当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

ダークウェブの入り方│日本で安全に入る方法!2024年

クリスティーン・ヨハンセン ファクトチェッカー:クリスティーン・ヨハンセン 編集主任

ダークウェブとは、インターネット上で最も問題視されている危険な場所。Torブラウザなど、一部のブラウザでしかアクセスできません。「犯罪者が法に触れずにやり取りする場所」という印象が強いと思います。確かに、このイメージはある意味正しいものの、ダークウェブ上のサイトにアクセスする正当な理由はたくさんあるのです。

ダークウェブの最大のメリットは匿名性ですが、匿名なのはネットワーク内だけ。インターネットプロバイダなどは利用者がダークウェブに入ったことを見られるので、違法行為をしていなくても警察に通報される場合があります。

VPNを使うと、ネット通信は暗号化されてからプライベートサーバーに転送されますから、プライバシーをしっかり守れます個人情報を隠し、監視やハッカー、トラッカーなど、ダークウェブに多いサイバー脅威から身を守れるわけです。

最強のセキュリティ対策には、ExpressVPNがおすすめです。厳格なノーログポリシーを遵守しており、軍レベルの暗号化で匿名性を守ってくれます。安心の30日間返金保証付きなので、ExpressVPNをリスクなしで体験してみましょう。満足できなかった場合、簡単に全額を払い戻してもらえます。

今すぐリスクなしでExpressVPNをお試しください!

【クイックガイド】3ステップで簡単!日本で安全にダークウェブに入る方法

  1. VPNを入手します。ExpressVPNがおすすめです。安全性が高く、非常に高速で、複数のプライバシー機能がありますから、ダークウェブに入る際に匿名性をしっかり守れます。
  2. Torをダウンロードします。Torのダウンロードページを開き、デバイスを選びます。設定に進むか、そのまま接続しましょう。なお、Torブラウザは日本語を含む37言語に対応しています。
  3. ダークウェブを閲覧しましょう!Torを開く前にVPNに接続すると、最も安全にブラウジングできます。

今すぐ安全にダークウェブにアクセスしましょう!

ダークウェブとは?

ダークウェブとは「表層ウェブ」と「深層ウェブ」の下にある、3層目のインターネットです。ここでは、各層にどのようなものがあるか、大まかに解説していきます。

表層ウェブ(Surface Web、サーフェスウェブ)

表層ウェブは「クリーンウェブ」とも呼ばれ、通常のブラウザ(ChromeやFirefox、Safariなど)でいつでもアクセスできるインターネット領域です。Googleで検索してアクセス可能な、インデックスに登録されたページはすべて表層ウェブに存在します。閲覧できるのはサイト管理者が認めた情報だけであり、バックエンドのファイル、アカウントページ、アーカイブなどにはアクセスできません。

表層ウェブの例として、eBayなどのオンラインショップの商品ページが挙げられます。しかし、アカウントにログインしない限り、サイトで見られるもの、できることは限られています。アカウントにログインすると、ディープウェブに入ることになります。

深層ウェブ(ディープウェブ)

ディープウェブとはプライベート層のことで、パスワードで保護されていることが多い領域です。インターネットの96%を占める、最大のインターネット領域でもあります。ディープウェブのページは検索エンジンにインデックス化されないため、単に検索するだけではアクセスできません。特定のリンクまたはログイン情報を持っている人だけがアクセス可能なインターネット領域です。

ディープウェブの例として、クラウドドライブ、サイトのアカウントページ、医療記録、クレジットカード情報、報告書などが挙げられます。ほとんどの場合、ディープウェブ上のページにアクセスするには、特定のURLとパスワードが必要です。例えば、会社のデータベースはディープウェブ上に存在します。

ダークウェブとディープウェブは混同されやすいですが、別物です

ダークウェブ

ダークウェブはインターネットの3層目であり、見つけるのが一番大変な領域です。ダークウェブ上のサイトは、通常のブラウザを使ってもアクセスできません。URLの構造も、表層ウェブやディープウェブのサイトとは異なります。ダークウェブ上のサイトのURLは、アルファベットと数字で構成されたランダムな文字列であり、拡張子は「.com」ではなく「.onion」です。表層ウェブとディープウェブは通常のウェブブラウザでアクセスできるのに対して、.onionサイトにアクセスするには特殊なソフトが必要です。ダークウェブに入るには「Torブラウザ」が最もよく使われていますが、FreenetやRiffle、I2Pなどのネットワークも存在します。ダークウェブは一切規制されていないため、合法なサイト・活動もあれば、違法サイトや違法行為も見かけます。

Torなどのダークウェブ用ブラウザを使っても、ある程度しか安全を守れません。ダークウェブ用ブラウザは、特定のネットワークにアクセスするためのゲートウェーに過ぎないので、対策せずにダークウェブに入ると、インターネットプロバイダに知られてしまいます。また、監視やハッカー、サイバー犯罪者に個人情報が盗まれる恐れがあります。しかし、VPNに接続してからダークウェブに入れば、安全を強化できます。

ExpressVPNで安全を守りましょう!

ダークウェブは違法ですか?

