VPNルーターとは?素早くインストールする方法

VPNルーターをセットアップするのは意外と簡単です。ネットワーク全体を簡単に保護して、ネットワーク内の端末を守りたい場合に役立ちます。

自宅でも職場の事務所でも、VPNルーターを使えばVPN通信を何人でも利用することができます。

強力で安全な暗号化簡単にネットフリックスをアンブロックできること、一定地域のみ利用できる割引を利用したりインターネット通信を高速にするなど、長所はたくさんあります。最高なのは、簡単にこのような機能を他人と共有できることです。

すでにVPNサービスを利用している人はアプリやクライアントを通じて以上のような機能を利用していることでしょう。では、VPNルーターの魅力は何なのでしょうか?手間をかけてセットアップするべき理由は何なのでしょう?

このガイドを読めばその答えが分かりますし、他にも便利な情報が盛りだくさんです。また、簡単にルーターをセットアップできる素晴らしいVPNサービスもいくつかご紹介しますのでご期待ください!

素早く読みたい部分にジャンプするには以下の目次をご利用ください。

目次

VPNルーターが必要(かもしれない)理由

まず、VPNルーターを利用する目的はパソコンやモバイル端末でVPNを利用するのと全く同じです。違いはそのスケールです。

つまり、 ExpressVPNNordVPN などのプレミアムVPNを既に利用している方は、いかに簡単に通信を暗号化して安全にインターネットを利用できるかご存知でしょう。しかしVPNクライアントを使っていると、プロバイダが許可している端末数しか接続できません。また、自分の端末しか接続できません。

VPN接続を利用できる数に制限があるのです。しかしVPNルーターを使えばこの問題を解決することができます。また、他にもルーターからVPNを使うことにはユニークなメリットがあります。

VPNルーターのメリットをまとめました。

  • 無制限の接続が可能
    ルーターからVPNサーバーに接続すると、何台でも端末を利用できるようになります。また、暗号化された接続を友達やお客さんなどと共有することができ、アカウントを共有する必要がなくなります(ほぼすべてのVPNサービスでアカウントの共有は利用規約違反となっています)。
  • プラットフォームがより柔軟に利用できるようになる
    スマートテレビをご利用ですか? Apple TV、AmazonファイアTV、Chromecastなどのストリーミング機器を利用していますか? 残念ながらこのような端末はVPNに対応していませんが、VPNルーターに接続すると保護できるようになります。一部のプロバイダはこのようなプラットフォーム専用のサービスを提供しています(例えばExpressVPNはメディアストリーマーDNSがあります)が、VPNルーターを使うと暗号化だけでなく世界中のコンテンツにアクセスできるようになります。
  • 一つのログインだけで永久に利用できるようになる
    VPNにログインするのを忘れたり、パソコンやスマホの電源を入れたりするときにクライアントが自動的に有効になるように設定し忘れる人がたくさんいます。
    VPNルーターをセットアップすればそのような心配はありません。1回だけログイン情報を入力すればずっと保護されるのです。いつも複数の端末でVPNを利用している場合、VPNルーターを使う方が実用的で効率がいいのです。
  • 24時間週7日間VPN接続を有効にできる
    お気に入りのVPNサーバーがあり、それをいつも利用しているという人は、ルーターの電源さえ入っていれば、そのサーバーに接続しっぱなしにすることができます。VPNクライアントの自動接続機能を有効にすれば簡単にできますが、VPNルーターをセットアップすることでさらに簡単になります。

