当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

Torrentを安全にダウンロードする方法│2024年最新ガイド

ヴォーンシェイン 更新日 2024年03月10日 ファクトチェッカー:アレクサンドラ・コヴァチェヴィッチ 編集主任

Torrent(トレント)をダウンロードするのは必ずしも安全とは限りません。保護されていないインターネット通信でTorrentをダウンロードまたはアップロードするのは、リスクが伴う行為なのです。きちんとセキュリティ対策を行わない限り、マルウェアやハッカーなどさまざまなネットの脅威にさらされ、第三者に干渉される恐れもあります。

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードする一番簡単な方法は、信頼できるVPNを使うこと。通信を暗号化・匿名化することで、オンラインアクティビティを隠し、ハッカーなどの部外者による不正アクセスを防ぎ、プライバシーを保護することができます。

Torrentを安全にダウンロードするのに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。ノーログポリシーを守っており、ディスクレスサーバーを採用しているほか、通信が速いため、Torrentをダウンロードする際の必須ツールと言えます。安心の30日間返金保証付きなので、ExpressVPNを体験して、Torrentに適していることを実感しましょう

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードする >>

【重要】大半の国では、Torrent自体は違法ではないものの、Torrentを利用して著作権で保護されたコンテンツをダウンロードするのは違法です。vpnMentorでは、Torrentを使った違法行為を容認しません。ダウンロードを行う前に、お住まい国における法律とTorrentに関する規制をきちんと確認するようお願いいたします。また、著作権で保護されているファイルは絶対にダウンロードしてはいけません。

【クイックガイド】3ステップで簡単!Torrentを安全にダウンロードする方法

  1. VPNをゲットします。ExpressVPNがおすすめです。厳格なノーログポリシーがあり、RAMベースのサーバーを採用しているため、Torrentを利用する際のプライバシー保護は万全です。また、30日間返金保証もありますから、安心して試せます。
  2. サーバーに接続します。どの国のIPアドレスでも良い場合、一番近いサーバーを選ぶと最速の通信が期待できます。
  3. 著作権で保護されていないコンテンツをダウンロードしましょう。IPTorrentsなど、信用できるTorrentサイトにアクセスし、ダウンロードを開始しましょう。

Torrentを利用する際にVPNが必要な理由

Torrentを通してファイルを共有すると、ハッカーやマルウェア、第三者による覗き見などの被害を受けやすくなります。確かなVPNを使えば、安全なサーバーを通してデータのやり取りが行われますから、ネットの脅威から身を守れるのです。Torrentをダウンロード・アップロードする際にVPNを使いたい理由を紹介します。

  • データを保護する。トレントソフトを使ってファイルをダウンロードすると、そのファイルを共有しているすべてのユーザーに自分のIPアドレスと位置情報が公開されます。VPNはIPアドレスを隠して安全を確保してくれます。ハッカーに狙われるのはVPNサーバーであり、自分のデバイスが標的になることはありません。
  • プロバイダによる速度制限を防ぐ。ユーザーがTorrentを利用していることを検出した場合、大半のプロバイダはそのユーザーの通信速度を制限します。VPNを使うとデータが暗号化されるため、プロバイダはTorrentアクティビティを見られず、速度を制限することもありません。
  • 制限されたネットワークのブロックを回避できる。学校や職場などのネットワークでは、Torrentサイトへのアクセスが制限されている場合があります。アクセスできたとしても、ネットワークのNATファイアウォールが原因でファイルをダウンロードまたはシードできない可能性があります。難読化技術とポートフォワーディング機能を搭載したVPNは、制限されたネットワークでTorrentを利用するのに役立ちます。
  • 著作権トロールから身を守れる。著作権トロールとは、Torrentの利用者のIPアドレスを収集し、インターネットプロバイダに報告する個人または企業のこと。法律を違反しなくても報告されることがあります。VPNを使うと、実際のIPアドレスが安全なVPNサーバーのIPアドレスに置き換わるため、著作権トロールの被害を受けるリスクを最小限に抑えられます。

Torrentの安全な利用方法【2024年完全ガイド】

ステップ1. 定評のあるVPNを使う

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードするおすすめの方法は、信頼できる確かなVPNを使うこと。VPNのプライベートサーバーにデータを転送すれば、ほかのユーザーから隠して匿名性を守れます。

