情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

ExpressVPNが中国で繋がらないときの解決方法│2022年

中国の金盾(グレートファイアウォール)を回避できるVPNはごくわずかですが、ExpressVPNなら厳しいアクセス制限もラクラク通過できます。ExpressVPNの優れた機能と高度な技術により、中国を含め、世界中どこでもあらゆるサイトにアクセスできるようになります。お好きな動画配信サービスやSNSなどを普段通りに楽しめるわけです。

ファイアウォールを回避するために、難読化やDNS・IPアドレスの漏洩対策、スプリットトンネル、キルスイッチ、自動接続などの機能が揃っています。ExpressVPNの一流のセキュリティ機能・プライバシー機能を活用すれば、世界中どこでもネット検閲を避けられるのです。

ExpressVPNはリスクなしで体験できます。満足できない場合、30日以内に問い合わせて全額を返金してもらいましょう。

今すぐExpressVPNをゲットしましょう!

ご注意!この記事は情報提供のみを目的としたものであり、当サイトは違法な目的のためにVPNを使用することを容認していません。中国では、政府非公認のVPNの使用が禁止されていますが、そのようなVPNを使ったことで旅行者が罰金を科されたことはありません。VPNはご自身の判断で使用し、お住まいの国の法律を必ず遵守してください。

【クイックガイド】3ステップで簡単!中国でExpressVPNを使う方法

  1. ExpressVPNをダウンロードします。入国前にExpressVPNに加入し、すべてのデバイスにダウンロードしておきましょう。
  2. サーバーに接続します。一覧から任意のサーバーを選びましょう。
  3. インターネットを自由にブラウジングできるようになりました!あとは好きなサイトにアクセスするだけです。

中国でExpressVPNを設定する方法(確実に繋がる!)

最重要ポイントは、中国に到着する前にExpressVPNをインストールしておくこと。中国国内ではExpressVPNの公式サイトがブロックされているため、入国してからアクセスすることはできません。

設定方法は簡単です。VPNに接続し、自動接続するよう設定し、キルスイッチとDNS・IPアドレス漏洩対策を有効にしましょう。これらの機能を組み合わせることで、安定した通信で、金盾(中国のグレートファイアウォール)を確実に回避できるようになります。

ExpressVPNが自動的に起動するよう設定する方法

常にVPNに接続するには、ExpressVPNに自動接続するよう設定しましょう。VPNに接続せずにサイトにアクセスしようとするとファイアウォールにブロックされてしまうため、この設定はとても大切です。設定方法はこちら。

  1. 設定画面を開きます。VPN画面の左上にある横三本線をクリックし、「オプション」をクリックすると設定が表示されます。
  2. 「起動時にExpressVPNを起動する」と「ExpressVPN起動時に最後に使用したロケーションに接続する」にチェックが入っていることを確認します。この2つが有効になっていれば、デバイス起動時に、最適なサーバーに接続されます。
Screenshot of ExpressVPN's launch on startup settings

起動時にExpressVPNに自動接続することで、常に安全を守れます。

キルスイッチを有効にする方法

キルスイッチを有効にしておくと、VPNで接続トラブルが発生した場合にネット通信が遮断されます。中国国内では常に有効にしておきましょう。金盾に識別されるとアクセスが永久にブロックされてしまうからです。キルスイッチは2ステップで有効にできます。

  1. 一般設定を開きます。画面左上のハンバーガーメニュー(横三本線)をクリックし、「オプション」を選ぶと設定が表示されます。
  2. キルスイッチを有効にします。「VPNが予期せず切断された場合、すべてのインターネットトラフィックを停止する」にチェックを入れましょう。
A screenshot of ExpressVPN's kill switch settings

ExpressVPNのキルスイッチを有効にすれば、通信が途切れても個人情報は漏洩しません

DNS・IPアドレス漏洩対策の設定方法

DNSとIPアドレスが漏洩すると、金盾に実際のIPアドレスが公開されてしまいます。VPNとの接続が途切れたり、ブラウザがWebRTCリクエストを送信したりすると、アクセスが制限されるので対策が必要です。DNSとIPアドレスの漏洩対策は2ステップで有効にできます。

  1. 詳細設定を開きましょう。歯車アイコンの下の「オプション」に詳細設定があります。
  2. 「IP漏洩保護」を有効にします。「接続中にIPv6アドレスの検出を防止する」と「接続中はExpressVPNのDNSサーバーだけを使用する」にチェックを入れましょう。
Screenshot of ExpressVPN's DNS and IP leak settings

このように設定すると、中国でブラウジング中も常にプライバシーを守ることができます

今すぐExpressVPNをゲットしましょう!

中国でExpressVPNに接続できない場合は?

