当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

Tor向けVPN・Onion Over VPN おすすめ5選│安全で高速 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月11日 ファクトチェッカー:ベン・ローソン 編集主任

Tor(トーア)を使うとプライバシーをある程度守れますが、VPNを併用しなければネットの脅威にさらされてしまいます。プロバイダはあなたがTorを利用していることを検出できますから、違法行為をしていなくても疑われてしまう可能性があるのです。また、Torはボランティアによって運営されているため、だれにブラウジングアクティビティを覗き見されてもおかしくありません。

Torに適したVPNを見つけるのは大変です。ログを保存したり、情報を流出したりするVPNがありますし、Torを使えないほど通信速度が低下してしまうケースもあります。当サイトの研究チームは調査でTorブラウザをよく使っているため、どのVPNがTorに最適か把握しています。ここでは、安全性が最も高く、通信が最速のVPNを厳選しました。Torブラウザを使っても速度低下を最小限に抑えることができ、ダークウェブの閲覧に役立つ機能も備わっています。

TorにはExpressVPNが一番おすすめです。トップクラスのセキュリティ機能があり、高速で、ダークウェブに独自の「.onion」ミラーサイトが公開されていますから、安全かつプライベートにインストールできます。ビットコインで支払うこともでき、厳格なノーログポリシーもあります。30日間返金保証を実施していますから、ExpressVPNをリスクなしでお試しください。満足できなかった場合、簡単に返金してもらえます。

ExpressVPNでTorを閲覧しましょう >>

プロ厳選!2024年にTorにおすすめのVPN

  1. ExpressVPN:Torに一番おすすめのVPN。検証したなかで最速のVPNで、軍レベルのセキュリティ機能が備わっており、全サーバーで通信が自動的に難読化されます。独自のミラーサイトもありますから、匿名性を一層強化して加入できます
  2. CyberGhost:CyberGhostが所有・管理しているNoSpyサーバーに接続すると、Torのブラウジング状況を第三者に詮索されるのを防げます。
  3. Private Internet Access:PIA MACEブロッカーが、オニオンネットワークでマルウェアなどの有害なコンテンツを効果的にブロックします。
  4. NordVPN:Onion Over VPNサーバーに接続すると、通常のブラウザでオニオンネットワークのコンテンツにアクセスできるようになります。非常に低速なTorブラウザを使う必要はありません。
  5. Surfshark:カスタマイズ可能なMultiHopサーバー(ダブルVPN)に接続すると、データが2か所のサーバーに転送され、ダークウェブでの安全が強化されます。

TorにおすすめのVPN — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:安全性が高く、高速。Tor向けVPNとして総合1位

注目ポイント 独自のLightwayプロトコルが最速の通信を実現。Torを高速でブラウジングできます
Tor専用サーバー なし。全サーバーがTorの閲覧に対応しています
ダークウェブのミラーサイト
セキュリティ機能 データ漏えい対策、キルスイッチ「Network Lock」、Threat Managerブロッカー
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート 〇(メールと24時間年中無休のライブチャットサポートがあり、自動翻訳ツールを使ってやり取りできます。ヘルプセンターも)

検証したVPNのうち、Torと併用するのに一番おすすめなのはExpressVPNであることが分かりました。独自プロトコル「Lightway」は高速で安全なので、Torをブラウジングする際、オンラインプライバシーを妥協せず、スピードも満足できます。Lightwayは独立監査法人によって2度検証されており、ExpressVPNは監査で発見された脆弱性をすぐに修正しました。このことは最近の監査で確認されていますから、ExpressVPNをTorと併用すればデータの安全をしっかり守れます。

通常のブラウザと比べ、Torブラウザはかなり低速ですが、ExpressVPNは通信速度にほとんど影響しません。ExpressVPNはLightwayプロトコルのコードを軽量化し、スムーズに通信できるようにしたため、最速クラスのVPNプロトコルになっています。検証の結果、VPN接続なしでTorを利用したときと比べ、通信速度は15%しか低下しませんでした

