当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

中国国内から禁止されているサイトにアクセスする4つの方法

ケイト・ヴィール 更新日 2024年02月12日 編集主任

中国の万里の長城は毎年1千万人が訪れる人気ツアースポットですが、中国のファイアウォールは1万ものサイトを制限していると聞くと中国への旅行が心配になりますね。

中国に住んでいる人でも、中国に旅行する人でもネットの自由が脅かされます。FacebookYouTube、ツイッター、Google をはじめとするサイトがブロックされているため、中国以外の国に住んでいる友達や家族と連絡を取り合うのはほぼ不可能になります。さらに、GmailDropboxなどのサイトもブロックされているため、仕事のメールを確認できなかったり一切仕事ができなくなったりすることもあります。中国でどのサイトがブロックされているかに関してはこちらの確認ツールをご利用ください。

ご心配なく。中国の検閲を乗り越え、好きなサイトやネットのツールを利用できるようにするためにはVPNが最も安全でおすすめのツールです。この分かりやすいガイドで知っておきたい情報をすべてお教えします

重要! 中国で好きなサイトにアクセスするにはVPNを使うのが一番確実ですが、多くのVPNは現地で使えません。そのため、ExpressVPNのように、中国で確実に使えることが確認されているVPNを選ぶのが重要です。ただし、中国では規制が頻繁に変わるため、一流VPNでも一時的に使えなくなることが時々あります。

中国国内からサイトにアクセスする4つの方法

1. VPNを利用する

一番おすすめしたい方法は中国に入国する前にVPNをインストールすることです

プロキシやブラウザ拡張機能とは違い、きちんとしたVPNを使えばデータを暗号化してくれるのでハッカーや政府の監視プログラムが解読できなくなるのです。また、世界中の地点を選択できるので簡単に地域制限を乗り越えることができます

中国政府はVPNを固く禁止しようと取り組んでいますが、今でも中国で利用できるプロバイダはいくつか存在しています

中国だけでなく、全世界で使える高性能VPNをお探しの方にはExpressVPNがおすすめです。グレートファイアウォールを回避できることを専門スタッフが定期的にサーバーを確認・更新していますし、近隣諸国に高速サーバーがあるので、いつでも世界中のコンテンツや動画を楽しめます。

ExpressVPNは軍事レベルの暗号化と高度なセキュリティー機能を提供しているので中国政府やサードパーティーなどにあなたの個人情報や実際の現在地を知られることはありません。

最高なのはExpressVPNには30日返金保証があるため、リスクなしでサービスを試してみられることです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. インターネットにアクセスする際にはトーアを利用する

トーアは安全なブラウザで、ネットワーク内で通信を複数のノードに経由させることで個人情報とインターネット利用履歴を匿名化してくれます。

中国国内からトーアのウェブサイトにアクセスしてダウンロードすることはできませんが、デベロッパーに問い合わせてクラウドサービスからダウンロードするためのリンクを送ってもらうことは可能です。メールの本文にお使いのオペレーティングシステムを明記して gettor@torproject.org宛てにメールを送りましょう。

中国政府はトーアをブロックするように努力を続けていて、一部成功しているところがあります。検閲に接続が探知されないようにするため、トーアブラウザを利用する際には難読化プロキシを稼働させる必要があります。難読化プロキシは通信を変更してディープパケットインスペクションの際にネットワーク通信がトーア経由の通信でなく普通の通信に見えるようにするものです。

パワフルなセキュリティー対策にはトーアとVPNを併用しましょう。これには2つの方法があります。トーアオーバーVPNとVPNオーバートーアです。

トーアオーバーVPNでは追加でセキュリティー対策をすることになります。VPNはデータがトーアネットワークに送信される前にVPNによってデータが暗号化されるからです。そのためエントリーノードにIPアドレスを見られるのを防止できます。さらに、インターネットサービスプロバイダにあなたがトーアを利用しているのが分からないようにすることもできます。トーアオーバーVPNをするには、VPNを接続してからトーアを稼働させます。

VPNを接続する前にトーアを開くと、VPNオーバートーアで利用することになります。データはトーアネットワークに入る時と出る時に暗号化されることになります。この方法だとVPNプロバイダはあなたの本当のIPアドレスを見ることはできませんし、インターネットサービスプロバイダにあなたがVPNを使用していると見つかりません。

