当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

BraveにおすすめのVPN 5選│2024年に検証

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月19日 ファクトチェッカー:ベン・ローソン 編集主任

Brave(ブレイブ)ブラウザは安全にインターネットを閲覧するのに役立ちますが、IPアドレスを隠したりデータを暗号化したりすることはできません。ネット上でプライバシーを守るには、BraveブラウザでもVPNを使うのが大切です。しかし、確実に安全を守るBrave向けVPN拡張機能を見つけるのは簡単なことではありません。VPNブラウザ拡張機能は単なるプロキシであることが多いので、通信は暗号化されませんし、機能も限られています。

Braveでは、VPNプロキシ拡張機能ではなく、デバイス全体を守るVPNアプリを活用するのがベストです。VPNアプリは、暗号化やデータ漏洩対策、キルスイッチなどさまざまな機能があり、Braveだけでなくインターネットに接続されているすべてのアプリを保護できます。

40社以上のVPNを検証したところ、BraveブラウザにはExpressVPNが一番おすすめという結果に至りました。他社サービスとは違い、ExpressVPNのChromeブラウザ拡張機能(Braveに対応)なら、すべての機能が使えます。パワフルなセキュリティ機能がありますから、プライバシーを守りつつ、安全にブラウジングできます。安心の30日間返金保証を活用して、BraveブラウザでExpressVPNを体験してみましょう。完全に満足できなければ、簡単に返金を受けられます。

BraveでExpressVPNをお試しください!

プロ厳選! BraveブラウザにおすすめのVPN 2024年

  1. ExpressVPN:ブラウザ拡張機能で全機能を使うことができ、Braveにスムーズにインストールしてプライバシーを守れます。軍レベルの暗号化で通信を守り、高性能セキュリティ機能も充実。圧倒的に速く、快適にインターネットサーフィンできます。
  2. CyberGhost:プライバシーが強化されたルーマニアのNoSpyサーバーなど、特殊サーバーが利用可能。ブラウジングセッションを防御できます。また、広告やトラッカー、マルウェアを撃退するパワフルなブロッカー機能が備わっています。
  3. Private Internet Access:カスタマイズ可能なセキュリティ機能が充実したVPNサービス。高度なキルスイッチもあります。ただし、本拠地は5アイズ同盟の加盟国であるアメリカです。
  4. IPVanish:第三者にデータを傍受されるのを防ぐため、全サーバーを自社で所有しています。ただし、ブラウザ拡張機能はありません
  5. PrivateVPN:ワンクリックでStealth VPNを有効にすると、データとVPNの使用を監視から隠せます。ただ、ネットワークは小規模で、回線が混雑して通信が遅くなることがあります。

BraveブラウザにおすすめのVPN — 完全分析【2024更新】

1. ExpressVPN:Brave拡張機能があり、パワフルなセキュリティ対策と超高速通信が魅力

  • Brave用拡張機能でVPNアプリを操作でき、全機能が使える
  • 日本を含む105か国に3,000台以上のサーバー。VPNの使用を隠す難読化機能を全サーバーに搭載
  • 同時に8台を接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(アメリカ版など多数のライブラリ)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、DAZN Japan、U-NEXT、Abema TV、ほか多数
  • 対応機器:Chrome、Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応
  • 知識ベース、メール・チャットサポートは日本語に対応

ExpressVPNのChrome拡張機能でVPNアプリのすべての機能を使うことができ、Braveに完全対応しています。VPNの拡張機能はプロキシであることが多く、IPアドレスは隠されますが、通信は暗号化されません。一方、ExpressVPNのBrave拡張機能は、アプリのリモコンのような役割を果たします。拡張機能からデスクトップアプリのセキュリティ設定とプライバシー設定を開ける仕組みです。Brave拡張機能でVPNに接続すると、ブラウジングセッションだけでなく、デバイス全体が保護されます

ExpressVPN's Brave browser extension displaying where you can click to configure the app settings「ブラウザ起動時に接続」を有効にした場合、Braveを開いたときにデバイス全体が自動的に保護されます

