当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

ケーブルなしでESPNの生配信を視聴する方法【2024年版】

Hendrik Human 更新日 2024年02月29日 サイバーセキュリティ研究員

ESPNはアメリカでのみ視聴可能なため、基本的にアメリカ国外からは利用できません。ESPN+またはESPN+を放送しているストリーミングサービス(FuboTVやSling TVなど)は、ユーザーのIPアドレスから位置情報をチェックしますから、アメリカ国外のIPだとすぐにバレてしまいます。

しかし、VPNを使ってアメリカのVPNサーバーに接続すればESPNを見ることができます。但し、VPNをこのように使用することは、大半のストリーミングサービスの利用規約に反します。また、著作権侵害とみなされることもあります。

VPNを使ってスポーツのライブ中継をHDで視聴(ISPのスロットリングを回避できるVPNなど)するのに一番お勧めなのはExpressVPNです。ExpressVPNは、ESPNのストリーミングに最適で、今回検証したVPNサービスの中で最も速度が速く、アプリをインストールすればスマホ、ノートパソコン、スマートテレビで簡単に利用できます。安心の30日間返金保証が付いていますので、ExpressVPNをリスクなしで試せます(実際に返金保証も試してみました)。

ESPNをExpressVPNでHD視聴>>

【3ステップで簡単】ESPNをネットでHDライブ視聴する方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがお勧めです。大規模な米国サーバーネットワークと超高速通信で、ESPNを中断することなく快適にライブ視聴できます。
  2. アメリカのサーバーに接続します。アメリカにお住まいの方は、お住まいの州(またはお住まいに最も近い州)のサーバーを選ぶと良いでしょう。これにより、通信の移動距離が短くなるためストリーミング速度が最速化されます。
  3. ESPNのライブ視聴を始めましょう!VPNサーバーへの接続が完了したら、お気に入りの試合をHDでライブ視聴しましょう。

当サイト・筆者は著作権侵害を容認しておりません。以下にご紹介するVPNサービスは、ユーザーのオンライン上での行動を追跡(あるいは閲覧)することを防ぐため、厳しいノーログポリシーを採用しています。つまり、VPNをどのように利用するかは自己責任となりますので、お住まいの国の規則や規制には必ず準拠ください。

HDでESPNの生配信を視聴するのにオススメVPN【2024年版】

1. ExpressVPN:超高速+安定通信でESPNのライブストリーミングを中断なく楽しめる

注目ポイント テストした中で最速のVPN。ESPNをストリーミング中も常に通信が安定。
通信速度 独自のLightwayプロトコルを採用しており、超高速。平均95Mbps
サーバーネットワーク アメリカ国内には24箇所サーバーロケーションがあり。計105カ国に3,000台のサーバーを設置
利用可能な動画配信サービス Netflix、Amazonプライムビデオ、Disney+、HBO、AbemaTV、GYAO!、U-NEXT、その他多数。
同時接続台数 同時に8台でESPNの視聴が可能
日本語アプリ あり
日本語サポート
  • ナレッジベース
  • ライブチャット

ExpressVPNは、この記事でご紹介するVPNの中でも最速通信で、ESPNの生配信の視聴に一番オススメのUHDストリーミングに理想的なVPNです。アメリカは、ニューヨーク、ワシントンDC、ニュージャージーのExpressVPNサーバーをテストしましたが、いずれも安定して高速で、通常のローカル通信時と比べても9%程度しか低下しませんでした。大半のVPNは(VPNの通信暗号化の関係上)50%以上速度が低下するので、これは非常に素晴らしいです。

A screenshot of sports on ESPN+ while connected to an ExpressVPN server in the USExpressVPNのロサンゼルスサーバーを使ってTUFを視聴しました。

ExpressVPNは大規模なサーバーネットワークを誇り、アメリカのサーバーロケーションが24箇所ありますので、HDでESPNを見るのに最適です。お住まいの州に関わらず、近隣にサーバーがありますので、速度を最速化できます。また、サーバーが多いとピーク時の混雑も緩和されるため、ESPNを中断なく快適に視聴できます。今回は、5台のアメリカのサーバーを試しましたが、どれも一貫して問題なく動作しました。

