情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

VPNとは?必要性は?初心者にもわかりやすく解説│2022年

VPN(仮想プライベートネットワーク)とは、ネット上で安全とプライバシーを強化するアプリのことです。「セキュリティソフトがあるのに、本当に必要だろうか?」と思うかもしれませんね。セキュリティソフトは、ウイルスやマルウェアなどの感染を防止するものであるのに対して、VPNはネット通信を暗号化で守るものです。

VPNに接続すると、通信はプライベートサーバーに転送され、暗号化されます。これにより、個人情報やデータ、ブラウジング状況を他人に見られないようになります。また、Netflixなど地域制限がかかっているサイトにアクセスしたり、ネット規制や厳しいファイアウォールも突破できるようになります。インターネットがより自由になるわけです。

VPNは素早くダウンロードでき、設定も簡単なので、初心者も安心して使い始められます。専門知識は不要。アプリをダウンロードし、サーバーをクリックするだけで、ネット上の安全を強化できます。

「VPNを今すぐ始めたい!」という方は、ExpressVPNを体験しましょう。当サイトでは150社のVPNを定期的に検証していますが、ExpressVPNは使いやすさと性能がトップクラスの優秀なVPNサービスです。プライバシー保護やセキュリティ対策だけでなく、動画の視聴など、さまざまなニーズに適しています。30日間返金保証もありますから、ExpressVPNの機能をリスクなしでお試しできます。満足できなければ、全額を返金してもらいましょう。

ExpressVPNを始めましょう!

【クイックガイド】3ステップで簡単にVPNを取得する方法

  1. 信用できるVPNプロバイダを選びます。ExpressVPNがおすすめです。使いやすく、データをしっかり保護し、安定して高速です。
  2. VPNをダウンロードし、インストールします。VPNプロバイダの公式サイトにアクセスし、デバイスにアプリをダウンロードし、インストールしましょう。
  3. サーバーに接続します。VPNアプリを開き、ログインしましょう。あとは、接続したいサーバーをクリックするだけです。

VPNの必要性

インターネット上には、プライバシーとセキュリティを脅かす危険が蔓延しています。特に心配なのは、あなたのデータを狙う悪質な組織です。個人情報を収集されたり、ネットの利用状況を追跡されたり、接続を傍受されたりする恐れがあります。また、特定のサイトがアクセス禁止になっているネットワークもあり、ネットの自由が著しく妨げられてしまいます。

ネット上でプライバシーとセキュリティをしっかり守るには、VPNが有用です。プライバシー侵害を防げるほか、サイトのアクセス制限も回避できます。また、通信が暗号化されるため、GoogleやFacebook、インターネットサービスプロバイダ(ISP)などにネット上の動きを追跡されません。有料ですが、お金を投じる価値は間違いなくあります。

では、VPNの必要性をご紹介しましょう。

VPNはすべてのデータを暗号化する

VPNのプライベートサーバーと接続すると、通信が暗号化されます。データは解読不能になり、あなたがネット上で何をしているか部外者に見られなくなるわけです。ほとんどのVPNは軍レベルの暗号化を採用していますから、オンラインアクティビティを他人に見られることは実質的に不可能となります。

データはでたらめな文字列に変換されるので、ISP(インターネットサービスプロバイダ)さえもブラウジング状況を監視したり、接続を傍受したりできなくなります。また、ゲームなど帯域使用量が多いアクティビティをしても、ISPに通信速度を制限されません。特に、公共Wi-FiではVPN接続で通信を守るのが大切です。ハッカーはいとも簡単に公共Wi-Fiに侵入できますから、VPNで対策しなければ、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報を盗み取られるリスクがあります。

多くのVPNは、最も強力な暗号化水準「AES 256ビット暗号化」を採用しています。「256ビット」は暗号化キーの長さを示し、現在、256ビットが最長です。暗号化キーが長いほど、解読するのに時間がかかります。業界最大手のセキュリティ企業や政府組織なども、AES 256ビット暗号化で機密性の高いデータを守っています。

VPNは位置情報を隠す

VPNを使わなければ、実際のIPアドレスは丸見えで、部外者に現在地を特定されるリスクがあります。IPアドレスはネット上の電話番号のようなもので、他の個人情報と組み合わせることで、個人を特定され、サイバー攻撃の標的になりやすくなってしまいます。広告事業者はターゲティング広告を配信するためにIPアドレスを使っており、ISPに勝手にIPアドレスを保存・共有されたりすることもあります。

VPNは、実際のIPアドレスを別のIPアドレスに置き換えることで、プライバシーを守ってくれます。VPNを使えば、位置情報と個人情報を隠せるわけです。ただし、VPNを使っても違法行為は違法ですから、使用する際は十分注意しましょう。

今すぐIPアドレスを隠しましょう!

VPNのその他のメリット

広告と悪質なサイトをブロックし、マルウェアの感染やトラッカーを防止するVPNもあります。通常、このような機能はVPNの設定画面で有効化できます。うっとうしい広告が表示されることなくYouTubeなどのサイトを楽しめるようになりますし、ハッカーや追跡から身を守れるので、トレントをダウンロードする際に便利です。

もう1つのメリットは、Netflixなどの地域制限を回避できることです。動画配信サービスは、IPアドレスから取得した位置情報をもとに異なるコンテンツを配信しているため、IPアドレスを変えれば普段とは違うコンテンツが見られるようになります。海外旅行中に日本のドラマを見たい場合に活躍します。

VPNを使うと、世界中のゲームサーバーにアクセスできるようになり、地域限定ゲームのブロックも解除できます。さまざまなプレーヤーと対戦できるようになりますから、より楽しくゲームできます。お住まいの地域で利用できないゲームパックやボーナスもゲットできるようになります。

VPNはネット規制やネットワークのファイアウォールを回避し、ネットの自由を取り戻すためにも役立ちます。なかには、中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避できるVPNも。難読化機能やプロトコルでVPN接続が隠され、ファイアウォールをすり抜けることができます。

VPNで安全を守れる仕組みは?