ダークウェブはほとんどの国で合法です。違法行為をしない限り、トラブルに巻き込まれることはないはずです。ただし、検閲が厳しい国(中国やアラブ首長国連邦など)では、ダークウェブのアクセスは全面的に禁じられています。法的なトラブルに巻き込まれないように、お住まいの地域の法律を守ってください。

渡航先あるいは居住地でダークウェブが合法でも、Torなどのダークウェブ用ブラウザを使ったことを理由に監視されることもあります。ダークウェブは、警察が違法行為(人身売買、薬物や武器の取引など)を行う犯罪者を捕まえるためのツールとしても使われているのです。ここでは、ダークウェブと関連のある、有名な事例をいくつかご紹介します。

  • Silk Road(シルクロード)
    以前、ダークウェブには「Silk Road」というサイトがあり、Amazonのようにさまざまなものが取引されていました。正当な目的のために生まれたサイトだったのですが、薬物や武器、偽造書類など、違法な物品のマーケットプレイスになってしまいました。サイトの管理者は、表層ウェブで本当のメールアドレスを使ってサイトを宣伝したため、逮捕されました。
  • AlphaBay(アルファベイ)
    Silk Roadが閉鎖された後、AlphaBayで麻薬や銃器などの違法売買・取引が行われるようになりました。AlphaBayの所有者が逮捕された理由は、弱いパスワードと実際のメールアドレスを使い、暗号化を行わなかったなど、セキュリティ上の失態でした。
  • アシュレイ・マディソン事件
    ネットで話題になった事件です。ハッカー集団がAshley Madisonという不倫サイトの利用者の個人情報を漏洩したのです。多くの人生が台無しになってしまいましたが、ハッカー集団は逮捕されていません。

このような事例を見ると、ダークウェブに対して否定的な印象を持ってしまいますが、ダークウェブがあるからこそできる、合法で有益な活動もあるのです。ダークウェブに入る場合、閲覧するのは評判の良い信用できるサイトだけにしましょう。また、追加のセキュリティ対策を行い、安全をしっかり確保しましょう。

ダークウェブでできること

ダークウェブに入ると、さまざまな有益な活動を行えるようになり、幅広い情報にアクセスできるようになりますが、個人を特定されないようにするのはとても大切です。対策せずにTorを利用すると、ハッキングやトラッカー、マルウェアなどさまざまな脅威の危険にさらされてしまいます。とは言え、安全な利用を心がければ、ダークウェブの恩恵を受けることができます。

ここでは、ダークウェブのメリットをいくつかご紹介します。

  • 言論の自由
    ネット検閲が厳しい国では、ダークウェブを利用することで、危険にさらされずに自由にコミュニケーションを取れるようになります。
  • 犯罪者や不正行為をした著名人を摘発できる
    ジャーナリストや告発者は、匿名で安全に内部情報を共有・受け取ったり、事件調査を行ったりするためにダークウェブを使っています。
  • 製品をより格安で購入できる
    ダークウェブで安く買えるものとして、電子機器やセキュリティソフトなどが挙げられます。ただし、ダークウェブでの買い物は危険なので、ビットコインで支払い、信頼できるサイトからのみ購入するようにしましょう。
  • 資料を調査できる
    ダークウェブでは、電子書籍や研究論文などの資料が無料で公開されています。
  • 匿名でやり取りできる
    ダークウェブ上にはオンラインコミュニティや支援サイトがあり、身元を明かさずに情報を得たり、アドバイスを受けたりできます。
  • 医療に関する相談ができる
    何らかの症状があり、健康について心配事があれば、ダークウェブを通して医師に相談できます。健康状態について他人に知られたくなかったり、病院の診察を受けるお金がなかったりする場合に役立ちます。

ダークウェブを利用したい場合、事前にサイトを調べておくことをおすすめします。通常のブラウザを使って、どのサイトなら信用できるか調べましょう。信用できる.onionリンクに関する情報はネット上でたくさん見つかります。ExpressVPNなどのセキュリティ専門家が提供している情報を集めましょう。

役立つ安全なダークウェブのサイトをまとめました。

  • Daniel
    ダークウェブのほかのWebページを探すのに役立つ総合サイトで、カテゴリやキーワードからページを探せます。サイトが動作しているか確認することもできます。
  • ProPublica
    質の高い調査報道が行われています。
  • Hidden Answers
    匿名で質問できる、Quoraやヤフー知恵袋のようなサイトです。
  • Imperial Library
    読み物が好きな方におすすめです。ジャンルを問わず、大量の本を無料で読めます。
  • Hidden Wiki
    ダークウェブサイトのリンクが見つかりますが、Danielとは違い、リンク切れになっていることもあります。
  • SecureDrop
    ジャーナリストと共有したい情報がある場合、このサイトにアクセスしましょう。

ExpressVPNで安全を守りましょう!

