当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

ValorantにおすすめのVPN│海外サーバーでプレイ! 2024年

アカッシュ・ディープ 更新日 2024年02月21日 ファクトチェッカー:クリスティーナ・ヨシェフスカ サイバーセキュリティ研究者

Valorant(ヴァロラント)のアカウントを作成すると、Riot Games社が自動的に「リージョンロック」を実装し、どこでアカウント登録したかによってゲームサーバーが自動的に決まってしまいます。これにより海外のプレイヤーとプレイしたり、他の地域のサーバーにアクセスできないので不便ですね。

Valorantのサポートに問い合わせれば地域を変えてくれますが、間違った地域が割り当てられた場合に限ります。ご安心ください。手作業で簡単に地域を変えることができます。

Valorantを海外サーバーで遊ぶには、VPNを使うのが一番簡単です。VPNアプリを使えば、IPアドレスが隠され、指定した国のIPアドレスに置き換わります。例えば、米国サーバーに接続して新しいValorantアカウントを作成すれば、北米サーバーでゲームをプレイできるようになるわけです。

60社のVPNを検証した結果、最も信頼性の高いExpressVPNがトップに輝きました。サーバーネットワークが大規模なので、簡単にValorantのリージョンを変更し、世界各国の海外プレイヤーとプレイできるようになります。さらに、強力なセキュリティ機能と低ping値を提供しています。30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験してみましょう。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

ExpressVPNでValorantをプレイしましょう!>>

【クイックガイド】3ステップで簡単!Valorantのリージョンを変更する方法

  1. VPNを入手します。サーバーネットワークが大規模でValorantのリージョンを確実に変更できるExpressVPNがお勧めです。また、ping値も低いので、ラグなしでゲームができます。ExpressVPNをリスクなしで試しましょう!.
  2. 好きな国のサーバーに接続します。Valorantを海外サーバーでプレイするには、海外のVPNサーバーに接続して、アカウントを新規作成しましょう。
  3. Valorantを海外サーバーで遊びましょう!Valorantをダウンロードし、海外の友達と対戦しましょう。

海外サーバーでValorantをプレイするのにVPNが必要な理由

Valorantは地域制限がかかっているため、海外ゲーマーと遊ぶことはできません。アカウント作成時に使用しているIPアドレスから地域が特定され、アカウント登録した地域以外ではプレイできないのです。しかし、VPNを使うと地域制限を回避でき、海外のサーバーでValorantをプレイできるようになります。

VPNを使うと海外サーバーに接続でき、海外でプレイしているかのように見えます。ネット通信はその海外サーバーに転送され、実際のIPアドレスが隠されますValorantのサーバーは6地域にありますので、希望の地域のサーバーに接続して新しいアカウントを設定することでその国でプレイすることができます。

また、イランやアラブ首長国連邦など、VoIPが禁止されている国では著しく不利になってしまいます(VoIP:Valorantの主な通信方法)。VPNは追加のセキュリティ機能もありますから、VoIPサービスを使えるようになるほか、サイバー攻撃から身を守って安全にValorantをプレイできます。

ここで注意したいのは、VPNを使ってValorantの地域を変更するには、その地域の新しいアカウントを新たに設定する必要があるということです。ちなみに、私のValorantアカウントは北米地域のアカウントですが、既存アカウントで米国以外のVPNサーバーを使用して一時的に他の地域に変更することはできませんでした。

Valorantのサポートに問い合わせれば地域を変えてくれますが、間違った地域が割り当てられた場合に限ります。今シーズンのランクがリセットされるリスクなしにプレイしたいのであれば、VPNを使うのが最善です。