通信を保護するため、軍レベルの256ビット暗号化、DNS・IPアドレスの漏洩対策機能、キルスイッチ(Network Lock)がそろっています。何らかの理由で接続が切れても、個人情報は漏洩しません。データが漏洩していないか調べるオンラインツールを使って7台のサーバーを検証したところ、漏洩は一切検出されませんでした。

ExpressVPNが非常に高速である理由の1つは、独自のLightwayプロトコルが使えるからです。Lightwayは、速度低下を最小限に抑えつつ、強力なセキュリティ対策を実現するように設計されています。2台の近距離サーバーを試した結果、平均速度は51.34Mbpsでした(接続前は52.12Mbps)。日本やドイツ、オーストラリアでも、46Mbpsを下回ることはありませんでした。数千キロ以上も離れたサーバーだったので、ここまで速いのは驚異的です。オーストラリア版Netflixを3時間見ても、一度もバッファしませんでした。

ExpressVPNの本社は英国領ヴァージン諸島にあるので、プライバシーを守れると自信を持てます。というのも、英国領ヴァージン諸島は5、9、14アイズ同盟の管轄外なので、Braveブラウザの利用状況などのユーザーデータを開示する義務がないのです。ExpressVPNは厳格なノーログポリシーを守っていますから、サードパーティがデータを手に入れようとしたとしても、データは見つかりません。

些細なことですが、ExpressVPNのデメリットは、料金が高いことです。サブスクリプション料金は$6.67/月~です。幸い、ExpressVPNの公式サイトで特別割引キャンペーンが行われていることが多いので、節約できます。長期プランに申し込んだところ、契約が無料で3ヶ月延長されました。

返金保証がありますから、安心してExpressVPNを試せます。ニーズに合わなければ、30日以内に問い合わせて全額を返金してもらいましょう。保証を守っているか調べることにしました。3週間以上検証した後、24時間年中無休ライブチャットで払い戻しをリクエストしたのです。サポート担当者はとても親切で、追及されることもなくすぐに承認してくれました。3日後に返金されていました。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:ストリーミングやトレント、プライバシー保護向けの専用サーバーをBraveブラウザで使える

  • 100か国に11,690台以上のサーバー(東京にもサーバーあり)。特設サーバーもあり、安全で安定した高速通信で快適にブラウジングできる
  • ほかのユーザーと共有ではない、プライベートな専用IPアドレスを取得できる(有料)
  • 同時に7台を接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(アメリカ版、イギリス版などのカタログ)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、DAZN JP、日本版Amazonプライムビデオ、ほか多数
  • 対応機器:Chrome、Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • Android、macOS、iOSアプリは日本語に対応

CyberGhostは、プライバシー保護、ストリーミング、トレント向けの専用サーバーがあります。トレント専用サーバーを使うと、P2Pファイル共有を高速かつ安全に行えます。また、ストリーミング専用サーバーに接続すれば、世界中で人気のあるオンラインサービスのアクセス制限を回避できます。Netflix(日本版、アメリカ版)やBBC iPlayer(イギリス)、Disney+など、幅広い動画配信サービスを試したところ、すべてアクセスできました。

NoSpyサーバーは、第三者に詮索されないようにするために役立ちます。CyberGhostのルーマニア本社に位置しているので、CyberGhostの職員しか扱えません。また、ルーマニアは5・9・14アイズ同盟に非加盟なので、政府にデータ開示を請求されても応じる義務はありません。さらに、厳格なノーログポリシーを守っていますから、データが保存されない環境が整っています。

Screenshot of the CyberGhost app connected to independently-managed NoSpy servers in Bucharest, RomaniaCyberGhostのサーバーネットワークには、ストリーミングやダウンロードのための専用サーバーも用意されています

Braveで安全を強化したい場合、広告・トラッカー・マルウェアブロッカーが役立ちます。Braveでは大半の広告がブロックされますが、ときどき表示されることがあります。また、マルウェア対策機能はありませんから、デバイスが感染してしまうリスクがあるのです。そこで、CyberGhostの「Block Content」機能が便利です。アプリのプライバシー設定からワンクリックで有効にすることができます。試したところ、uTorrentのバナー広告がブロックされました。