さらに、ExpressVPNはRAMのみで実行されるサーバーを採用しています。サーバーが再起動されるたびに、Torのデータを含むすべてのアクティビティが消去されるわけです。また、ExpressVPNが厳格なノーログポリシーを守っていることはPricewaterhouseCoopersによって独立監査されており、本拠地はプライバシー保護に適した英国領ヴァージン諸島ですから、安全性とスピードが抜群のVPNであると言えます。ダークウェブを安心して閲覧できますね。

Screenshot showing a dark web site on Tor browser with the ExpressVPN app connected to a server in Switzerlandプライバシーを保護したい場合、データ保持法のない国(スイスなど)のVPNサーバーがベターです

ExpressVPNはTorオーバーVPN接続を確立しやすいように設計されています。VPNサーバーに接続して、通常通りTorにアクセスするだけなので、とても簡単かつ安全にVPNとTorを併用できます。データ漏えいをきちんと防げますし、「VPNオーバーTor接続」とは違い、追加で設定を行う必要もありません。

30日間返金保証がありますから、リスクなしでExpressVPNとTorを併用してみることができます。本当に保証を守っているか調べるため、24時間年中無休のライブチャットで返金をリクエストしたところ、担当者はすぐに対応してくれました。質問攻めにされることなく、5日後に返金されました。

便利な機能

  • スプリットトンネリング。VPN接続から除外するアプリを指定できます。この機能を活用し、Torの通信だけを守り、ほかのアプリとブラウザは通常のネット通信を使うよう設定しました(Macの場合、macOS 10またはそれ以前でしか使えません)。
  • Torのショートカットを作成。アプリのホーム画面からTorやonionサイトをワンクリックで開けるようになります。
  • 同時に5台まで接続可能。Torのアクティビティを守りながら、家族もストリーミングやゲーム、Torrent、勉強のためにそれぞれのデバイスでVPNを使えます。
  • 自動難読化。全サーバーに自動難読化機能が備わっており、ディープパケットインスペクション(DPI)が検出された際に難読化が有効になります。DPIを用いてTorの利用を検出している国や組織もありますが、通信を難読化することでブラウジング状況を覗き見されるのを防げます。
2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:NoSpyサーバーがTorでプライバシーを保護

注目ポイント NoSpyサーバーが第三者からTorのデータを保護
Tor専用サーバー なし。Torサイトでメディアを視聴するためのストリーミング専用サーバーがあります
ダークウェブのミラーサイト ×
セキュリティ機能 AES 256ビット暗号化、データ漏えい対策、キルスイッチ
アプリは日本語に対応 〇(macOS、iOS、Android)
日本語のカスタマーサポート ×

CyberGhostの特別なNoSpyサーバーは、Torの利用にぴったりです。他社VPNは共用のデータセンターのサーバーをレンタルしていることが多いため、第三者に干渉される恐れがあります。一方、NoSpyサーバーはCyberGhostが所有し、本社で安全に管理されているサーバーなので、データ流出を気にせずにThe Onion Routerを利用できます。

Image showing how to find the private NoSpy connection on the CyberGhost appNoSpyサーバーは一般サーバーより約30%低速でしたが、ネット検閲が厳しい国では使う価値があります

CyberGhostに加入すると匿名のIDが割り当てられ、Torのアクティビティを他人に知られるのを防げます。アカウント登録時にメールアドレスを入力しなければなりませんが、暗号化されたハッシュタグとして保存されるため、だれのCyberGhostアカウントなのか調べることはできません。

ExpressVPNと同様、CyberGhostは、より安全なTorオーバーVPN接続のみを許可していますから、Torブラウザを使う際も安心です。ワンクリックで現在地で最速のサーバーに接続されました。イギリスロンドンのサーバーに繋がり、Torブラウザも満足できるスピードでした。

