当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

SurfsharkでTorrent:安全なP2P利用に向いている?│2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月18日 編集主任

Torrentはリスクが伴う行為です。他人に通信を盗聴されたり、速度を制限されたりする可能性があるため、P2Pを利用する際は必ずVPNで安全を守りましょう。ただ、Torrentに適したVPNサービスを選ぶのは簡単なことではありません。SurfsharkはTorrentに対応していますが、安全性とスピードはどうでしょうか?

SurfsharkがTorrentに向いているか探るべく、P2PでSurfsharkを利用し、スピードやセキュリティ対策、プライバシー保護などを徹底検証しました。また、Torrentクライアントに設定しやすいか、どのデバイスに対応しているかなども調べました。さらに、60社のTorrent対応VPNと比較し、他社に対抗できる性能なのか評価しました。

結論から言うと、SurfsharkはTorrentにある程度向いています(特に、無料体験できますから、使ってみる価値はあります)。しかし、Torrentに必須の機能をいくつか欠いているのが弱点です。そこで、この記事では大容量ファイルをダウンロードするのに向いているVPNもご紹介していきます。では、他社サービスとの比較結果と、手頃なTorrent対応VPNとしてSurfsharkがおすすめの理由についてご覧ください。

TorrentにSurfsharkをお試しください

重要:トレントはほとんどの国で合法ですが、一部の国では違法です。トレントファイルには著作権で保護された素材も含まれることがあり、人気トレントサイトの多くが一部の国ではアクセスが違法となっています。当サイトはトレントを違法で利用する行為は容認していません。ファイルをダウンロードする前に、ファイルの内容とあなたがお住まいの国の法律をご確認ください。また、トレントする際は、P2Pサーバーを備えたVPNを利用して常に安全を確保しましょう。

【クイックガイド】3ステップで簡単!TorrentでSurfsharkを使う方法

  1. Surfsharkをダウンロードします。このVPNサービスは通信が速く、帯域使用量が無制限なので、好きなだけTorrentを利用できます。安心の30日間返金保証付きなので、Surfsharkを無料で体験しましょう
  2. サーバーに接続します。好きな国のP2P専用サーバーに手動で接続できます。また、VPNに接続した状態でTorrentクライアントを起動すると、Surfsharkが自動的にTorrent用サーバーに切り替えてくれます。
  3. Torrentを始めましょう。ipleak.netなどのサイトでIPアドレスが隠されていることを確認し、Surfsharkのキルスイッチを有効にしましょう。あとは、qBittorrentやuTorrentなどのTorrentクライアントを開くだけ。簡単かつ安全にファイルをダウンロードできるようになりました。

SurfsharkはTorrentに向いていますか?

P2Pをサポート:多数のTorrent用サーバーあり

Surfsharkは多数の国にP2P専用サーバーを構えています。P2P専用サーバーはロケーションタブにまとまっているので、簡単にTorrent対応サーバーに接続し、制限なくファイルをダウンロードできるようになります。

P2P専用サーバーは下記の国に設置されています。

オーストリア ベルギー ブルガリア カナダ
デンマーク フィンランド フランス ドイツ(ベルリン、フランクフルト)
香港 イタリア 日本 ルクセンブルク
オランダ ノルウェー ポーランド(ワルシャワ) セルビア
シンガポール スロバキア スペイン スイス
イギリス アメリカ

また、広大なネットワークを持っており 100ヶ国に計3,200台のサーバーを誇ります。私はヨーロッパの国々をよく旅行しますがいつでも近隣に高速サーバーを見つけることができ便利です。

検証中、uTorrentやBitTorrent、Vuze、Deluge、TransmissionなどのTorrentクライアントはすべてきちんと動作し、エラーは発生しませんでした。また、qBittorrentを使った際、Surfsharkのアプリが自動的にP2P専用サーバーに接続してくれました。適切なサーバーを探す手間を省けます。

デメリットについて、Surfsharkはポートフォワーディングに対応していません。この機能を使うと、ルーターでNATファイアウォールを回避してTorrentソフトがデータを受信できるようになりますから、Torrentに役立つ機能と言えます。しかし、Surfsharkはポートフォワーディング機能がありませんから、シードしようとすると問題に直面してしまいます。Torrentファイルをダウンロードしたいだけなら大丈夫ですが、多数のシードを要するプライベートトラッカーには向きません。

