当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

Linux向け無料VPN おすすめ5選│全ディストロに対応 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月23日 ファクトチェッカー:ケイト・リチャーズ 編集主任

性能の良い無料VPNを見つけるのは大変ですが、Linuxに完全対応しているVPNはなおさらです。VPNは主要なOSに力を入れているので、Linuxは後回しになってしまっているのです。

そこで、45社以上の無料VPNを徹底検証し、現在もLinuxでしっかり使えるサービスを厳選しました。ここで紹介するLinuxにおすすめの無料VPNは、UbuntuやFedora、Kali、Mintなど、人気のディストリビューションに対応しています。手動設定は不要で、使いやすいCLIまたはGUIアプリが用意されています。とは言え、無料VPNは通信が遅い、サーバーネットワークの規模が小さい、データ通信量が制限されているなど、デメリットもあります。

LinuxにはExpressVPNが一番おすすめです。100%無料ではないものの、データ通信量が無制限で、非常に高速です。サーバーネットワークは広範囲をカバーしているほか、GUIとして使えるブラウザ拡張機能もあります。無料VPNは足元にも及びません。30日間返金保証がありますから、リスクなしでExpressVPNを体験しましょう。実際に返金を希望したところ、わずか3日後に全額が戻ってきました。

LinuxでExpressVPNをお試しください!

プロ厳選!2024 におすすめのLinux向け無料VPNはこちら!

  1. 編集者のチョイス
    ExpressVPN
    ExpressVPN
    :GUI対応、データ通信量は無制限で、ブラウジングやトレント、ストリーミングに最適なLinuxにおすすめの高速VPN。
    読者の70%がExpressVPNを選んでいます
  2. CyberGhost VPN
    CyberGhost
    :特殊サーバーで幅広いストリーミングサービスに対応しており、すべての主要なLinuxディストリビューションで利用可能。
  3. Proton VPN
    Proton VPN
    :Linux GUIアプリは操作しやすく、帯域使用量は無制限ですが、トレントには使えません。
  4. hide.me VPN
    hide.me
    :簡単にインストールでき、厳格なノーログポリシーがあります。ただし、データ量に制限があるのでストリーミング向けとはいえません。
  5. Opera VPN
    OperaVPN
    :セットアップは簡単ですが、ブラウザの通信しか保護されません。

Linuxにおすすめの無料VPN — 完全分析【2024 年更新】

1. ExpressVPN:世界中で超高速。Linuxに一番おすすめのVPN

  • 非常に高速。Linuxデバイスで快適にストリーミングやトレント、ブラウジングできる
  • 日本を含む105か国に3,000台のサーバー。より多くのコンテンツにアクセスできる
  • データ通信量は無制限。思う存分使える
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(アメリカや日本などの人気ライブラリ)、Disney+、Hulu、HBO Max、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、NHK総合テレビ、日本テレビ、TBS、ほか多数
  • 利用可能なLinuxディストリビューション:Ubuntu、Kali、Debian(9・10)、Mint(20.1・LMDE)Fedora 34、Arch、Raspberry Piなど
  • 日本語のサポート記事あり

ExpressVPNはとても高速なので、Linuxで遅延なくブラウジングやストリーミング、トレントできます。ExpressVPNはこれまで検証したなかで最速のVPNです。一番近いダラスのサーバーに接続したところ、通信速度は1%しか低下しませんでした。バッファなしでHD動画をストリーミングしたり、ファイルを高速でダウンロードしたりでき、ブラウジング中もWebページの表示は遅れません。さらに、データ通信量が無制限なので、普段と同じようにインターネットを利用できます。このような無料VPNはありません。

Screenshot of ExpressVPN's command line on Linux switching to the Lightway TCP protocolプロトコルを切り替える前に、VPNとの接続を切る必要があります

サーバーネットワークは大規模なので、近くのサーバーにすぐに接続できます。通常、近いサーバーほど高速です。無料VPNはサーバーロケーションが少ないため、近距離サーバーは混雑していて通信がかなり遅くなる傾向がありますが、ExpressVPNならそのような心配はありません。ExpressVPNは全サーバーで難読化が自動的に行われるため、VPNの使用が隠され、ストリーミングサービスのアクセス制限を回避しやすくなります。

