情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

ValorantにおすすめのVPN│海外サーバーでプレイ! 2022年

Valorant(ヴァロラント)のアカウントはリージョンロックが実装されており、どこでアカウント登録したかによってゲームサーバーが自動的に決まってしまいます。日本でアカウント登録した場合、北米サーバー(いわゆるNA鯖)などの海外サーバーでプレイできないわけです。Valorantのサポートに問い合わせれば地域を変えてくれますが、間違った地域が割り当てられた場合に限ります。ご安心ください。手作業で簡単に地域を変えることができます。

Valorantを海外サーバーで遊ぶには、VPNを使うのが一番簡単です。VPNアプリを使えば、IPアドレスが隠され、指定した国のIPアドレスに置き換わります。例えば、米国サーバーに接続すれば、北米サーバーでゲームをプレイできるようになるわけです。

100社のVPNを検証した結果、高速かつ信頼性の高いExpressVPNがトップに輝きました。サーバーネットワークが大規模なので、Valorantを世界各国の海外サーバーでプレイできるようになります。30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験してみましょう。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

ExpressVPNでValorantを遊びましょう!

【クイックガイド】3ステップで簡単!Valorantを海外サーバーで遊ぶ方法

  1. VPNを入手します。ExpressVPNがおすすめです。サーバーネットワークが大規模なので、Valorantを海外サーバーでプレイするのにピッタリです。また、超高速なので、ラグなしでゲームができます。
  2. 好きな国のサーバーに接続します。Valorantを海外サーバーでプレイするには、海外のVPNサーバーに接続して、アカウントを新規作成しましょう。例えば、トルコのサーバーに接続すると、ヨーロッパのプレイヤーとValorantを遊べるようになります。
  3. Valorantを海外サーバーで遊びましょう!Valorantをダウンロードし、海外の友達と対戦しましょう。

Valorantを海外サーバーで遊ぶのにVPNが必要な理由

Valorantは地域制限がかかっているため、海外ゲーマーと遊ぶことはできません。サーバーは6地域にありますが、アカウント登録した地域でしかプレイできないのです。例えば、ヨーロッパでアカウント登録した場合、ヨーロッパサーバーでヨーロッパのプレイヤーと対戦することになり、それ以外の地域のプレイヤーとは遊べません。Riot Games社はValorantの地域を1回だけ変えられるようにしていますが、間違った国が割り当てられた場合に限ります。VPNを使うと地域制限を回避でき、海外サーバーでValorantを遊べるようになります。

VPNを使うと海外サーバーに接続でき、海外でプレイしているかのように見えます。ネット通信はその海外サーバーに転送され、実際のIPアドレスが隠されます。Valorantの地域を自由に変えられるわけです。

また、イランやアラブ首長国連邦など、VoIPが禁止されている国では著しく不利になってしまいます(VoIP:Valorantの主な通信方法)。VPNは追加のセキュリティ機能もありますから、VoIPサービスを使えるようになるほか、サイバー攻撃から身を守って安全にValorantをプレイできます。

Valorantを海外サーバーでプレイしましょう!

2022 年にValorantを海外サーバーでプレイするのにおすすめのVPN

1. ExpressVPN — 大規模なネットワークにより、ラグなしでValorantの海外サーバーでプレイできる

  • 日本を含む94か国に3,000台のサーバー
  • 超高速
  • 同時に5台を接続可能
  • 利用可能なゲーム:Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、Linux、PS4・PS5、Xbox One・Series、iOS、Android、ルーター、ほか多数
  • 日本語に対応
2022年12月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは94か国に3,000台もサーバーがあり、さまざまな地域の海外サーバーでValorantをプレイできます。ExpressVPNで海外のサーバーに接続して、アカウントを新規作成したら、その地域の友達とゲームをプレイできるようになります。さらに、サーバーをお気に入りに追加することもできるので、後でValorantをプレイするときにすぐに接続できます。