速度:安定した通信

これまで使ったTorrent対応VPNのなかで最速とは言えないものの、Surfsharkはビットレートが比較的高いため、安定したダウンロードが可能です。Torrentを利用して5GBのファイルをダウンロードしたところ、約18分で完了しました。また、帯域使用量は制限されていませんから、データ通信量の上限を気にせずにいくらでもダウンロードできます。しかし、ExpressVPNやCyberGhostなど、同レベルのVPNと比べると通信速度は若干遅めです。

サーバー ダウンロード速度 アップロード速度
基準値 60.64Mbps 64.50Mbps
アメリカ(ニューヨーク) 44.74Mbps(26.22%低下) 53.28Mbps(17.39%低下)
イギリス(ロンドン) 43.74Mbps(27.86%低下) 57.76Mbps(10.44%低下)
カナダ(バンクーバー) 48.11Mbps(20.66%低下) 51.96Mbps(19.44%低下)

P2Pサーバーはすべてきちんと動作し、下り・上り速度は高速でした(Windowsアプリにはサーバーのスピードテスト機能が搭載されていて、最速のサーバーを見つけるのに役立ちます)。遠くのサーバーだと通信はわずかに遅くなりましたが(平均で26%の速度低下)、Torrentにはほとんど影響しませんでした。

セキュリティとプライバシー:トップクラスのTorrent向け機能

通信はAES 256ビット暗号化で保護されます。最高水準の暗号化により、ファイルを安全にダウンロードすることができ、Torrentアクティビティが監視される心配もありません。

さらに、IPv4・DNS・WebRTCの漏えい対策も実施されており、実際のIPアドレスがほかのピアに公開されるのを防げます。スウォーム内の悪質なユーザーからIPアドレスを隠し、DDoS攻撃などのサイバー脅威を回避できるわけです。ただ、IPv6の漏えい防止機能はありません。一部のトラッカーがIPv6を使用している場合、Surfsharkを使うとIPアドレスが公開されてしまう可能性があります。その場合は手動でIPv6を無効にしなければなりません。

VPNトンネルが停止した場合、自動キルスイッチがインターネットとの接続を切断してくれます。通常の通信経路に戻ってしまうのを防げるので、データ漏えい対策を強化できるわけです。ピアに誤ってデータが公開されることはありません。ただし、キルスイッチが利用可能なのはWindows、macOS、iOS、Androidデバイスのみです。Linuxデバイスでは、キルスイッチで安全を強化することはできません。

Surfsharkは、IKEv2、OpenVPN(UDP・TCP)、WireGuardという3種類のプロトコルに対応しています。Torrentファイルを安全にダウンロードするにはOpenVPNが一番ですが、WireGuardは確実に安全を守りつつ、通信が速いのが特徴です。安全性と通信速度のどちらを優先するかに応じて選ぶと良いでしょう

SOCKS5プロトコルもTorrentに役立ちますが、Surfsharkでは使えません。SOCKS5を使うとより多くのピアに接続できるため、ダウンロード速度が改善されるのです。追加機能としてSOCKS5プロキシを提供しているVPNはたくさんありますから、Surfsharkの今後に期待したいですね。

それより気になるのは、Surfsharkの本拠地です。5・9・14アイズ同盟(国民のオンラインデータを収集・共有する多国間協定)の主要国であるオランダに本拠を置いています。とは言え、ノーログポリシーがありますし、サーバーはRAMで動作しているので、再起動されるたびにTorrentデータが消去されます。Surfsharkがデータ開示請求を受けたとしても、開示できるユーザーデータはないわけです。

通常のVPNセキュリティ対策に加えて、Surfsharkにはトレントに便利なユニークな機能が豊富です。例えば、CleanWeb機能は、広告やクッキーをブロックし、データ侵害履歴を監視してくれますので、危険なトレントサイトへのアクセスを回避できます。Camouflageモード(難読化)は、あなたがVPNを利用していることをトレントトラッカーに見破られないようにする機能です。さらに、NoBorders機能は特定のネットワーク(学校や職場など)でブロックされた際にあなたの国で合法なトレントサイトにアクセスできるようデジタル検閲を回避します。