それでも、VPNルーターを使用することにはいくつかデメリットもあるので知っておきましょう。

  • VPNルーターは(一般的に)価格が高い
    ほとんどの場合、VPNルーターは安価ではありません。ルーターでVPNソフトウェアを起動するには正しい機能やスペックが必要になり、普通の端末では不十分なのです。
    お金を節約して簡単に行う方法もあります。例えば高度なファームウェアでルーターをアップグレードしたり、新しいルーターが必要な場合はVPNに対応しているルーターを購入したりするなどです。これに関しては後ほど詳しくご説明します。
  • 接続している端末数が多いほどパフォーマンスが悪くなる可能性がある
    サーバーの負荷はVPNのパフォーマンスに大きく影響を与えます。慎重にサーバーを選択すればそれほど問題ないはずですが、接続数が多いほどインターネットの通信速度が遅くなる可能性が高まることを念頭に置いてください。
    通常のインターネットの速度が速いことも重要ですが、適切なVPNサービスを選ぶことも大切です。
  • サーバーの柔軟性が低い
    頻繁に2つの地点のVPNサーバーを利用しているとしましょう。VPNクライアントを使えば簡単に素早く地点を切り替えることができます。しかしVPNルーターの場合、そう簡単に切り替えられません。設定段階の際に選択したサーバーを利用する羽目になるので、他のサーバーに切り替えたい場合はルーターの設定画面から変更しなければなりません。
    ルーターの中には1つ以上のサーバーにセットアップできるものもありますが、VPNアプリほど使いやすいわけではありません。

ご覧の通り、VPNルーターには長所も短所もあるのです。しかしメリットの方がデメリットより大きいシチュエーションはいくつか考えられます。

VPNルーターを検討すべきなのはどんな時?

上で説明した通り、VPNルーターは大きな範囲でネットのプライバシー保護とセキュリティー対策を行いたい場合に役立ちます。

ジョニーを例えにしてみてみましょう。ジョニーは人気カフェの経営者です。何百人ものお客さんが毎日訪れ、コーヒーを飲みながら超高速Wi-Fiを利用しています。

ジョニーはハッカーやなりすましがネットワークを利用しないようにして、お客さんが安全にインターネットを利用できるようにしたいと考えました。

そのため、ジョニーはVPNルーターを購入しました。接続しているすべてのユーザーの機密情報を隠し、お客さんが安心してカフェのWi-Fiを利用できるようにしたのです。

サラはベンチャー企業を始めました。今のところサイバーセキュリティーの職員を雇う経費がないため、安全にインターネットを利用できるようにしてプライバシー保護を行うためにVPNルーターを利用することにしました。

ジョニーやサラと同じような状況の人は世界中にたくさんいます。あなたもそうかもしれませんね。もしそうなら、公共のWi-Fiや小規模ビジネスのためにVPNルーターの利用を検討した方が良いでしょう。

誤解のないように言っておきますが、VPNルーターのようなスケールや範囲が必要ない方もいるかもしれません。例えば、自分だけのためにVPNを利用するという場合や、時々VPNを利用するだけという人は必要ありません。

また、すべてのVPNサービスがルーターに対応しているわけではありませんし、そのような設定がないものもあります。基本的な無料VPNを使っている人はルーターでは利用できない可能性が高いでしょう。また、最悪の場合、ルーターを壊してしまうこともあり得ます。

VPNルーターへの切り替えを真剣に検討している場合(または最高レベルのVPNサービスを利用したい場合)には、ExpressVPNNordVPNなどの業界最先端のVPNプロバイダをご検討ください。素晴らしい機能や大幅割引があるのでプレミアムVPNである理由を理解できると思います。価格もかなり手頃です。

VPNルーターの入手方法

一般的に、VPNルーターを利用するには2つの方法があります。VPNに対応している端末を購入するか、可能な場合はすでに持っているものをアップグレードすることです(この作業をフラッシングと言います)。この作業をすると、主に3種類のVPNルーターが作成されます。VPNに対応したルーター、設定済みのルーター、手動でフラッシュしたルーターです。

それぞれの特徴とアドバイスをご説明します。

1. VPNに対応したルーター

こんな時に最適:より良いルーターを購入してセットアップする時間はかかるものの、お金を節約したい場合。

長所:フラッシングをしたり、設定にお金を払わないでVPNルーターが欲しい人に便利。

注目したいポイント:直感的なファームウェア、ネイティブOpenVPNサポート。

新しいルーターを買いたいけど、どれがいいか分からない場合はVPNに対応している端末がオススメです。VPN接続を許可しているファームウェアがあれば、VPNサーバーとログイン情報を入力するだけでセットアップ作業が完了します。