256ビット暗号化やDNS・IPアドレスの漏洩対策、キルスイッチなど、CyberGhostは高度なセキュリティ機能があり、Braveブラウザで安全を守るのに役立ちます。BraveでYouTube動画を再生中にサーバーを切り替え、キルスイッチが作動するか実験しました。CyberGhostと再接続される間、動画の再生が止まり、接続されると引き続き再生されました。WireGuardやOpenVPNなど、複数のプロトコルに対応しています。

残念ながら、ExpressVPNと比べるとCyberGhostのChromeブラウザ拡張機能でできることはかなり限られています。VPNではなくプロキシなので、暗号化など重要なセキュリティ機能はありません。また、サーバーロケーションも4か所だけです。とは言え、CyberGhostのデスクトップアプリを使えばデバイス全体を守れますから、Braveのブラウジングセッションを保護できます。

短期プランと長期プランがありますが、長期プランは返金保証が長いのが特徴です(45日間。短期プランは14日間)。月額料金も長期プランのほうがかなり安く、わずか$2.03/月でゲットできます

45日間返金保証がありますから、BraveブラウザでCyberGhostを体験してみましょう。満足できない場合、気軽に返金してもらえます。実際に、CyberGhostを1ヶ月以上使ってから24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いしました。担当者と少しやり取りすると返金が承認され、4日後に返金されていました。

2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Private Internet Access:機能をカスタマイズし、Braveでの安全を強化

  • セキュリティ機能を調整し、安全性またはスピードを優先できる
  • 日本を含む91か国に29,650台以上のサーバー。世界中の幅広いコンテンツのアクセス制限を回避できる
  • 同時に無制限台を接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、ほか多数
  • 対応機器:Brave、Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語で利用可能

PIAはさまざまな設定を変えられるので、Braveで最強のセキュリティ対策を実現できます。PIAを手動でオフにしても、高度なキルスイッチが常にデータ漏洩を防いでくれます。接続の自動化機能(Connection Automation)も便利です。試しに、ノートパソコンをWi-Fiに接続したら自動的にVPNが起動するように設定しました。すると、Braveブラウザを使う際、PIAに自動接続されるようになりました。

Screenshot showing PIA's Advanced Kill Switch feature高度なキルスイッチを使うと、IPアドレスの漏洩を確実に防げます。VPNとの接続が切れてもデータは漏洩しません

PIA MACEを有効にすると、広告やマルウェア、トラッカーをブロックできます。BraveはDNS設定を変えられないので、これらを完全に防ぐことはできません。しかし、MACEはDNSレベルで動作して、リクエストがデバイスに到達するのを防いでくれます。つまり、Braveの広告・トラッカーブロッカーだけを使うより、効果的かつ高速でブロックできるのです。

PIAはChrome拡張機能がありますから、Braveブラウザでスムーズに使い始めることができます。ExpressVPNとは違い、PIAの場合、拡張機能のデザインはアプリとかなり違います。よりコンパクトなレイアウトなのです。アプリを操作するためには使えませんが、拡張機能からさまざまなセキュリティ設定を変えられます。例えば、ブラウジングセッションのプライバシーを強化するために、サードパーティCookieを無効化できました。ほかにも、Webカメラやマイクへのアクセスをブロックしたり、MACEを使ったりすることも可能です。

PIAのデメリットは、アメリカに本社があることです。アメリカはデータを共有する多国間協定「5アイズ同盟」の加盟国なのでプライバシーが気になります。しかし、厳格なノーログポリシーを守っていることが裁判事例で実証されており、過去10年以上にわたってPIAがデータを共有したことは1度もありませんから、安心して使えます。

プランはとても格安です。長期プランを選ぶとわずか$2.03/月で加入できます。3年プランに加入したところ、無料特典として暗号化されたクラウドストレージを1年間使えるようになりました。短期プランも機能は同じですが、暗号化されたストレージは含まれず、月額料金はかなり高くなります。

PIAの全プランが安心の30日間返金保証付きです。保証を守っていることも確かめました。PIAを2週間以上使った後で、24時間年中無休のチャットサポートに問い合わせて返金をリクエストしたのです。利用体験について質問に答えたところ、承認され、週の終わりまでに口座に振り込まれていました。