ExpressVPNの唯一の欠点は、プランが$6.67/月〜とやや割高であることですが、今なら登録時に49%の割引を提供しています。また、すべてのプランに30日間の返金保証がついているので、リスクなしでExpressVPNを試すことができます。

便利な機能

  • 初期設定不要。ExpressVPNは、Windows、macOS、Android、iOS、Fire Stickなどの専用アプリがあり、ストリーミングする際に面倒な設定は必要ありません。また、各サーバー接続時は最適なプロトコルが適用されるように設計されています。通常Lightwayプロトコルが適用されますが、高速通信なのでケーブルなしでESPNのライブを見るのに最適です。
  • MediaStreamer。これはExpressVPNのスマートDNSサービスで、VPNに対応していないデバイスでの接続をサポートします。つまり、このサービスを使えばゲーム機やスマートテレビなどのデバイスを介して、大画面でESPNを視聴できるわけです。また、データは暗号化されませんので、ストリーミング時の速度もさらに高速化されるはずです。
  • ショートカット機能。この機能を使えば、頻繁に利用するサイトを保存し、ワンクリックするだけでページにアクセスして、同時にVPNに接続することもできます。ESPNやESPNのコンテンツを提供するその他サービスをショートカットに追加しておくと便利でしょう。
  • 24時間365日のチャットサポート。ExpressVPNは、迅速・丁寧なチャットサポートを提供しています。万が一ESPNにアクセスできない場合などでも、すぐに対応してもらえます。
2024年7月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:専用ストリーミングサーバーでESPNコンテンツを簡単視聴

注目ポイント ESPNやそのスポーツコンテンツを提供するストリーミングサービスに最適化されたストリーミングサーバー
通信速度 最大88Mbpsの高速通信(検証時)
サーバーネットワーク 100カ国にESPN+専用サーバーを含む11,690台のサーバーを設置
利用可能な動画配信サービス Netflix(米国、英国、日本、その他のカタログ)、Amazon プライムビデオ(米国、英国、日本、その他のライブラリ)、HBO Max(米国、その他のライブラリ)、日本版DAZN、その他多数
同時接続台数 同時に7台でESPNの視聴が可能
日本語アプリ あり(Android、iOS、macOS)

CyberGhostはESPN+に最適化されたストリーミングサーバーを提供しており、ESPN+で作動するようアップデートも頻繁に実施されています。実際にアメリカのESPNアカウントを試しましたが問題なく使えました。さらに、Sling TV、YouTube TV、Disney+など、ESPNのコンテンツを提供するその他のサイト用のサーバーも複数あります。

A screenshot of CyberGhost's streaming optimized servers, including servers for ESPN and Sling TVESPN+、Hulu、Sling TVなどに最適化された専用サーバーは、アプリの「ストリーミング」タブから選べます(詳細は上の表を参照)。

CyberGhostは高速通信ですので、ESPNで快適なライブストリーミングが可能です。ESPN+、Hulu、Sling TVなどに最適化されたストリーミング専用サーバーに接続し、パフォーマンスをテストしてみたところ、ストリーム中に画質の低下やバッファリングが発生することはありませんでした。ExpressVPNに比べるとローカル通信時に比べて速度低下率が高く、平均20%の速度低下が発生しましたが、HDでストリーミングするのに支障はありませんでした。

残念ながら、CyberGhostは月額プランでは14日間の返金保証しか提供していません。しかし、CyberGhostの長期プランはわずか$2.19/月から加入でき、45日間の返金保証が付いています。

便利な機能

  • App Rules機能。この機能を使用すると、ESPNのような特定のアプリを開いたときにCyberGhostが自動設定したサーバーに接続されるよう設定することができます。2〜3クリックで、生配信またはオンデマンドのスポーツ観戦を開始できるようになります。
  • ランダムなポート接続。これにより、ポートベースのVPNブロックを迂回しやすくなり、制限の厳しいネットワーク上でもESPNを視聴できるようになります。キャンパス内の図書館の制限が厳しいネットワークで試してみたところ、問題なくサッカーの試合を生配信で視聴できました。
  • 専用アプリ。CyberGhostは、Android TVとFire Stickの専用アプリを提供しているので、大画面で簡単にESPNを視聴できます。