スピードも、Valorantのようなペースの速いアクションゲームに適しています。VPNサーバーが遠いほど通信が遅くなりますが、4,000キロ程度離れたロンドン、ドックランズ、ウェンブリーの英国サーバーに接続してスピードテストを行った結果、速度は7%しか低下せず、遅いと感じるほどではありませんでした。近距離サーバーのダウンロード速度は75Mb/秒で、Pingは35msでした。ラグなしでゲームを遊ぶには、ダウンロード速度は25Mb/秒以上、Ping値は60ms以下が推奨されますから、十分な速さですね。プレイ中、ラグが発生したり、通信が切れたりすることはなく、普段とほぼ同じでした。このような結果なら、Valorantでスコア獲得が妨げられることはないはずです

Screenshots showing ExpressVPN working well with Valorant

高速サーバーにより、低Pingが期待できます

ExpressVPNは揺るぎないセキュリティ機能もあり、常にIPアドレスが隠されますから、確実にValorantの地域を変えられます。例えば、キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏洩対策、IPマスキングなどがあります。実際のIPアドレスは絶対に公開されないわけです。IPアドレスが公開されるとRiot Gamesに現在地を知られてしまい、海外サーバーでプレイできなくなってしまいます。ExpressVPNのセキュリティ機能は、Valorantをプレイ中にDDoS攻撃から身を守るためにも効果的です。

ExpressVPNは$6.67/月で、ほかのVPNよりやや高めです。とは言え、割引キャンペーンは頻繁に行われていますから、49%オフでサブスクリプションに加入できます。割引を使い、長期プランを選ぶのが一番お得です。

全プランが30日間返金保証付きですから、ExpressVPNをリスクなしで体験できます。気に入らなければ、全額を払い戻してもらいましょう。サービスには大満足でしたが、返金保証を守っているか調べることにしました。VPNを28日間使ったあとで、24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせて返金をお願いしました。サポート担当者にいくつか質問されましたが、思いとどまるようプレッシャーをかけられることはなく、すぐにリクエストが承認され、2日後に口座に振り込まれていました。

ExpressVPNでValorantを遊びましょう!

2. CyberGhost — ゲームに最適化されたサーバーで簡単にValorantを海外サーバーで遊べる

  • 日本を含む91か国に9,260台のサーバー。ゲームに最適化されたサーバーも
  • 超高速
  • 同時に7台を接続可能
  • 利用可能なゲーム:Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、Linux、PS4・PS5、Xbox One・Series、iOS、Android、ルーター、ほか多数
  • Mac、iOS、Androidアプリは日本語に対応
2022 12月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

ゲームに最適化されたサーバーがあるCyberGhostなら、Valorantに適した海外サーバーが簡単に見つかります。ドイツ、フランス、アメリカのサーバーでスピードテストを行ったところ、平均ダウンロード速度は71Mb/秒、Pingは44msでした。入力遅延は感じられず、Valorantを13試合プレイしても通信は切れませんでした。CyberGhostのゲームに最適化されたサーバーは、ヨーロッパとアメリカにありますが、それ以外の海外サーバーでValorantを遊びたい場合は一般サーバーでも構いません(スムーズにゲームを遊ぶのに十分なスピードです)。

A screenshot showing some of CyberGhost's gaming-optimized servers

Valorantのような激しいオンラインゲームをプレイする場合、Pingは60ms以下である必要があります

AES 256ビット暗号化、自動キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏洩対策がありますから、Valorantをプレイ中もサイバー攻撃から身を守れます。キルスイッチを検証するため、サーバーを何度か切り替えて、位置情報とIPアドレスが漏洩するか調べました。ExpressVPNと同様、CyberGhostもサーバーを切り替えている間はネット通信が遮断され、個人情報は流出しませんでした。有料ですが、専用IPアドレスも取得できます。ゲーム用に購入するのがおすすめです。接続するたびに同じIPアドレスが割り当てられ、Valorantアカウントへの不審なログインについて警告されるのを防げます。

CyberGhostはあらゆるデバイスに簡単にインストールできます。公式サイトの指示に従ったところ、Windowsアプリのダウンロードとインストールがわずか1分で完了しました。VPNアプリのページを開き、OSを選び、「VPNをダウンロードする」をクリックするだけです。アプリを起動し、ログインすると、すぐに海外サーバーでValorantをプレイできました。

些細なことですが、CyberGhostのデメリットは、1ヶ月プランが割高であることです。しかし、長期プランを選べばCyberGhostをわずか$2.03/月でゲットできます。また、年間プランは返金保証が長めです(45日間。1ヶ月プランは14日間)。

CyberGhostは45日間返金保証をきちんと守っており、手続きは簡単です。サービスを15日間使ってから、24時間年中無休のライブチャットで払い戻しを希望し、CyberGhostが約束通り返金してくれるか検証しました。サービスの利用体験についていくつか質問に答えたところ、リクエストが承認され、3日後に返金されました。

CyberGhostでValorantを遊びましょう!