2024 2月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

4. IPVanish:接続デバイス数が無制限。Braveを使うすべてのデバイスを守れる

  • 自社所有のサーバーネットワークとノーログポリシーにより、プライバシー保護は万全
  • 75か国に2,200台以上のサーバー。地域制限がかかったサイトにアクセス可能
  • 同時接続数は無制限
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、ほか多数
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど
  • メールとチャットサポートは日本語OK
IPVanish2024 2月割引:有効なIPVanish 割引は珍しいですから、この割引が見つかったのは驚きました!こちらをクリックして今すぐIPVanishを77%オフでご利用ください!割引は自動的に適用されるのでコードは必要ありません。

この記事でご紹介した他社サービスとは違い、IPVanishは無制限のデバイスを接続できるのがポイントです。Windowsのノートパソコン、Androidタブレット、iPhone 6sを同時にIPVanishに接続してパフォーマンスを確認しました。ノートパソコンでは、Braveでウェブ版uTorrentを使ってファイルをダウンロードし、ほかのデバイスでは動画を再生したところ、通信は安定して高速でした。1つのサブスクリプションで家族全員のデバイスをカバーできます。

IPVanishはすべてのサーバーを自社で所有しているため、第三者に干渉される心配はありません。他社の場合、VPN企業だけでなく、VPN企業にサーバーを貸している組織にもデータを託すことになります。一方、IPVanishはサーバーを外部組織から借りていません。IPVanishが独自にメンテナンスを行っていますから、安心です。

Scramble機能を有効にすると通信を難読化できるので、VPNを使っていることを隠せます。ただし、ExpressVPNとは違い、アプリの設定から難読化を有効にする必要があります。自動的にオンになるわけではありません。IPVanishの検証でScramble機能を有効にしたところ、BBC iPlayerなど、地域制限がかかったサイトに問題なくアクセスできました。学校や職場などで、ネットワークのファイアウォールも回避するためにも役立ちます。256ビット暗号化、キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏洩対策もありますから、データが漏洩することは絶対にありません

Screenshot showing the security settings on the IPVanish Preferences panelIPVanishで自動再接続を有効にすると、常にプライバシーを守れます

IPVanishのデメリットは、Chrome拡張機能がないことです。Braveでのブラウジングを保護するには、デバイスでVPNアプリを実行しなければなりません。とは言え、VPNアプリを使えば、デバイス全体が保護され、ほかのブラウザのオンラインアクティビティも守れますから、拡張機能を使うより安全です。

IPVanishは短期プランと長期プランがあり、長期プランを選ぶと$3.25/月~で加入できます。短期プランよりお得ですし、30日間返金保証が適用されます(短期プランは対象外)。長期プランの特典として、マルウェア・ウイルスをブロックするVIPREも使えます。

返金保証を活用すると、リスクなしでIPVanishに加入してBraveでの使い心地を体験できます。サービスに満足できなかった場合、払い戻しを受けるのは簡単です。24時間年中無休のチャットサポートがありますが、問い合わせなくても返金してもらえます。試したところ、アカウントにログインし、[Subscriptions] > [I wish to cancel my subscription]をクリックするだけで、翌週までに口座に振り込まれていました。

5. PrivateVPN:とてもシンプルなVPNで、強固なプライバシー保護を実現

  • アプリは使いやすく、簡単に防御できる
  • 63か国に200台以上のサーバーがあり、地域限定コンテンツにアクセス可能
  • 同時に10台を接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、ほか多数
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど

PrivateVPNのアプリは使いやすく、初心者におすすめです。幅広いセキュリティ機能がありますが、シンプルビューに切り替えると、設定を変えなくても手軽に保護できます。設定やトラブルシューティングを行う遠隔サービスもあります。実際に試したところ、PrivateVPNの担当者が私のノートパソコンに接続し、ほんの数分でデスクトップアプリのインストールを行い、Braveブラウザに適した設定にしてくれました。

