情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

VPNとは? 日本で本当に必要?│仕組みと重要性を検証 2021年

VPN(仮想プライベートネットワーク)とは、位置情報と通信を隠して簡単にネットでプライバシーを守れるツールのことです。日本でVPNを使うべき理由はたくさんあります。データの保護、ハッキング対策、海外限定コンテンツのストリーミングのほか、VPNを使うと飛行機のチケットを格安で手に入れられるという裏ワザもあります。

「VPNを試してみたい!」という方にはこの記事が役に立つはずです。数百種類のVPNサービスを調査・検証した結果、トップクラスのVPNは誰でも簡単に使いこなせるように設計されており、コストパフォーマンスも抜群です。このガイドでは、VPNについて知っておきたい重要ポイントを分かりやすくご紹介していきます。

さっそく見ていきましょう!一番おすすめしたいVPNサービスはExpressVPNです。インターフェースが分かりやすく、圧倒的な通信速度を誇り、一流のセキュリティ機能を提供しています。設定はとても簡単なので専門知識がなくても素早く使い始められます。

今すぐExpressVPNをご利用ください!

クイックガイド:日本でVPNをゲットする方法

  1. VPNサービスに加入します。 ExpressVPNがおすすめです。使いやすく手頃な価格で、通信速度、セキュリティ対策、機能などを妥協していません。
  2. VPNをダウンロードしてインストールします。公式サイトの指示に従ってVPNソフトをダウンロードし、すべての端末にインストールしましょう。
  3. 起動して接続します。VPNを起動し、サーバーに接続しましょう(サーバーの選び方はこちらをご覧ください)。

今すぐExpressVPNをお試しください!

VPNが必要な理由

セキュリティが少しでも気になるのであれば、VPNをご利用ください。海外旅行中だけでなく、普段インターネットを利用している時もVPNを使うべきなのです。ネットの世界ではプライバシーを侵害されることが多く、ハッカー、IT企業、政府、デジタル広告企業などさまざまな脅威があります。また、ネットでできることやコンテンツが制限されていることも稀ではありません。幸い、良質なVPNを使えばこのような問題を解決できます。

VPNは全データを暗号化する

VPNサーバーに接続するとインターネット通信はすべて暗号化され、あなたがネットで何をしているのか誰にも見られません。インターネットサービスプロバイダ(ISP)さえも見られないのです。ISPは利用者が動画を視聴したり、ネットゲームをしたりしているときに、通信速度を意図的に遅くすることがあります、VPNを使ってインターネットの利用状況を隠せば速度制限を回避できます。

暗号化により、ハッカーにパスワードなどの機密情報を見られないようにできます。特に、公共Wi-Fiではサイバー犯罪者に通信を盗聴されやすいため、しっかり対策する必要があります。VPNを利用すれば、誰かにデータを盗まれても解読できないため、データの内容を知られることはありません。

VPNはIPアドレスを隠す

IPアドレスを隠すべき理由はいくつかあります。まず、IPアドレスを見ると現在地を割り出せるため、ほかの個人データと組み合わせることでプライバシーを侵害される恐れがあります。

2つ目の理由は、IPアドレスの位置情報を基に閲覧できるコンテンツを割り出しているサイトが多いことです。Netflix、HBO、Hulu、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオなど多数のサイトが国によってコンテンツを制限しています。このようなジオブロックにより、海外旅行中にNHK総合テレビ・教育テレビ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ、Tokyo MXなどは見られません。

本当のIPアドレスを隠してジオブロックを回避する唯一の方法はVPNwお使って別のIPアドレスに置き換えることです。VPNのIPアドレスを使用すると、あなたがどこにいるのか誰も知ることはできませんし、日本国内からでも海外限定コンテンツを楽しめるようになります。もちろん、旅行中に国内サービスも利用できます。トレントのダウンロード、ジオブロックやネット検閲の回避など、自由なインターネットを楽しむにはIPマスキング(IPの匿名化)が必須なのです。

VPNは悪質なサイト、広告、トラッカーをブロックする

トップクラスのVPNサイバー攻撃の対策機能を搭載しているので、悪質なサイトが端末にマルウェアやトラッカーを埋め込まないように対策できます。また、広告やポップアップをブロックできるVPNもあり、YouTubeなどのストリーミングサービスで鬱陶しい広告が表示されないようになります。

VPNの仕組みは?

