当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

日本でアメリカのIPアドレスを取得する方法│2024年

ヴォーンシェイン ファクトチェッカー:クリスティーン・ヨハンセン 編集主任

日本では、アメリカ版NetflixやHulu、ESPNなどにアクセスできません。このようなサイトは、コンテンツの配信対象地域にいないユーザーのアクセスを制限しています。位置情報はIPアドレスから特定されるため、アメリカのIPアドレスでなければサイトにアクセスできないわけです。

アクセス制限を回避したい場合、アメリカのIPアドレスを取得する必要があります。アメリカのIPアドレスを取得するには、アメリカにサーバーがあるVPNを使うのがおすすめです。VPNを使うと、ネット通信はアメリカのサーバーを経由し、IPアドレスをアメリカに変更できます。また、通信が暗号化されるので、ブラウジング履歴と個人情報のプライバシーと安全を確保できます。

30社以上のVPNを徹底検証したところ、アメリカのIPアドレスを取得するにはExpressVPNが一番おすすめであるという結論に至りました。アメリカに多数のサーバーがあり、高速で、ノーログポリシーを守っているので、イチオシです。安心の30日間返金保証もありますから、ExpressVPNでアメリカのIPアドレスを取得してみましょう。満足できなかった場合は返金してもらえます。

今すぐアメリカのIPアドレスを取得しましょう!

【クイックガイド】2024にVPNを使ってアメリカのIPアドレスを取得する方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。高速でアメリカ限定コンテンツに確実にアクセスできます。米国の20都市以上にサーバーが設置されています。
  2. アメリカのサーバーに接続します。実際のIPアドレスがアメリカのIPアドレスに変更されます。
  3. ブラウジングを始めましょう。アメリカのサイトやサービスにアクセスできるようになりました。

ExpressVPNで米国のIPアドレスを取得しましょう

アメリカのIPアドレスを取得するのにVPNが必要な理由

地域制限があるサイトにアクセスしようとすると、IPアドレスがチェックされます。IPアドレスから大まかな現在地が分かるからです。サイトに位置情報を知られてしまうと、閲覧できるコンテンツが変わったり、アクセスが制限されたりすることがあります。つまり、好きなスポーツを観戦したり、銀行アプリを使ったり、アメリカのドラマを見たりできなくなってしまうわけです。

日本からアメリカのサイトやサービスにアクセスできるようにするには、アメリカにサーバーがあるVPNを使いましょう。米国サーバーに接続すると、そのサーバーロケーションのIPアドレスが新たに割り当てられます。これにより、実際の位置情報が隠され、サイト側はあなたがアメリカにいると判断するわけです。

VPNを使うメリットは、IPアドレスを変更するだけではありません。データを守り、ネット上で安全を確保するためにも役立ちます。インターネットプロバイダや政府組織はあなたがインターネット上で何をしているか追跡し、ブラウジング履歴を保存しています。しかし、VPNを使うと軍レベルの暗号化やIPアドレス・DNSの漏洩対策、ノーログポリシーなどのセキュリティ・プライバシー機能の恩恵を受けることができます。要するに、監視を気にせずにインターネットを利用できるようになるのです。

今すぐリスクなしでExpressVPNをお試しください!

日本でアメリカのIPアドレスを取得するのにおすすめのVPN【2024年】

日本でアメリカンフットボールを観戦したり、アメリカ版HuluやHBO Maxを見たりするには、米国にサーバーがあるVPNが必要です。VPNはネット上でプライバシーを守るため、アメリカに旅行する際も役立ちます。アメリカは5アイズ同盟の加盟国なのです(5アイズ同盟:国民のネットの利用状況を監視し、データを共有することを合意した多国間協定。14アイズ同盟とも)。

この記事に掲載されているVPNは、アメリカに多数のサーバーがあり、強力なセキュリティ機能も備わっているので、ネット上で個人情報とデータをしっかり守れます。返金保証もありますから、リスクなしで体験できます。