ExpressVPNは強力なセキュリティ機能が備わっているので、Linuxデバイスを保護するのにおすすめです。8台のサーバーに対してデータ漏洩テストを実施したところ、すべて合格しました。MacとWindowsで使える主な安全機能(自動キルスイッチなど)はLinuxアプリにも搭載されていますから、損はしません。

ExpressVPNがノーログポリシーを守っていることは実証されており、本社はプライバシー保護に適した英国領ヴァージン諸島にありますから、安心してデータを託せます。第三者機関による独立監査により、ExpressVPNが常にノーログポリシーを守っていることが確認されました。また、VPNサーバーはRAMベースなので、サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが消去されます。最後に、ExpressVPNの本社はデータ保持法のない国(英国領ヴァージン諸島)にあります。

ExpressVPNをLinuxで使う場合、GUIで操作できます。アプリはGUIがないものの、ChromeまたはFirefoxにブラウザ拡張機能をインストールすると、ターミナルにコマンドを入力しなくても使えます。ブラウザ拡張機能はアプリのリモコンのように使えるので、ブラウザだけでなく、Linuxデバイス全体を保護できます。

Screenshot of the ExpressVPN Firefox browser extension being used on a Linux device with Ubuntu設定を変えたり、ほかのセキュリティ機能を使ったりするには、CLIを通してアプリを操作する必要があります

ExpressVPNの設定ガイドを参考にすると、とても簡単にインストールできます。Ubuntuの場合、ファイルをダウンロードしてインストールボタンをクリックするだけです。「expressVPN connect」というコマンドを実行すると、データを監視から守れます。KaliやDebian、Mint、Fedoraなどへのインストールガイドもあり、Ubuntuと同じくらい使いやすいと思いました。

ExpressVPNは100%無料ではありませんが、安心してLinuxで体験できます。返金保証がありますから、満足できない場合は30日以内に問い合わせて全額を返金してもらいましょう。Linuxで使える機能がExpressVPNほど充実していて高性能の無料VPNは存在しません。

30日間返金保証を守っているか調べることにしました。24時間年中無休のライブチャットで問い合わせたところ、2分で解約できました。返金されるのに5~7日かかると言われましたが、3日後に口座に振り込まれていたので大満足です。カスタマーサポートと日本語でチャットすると、Google翻訳を使って精一杯の対応をしてくれます。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:大規模なネットワークにLinuxを接続でき、専用サーバーも利用可能

  • 日本を含む100か国に11,690台のサーバー。ゲームやトレント、ストリーミング向けの特殊サーバーも
  • 高速。快適にブラウジングやストリーミング、ゲームができる
  • データ通信量が無制限なので、思う存分ストリーミングできる
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(日本版、アメリカ版、イギリス版)、Disney+(アメリカ版、Hotstar)、Hulu、HBO Max、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、ほか多数
  • 利用可能なLinuxディストリビューション:Ubuntu、Kali、Mint 19、Fedora(29~31)、CentOS 17、PoP!_OS

CyberGhostのネットワークは大規模です。11,690台のサーバーが利用可能で、用途別の特殊サーバーも用意されています。無料VPNの場合、特殊サーバーが使えることはほとんどありません。CyberGhostのストリーミング専用サーバーは、NetflixやDisney+など22か国の人気ストリーミングサービスにアクセスできるよう設計されています。試したところ、Linuxデバイスですべての主要なサービスにアクセスできるようになりました。無料VPNの場合、1つしか動画配信サイトにアクセスできないことがほとんどです(まったくアクセスできないことも珍しくありません)。

強力なセキュリティ機能とプライバシー機能により、ネットの脅威からLinuxデバイスを守れます。標準的な軍レベルの暗号化とキルスイッチのほかに、CyberGhostは「NoSpyサーバー」を提供しています。このサーバーは、プライバシー保護に適したルーマニア本社に位置しており、扱えるのはCyberGhostの職員だけです。CyberGhostほど安全性の高いサーバーを提供している無料VPNはありません。残念ながら、Linuxでスプリットトンネリング機能は使えませんが、データ漏洩テストはすべて合格していますから、閲覧したサイト側にIPアドレスを見られることはありません。

Screenshot of CyberGhost on Linux connecting to a NoSpy server接続されているか確認するには「cyberghostvpn --status」と入力しましょう