3. Private Internet Access — 高速なので、海外サーバーでもValorantを快適にプレイできる

  • 超高速
  • 軍レベルの暗号化、IPアドレス・DNSの漏洩対策、キルスイッチ、専用IPアドレス
  • 日本を含む84か国に29,650台のサーバー
  • 利用可能なゲーム:Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、Linux、PS4・PS5、Xbox One・Series、iOS、Android、ルーター、ほか多数
  • 日本語に対応
2022 12月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の83%オフでご利用いただけます

PIAは、地域を変えてもラグなしでValorantをプレイするのに適した高速VPNです。検証で近距離サーバー(イギリス、ベルギー、オランダ)に接続したところ、平均速度は64Mb/秒でした(接続前のベース値は80Mb/秒)。75Mb/秒のExpressVPNより少し遅いですが、ラグなしでゲームをするのに十分な速さです。プレイヤーが多い土曜日の深夜に米国サーバーに接続して、Valorantをプレイした結果、Pingは安定して50msで、スムーズなゲームプレイを楽しめました。

84か国を網羅した大規模なサーバーネットワークにより、世界中の海外サーバーでValorantを遊べます。サーバーはPing順で表示されます。最速のベルギーのサーバーに接続したところ、Valorantを快適にプレイできました。サーバー数が多いため、回線混雑が原因でゲームが途中で止まることはありません。

A screenshot showing Private Internet Access working with Valorant

Pingは安定して低く、遅延なくプレイでき、Valorantの動作が遅れることはありませんでした

設定を柔軟にカスタマイズできるのはPIAの強みですが、使い方を習得するのに少し時間がかかるのはデメリットでしょう。とは言え、インストールした時点で設定が完了しているので、そのまま使い始められます。デフォルト設定で十分な速さが出ない場合、プロトコルを変えて、IKEv2、OpenVPN、WireGuardのうちどれが最適なのか試行錯誤しましょう。暗号化も128ビットまたは256ビットから選べますから、速度改善につながるはずです。

Private Internet Accessは$2.03/月~で、妥当な価格です。機能は全プラン共通ですから、長期的には3年プランが一番お得でしょう。

30日間返金保証もありますから、Private Internet Accessをリスクなしで体験できます。28日間検証したあとで、24時間年中無休体制のサポートに問い合わせて返金をお願いしました。「サービス改善のためにご提案はありますか?」と質問されましたが、思いとどまるよう迫られることはありませんでした。リクエストはすぐに承認され、全額が4日後に戻ってきました。

PIAでValorantを遊びましょう!

4. IPVanish — 接続台数は無制限。多数のデバイスでValorantの地域を変えられる

  • 同時接続数は無制限
  • 日本を含む75か国に2,000台のサーバー
  • 高速
  • 利用可能なゲーム:Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、Linux、PS4・PS5、Xbox One・Series、iOS、Android、ルーター、ほか多数
IPVanish2022 12月割引:有効なIPVanish 割引は珍しいですから、この割引が見つかったのは驚きました!こちらをクリックして今すぐIPVanishを71%オフでご利用ください!割引は自動的に適用されるのでコードは必要ありません。

IPVanishは接続台数が無制限なので、デバイスごとに異なる地域でValorantをプレイできます。検証では2台のPC、スマホ、タブレットを接続しました。多数のデバイスを接続しても、PCでValorantをプレイしながらNetflixをストリーミングできました。接続が切れることはなく、平均速度は60Mb/秒、Pingは54ms程度でした。

デスクトップアプリはValorantに適した海外サーバーに接続しやすいデザインです。サイドメニューでServer List(サーバー一覧)をクリックし、サーバーを並べ替えたら、最速で低Pingのサーバーを選ぶだけです。インタラクティブな地図もあり、Ping値が一番低い都市を探せます。アプリは使いやすく、海外の高速サーバーに簡単に接続してValorantをプレイできます。