1. ExpressVPN:超高速で、アメリカのコンテンツをラグなしで見られる

  • サーバーの速度とロケーション:アメリカで最速のVPN。105か国以上に3,000台以上のサーバーがあり、アメリカのサーバーは24か所
  • セキュリティ対策・プライバシー保護: RAMベースのサーバーとパーフェクトフォワードシークレシーにより、データを監視からしっかり守れる
  • 同時接続数:8台
  • 視聴可能なコンテンツ:アメリカ版Netflix(他にも各国のNetflixライブラリ)、Hulu、ESPN、DAZN、SlingTV、YouTube TV、Peacock TV、HBO Max、Amazonプライムビデオなどの人気ストリーミングサービス。Abema TVやGYAO!、TVerなど、日本のサービスも利用可能
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応
  • ヘルプセンター、メールサポート、ライブチャットは日本語で利用可能
2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは非常に高速で、独自プロトコル「Lightway」を使えるので、ストリーミングに最適なVPNサービスです。アメリカ版NetflixをUHD画質で見ながら、ExpressVPNの米国サーバー5台に対してスピードテストを行った結果、平均ダウンロード速度は66.86Mbpsとなり、接続前と比べて8%しか低下しませんでした。ほとんどの場合、VPNを使うと通信が10~20%程度低下するので、素晴らしい結果です。

スピードテストで試したサーバーは4,000キロ以上離れたものが多かったので、アメリカから遠い国でも高速であることが分かります。MediaStreamer機能を使うと、ゲーム機やスマートテレビなどでもアメリカの動画配信サービスにアクセスできるようになります。

ExpressVPNはアメリカの24か所にサーバーがあります。ニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコ、ダラス、シアトルのサーバーを試したところ、すべてHBO Maxのアクセス制限を突破でき、1分以下でドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」が再生されました。ほかにも、アメリカ版NetflixやHulu、Disney+にも簡単にアクセスできました。DAZNは地域制限が厳しいことで知られていますが、ExpressVPNはDAZNのアクセス制限も回避できる数少ないVPNの1つです。

ExpressVPNのアプリは使いやすく、主要なOSはもちろん、Fire TV Stickやルーター向けのアプリも用意されています。「おすすめのロケーション」をクリックすると、現在地で最速のサーバーに自動接続されます。アメリカを選んだところ、自動的にニューヨークサーバーに接続され、最速の通信となりました。

ExpressVPNのセキュリティ機能は業界トップクラスです。AES 256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)により、ネットの利用状況が解読されるのは実質不可能となります。キルスイッチ(Network Lock)も備わっていますから、VPNとの接続が不意に切れたとしてもデータは漏洩しません。

ExpressVPNがノーログポリシーを守っていることは監査で何度も実証されていますから、プライバシー保護も抜群です。本拠地は英国領ヴァージン諸島で、データ保持法に従う義務はありません。TrustedServerテクノロジーにより、ユーザーデータが自動的に消去される環境が整っています。ブラウジング履歴と個人情報は一切保存されません。

ExpressVPNの唯一のデメリットは、他社と比べて料金がかなり高いことです。しかし、長期プランを選んだところ、49%オフでサブスクリプションに加入できました。長い目で見ると短期プランは高いので、コスパ抜群の長期プランを選んだほうがオトクです。

30日間返金保証がありますから、ExpressVPNでアメリカのIPアドレスを取得してみることができます。保証を守っているか調べるため、加入から25日後にサブスクリプション料金の解約をお願いしました。いくつか簡単な質問に答えたところ、すんなり承認され、2営業日後に全額が戻ってきました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. CyberGhost:ストリーミング、ゲーム、トレント向けの専用サーバーでアメリカのコンテンツに確実にアクセス

  • サーバーの速度とロケーション:高速。100か国以上に11,683台以上のサーバーがあり、アメリカのサーバーロケーションは11か所
  • セキュリティ対策・プライバシー保護:NoSpyサーバーで安全とプライバシーを強化
  • 同時接続数:7台
  • 視聴可能なコンテンツ:Netflix(アメリカ版や日本版など)、Hulu、ESPN+、SlingTV、YouTube TV、Peacock TV、HBO Max、Amazonプライムビデオ、(アメリカ版、日本版)、ほか多数
  • Mac、iOS、Androidアプリは日本語に対応
2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostは、ストリーミング、ゲーム、トレント向けの専用サーバーがあります。ストリーミングサーバーを使うと、アメリカ版NetflixやDAZN、NFL+、Huluなどに確実にアクセスできるアメリカのIPアドレスを取得できます。ほかにも15のアメリカの動画配信サービスにアクセスできました。ストリーミングサーバーの実力を試すため、ESPN+向けのアメリカサーバーに接続したところ、通信速度は11%しか低下しませんでした。ExpressVPNほど高速ではないものの、NBAの生中継をUHD画質で快適に見ることができ、途中でラグやバッファなどのトラブルは発生しませんでした。