CyberGhostは厳格なノーログポリシーがありますから、責任を持ってデータを取り扱っていると自信を持てます。2012年に独立監査に合格し、その後、毎年監査を受けています。RAMベースのサーバーもあり、透明性レポートが年4回発行されています。検証したLinux向けVPNのなかで、CyberGhostは方針についてもっともオープンだったので、感心しました。

CyberGhostは高速で、データ通信量が無制限なので、ストリーミングやブラウジング、トレントを妨げなく行えます。検証で直近のサーバーに接続したところ、速度は10%しか低下しませんでした。今回検証した無料VPNは、速度が少なくとも42%低下したので、CyberGhostがいかに高性能かお分かりいただけると思います。専用サーバーは一般サーバーより15%高速で、Ubuntuのデスクトップ環境でバッファせずにストリーミングできました。

インストールは簡単で、10分程度で設定が完了しました。設定方法は、公式サイトのガイドに分かりやすく書かれています。手順はExpressVPNより少し多かったものの、難しくはありません。CyberGhostはLinux向けのコマンドラインインターフェースがあり、GUIと同じくらい高速です。

Screenshot of Cyberghost CLI on Linux displaying the available arguments「cyberghostvpn」というコマンドを入力すると、一覧が表示されます

デメリットは、100%無料ではないことです。とは言え、45日間返金保証を活用すれば、CyberGhostの実力を試せます。試しに24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせて、返金をお願いしました。解約理由を聞かれましたが、すぐに承認され、4日後に全額が戻ってきました。

2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Proton VPN:無料の完全版GUIアプリがあり、Linuxで使いやすい

  • GUIアプリがあり、コマンドを覚えなくてもVPNを操作できる
  • 厳格なノーログポリシーを守っているので、データを安心して託せる
  • データ通信量は無制限。いくらでもオンラインアクティビティができる
  • 視聴可能なオンラインコンテンツ:Netflixオリジナル作品、Funimation、Crackle、YouTube、Spotifyなど
  • 利用可能なLinuxディストリビューション:Ubuntu 20以降、Kali、Mint 20以降、Fedora 34以降、Archlinux/Manjaro、MX Linux 19以降、Elementary OS 6.0以降

Proton VPNのLinux版無料アプリは完全なGUIがありますから、コマンドを入力せずにLinuxデバイスを保護できます。GUIがある数少ない無料VPNの1つなのです。GUIはMacやWindowsアプリとまったく同じ仕組みで、これまで使ったLinux向け無料VPNのなかでProton VPNはもっとも使いやすいと思いました。インストールも簡単で、使用中のディストロに適切なアプリをダウンロードし、指示に従って設定を進めるだけです。

Screenshot of Proton VPN connected to a free server on Linuxアプリ上部を右クリックするとサイズ変更できます

Proton VPNは優れたセキュリティ機能がありますが、無料で使えない機能もあります。無料アプリは安全で、漏洩テストもすべて合格しましたが、セキュア・コアサーバー(マルチホップ)は使えません。また、Linuxで利用可能なプロトコルはOpenVPNのみです(ほかのOSではWireGuardとIKEv2/IPsecも選べます)。

Linux向けの無料VPNのなかで、Proton VPNはもっともプライバシー保護に適したサービスの1つです。ノーログポリシーを守っていることが実証されており、本社はスイスにあります(14アイズ同盟に非加盟)。2019年にProton VPNは外国政府と顧客データを共有するようスイスの裁判所に命じられたのですが、ログを記録していないので応じられませんでした。Proton VPNを使うにはアカウント登録が必要ですが、入力しなければならないのはメールアドレスだけです。

データ通信量は制限されていないものの、ストリーミングには向きません。アクセスできたのはNetflixだけで、Netflixオリジナル作品しか見られませんでした。とは言え、無料VPNは大半のストリーミングサービスにブロックされているので、Netflixだけでもアクセスできたのは素晴らしいでしょう。さらに、無料のLinuxアプリはトレントに対応していません。データ通信量は無制限なのに、残念です。