A screenshot of the IPVanish user interface showing the sorting feature

高速サーバーは簡単に見つかるので、低Pingで快適にゲームプレイを楽しめます

IPVanishは下り速度が速いので、速度低下を理由にゲームから蹴り出されることはありません。英国、米国、オーストラリアのサーバーを試したところ、速度は常に55Mb/秒以上でした。このようなスピードであれば、Valorantのようなペースの速いオンラインゲームもスムーズに楽しめます。

些細なことですが、IPVanishのデメリットは仮想通貨で支払えないことです。しかし、VISAやMastercardなどの主要なクレジットカードとPayPalで支払えますから、大した欠点ではありません。IPVanishのサブスクリプションにわずか$3.19/月で加入できます。1ヶ月プランもありますが、長期的には年間プランの方がお得です。

安心の30日間返金保証もあります。サービスを29日間使ったあと、保証を守っているか実験することにしました。全額を返金してもらうには、Subscription(サブスクリプション)タブをクリックし、Cancel Subscription(サブスクリプションをキャンセル)ボタンを押すだけでした。手続きは本当に簡単で、5日後に口座に振り込まれていました。30日以内に解約すれば、カスタマーサポートに問い合わせずに返金してもらえますから、素晴らしいですね。

IPVanishでValorantを遊びましょう!

5. PrivateVPN — アプリが使いやすく、Valorantの地域を素早く変えられる

  • 使いやすいアプリ
  • 日本を含む63か国に200台のサーバー
  • 軍レベルの暗号化、DNS・IPアドレスの漏洩対策、キルスイッチ
  • 利用可能なゲーム:Valorant、フォートナイト、グランド・セフト・オート:オンライン、コールオブデューティ:ウォーゾーン、マインクラフト、ロブロックス、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、Linux、PS4・PS5、Xbox One・Series、iOS、Android、ルーター、ほか多数

PrivateVPNのアプリは直感的なので、スムーズにValorantを海外サーバーで遊ぶことができます。検証では、アプリに各サーバーのレイテンシが表示され(単位はms)、最速のサーバーが簡単に見つかりました。Simple View(シンプルビュー)では、Valorant向けのサーバーが表示され、オン・オフボタンをクリックするだけで簡単に接続できます。また、Advanced View(詳細ビュー)にはさまざまな設定が表示されますが、きちんと整理されているので圧倒されません。

セキュリティ機能を使うと実際のIPアドレスがしっかり隠され、Valorantの地域を変えても漏洩しません。PrivateVPNは自動キルスイッチとDNS・IPアドレスの漏洩対策機能があり、実際の位置情報が検出されにくくなります。

デフォルト設定でスピードテストを行った結果、ダウンロード速度は50Mb/秒、Pingは60msとなり、スムーズにValorantをプレイするのに十分でした。しかし、暗号化を「AES 256ビット」から「AES 128ビット」に、プロトコルを「OpenVPN」から「PPTP」に切り替えたところ、速度は59Mb/秒、Pingは51msに改善され、ゲームの動作が速くなりました。ただし、PPTPプロトコルはOpenVPNより安全性がかなり低いので、後者を使うようにしましょう。

A screenshot of PrivateVPN's advanced settings screen on its Windows app

セキュリティ機能を無効にすると、ゲームの通信速度がさらに改善されます

PrivateVPNのデメリットは、サーバーネットワークが比較的小規模であることです。Valorantをプレイする地域が限られてしまいます。それでも、サーバーは高速で、大半の地域制限を回避できます。

PrivateVPNの料金プランを調べたところ、一番おすすめなのは長期プランであることが分かりました。$2/月で、機能は短期プランと同じです。1サブスクリプションで10台のデバイスを接続できますから、コスパは抜群ですね。

迷っている方は、PrivateVPNの30日間返金保証を使って体験してみましょう。通信量が100GBを越えなければ、リスクなしで試せます。実際に、57GBのデータを使ったところで24時間年中無休のチャットサポートに問い合わせて返金をお願いしました。理由を説明したところ、リクエストが承認され、1週間で返金されました。

PrivateVPNでValorantを遊びましょう!