返金保証を活用すると、リスクなしでCyberGhostとTorを併用できます。長期プランの返金保証は45日間です。業界平均は30日間ですから、CyberGhostのほうがじっくり体験できます。ただし、1か月プランはわずか14日間です。いずれにせよ、満足できなければ簡単に全額を返金してもらえます。

便利な機能

  • 自動保護。新たなネットワークに接続した際にVPNがどのように反応するかカスタマイズできます。「常時接続」を有効にすると、Wi-Fiネットワークに接続中は必ずVPNで保護されます。Torでのブラウジング状況を保護するにはこの設定がおすすめです。
  • アプリを自動的に起動。CyberGhostの接続ボタンをクリックしたとき、どのアプリが起動するか選べます。Torが起動するように設定したところ、うまくいきました。
  • コンテンツをブロック。不正サイトやonionサイトで多い悪質なファイルから身を守るのに役立ちます。ブラウジングする際の安心感がアップします。
  • ノーログポリシー。CyberGhostは厳格なノーログポリシーがあり、本拠地はルーマニアです(5・9・14アイズ同盟に非加盟)。政府機関からデータ開示請求を受けても、CyberGhostは情報を共有する法的義務はありません。
2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Private Internet Access:PIA MACE機能がTorで広告とマルウェアをブロック

注目ポイント ダークウェブに蔓延るマルウェアからデバイスを保護
Tor専用サーバー なし。Torで快適にブラウジングできるようにする設定はたくさんあります
ダークウェブのミラーサイト ×
セキュリティ機能 ChaCha20データ暗号化、Poly1305認証アルゴリズム、漏えい対策
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート ×

ダークウェブを利用する正当な理由はたくさんありますが、マルウェアや有害なリンク、ウイルスが蔓延しているため、危険なのも事実です。さらに、Torブラウザにはブラウザ拡張機能をインストールしないことが推奨されています。広告ブロッカーもインストールすべきではないとされていますが、これでは広告に扮したマルウェアから身を守ることはできません。PIA MACEは、DNSレベルで動作するパワフルな不正コンテンツブロッカーで、有害なコンテンツがデバイスに到達するのを防げます。

Screenshot showing how to activate MACE on the PIA Settings panelPIA MACEはDNSレベルでマルウェアをブロックするため、危険なコンテンツがデバイスに達することはありません

PIAはユーザーのプライバシー保護を重視しており、顧客基盤はとても忠実です。ノーログポリシーを守っていることが何度も実証されています。政府機関が特定のユーザーに関する情報を請求したことが何度かありますが、PIAはVPNサービスを運営するのに必要最低限のデータしか収集していないため、応じられませんでした。

また、MultiHopという難読化機能でTorを閲覧する際のセキュリティを強化できます。1台ではなく2台以上のサーバーを経由して通信を行うことで、VPNの使用が隠されるのです。検証では通信速度がかなり低下してしまいましたが、ネット検閲が厳しい国では使う価値があるかもしれません。OpenVPNからWireGuardに切り替えると、速度を改善できる場合があります。

全プランが30日間返金保証の対象なので、安心してPIAをお試しください。満足できなかった場合、容易に返金してもらえます。

便利な機能

  • カスタマイズ可能なキルスイッチ。PIAの高度なキルスイッチはVPNアプリを終了しても動作するため、「VPNに接続せずにTorを閲覧してしまった」という状況を防げます。
  • 大規模なサーバーネットワーク。PIAは91か国に29,650台以上の高速サーバーがあります。検証で通信速度は21%しか低下しませんでした。
  • スプリットトンネリング。どの通信を暗号化するか選べる機能です。ほかの通信は暗号化されていない通常のインターネット接続で行われます。
2024 2月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

4. NordVPN:Onion Over VPNサーバーに接続し、通常のブラウザでTorサイトを閲覧

注目ポイント 特殊サーバーを使うと、普段のブラウザでonionサイトを閲覧できるように
Tor専用サーバー
ダークウェブのミラーサイト ×
セキュリティ機能 自動接続、Wi-Fiの自動化、キルスイッチ(高度)
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート 〇(24時間年中無休のライブチャットは自動翻訳付き。ヘルプセンターあり)