知っておきたい!ダークウェブに潜む危険

ダークウェブは一切監督されていないため、アクセスするたびにネットの脅威にさらされます。ダークウェブにどのような脅威があるのかきちんと知り、対策を講じれば、簡単にリスクを回避できます。

ダークウェブに多い危険として、次のようなものが挙げられます。

マルウェア

ダークウェブに入ると、さまざまな危険にさらされます。DDoS攻撃などのサイバー攻撃、ボットネット、その他のマルウェアやウイルスなど脅威が蔓延しているのです。間違ったURLを入力したり、悪質なファイルを誤ってダウンロードしたりすると、ウイルスやマルウェアに感染する恐れがあります。デバイスに悪影響が及ぶかもしれませんし、最悪の場合、個人情報が流出する可能性もあります。

このような危険を防ぐため、目的をはっきりさせてからダークウェブに入ることをおすすめします。事前にサイトについて調べ、信頼できるリンクを書き留めておきましょう。

危険な行為

盗難文書や偽造文書の使用、麻薬や武器の取引など、ダークウェブでは犯罪行為が横行しています。さらに、雇われ暗殺者や児童ポルノ、さらには殺人のライブ配信なども存在します。日本でこのようなページを誤って閲覧し、そのことが他人に知られてしまうと、法的に罰せられる可能性があります

このような危険または違法な状況を避けるために、ダークネットサイトを詳しく調べてからアクセスするようにしましょう。

偽サイト

ダークウェブでは、個人情報への不正アクセスは容易いもの。トロイの木馬、フィッシング、不正サイト、悪質なプログラムなど、ハッカーはさまざまな手口で情報を盗もうとしています。間違ったボタンをうっかりクリックしただけで、パソコンの情報がすべて流出することもあります。さらに、パソコンのカメラやマイクが乗っ取られ、いつの間にかライブ配信されていたという事例もあります。

ダークウェブ上のURLはランダムな文字列なので、よくよく確認しなければ偽リンクを認識できません。フィッシング詐欺などに引っ掛かりやすく、機密ファイルや財務データ、キー入力、その他の個人情報が監視、盗難される恐れがあるわけです。絶対にデータが漏洩しないよう、ダークウェブを閲覧する際は必ずVPNを使ってください

監視

ダークウェブで活動する犯罪組織を捕らえるため、警察はダークウェブに偽サイトを立ち上げ、犯罪活動を追跡しようとしています。だれがサイトにアクセスしているか調べられるようになっているのです。あなたが偶然そのようなサイトを閲覧した場合、個人を特定されてしまいます。違法行為をしなくても、地域によってはTorなどのブラウザを使っただけで警告されることがあります。

なお、Torはアメリカ政府が生み出したものですから、政府が監視している可能性は常にあります。ブラウジングアクティビティを警察に通報されないようにするには、違法行為が行われているサイトは絶対に閲覧しないことです。やはり、きちんと調べたうえで、アクセスするのは信頼できるサイトだけにしましょう。

安全にダークウェブにアクセスしましょう!

手順を解説!ダークウェブの安全な入り方【日本版】

安全を守るため、Torブラウザは公式サイトからダウンロードしてください。外部サイトからダウンロードするのはおすすめしません。また、ブラウジング中はウィンドウサイズを変えないようにしましょう。ブラウザフィンガープリントという手法でハッカーに情報を収集される恐れがあります。ダークウェブにアクセスする前に、Torブラウザの初心者ガイドをお読みください

WindowsにTorをダウンロードする方法

  1. VPNをゲットします。ExpressVPNが一番おすすめです。軍レベルの暗号化と自動キルスイッチにより、個人情報の漏洩を確実に防げます。
  2. 任意のサーバーに接続します。直近のサーバーが最速です。 The ExpressVPN app with indication of where to find the Smart Location, for the fastest server available通常、ExpressVPNのスマートロケーションに接続すると、最速の通信でブラウジングできます
  3. Torをダウンロードします。Torブラウザのダウンロードページにアクセスし、Windows版のインストーラをダウンロードします。 Screenshot of the Tor official website, where its software can be downloaded for various devices and browsersクリックすると、ダウンロードが直ちに開始します
  4. インストールファイルを開きます。言語を選び、インストールウィザードを進めます。 The Tor website prompting a selection of language for the installer tool, with a drop-down list to select from言語はアルファベット順に表示されます
  5. インストールを済ませましょう。インストールが完了すると、次にどうするか、2つの選択肢が表示されます。 Screenshot of the Tor browser installing on Windows with a progress percentage barインストールが完了したら、「Tor Browserを実行」にチェックを入れて「完了」をクリックします
  6. 接続するか、Torの設定を行います。Torをインストールしたら、「接続」と「設定」という2つのボタンが表示されます。制限されたネットワーク、あるいは検閲国家でブラウジングする場合は「設定」をクリックしてください。お住まいの地域でTorが検閲されているか、プロキシを使用しているか聞かれ、「Pluggable transport」の設定を手伝ってくれます。そうでない場合は「接続」をクリックし、ブラウジングを始めましょうScreenshot of the Tor browser already installed, prompting the user to either connect or configure as the next stepプロキシを使用している場合、プロキシの種類、IPアドレス、ポートを入力します