トラブルが発生したら、インターネットとの接続を切断し、以下の解決方法をお試しください。

  • VPNに再接続する。
    インターネット接続の不具合や技術的なエラーにより、VPNが停止することがあります。通信が遅い場合、サーバーとの接続が確立されるまで最大30秒かかったり、接続に失敗したりすることがあります。ブラウジングを始める前に、ステータスが「接続成功」に変わったことを確認しましょう。それでもエラーが出た場合、ソフトを再インストールしましょう。ただし、再インストールする前に、実行ファイルが手元にあることを確認してください。中国国内で実行ファイルをダウンロードすることはできません。
  • プロトコルを「自動」に設定する。
    ExpressVPNクライアントの設定を変更すると、接続が停止することがあります。プロトコルが「自動」に設定されていることを確認してください。中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避するのに最適なプロトコルに変更されます。すべてのプロトコルが通信を難読化するわけではないので、アプリが正しい設定を選択できるように「自動」にしておく必要があります。

    Screenshot of ExpressVPN's automatic protocol settings

    最適な接続になるよう、ExpressVPNがプロトコルを自動的に選べるようにしましょう

  • ブラウザのキャッシュを削除する。
    VPNのIPアドレスからリクエストを送信しすぎると、サイトにIPアドレスやクッキーがブロックされることがあります。この問題を解決するには、ブラウザの設定画面を開き、キャッシュを削除してください。すべてのキャッシュを削除したくない場合は、アクセスできないサイトのキャッシュだけを削除しましょう。
  • カスタマーサポートに問い合わせる。
    分からないことがあれば、ExpressVPNのカスタマーサポートにアドバイスしてもらいましょう。中国ではExpressVPNの公式サイトにアクセスできませんから、「support@expressvpn.zendesk.com」にメールで質問しましょう。サポートチームは対応が速いので、24時間以内に回答してもらえるはずです。なお、メールは日本語OK。自動翻訳ツールを使って返信してくれます。

中国でExpressVPNを使うことについてよくある質問

中国でもAndroidやiOSのスマホでExpressVPNを利用できますか?

はい、できます。ExpressVPNはiOSとAndroidを含むすべての主要なプラットフォーム用にネイティブアプリを提供しています。アプリはOpenVPNを採用しているので、中国で簡単にインターネットにアクセスできます。VPNが最適なプロトコルを選択するよう、プロトコルは「自動」に設定しておきましょう。また、中国に入国する前にExpressVPNをダウンロードするのを忘れずに。中国国内からExpressVPNのサイトにアクセスすることはできません。

中国でVPNを使用するのは合法ですか?

中国で認可されているVPNもありますが、VPNは中国政府によって厳しく規制されています。中国での使用が許可されているVPNを使っても、プライバシーは守れません。中国に旅行中にプライバシーとセキュリティを保護したい場合、中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避できる高性能VPNが必要です(ExpressVPNなど)。ExpressVPNは中国で使える数少ないVPNの1つで、通信が速く、世界中にサーバーが用意されています。なお、中国国内ではExpressVPNにアクセスできませんから、入国前にインストールしておきましょう。

中国でネット検閲が行われている理由は?アクセスできないサイトは?

中国のグレートファイアウォール(金盾)が設立された理由は、中国国民が閲覧できる情報をコントロール・制限するためです。中国政府は、国民が外国のコンテンツや思想、信条に触れないようにネット規制を行っているため、旅行者はかなり違和感を覚えるかもしれません。

中国に旅行する場合、高性能VPNがなければ次のようなサイトにアクセスできなくなります。

  • 動画配信サービス:Netflix、Amazonプライムビデオ、HBO Max、Huluなど
  • SNS:Facebook、インスタグラム、ツイッターなど
  • ニュースサイト:BBC、ニューヨークタイムズ、ブルームバーグ、NBCなど
  • 検索エンジン:Yahoo、Google、Bingなど
  • メッセージサービス:WhatsApp、Telegram、Slackなど

ExpressVPNは中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避できる数少ないVPNの1つです。ただし、ExpressVPNのサイトは中国国内ではアクセスできませんから、入国前にインストールしておきましょう。

中国でルーターにExpressVPNをインストールできますか?

はい、できます。中国ではルーターにExpressVPNをインストールしておくのがおすすめです。こうすることで、ルーターに接続されているすべてのデバイスが保護されます。ExpressVPNはiOSやAndroid、Windows、macOSなどの主要なプラットフォームに対応しており、アプリは日本語に対応しています。また、通信がいきなり途切れる心配もありません。常にVPNと接続できるので、いきなり接続が切断されて取り返しのつかない状況になるのを防げます。

ExpressVPNで金盾(中国のグレートファイアウォール)を回避できる理由は?

ExpressVPNは、最先端のセキュリティ・プライバシー機能があるため、中国のファイアウォールを簡単に回避できます。AES 256ビット暗号化と最新のプロトコルを採用しているほか、キルスイッチ、難読化サーバー、スプリットトンネルなどにより、実際のIPアドレスの流出を防いでいるのです。中国に入国する前にExpressVPNに加入すれば、金盾をスムーズに回避し、普段通りネットを利用できます。

ExpressVPNで中国の金盾を回避しましょう!

ExpressVPNは中国のグレートファイアウォールを回避するのに必要なツールが揃っています。難読化がメタデータを解読不可能にし、DNS・IP漏洩対策が通信を匿名化しますから、ファイアウォールを容易に回避できます。また、ExpressVPNは中国国内にサーバーがないため、現地の厳格なデータログ方針に準拠する必要はありません。ブラウジング状況のプライバシーを確実に守れるわけです。

ExpressVPNをリスクなしでお試しください。30日間返金保証で安心して体験できます。満足できない場合は全額を返金してもらいましょう。

今すぐリスクなしでExpressVPNをゲットしましょう!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。