NordVPNのOnion Over VPNサーバーを活用すると、通常のブラウザでダークウェブを閲覧できます。通信が遅いTorを使わなくてもダークウェブにアクセスでき、エンドノードで安全が脅かされることもありません。スイスのOnionサーバーに接続してHidden Wikiにアクセスしたところ、Torブラウザより高速でページが表示されました。PCでは簡単でしたが、macOSではうまくいきませんでした。

Screenshot showing a Chrome browser window accessing a dark webonion site with NordVPN's Onion Over VPN serverTorには、14アイズ同盟に加盟していないスイスのOnionサーバーがおすすめです

幸い、Macでも通常のサーバーに接続するとTorブラウザで.onionサイトにアクセスできました。このVPNは61か国に6,088台もサーバーがありますから、多数のサーバーから選べます。検証では独自プロトコル「NordLynx」を使ったときに最速でした

セキュリティを強化したい場合、ダブルVPNサーバーを使いましょう。2台のサーバーにデータが転送され、IPアドレスが2回変更されます。通信経路が長くなると速度が遅くなりがちですが、極端な速度低下はありませんでした。

全プランが30日間返金保証付きなので、安心してNordVPNを体験できます。Torには向かないと思った場合、返金してもらうのは簡単です。

便利な機能

  • Dark Web Monitor。ダークウェブにメールアドレスが流出していないかスキャンします。メールアドレスの漏えいが検出されるとNordVPNが直ちに知らせてくれるので、アカウントの安全を確保できます。残念ながら、スタンダードプランでは利用できません。
  • プリセット。Torやonionサイトにワンクリックでアクセスできるように設定できます。現在はmacOSでのみ利用可能ですが、NordVPNの担当者によると、ほかのOSでも開発が進んでいるそうです。
  • 脅威対策。単体の広告ブロッカーで、悪質なコンテンツを避けるのに役立ちます。NordVPNを使っていないときも動作します。しかし、モバイルとブラウザで使えるのは「脅威対策Lite」のみで、NordVPNに接続されていないと動作しません。

5. Surfshark:Onionサイトを閲覧中、MultiHopサーバーがしっかりプライバシーを保護

注目ポイント Double VPNサーバーがダークウェブで安全を強化
Tor専用サーバー ×
ダークウェブのミラーサイト ×
セキュリティ機能 IPアドレスの自動切り替え、漏えい対策、キルスイッチ、DPIを避けるためのステルスモードなどがプライバシーを強化
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート 〇(メールと24時間年中無休のライブチャット。自動翻訳ツールを使って対応してくれます)

SurfsharkのMultiHop機能を使うと、実際の現在地をしっかり隠せます。データが2か所のサーバーロケーションに同時に転送され、接続の安全が強化されるのです。MultiHopサーバーの一覧は、通常のサーバーロケーションと静的IPアドレスの隣のメニューにあります。検証で、IPアドレスとDNSの漏えいも検出されませんでした

Image showing the Surfshark app with MultiHop double-VPN serversダークウェブを閲覧したい場合、12の組み合わせのMultiHopサーバーから選べます

インフラ全体が100%ディスクレスとなっており、ログアウトするたびにすべてのデータが消去されます。万一データ漏えい事故が発生したとしても、第三者が個人情報に不正アクセスすることはできません。

残念ながら、Surfsharkの本拠地は14アイズ同盟の加盟国であるオランダです。しかし、厳格なノーログポリシーを守っていますし、このことはDeloitte社が最近行った監査で確認されていますから、問題ありません。Torブラウザでのブラウジングアクティビティは一切収集・保存されませんから、プライバシー保護は万全です