VPNの主な役割は、通信を暗号化し、IPアドレスと位置情報を隠すこと。優れたVPNを使えば、ネット通信と個人情報の安全を確保できますが、きちんとセキュリティ対策できるようにするためには、次のようなプライバシー・セキュリティ機能があるVPNを選びましょう

厳格なノーログポリシー

VPNはあなたのオンラインアクティビティをすべて見ることができますから、プライバシー保護に真剣に取り組んでいるVPNを選ぶ必要があります。もっとも重要なプライバシー機能は、VPNがあなたのデータを追跡・収集しないことを保証する厳格なノーログポリシーです。ログを絶対に保持しないという方針があれば、政府機関などにデータ開示を請求されたり、サーバーの安全が脅かされたりしても、データが危険にさらされる心配はありません。

多くのVPNはノーログVPNであると主張していますが、実際にログを保持していないVPN企業はごく少数です。最も信用されているVPNは、定期的にセキュリティ企業による独立監査を受け、プライバシー方針に沿って運営されていることが実証されています。VPNプロバイダが「データのプライバシーを守る」という約束を守っていることが確認できるのです。

もう1つ検討したいことは、VPNの本拠地です。VPN事業者は、本拠地のデータ保持法を守る義務がありますから、プライバシー保護法があり、14アイズ同盟の非加盟国に本社を置いているVPNを選ぶのがベストでしょう。そうすれば、政府がデータ開示を請求しても、VPNは応じられません。

データ漏洩対策

ソフトウェアには脆弱性がつきものですから、VPNに接続しても、DNSリクエストやIPアドレスが漏洩するリスクはゼロではありません。VPNはIPアドレスやDNSを隠すはずですから、このようなデータが流出したらVPNを使う意味がなくなってしまいますね。安全性が高いVPNは、DNS・IPアドレスの漏洩を防止する「データ漏洩対策システム」が内蔵されています。

DNS・IPアドレスが漏洩していないか確認するには、VPNサーバーに接続後、ipleak.netなどのサイトにアクセスしましょう。デバイスに紐付けられているIPアドレスが数秒で表示されます。VPNのIPアドレスだけが表示されれば、データは完全に保護されていることが分かります。

キルスイッチ

VPNは、デバイスとサーバーの間に暗号化されたトンネルを構築してデータを守ります。データが保護されるのはVPNサーバーと接続されている間だけなので、接続が切れたり、サーバーを切り替えたりした際にプライバシーが脅かされることがあります。キルスイッチとは、VPNで接続トラブルが発生した際、ネット通信を自動的に遮断する機能のことです。プライバシーを守る、いわば最後の防衛策なのです。

キルスイッチが有効になっていれば、VPNに再接続されるまでネット通信は再開しません。トレントをダウンロードしたり、保護されていない公共Wi-Fiを利用したりする際に特に重要な機能です。

なお、キルスイッチはデフォルトで有効になっているとは限りませんから、VPNの設定メニューでオンになっているか確認しましょう。キルスイッチは、ネットワークを切り替える際にネット通信を停止するため、公共Wi-Fiで安全を守るためにも役立ちます。

高度なセキュリティプロトコル

プロトコルとは、デバイスとVPNサーバー間でデータがどのように送受信されるか決めるルールのことです。安全性と安定性はプロトコルによって違います。高品質VPNはさまざまなプロトコルに対応していますから、スピードとセキュリティのバランスを考えて選びましょう。高性能プロトコルもありますから、それぞれの特徴を知った上で適切なものを選ぶのがポイントです。

安全なものから順に、よくあるプロトコルをご紹介しましょう。

  • OpenVPN
    安全性と安定性が高いことで有名なオープンソースのプロトコルです。「オープンソース」とは、ソースコードが一般公開されていることを意味します。だれでもソースコードを検証し、修正を提案できるので、安全性が常に改善されています。OpenVPNでは、データは終端間で暗号化されます。暗号化キーを持っているのは送信者と受信者だけであるということです。また、アップグレードと改善が定期的に行われているのも、安全性が高い理由の1つです。以上のような理由から、OpenVPNはとても人気があります。
  • WireGuard
    WireGuardもオープンソースです。安全性はOpenVPNとほぼ同じですが、より高速なので、ストリーミングやゲーム、ビデオ通話におすすめです。ただし、比較的新しいプロトコルなので、まだ発見されていない脆弱性があるかもしれません。
  • IKEv2
    安定したプロトコルで、速度はOpenVPNに匹敵します。安定性が高く、モバイルネットワークからWi-Fiに切り替える際もデータは保護されます。しかし、OpenVPNやWireGuardより安全性が低いので、上記のプロトコルが使えないときに選ぶと良いでしょう。
  • SSTP
    やや古いWindows向けプロトコルで、受信者と送信者しか通信を解読できないという点でOpenVPNと似ています。ファイアウォールを回避するのに適していますが、速度は素晴らしいとは言えません。
  • L2TP/IPSec
    古いプロトコルで、主にスマホで使用されています。通信は暗号化されず、低速なので、避けるべきでしょう。

Wi-Fiの保護

Wi-Fiの安全を強化するVPNもあり、公共Wi-Fiで安全を確保するのに役立ちます。外出中にインターネットを利用する場合、Wi-Fi保護機能は必須でしょう。カフェなどの公衆Wi-Fiを利用中も、データを守れます。

VPNは、公共Wi-Fiでも自宅のWi-Fiと同じようにデータを守るよう設計されていますが、一歩先を進んだ追加機能を内蔵したVPNもあります。例えば、公共Wi-Fiとの接続が検出されるとVPNに自動接続したり、保護されていないネットワークについて通知したりするVPNがあります。

ExpressVPNで安全を守りましょう!