ステップ2. VPNサーバーに接続する

どの国でも良い場合、一番近いサーバーを選ぶと最速の通信が期待できます。VPNを起動し忘れると、トレントクライアントを開いた途端にシード・ダウンロードが開始し、IPアドレスが公開されてしまう可能性があります。スプリットトンネリング機能があるVPNを使えば、Torrentの通信を必ずVPNに経由させることができます。

ステップ3. 確かなトレントソフトを使う

Torrentを安全にダウンロードするには、しっかりしたトレントソフトが必要です。Torrentでは、さまざまな提供元からデータを取得するため、ファイルにマルウェアが含まれる場合があります。どのトレントソフトでもダウンロードしたデータを1つのファイルにマージできますが、優れたトレントソフトなら安全性が確認されているTorrentを見極められます。

トレントソフトを選ぶ際は、使いやすく、軽量で、カスタマイズ可能なものを重視しましょう。カスタマイズ性がそれなりに高く、必要な機能があり、安全を確保するセキュリティ設定もいくつか欲しいものです。おすすめのトレントソフトを紹介します。

  • uTorrent。一番人気のトレントソフトで、すっきりしたシンプルなインターフェースが特徴。日本語で使えます。機能をある程度カスタマイズできますが、広告が表示されます。
  • BitTorrent。インターフェースは使いやすく、日本語に対応しています。ドラッグ&ドロップで操作できるので、初心者におすすめです。しかし、uTorrentと同様、広告があります。
  • Deluge。オープンソースのクライアントで、多数の拡張機能に対応しています。しかし、使いやすさはやや劣ります。
  • qBittorrent。柔軟にカスタマイズでき、日本語で表示でき、広告のないトレントクライアントです。残念ながら、拡張機能は使えません。
  • Vuze。軽量なトレントソフトとは言えないものの、幅広いツールやプラグインが使えます。インターフェースを日本語で表示できるのもポイント。

    A screenshot of uTorrent clutter-free use-interfaceニーズに合わせてカスタマイズできるトレントソフトです。

ステップ4. VPNとトレントソフトを設定する

VPNとトレントソフトをきちんと設定すれば、Torrentをダウンロードする際にプライバシーと安全が脅かされるのを防げます。ExpressVPNやCyberGhostなど、セキュリティ設定が充実したVPNがおすすめです。

トレントソフトで最も大切な設定は「IPバインド」です。特定のIPアドレスからの通信を許可し、ほかのIPアドレスからの通信をすべてブロックするよう設定すれば、VPNに接続しない限りTorrentファイルがダウンロードされません。なお、すべてのトレントソフトでこのように設定できるわけではないので、IPバインドが可能なトレントソフトを選びましょう。

A screenshot showing both ExpressVPN and uTorrent configuration optionsVPNとトレントソフトをうまく設定すると、第三者に干渉されるのを防げます

ステップ5. 著作権で保護されていない、安全なTorrentファイルをダウンロードする

ハッカーは、マルウェアに感染したファイルをシード(配布)することがあるため、安全なTorrentをダウンロードするのは極めて重要です。ダウンロードするのは、安全性が確認されているTorrentだけにしましょう。

NordVPNなど一部のVPNは、ダウンロードしたファイルをスキャンし、悪意のあるコードが検出された場合に通知してくれますが、このような機能があるVPNは稀です。マルウェアから身を守り、安全にTorrentを利用できるように、VPNと高品質セキュリティソフトを併用することをおすすめします

頼れるトレントサイトには、次のようなものがあります。

  • The Pirate Bay
  • YTS
  • 1337x
  • RARBG
  • Limetorrents

【注意】上記のトレントサイトの利用が禁止されている国もあります。利用する前に、お住まいの国の法律を必ず確認してください。また、著作権で保護されているコンテンツをダウンロードするのは違法なので、絶対に避けてください。VPNの使用の有無に関わらず、当社は違法行為を容認しません。