Stealth VPN機能は、監視から個人情報を守るのに役立ちます。ワンクリックで難読化を有効にして、Braveでのブラウジングセッションを守れるのです。Stealthはネット検閲が厳しい国で使うために設計されているので、PrivateVPNは中国でも使えます。中国で使えるVPNは少ないので、素晴らしいでしょう。

Screenshot showing the Advanced View of the PrivateVPN app activating Stealth VPN443番ポートは保護された通信のために使われているため、ブロックされることはほとんどなく、地域制限を突破するのに役立ちます

PrivateVPNは高品質のセキュリティ機能があります。キルスイッチ、IPv6の漏洩対策、256ビット暗号化により、Braveを使用中も位置情報と個人情報がしっかり隠されます。厳格なノーログポリシーを守っていますから、データを記録されることも一切ありません。さらに、本社はスウェーデンにあります。プライバシー保護法が世界的に最も厳しい国の1つなのです。

PrivateVPNのデメリットは、ブラウザ拡張機能がないことです。幸い、主要なOS向けにアプリが用意されていますから、デバイス全体を守れます。

PrivateVPNの料金は格安で、特に長期プランがオトクです。サブスクリプション料金は$2/月~です全プランが返金保証の対象で、機能も同じですが、長い目で見れば長期プランのほうが節約できます。

30日間返金保証を守っていることは確認済みです。PrivateVPNを検証後、24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いしました。手続きは簡単で、1分以内に承認されました。5日後に口座に振り込まれていました。

【比較表】BraveブラウザにおすすめのVPNの特徴

プライバシーを強化し、快適にブラウジングできるよう、Brave向けVPNを選ぶときに注目したいポイントについて説明します。Braveに対応しているChrome拡張機能が用意されているVPNは、使いやすさを重視する場合におすすめです。ただし、VPNの拡張機能は単なるプロキシであることが多いので、完全版VPNアプリを使ったほうが安全です。

また、VPNの本拠地が5・9・14アイズ同盟の管轄外なら、政府機関さえもユーザーデータの開示を命令できません。難読化サーバーがあるVPNを使うと、VPNの使用を隠すことも可能です。さらに、超高速サーバーを提供しているVPNを選べば、ブラウジング中も速度低下を最小限に抑えられます。

BraveブラウザにおすすめのVPNの主な特長を表で比べてみましょう。

最低価格 Brave用ブラウザ拡張機能 5・9・14アイズ同盟の管轄外 速度 難読化サーバー
🥇ExpressVPN $6.67/月 あり はい 高速 あり
🥈CyberGhost $2.03/月 あり はい 高速 なし
🥉Private Internet Access $2.03/月 あり いいえ ふつう あり
IPVanish $3.25/月 なし いいえ ふつう あり
PrivateVPN $2/月 なし いいえ ふつう あり

今すぐExpressVPNをお試しください!

BraveブラウザにおすすめのVPNの選び方

ここでは、Brave向けVPNの評価項目をご紹介します。Braveブラウザ用VPNを選ぶ際の参考になれば幸いです。

  • 強力なセキュリティ機能が備わっている
    Braveブラウザでのアクティビティを保護するため、少なくとも、256ビット暗号化、キルスイッチ、IPv6の漏洩対策があるVPNを選びましょう。この記事に掲載されているVPNはすべてこれらの機能があり、安全を確保するのに役立つ追加機能も備わっています。
  • ノーログポリシー
    ご紹介したVPNはすべて、厳格なノーログポリシーを守っていますから、ユーザーデータを記録、保存、共有されることは一切ありません。
  • 使いやすい
    簡単にインストールでき、使いやすいVPNなら、Braveブラウザのアクティビティを手軽に守れます。さらに、Braveに対応しているブラウザ拡張機能もあれば便利でしょう。ブラウザ画面を離れずにセキュリティ設定を調整できます。
  • 高速
    ブラウジングやストリーミング、トレントを快適に行うには、高速サーバーを提供しているVPNがベストです。低速なVPNを使うと、Braveでバッファやラグに悩まされてしまいます。本記事に掲載されているVPNは速度低下率が20%以下なので、遅いと感じることはほとんどありません。
  • 信頼性の高いサーバーネットワーク
    世界中に多数のサーバーがあるVPNなら、高速通信をキープしつつ、地域制限がかかったコンテンツに確実にアクセスできます。各社VPNのサーバーネットワークを確認し、世界中にサーバーがあり、人気ストリーミングサービスのアクセス制限を回避できるか調べました。
  • 安心の返金保証付き
    このランキングに掲載されているVPNはすべて返金保証があります。実際に返金してもらい、簡単に払い戻してもらえることを確認しました。
  • 頼れるカスタマーサポート
    VPNのサポート体制がしっかりしていることを確認しました。24時間年中無休のライブチャットが理想ですが、メールやチケットで問い合わせてもすぐに対応してくれるはずです。