これまで使ったなかで最も使いやすいVPNの1つでもあり、CyberGhostならVPNが初めてでも簡単にアメリカのIPアドレスを取得できます。WindowsのノートパソコンにVPNをダウンロードしてインストールするのに1分もかかりませんでした。インストール後、「For streaming」タブをクリックして検索バーに「US」と入力すると、アメリカのストリーミングサーバーがすべて表示されました。

CyberGhostなら、あなただけが使えるアメリカのIPアドレスを取得することも可能です。通常、VPNに接続すると、ほかのユーザーと共用のIPアドレスが割り当てられるため、複数のユーザーが同じIPアドレスを使ってジオブロックされたサイトにアクセスすると、VPNのIPアドレスであることが見抜かれてしまいます。そのIPアドレスでサイトのアクセス制限(IPアドレス制限)を突破できなくなってしまうわけです。専用IPアドレスを使えば、このようなトラブルに直面する可能性が低く、速度の改善も期待できます。

CyberGhostはネット上でプライバシーと安全を守るためにもおすすめのチョイスです。軍レベルの暗号化、データ漏洩対策、自動キルスイッチなど、標準的なセキュリティ機能がすべてそろっています。監査済みのノーログポリシーに加えて、特殊なNoSpyサーバーでプライバシーを強化することも可能です。NoSpyサーバーはCyberGhostの本社(ルーマニア)にあり、同社職員が管理を行っています。中間者攻撃のリスクが軽減されるわけです。

残念ながら、CyberGhostの1ヶ月プランを選ぶと、料金がかなり高くなってしまいます。また、返金保証は14日間と短めです。長期プランなら、わずか$2.03/月~で加入でき、より多くのセキュリティ機能が利用可能になります。45日間返金保証もありますから、じっくり試せます。少額の追加料金がかかりますが、全プランで専用IPアドレスも取得でき、長期プランを選ぶと安くなります。

CyberGhostが返金保証を守っているか確かめました。サービスを35日間使った後、24時間年中無休のライブチャットで問い合わせて解約をお願いしました。サービス改善のために1つだけ質問されましたが、すぐに返金が承認され、3営業日後に口座に振り込まれていました。

今すぐCyberGhostをお試しください!

3. Private Internet Access:アメリカのIPアドレスでセキュリティ設定を柔軟にカスタマイズでき、スピードと安全性を両立

  • サーバーの速度とロケーション:満足できる速度。91か国以上に29,650台以上のサーバーがあり、アメリカのサーバーロケーションは53か所
  • セキュリティ対策・プライバシー保護:広告・トラッカー・マルウェアブロッカーがネットの利用状況の追跡を阻止
  • 同時接続数:無制限台
  • 視聴可能なコンテンツ:アメリカ版Netflix、Hulu、ESPN+、SlingTV、YouTube TV、Peacock TV、HBO Max、Amazonプライムビデオ、ほか多数
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語で利用可能
2024 2月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

PIAはセキュリティ設定を柔軟にカスタマイズできるので、アメリカのIPアドレスでストリーミングやトレント、ブラウジングするのに最適な接続にすることができます。例えば、アメリカのオンラインショップで安全に買い物したかったので、256ビット暗号化にしました。アメリカ版Huluでストリーミングする際は速度を優先するために128ビット暗号化に切り替えました。VPNプロトコルも複数から選べます。それぞれスピードと安全性が異なるので、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

この記事で紹介したVPNのなかで、PIAはアメリカサーバーが最多です。アメリカの53か所にサーバーが設置されています。PIAなら、日本から簡単にアメリカの動画配信サイトにアクセスできるようになります。ニューヨークとラスベガスのサーバーを検証したところ、ESPN+、アメリカ版Netflix、YouTube TVにアクセスできました。平均速度は51.12Mbpsで、HD画質でストリーミングするのに十分な速度です(30%の速度低下)。

PIAのもう1つの魅力は、広告・トラッカー・マルウェアブロッカー「MACE」が搭載されていることです。CBSやCNNなどのニュースサイトは広告が多いですが、PIAの広告ブロッカーを有効にすると広告は一切表示されませんでした。トラッカーも阻止してくれるので、ブラウジング状況に関する情報を第三者に収集されません。PIAは自動キルスイッチとDNS・IPアドレスの漏洩対策機能もありますから、個人情報の漏洩をしっかり防げます。

デメリットについて、CyberGhostやExpressVPNとは違い、PIAの本拠地は5アイズ同盟の加盟国であるアメリカです。しかし、PIAは利用者の個人情報を一切保存していません。ノーログポリシーは独立監査済みですし、裁判でも実証されています。情報開示を命じられたのですが、開示できるデータがなかったのです。