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードする方法【その他のアドバイス】

上記のほかにも、次のような対策をとって、安全性と匿名性を向上しましょう。

A screenshot showing the number of seeders and leechers on a torrent client's dashboard.著作権で保護されているTorrentをダウンロードするのは違法です。絶対に避けてください
  • シーダー数とリーチャー数の多いTorrentを探す。ファイルをほかのユーザーと共有するのが「シーダー」、シーダーからファイルをダウンロードするのが「リーチャー」です。シーダーとリーチャーが多いTorrentは、いつもアクティビティが行われているため、安全である可能性が高く、ダウンロードも速い傾向があります。
  • レビューとコメントを読む。危険なTorrentについて警告するコメントがあるかもしれません。必ずチェックしてください。しかし、ユーザーをおびき寄せるためにハッカーが偽のコメントを投稿することもありますから、コメントだけを読んで安全性を判断するのは禁物です。
  • 非公開のトレントサイトを利用する。非公開のトレントサイトはほかのメンバーとファイル共有を行うコミュニティです。利用できるのは招待されたユーザーのみであり、Torrentの管理もきちんと行われているため、安全性は高いと言えます。
  • サンドボックス環境でファイルをダウンロードする。サンドボックス環境なら、デバイスを危険にさらすことなく、ファイルにマルウェアが含まれていないかチェックできます。「Sandboxie」などのプログラムや仮想マシン(同じパソコン内で別のOSを稼働させたもの)を使うとサンドボックス環境を作成できます。

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードするのにおすすめのVPN

1. ExpressVPN:ノーログポリシーがTorrentアクティビティのプライバシーを保護

注目ポイント ユーザーデータを一切収集・共有しないことが証明されている
セキュリティ 軍レベルの暗号化とIP・DNSの漏えい対策がネット上で安全を確保
速度 非常に高速。通信速度の低下はわずか6%
サーバーネットワーク 日本を含む105か国に3,000台の高速サーバー。すべてのサーバーがP2P通信に対応
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメールサポートがあり、自動翻訳ツールを使ってやり取りできる。ヘルプセンターあり

ExpressVPNは厳格なノーログポリシーがあるため、Torrentアクティビティが保存・共有されることは絶対にありません。Cure53社とKPMG社の監査でExpressVPNの安全性が確認されています。また、本拠地は英国領ヴァージン諸島(データ共有を合意した5・9・14アイズ同盟の管轄外)なので、政府組織とデータを共有する義務はありません。

そもそも、ExpressVPNはネットワークのアクティビティを収集しませんから、共有できるデータは存在しません。RAMのみで実行されるTrustedServerネットワークにより、サーバーが再起動されるたびにユーザーデータが消去されます。「Network Lock」というキルスイッチもありますから、VPN接続が切れたとしてもデータは一切漏えいしません。つまり、ExpressVPNのネットワークに接続すれば、ハッカーやスパイなどにデータを見られることは絶対にないということです。

A screenshot showing how to turn on and configure ExpressVPN's Network Lock kill switchExpressVPNのキルスイッチはとても簡単に設定できます  

ExpressVPNはLightwayという独自プロトコルを提供しているため、検証したなかで最速のVPNでした。Lightwayプロトコルは軽量かつ安全で、レイテンシを低く保つよう設計されています。検証で通信速度は6%しか低下せず、大容量のTorrentファイルを数分でダウンロードできました。

デメリットは、料金が割高であること。一番安いサブスクリプションでも、$6.67/月~となっています。しかし、ExpressVPNは頻繁に割引キャンペーンを行っていますから、最大49% OFFで加入できます。また、長期プランは契約が無料で3か月延長され、かなりオトクです。全プランが30日間返金保証付きなので、ExpressVPNの機能をリスクなしで試せます。

便利な特徴

  • スマートロケーション。「どの国のサーバーでも構わない」という場合、スマートロケーション機能を使うと、距離、レイテンシ、通信速度をもとに最適なサーバーに自動的に接続されます。
  • ルーターに対応。ExpressVPNはルーターに設定できるので、すべてのデバイスで同時にTorrentを利用できます。ルーター専用アプリのインストールは簡単です。
  • スプリットトンネリング。Torrentの通信はExpressVPNで保護し、ほかのデータは通常通りプロバイダのネットワークを通してやり取りするように設定できます。P2Pネットワークとの通信を守りつつ、ネット銀行などのサービスが利用できるわけです。
  • Threat Manager。悪質なドメインや広告、トラッカーなどの脅威をモニタリング・ブロックするセキュリティ機能です。Torrentサイトやトレントクライアントは不正サイトへ遷移する広告やマルウェアが多いので、この機能を使うと安全を確保できます。
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート。質問があるときは、日本語で問い合わせられます。
2024年6月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:P2P専用サーバーで簡単かつ確実にTorrentをダウンロードできる