MacにTorをダウンロードする方法

  1. VPNを入手します。ExpressVPNがおすすめです。軍レベルの暗号化とデータ漏洩対策が備わっていますから、匿名でダークウェブに入ることができます。
  2. 任意のサーバーに接続します。通常、サーバーが近いほど通信が速くなりますから、直近のサーバーを選びましょう。「スマートロケーション」をクリックすると、アプリが最速のサーバーに自動接続してくれます。

    ExpressVPN's MacOS app, displaying server locationsExpressVPNのサーバーネットワークは大規模なので、好きな国に接続できます

  3. Torをダウンロードします。Torのダウンロードページにアクセスし、Mac用インストールファイルを取得しましょう。

    The Tor download webpage with indication of where to click to download Tor for OS Xクリックすると、ダウンロードが直ちに開始します

  4. ファイルをアプリケーションフォルダに移動しましょう。すると、インストールが開始します。

    Screenshot showing how to install Tor on Mac OS by dragging the Tor Browser icon to the Applications folderTorブラウザをアプリケーションフォルダに移動するように指示されます。ほかのアプリと同じ場所にTorが保存されます

  5. Torに接続するか、設定します。図書館や職場など、Torの通信をブロックするネットワークでは、「設定」をクリックします。お住まいの地域でTorが検閲されているか、プロキシを使用しているか聞かれ、「Pluggable transport」の設定を手伝ってくれます。そうでない場合は「接続」をクリックしましょう。ブラウジングできるようになります

    A progress bar showing Tor's configuration steps on a Mac OS deviceプロキシを使用している場合、プロキシの種類、IPアドレス、ポートを入力することになります

LinuxにTorをダウンロードする方法

  1. VPNをダウンロードしましょう。ExpressVPNがおすすめです。軍レベルの暗号化と厳格なノーログポリシーにより、オンラインアクティビティのプライバシーを常に守ることができます。
  2. VPNに接続します。新しいターミナルを開き、「ExpressVPN connect」というコマンドを実行します。スマートロケーションに自動接続したい場合、「ExpressVPN connect smart」というコマンドを実行しましょう。
  3. Torランチャーをダウンロードします。FlatHubでTorのダウンロードページに遷移し、Linux用ランチャーをダウンロードします。

    The Tor Browser Launcher page on Flathub, where Linux users can install Tor「Install」をクリックしましょう。Torのインストールファイルをダウンロードできます

  4. ファイルをインストールします。ダウンロードフォルダ(あるいはTor Launcherのダウンロード先)でファイルを開きます。

    Screenshot showing how to locate the Tor Browser Launcher within Linux under Torブラウザランチャーを開いたら、「インストール」をクリックします。完了するまで数分待ちましょう

  5. Torに接続するか、設定します。LaunchをクリックしてTorを起動しましょう。「接続」と「設定」という2つのボタンが表示されます。Torがブロックされているネットワークでブラウジングする場合、「設定」をクリックします。お住まいの地域でTorが検閲されているか、プロキシを使用しているか聞かれ、「Pluggable transport」の設定を手伝ってくれます。そうでない場合は「接続」をクリックし、ブラウジングを始めましょう

    Tor on Linux, prompting the user to either connect to begin browsing or configure the app's network settingsプロキシを使用している場合、プロキシの種類、IPアドレス、ポートを入力します

今すぐExpressVPNをお試しください!

Torの設定方法

  1. Torのアドオンを管理しましょう。安全を強化するため、Torのアドオンはすべて有効にすることをおすすめします。ハンバーガーメニュー(三本線アイコン)をクリックし、[設定] > [アドオンとテーマ] をクリックしてください。安全なHTTPSサイトだけを許可するアドオン「HTTPS Everywhere」、信頼できないサイトでJavaScriptを無効にする「NoScript」があるはずです。HTTPS EverywhereとNoScriptはデフォルトで有効になっていますが、必要に応じてTorの設定から簡単に無効化できます。

    Tor's extension preferences, indicating how to enable, disable, and manage HTTPS Everywhere and NoScriptHTTPS EverywhereとNoScriptを無効にするサイトを指定することもできます

  2. セキュリティレベルを設定しましょう。安全を強化したい場合はTorのセキュリティレベルを「最も安全」にしましょう。ブラウザ画面右上の盾アイコンをクリックします。「変更」をクリックすると、「プライバシーとセキュリティ」の設定画面が表示されます。

    The Tor browser homepage with indication of where to locate the shield icon for adjusting security level preferencesセキュリティレベルは「標準」「より安全」「最も安全」の3択です。なお「より安全」または「最も安全」を選ぶとスクリプトなどのコンテンツが無効になり、サイトが正常に動作しなくなる場合があります

  3. 安全にダークウェブに入れるようになりました! VPNに接続してからTorを開くのが最も安全です。

今すぐExpressVPNをお試しください!