PIAの一番長いプランはわずか$2.03/月で、最もオトクです。このプランではBoxcryptorを1年間無料で使えます。Boxcryptorとは、Google DriveやiCloud、Dropboxに保存されているデータを暗号化するサードパーティサービスです。機能や特徴は全プラン共通なので、長期プランのほうがコストパフォーマンスが高いと言えます。

30日間返金保証もありますから、PIAを無料体験できます。24時間年中無休のカスタマーサポートに問い合わせるだけで、サブスクリプションの解約と返金手続きを行えます。1つだけ質問に答えたところ、返金が承認され、3営業日後に振り込まれていました。

今すぐPIAをお試しください!

4. NordVPN:難読化サーバーにより、制限されたネットワークでもアメリカのコンテンツにアクセス可能

  • サーバーの速度とロケーション:高速。61か国に6,088台のサーバーがあり、アメリカのサーバーは16台
  • セキュリティ・プライバシー:ダブルVPN、キルスイッチ、ノーログポリシー、データのプライバシーを確保するプライベートDNS
  • 同時接続台数:6台
  • 視聴可能なコンテンツ:アメリカ版Netflix、Hulu、ESPN+、Sling TV、YouTube TV、Peacock TV、HBO Max、Amazonプライムビデオ、ほか多数
  • モバイル・デスクトップアプリは日本語に対応
  • 知識ベースとメールサポートは日本語に対応

NordVPNでアメリカの特殊サーバーに接続すると、VPNを使っていることを隠せます。学校や職場のネットワークではVPNがブロックされていることが多いですが、特殊サーバーを使えばVPN接続を通常の通信に見せかけることができます。ネット検閲が行われている国のファイアウォールも突破できるわけです。さらに、特殊サーバーに接続すると、動画配信サイトにVPNを検出されにくくなります。日本でアメリカの難読化サーバーに接続したところ、アメリカ版Netflixアカウントにアクセスできるようになりました。

アメリカの一般サーバーは16都市にあります。数台に接続してスピードテストを実施した結果、安定して高速でした。平均速度は65.6Mbpsとなり、10%しか低下しませんでした。Netflixで映画「The Invitation」をHD画質で見ることができ、途中で再生が切れることもありませんでした。最速のNordLynxプロトコルを使うのがおすすめです。

NordVPNは一番安全なAES 256ビット暗号化を採用しています。キルスイッチもあるので、通信を常に暗号化し、IPアドレスの漏洩を防げます。サーバーを立て続けに切り替えてキルスイッチが作動するか調べました。サーバーを切り替えている間、ネット通信がきちんと遮断され、実際のIPアドレスは一切公開されませんでした。

本社はパナマにあるので、安心感があります。パナマは14アイズ同盟(加盟国間でデータを共有する多国間協定)に非加盟なのです。また、ノーログポリシーは監査済みで、個人情報やブラウジングアクティビティを収集、保存されません。さらに、アメリカのサーバーを含む全サーバーがRAMのみで実行されているため、再起動されるたびにすべてのデータが消去されます

Windowsアプリは起動が遅く、30秒以上待たなければなりませんでした。他社の場合、このようなトラブルはありません。とは言え、いったん起動するとスムーズに動作したので、大したデメリットではないと思います。また、使いやすいデザインです。

NordVPNの長期プランはわずか$3.39/月です。追加料金がかかりますが、新規加入時にアメリカの専用IPアドレスを取得することもできます。専用IPアドレスを使えるのはあなただけなので、事業用銀行口座に安全にアクセスしたり、オンライン決済をしたりするのに最適です。

全プランが30日間返金保証の対象です。試しにカスタマーサポートに返金をお願いしたところ、少しやり取りしただけで承認されました。4日後、銀行口座に全額が振り込まれていました。

今すぐNordVPNをお試しください!

