情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

IPアドレスを特定されないようにする9つの方法【2021 年】

自由にインターネットを利用したり、個人情報を守るためにはIPアドレスを隠すのが最善の対策方法です。実はIPアドレスを特定されないようにするのはとても簡単なのです。

IPアドレスを偽装したい場面は色々あるでしょう。飛行機のチケットを格安で予約したり、日本で利用できないサイトを閲覧したり、IPアドレスを隠せば様々な可能性が生まれます。他にも、外国のNetflixライブラリやHulu、BBC iPlayerをアンロックしたりでき、日本で視聴できない映画や番組も自由に見られるようになります

また、プライバシーを保護して宣伝会社やハッカーなど、サードパーティに個人情報を知られないようにするためにも役立ちます。

IPアドレスを隠す最善の方法はVPNを利用することです。一番おすすめなのはExpressVPNです。94 か国に 3,000 個のサーバーを用意しているため、25,000件以上のIPアドレスが利用できます。また、30 日返金保証もあるので安心して試すことができます

今すぐExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

クイックガイド: VPNを使ってIPアドレスを隠す方法

  1. VPNを選びましょう。高速で安全なExpressVPNがおすすめです。 ソフトを端末にダウンロード、インストールします。
  2. 接続したい国のVPNサーバーに接続します。
  3. これでIPアドレスを隠せました。匿名でインターネットサーフィンやストリーミングをお楽しみください!

今すぐIPアドレスを特定されないようにしましょう!

IPアドレスとは?

IPアドレスのIPはインターネットプロトコルの頭文字をとったもので、インターネットに接続しているすべての端末を識別する数字とアルファベットの組み合わせです。コンピュータネットワークに接続されている端末はそれぞれ固有のIPアドレスがあります。ただし、Wi-Fiルーターに複数の端末を接続している場合、IPアドレスはすべて同じです。

サイトにアクセスすると、端末はサイトのIPアドレスを使ってサーバーにリクエストを送信します。リクエストしたデータはあなたのIPアドレスを頼りに端末に届くわけです。

IPアドレスには2つの種類があります。IPv4(インターネットプロトコルバージョン4)アドレスは2桁または3桁の数字をピリオドで区切ったものです(例:123.45.67.89)。一方、IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)アドレスはIPv4よりかなり長いのが特徴です。数字だけでなく文字も含まれ、ピリオドではなくコロンで区切られています。

IPv6が登場した経緯として、使用できるIPv4アドレスが減ってきたことが挙げられます。また、Ipv6はIPv4より効率的にルーティングしたりデータを送受信でき、セキュリティ対策も強化されています。

現在使用されているIPアドレスの大半がIPv4です。ISP、ルーター、OSがすべてIPv6に対応していなければIPv6に変更できないため、IPv6に移行するのは困難なのです。残念ながら、今のところほとんどのインターネットサービスプロバイダはIPv6に対応していません

今すぐ自分のIPアドレスを確認したい方は IPアドレス確認ツールをご利用ください。VPNを使わずに、私のIPアドレスを確認してみました。

ExpressVPNのアメリカのサーバーに接続すると、私のIPアドレスもアメリカのものになりました。IPアドレスは無作為に割り当てられているわけではありません。IPアドレスはインターネット番号割当機関という非営利組織によって作られており、5つの地域インターネットレジストリ(RIR)に渡されています。その後、IPアドレスはその地域のインターネットサービスプロバイダに引き渡されます。

そのため、IPアドレスを使うとあなたの位置情報を特定できるのです

パソコンなどの端末がネットの情報にアクセスするにはIPアドレスが必要で、IPアドレスなしではインターネットを利用できません。本当のIPアドレスを隠す唯一の方法は、別のIPアドレスを使用することなのです。

ExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

IPアドレスを隠すメリットは?