VPNに対応しているルーターのほとんどがVPNサービスに必要なものをすべて搭載していますが、OpenVPNプロトコルに対応しているか再確認しましょう。このプロトコルは現在最も安全なものです。

プラットフォームが何であれVPNサービスを利用するならOpenVPNを選ぶことをおすすめします。詳しくはVPNプロトコルの比較に関する記事をお読みください。

2. 設定済みのVPNルーター

こんな時に最適:ルーターを購入する場合で一番簡単に素早くセットアップできるものが欲しい場合。やや料金が高くても構わないという人にオススメ。

長所:VPNが設定済みのルーターがそのまま届きます。プロに設定してもらえれば料金がやや高くてもいいという人向け。

注目したいポイント:信頼できる販売元。

すでに設定済み(フラッシング済み)のルーターはVPNルーターの中で最もお金がかかりますが、すぐに使い始められるので便利なのが魅力的です。

この種類のルーターの最大の魅力は使いやすさです。ルーターでどのVPNサービスを利用するか選択することもできるため、好みのサーバーを選んだらセットアップ作業が完了します。

それでも設定済みのVPNルーターにはいくつか大きなデメリットがあります。

価格が高いだけでなく、信頼できるプロバイダの種類が少ないのです。Flashroutersなどの販売者は何年も信頼できるサービスを提供していますが、偽のサイトもあるので注意が必要です。

またほとんどの場合、設定済みのVPNルーターを手に入れるにはネットで購入する必要があります。あなたがどこに住んでいるかによっては経済的ではないかもしれません。配達料がかかりますし、端末でトラブルがあった場合に返品しにくいからです。

3. 手動でフラッシュしたルーター

こんな時に最適:現在利用中のルーターをアップグレードしたい、一番安い方法がいいという時。

長所:VPNをルーターが欲しいけど、最新の端末ではなくていい場合にオススメ。セットアップ作業に自信がある人向け。

注目したいポイント:便利なガイドがあるかどうか、ルーターに情報が書かれているかどうか、高度なファームウェアに対応しているかどうかを確認しましょう。

ルーターをフラッシングする方法をいくらか調べる必要がありやや難しいですが、想像するほど難しい、危険な作業ではありません。自分でVPNルーターを設定したい、新しいものを買うのに高いお金を払いたくない、という場合にオススメです。

上でも説明しましたが、「フラッシング」とは高度なファームウェアをルーターにインストールすることです。最も人気のあるのはDD-WRTTomatoです。両方とも長所があります。

2つのファームウェアについて知っておきたいことをまとめました。DD-WRTの方が多目的で利用できるオプションです。80以上のルーターブランドに対応しています。TP-Link、Tenda、D-Linkなどの会社の基本的なモデルにも対応しています。

Tomatoが対応しているルーター数はそれほど多くないものの、一般的にOpenVPNにより良く作動します。また、2つのVPNサーバーに同時に対応できるなどのユニークな機能もあり、DD-WRTよりもインターフェイスがすっきりしています。

結局はどのルーターを使うかに左右されます。フラッシング作業を行う前にDD-WRTのデータベースを確認したり、Tomatoに対応しているルーター一覧を見たりして、目的に合ったルーターだということを確認しましょう。そうしないとルーターを壊してしまう恐れがあります。

VPNルーターに最適なVPNサービス

VPNルーターの種類について分かりましたね。では併用できるVPNサービスについて見ていきましょう。

適切なVPNプロバイダを選ぶことは適切なルーターを選ぶのと同じくらい大切です。適切なものを選ぶことで、簡単にVPN保護を適用することができますが、VPN自体に問題があっては意味がありません。

このような事態を避けるには適切な信頼できるVPNサービスを利用することが重要です。

どのプラットフォームでも、VPNはいくつかの項目を満たす必要があります。通信速度、安定したサーバー、プライバシーの保証などはすべて重要な項目です。

すべての通信がVPNとルーターを経由しますから、毎日のネットの利用に十分な通信速度であることを確認しましょう。ハイビジョンでストリーミングしたり、ダウンロードやゲームにも対応できる必要があります。