1台ではなく2台のVPNサーバーに通信を経由させるMultiHop(ダブルVPN)という設定もあります。ネットの利用状況を追跡されにくくなりますが、通信がかなり遅くなるので、Torrentには向きません。

対応機器:すべての主要なOSで利用可能

Surfsharkなら、同時に何台でもデバイスを接続できます。試用したところ、パソコンで安全にTorrentファイルをダウンロードしながら、スマホでプライバシーを守り、ノートパソコンでコンテンツのアクセス制限を回避できました。また、合計8台のデバイスを同時に接続しても、パフォーマンスは低下しませんでした。

このVPNはすべての主要なOSで動作します。パソコン(Windows、macOS、Linux)やスマホ(Android、iOS)、ルーターで利用でき、アプリは日本語に対応しています。また、Bypasser(旧称Whitelister、ホワイトリスト)というスプリットトンネリング機能を使うと、どのアプリの通信をVPNトンネルに経由させるか選べます。つまり、Torrentソフトの通信だけVPNに経由させると、Googleは通常のIPアドレスで利用できるので、安全にファイルをダウンロードしながら国内の検索結果を見られるということです。

SurfsharkをTorrentクライアントに設定する方法

ここでは、Surfsharkのインストール方法とTorrentソフトで使えるようにする方法を解説します。下の手順に従えば、すぐにP2Pサーバーに接続してファイルのダウンロードを開始できるはずです。

Surfsharkに加入してから設定を始めましょう。アプリをダウンロードする前に、ニーズに合ったプランを選んでください。安心の30日間返金保証付きなので、リスクなしでSurfsharkを体験できます。

  1. Surfsharkのアプリインストーラをダウンロードしましょう
  2. インストーラを実行してVPNの設定を行い、アカウント情報を入力してログインしてください。
  3. P2P専用サーバーに接続しましょう。P2Pサーバーは「ロケーション」タブで見つかります。
  4. 次に、[設定] パネルから OpenVPN プロトコルを設定して使用し、トレント中に最適な保護を取得します。
    注: トレントする前に、IP が漏洩していないことを確認することをお勧めします。 オンラインで IP 漏洩チェックを実行して、位置情報がマスクされていることを確認できます。
  5. 設定パネルでOpenVPNプロトコルを
  6. クライアントを実行し、安全にダウンロードを開始します。
  7. Torrentクライアントソフトをダウンロードし、インストールしましょう(uTorrent、BitTorrent、qBittorrentなどがおすすめです)。
  8. Torrentソフトを実行して、安全にダウンロードを始めましょう。

Surfsharkの代わりにおすすめのTorrent対応VPN — 完全分析【2024 年更新】

1. ExpressVPN:高速で帯域使用量が無制限。ファイルを好きなだけダウンロードできる

注目ポイント 驚くほどスピーディー。高速でダウンロード・アップロードできる
サーバーネットワーク 3,000台のサーバー。好きなTorrentサイトにアクセスできる
セキュリティ 軍レベルの暗号化とNetwork Lock機能がプライバシーを強化
アクセス可能なTorrentサイト The Pirate Bay、YTS、1337X、LimeTorrents、EZTVなど
日本語に対応

ExpressVPNはとても高速なので、Torrentファイルをすばやくダウンロードできます。独自のLightwayプロトコルはリソース使用率が低く、最速の通信が期待できます。ExpressVPNに接続してuTorrentを使ったところ、ダウンロード速度はとても高速でした。平均速度は57.3Mbpsで、5GBのTorrentファイルを15分弱でダウンロードできました。

ExpressVPNは、確実にトレントサイトにアクセスできるよう計105ヶ国にP2Pサーバーを配置しています。ポート転送もサポートしているのでスムーズにシード(ルーター接続でも可)ができるほか、帯域幅が無制限ですのでダウンロード制限を心配する必要もありません。

ExpressVPNは強固な暗号化を採用しており、Torrentファイルをダウンロードする際もオンラインアクティビティの安全を確保できます。VPNトンネルとの接続が切れた場合、Network Lock(キルスイッチ)がネット通信を遮断し、Torrent中に個人情報の流出を防いでくれます。VPNに接続中、IPアドレスとDNSの漏えいは検出されず、ほかのピアに現在地が公開されないことが分かりました。