【完全ガイド】Valorantを海外サーバーでプレイする方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。サーバーネットワークが大規模なので、より多くの海外サーバーでプレイできます。
    Screenshot of ExpressVPNs home page

    加入したら、わずか1分でアプリをダウンロードできます。

  2. VPNサーバーに接続します。アプリにサインインし、サーバー一覧ボタンを押し、[すべてのロケーション]タブを選びます。Valorantをプレイしたい国のサーバーを選択しましょう。
    Screenshot of ExpressVPNs server list

    近距離サーバーに接続すると、低Pingで快適がゲームプレイを楽しめます

  3. Riot Games・Valorantのアカウントを新規作成します。Valorantの公式サイトにアクセスし、[無料でプレイ] > [作成する]の順にクリックします。必要な情報を入力してアカウント登録を行いましょう。アカウントを確認する必要がありますから、有効なメールアドレスで登録してください。
    Screenshot of Valorant home page

    Riot Gamesのアカウントに使われていない、予備のメールアドレスでアカウント登録しましょう

  4. Valorantをダウンロードし、アカウントにログインします。ログインする前に、VPNの海外サーバーに接続されていることを確認してください。そうでなければ、実際の位置情報が使われてしまいます。
    Screenshot of ExpressVPN app and Valorant log-in page

    アカウントにログインする前に、好きな地域に接続されていることを確認しましょう

  5. Valorantの地域を確認します。アカウントを新規作成し、ログインしたら、パーティーメニューを開き、どの地域が割り当てられたかチェックしましょう。Riotのアカウントの個人情報メニューでも確認できます。接続したVPNサーバーと同じ国になっていれば、Valorantの地域を変更できたことが分かります。
    Screenshot of ExpressVPN app and Valorant party menu

    このメニューで特定の都市のサーバーに接続することもできます

  6. 海外サーバーでValorantをプレイできるようになりました!新たに作成したアカウントでValorantをプレイする際は、同じサーバー地点に接続するのをお忘れなく。

ExpressVPNでValorantを遊びましょう

【よくある質問】VPNを使ってValorantを海外サーバーで遊ぶ方法

アカウント作成後にRiot Gamesの地域を変えることはできますか?

アカウントをいったん作成してしまうと、Riot Gamesのアカウントの地域を変更できるのはカスタマーサポートだけであり、間違った地域が割り当てられた場合しか変更してくれません。地域が間違っていることに気付いたら、カスタマーサポートに正しい地域に変えるよう依頼しましょう。Riot Games社はアカウントの地域とあなたのIPアドレスの位置情報が一致するか確認します。一致しなければ地域が間違っていることが分かりますから、地域が変更されます。なお、Valorantの進行状況はすべて削除され、同じアカウントで最初からプレイを始めることになります。

海外サーバーでプレイするために地域を変更したいだけであれば、解決方法はもっと簡単です。VPNを使ってアカウントを新規作成すれば、Valorantを海外サーバーで遊べるようになります。好きな地域のサーバーを選んでからアカウント登録すれば良いのです。そうすると、既存アカウントの進行状況を失うことなく、新規アカウントでほかの地域のプレイヤーと対戦できるようになります。

Riot Gamesでサブアカウントを作成してValorantをプレイしても大丈夫ですか?

はい。複数のRiot GamesアカウントでValorantをプレイしてもOKです。Valorantは無料で遊べるゲームなので、アカウントをいくつ作成しても利用規約違反にはなりません。既存アカウントで使用していないメールアドレスを使えばRiot Gamesでサブアカウントを作成できます。ただし、海外アカウントを作成するには、VPNが必要です。VPNを使えば特定の地域のサーバーに接続できますから、その地域のアカウントが作成されるわけです。逆に、VPNを使わなければ、現在地のアカウントが作成されます。つまり、日本のアカウントが作成されるので、Valorantが指定したサーバーでしかプレイできません。

VPNを使ってゲーム機でValorantをプレイすることはできますか?