【完全ガイド】Valorantを海外サーバーでプレイする方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。今回テストしたVPNの中で最速通信・最低ping値を記録していますので、Valorantをラグなしでプレイを楽しめます。 Screenshot of ExpressVPN's gaming landing page explaining that it offers servers with low ping and minimal lag covered by a 30-day money-back guarantee加入したら、わずか1分でアプリをダウンロードできます
  2. VPNサーバーに接続します。アプリにサインインし、サーバー一覧ボタンを押し、[すべてのロケーション]タブを選びます。Valorantをプレイしたい国のサーバーを選択しましょう。 Screenshot of ExpressVPN's server list近距離サーバーに接続すると、低Pingで快適がゲームプレイを楽しめます
  3. Riot Games・Valorantのアカウントを新規作成します。Valorantの公式サイトにアクセスし、[無料でプレイ]をクリックした後、[作成する]をクリックします。必要な情報を入力してアカウント登録を行いましょう。アカウントを確認する必要があるため、有効なメールアドレスで登録してください。 Screenshot of Valorant's Signup PageRiot Gamesのアカウントに使われていない、予備のメールアドレスでアカウント登録しましょう
  4. Valorantをダウンロードし、アカウントにログインします。ログインする前に、VPNの海外サーバーに接続されていることを確認してください。そうでなければ、実際の位置情報が使われてしまいます。 Screenshot of ExpressVPN app and Valorant log-in pageアカウントにログインする前に、希望の地域に接続されていることを確認しましょう
  5. Valorantの地域を確認します。アカウントを新規作成し、ログインしたら、パーティーメニューを開き、どの地域が割り当てられたかチェックしましょう。Riotのアカウントの個人情報メニューでも確認できます。接続したVPNサーバーと同じ国になっていれば、Valorantの地域を変更できたことが分かります。 Screenshot of ExpressVPN app and Valorant party menuこのメニューで特定の都市のサーバーに接続することもできます
  6. 海外サーバーでValorantをプレイできるようになりました!新たに作成したアカウントでValorantをプレイする際は、同じサーバー地点に接続するのをお忘れなく。

【2024年更新】Valorantを海外サーバーでプレイするのにおすすめのVPN

1. ExpressVPN:低Ping値でValorantのリージョンを確実に変更できる総合ベストVPN

最大の特徴 テストしたVPNの中でpingが最低値
サーバーネットワーク  (日本やその他Valorantの地域を含む)105ヶ国に3,000以上のサーバーあり
同時接続台数 8台
利用可能なゲーム Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
日本語のアプリ あり
日本語のサポート 自動翻訳ツール内臓のライブチャット、メール、ナレッジベース

今回検証したVPNの中で、ExpressVPNは通信速度が最速でping値が一番も低く、ゲームにダントツお勧めのVPNです。遠隔サーバーに関しても、ping値が他社に比べてかなり低く、例えば、私の所在地から3500キロ以上離れているLAサーバーに接続したときでもping値は平均72msをキープできました。これはかなり優秀です。米国のサーバー利用時にラグが一切発生することなくValorantをプレイできました。

ですので、ExpressVPNを使えば海外のプレイヤーとも快適にゲームが楽しめます。近隣サーバーをテストしたところ、平均ダウンロード速度121Mbps(速度低下率わずか4%)を記録し、ping値は26ms以下を維持することができました。

Screenshot of Valorant Gameplay with ExpressVPN connected to a server in East London, UKゲームプレイ中も速度はかなり安定していました

この超高速通信は、通信と接続に特化した独自のLightwayプロトコルを採用しているためです。さらに、OpenVPNと同じくらい安全なので、ゲームセッションをしっかり保護できます。

ExpressVPNは、Valorantのサーバー地域を始めとする計105カ国にサーバーを持っています。つまり、どの地域でアカウントを作成しても、快適なスピードでゲームを楽しむことができるのです。

ExpressVPNはVPNの中では割高な方ですが、年間を通して頻繁に割引やディスカウントクーポンを提供していますので、手頃な価格で加入できることが多いです。

また、各プランには30日間の返金保証がついているので、リスクなしで試すことができます。サービスに満足できない場合、簡単に全額返金してもらえます。

特徴:

  • スピードチェックツールを内蔵。ExpressVPNはスピードテストツールを内蔵しており、各サーバーのPing値、アップロード&ダウンロードスピードをチェックすることができます。これにより、Valorantをプレイするのに最適なサーバーを簡単に特定することができます。
  • 堅牢なDNS/IP漏洩対策。Valorantのプレイ中にあなたのIPアドレスが公開される心配がありません。ExpressVPNのテスト中、実際の所在地のIPアドレスが表示されることは一度もなく、DDoS攻撃からもしっかり守ってくれました。また、軍用グレードの暗号化とキルスイッチで接続をさらに保護します。
  • 自動難読化。ExpressVPNはすべてのサーバーで難読化を行っています。これは、あなたのVPNトラフィックを通常のローカルトラフィックとして偽装するというもので、地理制限のあるネットワークに接続する際に自動的に起動します。このお陰でネットワークやファイアウォールのVPNブロックを回避でき、異なる地域でValorantをプレイすることができます。
  • スプリットトンネル。ExpressVPNを特定のアプリ(Valorantなど)のみ経由させ、その他のアプリはローカルネットワーク経由でルーティングすることで、通信速度を向上させることができます。これにより、速度低下やラグを最小限に抑えることができます。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost: ゲーム専用サーバーでValorantの地域をラクラク変更!