【クイックガイド】3ステップで簡単!BraveブラウザでVPNを使う方法

  1. VPNをゲットします。ExpressVPNがおすすめです。強固なセキュリティ機能・プライバシー機能がありますし、BraveブラウザにChrome拡張機能をスムーズに導入できます。
  2. 任意のサーバーに接続します。VPNがIPアドレスを変更し、データを暗号化して、他人に見られるのを防いでくれます。
  3. Braveでブラウジングを始めましょう!個人情報をしっかり守った状態でインターネットを利用できるようになりました。

今すぐBraveにおすすめのExpressVPNをゲット!

【よくある質問】BraveブラウザにおすすめのVPN

Braveブラウザに内蔵されているVPN拡張機能は安全ですか?

Braveブラウザに内蔵されているVPN(Brave VPN)は安全ですが、おすすめしません。料金は$99.99/年で、この記事でご紹介したVPNよりはるかに高額です。また、iOSとAndroidデバイスでしか使えません。この記事でご紹介したVPNのほうがずっと安く、より多くのデバイスに対応しています

さらに、Brave VPNの返金保証は7日間だけです。このランキングに掲載されているVPNは返金保証期間が30日間以上なので、Braveブラウザですべてのセキュリティ機能・プライバシー機能をじっくり試せます。

BraveブラウザでVPNを使う必要はありますか?

ネット上で安全を確保するために、BraveブラウザでもVPNを使うことを強くおすすめします。安全性の高いVPNを使うと、データを暗号化してIPアドレスを隠せるので、監視やサイバー犯罪から身を守れます。Braveはプライバシーを重視したブラウザですが、脆弱性がないわけではありません。IPアドレスと位置情報は隠されませんし、データも暗号化されません。また、国によっては、インターネットプロバイダがサイトの閲覧履歴を記録し、一定期間保存することがありますから、VPNで隠すようにしましょう。

Braveブラウザで無料VPNを使っても大丈夫ですか?

無料VPNは安全でないことが多いので、おすすめしません。プライバシーをしっかり守る高品質VPNは格安でゲットできますから、危険を承知で無料VPNを使う必要はありません。この記事でご紹介したVPNはすべて返金保証がありますから、料金を払うほどの価値はないと思った場合は払い戻してもらいましょう。

多くの無料VPNは、利用者の個人情報とブラウジング履歴を売却することで利益を得ています。また、データ漏洩対策やキルスイッチなどの重要なセキュリティ設定がなかったり、ノーログポリシーを守っていなかったりすることも珍しくありません。そのようなサービスを使ってしまうと、Braveブラウザを使うたびにマルウェアやトラッカー、監視などの危険にさらされてしまいます。

今すぐBraveブラウザにおすすめのVPNをゲットしましょう

BraveブラウザとVPNを併用すると、簡単にプライバシーを強化できます。ただ、ブラウザ拡張機能はプロキシであることが多く、完全版VPNほどしっかり安全を守れません。このようなケースでは、VPNを使ってデバイス全体を保護するのがベストです。

BraveブラウザにはExpressVPNが一番おすすめです。ExpressVPNのブラウザ拡張機能はVPNアプリと同じくらい安全で、Braveでとても使いやすいのです。高度なセキュリティ機能・プライバシー機能が充実していますし、超高速なので快適にブラウジングできます。30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをリスクなしでお試しください。完全に満足できなければ、気軽に返金してもらえます。

まとめとして、BraveブラウザにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
77% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
85% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。