日本で安全にダークウェブに入るのにおすすめのVPN【2024年】

1. ExpressVPN:ダークウェブに一番おすすめのVPN。プライバシーをしっかり守り、スピードも驚異的

  • 最先端のプライバシー機能がオンラインアクティビティの漏洩を防止
  • 超高速。Torをスムーズに閲覧できる
  • 日本を含む105か国に3,000台のサーバー。位置情報をしっかり隠せる
  • 同時に8台を接続可能
  • 利用可能なサービス:Tor、Freenet、Invisible Internet Project(I2P)、ほか多数
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応
  • 知識ベース、メールサポート、チャットサポートは日本語OK
2024年3月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNはトップクラスのプライバシー機能があり、ネットの利用状況をだれにも知られないようにすることができます。サーバーはすべてRAMのみで実行されているので(TrustedServerテクノロジー)、再起動されるたびにデータがすべて消去されます。データは一切保存されないので、共有することもできません。また、「Private DNS」を実行しているため、ダークウェブの通信はExpressVPN独自の暗号化されたDNSサーバーを経由することになります。ダークウェブでのアクティビティをだれも盗聴できないわけです。

Screenshot showing ExpressVPN's TrustedServer Technology webpage on its website.このような保護機能があるExpressVPNなら、ネット上でプライバシーをしっかり守れます

ExpressVPNは厳格なノーログポリシーを遵守していますから、アクティビティに関するデータは一切保存されません。本社は5・9・14アイズ同盟の管轄外にあり、政府と情報を共有する義務がないのも安心です。もちろん、データを保存していませんから、データ開示請求を受けても応じられません。

トップクラスのプライバシー機能のほかに、AES 256ビット暗号化やDNS・IPアドレスの漏洩対策など、強力なセキュリティ機能もそろっています。データ漏洩対策は、個人情報と位置情報をハッカーやサイバー犯罪者に知られないようにするのに必須です。当てになるか調べるため、外部ツールを使って実験したところ、データ漏洩は一切検出されませんでした。

「Network Lock」というキルスイッチもあります。万一VPNの不具合が生じた場合、ネット通信を遮断してデータ漏洩を防いでくれます。キルスイッチの効果を調べるため、サーバーを切り替えてみました。別のサーバーに接続されるまでの15秒間、インターネット接続は無効になっていました。

ExpressVPNは、Lightwayという独自のセキュリティプロトコルも開発しています。安全を妥協せずに通信を高速化するように設計されており、OpenVPNなどの従来的なVPNプロトコルより高速です。

Screenshot showing ExpressVPN's protocol selection menu on Windowsセキュリティ企業による独立監査でLightwayの安全性が確認されています

Torブラウザを使うと、データはリレーやノードを介して移動します。少なくとも3台のサーバー(リレー)を経由して出口ノードに到達するため、Webページの表示が遅くなってしまいます。しかし、ExpressVPNのLightwayプロトコルを使ったところ、速度がほとんど低下せずにTorを閲覧できました。接続前は50Mbpsだったのですが、ExpressVPNに接続後は46Mbpsで、通信は8%しか遅くならなかったのです。

特定のアプリの通信だけVPNで守りたい場合、スプリットトンネリング機能が便利です。TorのブラウジングデータだけVPNを経由させ、ほかのアプリやブラウザ、ゲーム、P2Pファイル共有ソフトの通信は通常のインターネット接続を使うように設定できるのです。設定はほんの数分で完了します。ダークウェブとの通信だけ保護することで、ローカルネットワークの速度に影響しないようにすることができます

ExpressVPNは国際的な動画配信サービスを見るためにも役立ちます。アメリカ版など各国のNetflixライブラリ、Amazonプライムビデオ、Hulu、HBO Max、Twitchなどだけでなく、Abema TVやTVer、GYAO!など、国内サービスも利用可能です。

料金は$6.67/月~で、他社より高めなのが唯一のデメリットでしょう。しかし、ExpressVPNは定期的に割引キャンペーンを行っています。年間プランに加入したところ、契約が無料で3ヶ月延長されました。一番オトクなのは長期プランで、Backblazeという暗号化されたクラウドストレージを1年間無料で使えます。

さらに、30日間返金保証もありますから、安心してExpressVPNを体験できます。満足できなかった場合、全額を返金してもらいましょう。サービスを26日間使ってから返金保証を守っているか実験することにしました。24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせ、利用体験についていくつか質問に答えるだけでOKでした。返金の申請はすぐに承認され、3日後に口座に振り込まれていました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. CyberGhost:日本でも海外でもブラウジングアクティビティを隠すNoSpyサーバーが便利

  • ダークウェブ閲覧時に「NoSpyサーバー」がプライバシー保護とセキュリティ対策を強化
  • 100か国に11,690台のサーバー(東京にもサーバーあり)。位置情報を隠せる
  • 高速。ページの読み込み速度の低下を抑え、Torのブラウジングも快適に
  • 同時に7台を接続可能
  • 利用可能なサービス:Tor、Freenet、Invisible Internet Project(I2P)、ほか多数
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • Android、iOS、macOSアプリは日本語に対応
2024 3月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

プライバシーとセキュリティを強化したい場合、CyberGhostのNoSpyサーバーが役立ちます。暗号化されたこのサーバーは、ルーマニアにあるCyberGhostの本社にあり、資格を持つ職員しか扱えません。第三者に干渉されるリスクを抑えているのです。日本と同様、ルーマニアは5・9・14アイズ同盟に非加盟ですから、ExpressVPNのようにCyberGhostも政府機関に情報を開示する義務はありません。