最大の特徴 ゲーム専用サーバーを提供
サーバーネットワーク (日本やその他Valorantの地域を含む)100ヶ国に11,683以上のサーバーあり
同時接続台数 7台
利用可能なゲーム Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
日本語のアプリ あり (macOS、iOS、Android)
日本語のサポート ライブチャット、メール、ナレッジベース

CyberGhostの最大の強みはゲーム専用サーバーがあることです。これらのサーバーはゲームをプレイするために最適化されていますので、Valorantの地域を変更するのに最高のパフォーマンスを発揮できるサーバーを簡単に見つけて接続できます。サーバーを探す手間が省けて、その分友人とプレイする時間にあてることができます。

Screenshot listing CyberGhost's gaming-optimized servers with a display of each server's ping and distance from the userValorantのような対戦型オンラインゲームでは、60ms以下のPingが理想的です

CyberGhostはパフォーマンスが安定して素晴らしいので、実は何年も愛用しています。今回の記事用にドイツとイギリスのゲームサーバーをテストしたところ、ローカル接続時に比べて速度低下率はわずか7%で、ping値が50msを超えることもありませんでした。これまで何度もValorantをプレイしてきましたが別の地域のプレイヤーと対戦中に、ラグが発生したことは一度もありません。

変更したい地域(ブラジルや韓国など)にゲーム専用サーバーが見つからない場合でも心配する必要はありません。CyberGhostの通常サーバーは、ゲーム専用サーバーとほぼ同じくらいのパフォーマンスを発揮できるからです。

唯一の欠点は、遠距離のサーバーに接続する場合には速度が若干低下することです。LAのサーバーをテストしてみたところ、23%の速度が低下(ExpressVPNでは11%)しました。しかし、ご利用のインターネット回線が高速であれば支障にはならないでしょう

CyberGhostは、各ユーザーに固有のプライベートIPアドレスを割り当て、疑わしいデータパケットをフィルタリングするNATファイアウォールを内蔵しており、ゲームプレイ中のセキュリティをしっかり保護します。DDoS攻撃やその他の悪意のある攻撃につながる可能性のある不要な通信をブロックしてくれるので、安心してValorantをプレイできます。

CyberGhostのプランには45日間の返金保証が付いていますので、リスクなく体験することができます。サービスに満足できない場合、簡単に全額返金してもらえます。

特徴:

  • 専用IPアドレス。CyberGhostには、格安料金で専用IPアドレスを購入できる追加オプションがあります。あなただけの固有IPアドレスが手に入りますので、サーバーの過密状態を心配する必要がなく、Valorantを快適にプレイできます。
  • スマートなルール。VPN接続時の設定をカスタマイズできる機能です。例えば、Valorant を起動する際に特定のサーバーに自動接続するように設定することができます。
  • IPv6データ漏洩対策。あなたの実際のIPアドレスが漏洩するリスクを最小限に抑えます。Valorantをプレイ中にスヌーピングやDDoS攻撃(分散型サービス妨害攻撃))から保護します。

3. Private Internet Access:カスタマイズ可能なセキュリティ保護で接続を最適化

最大の特徴 ゲームのパフォーマンスを最適化するためセキュリティ設定をカスタマイズ可能
サーバーネットワーク (日本やその他Valorantの地域を含む)91ヶ国に29,650以上のサーバーあり
同時接続台数 無制限台
利用可能なゲーム Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
日本語のアプリ あり

他社と異なりPIAはセキュリティ設定をカスタマイズできます。これにより、ニーズに合わせてValorantの通信接続を最適化することができます。例えば、暗号化には2つのオプションがあり、AES 128ビットもしくは256ビットの暗号化を選択できます。なお、暗号化レベルが低いほどValorantセッションの速度は速くなりますが、安全性は若干低くなります。

プロトコルもOpenVPNとWireGuardのどちらかを選択できます。テストでは、WireGuardの方がOpenVPNよりも高速で、速度が平均8%向上しました。速度の優位性にもかかわらず、WireGuardはセキュリティに手を抜いていないので、海外の地域でValorantをプレイのにお勧めです。