ユーザーから見ると、VPNの仕組みは非常にシンプルです。ソフトをダウンロードして端末にインストールしたら、好きなサーバーに接続するだけです。高品質のVPNを選べば、ネットの利用状況をしっかり保護できます。

アドバイス:一番使いやすいのは、最適なサーバーに自動接続できるVPNサービスです。例えばExpressVPNはQuick Connect(クイック接続)機能ですばやく高速サーバーに接続できます。

では、VPNサービスの裏側では何が起きているのでしょうか? 簡単に説明すると、VPNは通信を暗号化してから世界各国に用意されているVPNサーバーに送信します。暗号化により、ISPはあなたがネットで何をしているのか見られなくなり、別のサーバーに通信を経由させるので部外者はIPアドレスと位置情報を見られません。

VPNサーバーを経由すると、通信はアクセス先のサイトやアプリに送信されます。サイト側から見ると、通信はあなたの端末ではなくVPNサーバーから送信されたように見えます。本当のIPアドレスではなくVPNサーバーのIPアドレスが表示されるのです。サイトにブロックされないようにするため、高性能VPNは定期的にIPアドレスを更新していて、数千個のサーバーに自由に接続できます。

ExpressVPNでIPアドレスを隠しましょう!

VPNを使って日本で海外限定コンテンツを視聴する方法

NetflixやAmazonプライムビデオなどの人気ストリーミングサービスはIPアドレスからユーザーの現在地を割り出し、どの映画やドラマを配信するか決定します。国によって放映権が違うため、一部の映画やテレビシリーズが見られないことがあり、特定の国ではHuluなどを全く利用できないこともあります。そんな時、VPNを使えば解決できます。

VPNを使ってIPアドレスを隠すと、ストリーミングサービスに日本以外の国にいるように見せかけることができ、海外限定コンテンツも視聴できるようになるわけです。例えば、Netflixでハリーポッターシリーズを見たい場合を考えてみましょう。放映権の関係で日本では視聴できません。そんな時、ハリーポッターの配信対象地域にあるVPNサーバーに接続すれば簡単にジオブロックを回避できます。

VPNを使ってストリーミングコンテンツにアクセスするのは簡単です。コンテンツの配信対象地域のサーバーに接続したら、普段通りストリーミングサービスを開始しましょう。詳しくは完全ガイドをご覧ください。

しかし、ストリーミングサービスはVPN規制に力を入れているため、ジオブロックを回避できないこともあります。VPNの使用が検出されるとエラーメッセージが表示されることもあるのです。しかしストリーミングにおすすめのVPNIPアドレスを定期的に更新していますし、規制を回避するための高度な技術を導入しているので問題ありません。

今すぐExpressVPNでストリーミングしましょう!

VPNは合法ですか?

はい、合法です!日本ではVPNの使用は合法なので、安心してご利用いただけます。著作権で保護されたコンテンツをダウンロードするなど違法行為のために使用しなければ、VPNの使用に関して心配する必要はありません。

ただし、VPNが違法な国もあります。中国やイランなどはネット検閲が厳しく、政府が許可していないVPNの使用は禁止されています。さらに、政府が許可しているVPNは、検閲のルールに準拠しているため、信頼できないことが多いのです。

ネット検閲が厳しい国に旅行する場合、VPNを使えば国内でブロックされているサイトにも普段通りアクセスできます。VPNは通信を暗号化するため、警察は通信から個人を特定できません。そのような国で使用できることが実証されているExpressVPNなどのプレミアムVPNを入国前にダウンロードしておきましょう。さらに、念のためもう1つのVPNをダウンロードしておくのが賢明です。

中国でおすすめのVPNはこちらをご覧ください。

VPNはすべての端末にインストールできますか?