無料サーバーは100台以上ありますが、大半はキャパシティが95%で、速度が低下してしまいました。ロケーションも3か所だけなので(日本、オランダ、アメリカ)、ExpressVPNほどの高速通信は期待できません。しかし、安全かつ匿名でブラウジングしたり、YouTubeを見たりしたい場合はProton VPNが良いでしょう

4. hide.me:Linuxへのインストールがとても簡単

  • 手軽にインストールし、ほんの数分で接続できる
  • プライバシーポリシーを守っていることが実証されており、データを記録されない
  • 通信量は毎月10GBで、満足できる速度。ブラウジングしたり、15時間以上ストリーミングしたりできる
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、YouTube、Spotifyなど
  • 利用可能なLinuxディストリビューション:Ubuntu、Fedora 24以降

検証したVPNのなかで、hide.meはLinuxへの設定が一番簡単でした。公式サイトからターミナルにコマンドをコピー&ペーストすると、VPNのインストールが開始します。あとはユーザー名とパスワードを入力するだけです(メールアドレスなしで登録できます)。ログインすると、接続コマンドを教えてくれます。

Screenshot of hideme's installation guide for LinuxLinux CLIはオープンソースで、世界中のユーザーがセキュリティ上の問題がないか検証しています

コマンドラインインターフェースがあり、5か所のサーバーに接続できます(アメリカ東、アメリカ西、ドイツ、カナダ、オランダ)。検証では、ほかのLinux向け無料VPNよりインターフェースが操作しにくいと感じました。インストールはとても簡単だったので、これは少し驚きです。例えば、ロケーションを有効にしなければ接続できず、1つではなく2つのコマンドを使うことになります。

セキュリティ機能はまあまあでしょう。Linuxアプリでは使えない追加機能がいくつかあります。256ビット暗号化、データ漏洩防止機能、キルスイッチなどがあります。Linuxで利用可能なプロトコルはWireGuardだけです。WindowsとMacの場合、4つのプロトコルから選べますが、WireGuardは有料プランに加入しなければ使えません。Linuxなら無料でWireGuardを使えますから、その点では良いでしょう。Linuxアプリにスプリットトンネリングはありません。

監査でノーログポリシーを守っていることが実証されており、プライバシー保護は万全です。また、本社は14アイズ同盟に非加盟のマレーシアにあります。無料版でも、24時間年中無休のライブチャットで問い合わせられるのは珍しいでしょう。

毎月のデータ通信量は10GBで、高速なので、Linuxデバイスでブラウジングしたり、少しトレントを行ったり、YouTubeを見たりするのに適しています。検証では、アメリカ版Netflixにしかアクセスできませんでした(アクセスできないこともありました)。ダウンロード速度は56%も低下しましたが、ほとんどバッファせずYouTubeを見ることができ、10GBで16時間程度ストリーミングできます。P2Pファイル共有のために無料サーバーを使うこともできますが、データ通信量の制限により、ダウンロードできるファイル数は限られてしまいます。

5. OperaVPN:Linux向けGUIでブラウザの通信を暗号化

  • ブラウザ形式のGUIなので、コマンドの入力は不要
  • 3か所のサーバーが利用可能(南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア)
  • ターミナルを使わなくても簡単にインストールできる
  • 利用可能なオンラインサービス:YouTube、TikTok
  • 対応OS:Ubuntu

OperaVPNは、無料ブラウザに搭載されたVPNです。そのため、ターミナルにコマンドを入力しなくても、LinuxでVPNを使えます。インストールも非常に簡単です。公式サイトからアプリをダウンロードし、インストールファイルを開くと、アプリ一覧からブラウザを開けます。

セキュリティ機能はまあまあ良いですが、限られています。OperaVPNの全3台のサーバーに対してデータ漏洩テストを実施したところ、すべて合格しました。良いですが、保護されるのはブラウザの通信のみであり、Linuxデバイス全体を守れるわけではありません。ほかのアプリは保護されませんから、サイバー攻撃に遭ったり、通信を監視されたりする恐れがあります。さらに、ほかの無料VPNとは違い、キルスイッチはありません(キルスイッチとは、VPNとの接続が切れた際に通信を守る機能)。