PIAは、今回検証したすべてのVPNの中で最も広範なサーバーバーバーネットワークを誇ります。これにより、トルコ、ブラジル、韓国、アメリカなど、Valorantの地域をスムーズに切り替えることができます。さらに、膨大な数のサーバーが様々な国に分散されていますので、サーバーが混雑することがありません。

A screenshot showing Private Internet Access working with Valorant安定した低pingにより、Valorantをラグなくプレイできます

欠点としては、PIAには非常に多くのカスタマイズオプションがあるため、初心者にとって操作しやすいアプリとは言えません。しかし、あらかじめデフォルトで各オプションが設定されているので、カスタマイズしたくない場合は何もする必要はありません。

PIAのプランには30日間の返金保証が付いていますのでリスクフリーで試すことができます。サービスに満足できない場合、全額返金してもらいましょう。

特徴:

  • サーバー遅延表示。PIAは各サーバーのping値を表示してくれます。これにより、高速なサーバーを簡単に見つけることができ、より快適にゲームをプレイできます。
  • お得なプラン。PIAのサブスクリプションプランは他社よりお手頃価格で、長期プランはわずか$2.03/月で加入できます。

Valorant用VPNを使うその他のメリット

Valorant用VPNはあなたの地域を変更できるだけでなく、その他にも以下のような沢山のメリットがあります。

  • DDoS攻撃保護対策: VPNは、あなたの実際のIPアドレスを隠し、暗号化されたVPNサーバーを経由してトラフィックをルーティングすることで、DDoS攻撃からデバイスを守ることができます。これにより、攻撃者はあなたの居場所を特定し、攻撃を仕掛けることが難しくなります。
  • IPブロックの回避: Riot Games社がIPアドレスに基づいてアカウントをブロックしているかどうかは定かではありませんが、一部のValorantプレイヤーはブロックされたと報告しています。VPNを使用することで、これらのブロックを回避し、問題なくプレイすることができます。
  • 制限が掛かったネットワークからのアクセス:公共WiFi や職場の WiFi など、ネットワークによっては特定のウェブサイトや Valorant のようなオンラインゲームへのアクセスを制限している場合があります。VPN はこれらの制限を回避できますので、どこからでも Valorant にアクセスできます。
  • ゲーム内アイテムが格安に購入できる: VCTスキンのような一部のゲーム内アイテムは、トルコなど特定の地域では低価格で購入できます。ただし、Valorantの利用規約に反する可能性があるため、注意が必要です。
  • 低Ping: ISPが速度を制限している場合やネットワークが混雑している場合、VPNを利用することで通信速度とping値を改善できる可能性があります。VPNは、トラフィックを混雑が少なめのサーバーにルーティングすることで、待ち時間を短縮し、ゲーム体験を向上させることができます。

【よくある質問】VPNを使ってValorantの地域を変える方法

アカウント作成後にRiot Gamesの地域を変えることはできますか?

はい、しかしアカウントをいったん作成してしまうと、Riot Gamesのアカウントの地域を変更できるのはカスタマーサポートだけであり、間違った地域が割り当てられた場合しか変更してくれません。カスタマーサポートはあなたのアカウントの地域とIPアドレスの地域が一致するかどうかを確認し、もし一致していれば地域を変更してくれますが、現在のシーズンのランクはリセットされますし(最初からやり直し)、もしも再度地域を変更したい場合90日間待つ必要があります。

海外サーバーでプレイするために地域を変更したいだけであれば、解決方法はもっと簡単です。VPNを使ってアカウントを別の地域で新規作成すれば、Valorantを海外サーバーで遊べるようになります。好きな地域のサーバーを選んでからアカウント登録すれば良いのです。そうすると、既存アカウントの進行状況を失うことなく、新規アカウントでほかの地域のプレイヤーとも対戦できるようになります。

Riot Gamesでサブアカウントを作成してValorantをプレイしても大丈夫ですか?

はい。複数のRiot GamesアカウントでValorantをプレイしてもOKです。Valorantは無料で遊べるゲームなので、アカウントをいくつ作成しても利用規約違反にはなりません。既存アカウントで使用していないメールアドレスを使えばRiot Gamesでサブアカウントを作成できます。

ただし、海外アカウントを作成するには、ゲームに特化したVPNが必要です。VPNを使えば特定の地域のサーバーに接続できますから、その地域のアカウントが作成されるわけです。逆に、VPNを使わなければ、現在地のアカウントが作成されます。例えばドイツでアカウントを作成した場合、ValorantのEU地域でしかプレイできません。

VPNを使うと、Pingが高くなりすぎてValorantをプレイできなくなるのでは?