地理制限を通過した経験があるならサーバー数が多いことは重要だとご存知ですね。大好きなストリーミングサービスにアクセスできるように世界中のVPN地点にサーバーがあるサービスを選びましょう

最後にネットのプライバシーを保護するため、ログなし方針があるVPNを選ぶ必要があります。パフォーマンスも大事ですが、セキュリティー対策も同じくらい重要です。VPNを利用する本来の目的はセキュリティーのためですからね。

また、ルーターに特化したVPNの機能にも注目しましょう。詳しいセットアップチュートリアルやプロバイダのサイトからカスタムファームウェアをダウンロードできると、フラッシングするのに役立ちます。

ただし、すべてのVPNサービスがルーターでの利用に適しているわけではないのでご注意ください。オススメのサービスは以下の通りです。

1. ExpressVPN

ExpressVPN benefits

ExpressVPN は最先端のプロバイダで、業界最速のサーバーを提供しています。また、プライバシー保護の面でも良いでしょう。機密のユーザーログを一切記録していませんし、アメリカのネットフリックスやニュースチャンネルなどの地理制限も簡単に通過できます。

このサービス独特のメリットはAsus、Linksys、Netgearなど複数のルーター用のカスタムVPNアプリがあることで、適切なモデルのルーターがある場合にはさらにセットアップ作業が簡単になります。

このようなルーターがなくても、ExpressVPNは色々な会社のルーターに手動で設定できる超高速VPNで、ステップバイステップのチュートリアルがあるのが便利です。

ExpressVPNはフラッシュ済みのルーターも提供しているほか、対応しているルーターすべての 詳しいセットアップガイド もあります。DD-WRTとTomatoファームウェア用のもあります。ExpressVPNについて詳しい情報とレビューは当サイトのレビューページをご覧ください。

何かトラブルが発生した場合にはExpressVPNには30日返金保証期間があるので安心ですし、返金の理由を聞かれないのもいいと思います。

今すぐExpressVPNをお試し下さい

2. NordVPN

NordVPN devices

NordVPN もプレミアムプロバイダで、経済的で素晴らしい機能性が特徴です。

このVPNはパナマに本社があり、5100以上のサーバーがあるほか、厳しいログなし方針AES-256ビットOpenVPN暗号化パーフェクトフォワードシークレシーなどの特徴があり、セキュリティー機能が充実しています。通信速度を妥協しているわけではありません。

定期的にサービスをアップデートしていますし、便利なセットアップガイドを複数のルーターで用意しており、サーバーの負荷情報などの便利な機能があるNordVPNなら低価格でVPNルーターを手に入れることができます。

NordVPNはルーター設定方法について詳しいガイドがありますし、いくつか設定済みルーターもあります。チュートリアルのページにはDD-WRT、Tomato、pfSense、OpenWRTなど複数のファームウェア用の説明もあります。この多目的で利用できるVPNについて詳しくはこちらのユーザーレビューをご覧ください

リスクゼロの30日返金保証でNordVPNをお試しください。

今すぐNordVPNをご利用ください

3. SaferVPN

safervpn-devices

最後に、SaferVPNは20ものルーターファームウェアで利用できる フラッシュ済みのルーターとガイド を用意している便利なサービスです。このVPNを初めて耳にした方はユーザーレビューをご覧ください。

今すぐSaferVPNをご利用ください

まとめ

ルーターにVPNをインストールするのは難しくありません。手動セットアップでも比較的簡単です。適切なプロバイダを選べば、正しくセットアップする方法をしっかり教えてくれます。

VPNルーターについて詳しく分かりましたね。また、VPNルーターに最適なVPNサービスもご紹介した通りです。割引やクーポンのページには最新の割引キャンペーンをご紹介していますのでご利用ください。

関連記事:

ビジネス向けVPNランキング

常にVPNを有効にしておくべきでしょうか?

VPNのセキュリティーを試すには

NordVPNは中国で利用できますが、ある秘密があります

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
待ってください! NordはそのVPNの75%ディスカウントを提供しています