3. Private Internet Access (PIA):米国の大規模サーバーネットワークで、どの州でもESPNの試合を視聴可能

注目ポイント アメリカ全州にサーバーがあるため、どこからでもESPNが視聴可能
通信速度 アメリカサーバーを複数台試した結果、平均86 Mbpsを記録
サーバーネットワーク アメリカ国内には53箇所サーバーロケーションがあり。計91カ国に29,650台のサーバーを設置
利用可能な動画配信サービス Netflix(アメリカと日本のライブラリ)、日本のAmazonプライムビデオ
同時接続台数 同時接続台数が無制限なので、家族全員が各自のデバイスでESPNをストリーミング可能
日本語アプリ あり

PIAは広範なサーバーネットワークを誇り、アメリカ国内53箇所のサーバーロケーションがありますので、近隣サーバーに簡単に接続できます。複数のPIA米国サーバーをテストしましたが、いずれもESPN+で確実に動作しました。サーバーネットワークが大きいと過密状態が少なくなり、より良いスピードがでるので、バッファリングが発生することもあまりありません。

A screenshot of ESPN+'s homepage while connected to a PIA serverPIAでESPN+を視聴する際は、アメリカ西部のストリーミングサーバーを使用しました。

PIAはカスタマイズオプションがかなり多いので、初めて利用したときは手動で色々設定しなければならないのかと心配しましたが、PIAのアプリはあらかじめデフォルトで設定されていますので、何もいじらなくても利用できます。ですので、VPN初心者でも安心です。

PIAのプランはわずか$2.19/月〜と格安で、30日間の返金保証も付いていますので、ESPN視聴にPIAをリスクなく試せます。

便利な機能

  • ストリーミング専用サーバー。PIAはストリーミングに最適化された米国サーバーロケーション(東と西部)を2箇所提供しており、バッファリングや速度低下なくESPNを視聴できます。但し、CyberGhostの専用サーバーとは異なり、特定のサイト用に最適化されていません。
  • 専用IP。格安の月額料金で専用IPアドレスを購入できます。専用IPはあなただけのものですので、ESPNにVPNブロックされる可能性が低くなります。

4. NordVPN:どのデバイスでも簡単にESPNをストリーミングできる、使いやすいアプリ

注目ポイント ESPNのストリーミングに最適なワンクリックVPN接続を備えた使いやすいアプリ
通信速度 最大 92 MbpsでスポーツのHD生配信視聴にも最適
サーバーネットワーク アメリカ国内には16箇所サーバーロケーションがあり。計111カ国に6,476台のサーバーを設置
同時接続台数 同時に10台でESPNの視聴が可能
日本語アプリ あり
日本語サポート
  • ナレッジベース
  • メール

NordVPNのアプリは、直感的で使いやすいのでESPNのストリーミングをスムーズに開始できます。操作は簡単、ワールドマップ、検索バー、クイックコネクト機能、サーバーリストがわかりやすく表示されています。さらに、検索バーの上には最近使用したサーバーが5台まで表示されますので、該当のサーバーをクリックするだけで接続することができます。

A screenshot of NordVPN's world map UINordVPNのワールドサーバーマップでESPNのサーバーが簡単に見つかります。

複数の米国サーバーを試しましたが、いずれのサーバーでもESPNのスポーツ中継を問題なくストリーミングできました。唯一の欠点は、少し離れた州のサーバーだと接続するのに1分程時間がかかることがあったことです。しかし、同じ州にある別のサーバーに切り替えるのは簡単で、即座に接続できました。

NordVPNの全プランには30日間の返金保証がついているので、ESPN視聴でNordVPNのパフォーマンスを十分試せます。

便利な機能

  • NordLynx。NordLynxはWireGuardをベースにしたNordVPN独自のプロトコルで、高速ストリーミングができるように設計されています。そのため、ESPNの視聴にもお勧めです。
  • キルスイッチ。NordVPNのキルスイッチは、VPN接続が予期せず切断された場合に自動的にネット接続を遮断し、オンライン上のプライバシーを保護します。