VPNが採用している暗号化技術とサーバーからの距離によっては、Ping値が高くなることがありますが、高速通信で信頼性の高いゲーム用VPNを使えば、速度低下は最小限に抑えられます

場合によっては、VPNがISPのスロットリングを回避し、トラフィックを混雑の少ないルートにリダイレクトすることで、pingが向上することもあります。そうすると、Valorantゲームサーバーへの接続がよりダイレクトで高速になります。

VPNを使ってゲーム機でValorantをプレイすることはできますか?

Valorantはゲーム機に対応していませんから、VPNを使ってもゲーム機でプレイすることは不可能です。Riot Gamesはさまざまなプロトタイプの作成に取り組んでいると発言していますが、公式にはまだ発表されていません。近い将来、PlayStationやXboxなどのコンソールでもプレイ可能になるかもしれません。コンソール版がリリースされても、海外サーバーで

Valorantを遊ぶにはVPNが必要です。ゲームコンソールはVPNアプリに対応していませんから、ルーター対応VPNを選ぶようにしましょう。VPNをルーターに導入すれば、ネットワークに接続されているすべてのデバイス(ゲーム機を含む)が保護されます。

ValorantをプレイするのにVPNを使用した場合、垢BANされますか?

ValorantにVPNを使用することに問題なく、正当な理由で使用し公平にゲームをプレイする限り、BANされることはありません。ただし、VPNを使用してチートを行ったり、ゲームの利用規約に違反したりした場合は、BANされる危険性があるので注意が必要です。

Riot Games社はValorantのVPN使用に関するスタンスを明言していませんが、VPNを利用して気づかぬうちにルール違反をしてしまっていないか確認するため、Valorantのプライバシーポリシーと利用規約を定期的にチェックすることをお勧めします。

ラグなしでValorantをプレイしたいのですが、VPNの速度の目安はどれくらいですか?

ValorantをラグなしでプレイするにはVPNが最低5Mbpsの速度、ping値が60ms以下である必要があります。しかし、通信速度やラグはあなたの利用しているネット回線に大きく依存しますなお、一般的なルールとして、近隣サーバーでの速度低下が30%以下のVPNを選ぶべきです。今回の記事で紹介したVPNはすべて、ゲームするのに十分な速度が出ますのでValorantをラグなくプレイできます。

無料VPNでValorantをプレイできますか?

可能ですが、無料VPNを使ってValorantをプレイすることはお勧めしません。それよりも返金保証のある低価格のプレミアムVPNをゲットしたほうがよいでしょう

ほとんどの場合、無料VPNの速度は制限されていますから、Valorantのプレイ中にラグが発生してしまいます。また、サーバーネットワークも小規模ですので回線混雑が多く、Valorantをプレイできたとしても選べる海外サーバーは限られています。さらに、セキュリティ対策が弱く、DDoS攻撃の標的になりやすくなってしまいます。

無料VPNも何らかの形で利益を上げなければなりませんから、100%自信を持って「データを絶対に記録されない、サードパーティの広告事業者に売却されない」と言えないのも心配です。

今すぐ海外サーバーでValorantをプレイしましょう

Valorantは全世界で利用可能ですが、指定された地域以外のゲーマーとプレイすることはできません。しかし、VPNを使えば簡単にValorantの地域を変更することができます

Valorantに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。多数の海外サーバーがありますから、Valorantの地域を簡単に変えられます。圧倒的に高速で、Pingも低く、一流のセキュリティ機能もありますから、ゲームにおすすめのチョイスなのです。30日間返金保証もあるので、ExpressVPNでValorantをプレイしてみることができます。満足できない場合は全額を払い戻してもらいましょう。

まとめとして、Valorantを海外サーバーでプレイするのにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

アカシュ・ディープは、vpnMentorのサイバーセキュリティ研究者兼ライターを務めており、オンラインセキュリティとプライバシーに関する偏りのない専門的なアドバイスを読者に提供することに力を注いでいます。サイバーセキュリティの最新動向を分析し、読者が十分な情報を得た上で意思決定できるよう最新情報を提供しています。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。