Screenshot showing CyberGhost's list of NoSpy servers in Romania世界各国の動画配信サイトのアクセス制限を回避したり、トレントを高速ダウンロードしたりするための特殊サーバーもあります

256ビット暗号化やDNS・IPアドレスの漏洩対策、キルスイッチなど、最先端のセキュリティ機能がそろっています。ノーログポリシーもありますから、ユーザーデータが保存されることは一切ありません。ipleak.netでデータ漏洩テストを行った結果、漏洩は一切検出されませんでした。ダークウェブを閲覧しても、データと実際の位置情報は絶対に公開されません。

些細なことですが、CyberGhostのデメリットは、長距離サーバーはExpressVPNほど速くないことです。とは言え、今回試したアメリカサーバーの平均速度は常に40Mbps以上で、速度は20%しか低下しませんでした。大した欠点ではありません。アメリカはかなり遠いので、驚異的な結果です。ここまで高速なら、ダークウェブもスムーズに閲覧できます。

CyberGhostのサブスクリプションプランは複数ありますが、長期プランはとてもお得です。また、年間プランは返金保証が延長されます(1ヶ月プランの返金保証は14日間)。3年プランを選んだ場合、CyberGhostはわずか$2.19/月で、かなり低価格だと言えます。

CyberGhostは45日間返金保証がありますから、じっくり体験できます。35日間使った後、カスタマーサポートに問い合わせて返金を希望しました。担当者に解約理由を聞かれましたが、その後すぐにリクエストが承認され、1週間以内に返金されました。

今すぐCyberGhostをお試しください!

3. Private Internet Access:MACE機能がダークウェブで広告とマルウェアを阻止

  • ダークウェブを閲覧中、MACE機能が広告とマルウェア、トラッカーをブロック
  • 日本を含む91か国に29,650台のサーバーがあり、位置情報をしっかり隠せる
  • 高速。妨げなくダークウェブをブラウジングできる
  • 同時に無制限台を接続可能
  • 利用可能なサービス:Tor、Freenet、Invisible Internet Project(I2P)、ほか多数
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応
2024 3月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

PIAに搭載されている「MACE機能」は、広告をブロックし、マルウェアとトラッカーからシステムを守ってくれます。プライバシーのため、ダークウェブブラウザには広告ブロッカーなどの拡張機能はインストールしないことが推奨されていますが、MACEはTorに対応しているので、頼もしい存在です。MACEを試したところ、Webページ内の広告と一部のポップアップがブロックされました。

PIAが提供しているのは標準的なセキュリティ機能だけではありません。256ビット暗号化を選ぶこともできますが、わずかに弱い128ビット暗号化に切り替えると速度を改善できます。128ビット暗号化でもダークウェブで十分に安全を確保できます。キルスイッチもカスタマイズ可能で、データを2台のサーバーに経由させて二重に防御する「マルチホップ機能」もあります。

PIAの唯一のデメリットは、本拠地が5アイズ同盟の加盟国アメリカであることです。しかし、PIAがノーログポリシーを守っていることは何度も実証されていますから、安心です。刑事事件の捜査のためにユーザーデータの引き渡しを求められたことが数回あったのですが、もともとデータを保存していないので応じませんでした。

サブスクリプションプランは複数ありますが、長期プランが一番手頃です。2年プランを選べば、PIAをわずか$2.03/月でゲットできます。匿名で加入したい場合、仮想通貨での支払いにも対応しています。

PIAは30日間返金保証がありますから、安心してお試しください。満足できなかった場合は返金を申請しましょう。試しに、26日間使ってから24時間年中無休のライブチャットで問い合わせて解約を申請しました。すぐに処理され、わずか4日後に口座に振り込まれていました。

今すぐPrivate Internet Accessをお試しください!

ダークウェブで安全を確保するその他のアドバイス

ダークウェブに入る正当な理由はたくさんありますが、さまざまな危険にさらされるのも事実です。ExpressVPNのような信用できるVPNを使うと、ダークウェブで身を守れます。ただし、できるだけ安全にブラウジングするために、安全上の注意事項をしっかり押さえておきましょう。