サイトにアクセスするときに本当のIPアドレスを見せてしまうと、ネットのプライバシー侵害の原因になり、匿名性も脅かされてしまいます。

IPアドレスを使うとあなたがどこにいるか簡単に知られてしまうからです。かなり正確に位置情報を特定できることもあり、赤の他人にどこにいるか知られるのは恐ろしいですね。ところが、IPアドレスを隠せば位置情報を特定されることはありません。トレントをダウンロードするなど、ネットで法的に微妙なことをする時は特にIPアドレスを特定されないように対策する必要があります。

また、普通にインターネットサーフィンしているだけでも位置情報を知られてしまうのは利用者としては不利です。サイトやサードパーティの宣伝会社はあなたの位置情報を使ってターゲティング広告を表示します。あなたがネットで何をしているかを基に利益を上げようとしているわけです。

例えば、航空会社や旅行会社は利用者のIPアドレスの位置を基に、飛行機チケットの価格を調整しています。場所によって価格が大きく違うのはショックですね。

IPアドレスを隠したいもう1つの理由は、サイトやサービスプロバイダ、政府組織、職場、学校などのネット規制を回避するためです。例えばNetflixはIPアドレスから位置を判定してどのコンテンツを視聴できるか調節しています。

普段は日本のNetflixライブラリしか楽しめませんが、本当のIPアドレスを隠して海外のIPアドレスにすれば、ジオブロック(地理制限)を回避して海外のすべてのコンテンツが見られるようになります

今すぐIPアドレスを特定されないようにしましょう!

IPアドレスを隠す9つの方法

1. VPNを使用する―素早く簡単で安全に隠す方法!

IPアドレスを確実に隠す一番おすすめの方法はVPNを使うことです。トップクラスのVPNサービスに加入し、ソフトをダウンロードするだけで素早くVPNサーバーに接続できます。海外のVPNサーバーに接続すると、その国の仮想IPアドレスが割り当てられ、本当の位置情報を隠すことができます

VPNを使用する最大のメリットは通信がとても速いことです。他の方法とは違い、インターネットサーフィン、ストリーミング、トレントのダウンロードなど、いつでも高速通信を楽しめます。

Netflixなど、地理制限があるプラットフォームでコンテンツを見たい場合は特に重要です。これらのサイトは規制を回避しようとしている利用者を検出するのが得意で、検出されるとブロックされてしまいます。しかし おすすめのVPN ならかなり厳しいジオブロックでもラクラクと回避できます

また、安全にトレントをダウンロードする時の対策方法としてもVPNは有用です。IPアドレスと個人情報を隠すだけでなく、一部のVPNプロバイダはトレント・P2P専用プロフィールも提供しています。

ExpressVPN など、信頼できるサービスは高度な暗号化やセキュリティ対策機能を使っています。定評のあるVPNを選べば安全です。本当のIPアドレスを偽装できるのです。

おすすめのVPNは月額料金が掛かりますが、お金を払う価値は間違いなくあります。質の良い 無料VPN もありますが、何らかの制限があるのでおすすめしません。通信が遅かったり、毎月一定の通信量しか使えないなどのデメリットがあるからです。また、データの盗聴、マルウェア攻撃など、セキュリティを脅かす無料VPNもあるので注意が必要です。

そのような被害に遭わないためにも、これからご紹介するプレミアムVPNに投資するのは必須でしょう。毎月数百円でプライバシーを守れるのは安いものです。おすすめのVPNはすべて返金保証があるので安心して使い心地を確認できます。

IPアドレスを隠すのにおすすめのVPN

1. ExpressVPN

ExpressVPNは世界各国に数千個のサーバーがあり、圧倒的な通信速度です。ExpressVPNを試したところ、 VPNに対応していないプラットフォームにでも利用できました。Netflix、Hulu、BBC iPlayerなど様々なストリーミングサービスを楽しめます。

ExpressVPNは全サーバーがP2P通信に対応しているので、快適にトレントできるという利点もあります。TrustedServer技術、DNS漏れ対策など、高度なセキュリティ機能もあります。加入前にExpressVPNをリスクなしでお試しいただけます。30日返金保証があるがあるので、満足できなければ全額返金してもらいましょう。

ExpressVPNは日本に3個以上のサーバーを配備しているので、本当のIPアドレスを隠すのに向いています。匿名で日本のサイトにアクセスしたい場合に役立ちます。

ExpressVPNの2021 6月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

ExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

2. CyberGhost

CyberGhostは世界中に 7,100 個のサーバーがあり、安定性、安全性の面でとても優秀なVPNサービスです。セットアップは非常に簡単で、ほんの数秒でVPNサーバーに接続できます。 スピードテストでは ExpressVPNほど高速ではありませんでしたが、HD画質でストリーミングするのに適した速度でした。

また、手頃な価格で利用できるのも魅力的です。安いからと言ってセキュリティ対策を妥協しているわけではありません。高度な暗号化、ログなし、漏洩対策機能付きのアプリ、自動停止スイッチなど、通信の安全性を確保する機能が満載です。CyberGhostは返金保証は驚愕の 45日間で、 他社よりかなり長いという特徴があります。

CyberGhostは日本に92個以上のサーバーを配備しているので、本当のIPアドレスを隠すのに向いています。匿名で日本のサイトにアクセスしたい場合に役立ちます。

2021 6月割引 :CyberGhostの一番人気のプランが現在85%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostでIPアドレスを隠すならこちら!