VPNの選び方

VPNに加入する際は、ネット上におけるニーズに合ったものを選びましょう。VPNはさまざまな使い方がありますから、必要な機能は目的によって異なります。とは言え、目的によらず、サポート体制と対応機器は必ず検討しましょう。カスタマーサポートに24時間年中無休のライブチャットで問い合わせられるのが理想です。また、どのようなデバイスでVPNを使いたいか考え、VPNサービスがそれらに対応していること、同時にすべてのデバイスで使えるように接続台数も十分であることを確認しましょう。

ここでは、VPNの選び方を目的別にご紹介します。ニーズに合ったVPNを選ぶ際に参考にしてみてください。

ストリーミングに適したVPNの選び方

ドラマや映画は国ごとにライセンス合意で保護されていますから、見られるコンテンツは地域によって異なります。ストリーミング向けVPNを使うと地域制限を回避できるので、お住まいの地域で利用できない動画配信サービスも見られるようになります(また、新しい地域限定コンテンツが見られるようになります)。

ExpressVPNでブロックを解除したNetflixプレーヤーのスクリーンショット

ExpressVPNで簡単にアメリカ版Netflixのブロックを解除し、妨げなく視聴できました

ストリーミングするためにVPNを使いたい場合、次のような条件を満たすVPNを探しましょう。

  • 高速。
    VPNは通信を暗号化するため、速度低下は避けられません。しかし、ストリーミング向けVPNなら、25Mb/秒以上のスピードが期待できます(UHD画質で動画を見るには25Mb/秒以上が必要です)。また、5Mb/秒以上なら、HD画質でストリーミングできます。
  • 世界各国に多数のサーバーがある。
    外国でしか配信されていないコンテンツを見るには、配信されている国にサーバーがあるVPNを使う必要があります。例えば、アメリカ版NetflixやHuluにアクセスするには、アメリカにサーバーがあるVPNが必要です。また、BBC iPlayerにアクセスしたい場合はイギリスのサーバーに接続しなければなりません。また、サーバー数が多いほど、回線が混雑しにくく、動画の読み込みが速くなります。
  • ストリーミングデバイスに対応。
    パソコンやタブレット、スマホだけでなく、Apple TVやスマートテレビ、Amazon Fire Stickなどのメディアプレーヤーでも使えるVPNを選びましょう。Smart DNS(スマートDNS)は、ゲーム機やスマートテレビで簡単に動画配信サービスのブロックを解除するのに役立ちます。
  • ストリーミングに最適化されたサーバーがある。
    一部のVPNは、動画の視聴に適したストリーミングサーバーを提供しています。ストリーミングサーバーは、特定の動画配信サービスにアクセスできるようにメンテナンスされています。VPNを初めて利用する方や、サーバー選びに時間をかけたくない方にぴったりです。

ExpressVPNで今すぐ動画を見ましょう!

プライバシー保護・セキュリティ対策に適したVPNの選び方

ネット上で個人情報を守るには、優れたセキュリティ・プライバシー機能があるVPNが必要です。きちんと対策しなければ、ハッカーやサイバー犯罪者などの部外者に個人情報が丸見えになってしまいます。

また、ISPなどの第三者は、ネットの利用状況に関するデータを監視・収集できますから、匿名性を守ることも大切です。

プライバシーとセキュリティを優先したい場合、次のような機能に注目してVPNを選びましょう。

  • 軍レベルの暗号化。
    最強の暗号化標準である「AES-128ビット暗号化」または「AES-256ビット暗号化」を採用しているVPNを選びましょう。両方とも、部外者に解読されるのは実質的に不可能で、一流のセキュリティ組織も採用しています。256ビットのほうが安全です。
  • ノーログポリシーを厳しく守っている。
    VPN企業がノーログポリシーを守っていれば、ブラウジングアクティビティを記録されないことが保証されますから、プライバシー保護を強化できます。ただ、「ログを記録しない」と主張していても、実際はそうではないことが発覚したケースもあるため、ノーログポリシーを守っていることが独立監査で実証されているVPNを選びましょう。
  • 高度なプロトコル。
    VPN接続をカスタマイズできるので、必要に応じてセキュリティ対策を調節できます。安全なプロトコルとして、OpenVPN、WireGuard、IKEv2などが挙げられます。
  • キルスイッチが備わっている。
    キルスイッチは、VPNとの接続が突然切れたときに、誤ってデータが流出するのを防ぐ機能です。VPNが故障した場合の最後の防衛策であると言えます。サーバーを切り替える際も通信を守ります。
  • 難読化技術を採用している。
    通信を難読化サーバーに経由させると、VPNを使用していることが隠されます。VPN通信をブロックするファイアウォールを突破するのに便利です。
  • DNS・IPアドレスの漏洩対策機能がある。
    VPNソフトの故障によってDNSリクエストとIPアドレスが誤って公開されるリスクは常にあります。しかし、高品質VPNはデータ漏洩防止機能がありますから、DNSとIPアドレスの流出を防ぐことができます。
Graphic showing ExpressVPN leak test

安全なVPNを使えば、個人情報が誤って公開されるリスクはありません

ExpressVPNで安全を守りましょう!