トップクラスのVPNはWindowsmacOS、モバイル端末向けのアプリを提供しており、ウェブブラウザ向けの拡張機能・アドオンも利用できます。複数の端末に同時に接続できますし、接続台数が無制限のサービスもあります。そのため、ノートパソコン、iPad、スマートテレビなどありとあらゆる端末にVPNをインストールできます。

ExpressVPNはあらゆる端末向けのアプリを提供しています。

ExpressVPNなど一部のVPNプロバイダは特にiOSAndroidなどに役立ちます。パソコン用アプリと同じ機能をモバイルでも利用でき、使いやすいからです。モバイル端末には必ずVPNをインストールすることをおすすめします。保護されていないネットワークも安全に使用でき、公共Wi-Fiで悪質な攻撃のターゲットになりにくくなるからです。

また、ルーターにもVPNをインストールでき、VPNがインストール済みのルーターも販売されています。ルーター自体をVPNに接続しておけば、そのルーターに接続している端末はすべて保護され、VPNを全端末にダウンロードする手間を省けるのです。また、VPNプロバイダが接続端末数を制限していても、ルーターにVPNがインストールしてあれば、何台でもVPNに接続できるという裏ワザもあります。

詳しくはルーターにVPNをインストールする方法をご覧ください。

VPNの選び方

VPNサービスはたくさんありますから、「どれを選べばよいのか分からない…」ということもあるでしょう。選ぶときに重要なのは「何のためにVPNを使用したいのか」をはっきりさせることです。もちろん、ニーズによらず、必ず満たしたい条件もあります。例えば、アプリが使いやすく、全端末にインストールできるよう接続台数が多いことを確認しましょう。

また、きちんとプライバシー保護できるVPNを選ぶのも重要です。そうでなければVPNを使用する意味がありませんね。理想的には、業界最先端のセキュリティ機能、高速通信、全世界にサーバーが用意されていること、カスタマーサポートの対応が良いことなども満たしているVPNが良いでしょう。このような項目をすべて満たすVPNはないだろうと思うかもしれませんが、ExpressVPNなどは本当に素晴らしいサービスです。

さらに、加入前に利用できる割引を忘れずに確認しましょう。

以上のようなことを検討してVPNを選ぶべきですが、最終的にどれを選ぶべきかというのはVPNを使用する目的によります。

ストリーミングに適したVPNの選び方

VPNが人気の理由の1つは、普段見られない映画やテレビ番組が見られるからです。全世界のコンテンツを視聴できるVPNが欲しい方は、以下の項目に注目しましょう。

  • サーバーネットワークが充実していること。
    サーバーが多いと使用できるIPアドレスの数が多いことを意味します。VPNのIPアドレスがストリーミングサイトにブロックされる確率が低いのです。また、サーバーが配備されている国が多いと、さまざまな地域限定コンテンツを視聴できます。
  • 特定の国にサーバーがあること。
    BBC iPlayerのコンテンツを見たいのであれば、イギリスにサーバーがあるVPNが必要です。配信対象地域が制限されているほかのコンテンツやストリーミングサイトも同様です。特定のコンテンツを見たい場合は、それが配信されている国にサーバーが用意されていることを確認しましょう。
  • 通信が速いこと。
    VPNに接続すると通信がある程度遅くなってしまうのは仕方がないことですが、あまりにも遅くなって動画がバッファするのは嫌ですね。HD画質でコンテンツを視聴できるように、通信が速いVPNを選びましょう。ストリーミング向けの高速なVPNはスピードテストで高速通信が実証済みです。
  • 通信量が制限されていないこと。
    動画をストリーミングすると通信量が増えますが、VPNが通信量を制限していたら困りますね。通信量が無制限のVPNなら、上限に達してしまう心配はありません。
  • ストリーミングに最適化されたサーバーがあること。
    一部のVPNはどのサーバーがストリーミングに向いているか明記しているので、素早く適切なサーバーに接続できます。初めてVPNを利用する方や、素早くサーバーを選びたい方に役立ちます。

ExpressVPNでストリーミングしましょう!