3. Ultrasurf

Ultrasurfは人気のある検閲対抗フリーウェアプログラムの一つで、HTTPSプロキシサーバーを使うことでファイアウォールを乗り越えられるようになります。

このプロキシはVPNと似たように作動します。パソコンと遠隔サーバーの間にトンネルを作成してくれるのです。

VPNと違ってプロキシはブラウザからの通信しか保護してくれません。つまりメールクライアントやSkypeなど他のプログラムから送信されるデータは保護されないのです。つまり、インターネット通信の大部分がハッカーやアタッカーなどの攻撃の対象になってしまうのです。

VPNを使うとすべてのデータが暗号化され、常にしっかり保護されます。

Ultrasurfではコンピュータとサーバー間の暗号化機能はありますが、安全なサイトにアクセスする場合以外、通信している間ずっとデータが暗号化されるわけではありません。

Ultrasurfは最大で毎時1万回もサーバーのIPアドレスを変更します。これにより検閲に見つかりにくくし、ユーザーが自由にインターネットを利用できるようにしてくれます。また、アンインストールしたらインストールされたという痕跡は一切残りません。ですから誰かにコンピュータを調べられてもUltrasurfを使ったことはバレないのです。

4. Shadowsocks

Shadowsocksもネットの検閲からの自由を約束しているオープンソースのプロキシです。Shadowsocksを利用するとSOCKS5プロトコルを使ってコンピュータとプロキシサーバー間に暗号化された接続を確立します。しかしVPNとは違い、Shadowsocksはプライバシー保護のためには作られていません。検閲を乗り越えるためのものです。

Shadowsocksは端末からプロキシサーバーに送信される通信のみを暗号化し、IPアドレスは隠されません

Shadowsocksのダイナミックなプロトコルは検閲に探知されにくいものの、VPNの方がプライバシー保護と匿名性の面では断然有利です

中国の厳しいVPN制限の背景

中国ではとても厳しく逆進的なネットアクセス法や政府の監視プログラムにより検閲が厳しく、中国国内でインターネットにアクセスしようとしている人の自由が脅かされています

このような法律はサイバー犯罪を防止して処罰を与えるために導入されたものですが、弊害が多いのです。ハッカーやサイバー犯罪者は蔓延っているのにファイアウォールはFacebook、YouTube、Twitter、Googleなどのサイトをブロックしてしまっています。どのサイトがブロックされているか確認したい方は当サイトの無料ファイアウォール確認ツールをご利用ください。

実は、中国政府は中国のサイトも禁止しています。特に与党に反対するような内容のブログやニュースサイトなどは厳しく禁止されています。さらにネットのアクセスを脅かすだけでなく、市民の自由や安全も危険にさらされています

中立的なニュースサイトにアクセスできなければ情報を集めて政府の活動を批判的に見ることはできません。独裁主義的な政府の思うつぼです。

VPNを使って中国のファイアウォールを乗り越えることはできるのでしょうか?できる時とできない時があります。

中国政府に認可されていないVPNの運用は禁止されています。認可されているVPNサービスはユーザーの情報を政府に横流ししている可能性が高く、監視を支援していることも考えられます。また、そのようなVPNがファイアウォールを乗り越えられる可能性は極めて低いでしょう。

これではVPNのプライバシー機能は意味がありません。セキュリティーツールよりトラッカーのような役目を果たしているからです。

外国のVPNサイトの多くはファイアウォールによってブロックされてしまっていますから、中国国内からアカウントを開設することはできません。ですからすでに中国にいるという場合や中国に行く前にVPNを入手しなかった場合は以上でご紹介した方法で自由なインターネットを手に入れましょう。

中国に旅行に行く予定の場合は中国でオススメのVPNを入手するのをお忘れなく。オススメのVPNは簡単に中国のファイアウォールを乗り越えられることが確認済みで安心してご利用いただけます。

まとめ

検閲や政府の監視で中国からインターネットを利用したい人の自由が奪われています。中国政府は与党の考
えに逆らうようなサイトをブロックし続けていますが、世界中の自由活動家は一生懸命活動して市民や旅行者のプライバシーを取り戻そうと取り組んでいます

トーアやUltrasurfなどのプログラムでファイアウォールを通過できるようになるものの、旅行前にVPNをインストールするのがベストです

ExpressVPNの49%割引を今すぐご利用ください!

関連記事:

中国に最適なVPN
中国のファイアウォール確認ツール
中国でFacebookにアクセスする方法
中国でWhatsAppを利用する方法
中国でブロックされているサイト一覧

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ケイト・ヴィールは2018年からvpnMentorの執筆と編集を担当しています。より多くのユーザーがオンラインの脅威から身を守れるよう様々なインサイトを提供しています。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。