トレントに適したVPNの選び方

トレントでは、多数のユーザーとファイルを共有しますが、P2Pソフトから他のユーザーにIPアドレスを知られてしまうリスクがあります。IPアドレスから個人を特定されないようにするために、トレント向けVPNを使ってIPアドレスを隠しましょう

ただし、VPNでトレントアクティビティを隠しても、著作権で保護されたファイルをダウンロードするのは違法です。違法ダウンロードは絶対にいけません。しかし、合法なファイルでも、トレントをダウンロードするとISPに警告されるケースがあります。VPNを使えばそのような状況を避けることができます。

Graphic showing CyberGhost with uTorrent

トレントを許可しているVPNを使うことで、悪質なサイバー攻撃から身を守れます

トレントをダウンロードする場合、次のような条件を満たすVPNを選びましょう。

  • トレントとP2Pに対応している。
    P2P専用サーバーがあるVPNか、全サーバーでP2P共有が許可されているVPNをゲットしましょう。どちらを選んでも、uTorrentなどのP2PクライアントやPopcorn Timeなどのサイトで制限なくトレントできるようになります。
  • 揺るぎないセキュリティ機能。
    トレント中にデータを守るセキュリティ機能として、軍レベルの暗号化、高度なプロトコル、キルスイッチなどが挙げられます。
  • 安定して高速。
    アップロード速度とダウンロード速度が高速でなければトレントには向きません。また、帯域が無制限のVPNを選びましょう。現在地にできるだけ近いサーバーに接続すると、より高速でダウンロードできますから、国内または近隣国に多数のサーバーがあるVPNが最適です。
  • ノーログポリシーを厳しく守っている。
    VPNプロバイダがプライバシー保護を真剣に受け止めていることの証です。ノーログポリシーを遵守しているVPNなら、トレントアクティビティを記録されません。
  • スプリットトンネル。
    スプリットトンネルとは、どのアプリの通信をVPNで暗号化するか選べる機能で、一部のVPNで利用できます。トレント通信だけVPNに転送すれば、デバイス上の全アプリの通信を暗号化しなくてすみますから、ダウンロード速度が改善されます。
  • トレント専用の追加機能。
    ポートフォワーディングやSOCKS5プロキシなど、トレント通信を高速化する追加機能を提供しているVPNもあります。ポートフォワーディングを活用すると、より多くのシーダーに接続できるので、ダウンロードを高速化できます。SOCKS5プロキシを使うと、IPアドレスは隠されますが、暗号化は少し弱くなります。なお、これらの機能は通常のVPN接続ほど安全ではありません。

今すぐ安全にトレントをダウンロードしましょう!

初心者におすすめのVPN 3選【2022 年】

1. ExpressVPN:総合ランキング1位。速度、安全性、ストリーミングの観点で優秀なVPN

  • 超高速。遅延なしで快適にストリーミング
  • AES 256ビット暗号化とノーログポリシーでプライバシーを保護
  • 日本を含む90か国以上、160か所にサーバーあり
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(米国や英国など多数のカタログ)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、DAZN Japan、Abema TV、TVer、GYAO!、U-NEXTなど
  • モバイルアプリとデスクトップアプリは日本語に対応
  • ライブチャットは日本語OK(自動翻訳ツールでやり取りできます)
2022年11月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは全体的に最も優れたVPNの1つです。これまでテストした中で最速のVPNで、とても使いやすく、高度なセキュリティ機能があり、多数の動画配信サービスのブロックを解除できます。アメリカとイギリスのサーバー3台でスピードテストを実施したところ、ダウンロード速度はそれぞれ49.8Mb/秒、48.4Mb/秒でした。25Mb/秒以上であればUHD画質で動画を見られますから、快適にドラマを見ることができ、大容量ファイルも数分でダウンロードできます。

セキュリティとプライバシー保護について、ExpressVPNは軍レベルの暗号化、キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏洩対策、実証済みのノーログポリシーなどの特徴があります。軍レベルの暗号化により、部外者が通信を傍受することは不可能になり、キルスイッチでデータ漏洩を防止できます。ノーログポリシーを守っていることが外部監査で実証されていますから、ネット上で何をしているか誰にも見られません。さらに、本拠地は英国領ヴァージン諸島なので、データ保持法を遵守する義務はありません。

地域制限を回避するのも簡単です。ExpressVPNは94か国に3,000台のサーバーがあります。サーバーが多いので、地域制限がかかったサイトにアクセスできます。アメリカとイギリスのサーバーを試したところ、アメリカ版Netflix、Hulu、BBC iPlayerに問題なくアクセスできました。サーバーに接続し、サイトにアクセスするだけです。

ExpressVPNの料金は$6.67/月~なので、他社より割高なのが唯一のデメリットです。しかし、大幅割引キャンペーンは頻繁に行割れています。今回加入した際、最初の2か月を無料でゲットできました。

迷っている方もご安心ください。30日感返金保証がありますから、ExpressVPNの全機能をリスクなしで体験できます。返金保証を試すため、24時間年中無休のチャットで解約をお願いしました。ニーズに合わなかったと説明したところ、すぐにリクエストが承認され、4営業日後に全額が返金されていました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. CyberGhost:使いやすく、ストリーミングにおすすめ