VPNを使うほかにも、次のような対策を講じてください。

  • セキュリティソフトを導入しましょう。セキュリティソフトはサイバー攻撃対策の強化に効果的です。ソフトウェアは定期的にアップデートしてください。新しいバージョンがリリースされたのに古いバージョンを使い続けると、最新の脅威をブロックできません。
  • 別のメールアドレスを使いましょう。普段使っているメールアドレスではなく、ダークウェブ専用のメールアドレスを準備してください。ProtonMailなどの暗号化されたメールアドレスを取得すると良いでしょう。
  • 個人情報は絶対に明かしてはいけません。自分の顔写真を載せたり、本当の電話番号や氏名を入力したりするのは絶対に避けてください。
  • ビットコインで支払いましょう。支払いはクレジットカードではなく、ビットコインで行いましょう。ダークウェブで買い物する際に匿名性を高めることができ、支払い情報の盗難を防げます。
  • 買い物は、信用できるサイトでのみ行いましょう。買い物をする前に、安全な取引サイトなのか調べておきましょう。
  • 不要なアプリとサービスはすべて終了しておきましょう。例えば、OneDriveなどのクラウドサービス、銀行アプリ、ストリーミングアプリなどは閉じてください。そのような情報源から個人情報を盗まれるのを防げます。
  • 位置情報サービスをオフにしましょう。GPSまたは位置情報サービスが有効になっている場合はオフにしてください。実際の位置情報が公開されるのを防げます。
  • アドオンは避けましょう。Torブラウザは一部のプラグイン(Flash、RealPlayer、Quicktimeなど)を自動的にブロックします。プラグインの管理はTorの開発者によって行われず、悪意を持った者によって実際のIPアドレスが漏洩する事例が報告されています。また、ブラウザのアドオンや拡張機能はブラウザフィンガープリントという技術でユーザーを追跡するために悪用されることもあります。
  • TorブラウザでJavaScriptを無効にしましょう。2013年に、JavaScriptが提供するセッション情報を使ってユーザーを追跡できることが発見されたからです。
  • Torブラウザの画面の大きさは変えないでください。ブラウザフィンガープリントを用いて追跡される恐れがあります。
  • カメラとマイクを物理的に隠しましょう。マスキングテープなどを使って目隠ししてください。そうすれば、サイバー犯罪者にデバイスを乗っ取られても、盗撮・録音されません。
  • しっかり調べてからサイトにアクセスしましょう。アクセスするのは、信用できるリンク・サイトだけにしてください。
  • クリックする際は十分注意してください。ポップアップや広告をクリックしてはいけません。不審な要求にも応じないでください。
  • ダウンロードしたファイルはオフラインにしてから開きましょう。ダークウェブからファイルをダウンロードした場合、ファイルを開く前にインターネットをオフにしてください。ネットに接続された状態で開くと、実際のIPアドレスが漏洩する恐れがあります。
  • セキュリティを重視したOSを使いましょう。例として、TAILSが挙げられます。また、取り外し可能なドライブで起動するようにしましょう。そうすれば、Torネットワークでパソコンを識別されにくくなります。

今すぐ安全にダークウェブにアクセスしましょう!

【よくある質問】安全にダークウェブにアクセスする方法

スマホやiPad、Chromebookでダークウェブのサイトにアクセスすることはできますか?

スマホとiPadでTorにアクセスすることは可能ですが、iPadは推奨しません。また、ChromebookではTorにアクセスできません。TorはAndroidとiOS向けのアプリがあります。ただ、これらのデバイスはデータを守りませんから、スマホでダークウェブにアクセスしたい場合はVPNでセキュリティ対策することを強くおすすめします。この記事でご紹介したVPNはiOS・Androidアプリがありますし、業界最先端のセキュリティ機能も備わっていますから、ブラウジング中も最高水準のプライバシー保護を実現してくれます。

Androidでダークウェブにアクセスするには、「Orbot」と「Orfox」をダウンロードする必要があります。「Orbot」はTorネットワークに接続するためのもので、「Orfox」はブラウザです。iOSデバイスでダークウェブにアクセスするには、Onion Browserアプリが必要です。このようなアプリをダウンロードする際は、カメラとマイクを隠すのをお忘れなく。

残念ながらChromeOSで使える公式のTorアプリはありませんから、Chromebookでダークウェブに入ることはできません。

日本でダークウェブに入る際はVPNが必要ですか?

ダークウェブに入る場合、VPNを使って安全を守ることを強くおすすめしますTorネットワーク内では匿名になれるものの、インターネットプロバイダはあなたがダークウェブに入ったことを見られるからです。違法行為をしていなくても、Torの使用は犯罪活動と関連することが多いので、警察に通報されたり、回線契約が停止されたりする可能性があります

さらに、ダークウェブに入るとさまざまなサイバー脅威の危険にさらされます(ハッカーによるデータの盗難、マルウェア、ウイルスなど)。VPNを使うことで匿名になることができ、個人情報が保護されますから、安全にダークウェブを閲覧できます。

無料VPNを使ってダークウェブに入ることはできますか?

できますが、おすすめできません。ダークウェブ上のアクティビティを確実に守るには、高品質で評判の良いVPNサービスを使ってください

無料VPNは、有料サービスほど安全ではありませんし、動作も不安定です。実際のIPアドレスを漏洩した無料VPNもあり、ハッカーや警察にデータを盗聴される恐れがあります。帯域使用量と速度も制限されていますし、うっとうしい広告とポップアップも大量に表示されます。この記事でご紹介したVPNは安心の返金保証がありますから、危険を承知で無料サービスを使う価値はありません。

Torのほかにダークウェブに入る方法はありますか?