注目ポイント Torrentに最適化されたサーバーにより、より高速で安全にファイルをダウンロードできる
セキュリティ キルスイッチがIPアドレスとデータの漏えいを防止
速度 世界中どこでも安定して高速
サーバーネットワーク 100か国に11,690台のサーバー。日本サーバーもあり、速やかにTorrentが可能
日本語のアプリ 〇(macOS、iOS、Android)

CyberGhostはTorrent専用サーバーを構えているため、妨げなくスムーズにファイルをダウンロードできます。複数台のTorrent専用サーバーを試したところ、速度はほとんど低下せずに大容量ファイルをダウンロードできました。近距離サーバーでの通信速度を測定した結果、接続前と比べて7%しか遅くならなかったのです。Torrentサーバーはアプリで簡単に見つかりますから、数回クリックするだけでTorrentを始められます。

A screenshot showing CyberGhost's torrenting optimized servers頻繁に使うTorrent専用サーバーをお気に入りに登録しておけば、すぐに接続できます

しっかりしたセキュリティ機能とプライバシー機能もそろっており、安全かつ匿名でTorrentを利用できます。データはAES 256ビット暗号化で保護され、高度なハッカーでも解読するのはほぼ不可能です。また、厳格なノーログポリシーを守っているため、データは一切記録・保存されません。ユーザーデータを完全に保護し、第三者の覗き見を防げるということです。

CyberGhostのWindows・Androidアプリには広告ブロッカーがあり、Torrentを利用する際に役立ちます。Windowsのノートパソコンで試したところ、Torrentサイトとクライアントソフトで大半の広告がブロックされました。うっとうしい(または悪意のある)広告やポップアップなどに邪魔されずにTorrentを利用できるわけです。

短期プランは安くありませんが、長期プランはわずか$2.03/月~です。また、45日間返金保証があるので、CyberGhostを実質無料で体験して自分に合っているか判断できます。24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いしたところ、5日後に銀行口座に振り込まれていました。

便利な特徴

  • IPアドレス・DNSの漏えい対策。暗号化トンネルからIPアドレスとDNSリクエストが漏えいするのを防ぐ機能で、Torrentを利用する際に監視から身を守れます。
  • ルーターに対応。ExpressVPNと同様、CyberGhostはルーターにインストールできるので、無制限のデバイスでTorrentを利用できます。つまり、スマートテレビでP2Pストリーミングサービスを使って著作権で保護されていないコンテンツを視聴する際も、安全を確保できるわけです。
  • インターフェースが使いやすい。初めてでも簡単にサーバーを探して接続できます。サーバーとの距離が表示されますから、最速の通信でTorrentが可能です。

3. Private Internet Access(PIA):Torrentの速度と安全性を優先するように設定をカスタマイズできる

注目ポイント 設定を調整し、Torrentのセキュリティまたはスピードを最大化できる
セキュリティ 256ビット暗号化により、安全かつ匿名でTorrentをダウンロードできる
速度 近くのサーバーは高速。長距離接続では速度が低下しがち
サーバーネットワーク 日本を含む91か国に29,650台のサーバー。サーバーの混雑による速度低下を避けられる
日本語のアプリ

Private Internet Access(PIA)なら、Torrentの利用目的に応じてセキュリティ設定を調整できます。OpenVPNプロトコルでは暗号強度を選べるため、Torrentを高速化するか、セキュリティを強化することが可能です。検証では、AES 128ビット暗号化のほうが下り速度が速いことが分かりました

A screenshot of Private Internet Access's security settings that allow you to customize your VPN connection暗号強度を選べるのはOpenVPNプロトコルだけです

より軽量で新しいWireGuardプロトコルも使えます。より安全なプロトコルとして知られており、通信速度の観点でもOpenVPNより優れているため、ダウンロード時間を短縮できるはずです。ただ、WireGuardプロトコルに対応しているルーターは少ないのが残念です。