迷っている場合、返金保証を活用してリスクなしでSurfsharkを30日間体験しましょう。Surfsharkは返金保証をきちんと守っています。

便利な機能

  • 4つのプロトコル。どのプロトコルでTorのデータを保護するか選べます。WireGuardは業界最速クラスのプロトコルです。IKEv2はデータソースの切り替えが得意なので、モバイルデバイスでTorを閲覧する場合に向いています。
  • CleanWeb。.onionサイトや通常のWebサイトで広告とトラッカーをブロックします。
  • Surfshark One。独自のアンチウイルスプログラムで、.onionサイトで多いマルウェアを検出・駆除します(追加料金が発生します)。

【比較表】Tor向けVPNの特徴

プライバシーを守るためにTor向けVPNを選ぶ場合、注目したいポイントはいくつかあります。例えば、VPN企業がOnionミラーサイトを公開していれば、Torを通してVPNアプリをインストールできます。また、5・9・14アイズ同盟の非加盟国を本拠地としているVPNは、政府機関にユーザーデータの開示を請求されても応じる義務はありません。さらに、難読化機能があれば、VPNの使用を隠せます。

また、Torネットワークでは複数のノードを通して通信が行われるため、速度が極端に低下してしまうことも考慮しましょう。高速サーバーを設置しているVPNを選べば、ブラウジング中の速度低下を最小限に抑えられます。

OnionにおすすめのVPNの主な特長を表で比較しましょう。広告ブロックテストツールを使い、望まないコンテンツを含むスクリプトやドメインの受信を防げるか調べました。

一番安いプラン 本拠地は5・9・14アイズ同盟の非加盟国 ダークウェブにVPNのミラーサイトがある Torと併用した際の速度 難読化 マルウェアの阻止力
🥇ExpressVPN $6.67/月 超高速 全サーバーで自動的に難読化 19%
🥈CyberGhost $2.03/月 × とても高速(遠くのサーバーは遅め) × 79%
🥉Private Internet Access $2.03/月 × × 高速 〇(MultiHopを通して) 81%
NordVPN $3.39/月 × とても高速 〇(Double VPNを通して) 33%
Surfshark $2.89/月 × × とても高速 〇(MultiHopを通して) 52%

TorでExpressVPNをお試しください >>

Tor用VPNの選び方

この記事では、次の評価項目をもとにVPNをランキングにまとめました。Onion向けVPNを選ぶ際のチェックリストとして役立てば幸いです。

  • 強力なセキュリティ機能。データがTorのノードを安全に通過できるよう、256ビット暗号化やIPアドレス・DNSの漏えい対策、自動キルスイッチなど、必須のセキュリティ機能があるVPNを選びましょう。この記事では、上記の機能を備えたVPNを紹介しました。
  • ノーログポリシー。ノーログポリシーとは、VPNプロバイダが利用者のデータを記録したり、第三者と共有したりしないという約束です。各社VPNのログ方針を精読し、ブラウジング状況を監視しないことを確認しました。
  • 高速。Torを使うとネット通信が遅くなりますから、高速VPNを選ぶのはとても大切です。この記事で紹介したOnion VPNは、Torを使用中も通信速度は15Mbps以上で、快適にブラウジングしたり、HD画質で動画を視聴したりできました。
  • 幅広いデバイスに対応。Torブラウザは、WindowsやAndroid、macOS、Linuxなどすべての主要なOSで利用できます。このランキングでは、主なOSで使えるVPNを紹介しました。
  • 手厚いサポート。ここで紹介したVPNは、ライブチャット、メール、問い合わせフォームでしっかりしたサポートを提供していますから、TorでVPNを使用する際に技術的な問題が発生しても助けてくれます。24時間年中無休のライブチャットがあれば、どんな質問にもすぐに答えてもらえます。
  • 安心の返金保証付き。返金保証があればリスクなしでVPNとTorを併用してみることができます。各社VPNの返金保証を試し、簡単に返金してもらえるサービスをおすすめしました。

【警告】Torで安全を守れないVPN

検証の結果、Torと併用しても安全を守れないVPNがいくつか見つかりました。

Hola Free VPN。VPNではなくP2Pネットワークで、帯域をほかのユーザーと共有しなければなりません。つまり、ほかのユーザーに自分のIPアドレスを見られてしまうということです。ほかのユーザーがあなたのIPアドレスを使って違法行為をした場合、あなたが責任を問われる可能性があります。