2. プロキシを使用する―通信が遅く、トレントには不向き

プロキシはジオブロックされたコンテンツにアクセスするために使用されています。特定の国でしか利用できないコンテンツを見たい場合を例に考えてみましょう。パソコンはそのサイトにリクエストを送信しますが、プロキシは代理で通信を送ってその国のIPアドレスを使ってリクエストを再送信します。プロキシサーバーが送信先にアクセスできるとリクエストが元のパソコンに届くわけです。

プロキシにはいくつかデメリットがあります。まず、VPNとは違って通信を暗号化しないため、速度がかなり遅く、安全性が低いことです。また、ISPからネットの利用状況を隠さないため、トレントをダウンロードする時にはおすすめできません。さらに、Huluなど多くのサイトはプロキシを使用していることを簡単に検出でき、ブロックされてしまいます。

3. Tor(トーア)―無料でIPアドレスを隠せるが、ストリーミングやトレントはNG

完全無料でインターネットを匿名で使用したい場合、Torは有力候補です。Torとは、世界中のボランティアが管理する膨大なサーバーネットワークのことで、Torを使うと通信は複数のサーバーを経由します。通信が何度も暗号化されるため、元のIPアドレスを特定することはほぼ不可能です。

しかし、Torは何度も暗号化して複合化するので通信がかなり遅いというデメリットがあります。ストリーミングやトレントをダウンロードするする場合は役に立ちませんし、デベロッパーはトレントする時にTorは使うべきではないと呼びかけています。普通にインターネットを使用したいだけであれば、Torブラウザを使うか、Firefoxの拡張機能をダウンロードすると良いでしょう。プライバシー保護を最優先したい場合はTorとVPNを併用するのがおすすめです。

今すぐExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

4. 公共Wi-Fiを使う―リスクが高い最終手段

IPアドレスはインターネットサービスプロバイダによって割り当てられるため、他のネットワークからインターネットに接続すれば、新しいIPアドレスを使えます。一時的に素早くIPアドレスを変更したいならカフェなどの公共Wi-Fiを使うと良いでしょう。接続は共用なので、個人を特定することはできません。

しかし、公共Wi-Fiを使うとハッカーやマルウェアなどのセキュリティ脅威に対して脆弱になってしまいます。そのため、公共のWi-Fiを使う時にはVPNに接続すべきです。さらに、公共WiFiだと ジオブロックを回避 できません。その場しのぎの解決方法であり、長期的な解決策ではないのです。

5. モバイル通信を使う―一時的な解決方法

公共WiFiが使えない!公共WiFiはセキュリティが心配!そんな時にはWiFiではなくモバイル通信を使って一時的にIPアドレスを変更することもできます。

この方法はかなりお金がかかるので注意しましょう。特にストリーミングやファイルをダウンロードするなら他の方法を選んでください。長期的な解決策ではありませんから、IPアドレスが公開されてしまったと思った時しかおすすめできません。モバイル通信に切り替えると即座に新しいIPアドレスが割り当てられるからです。

6. モデムのコンセントを抜く―IPアドレスをリセットできます。

モデムのコンセントをしばらく抜いておくとIPアドレスが変わることがあります。ISPから切り離すことで現在使用しているIPアドレスが削除されます。ただし、この方法が成功するのはISPが動的IPアドレスを使用している場合のみです(多くのISPは動的IPアドレスを使用しています)。

できる限り長時間、モデムのコンセントを抜いておきましょう。抜いておく時間が長いほどIPアドレスが変更される確率が高くなります。再びコンセントを差し込むと、新しいIPアドレスが割り当てられるはずです。ただし、確実に新しいIPアドレスになるわけではないので、他の方法を試してうまく行かなかった場合にお試しください。

7. IPアドレスを更新する―手順はこちら

パブリックIPアドレスは公開されていますが、WiFiやイーサネットケーブルを使用していると「プライベートIPアドレス」というものもあります。この方法だとプライベートIPアドレスだけが更新され、パブリックIPはそのままです。