  • 超高速
  • 91か国に9,260台のサーバー(東京にもサーバーあり)。ストリーミングに最適化されたサーバーも
  • 7台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(米国、英国、日本など多数のカタログ)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、日本版Amazonプライムビデオなど
  • Mac、iOS、Androidは日本語に対応
2022 11月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostは、ストリーミングに最適化されたサーバーがあるため、他社より簡単に動画を見られるようになります。NetflixやHulu、Disney+などの専用サーバーがあるので、世界中どこでも簡単に動画配信サービスにアクセスできます。CyberGhostのアプリで「For Streaming」というタブをクリックすると、専用サーバーに接続できます。フランス版NetflixとBBC iPlayerの専用サーバーを試したところ、10秒以内に各サイトのブロックを解除できました。

スピードについて、大容量ファイルをトレントでダウンロードしたり、高画質で動画を見たりするのに適した高速通信です。アメリカのサーバー3台とドイツのサーバー2台に接続してスピードテストを実施したところ、45.7Mb/秒を下回ることはありませんでした(UHD画質で動画を見るのに必要な速度の約2倍)。遠くのサーバーに接続すると通信は遅くなるものですが、10,000キロ以上離れたサーバーでここまで速いのは驚異的です。

プライバシーについて、CyberGhostはAES 256ビット暗号化とノーログポリシーで個人情報を守ります。軍レベルの暗号化を採用していますから、データは解読不能になり、ノーログポリシーを遵守しているので、ネットの利用状況が記録されることはありません。また、CyberGhostの本社はルーマニアにあります。データ保持法がないプライバシー保護に適した国です。

CyberGhostのデメリットは、短期プランは割高で、返金保証が短いことです(14日間。長期プランは45日間)。一方、長期プランはわずか$2.03/月で、かなり格安です

返金保証もありますから、CyberGhostのサービスに満足できなければ、全額を返金してもらえます。本当に払い戻してもらえるか実験するために、24時間年中無休のライブチャットで解約してもらいました。利用体験について質問に答えたところ、返金が承認され、4営業日後に口座に振り込まれていました。

今すぐCyberGhostをお試しください!

3. Private Internet Access:カスタマイズ可能なセキュリティ機能でプライバシー保護は万全

  • AES-128またはAES-256暗号化、高度なプロトコル
  • 日本を含む84か国に29,650台のサーバー
  • 10台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • モバイルアプリとデスクトップアプリは日本語に対応
2022 11月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の83%オフでご利用いただけます

Private Internet Access(PIA)はセキュリティ設定を柔軟に変えられるため、セキュリティ対策とプライバシー保護におすすめのVPNの1つです。暗号化はAES-128またはAES-256から選ぶことができ、安全性が高いプロトコルも複数用意されています。適切なプロトコルを選ぶことで、速度と安全性をバランスよく実現できます。アメリカのサーバーに接続してipleak.netでデータ漏洩テストを行った結果、IPアドレスの漏洩は検出されず、データ漏洩防止機能がきちんと動作していることがわかりました。PIAはトレントを安全にダウンロードするためにおすすめのチョイスでしょう。

PIAのNext Generation Network(次世代ネットワーク)は、速度を優先して構築されていて、安定した高速通信が期待できます。アメリカのサーバー4台でスピードテストを実施したところ、Netflixを再生中の平均ダウンロード速度は44.6Mb/秒でした。ExpressVPNほど高速ではありませんが、UHD画質で動画を見るのに十分なスピードです。また、イギリスのサーバーに接続中、720MBのトレントファイルを5分以下でダウンロードできました。

PIAのデメリットは、14アイズ同盟の加盟国であるアメリカに本社があることです。しかし、過去に2つの裁判でノーログポリシーを守っていることが実証されています。PIAはノーログポリシーをしっかり守っているため、政府に開示を請求されてもデータは一切共有されませんでした。プライバシー保護は万全です。

料金プランに目を向けると、$2.03/月の長期プランが一番お得であることがわかりました。短期プランでも同じ機能が使えますが、長期的には年間プランを選んだほうが節約できます。

プランは30日間返金保証付きなので、PIAの全機能を無料体験できます。調査が終わったところで解約をお願いしました。解約理由を説明したところ、4営業日後に返金されました。

今すぐPrivate Internet Accessをお試しください!

VPNのダウンロード・インストール方法

VPNをダウンロードし、インストールするのはとても簡単です。3分以下で完了します。ほとんどの場合、アカウント登録し、アプリをダウンロードするだけで、サーバーに接続できます。ただし、自宅のルーターやゲーム機、ストリーミング機器など、VPNアプリに対応していないデバイスの場合は少し複雑です。

どのデバイスでVPNを使うにしても、ExpressVPNがおすすめです。幅広いデバイスやOSに対応しており、すべての機器で使いやすいサービスです。MediaStreamer(メディア・ストリーマー)という機能を使えば、ゲーム機やスマートテレビなど、VPNアプリをサポートしていないデバイスにも簡単に設定できます。

パソコンにVPNを設定する方法(Windows・macOS・Linux)

  1. VPNを選びます。上記でご紹介したVPNはあらゆるオンラインアクティビティに適しています。ニーズに合ったものを選びましょう。
  2. サブスクリプションに加入します。VPNの公式サイトから登録しましょう。通常、契約期間が最長のプランが一番オトクです。
  3. アプリをダウンロードしましょう。適切なOSを選びましょう(Windows、Mac、Linux)。
  4. インストールウィザードの指示に従います。他のアプリをインストールするのと同じ作業です。
  5. VPNを使う準備ができました。アプリを起動し、アカウントにログインしたら、サーバーに接続しましょう。プライバシーを守り、地域制限がかかったコンテンツをストリーミングし、安全にトレントをダウンロードできるようになりました。

