P2Pのための最高の無料VPN

Best VPN for P2P

P2P(ピアツーピア)ファイルをダウンロードする際にVPNを利用するべき理由はいくつかあります。

インターネットサービスプロバイダはP2P共有に関わっているユーザーの通信速度を調整していることが知られています。アメリカ政府がネット中立性を廃止しようとしている主な理由はこれです。

信頼できるVPNを利用すると、P2P活動をインターネットサービスプロバイダと政府の監視の目から隠すことができ、通信速度が遅くなりません。

無料のサービスでもすべてのVPNが平等に作られているわけではないので、あなたに合ったサービスを選ぶ必要があります。サーバーの数、地点、帯域幅などはすべてVPNごとに異なります。

地点を選択したり、帯域幅が無制限だったり、多様なセキュリティープロトコルを用意しているVPNが欲しい場合、有料サービスを購入することを検討するべきでしょう。

しかしそれでも無料VPNでP2Pを楽しみたいという人は以下の一覧で最高のサービスをご紹介します。

編集者のチョイス:ExpressVPN

  • 30日返金保証
  • 24時間週7日間体制のカスタマーサポート
  • 無制限のP2P共有
  • 1700以上のサーバー
  • ログなし

P2Pファイルを共有する際、通信速度の速さは非常に重要です。ExpressVPNは何度も市場最速のVPNプロバイダであることを実証しています。1700以上のサーバーを90か国以上に配置しているこのプロバイダは多様なサーバーからP2Pを楽しめます。厳しいログなし方針を固めていて、あなたの個人情報を保存することはありません。

ExpressVPNは無料版を提供していませんが、30日返金保証があるので試してみる価値があります。

詳しく読む レビューを読む

1. Hide.me

無料VPNとなると試験した中でHide.meが最速のVPNの一つです。iPhoneやアンドロイドを含むすべての主要プラットホーム用のアプリがあるのがいいですね。無料ユーザーは最高2GB のデータ通信を毎月利用でき、3つのサーバーに接続できます。セキュリティーに関してはHide.meはPPTP, L2TP, SSTP, IPSecに対応しています。しかしOpenVPNには対応していません。P2Pファイル共有には制限がありませんが、2GB の制限を超えてはなりません。

  • アカウントにつき1つの接続が可能
  • 3つのサーバーにしか接続できません
  • 2GBデータ通信制限

VPNを入手する レビューを読む

2. Windscribe

P2P共有を頻繁に使う予定なら、毎月10GB利用できるWindscribeを手に入れることをおすすめします。これによってデータ制限を超えることなく大きめのファイルをダウンロードできます。しかし無料ユーザーは11のサーバーしか使えないため、通信速度が遅いことが予想されます。Windscribeのもう一つの機能は広告ブロッカーが複数のプラットホームで利用できることです。

  • 接続数無制限
  • 11のサーバーしか利用できない
  • 毎月10GB

VPNを入手する Read Reviews

3. Security Kiss

Security Kissは複数のパッケージを用意しており、それには無料プランがあり、4つの地点に接続できるようになります。ウィンドウズとMacでOpenVPNに対応しており、最高のセキュリティープロトコルの一つです。残念ながら、毎日のデータ通信量はたった300MBまでなので大きめのファイルは共有できません。音楽やapkファイルなどの容量の少ないファイルにはぴったりです。

  • OpenVPNに対応
  • 毎日の使用量300MB
  • 4つの地点

VPNを入手する レビューを読む

4. Betternet

Betternetの提供している256ビット暗号化を有効利用したいという人は、たくさんの広告が表示されることを覚悟してください。このユニークな無料VPNはサービスを無料で提供している代わりに広告を見る必要があります。広告を見るのがイライラすることもありますが、ポップアップ広告が表示されたり、活動を監視されたりするよりはましでしょう。

  • 無制限の帯域幅
  • すべてのプラットホーム用のアプリ
  • OpenVPNで256ビット暗号化

VPNを入手する レビューを読む

5. ProXPN

ProXPNには制限付きの無料アカウントオプションがあります。通信速度が300kbpsを上回ることはありませんし、サーバーはフロリダ州マイアミにしかありません。このような遅い通信速度なので夜寝ている間にダウンロードするのがいいかもしれません。最高というわけではありませんが、他の方法がうまくいかなかった場合、ProXPNが向いているかもしれません。

  • • 300kbps通信速度制限
  • • 地点は一つだけ
  • • プレミアムアカウントと同じくらいのカスタマーサポート

VPNを入手する レビューを読む

ご覧の通り、まあまあ良い無料VPNは存在していますが、デメリットがあることを心得る必要があります。お金を払っただけのサービスが受けられるというのは格言通りです。いくらかお金を払ってもいいというなら有料VPNサービスを検討するべきです。

有料VPNサービスを利用することにはたくさんのメリットがあります。帯域幅やデータ通信量が無制限だったり複数のセキュリティープロトコルを利用してP2Pを高速で安全に利用できるようになるなどです。ほとんどのパッケージはかなり低価格で、毎月数ドルしか掛かりません。

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
Facebookでシェアする
これをツイートする
Googleがあなたのことを十分に知らないと考えるなら共有してください
待ってください! NordはそのVPNの66%ディスカウントを提供しています