ノーログポリシーは監査済みで、第三者や政府機関から個人情報をしっかり守る環境が整っています。TrustedServer技術(RAMのみのサーバー)により、サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが消去されます。機密情報を保存するのは物理的に不可能なのです。本拠地は、英国領ヴァージン諸島(5・9・14アイズ同盟に非加盟)です。

Threat ManagerはTorrentを利用する際に重宝する機能です。トラッカーサイトで多いポップアップをブロックし、悪意のあるリンクをクリックしてしまうのを防げます。また、スプリットトンネリング機能を活用すると、どのアプリの通信がVPNトンネルを経由するか選べます。Torrentクライアント(uTorrent、BitTorrent)の通信はVPN接続を経由させ、銀行口座にアクセスするときはセキュリティ警告が表示されないように通常の接続を使いました。

唯一のデメリットは、サブスクリプション料金が割高であることです。$6.67/月~となっています。しかし、ExpressVPNは割引キャンペーンを定期的に行っていますから、節約できます。12か月プランが一番お得です。

主な特徴

  • アクセス制限を簡単に突破できる — サーバー数が圧倒的に多いので、ITV HubやDisney+、Amazonプライムビデオ、Netflix(アメリカ版、イギリス版、日本版など)、DAZN Japan、TVer、Abema TV、GYAO!など幅広い動画配信サービスにアクセスできるようになります。
  • 複数のデバイスを接続できる — ExpressVPNに最大8台を接続でき、すべての主要なOS・デバイスに対応しています(iOS、Linux、Amazon Fire TV Stickでも利用可能)。
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート — ExpressVPNのサポートチームに日本語でいつでも問い合わせられます。機能の使い方が分からなくてもすぐに解決できます。
  • 30日間返金保証 — VPNサービスに完全に満足できなかった場合、簡単に全額を返金してもらえます。実際に返金手続きを行ったところ、3日後に口座に振り込まれていました。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:P2P専用サーバーで気軽にTorrentを始められる

注目ポイント Torrent専用サーバーで、スムーズにファイルをダウンロード
サーバーネットワーク 日本を含む100か国に11,690台のサーバーがあり、地域制限を回避できる
セキュリティ IPアドレス・DNSの漏えい対策とキルスイッチがデータの安全を確保
アクセス可能なTorrentサイト The Pirate Bay、YTS、1337X、LimeTorrents、EZTVなど
日本語に対応 〇(macOS、iOS、Android)

最速でアップロード・ダウンロードできるよう、CyberGhostはTorrent専用サーバーを提供しています。Torrentのための帯域が確保されているので、大容量ファイルをダウンロードしても通信速度は低下しません。CyberGhostのP2Pサーバーを試用したところ、BitTorrentで簡単にファイルをダウンロードできました。また、イギリスでCyberGhostのスペインサーバーに接続し、The Pirate Bayにアクセスできました。

Pirate Bay(および類似のサイト)には、ほぼすべての地域でダウンロードが違法である著作権で保護されたコンテンツが多くあります。ですのでトレントする前に、リンクをしっかり確認して違法なコンテンツはダウンロードしないようにしましょう。当サイト(vpnMentor)はいかなる違法行為も容認しておりません。

AES 256ビット暗号化でデータがスクランブリングされ、ハッカーや監視から身を守ることができます。CyberGhostの広告ブロッカーはうっとうしいポップアップの表示を防ぎ、悪質なTorrentサイトについて警告してくれます。また、キルスイッチとIPv6・DNSの漏えい防止機能により、Torrentサイトでのデータ漏えい対策を強化できます。

ExpressVPNと同様、CyberGhostの本拠地は5・9・14アイズ同盟に非加盟のルーマニアです。データを共有する政府機関からTorrentアクティビティを守れるということです。ノーログポリシーは監査済みなので、政府組織のデータ開示請求を受けてもCyberGhostは機密情報を共有しません。

ただ、Surfsharkと同様、CyberGhostはポートフォワーディングに対応していません。また、1か月プランは割高で、返金保証も短めです。とは言え、長期プランはわずか$2.03/月~で、返金保証が延長されます。今回は一番オトクな2年プランを選びました。