PIAは5アイズ同盟の加盟国アメリカに本拠を置いているのが気になったのですが、ノーログポリシーを守っていることが独立監査で証明されていますから、ユーザーデータを記録されることはありません。アメリカはデータ保持法がありますが、PIAはデータを収集しないので、データ開示請求を受けても個人情報を開示されないと自信を持てます。

PIAの長期プランは$2.03/月~で、オトクです。30日間返金保証もあるので、リスクなしでPIAを体験し、満足できなかった場合は返金を受けられます。24時間年中無休のチャットサポートを通して返金を希望したところ、1週間以内にPayPalに返金されていました。

便利な特徴

  • 同時接続数は無制限。家族全員のデバイスを保護できますから、ホームネットワークの安全を守りつつ、みんなでTorrentや動画の視聴、ゲームなどを楽しめます。
  • 広告ブロッカー「MACE」。広告やトラッカー、マルウェアのために使用されているドメインをブロックする機能です。トレントサイトやクライアントソフトは脅威が多いので、MACEを使えば安心です。
  • 設定済み。PIAの設定を変えなくてもTorrentを始められます。また、各設定の説明が表示されるので、すぐに変更できます。「設定オプションがなかなか見つからない」ということはありません。

4. NordVPN:大容量ファイルを高速でダウンロードできる

注目ポイント 非常に高速。遅延なしでTorrentをダウンロードできる
セキュリティ 高水準の暗号化と複数のセキュリティプロトコルでオンラインプライバシーを保護
速度 近くのサーバーは安定して高速
サーバーネットワーク 日本を含む111か国以上に6,420台のサーバー。どこでもTorrentが可能
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート メール、自動翻訳付きライブチャット、ヘルプセンター

NordVPNのサーバーは常に高速なので、Torrentにおすすめです。数千キロ離れたサーバーに接続しても、快適にファイルをダウンロードできます。ヨーロッパの近距離サーバーを数十台試したところ、ダウンロード速度は平均で8%しか低下せず、2GBのファイルをダウンロードするのに2分もかかりませんでした。NordVPNが高速な主な理由は、WireGuardを基盤にしたNordLynxプロトコルを使用しているからです。

Screenshots showing the base speed drop when connected to a NordVPN server in ParisNordVPNの近距離サーバーでは、通信速度が8%しか低下しませんでした

揺るぎない暗号化とセキュリティプロトコルにより、データの安全をしっかり確保し、不正アクセスを防げます。ハッカーやスパイがP2Pネットワークに潜んでいたとしても、あなたがどこにいるか知られたり、セキュリティを脅かされたりすることはありません。

Windowsのノートパソコンでアプリを開くのに1分以上かかったのは残念でした。しかし、いったん起動すると、ほんの数分でサーバーに接続してTorrentを始められました。

NordVPNの長期プランは$6.39/月でゲットできます。30日間返金保証があるので、実際に体験してニーズに合っているか判断できます。返金手続きは簡単でした。24時間年中無休のライブチャットで払い戻しをリクエストしたところ、7日後にクレジットカードに返金されました。

便利な特徴

  • 脅威対策。ダウンロードしたすべてのファイルに対してマルウェアスキャンを行う機能です。従来的なウイルス対策ツールと併用し、Torrentをダウンロードする際にデバイスをしっかり守ることをおすすめします。
  • ノーログポリシー。NordVPNのノーログポリシーは独立監査を3回も受けているため、Torrentアクティビティなどのデータを保存されないと自信を持てます。
  • 使いやすい。NordVPNのインターフェースは分かりやすく、インタラクティブな地図でサーバーを選べるので、VPN初心者でも簡単です。

5. Surfshark:広告をブロックし、Torrentがより快適に

注目ポイント 悪意のある広告やポップアップを気にせずにTorrentをダウンロードできる
セキュリティ MultiHopサーバーでは、データが2台のサーバーに転送され、安全性を一層強化
速度 近いサーバーなら満足できるスピード
サーバーネットワーク 100か国に3,200台のサーバー。日本にもサーバーがあるため、いつも安全にTorrentをダウンロードできる
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応