スマホにVPNを設定する方法(Android・iOS)

  1. VPNを選びます。バッテリーが長持ちするよう、アプリが軽量で、揺るぎないセキュリティ機能を備えたVPNを選びましょう。ExpressVPNのLightwayプロトコルは、スマホを考慮して設計されているので、おすすめです。
  2. サブスクリプションに加入します。VPNの公式サイトから加入することをおすすめします。Google Play・Apple Appストアから加入すると、返金保証の対象外になることがあるからです(GoogleまたはAppleの返金手続きに従わなければなりません)。
  3. アプリストアを開きます。スマホのアプリストアで、VPNの名前を検索し、アプリをダウンロードしてください。
  4. VPNをインストールします。通常はインストールが自動的に開始します。「VPNがネットワーク設定を変更することを許可しますか?」と表示されたら、「許可する」をタップしましょう。
  5. VPNを使う準備ができました。アプリを開き、登録時に設定したログイン情報を入力してログインし、サーバーに接続しましょう。これで、iPhone・Androidデバイスが保護されました!

ルーターにVPNをダウンロード・インストールする方法

自宅のルーターにVPNをインストールすると、ネットワーク上のすべてのデバイスがVPNに接続されます。スマートテレビやストリーミング機器、PlayStation・Xboxなどのゲーム機など、VPNがインストールされていないデバイスもしっかり保護されます。

ルーターにVPNをインストールしたい場合、ご自宅のルーターがVPNに対応していることを確認しましょう(ASUS、Linksys、Netgear製のほとんどのルーターはVPNに対応していますが、他社のルーターでも使えるものがあります)。インストールの手順はVPNとルーターによって異なります。VPNプロバイダのサイトにインストールガイドが掲載されているはずです。

ここでは、大まかな手順をご紹介します。

  1. VPNとVPNに対応したルーターを用意します。ルーターにVPNをインストールしたい場合、ルーター用アプリが用意されているVPNを選びましょう。そうすれば、ルーターに導入後、VPNの操作と設定が容易に行なえます。
  2. VPNのルーター用ファームウェアをダウンロードします。通常、VPNのアカウントダッシュボードからダウンロードできます。ファームウェアのダウンロード方法・インストール方法について、詳しいガイドが用意されているはずです。
  3. ファームウェアをインストールします。ルーターがインターネットに接続されていることを確認し、ブラウザの検索バーに「192.168.1.1」と入力してルーターの設定画面を開きましょう。「ファームウェアをアップグレードする」というオプションがあるはずです。ダウンロードしたファームウェアをアップロードして、画面の指示に従ってください。

多くのVPNは、VPNソフトがインストール済みのルーターを販売していますから、手動で設定したくない場合はVPNルーターを購入すると良いでしょう。なお、ルーターで使いやすいVPNとそうでないVPNがあります。ExpressVPNはルーター向けのネイティブアプリがあり、サーバーの切り替えや設定の変更がしやすくなっています。ルーターアプリがないVPNだと、設定とサーバーの切り替えは手動で行わなければならず、手間がかかります(機能もVPNアプリほど充実していません)。

今すぐExpressVPNをお試しください!

VPNの設定方法・使い方

VPNをインストールしたら、サーバーを探して接続するだけです。しかし、用途によって最適なサーバーが異なることがありますから、サーバーの選び方を知っておくのが大切です。

セキュリティ設定を変えることで、より快適に使えるようになることもありますが、通常はそのままで結構です。ほとんどの場合、デフォルト設定でも通信は自動的に保護されます。

適切なVPNサーバーの選び方

「VPNサーバーはすべて同じ」というわけではありません。ここでは、VPNサーバーの選び方を目的別にご紹介します。

  • セキュリティ対策とプライバシー保護
    プライバシーとセキュリティの水準は、全サーバー共通です。通信ができるだけ速くなるように、直近のVPNサーバーを選びましょう。
  • ストリーミング
    動画配信サービスのブロックを解除したい場合、そのサイトが利用可能な国にあるサーバーに接続する必要があります。例えば、アメリカ版Netflixを見るにはアメリカのサーバーに接続しましょう。CyberGhostなど一部のVPNは、ストリーミングに最適化されたサーバーがありますから、できればそのサーバーを使いましょう。サーバーとの距離が近いほど通信が速くなり、快適に動画を見られますから、できる限り近くのサーバーに接続するのがベストです。
  • トレント
    トレントをダウンロードするには、P2P対応サーバーを選んでください。また、P2Pに最適化されているサーバーはトレント専用ですから、できればそれを選びましょう。ストリーミングと同様、ダウンロード速度が最速になるように、近くのサーバーを選ぶようにしましょう。プライバシーが気になる場合、プライバシーに配慮した国(スイスなど)のサーバーに接続するのがおすすめです。
  • ファイアウォールの回避
    難読化サーバーを選択しましょう。特別なアルゴリズムを用いてファイアウォールやネット規制を回避できます。このアルゴリズムは、データをごちゃ混ぜにするため、VPNを使っていること自体が隠されます。難読化サーバーは「ステルスサーバー」と表記されることが多く、接続するにはVPNのセキュリティ設定でオンにする必要があります。

VPNの設定方法

ほとんどの場合、VPNはインストールした時点で設定が完了していますから、手動で設定を調節する必要はありません。しかし、接続を改善したい場合は設定を変更すると良いでしょう。ここでは、VPNの主なセキュリティ設定をご紹介します。