OperaVPNは低速で、ブロック解除力も低いので、ストリーミングには向きません。OperaVPNのスピードテストの結果、通信が極端に遅くなってしまいました(およそ98%の速度低下)。ブラウジングには影響しませんでしたが、Netflixにログインすることさえできませんでした。YouTubeの動画を読み込むのに時間がかかり、再生中もバッファや画質の低下が気になりました。ブラウザベースのゲームをプレイするのも不可能です。データ通信量は無制限ですが、これでは意味がありません。

OperaVPNは一部のデータを保存していますが、個人を特定できるデータは記録されません。収集されたデータは匿名化され、技術の改善やターゲティング広告の配信のために使用されます。Operaブラウザに直接送信した情報から個人を特定することはできるので、SNSプロフィールで登録するのは避けたほうがよいでしょう。氏名とメールアドレスと紐付けられているからです。

【比較表】Linuxにおすすめの無料VPN

Linux向けVPNの主な特徴を表で比べましょう。

まず、どのディストロに対応しているか確認しましょう。ターミナルにコマンドを入力したくない場合、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)があるVPNを選ぶことになります。ほかにも、サーバーネットワークの規模、データ通信量、速度も大切です。

この記事でご紹介したVPNは、インストールしやすく(手動設定は不要)、優れたセキュリティ機能があり、厳格なノーログポリシーを守っています。違いもありますから、選ぶ際は比較表を参考にしてみてください。

VPN 通信速度 Linuxディストリビューション インターフェース サーバー数 ライセンスごとの接続台数 データ通信量
🥇ExpressVPN 超高速 Ubuntu、Kali Debian、Mint、Fedora、Arch, Raspberry Pi CLI(ブラウザ拡張機能 はGUI) 105か所に3,000台 8台 無制限
🥈CyberGhost 高速 Ubuntu、Kali、Mint、Fedora、CentOS、PoP!_O CLI 100か所に11,690台 7台 無制限
🥉Proton VPN 高速 Ubuntu、Kali、Mint、Fedora、Archlinux/Manjaro、MX Linux、Elementary OS GUI 3か所に 100台以上のサーバー 1台 無制限
hide.me ふつう Ubuntu、Fedora CLI 5 か所 1台 10GB/月
OperaVPN 遅い Ubuntu GUI(Operaブラウザ) 3 か所 6台 無制限

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

注意!無料VPNに潜むリスク

無料VPNでできることは限られており、安全でないサービスもあります。LinuxでVPNを使いたい場合、返金保証付きの格安VPNを選ぶのがベストです。ここでは、無料VPNの使用に伴う危険をいくつか紹介します。

  • 多くの無料VPNは、個人情報を売却している。
    無料VPNも何らかの方法で利益を上げなければなりませんが、個人情報を売って儲けているケースは少なくありません。そのため、Linux向けVPNのプライバシーポリシーをよく読み、個人情報を保存、共有されないか調べるのが大切です。
  • 無料VPNは安全性が低いことがある。
    多くの場合、無料VPNのセキュリティ機能は有料サービスほど優れていません。儲けが少ないため、セキュリティ技術の進歩について行けず、安全をきちんと確保できない可能性があるのです。
  • 無料VPNにマルウェアやウイルスが隠れているおそれがある。
    怪しげな無料VPNは、情報を盗むためにパソコンにトラッカーをインストールすることがあります。Linuxデバイスでファイルを読み込む前に、セキュリティスキャンを実行して安全を確認しましょう。