BetternetVPN。データ漏えいを防げず、以前、Androidアプリに大量のマルウェアが含まれていました。さらに、ノーログポリシーが適用されるのは有料プランに加入した場合のみです。無料版では、メールアドレスやIPアドレス、接続タイムスタンプなど、大量のデータが記録されます。

TouchVPN。ユーザーデータを保存して第三者と共有しているため、このVPNは使う意味がありません。

SuperVPN。位置情報とWi-Fi接続を追跡する許可を求められます。また、どのセキュリティプロトコルと暗号化の種類を使っているか明記されていないため、通信がどのように保護されるのか分かりません(本当に保護されているか、疑わしいところです)。

Torを利用する際にVPNは本当に必要?

Torブラウザは、匿名でプライベートにウェブを閲覧するのに役立つパワフルなツールです。しかし、Torは完璧ではなく、脆弱性もあります。ネットワークを運営しているのはボランティアですから、攻撃者によってエンドノードの安全が脅かされることもあり得ます。また、悪意のあるボランティアがユーザーデータを監視している可能性もあります。

さらに、プロバイダはTorを使用している利用者を見極めることができます。違法行為、不道徳な行為をしていなくても、Torを使ったというだけで疑われてしまう恐れがあるのです。プロバイダにTorの使用を検出された場合、通信速度が制限されてしまいます。Torはもともと低速なので、さらに遅くなってしまうわけです。

Infographic showing how the Tor network routes data through relay nodesVPNを使わなかった場合、プロバイダ(ISP)にTorの使用を検出され、データを傍受される可能性があります

プロバイダは、ディープパケットインスペクション(DPI)という手法を用いてオンラインアクティビティをモニタリングしています。通信には、使用中のブラウザや、やり取りしているサーバーなどの情報が必ず含まれるため、プロバイダはあなたがダークウェブにアクセスしていることが分かるのです。

VPNは通信を暗号化するため、Torブラウザを使ってダークウェブにアクセスしていることをプロバイダに見られなくなります。プロバイダが通信を調べたとしても、暗号化されたファイルしか見られません。

【クイックガイド】3ステップで簡単!Torを安全に閲覧する方法

  1. VPNを入手します。ExpressVPNがおすすめです。Torに適した通信速度で、アプリが使いやすく、すべてのサーバーに自動難読化機能が備わっています。リスクなしでExpressVPNをお試しください
  2. サーバーに接続してください。サーバーを選び、接続ボタンをクリックします。実際の現在地に近いサーバーを選ぶと、最速の通信が期待できます。
  3. ブラウジングを始めましょう。Torブラウザを開き、安全にブラウジングしましょう!

ExpressVPNでTorを閲覧しましょう >>

「TorオーバーVPN・Onion Over VPN」と「VPNオーバーTor」どちらがおすすめ?

VPNとTorを併用してプライバシーを守る方法は2つあります。それぞれ簡単に説明します。

TorオーバーVPN

Onion Over VPNとも呼ばれる方法で、VPNサーバーに接続してから、Torブラウザを開いてThe Onion Routerにアクセスする流れです。VPNで通信を暗号化した後にTorネットワークに転送されるため、暗号化と匿名性が強化されます。

Torの出口ノードに問題があっても安全です。VPNが最初にネット通信を暗号化しますから、攻撃者に盗聴されてもデータの内容を知られることは実質不可能なのです。さらに、Torがブロックされている国でも、VPNを使えば制限を回避してTorネットワークにアクセスできるようになります。

VPNオーバーTor

VPNオーバーTorを使うと、ネット通信はTorネットワークを通ってからVPNで暗号化されます。この場合、出口ノードで攻撃に遭う恐れがあります。

出口ノードとは、データが目的地に到着する直前のノードのこと。攻撃者が出口ノードに侵入した場合、データを盗聴できるため、プライバシーとセキュリティが脅かされてしまいます。

VPNオーバーTorはかなり低速で、設定が難しく、この接続方法に対応しているVPNは一握りしかありません。さらに、VPNオーバーTorでは、プロバイダはTorの利用が検出できますから、速度制限を避けることはできません。

Tor向けVPNについてよくある質問

VPNなしでTorを利用するのは安全ですか?

