2020 10月最高のログなしVPN 5選【プライバシーを確実に保護】

トレント、ストリーミング、セキュリティー対策、プライバシー保護などVPNを利用する目的が何であれ、ログなし方針は最重要ポイントとして検討する必要があります。

ほとんどすべてのVPNプロバイダは通信や接続ログなどの機密情報を削除していることを明記しています。宣伝のためでもありますが、ログを保存していなくてあなたに最適なVPNを見つけられたと思っても、思ったほどログ方針が厳しくなくプライバシーも重要視していないことが判明することが多いです。

透明性のあるしっかりしたVPNで、本当にログなしであることを確認するためにはどうすればいいのでしょうか?

ここで私たちの出番です。たくさん調査や試験を重ねてプライバシー方針を検証した結果、現在市場で最高のログなしVPNをこの記事でご紹介します。

最高のログなしVPN

  1. NordVPN はパナマに本社があり、しっかりしたログなし方針があります
  2. ExpressVPN は一切ログを記録しておらず、超高速通信なのが特長です
  3. CyberGhost は明白に情報公開している報告書があるので本当にログを記録していないことを実証しています
  4. ProtonVPN とその親会社はプライバシー保護に責任を持って取り組んでいることで知られています
  5. Private Internet Access はFBIの捜査でログを記録していないことを実証しました

最高のログなしVPN

1. NordVPN:パナマに本社があり、信頼できるサービス


NordVPN devices
  • 30日返金保証
  • 本部はパナマにあるのでログやデータを監視、保存、共有しない
  • 明白なプライバシー方針
  • キルスイッチで故意にIP漏洩が発生するのを予防
  • たくさんのセキュリティー、P2P、ストリーミング機能

NordVPNはログに関する意見を明確に公開しています。これはプライバシー保護に気を使っている人には嬉しいことです。プライバシー方針には簡潔に1段落にまとめてログについて明記しています。「NordVPN.comの開発したプライバシーツールを使っている間にあなたの活動は監視、記録、ログ、保管されず、サードパーティとも共有されません。」

もちろん、プロバイダは書きたい放題でき、でたらめを掲載する場合もあります。ですから本当に重要なポイントを見ていきましょう。NordVPNはパナマに拠点があり、データ保管や公開法に従わなくていいのです。

とは言え、NordVPNのウェブサイトではアカウントや支払い情報に関する情報を収集しています。これはプライバシー侵害に結びつくことではありませんが、仮想通貨を使って匿名で支払うことで支払い情報の入力を避けることができます。

NordVPNは機能が豊富です。キルスイッチ、OpenVPNへの対応、ストリーミングやトレントのために最適化されたサーバーなどたくさんの機能があるのでネットで何をしてもプライバシーを守ることができます。ダブルVPN、特設IPなどのセキュリティー対策機能を追加することもでき、さらに対策を強化することができます。

今すぐ入手

2. ExpressVPN:一切ログなしの超高速サービス


ExpressVPN devices
  • 通信ログは一切保存しません
  • 本部は英国領バージョン諸島にあるのでデータ保持・報告に関する法律に従う必要なし
  • 非常に高速
  • 30日返金保証
  • 多様なプレミアム機能(キルスイッチ、スプリットトンネリング、メディアストリーマー、DNS漏洩保護など)
ExpressVPNの最新割引 2020 10月: こちらの割引で1年契約に加入すると3か月分を無料プレゼント! この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

英国領バージン諸島に本部を置いているExpressVPNもプライバシー保護を最重要課題として取り組んでいます。プライバシー方針は充実していて非常に詳しく書かれています。最も重要なのは、このVPNはデータ保持法の対象ではなく、外国からの情報公開請求はバージン諸島の最高裁判所からでないといけないということです。

ExpressVPNはシステム内に機密情報のログは保管していないと明記しています。2017年後半にトルコの捜査の結果、ExpressVPNサーバーは重要なメールやソーシャルメディアの投稿を削除するために利用されたことが分かりました。このプロバイダはIPアドレス、DNSクエリ、通信データ、インターネット利用履歴などを保管しないためユーザー情報を全く公開できなかったのです。

素晴らしいサーバー地点とユーザーを特定できるような情報を保管しないことからExpressVPNは最も信頼できるサービスの一つとなっています。それだけではありません。このVPNはP2Pやコンテンツの制限解除、ストリーミングまで、プライバシーを守りながらすべてのニーズに応えることができます。

このような理由から、ExpressVPNを愛用している人がたくさんいます。

また当社の試験によるとExpressVPNは現在市場で最も高速なVPNとなっています

今すぐ入手する

3. CyberGhost:明白に情報を公開し、信頼できるVPN


CyberGhost devices
  • 接続ログも通信ログも保存しない
  • 詳しいプライバシー方針はしっかり考え抜かれている
  • 「ノースパイ」サーバーがあるのでサードパーティによるホスティングの必要なし
  • P2Pと制限解除に対応しているものの、通信速度はまあまあ
2020年ハロウィン期間限定割引:CyberGhostの3年プランが83%オフです!期間限定なので今すぐご利用ください!現在利用可能なVPN割引やオファーはこちらの割引ページをご覧ください。

ログなし方針はネットを安全に利用するのに必要だと知っているけど複雑なインターフェイスをナビゲーションできないという初心者にCyberGhostは最適なVPNです

このサービスはルーマニアに本部を置いており、この国は個人のプライバシーを守ることに力を入れていることで有名です(2012年にヨーロッパのデータ保持法を拒否した国の一つです)。Cyberghostは厳しいログなし方針を守れるということです。通信や接続に関するデータは監視、保管されていません。