新しいプライベートIPアドレスを取得するにはパソコンで以下の手順に従ってください。

MacOS:

  1. Appleメニューからシステム環境設定を開きます。
  2. ネットワーク設定を開いてください。
  3. 現在使用しているネットワークをクリックします。
  4. 「詳細…」をクリックしましょう。
  5. TCP/IPタブを選択します。
  6. 「DHNPリースを更新」ボタンをクリックします。

Windows:

  1. コマンドプロンプトを検索します。
  2. 右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
  3. 「ipconfig /release」と入力します。
  4. 「ipconfig /renew」と入力します。

上の手順に従うと、端末に新しいプライベートIPアドレスが割り当てられます。

8. NATファイアウォールを使用する―プライベートIPアドレスを隠す

上の方法と同じように、この方法はプライベートIPアドレスに関するものです。NAT(ネットワークアドレス交換)ファイアウォールは同じパブリックIPアドレスを使うことで、複数の端末がプライベートIPアドレスを使い続けることができます。つまり、同じルーターに接続している複数の端末が同じパブリックIPアドレスを使えるということです。

NATの主なメリットは、未知のインターネットユーザーからのリクエストしていない通信を受信しないように守れることです。悪質なユーザーの可能性がありますから、このように保護できるのは便利です。ただし、端末のパブリックIPアドレスは隠されません。ネットでプライバシーを守る場合に一番重要なのはパブリックIPアドレスですから、一番おすすめの方法はVPNを使うことなのです。

9. ISPに変更してもらう―丁寧にお願いすること!

IPアドレスを割り当てるのはインターネットサービスプロバイダですから、変更をお願いすることもできます。直接問い合わせてアカウントの情報を伝える必要があります。IPアドレスを変更する方法としては分かりやすいと思いますが、VPNのようにジオブロックを回避したりセキュリティ対策したりできません

また、ISPが動的IPアドレスを使用している場合、しばらくするとIPアドレスは自動的に変わります。同じIPアドレスを使い続けたい場合、静的IPアドレスをお願いすることもできますが、追加でコストと手間がかかるでしょう。

ExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

IPアドレスを確認する方法

VPNなど、上の方法でIPアドレスを隠したら、本当にうまく行ったか確認するのがとても重要です。隠した直後だけでなく、隠しておきたい期間は定期的に確認するべきでしょう。こうすることでプライバシーを侵害するようなエラーを早期に発見できます。

当サイトのIPアドレス確認ツール を使えばIPアドレスが確実に隠せているか簡単にチェックできます。自動的にIPアドレスとそれに関連する位置情報を表示できます。

IPアドレスが正しく隠されていれば、あなたが現在接続しているVPNやプロキシサーバーのIPアドレスと位置情報が表示されます。きちんと隠せていない場合、本当のIPアドレスと位置情報が丸見えだと分かるでしょう。何らかの方法で情報が漏洩しています。

よくある質問

VPNの他のメリットは?

おすすめのVPN はIPアドレスを隠すだけでなく、世界中のジオブロックされたコンテンツを楽しめるようにしてくれます。また、サービスプロバイダや政府組織などによるネット検閲を回避できます。さらに、プライバシーを守り、データの安全性を確保したい場合にも個人を特定できる情報やネットの利用状況を隠すためにも便利です。

VPNのそのメリットについて詳しくは VPNの初心者ガイドをご覧ください。

IPアドレスを確認する方法は?

IPアドレスを確認する一番簡単な方法は こちらのIPアドレス確認ツールを使用することです 。上のリンクをクリックするだけで、IPアドレス、使用しているブラウザ、国と都市が表示されます。

IPアドレスで個人を特定できますか?

IPアドレスだけでは個人を特定できません。しかし、ユーザー名、ネットの利用状況、位置情報などと組み合わせると、誰なのか推測できます。これらの情報はいとも簡単に取得できるものなので注意が必要です。そのため、プライバシーを守りたい場合はExpressVPN など信頼できるVPNを使ってIPアドレスを隠すことをおすすめします。

IPアドレスを隠すべき理由は?