主な特徴

  • スプリットトンネリング — VPNトンネルを経由するアプリと、VPNから除外するアプリを選べます。Torrentアプリの通信を暗号化し、ブラウジングは通常のIPアドレスで行いたいというときにピッタリです。
  • 複数のデバイスを接続できる — 同時に最大7台を接続でき、すべての主要なOS・デバイスに対応しています(LinuxやKodiでも利用可能です)。macOS・iOS・Androidアプリは日本語に対応しています。
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート — いつでもカスタマーサポートに問い合わせられます。ライブチャットを試したところ、いつも対応が速く、質問にきちんと答えてくれました。
  • 45日間返金保証 — 実際に使って100%満足できなかった場合、簡単に返金してもらえます。返金手続きを行ったところ、4日後に口座に振り込まれていました。

3. Private Internet Access:独自のMACEツールでTorrent中に広告とトラッカーを阻止

注目ポイント 広告・トラッカー・マルウェアをブロック
サーバーネットワーク サーバーが29,650台あり確実にトレントサイトの制限解除が可能
セキュリティ MACEとAES 256ビット暗号化により、ネット上で安全を守れる
アクセス可能なTorrentサイト The Pirate Bay、YTS、1337X、LimeTorrents、EZTVなど
日本語に対応

PIAの広告ブロッカー「MACE」は、不正サイトから身を守り、広告を消すのに役立ちます。Torrentサイトにアクセスしようとしたとき、「危険なサイトを開いてスパイウェアやウイルスに感染してしまった」というトラブルを避けられます。PIAの検証で、データ漏えいをしっかり防止し、安全なプロトコル(OpenVPNとWireGuard)でTorrent中もデータの安全を確保できました。

安全にTorrentをダウンロードするのに役立つ、高度なセキュリティ機能も充実しています。アプリの設定画面で、より安全なAES 256ビット暗号化と、より高速なAES 128ビット暗号化から選べます。さまざまな設定を変えられるので、VPN初心者は圧倒されてしまうかもしれませんが、Torrentを利用する際はデフォルト設定で十分でしょう。セキュリティ設定を変えたくなければ、そのままでもOKなのです。

CyberGhostと同様、PIAのP2Pサーバーはすべて高速です。平均速度は49.8Mbpsで、大容量ファイルをダウンロードするのに向いています。ポートフォワーディングに対応しているのも良いですね。さらに、PIAは帯域使用量が無制限なので、スムーズにTorrentファイルをダウンロードしたり、ストリーミングしたりできます。

サブスクリプションはわずか$2.03/月で、3年プランが一番お得です。

主な特徴

  • 自動キルスイッチ — キルスイッチはデフォルトで有効になっており、万一VPNが停止した場合に通信を遮断してくれます。Torrentをダウンロードする際に個人情報と位置情報の流出を防げるわけです。
  • SOCKS5プロキシ — Surfsharkとは違い、PIAなら数か所のSOCKS5が利用可能で、Torrentの速度を改善するのに役立ちます。中国でもアクセス制限を回避できます。
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート — サポートチームは親切かつ丁寧に対応してくれますから、高度なセキュリティ設定を変えるときなどに頼りになります。
  • 30日間返金保証 — VPNを試用して満足できなかった場合、簡単に返金してもらえます。実際に返金手続きを行ったところ、5日後に口座に振り込まれていました。

【比較表】Torrent対応VPNの特徴

最低価格 本社所在国 同時接続数 サーバーネットワーク P2Pサーバー P2Pサーバー使用時の速度低下率
🥇ExpressVPN $6.67/月 英国領ヴァージン諸島 8台 105か国に3,000台のサーバー 全サーバーがP2Pに対応 5.5%低下
🥈CyberGhost $2.03/月 ルーマニア 7台 100か国に11,690台のサーバー 専用サーバーあり 14.41%低下
🥉Private Internet Access $2.03/月 アメリカ 無制限台 91か国に29,650台のサーバー 全サーバーがP2Pに対応 17.87%低下
Surfshark $2.89/月 オランダ 無制限台 100か国に3,200台のサーバー 専用サーバーあり 20.66%低下

TorrentにSurfsharkを使うことについてよくある質問

TorrentにSurfsharkを使うのは合法ですか?