それでも、IPアドレスなどの一部の個人情報や支払い情報は詐欺予防のために収集されます。しかし支払い情報は匿名化された状態で保存され、ユーザー活動を特定するのには使えないということをはっきり示しています。

もう一つの素晴らしいプライバシー機能は「ノースパイサーバー」です。これはクラウドファンディングで提供されている機能です。CyberGhostは独自のサーバーを所有し、現場で管理できるようになったということを意味します。このようなサーバーはサードパーティの関与が全くなく、それに起因するリスクもありません。

CyberGhostならインターネットサービスプロバイダ、ハッカー、その他の監視から完全に隠れるために役立ちます。すっきりしたインターフェイス、P2P共有への対応、設定済みの便利なプロフィールなど、このVPNは実用的でプライバシーを保護してくれるので安心してインターネットを利用できるようになります。

今すぐ入手

4. ProtonVPN:プライバシー保護に真剣なVPNサービス


ProtonVPN devices
  • 本部はスイス
  • 親会社は暗号化とプライバシーに力を入れていることで有名
  • 「セキュアコア」は追加料金なしでダブルVPN機能を提供
  • 通信制限はあるものの、無料クライアントあり
  • 仮想通貨での決済は可能だが困難

真のログなしVPNがあるかは論争の余地がありますが、ProtonVPNはそれに限りなく近いサービスです。スイスに拠点を置いているこのサービスはProtonMail(世界最大の暗号化メールサービス)の開発に携わった人たちによって開発されているため有望なVPNです。

ProtonVPNで唯一保存されている情報はログインタイムスタンプです。それだけなのです。他のプロバイダが最小限の接続ログを保存していますが、このVPNが記録している情報はさらに少ないです。さらに、タイムスタンプはログインに成功するたびに上書きされます。

IPログはもちろん、通信ログも一切ログされません。VPNの本部が置かれている国も注目ポイントとなっています。スイスはアメリカとヨーロッパの法律管轄地区外で、データ保護とP2P活動に関する法律は比較的寛容なのです。

その反面、スイスは最近怪しげな監視法を可決しています。インターネットサービスプロバイダや遠距離通信会社は接続メタデータを1年間保存しなければならないと義務づけたのです。これはスイスのVPNすべてに適用されますがプロトン技術AG(VPNの所有会社)は公式に主要遠距離通信会社には分類されないためこの法律の対象外であることを発表しています。

ProtonVPNはプライバシーを重視している人は検討したい格別なプロバイダです。しかし無料版では帯域幅が制限されていたり加入プランが複雑だったり、ビットコイン決済の方法が分かりにくいなどの理由のため、トップ3位には輝きませんでした。このようなメリット・デメリットがありますからProtonVPNが本当にあなたに適しているか分からない、と思う人もいると思います。利用者からのレビューを読んでじっくりご検討ください。

今すぐ入手

5. Private Internet Access (PIA):FBIがログなし方針を実証


Private Internet Access devices
  • ログなし方針が実証済み
  • 最も安価なVPNの一つ
  • P2P共有に対応
  • キルスイッチ機能を搭載
  • ZcashやBitcoin Cashを使って匿名の支払いも可能
  • アメリカに本部があるのでプライバシーがやや心配

アメリカに本部があるものの、Private Internet Access はプライバシー保護に関して文句なしのVPNです。行いは言葉よりも雄弁だといいますが、PIAも行いでプライバシー保護への姿勢を強調しています。

証拠に2016年にPIAはFBIから犯罪に関する捜査の召喚令状を受け取りました。PIAはLondon Trust Media株式会社が運営しているのですが、この会社はプライバシー方針に基づいてユーザーの活動を一切ログしていないことを伝え、ユーザーの個人情報の保護に対する約束を守ったのです。

同年後半にはロシアのプライバシーを侵害する新しい法律に対抗するためにロシアのサーバーをすべて閉鎖しプライバシー保護への体制は変わっていないことが示されました。一部のユーザーには残念なことかもしれませんが、PIAがログに関する方針を真剣に実践しているのは多くのユーザーに喜ばれています

ですからPIAは色々な組織に情報を明かすように指示されていてもログを一切保存していない体制は変えていません。そのため市場で最も信頼されているプロバイダの一つとなっています。それでもこのVPNはNSA(米国国家安全保障局)と同じ国に本部があるのは心配です。エドワードスノウデンはNSAは色々な部分に干渉していて公平さには興味がないことを暴露しています。ユーザーのPIAに対するレビューはこちらからご覧ください。

今すぐ入手

真のログなしVPNでプライバシーを保護しましょう

しっかりしたログなし方針は必要不可欠です。市場に出回っているほとんどのVPNはログを保存しないことを保証すると宣伝していますが本当かどうかは分かりません。この記事では実際に約束通りプライバシーを守ってくれるプロバイダを以上でご紹介しました。

今すぐNordVPNの無料トライアルを!

この記事が役立ったことを祈っています。もし役立ったならこの記事を共有してください。本当にプライバシーの守られたVPNを皆さんに使っていただきたいからです

トレントを素早く安全にするのに最適なVPNをお探しですか? トレント用に最適なVPNに関する記事をご覧ください。

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはNordVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在68%オフの割引キャンペーンを実施中です。

NordVPNへ

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
投票して下さり、ありがとうございました。
待ってください! NordはそのVPNの68%ディスカウントを提供しています