Valorantはゲーム機に対応していませんから、VPNを使ってもゲーム機でプレイすることは不可能です。公式には発表されていませんが、Riot Gamesはさまざまなプロトタイプの作成に取り組んでいると発言しています。近い将来、PlayStationやXboxなどのコンソールでもプレイ可能になるかもしれません。コンソール版がリリースされても、海外サーバーでValorantを遊ぶにはVPNが必要です。ゲームコンソールはVPNアプリに対応していませんから、ルーター対応VPNを選ぶようにしましょう。VPNをルーターに導入すれば、ネットワークに接続されているすべてのデバイス(ゲーム機を含む)が保護されます。

VanguardなしでValorantをプレイすることは可能ですか?

いいえ。Vanguardを起動せずにValorantをプレイすることはできません。Vanguardを無効化またはアンインストールすると、Valorantを実行できなくなります。Vanguardは、プレイヤーを不当に有利にするMOD(エイムボットやウォールハックプログラムなど)がPC上にないかスキャンする、チート対策システムなのです。

Vanguardにマッチから蹴り出されずにValorantを海外サーバーでプレイするには、MODであると間違って検出されにくいValorantにおすすめのVPNが必要です。この記事で紹介したVPNは、VanguardにチートMODであると間違って検出されないことが確認されています。

VPNを使うと、Pingが高くなりすぎてValorantをプレイできなくなるのでは?

VPNを使うとPing値は高くなりますが、高速VPNを使えばあまり高くなりませんVPNサーバーを選ぶ際は、現在地とValorantのサーバーにできるだけ近いサーバーを選びましょう。VPNに接続すると、ネット通信は暗号化されてからValorantのサーバーに送信されるため、レイテンシ(遅延)が発生します。しかし、プレミアムVPNはプロバイダによる帯域制御を避けるためにも効果的なので、ゲームサーバーに近いエリアのサーバーに接続すれば、Ping値が下がることもあります。この記事では、複数のサーバーを試したうえで、速度とPing値が良好なVPNをご紹介しました。

ラグなしでValorantをプレイしたいのですが、VPNの速度の目安はどれくらいですか?

Valorantをラグなしで遊びたい場合、VPNのダウンロード速度は25Mb/秒以上、Ping値は20~60msである必要があります。必要なスピードを実現できるVPNを入手するようにしましょう。この記事では、上記の基準に達したVPNを厳選しました。

無料VPNでValorantを遊べますか?

Valorantに限らず、無料VPNでゲームをプレイするのはほぼ不可能です。格安で返金保証付きのプレミアムVPNをゲットした方が良いでしょう。ほとんどの場合、無料VPNの速度は制限されていますから、Valorantのプレイ中にラグが発生してしまいます。また、サーバーネットワークも小規模です。回線混雑が多く、Valorantをプレイできたとしても選べる海外サーバーは限られています。さらに、セキュリティ対策が弱く、DDoS攻撃の標的になりやすくなってしまいます。無料VPNも何らかの形で利益を上げなければなりませんから、100%自信を持って「データを絶対に記録されない、サードパーティの広告事業者に売却されない」と言えないのも心配です。

ExpressVPNでValorantを遊びましょう!

今すぐ海外サーバーでValorantをプレイしましょう

Valorantは全世界で利用可能ですが、指定された地域以外のゲーマーとプレイすることはできません。Riot Gamesで地域を変更できるのは1回だけであり、間違った国が割り当てられた場合に限ります。そこで、VPNの出番です。VPNは位置情報を隠すため、安全にValorantの地域を変えて、海外サーバーでプレイできるようになります。また、ゲーム中にDDoS攻撃から通信を守れます。

Valorantに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。多数の海外サーバーがありますから、Valorantの地域を簡単に変えられます。圧倒的に高速で、Pingも低く、一流のセキュリティ機能もありますから、ゲームにおすすめのチョイスなのです。30日間返金保証もあるので、ExpressVPNでValorantをプレイしてみることができます。満足できない場合は全額を払い戻してもらいましょう。

まとめとして、Valorantを海外サーバーでプレイするのにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
総合評価
割引
サイトへ
1
medal
9.8 /10
49% 引き!
2
9.8 /10
85% 引き!
3
9.6 /10
84% 引き!
4
9.4 /10
71% 引き!
5
9.2 /10
84% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。