IPアドレスを隠したい理由はたくさんありますが、よくある理由はジオブロックを回避して Netflix) と言ったストリーミングサービスのコンテンツを自由に楽しめるようにするためでしょう。また、ネットのプライバシーを守るためにも役立ちます。他にも、中国などネット検閲の厳しい地域に旅行する場合、安全にインターネットを利用するにはVPNが必要不可欠です。

無料でIPアドレスを隠す方法は?

お金を払わずにIPアドレスを隠す方法はいくつかあります。まず、 Torネットワークを使Torネットワークを使うのは完全に無料です。ただし、通信速度がかなり遅いことに注意しましょう。無料VPNを使うこともできますが、セキュリティに問題があるのでおすすめしません。

ExpressVPNなどのプレミアムVPNをダウンロードすることをおすすめします。満足できなければ30日以内に問い合わせて返金してもらえます。

IPマスキング(IP匿名化)とは?

IPマスキングはIP匿名化とも呼ばれ、IPアドレスを隠すという意味です。他のサーバーを使って違うIPアドレスを取得し、代わりにそれを使うことで本当のIPアドレスを知られないようにする仕組みです。本当のIPアドレスを特定されないようにする唯一の方法はIPマスキングなのです。

IPアドレスを隠す最善の方法はVPNを使用することで、ネットの利用状況から位置情報や個人を特定できる情報を知られないようにすることができます。

無料VPNを使ってIPアドレスを隠すことはできますか?

はい。一部の 無料VPN はIPアドレスを隠すことができます。ただし、高度なセキュリティ対策機能がないため、無料VPNはおすすめしません

お金を払いたくないのであればプレミアムVPNの返金保証をご利用ください。申し込んで1か月間自由に利用でき、保証期間内に解約すれば全額返金してくれます。CyberGhostは 45日返金保証があり、保証期間が一番長いサービスです。

IPアドレスを隠すのは違法ですか?

いいえ。IPアドレスを隠すのは違法ではありません。また、VPNを使ってIPアドレスを偽装するのも合法です。中国などではVPNの使用は厳しく規制されていますが、使用は違法ではないのです。IPアドレスを隠しているということはネットで何か危険なことをしているのではないかと思う人もいるかもしれませんが、正当な理由はたくさんありますし、合法です

IPアドレスは永久に変わらないものなのですか?

ほとんどのIPアドレスは動的で、永久に変わらないものではありません。中には変わらない静的IPアドレスもありますが、取得するには追加で費用が掛かります。

ただし、静的IPアドレスでも別のインターネット接続に切り替えるとIPアドレスも変わるということに注意しましょう。

ISPにIPアドレスを特定されないようにする方法はありますか?

いいえ、インターネットサービスプロバイダからIPアドレスを隠すことはできません。VPNを使っても、VPNサーバーと通信するためにIPアドレスが使用されるからです。しかし、VPNを使うとあなたがネットで何をしているかISPに見られないようになります。また、利用しているアプリやサイトからもIPアドレスを隠せるので、「誰が何をしているか」という利用状況を把握できなくなるのです。

IPv4とIPv6の違いは?

IPv4とIPv6は異なる種類のIPアドレスです。IPv4アドレスの方が普及していて、IPv6より単純です。数字とピリオド(.)で構成されています。IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)アドレスはIPv4よりかなり長く、数字だけでなく文字も含まれ、ピリオドではなくコロンで区切られています。IPv6は利用できるIPアドレスの数を増やすために導入が進んでいるもので、IPv4に付随する問題も解決されます。

まとめ

IPアドレスを隠す方法はいくつかありますが、VPNほど安全に、確実に隠す方法はありません。ExpressVPNなどの高品質のVPNサービスを使うと簡単にIPアドレスを隠すことができ、強力なセキュリティプロトコルによりプライバシーと匿名性も守ることができます。

また、VPNは通信が速く、世界中どこでもコンテンツを視聴できるようになり、トレントをダウンロードするときにも役立ちます。データを暗号化することでセキュリティ対策を最高レベルに引き上げることもできます。

詳しくは プロキシとVPNの違い と TorとVPNの違い に関する記事をご覧ください。

まとめとして、IPアドレスを隠すのにおすすめのVPNはこちらです!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

vpnMentorのために記事を執筆している匿名のエキスパートで、個人を特定されたくない人たちです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
独占割引キャンペーン
3か月分無料
ランキングトップのVPN
期間限定

00

00

時間

00

00

ExpressVPNをゲットする
30日返金保証付き
Image Alt Text - Vendor Logo expressvpn - devices