5. Surfshark:無制限のデバイスでアメリカのIPアドレスを使える

  • サーバーの速度とロケーション:満足できる速さ。100か国に3,200台のサーバーがあり、アメリカのサーバーは25台
  • セキュリティ・プライバシー:AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、ノーログポリシー
  • 同時接続台数:無制限台
  • 視聴可能なコンテンツ:アメリカ版Netflix、Hulu、ESPN+、Sling TV、YouTube TV、Peacock TV、HBO Max、Amazonプライムビデオ、ほか多数
  • アプリは日本語に対応

Surfsharkは同時に何台でもデバイスを接続できますから、すべてのデバイスでアメリカのIPアドレスを使うことも可能です。同時にWindows PCとiPhoneで試したところ、パフォーマンスに目立った差はありませんでした。数台の米国サーバーに対してスピードテストを行ったところ、平均速度は65.1Mbpsでした(11%の速度低下)。NordVPNに匹敵する結果となり、通信が遅くなったり不安定になったりする心配はありません。

Surfsharkは100か国に3,200台のサーバーがあります。アメリカのIPアドレスを取得したい場合、25都市のサーバーに接続できます。検証で、Surfsharkは人気ストリーミングサービスのブロックを確実に解除できることが分かりました。アメリカ版Netflix、Disney+、Hulu、Amazonプライムビデオなどにアクセスできたのです。シアトルとニューヨークのサーバーを使ったところ、接続は常に安定していました。

Surfsharkのアプリは使いやすいので、VPN初心者でも簡単にサーバーに接続してアメリカのIPアドレスを取得できます。アメリカのサーバーは一瞬で見つかりました。検索バーに「US」と入力し、好きなロケーションを選ぶだけです。接続前に各サーバーのPing値(応答時間)が表示されるので、最速のサーバーを選びやすいと思いました。

Surfsharkのデメリットは、9アイズ同盟の加盟国であるオランダが本拠地であることです。しかし、ノーログポリシーを守っていますから、データのプライバシーが脅かされる心配はありません。個人情報やネットの利用状況は絶対に収集、保存、共有されません。

長期プランは$2.89/月~です。短期プランもあり、同じ機能が使えます。違いは料金だけなので、今回は月額料金が一番安い長期プランに申し込みました。

30日間返金保証がありますから、リスクなしでSurfsharkのアメリカサーバーを体験できます。2週間以上使ったところで返金保証を守っているか調べることにしました。ライブチャットで問い合わせたところ、5日後に返金されました。

今すぐSurfsharkをお試しください!

アメリカのIPアドレスを取得するのにおすすめのVPNの選び方

米国のIPアドレスを取得するためにVPNを選ぶ際、注目したいポイントがいくつかあります。必須条件として、アメリカに信頼性の高いサーバーが多数あり、高速で、強固なセキュリティ機能があり、プライバシーポリシーを守っていることが実証されていることが挙げられます。この記事では、次の条件をすべて満たすVPNをご紹介しました。選ぶ際のチェックリストとして参考になれば幸いです。

  • 米国に多数のサーバーがある。
    アメリカにサーバーが1台もなければ、アメリカのIPアドレスは取得できません。VPNサービスに加入する前に、アメリカに何台のサーバーがあるか、どの都市にサーバーが設置されているかチェックしましょう。米国サーバーが多数あれば、1台のサーバーでトラブルに遭遇しても、ほかに使えるサーバーがたくさんありますから、解決できるはずです。
  • 高速。
    VPNを使うと、通信が暗号化され、データの通信距離が長くなるので、速度に影響します。良質なVPNは速度低下を最小限に抑えるように設計されていますから、遅いと感じることはほとんどありません。アメリカの動画コンテンツを最高画質で見たり、大容量のトレントファイルをすばやくダウンロードしたりできます。
  • 揺るぎないセキュリティ機能が備わっている。
    優れたVPNは、公共Wi-Fiネットワークでも常に接続を守ってくれます。注目したい主な機能として、軍レベルの暗号化、自動キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏洩対策などがあります。これらの機能があれば、位置情報や個人情報が流出することは絶対にありません。
  • プライバシーポリシーがしっかりしている。
    厳格なノーログポリシーを守っているVPNを選びましょう。そうすれば、部外者とデータを共有される心配をせずにインターネットを利用できます。
  • 幅広いデバイスに対応している。
    お持ちのデバイス・OSにVPNが対応しているかチェックしましょう。同時接続数も十分であるべきです。多数のデバイスを同時に接続できれば、1つのVPNサブスクリプションでご家庭すべてのデバイスを接続できますから、家族がそれぞれ好きなアメリカのコンテンツを楽しめるようになります。
  • 使いやすい。
    高品質VPNはアプリが使いやすく、ワンクリックで米国サーバーに接続できるように設計されています。また、すべてのデバイスに手軽にインストールできるのも大切です。
  • コストパフォーマンスが高い。
    トップクラスのVPNは非常に高速で、信頼性の高いサーバーと最先端のセキュリティ機能を提供しており、料金も手頃です。また、この記事に掲載されているVPNの多くは、長期プランの割引キャンペーンを定期的に行っています。
  • カスタマーサポートの対応が速い。
    助けが必要なとき、24時間年中無休のライブチャット、メール、電話など、さまざまな窓口から気軽に問い合わせられるべきですね。

ExpressVPNで米国のIPアドレスを取得しましょう!