Surfsharkの広告ブロッカー「Cleanweb」は、広告と悪意のあるサイトを自動的に検出し、ブロックしてくれます。トレントサービスの広告はマルウェアが含まれていたり、不正サイトに遷移したりすることが多いため、Cleanwebは安全を確保するのに役立ちます。Cleanwebを試したところ、トレントソフトとトラッカーサイトの広告がほぼすべてブロックされました

A screenshot of Surfshark's settings showing the CleanWeb ad blocker enabledVPN設定画面からSurfsharkのキルスイッチを有効にすることもできます

Surfsharkは無制限のデバイスを同時接続できるので、大家族にピッタリのVPNサービスと言えます。MacBook Pro、Androidのタブレット、スマホ、Windowsの古いノートパソコンを同時に接続して、Torrentのダウンロードと動画の視聴を行えました。ネットワークに多数のデバイスを接続しても、通信が不安定になったり、速度が低下したりしなかったのはすばらしいでしょう。

しかし、本記事に掲載されているほかのVPNと比べると、通信はやや低速です。近くのサーバーでは、速度は9%しか低下しませんでしたが、アメリカサーバーでは20%も遅くなってしまいました。大容量ファイルをダウンロードする場合、遠くのサーバーだと最大1時間かかるので、Torrentを利用する際は、できる限り近いサーバーを使ったほうが良いでしょう。

長期プランはわずか$2.19/月で、かなり手頃です。ExpressVPNやCyberGhostと同様、Surfsharkは30日間返金保証があるので、契約に縛られる前にリスクなしで体験できます

便利な特徴

  • Bypasser。VPN接続を使うアプリとサイトを選べます。安全にTorrentをダウンロードしながら、ほかのアプリは通常の接続を使えるわけです。
  • Camouflage mode。Surfsharkのカモフラージュモードを有効にすると、VPNを使っていることが隠されるため、Torrentを利用していることをプロバイダやスパイなどに検出されにくくなります。

Torrent対応VPNの選び方

本記事では、次の条件をもとにTorrentにおすすめのVPNを厳選しました。ここで紹介したVPNは、安全かつ匿名でTorrentをダウンロードするのに適しています。ご自身でVPNの良し悪しを判断したい場合、下記の評価項目を参考にしてみてください。

  • P2Pに対応。本記事に掲載されているVPNは、P2P(ピアツーピア)通信に対応しています。また、Torrentに最適化されたサーバーを提供しているサービスを優先しました。
  • ノーログポリシーを守っていることが監査で証明されている。ノーログポリシーをきちんと守っているVPNは、利用者のオンラインアクティビティと個人情報を収集・保存・共有しません。ここでは、ノーログポリシーがあるVPNだけを紹介しました。
  • 強力なセキュリティ機能。Torrentを利用する際に個人情報をしっかり守れるよう、AES 256ビット暗号化、DNS・IPアドレスの漏えい対策、キルスイッチを提供しているVPNを選びました。
  • ダウンロード速度が高速。大容量のTorrentファイルをすばやくスムーズにダウンロードできるよう、下り速度が速く、帯域幅が無制限のVPNに注目しました。
  • グローバルサーバーネットワーク。ここで紹介したVPNは、複数の国に多数のサーバーを置いています。そのようなサービスは使えるIPアドレスが多いので、Torrent利用時にハッカーからしっかり身を守れます。
  • 安心の返金保証付き。安心して体験できるよう、返金保証が少なくとも30日間のVPNを優先しました。

Torrentのやり方についてよくある質問 2024年

Torrentは合法ですか?

はい。ただし、お住まいの国の法律を必ず確認してください。国によらず、Torrentを利用して著作権で保護されているコンテンツをダウンロード・アップロードするのは違法です。著作権で保護されていないコンテンツをダウンロードする場合も、あなたのIPアドレスをプロバイダに報告したり、恐喝したりするユーザーがいます。しっかりしたVPNを使うと、IPアドレスが隠され、P2Pネットワークとの通信が暗号化されるため、いわゆる著作権トロールから身を守れます

VPNを使うとTorrentを安全に利用できますか?

はい。Torrentを通してファイルをダウンロードする場合、VPNを使うのが一番安全です。プレミアムVPNはデータを暗号化し、IPアドレスを隠すため、Torrentを利用する際に悪質な第三者や監視から身を守れます。VPNを使うと、個人の特定やサイバー攻撃、アクティビティの監視を防げるのです。

追跡されずにTorrentをダウンロードする方法は?