5. Surfshark:同時接続台数が無制限で、複数の端末からESPNを同時視聴できる

注目ポイント 同時接続台数が無制限 なので家族全員の端末からESPNを視聴可能
通信速度 全体的に高速だが、離れた州のサーバーは速度が若干低下
サーバーネットワーク アメリカ国内には22箇所サーバーロケーションがあり。計100カ国に3,200台のサーバーを設置
同時接続台数 1つのサブスクリプションで全デバイスに接続可能
日本語アプリ あり

Surfsharkを使えば、何台のデバイスからでもESPNを同時視聴できるので、毎回ログアウトする手間が省けます。家族利用に便利で、Amazon Fire TVではNFL、ノートパソコンではNBA観戦、タブレットではMaxなど、各自のデバイスで同時接続が可能です。Surfsharkを検証したところ、使用するデバイスに関わらず一括して使いやすいアプリであることがわかりました

A screenshot of streaming ESPN while connected to Surfshark.Surfsharkは複数のデバイスに同時接続中も高品質で視聴できました。

スピードに関しては、ローカルサーバーでは高速でしたが、アメリカの遠くの州のサーバーを試したところ、約35%の速度低下が発生しました。ただ、私のネットは高速だからかもしれませんが、時折画像のブレは発生したものの、バッファリングすることなくESPNを視聴することができました。ですので、ローカルのネット通信速度が十分であれば、HDでのストリーミングは問題なくできるかもしれません。

Surfsharkは30日間の返金保証が付いていますので、ESPNの視聴に向いているかどうか安心して試せます。

便利な機能

  • バイパス機能。Surfsharkのスプリットトンネリングを使用すれば、VPNをバイパスするサイトやIPアドレスを設定できます。ESPNを設定するとストリーミング時の速度を最速化できます。
  • スピードテスト内蔵。このツールを使えば米国内のサーバー速度も確認できますので、ESPNを視聴するのに最速のサーバーを見つけられます。

ESPNにオススメのVPNの選び方のポイント

以下は、ESPNでVPNをテストした際に当サイトが評価したポイントです。ご自身でVPNを検証したい際などにご活用ください。

  • ストリーミングサービスに対応している。ESPNのコンテンツはESPN+以外でも配信されているため、その他のプラットフォーム(YouTube TV、Huluなど)で動作するVPNにポイントを追加しています。
  • 米国にサーバーが多い。ESPNやその他ストリーミングサービスを利用するには、現地のサーバーに接続する必要があります。
  • 高速通信。VPN接続時の通信低下速度を最小限に抑えられるVPNを優先しました。速度低下が少ないほど、バッファリングなしで生配信やオンデマンドのスポーツをストリーミングできます。
  • 使いやすさ。この記事でお勧めしたVPNはVPNの初心者でも使いこなせます。どのアプリも使いやすく直感的で、複数の接続方法を提供していますので、2〜3クリックでESPNの視聴を開始できます。
  • 安心の返金保証。返金保証が付いていればVPNを気軽に試せますし、満足できない場合も簡単に返金してもらえます。

ESPNの生配信を視聴できるサイトは?

ここでは、ESPNをライブ視聴できるストリーミングサービスをご紹介します。これらのサービスは海外で利用可能なものもありますが、ESPNのコンテンツはアメリカのみで視聴可能ですのでご注意ください。その他の国から視聴しようとすると、このような画像が表示されます:

Screenshot of アメリカ国外でESPN+を見ようとすると、「予期せぬエラーが発生しました」という画面が表示されます。

VPNを使えば、理論的にはこれらのプラットフォームで視聴可能ですが、アメリカ国外からESPNを視聴する目的でVPNを使うことは、ほとんどのストリーミングサービスの利用規約に反します。また、著作権侵害になる可能性もあり、vpnMentorはこのような行為を容認していません。

ESPNの公式サイト

ESPNは、アメリカのケーブルテレビプロバイダーからログインして動画やテレビコンテンツを視聴できる専用サイトがあります。ケーブルなしでESPNの生配信を見るには、以下のような様々なストリーミングサービスから視聴が可能です。