  • キルスイッチ(Kill Switch・自動停止スイッチ)
    VPNに接続されていないときにネット通信を自動的に停止する機能です。データ漏洩を防ぐ最後の防衛策と考えてください。ネットワークを切り替えたり、公共Wi-Fiを使用したりするときに特に便利です。通常、デフォルトで有効になっていますが、手動でオンにしなければならないこともあります。
  • プロトコル
    デバイスとVPNサーバーの間に安全なトンネルを作成するルールのことです。ほとんどのVPNは複数のプロトコルに対応しています。プロトコルによって速度と安全性が異なります。
  • スプリットトンネル
    VPNに経由させる通信とVPNから除外する通信を選べる機能で、通信速度とデバイスのパフォーマンスを改善するのに役立ちます。例えば、BitTorrentの通信だけ暗号化し、他の通信はいつも通り送受信するようにVPNを設定できます。
  • マルウェア・トラッキング・広告ブロッカー
    サイトやアプリ内の広告、トラッカーを含むことが知られるドメインなどをブロックする機能です。また、マルウェアに感染しているファイルを検出し、そのようなファイルをダウンロードしようとしたときに警告してくれます。

設定の変え方について疑問がある場合、VPNのヘルプセンターを参照するか、カスタマーサポートに直接質問しましょう。設定方法や使い方について、公式サイトにチュートリアルやステップバイステップガイドが掲載されています。

おすすめ1位のVPNを今すぐお試しください!

VPNのデメリット

VPNにはデメリットもありますが、メリットの方が圧倒的に多いことをご理解ください。とは言え、VPNサーバーに接続する前に、VPNには次のようなデメリットがあることを知っておきましょう。

  • 通信速度が低下することがある。
    VPNを使うと通信が遅くなる理由は、データが暗号化され、遠隔のVPNサーバーに転送されるからです。通信が極端に減速するVPNもありますが、トップクラスのVPNなら大幅な速度低下はありません。
  • プライバシーを脅かすVPNもある。
    特に無料VPNは注意が必要ですが、「ログを記録していない」と嘘をついていた有料VPNも発見されています。セキュリティ企業による独立監査で、厳格なノーログポリシーを守っていることが実証されたVPNを選ぶようにしましょう。
  • VPNはコストがかかる。
    VPNはサブスクリプション制なので、定期的に課金されますが、月額料金は数百円程度なので、かなり格安です。また、通常は返金保証が適用されますから、実際にサービスを体験して、満足できなければ保証期間内に返金してもらえます。
  • 低品質VPNはサーバーとIPアドレスが限られている。
    サーバーネットワークが小規模で、インフラが古いVPNもあります。IPアドレスとサーバーをアップデートする予算がないVPNを使うと通信がかなり遅くなり、動画もほとんど見られません。ExpressVPNなどの一流VPNは常にネットワークを改善しています。VPNのIPアドレスがNetflixにブロックされてもExpressVPNは数日以内に新しいIPアドレスに置き換えてくれるので、動画を見られるようになります。
  • 一部の国ではVPNが規制・禁止されている。
    中国やロシア、イランなどの国では、VPNの使用が規制あるいは禁止されているため、現地でVPNを使うとトラブルに巻き込まれるおそれがあります。これらの国に旅行する予定なら、出発前にVPNをインストールしておきましょう。中国などではVPNのサイトへのアクセスも禁止されていますから、VPNに関する現地の法律を事前にチェックしましょう。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

VPNについてよくある質問

VPNは必要ですか?

ネット上での安全とプライバシーが少しでも心配なら、VPNは必要です。VPNは通信を暗号化し、IPアドレスを隠すため、機密データを保護でき、ネットの利用状況を第三者に追跡されなくなります。さらに、外国のプライベートサーバーに通信を経由させることで、地域制限を回避し、位置情報を隠すこともできます。

しかし、VPNならどれでも安全というわけではありません。厳格なノーログポリシーを守っているVPNを選びましょう。ノーログポリシーを遵守しているVPNは、ネットの利用状況を記録・収集しません。また、プライバシーに配慮した国に本社があるVPNを選ぶのがベストです。例えば、ExpressVPNは英国領ヴァージン諸島、CyberGhostはルーマニアを本拠地としています。両国はデータ保持法がありませんから、ユーザーデータを保持する法的義務はないのです。

VPNはどのようなデバイスで使えますか?

VPNは、インターネットに接続可能なほとんどのデバイスで使用できます。

  • Mac
  • Windows
  • iPhone
  • Android
  • Linux
  • スマートテレビ
  • Roku
  • Amazon Fire Stick
  • Apple TV
  • Xbox
  • PlayStation
  • Kodi

パソコンやスマホなど、VPNアプリを実行できるデバイスの場合、VPNアプリをインストールするだけで使い始めることができますほんの数分でインストールでき、ワンクリックでサーバーに接続できるので、専門知識は不要です。また、OSによらず、1つの契約で多数のデバイスを接続できるVPNがほとんどです。同時接続台数はVPNによって異なりますが、一般的に5~10台のデバイスを接続できます。

VPNアプリに対応していないデバイスでは、自宅のルーターにVPNをインストールするか、パソコンでVPNホットスポットを作成する方法があります。ルーターにVPNを導入するのは手間がかかりますが、ルーターに接続されているすべてのデバイスがVPNで保護されます。パソコンをVPNホットスポットとして使用しても、接続されているデバイスをまとめて保護でき、ルーターに設定するより簡単で格安です。しかし、この方法だと、接続台数が多いほど速度が低下する可能性があり、パソコンの電源を入れっぱなしにしなければなりません。

VPNを使えばサイトのアクセス制限を回避できますか?