Linux向け無料VPNの選び方

ここでは、Linuxにおすすめの無料VPNをランキングにまとめるにあたって注目した評価項目をご紹介します。Linux向けVPNを選ぶ際の参考になれば幸いです。

  • 本当にLinuxに対応している。
    Linuxアプリを提供しているVPNはたくさんありますが、ほとんどの場合、使える機能は限られています。無料サービスは特にそうです。この記事に掲載されているVPNはUbuntuに対応しており、上位サービスは複数のディストロをサポートしています。フルGUIがあるものもいくつかご紹介しました。使いやすさも抜群です。
  • インストールが簡単。
    複雑な手動設定が必要なVPNはランキングから除外しました。アプリのほうが強力なセキュリティ機能がありますから、手動設定はおすすめしません。この記事に掲載されているVPNは、ダウンロードファイルを使うか、ターミナルにいくつかコマンドを入力するだけでLinuxデバイスにインストールできます。
  • 安全性が高い。
    安全を確保できないVPNは使う意味がありません。この記事では、軍レベルの暗号化で通信を守り、安全なプロトコル(OpenVPNやWireGuardなど)に対応しており、データ漏洩テストに合格したVPNを紹介しました。また、キルスイッチが搭載されている無料VPNを選ぶようにしましょう。VPN接続が切れた場合、キルスイッチが最後の防衛線です。
  • プライバシーポリシーを信用できる。
    責任を持ってデータを扱っているVPNを選ぶのが大切です。VPNを使えば、ハッカーなどの悪人から個人情報を隠せますが、VPN企業はデータを見ることができます。この記事でご紹介したLinux向けVPNは、個人情報を一切保存しません。
  • 満足できる速度。
    VPNを使うと、速度低下は避けられません。混雑している無料サーバーは特にそうです。しかし、ブラウジングさえままならないサービスは使わないほうが良いでしょう。この記事では、Linuxでブラウジングするのに十分な速度なので、オンラインコンテンツをすぐに読み込めます。上位サービスは、バッファなしでストリーミングできるほど高速です。
  • ストリーミングサービスにアクセスできる。
    アクセス制限を回避できないVPNだと、ストリーミングは不可能です。上位4社のVPNは、少なくともNetflixにアクセスできます。

LinuxでVPNを設定する方法

LinuxでOpenVPNを手動設定することは可能ですが、おすすめしません。OpenVPNの設定ファイルが必要なので、VPNのサブスクリプションに加入することになるはずです。この記事で紹介した無料VPNは、アプリで安全なプロトコルが使えますから、手動設定の手間を省けます(大半のサービスはOpenVPNに対応しています)。

このガイドでは、ExpressVPNを例にとって設定手順を解説していきます。他社の場合、手順が少し違うかもしれません。

  1. VPNをゲットします。LinuxにはExpressVPNが一番おすすめです。ほとんどの場合、無料VPNを使うには登録が必要で、ターミナルからVPNを使うにはユーザー名とパスワードを入力しなければなりません。登録不要のVPNを使う場合、このステップはスキップしてください。
  2. VPNをダウンロードします。VPNの公式サイトでダウンロードページを開きましょう。使用中のディストリビューション向けのファイルをダウンロードしてください。 Screenshot of ExpressVPN account page highlighting where to download the Linux appドロップダウンメニューを使って、ディストロに合ったインストールファイルを探しましょう
  3. ファイルを開くか、ターミナルを開きます。VPNによって異なります。.exe fileをダブルクリックして開始するVPNもあれば、ターミナルにコマンドを入力しなければならないVPNもあります。本記事で紹介したVPNは、詳しい設定ガイドがありますから、掲載されているコマンドをコピー&ペーストするだけでOKです。 Screenshot of ExpressVPN download file for Linux on a device using Ubuntuファイルはブラウザで表示されるはずです。また、ダウンロードしたファイルの送信先で見つけることもできます
  4. サインインするか、アクティベーションを行います。開始する際はユーザー名とパスワードが必要です。アクティベーションコードが必要なこともあります。登録不要のVPNでも、Linuxデバイスにパスワードを入力してVPNに接続権限を付与しなければならないかもしれません。 Screenshot of ExpressVPN's Linux app showing how to activate it in the terminal「expressvpn activate」と入力し、アクティベーションコードを張り付けるだけで開始できます
  5. VPNに接続します。VPNをCLIで操作する場合、インストールしたら、まずはコマンド一覧を開きましょう。例えば、CyberGhostならコマンドは「cyberghostvpn」です。そうすると、接続方法が分かります。GUIがある場合、電源ボタンをクリックするだけです。
  6. Linuxデバイスで安全を確保できました。VPNに接続されたら、普段と同じようにデバイスを使いましょう。

【よくある質問】Linuxにおすすめの無料VPN

GUIで操作できるLinux向け無料VPNはありますか?

はい。上位サービスなら、GUIでLinuxアプリを操作できますたいてい、VPNのLinuxアプリはWindowsアプリの一部の機能を使えるようにしたものなので、有料VPNさえフルGUIがあるサービスはごく少数です。フルGUIがある完全無料VPNとして、Proton VPNが挙げられますが、ストリーミングやトレントには向きません。P2Pファイル共有を許可していませんし、ストリーミングに対応していないからです。全機能を使えるように、格安のプレミアムVPNに加入したほうが良いでしょう。

VPNをもっとも安全に使えるLinuxディストリビューションは?