いいえ。VPNを使わずにTorを利用するのは安全ではありません。理由は主に2つあります。まず、Tor自体にセキュリティ上の脆弱性があること。例えば、Torブラウザに「TorMoil」という脆弱性が発見されたことがあります。MacとLinuxデバイスで本当のIPアドレスが漏えいしていたのです。2017年にTorプロジェクトはこの脆弱性を修正しましたが、まだ発見されていない脆弱性がほかにもあるかもしれません。

もう1つの理由は、プロバイダはあなたがTorにアクセスしていることを見られること。プロバイダがTorをブロックしていなくても、ダークウェブを閲覧していることを発見すると、通信速度を制限する場合があります。

このような理由から、ダークウェブで安全を守るにはTorにおすすめのVPNを使うのがベストなのです。安心してダークウェブを閲覧できるよう、強力な暗号化、監査済みのノーログポリシー、データ漏えい対策があるVPNを選びましょう

TorとVPNの違いは?

Torは、ウェブで通常は隠されている領域にアクセスするための安全なブラウザで、普段のブラウジングをよりプライベートなものにするためにも役立ちます。一方、信用できるTor向けVPNはセキュリティを強化するアプリです。Torと同様、VPNは通信を暗号化してアクティビティの監視を防ぎますが、VPNには、Torにはない追加のセキュリティ・プライバシー機能が備わっています。

例えば、評判の良いVPNは厳格なノーログポリシーを遵守しており、いつも通信を暗号化してくれます。ノーログポリシーを遵守しているVPNは、ブラウジング状況を監視・保存しないのです。また、エンドツーエンド暗号化により、Torのすべてのノードでデータが隠されます。VPNはブラウザだけでなく、デバイス全体の通信を守りますし、The Onion Routerよりはるかに高速です。

Torは分散されたノードを使ってデータを安全に転送することで、ある程度プライバシーを強化できます。Torを使うとデータは暗号化されるものの、VPNを使わずにTorでブラウジングすると、入口ノードでIPアドレスが公開されます。また、出口ノードとその管理者に対してデータリクエストが公開されます。Torの安全な使い方について、こちらの初心者ガイドをご覧ください。安全性を改善するヒントも紹介しています。

Torのブラウジング状況を追跡される可能性はありますか?

はい。ディープウェブ向けの信頼性の高いVPNを使わない限り、追跡される可能性があります。Torブラウザは、オンラインアクティビティのプライバシーと匿名性を守ることで知られていますが、攻撃者は、悪質な出口ノードを通してTorでのブラウジング状況を追跡することがあります。

出口ノードとは、データが目的地に到着する直前のノードのこと。攻撃者が出口ノードに侵入した場合、ブラウジングデータを監視できるため、プライバシーと匿名性が脅かされてしまいます。そこで、VPNを使うとネット通信が暗号化され、アクティビティを覗き見するのが困難になるわけです。

「フィンガープリンティング」という手法にも注意が必要です。画面の解像度やプラグインなどの特徴からデバイスまたはブラウザを特定することを指します。Torブラウザはフィンガープリンティングのリスクを抑えるように設計されていますが、VPNを使うとデバイス固有の識別子が隠されますから、安全性がさらに向上されます

最後に、Torの利用状況を追跡されなかったとしても、プロバイダはあなたがTorネットワークにデータを送信したことを見られることに注意しましょう。VPNはネットの利用状況をプロバイダから隠すため、プライバシーとセキュリティを強化するのに役立ちます。

Tor向けVPNはAndroidとWindowsでも使えますか?