追跡されずにTorrentをダウンロードするには、VPNを使うのがベストです。VPNはネット通信を暗号化し、IPアドレスを隠すため、他人にオンラインアクティビティを追跡されにくくなります。Torrentをダウンロードしていることも知られません。VPNを起動し、サーバーに接続するだけです。プライバシーをしっかり保護できるよう、ノーログポリシーがあり、プライバシー保護に適した国に本拠を置いているVPNプロバイダを選びましょう。

Torrentを利用する際、IPアドレスは隠すべきですか?

はい、Torrentを利用する際はIPアドレスを隠すことが推奨されています。IPアドレスを隠すには、Torrent対応VPNを使うのがおすすめです。実際のIPアドレスを隠すと、サイバー攻撃などさまざまなネットの脅威から身を守ることができ、匿名でTorrentをダウンロードできます。また、プロバイダによる帯域制御を阻止し、ダウンロード速度の改善も期待できます。

VPNを使うとTorrentを利用したことを他人に知られますか?

状況によります。VPNを使うと、Torrentを利用していることをプロバイダやスパイなどに知られません。ただし、VPNはネット通信を暗号化して遠隔のサーバーに経由させることでプライバシーを保護しますが、VPNを使っていることをプロバイダまたは政府機関に特定されないとは言い切れません。

ダウンロードしたいコンテンツが著作権で保護されていないことを必ず確認してください。VPNを使ったとしても、Torrentを利用して違法にダウンロードまたはアップロードを行うと、法的に罰せられる可能性があります。VPNは合法な行為のために使い、お住まいの国における法律に必ず従ってください。

P2Pファイル共有の仕組みは?

P2Pファイル共有は、仮想ネットワークを作成し、複数のユーザーが互いにファイルを共有する仕組みになっています。しかし、P2Pファイル共有を行うと、自分のIPアドレスが他人に公開されるため、サイバー攻撃の標的になる恐れがあります。Torrentを利用する際は、しっかりしたVPNを使ってIPアドレスを隠し、匿名性を守る必要があります

P2Pネットワークにダウンロードしたいファイルをリクエストすると、ネットワーク内のすべてのコンピュータが協力してファイルをあなたのデバイスにアップロードしてくれます。ファイルのすべての部分がアップロードされると、ダウンロードが完了したことになります。1台のサーバーからファイルをダウンロードするより、はるかに高速でダウンロードできるのが利点です。

無料VPNを使って安全にTorrentを利用することはできますか?

できますが、無料VPNを使うとプライバシーやセキュリティ、通信速度を妥協することになるため、おすすめしません。無料VPNの多くはオンラインアクティビティを記録して第三者に売却するので、プライバシーが脅かされます。安全にTorrentを利用するには、強力なセキュリティ機能があり、ノーログポリシーを守っており、下り速度が速く、信用できるプレミアムVPNを選ぶのがベストです。

また、無料VPNは通常、P2P通信を厳しく制限しています。P2P通信を一切認めていないケースもあるほどです。有料VPNは初期費用がかかりますが、優れたセキュリティ機能が備わっているため、購入する価値があります。

今すぐTorrentを安全かつ匿名でダウンロードしましょう

Torrentを安全かつ匿名でダウンロードする一番簡単な方法は、しっかりしたVPNを使うこと。プレミアムVPNがあれば、ネットの脅威を気にせずに、安心してTorrentを利用できます。

TorrentにはExpressVPNが一番おすすめです。ノーログポリシーを守っており、軍レベルの暗号化を採用しているほか、通信も速いため、安全かつスムーズにTorrentをダウンロードできます。30日間返金保証もありますから、リスクなしですべての機能をお試しください。

まとめとして、TorrentにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
83% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
72% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
86% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。

この記事を改善する方法についてコメントをお願いします。あなたのフィードバックが重要です!

コメントする

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

名前は少なくとも3文字以上で入力してください

入力欄の内容は、80 文字を超えないようにしてください。

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

有効なメールアドレスを入力してください

name%%さん、コメントありがとうございます!

私たちは48時間以内にすべてのコメントをチェックし、本当のコメントであり、悪意がないことを確認します。その間にこの記事をシェアしてください。