VPNを使ってアメリカのIPアドレスを取得することについてよくある質問

アメリカのIPアドレスを取得するとき、都市は指定できますか?

はい。アメリカの特定の都市のIPアドレスを取得することは可能です。この記事に掲載されているVPNは、アメリカの10都市以上にサーバーがあります。ワシントンDC、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、ニュージャージー、サンタモニカ、シカゴなどの都市にVPNサーバーが設置されています。

アメリカのIPアドレスを使うのは合法ですか?

はい。日本を含むほとんどの国において、アメリカ国外から現地のIPアドレスを使うのは合法です。多数のアメリカサーバーがあるVPNを使えば、数回クリックするだけで米国のIPアドレスを取得できます。ただし、ロシアや中国などネット検閲が厳しい国では、VPNの使用が規制または禁止されています。当社は違法行為を容認しません。VPNを使う前に日本の法律を必ず確認しましょう。

アメリカのIPアドレスに変更できたか確認する方法は?

VPNを使ってアメリカサーバーに接続したら、オンラインツールで漏洩テストを行い、IPアドレスを調べましょうvpnMentorの便利なIPアドレスチェッカーをご利用ください。位置情報がアメリカと表示されたら、アメリカのIPアドレスに変更できたことが分かります。実際のIPアドレスと位置情報が表示された場合、ブラウザのキャッシュとCookieを削除して古い位置情報を消去し、もう一度お試しください。

アメリカのIPアドレスでアメリカ版Netflixを見られますか?

はい。使用中のIPアドレスがNetflixにブロックされていなければ、アメリカ版Netflixを見られます。Netflixは厳しいジオブロック技術を導入し、その地域で放送が許可されていないコンテンツを見られないようにしています。この記事でご紹介したVPNは、アメリカ版Netflixが確実に見られることが確認されています。

トップクラスのVPNでも、時にはエラーが発生することがありますから、サポート体制が整っているVPNを選ぶようにしましょう。24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせられるVPNなら、Netflixを見るのに最適な米国サーバーを教えてもらえます。この記事で紹介したVPNなら、アメリカ版Netflixのほかに、アメリカ版HuluやDisney+、HBO Max、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスのアクセス制限を回避できます。

アメリカのIPアドレスを無料で取得することはできますか?

できますが、おすすめしません。無料でアメリカのIPアドレスを取得することには重大なデメリットがあるのです。例えば、Torブラウザを使うと通信のプライバシーを守れるものの、通信が極端に遅くなるため、ストリーミングやアメリカのコンテンツをダウンロードするためには向きません。プロキシサーバーやスマートDNSサービスのほうが高速ですが、良質なVPNとは違い、軍レベルの暗号化は行われないので、サイバー攻撃に対して脆弱です。

無料VPNもありますが、同じような欠点があります。無料VPNはデータ通信量が制限されていたり、サーバーネットワークが小規模だったりすることが多く、通信があまりにも遅くなりすぎてブラウジングさえままならないのです。信用できない無料VPNもたくさんあります。ユーザーデータを収集して、第三者と共有する無料サービスもありますから、注意が必要です。

無料VPNを使うより、返金保証付きの高品質VPNを使ったほうが良いでしょう。信用できるサービスを制限なく試し、満足できなければ気軽に返金してもらえます。

ExpressVPNでアメリカのIPアドレスを取得しましょう!

今すぐ米国のIPアドレスをゲットしましょう

日本はもちろん、世界中どこでもアメリカのIPアドレスを取得する一番簡単な方法は、アメリカにサーバーを設置しているVPNを使うことです。アメリカのVPNサーバーに接続すれば、日本にいながらアメリカでしか利用できないサイトやサービスを利用できるようになります。通信が暗号化され、個人情報の安全も確保できます。この記事でご紹介したVPNは使いやすいので、数回クリックするだけで米国サーバーに接続できます。

アメリカのIPアドレスを取得したい場合、ExpressVPNが一番おすすめです。アメリカ全土にサーバーがあり、高速で、強力なセキュリティ機能が備わっています。安心の30日間返金保証もありますから、ExpressVPNでアメリカのIPアドレスを取得してみることができます。満足できなかった場合、簡単に返金してもらえます。

まとめとして、アメリカのIPアドレスを取得するのにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
67% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。