VPNが正しく効果を発揮しないケースは主に2つあります。
1.WebRTC漏れ:VPNを使っていても本当のIPアドレスと位置情報がサイトに送信されてしまうトラブル。
2.IPv6漏れ:一部のサイトに本当のIPアドレスの別バージョンが表示されてしまうトラブル。位置情報が漏洩する原因になるので注意が必要です。
ほとんどのVPNはWebRTCとIPv6を隠してくれますが、漏洩対策がいつも効果的とは限りません。安全性を確保できているかきちんとチェックする唯一の方法はWebRTC・IPv6漏れを確認することです。