はい、Torrentを通して著作権で保護されたコンテンツをダウンロードしない限り、合法です。Torrent自体はほとんどの国で合法となっていますが、VPNを使ったとしても、著作物のダウンロードはほぼ全世界で違法です。著作権法を違反した場合、罰金や懲役などの処罰の対象となる可能性があります。Surfsharkは優れたセキュリティ機能が充実しているので、著作権フリーのTorrentファイルを安全にダウンロードできます

SurfsharkはTorrentに対応していますか?

はい。このVPNはP2P専用サーバーがありますから、どんなTorrentサイトでもアクセスできます。また、SurfsharkはTorrentの通信速度が速く、帯域使用量が無制限なので、データ通信を一切制限されません

TorrentのためにSurfsharkを使うメリットとデメリットは?

Surfsharkはユニークなセキュリティ機能が多いものの、他社サービスと比べると通信は遅めです。スピードと信頼性の観点では、Surfsharkよりわずかに優れたTorrent対応VPNはいくつかあります

また、SOCKS5プロキシやIPv6の漏えい対策、ポートフォワーディングなど、Torrentに役立つ機能をいくつか欠いています。ダウンロードには向いているものの、安全にシードするためには使えません。とは言え、マルウェアやポップアップ広告をしっかり阻止でき、P2P専用サーバーが利用可能で、Torrentアプリにも対応していますから、Torrentに向いているのは間違いありません。

Surfsharkを使うとTorrentのダウンロード速度を改善できますか?

通信速度が制限されているかによります。VPNは通信経路を変更するため、どうしても通信が遅くなってしまいます。しかし、Surfsharkは強力な暗号化を採用していますから、プロバイダにアクティビティを検出されてTorrent利用時に通信速度を制限されるのを防げます。業界最速のVPNサービスではないものの、SurfsharkはTorrentに適した速度と言えます。

Surfsharkは帯域使用量を制限していますか?

いいえ、帯域使用量の制限はありません。P2Pサーバーは帯域使用量が多いアクティビティができるように最適化されているので、Surfsharkなら減速せずに好きなだけダウンロードできます

SurfsharkのプロトコルでTorrentに最適なのは?

アップロード速度とダウンロード速度が最速なのはWireGuardです。最も安全なのはOpenVPNですが、WireGuardも安全性は比較的高く、OpenVPNより高速です。プロトコルは設定画面で変えられます

SurfsharkでBitTorrentやqBittorrent、uTorrentは使えますか?

はい、SurfsharkならすべてのTorrentアプリが利用可能です。また、Torrentアプリを起動したことが検出されると、P2P専用サーバーに自動的に切り替わります。SurfsharkをTorrentアプリに設定する方法はこちらをご覧ください。

SurfsharkでTorrentをダウンロードする際、どのサーバーを使うべきですか?

TorrentにはP2Pに対応しているサーバーが最適です。最速の通信が期待でき、最高のセキュリティ機能で安全を確保できます。P2Pサーバーの一覧から選びましょう

無料VPNはTorrentのために使えますか?

無料VPNはおすすめしません。無料VPNはP2P対応サーバーを構えていないことがほとんどで、サーバー数が少なすぎてなかなかダウンロードできません。Torrentには、返金保証がある高品質VPNを使ったほうがよいでしょう

また、無料VPNサービスはしっかりしたセキュリティ機能やプライバシー機能がないことが多く、Torrentを利用する際に安全を守れません。安全性が高い無料VPNもありますが、有料プランへのアップグレードを促すためにサービス内容を制限しているはずです。つまり、利用可能なサーバー、速度、帯域使用量が限られているため、Torrentには向かないのです。さらに、悪質な無料VPNはユーザーデータを記録・売却したり、デバイスをマルウェアに感染させたりします。

SurfsharkでTorrentを始めましょう

SurfsharkはP2P専用サーバーがあり、高速で、安全性も高いので、Torrentに向いています。しかし、他社より速いわけではなく、ポートフォワーディングなど、P2Pに役立つ一部の機能を欠いています。

Torrentに一番おすすめなのはExpressVPNです。強固な暗号化と高性能なP2PサーバーでTorrentサイトにアクセスできるようになります。通信も速く、帯域使用量が無制限なので、好きなだけファイルをダウンロードできます。安心の30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをぜひお試しください

まとめとして、おすすめのTorrent対応VPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。