Torなしでダークウェブに入る方法はありますが、アクセス可能なサイトと安全性がそれぞれ異なります。どのブラウザにも言えることですが、ダークウェブの利用には危険が伴いますから、VPNを使って安全にブラウジングするようにしましょう

Torとは別のネットワークとして、「I2P」が挙げられます。I2Pでは特定のサイト(eepsite)しかアクセスできないため、アクセスできるサイトはTorほど多くありません。また、Torより設定が困難です。ダウンロードとインストールが完了したら、ルーター、個々のアプリ、あるいはブラウザプロキシ設定から手動で設定しなければなりません。

I2Pの強みについて、Torより高速で、一方向のトンネルで通信を暗号化するため、ピア間でのやり取りがより安全です。つまり、盗聴できるのは上り通信または下り通信のどちらかであり、両方傍受することはできません。また、I2Pは分散型ネットワークデータベースを使用しているので、Torの固定された信用されているディレクトリサーバーより攻撃を受けにくいという特徴もあります。

Freenetからダークウェブに入ることもできます。I2Pのように、閲覧できるのはFreenetにアップロードされたコンテンツだけであり、.onionリンクにはアクセスできません。ピアツーピアでコンテンツを共有する匿名の場所、というイメージです。Freenetでは、「ダークネットモード」というコンテンツ共有を目的としたプライベートグループを作成できます。ネットワーク上のほかのピアにランダムに割り当てられたい場合、「オープンネットモード」を使うこともできます。I2Pと同様、分散型ネットワークデータベースを採用することで、サイバー攻撃に対する安全性を高めています。

Freenetの設定は簡単です。ダウンロードしてインストールするだけで使えます。開くとウェブブラウザで自動的に起動するので、プライバシーを守るために普段とは別のブラウザを使うことをおすすめします。なお、Freenetにコンテンツをアップロードするためにサーバーは必要ありません。コンテンツが人気であれば、Freenet上に存在し続けます。

ダークウェブの検索エンジンはありますか?

はい。いくつかあります。ただ、データ収集のためにハッカーが仕掛けたサイトや、デバイスに有害なファイルを含むサイトがありますから、ダークウェブの検索エンジンで見つけたサイトにアクセスするのは危険が伴います。検索エンジンで見つけたサイトにアクセスする前に、安全なのかきちんと調べましょう。また、安全性の高いVPNで個人情報を保護してください。

ダークウェブの検索エンジンは、Googleなど、普段使っている検索エンジンとは見かけが違います。また、探しているものを効率的に見つけることもできません。ダークウェブは絶えず変化していますから、検索エンジンはその変化についていけないのです。関係のないサイトや同じサイトばかりヒットする傾向があります。

とは言え、定評のある便利な検索エンジンとして、次のようなものが挙げられます。

TorオーバーVPNとVPNオーバーTorの違いは?

違いはインターネット通信の順序です。「TorオーバーVPN」の場合、データはVPNサーバーを経由してTorネットワークに送られます。一方、「VPNオーバーTor」では最初にTorネットワークに送信されます。

どちらもVPNを使わないよりはマシですが、Torを利用する場合はログを保持しないVPNを使うようにしましょう。そうすれば、Torネットワークに入ったことを監視組織に知られません。VPNを使っていることしか見られないのです。

なお、Torブラウザさえも「VPNオーバーTor」は避けることを推奨しています。VPNオーバーTorでは、データがTorネットワークに送信されてからVPNを経由するため、インターネットプロバイダにTorの使用を知られてしまいます(IPアドレスは見られませんが)。

ダークウェブが停止、閉鎖されない理由は?

ダークウェブを閉鎖するのはほぼ不可能ですし、違法行為や不正行為の捜査のために世界中で活用されているからです。ダークウェブをつなぐサーバーは世界中に数千台ありますから、政府が1台差し押さえたとしても、何の意味もありません。ほかのサーバーによって存在し続けられるのです。

Torネットワークは、情報通信を保護するためにアメリカ政府が開発したものです。犯罪者を特定したり、抑圧された地域の活動家と連絡を取ったりするために役立っていますし、犯罪者を捕まえるために政府当局が作成したサイトもあるほどです。そのようなサイトに誤ってアクセスして法的なトラブルに巻き込まれないようにするために、ダークウェブに入る際はしっかり対策することをおすすめします。

安全にダークウェブに入りましょう!

今すぐダークウェブでプライバシーを守りましょう

ダークウェブが危険な場所なのは間違いありませんが、有益な目的のためにも使われています。調査や不正摘発、匿名でのやり取り、犯罪行為の捜査など、さまざまな場面で役に立っているのです。

さまざまなメリットがありますが、ダークウェブに入る際はきちんと対策するのが大切です。サイトを訪問する前に、違法ではないか、危険ではないか必ず調べましょう。VPNを使うと匿名になることができ、個人情報の保護にも効果的です

安全にダークウェブに入るには、ExpressVPNがおすすめです。安全性が高く、ブラウジングアクティビティのプライバシーを確保してくれます。返金保証付きなので、安心してお試しください。満足できなかった場合、30日以内に問い合わせれば、全額を返金してもらえます。

まとめとして、安全にダークウェブにアクセスするのにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

クリスティーンは、全世界で安全にネットに接続するよう提唱するコピーライターで、いつも旅行を続けています。彼女の専門はVPNとサイバーセキュリティです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。