ESPN+

ESPN+はストリーミングとオンデマンドコンテンツ用のプラットフォームです。ライブイベントや「ジ・アルティメット・ファイター(略称:TUF)」のような生配信チャンネルでは視聴できない番組も視聴できます。アメリカでのみ視聴可能です。

fuboTV

fuboTVのスターターパックには、ESPN、ESPN2、ESPN3、ESPNU、ESPNewsが含まれます。なお、fuboTVは長期プランに加入する前に7日間の無料トライアルを試せます。パッケージにもよりますが、250時間から1,000時間のDVRストレージが利用できます。「ファミリー共有」にアップグレードすると、同時に3台のデバイスで視聴ができます。

Sling TV

Sling TVのオレンジプランでは、ESPN、ESPN2、ESPN3を始めとする31チャンネルを視聴できます。なお、ESPNU、ESPNews、ESPN SEC Network、ESPN SEC Network+にはSports Extraアドオンが必要となります。また、50時間のクラウドDVRストレージを提供しており、Amazon Fire TV、Roku、Macbookなど、すべての主要デバイスに対応しています。

Hulu + Live TV

Hulu + Live TVは、ESPN、ESPN2、ESPNews、ACCネットワーク、SECネットワークを配信しています。Huluの公式サイトでは、デスクトップブラウザからストリーミング視聴が可能で、Android、Apple TV、ゲーム機用のアプリをダウンロードすることもできます。また、Huluの認証情報を使ってESPNアプリでESPN3を視聴することもできます。

本サービスでは、無制限のクラウドDVRストレージ、オンデマンドストリーミング用ライブラリ、85以上のチャンネルが利用できます。また、2画面での同時視聴も可能です。ただし、Hulu + Live TVは、無料トライアルを提供していません。

YouTube TV

YouTube TVは、ESPN、ESPN、ESPN U、ESPNews、ESPN Deportesを配信しています。また、好きな試合を録画して後で見ることもでき、追加料金やストレージの制限はありません。14日間の無料トライアルがあり、最大6台までの同時接続が可能です。

Vidgo

Vidgoは、ESPN、ESPN Deportes、ESPNU、ESPN2、ESPNewsを含む150以上のチャンネルがある、格安ストリーミングサービスです。また、3画面同時ストリーミングが可能で、すべての主要デバイスに対応しています。新規加入者は7日間のトライアル期間があります。

DirecTV

DirecTVは、ESPNを生配信している他、数百のテレビ番組やオンデマンドコンテンツを配信しています。ESPNはDirecTVの206と1206チャンネルで視聴できます。DirecTVに加入するとESPNアプリでオンデマンドコンテンツにアクセスできます。

Amazon プライム

Amazon プライムビデオは、最も人気なストリーミングサービスの1つです。Amazon プライムのチャンネル経由でESPNとESPN2に加入できます。ただし、Amazonプライムアカウントがないと利用できません。

VPNでESPN生配信を視聴する際によくある質問

ケーブルなしで、イギリス、ブラジル、カナダ、ヨーロッパでESPNを視聴するには?

ESPNのコンテンツ配信はアメリカ国内に限定されています。ESPNのスポーツコンテンツをストリーミングする権利を持っているのはアメリカの放送局だけだからです。VPNに接続すればESPNを視聴できますが、お勧めはできません。VPNを使用して視聴する行為は、ストリーミングサービスの利用規約に違反したり、著作権侵害になる可能性もあるからです。

ESPNは無料でライブ視聴できますか?

はい、ESPNは無料でライブ視聴する方法があります。fuboTV、Vidgo、YouTube TVなどの無料トライアルを利用することです。ただし、これらのサービスはすべてアメリカ国内でしか利用できないため、アメリカ国外にいる場合は利用できません。

ESPNは、どのデバイスで生配信を視聴できますか?

ESPNはすべての主要なデバイスとプラットフォーム上で視聴できます。ストリーミングサービスは、Windows、macOS、iOS、Androidに加え、Samsung、Vizio、Apple TV、スマートTVに対応しています。スマートTVを持っていない場合は、Roku、Kodi、Fire Stick、またはゲーム機を使うことも可能です。なお、この記事で紹介したVPNはすべて、さまざまなデバイスに対応しています

ESPN+のブラックアウトを回避するには?