Ubuntuがおすすめです。VPN選びに悩んでいる場合、この記事でご紹介したVPNサービスはすべてUbuntuで使えます。Ubuntuは最も人気のディストロの1つで、大半のVPNをサポートしていますから、あなたにピッタリのサービスが簡単に見つかるはずです。

LinuxはWindowsやMacより安全な面もありますが、VPNを使わなければデータを監視される恐れがあります。デスクトップ環境でUbuntuを使う際、VPNに接続しておけば、第三者にデータをのぞき見されるリスクはほぼゼロになります。

LinuxにVPNを設定するのは大変ですか?

適切なVPNを選べば簡単です。この記事でご紹介したVPNは、Linuxに簡単にインストールできます。多くのVPNはLinuxでの使用を想定していないため、インストールに時間がかかり、難易度も高いのです。例えば、OpenVPNなどのプロトコルを手動でインストールしなければならず、時間がかかります。しかし、一流VPNはWindowsやMacアプリと同じくらい簡単にインストールできるようになっているので、手動設定する必要はありません。

UbuntuとKaliで使える無料VPNはありますか?

この記事でご紹介したVPNはすべてUbuntuに対応していますしかし、Kaliに対応しているのは上位3社だけです。

VPN契約がなくても、LinuxでOpenVPNを使うことはできますか?

できますが、おすすめしません。この記事で紹介したVPNは、Linuxできちんと使えますし、設定も簡単です。厳密に言うと、LinuxにVPNは搭載されていませんが、OpenVPNやWireGuardなどのプロトコルをLinuxデスクトップに手動設定することは可能です。

しかし、設定には時間がかかりますし、面倒です。また、VPNアプリのほうがメリットが多いのです。OpenVPNを設定しても、VPN企業が提供している安全で信頼性の高いサーバーが必要ですから、結局はサブスクリプションに加入することになるでしょう。無料VPNのサーバーも使えますが、一流VPNとは違い、ノーログポリシーを守っていませんから、必ずしも安全とは言い切れません。

中国で使えるLinux向け無料VPNは?

いくつかありますが、安全で格安の高性能VPNを使うことを強くおすすめします。中国はVPN対策が非常に厳しいため、一流VPNサービスさえ使えないことが多いのです。中国でVPNを使うには難読化やステルス技術が必要ですが、大半の無料VPNはそのような機能がありません。

ExpressVPNとhide.meは中国で使えます。しかし、難読化機能を利用するには有料プランに加入しなければなりません。

Linux向け無料VPNに接続すると、通信が遅くなりますか?

はい。VPNに接続すると、通信が暗号化され、遠隔サーバーにリダイレクトされるため、通信はある程度遅くなります。この記事では、Linuxでも満足できるスピードのVPNをご紹介しました。高品質VPNは速度低下を最小限に抑えているため、遅いと感じることはほとんどありません。例えば、ExpressVPNの近距離サーバーだと、速度は平均で1%しか低下しませんでした。

無料VPNは有料VPNよりも速度が低下します。サーバーが少なく、混雑していることが多いからです。ここで紹介した完全無料VPNは、速度が平均で50%低下しました。スピードを優先する場合、近くのサーバーに接続できるように、世界中にサーバーがある高速VPNを選びましょう。

まとめ

Linuxで使える安全な無料VPNはいくつかありますが、どれもデメリットがあります。多くの場合、無料VPNはサーバー数が少なく、セキュリティ機能も限られており、低速です。さらに、Windows・Macアプリと比べ、Linuxで使える機能が少ないことも珍しくありません。

代わりに、ExpressVPNのように格安で高品質のVPNを使いましょう。ExpressVPNのLinuxアプリはとても便利で、サーバーが多く、超高速で、セキュリティ機能も優秀です。素早く簡単にインストールでき、ブラウザ拡張機能をGUIとして使うこともできます。30日間返金保証もありますから、ExpressVPNを安心して体験できます。試したところ、保証を守っていることが分かりました。満足できない場合、簡単に返金してもらえます。

返金保証で体験できるおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
67% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。