はい。ブロックされているサイトにアクセスするにはVPNが役立ちます。ファイアウォールやネットワークの制限、地域制限など、サイトにアクセスできない理由はさまざまですが、信頼性の高いVPN使えばブロックを回避できます。VPNを使うと、通信が暗号化され、IPアドレスが隠されるからです。さらに、厳しいファイアウォールやネットワーク制限を突破するために設計されたステルス機能(難読化機能)を提供しているVPNもあります。

VPNの利用目的で多いのは、Netflixなどで普段とは違うストリーミングコンテンツにアクセスすること。配信されているドラマや映画は地域ごとに異なるため、VPNを使ってネット上の位置情報を変えれば、普段は見られないコンテンツを楽しめるようになります。さらに、特定の国でしか利用できない動画配信サービスやサイトにアクセスするためにも役立ちます。例えば、BBC iPlayerはイギリスでしか見られませんが、イギリスのVPNサーバーに接続すれば、日本でも見られるようになります。

無料VPNを入手しても問題ありませんか?

「無料VPNでも大丈夫だろう」と思うかもしれません。しかし、安全でない無料VPNがありますし、機能も制限されています。無料VPNとは違い、有料VPNはデータ通信量や機能が制限されていません。また、無料VPNはサーバーが少なく、回線混雑による速度低下も気になります。有料VPNで使える高度なセキュリティ機能もありません。

有料VPNの多くは格安で、返金保証付きなので、簡単に全額を返金してもらえます(通常、保証期間は購入から30日)。毎月ほんの数百円で高速通信、揺るぎないセキュリティ・プライバシー機能、大規模なサーバーネットワークを利用できます。無料VPNより断然優れているのです。

VPNの使用は合法ですか?

VPNの使用はほとんどの国で合法ですが、例外もあります。中国やロシア、イランなど、厳しい検閲法がある国では、VPNの使用が禁止・規制されています。このような地域では、政府が認可したVPNしか使えず、そのようなVPNに接続しても通信は追跡できる状態のままなので、プライバシーは守れません。

上記の国に旅行する場合、出発前に信用できるVPNをダウンロードしておきましょう中国などではVPNのサイトもアクセス制限がかかっていますから、入国してからVPNを入手することはできません。ネット検閲が厳しい国でVPNを使いたい場合、現地の法律の最新情報を確認し、違法行為を行わないように十分注意してください。

VPNルーターを購入すべきですか?

VPNルーターを購入すると、自宅のネットワークにつながっているすべてのデバイスの通信を保護できます。また、VPNルーターがあれば、各デバイスにVPNをインストールする手間を省けます。既存のルーターがVPNに対応している場合、VPNを直接インストールするか、VPNがインストール済みのルーターを購入しましょう。

特に、ゲーム機やスマートテレビなど、デバイスにVPNアプリをインストールできない場合、VPNルーターを購入するのがおすすめです。ただし、ルーターにVPNをインストールするには、ある程度手動で設定しなければなりません。設定方法はルーター機種とVPNによって異なりますが、VPNの公式サイトに設定ガイドが用意されているはずなので、参考にしましょう。

サーバーを変更するには、ルーターのファームウェアから手作業で変更しなければならないはずです。ルーター用アプリがあるVPN(ExpressVPNなど)を選べば、より簡単にサーバーを切り替えられます

VPNとTorは併用できますか?

はい。VPNとTor(トーア)は簡単に併用できます。VPNに接続し、Torブラウザを開くだけです。VPNとTorを併用するメリットは、最初のTorサーバー(入口ノード)で実際のIPアドレスを隠し、プライバシーを強化できることです。ただし、VPNに接続してTorブラウザを使うと、Torブラウザだけを使うより通信が遅くなります。VPNは通信を暗号化しますから、減速してしまうのです。

VPNとプロキシサーバーの違いは?

VPNとプロキシサーバーは別物です。VPNは軍レベルの暗号化を採用していますが、一般的にプロキシサーバーは通信を暗号化しません。両方ともIPアドレスを変更するため、地域制限を回避できますが、データを暗号化し、ノーログポリシーで個人情報を守るのはVPNだけです。VPNを使えば、ISP(インターネットサービスプロバイダ)でさえ、あなたがネット上で何をしているか見られなくなります。一方、プロキシサーバーはIPアドレスを隠しますが、強力な暗号化は行いません。また、プロキシはブラウザ内でしか使えないことが多いのに対して、VPNはインターネットに接続されているデバイスで全アプリの通信を守ります。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

今すぐネット上でプライバシーを守りましょう

インターネットが私たちの生活に欠かせないものになるにつれて、セキュリティ対策とプライバシー保護の重要性も増しています。VPNは、ネット上で個人情報とプライバシーを守るのに最も効果的な手段の1つであり、コストパフォーマンスも最高です。他にも、制限されているサイトにアクセスできる、帯域制御を回避できる、安全にトレントをダウンロードできるなど、VPNにはさまざまなメリットがあります。

当サイトでは150社以上のVPNを定期的に検証していますが、一番おすすめのチョイスはExpressVPNです。初心者も上級ユーザーも大満足のサービスでしょう。使いやすく、日本語で利用でき、超高速で、これまでにテストした中で最も安定したVPNの1つなのです。また、30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験してみましょう。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

まとめとして、初心者におすすめのVPN 3社はこちら!

ランク
プロバイダ
総合評価
割引
サイトへ
1
medal
9.8 /10
49% 引き!
2
9.8 /10
85% 引き!
3
9.6 /10
84% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。