アメリカ国内の他の州のIPに変更する必要がありますが、違法となる可能性があります。例えば、VPNを使用して別の州のIPアドレスを取得することは、ストリーミングサービスの規約に違反する可能性があります(あるいは著作権法に違反する可能性もあります)。ESPNをHDでストリーミングする際は、高速なVPNを使うのがベストでしょう

ESPN+でVPNが機能しないのはなぜですか?

すべてのVPNがESPNに対応しているわけではありません。安定したサーバーがあり、ストリーミングに十分な速度が出るVPNを選びましょう

なお、以下の方法で問題が解決する可能性があります。

  • IP・DNS漏洩防止機能付きのVPNを使用する。アプリの設定でこの機能をオンに切り替える必要があるかもしれません。
  • VPNのカスタマーサポートに問い合わせる。24時間365日のチャットサポートがあるVPNをお勧めします。
  • ブラウザのクッキーを消去するか、別のブラウザを試す。
  • VPNサーバーを変更するか、ストリーミングに最適化されたサーバーを使用する(利用可能な場合)。
  • 別のトンネリングプロトコルを使用する。VPNのトラフィックを隠すのに優れたプロトコルや高速プロトコルがあります。WireGuard、OpenVPN、Lightway、NordLynxがお勧めです。

無料VPNでESPNを視聴できますか?

無料VPNがESPNやストリーミングサービスで機能することはほとんどありません。無料VPNは大抵の場合、通信速度がストリーミングには遅すぎるためです。返金保証のある信頼できるVPNを利用する方が良いでしょう。そうすれば、HDでライブスポーツを快適にストリーミングできます。

また、無料VPNは、ESPNのストリーミングができないよう、意図的に速度やデータ使用量を制限することもあります。さらに、サーバーネットワークが小さいので、トラフィックが混雑しています。さらに、無料VPNは、あなたのブラウジングデータを追跡し、広告を表示することもあります。中には、ユーザーのデータをサードパーティに販売したりインストーラーにマルウェアを組み込んだりといった、危険なものもあります。

ESPNで何が視聴できますか?

ESPNは、ライブゲーム、イベント、ニュース、スポーツ分析、ドキュメンタリー、映画など、スポーツ関連の幅広いコンテンツを配信しています。ESPNは、米国および世界中の様々なスポーツやイベントをカバーしています。ISP(インターネットサービスプロバイダー)の速度・データ量制限がかかっている際などにVPNを使用すれば、ESPNのライブスポーツストリームHDで快適にストリーミングすることができます。

ESPN+は、オリジナルコンテンツを提供するオンデマンドストリーミングサービスです。ジ・アルティメット・ファイター(略称:TUF)、ESPN スポーツドキュメンタリー「30 FOR 30」、E60スポーツジャーナリズム、その他の番組を独占配信しています。

ケーブルなしで今すぐESPN生配信を視聴しよう

高性能なVPNを使用すれば、インターネットサービスプロバイダーの速度・データ量制限がかかっている際などでもESPNのライブスポーツストリームHDで快適にストリーミングすることができます。この記事で紹介した各VPNはどれも速度制限を回避でき、高速通信ですのでHDでライブスポーツイベントを視聴できます。

今回検証した中で一番ESPNにお勧めなのは、ExpressVPNです。全サーバーが高速でアプリも使いやすい他、30日間の返金保証もついていますので、リスクなしでExpressVPNを試すことができます

まとめとして、ESPNの生配信視聴にオススメのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
83% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.6 /10
9.6 当社のスコア
72% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
86% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヘンドリック・ヒューマンはvpnMentorのライターを務めており、VPNの比較とユーザーガイドを専門分野としています。テクニカルおよびサイバーセキュリティのライターとして5年以上の経験を持ち、さらに企業ITのバックグラウンドも有します。VPNサービスの検証やさまざまなユーザーのニーズに応えるべく分析に力を注いでいます。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。

この記事を改善する方法についてコメントをお願いします。あなたのフィードバックが重要です!

コメントする

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

名前は少なくとも3文字以上で入力してください

入力欄の内容は、80 文字を超えないようにしてください。

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

有効なメールアドレスを入力してください

name%%さん、コメントありがとうございます!

私たちは48時間以内にすべてのコメントをチェックし、本当のコメントであり、悪意がないことを確認します。その間にこの記事をシェアしてください。