はい。AndroidとWindowsに対応しているVPNなら利用可能です。この記事でご紹介したTor向けVPNは、AndroidやWindows、macOS、iOS、Linux向けアプリを提供しています。また、同時に少なくとも5台を接続できるVPNばかりなので、サブスクリプション1つで十分です。

アプリを使うと、AndroidやWindowsデバイスにTor向けVPNを手軽にダウンロードできます。軍レベルの暗号化、データ漏えい対策、キルスイッチなど、揺るぎないセキュリティ機能をすべて使えます。Android・Windowsデバイスと、デバイス上の個人情報をしっかり保護できるわけです。

広告ブロッカーを搭載したTorブラウザ向けVPNはありますか?

はい。ダークウェブ向けVPNは何らかの広告・マルウェアブロッカーを提供しています。参考までに、.onionサイトに広告はほとんど表示されません(意図的に隠されたサイトで広告を流しても、効果はほとんどありませんね)。しかし、マルウェアや悪質なファイルはかなり多いので注意が必要です。各社VPNのブロッカーの性能は比較表をご覧ください

VPNの代わりにTorブリッジを使っても良いでしょうか?

Torブリッジを使うこともできますが、安全性はVPNほど高くありません。セキュリティ対策とプライバシー保護をしっかり行うには、VPNを使うのがベストです。256ビット暗号化、キルスイッチ、データ漏えい防止機能があるVPNを使うと、Torで機密データの流出をしっかり防げます。

Torブリッジは単なる非公開ノードのことです。Torブリッジを使うことで、プロバイダや動画配信サイトなどに検出されたり、ブロックされたりしにくくなります。プロバイダによるTorの制限を避けたり、地域限定コンテンツにアクセスしたりしたいだけであれば、Torブリッジで十分です。しかし、データの監視を避けるにはVPNを使う必要があります。

無料VPNとTorを併用することはできますか?

できますが、おすすめしません。無料VPNを使うより、安心の返金保証があり、安全かつ低コストのプレミアムVPNを使ったほうがよいでしょう。データ漏えい防止機能やノーログポリシーなど、有料VPNは無料サービスにはない機能や特徴を提供しているので、Torを使用中にデータが流出したり、サイバー犯罪者に盗聴されたりするのを防げます。

また、無料VPNは通信が遅い傾向があります。Torブラウザはもともと遅いため、無料VPNを利用すると通信速度がさらに低下し、Torブラウザを使うのがほぼ不可能になってしまいます。さらに、無料VPNは重要なセキュリティ機能がないことが多く、出口ノードで実際のIPアドレスが公開される恐れがあります。Torを使っていることがプロバイダに知られてしまうわけです。さらに、ログを記録する無料VPNを使った場合、第三者にアクティビティを知られてしまう恐れもあります。

TorにおすすめのVPNをゲットしましょう

TorプロジェクトがTorブラウザを開発したのは、プライベートにブラウジングできるようにするため。ジャーナリストや内部告発者、研究者、独裁国家で暮らす人々が安全にブラウジングできるようにするパワフルなツールなのです。しかし、Torは脆弱性がありますから、サイバー犯罪者や政府、インターネットプロバイダなどにデータが公開される恐れがあります

VPNは、そのような脆弱性から身を守るのに便利なツールです。しかし、すべてのVPNがTorに向いているわけではありません。通信が遅すぎるVPNでは、ダークウェブを快適に閲覧できません。また、セキュリティ上の脆弱性があるVPNを使ってしまうと、ブラウジングのプライバシーを守れません。徹底検証の結果、頼れるVPNがいくつか見つかりました。

Torに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。検証したなかで最速の通信を誇り、全サーバーで通信が難読化され、ブラウジング状況のプライバシーを守るセキュリティ機能やプライバシー機能がそろっています。Torを利用する際にExpressVPNをリスクなしで体験することもできます。返金保証がありますから、満足できなかった場合は30日以内に問い合わせて全額を返金してもらいましょう。

まとめとして、TorにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
67% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。