近いほどデータの移動距離が短くなりますから、通信が速くなります。

Torrent対応VPNはKodiやPopcorn Timeにも使えますか?

はい!P2PにおすすめのVPNは、Popcorn TimeやKodiを利用する際に安全を確保し、パフォーマンスを改善する場合もあります(トレントアプリでファイルをダウンロード・アップロードする際、VPNで通信速度を改善できる場合があるのと同じです)。

Popcorn Timeはトレントをデータソースとしているため、ファイルをダウンロードするときと同じように、P2Pネットワークを通してコンテンツのダウンロード・アップロードが行われます。Kodiのアドオンも、Torrentを用いて動画を配信しています。VPNはデバイスが送受信するすべてのデータを暗号化で保護しますから、このような共有ネットワークで個人情報が公開されることはありません。

しかし、KodiのアドオンとPopcorn Timeで配信されるコンテンツの多くは著作権で保護されているため、ダウンロードしたり視聴したりするのは違法です。VPNを使用するかによらず、そのような素材を視聴するのは法律違反です。当サイトでは違法行為を容認しません。

NATファイアウォールを導入している場合、Torrentは可能ですか?

どのNATファイアウォールを使っているかによります。NATファイアウォールは要求しなかったパケットの受信を防ぐので、Torrentスウォームにアップロードしたり、スウォームからダウンロードしたりできなくなる場合があります。このセキュリティ対策が実装されているネットワークでTorrentを行いたい場合、TorrentにおすすめのVPNを使ってファイアウォールを突破するとうまくいくはずです。

しかし、必ずしもそうとは限りません。本記事で紹介したVPNの多くはNATファイアウォールを内蔵しており、問題なくTorrentを利用できます。特にTorrentを行いたい場合は、セキュリティ設定をカスタマイズできるVPNを選ぶことをおすすめします。そのようなVPNなら、NATファイアウォールにTorrentをブロックされても、ファイアウォールの設定を変えたり、一時的に無効にしたりして解決できます。

TorrentにおすすめのVPNをゲットしましょう

Torrentを利用するとデータを監視されたり、ハッキングの危険にさらされたりします。安全なVPNも、Torrentに対応していなかったり、通信が遅すぎて大容量ファイルをなかなかダウンロードできなかったりします。スムーズにTorrentをダウンロードしつつ、プライバシーを守るには、信用できる高速VPNを使うのが大切です。

Torrentに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。ExpressVPNはセキュリティ・プライバシー機能がしっかりしていますから、安全にTorrentを行えます。サーバーも高速なので、大容量ファイルも短時間でダウンロードできます。安心の返金保証があるので、ぜひお試しください。自分に合わないと感じた場合、30日以内に返金をリクエストしましょう。

まとめとして、TorrentにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
67% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
82% 引き!
当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。