最高のVPNを選ぶ方法―初心者へ8つのアドバイス

VPNを検討していますか? いいですね!

VPNは多くのメリットがあります。暗号化やセキュリティー対策、匿名でインターネットサーフィンしたり別のIPアドレスを使用したりできるのです。すでに知っているでしょう?

詳しく知りたければこちらをクリックしてください。

(VPNを使うべきか迷っている人はメリット・デメリット一覧が役立つかもしれません。)

VPNを検討し始めたあなたは多くのVPNが市場に出回っているっていると気づいたことでしょう。

今のところ、300以上のVPNが市場に存在しています。あなたにピッタリのサービスを見極める方法を知りたいと思いませんか?

簡単です。VPNを何のために使いたいか判断し、それに合ったものを選べばいいだけです。

しかし気を付けなければならないことを知っていますか?

以下の一覧をご覧ください。VPNの何に注目すればいいか8つのアドバイスを紹介し、最高のサービスを選べるようになりますよ。

  1. VPNを何のために使用したいか明確に

    アップルストアに行って最初に見たノートパソコンを購入する人はいないでしょう。よく検討してから買うものです。VPNも同じようによく検討する必要があります。

    家庭全体のためにVPNが欲しいならルーターベースのVPN(または複数の端末に同時にアクセスできるもの)を探す必要があります。

    ネットで映画をストリーミングしたいなら帯域幅が無制限で接続の安定した高速VPNが必要ですね。

    それに対して公共Wifiを頻繁に利用する人や旅行の多い人は世界中にサーバーを所有していてセキュリティー対策の行き届いたVPNがおすすめです。

    何のためにVPNを使いたいかはっきりしたら、重要だと思う機能の一覧を書いて、なくてもいい機能も一覧にしましょう。そうすればどのVPNを選べばいいか判断が簡単になります。

  2. VPNの特徴を検討しよう

    VPN会社はそれぞれ優先にしているものが異なります。それは通信速度かもしれませんし、暗号化、匿名性かもしれません。あなたと価値観があっていることを確認する必要があります。

    地域的制限のかかったコンテンツにアクセスしたいなら、コンテンツの制限を解除することで有名なVPNを優先させるべきです。

    例えば、多くのVPNはネットフリックスのVPN制限を回避するのに苦戦していますが NordVPN ExpressVPN  は常にうまく対抗しています。

    ジャーナリストやプライバシーや匿名性を重要視している人はログを保存しないVPNや安全な暗号化を使用しているVPNを優先させるべきでしょう。

    VPNにキルスイッチが搭載されているかどうかやセキュリティープロトコルも確認するべきでしょう。

  3. どの端末に対応しているか確認

    ほとんどのVPNはウィンドウズ、マック、アンドロイド、リナックスそしてiOSという主要プラットホームに対応していますが、一部のVPNはすべてのプラットホームでは利用できないこともあります。

    ウィンドウズのパソコンとiPhoneを使っている人は両方に対応しているVPNを選ぶ必要があります。

    一度に何台の端末に接続できるか確認するのも重要です。無制限で接続できるVPNもあれば最高で3台という制限のあるものもあります。

  4. 利用しやすいインターフェイスのVPNを選ぼう

    多くのVPNはセットアップが困難だったりインターフェイスが分かりにくかったりします。そのため技術に詳しくない人やVPNをセットアップするのに苦戦したくない人はそのようなニーズに応えるVPNを見つけることが重要です。

    バーチャルセットアップを提供しているVPNもあり、その場合あなたは何も操作する必要がありません。

  5. 重要な地点がカバーされているか確認しよう

    一部のVPNはサーバー数と地点が判断基準であることもあります。

    人口の少ない国や発展途上国に住んでいる人やそのような場所に旅行・滞在することを検討している人はその国や近い国にサーバーがある必要があります。

    中国はインターネットサービスが制限されていることで有名で VPNがあればそのような制限や検閲に対抗できるので中国に渡航するなら必要不可欠です。

  6. どのような価格プランがいいか考えよう

    VPNを検討しているとき、価格は重要な点です。価格はVPNの機能や加入期間によって異なります。

    支払い方法も重要です。一部のVPNはBitCoinなどの匿名支払い方法に対応しているのに対し、ギフトカードを使うことで個人情報の入力が必要ないようにできるVPNもあります。

    無料VPNは興味をそそるかもしれませんがお勧めしません。お金で支払いしなくても他の方法で支払いすることになります。広告が多かったり、保護体制が不十分だったり、ストリーミングの質が悪かったりするのです。

    価格に問題があるなら大幅割引やクーポンのあるものを選んでみてはどうでしょうか?

  7. 頼りになるカスタマーサポートを提供しているVPNを選ぼう

    忘れがちですがVPNを選ぶ際に非常に重要なのは24時間週7日体制でカスタマーサポートを提供しているかどうかということです。

    VPNは常に変わり続けており、問題が発生した場合に誰かに助けを求められるというのは重要です。

    ライブチャットで問い合わせられるVPNをおすすめします。メールやチケット制は返信までに数時間、数日かかることがあるからです。

  8. 返金保証があること

    返金保証があれば、サービスに不満があった場合に返金してもらえます。

    VPNを選んで、後になってあなたに合わないということが分かったら契約を無効にするのに苦戦することになります。

    一定期間内なら返金される保証のあるVPNを探しましょう。そうすれば契約期間が終わるまで同じサービスを使い続けなくても済むようになります。めのトップVPNはすべて無料トライアルか返金保証があります。

すべてのVPNが同じサービスを提供すると誤解しないでください。

VPNを何に使いたいか、どの機能があなたのとって重要か判断すれば最適なサービスを選ぶのに役立ちます。

何百ものVPNからあなたに合ったものを探す時間がないという人は、当社お勧めのVPNをご覧ください。ほとんどの端末に対応しており、何千もの地点にサーバーを配備しており、良い価格プランやカスタマーサービスを提供していて返金保証もあります。

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
Facebookでシェアする
0
これをツイートする
0
Googleがあなたのことを十分に知らないと考えるなら共有してください
0