プライバシー保護・セキュリティ対策に最適なVPNの選び方

ほとんどの肩がプライバシーをある程度守りたいと考えているでしょうが、セキュリティを重視するなら慎重にVPNを選ぶ必要があります。プライバシーを危険にさらさないために、少なくとも以下の項目を満たしているVPNを探しましょう。

  • AES 256ビット暗号化。
    これは最高レベルの暗号化です。アメリカ軍が使用しているのと同じ種類の暗号化なので、確実にデータを守れます。最高クラスのVPNはこの暗号化を採用していますが、加入前に念のため再確認しましょう。
  • 停止スイッチ。
    VPNを使用中に接続が途切れた場合、停止スイッチがあればサーバーとの接続が復旧するまで通信を遮断できます。この機能がなければ誤ってデータが漏えいしてプライバシーが損なわれる恐れがあります。ただし、全端末で停止スイッチが利用できるVPNは少ないので、どのOSで停止スイッチが利用できるか確認しましょう。
  • 厳しいログなし方針。
    VPNがネットの利用状況を記録すべきでないのは当たり前ですが、残念ながらそのような最低限も満たしていないVPNもあります。VPNを使用すると、VPNプロバイダだけがネットの利用状況が見られますから、ログを絶対に記録していないことを確認するのが重要です。
  • IPv6・DNS漏れ対策。
    VPNを使用していてもデータが漏えいすることがあります。中でもよく見られるのはIPv6とDNSの漏えいです。トップクラスのVPNはIPv6とDNS漏れ対策機能があるので、セキュリティ対策を強化するために役立ちます。
アドバイス:プライバシーを守るだけでなく、匿名性も確保したい場合はVPNとTorブラウザの併用を検討しましょう。通信が遅くなりますが、ネットで確実に個人を特定できないようにできます。

ExpressVPNで安全にインターネットをご利用ください!

法人向けVPNの選び方

すべてのVPNが法人向けとは限りません。会社でプレミアムVPNを使用したい場合はニーズを検討して、それを満たすサービスを選びましょう。

  • 接続数とユーザー数が無制限。
    1人で会社を経営している場合を除き、複数の職員がVPNを使用することになると思います。ExpressVPNは5台の端末を同時に接続できるので、会社が成長しても対応できます。
  • 管理機能。
    同じアカウントを数人の職員が使用するなら、管理に役立つダッシュボードが欲しいですね。接続している全端末の設定を一括管理できるVPNを探しましょう。
  • 価格。
    VPNの料金は経費で落とすことになりますから、料金に見合った価値がなければ意味がありません。高性能のVPNはお金がかかりますが、コストパフォーマンスが高く、手頃な価格で利用できます。予算に合ったサービスを探しましょう。
  • 公共Wi-Fiの保護。
    事務所、自宅、カフェなど、職員がどこで業務を行うにしても、セキュリティを妥協することはできません。公共Wi-Fiの対策機能があるVPNを利用すれば安心です。

VPNのセットアップ方法

適切なVPNサービスを選べば、VPNのセットアップは簡単で、短時間で完了します。今回は私が個人的に使用しているExpressVPNを例にとってセットアップ方法を解説していきます。まず、VPNサービスの公式サイトで適切なアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら、端末にインストールする必要があります。指示に従って、パソコンとモバイル端末にもインストールしてください。必要であれば、ブラウザの拡張機能もインストールできます。

インストールが完了したら、サーバーを選択して接続するだけです。ExpressVPNのアプリなら国別にサーバーを選ぶことができ、ファイルのダウンロード、高速通信、またはブラウジングなど目的別に最適化されたサーバーも簡単に見つかります。

適切なVPNサーバーの選び方

使用目的によっては特定のサーバーの方が適している場合があります。例えば、プライバシーを守るためにVPNを使用するなら現在地に近いサーバーを選ぶと良いでしょう。しっかり対策しつつ、最速の通信を楽しめます。

日本でブロックされているコンテンツを視聴したい場合は、そのコンテンツの配信対象地域のサーバーに接続しましょう。例えば、日本でアメリカのNetflixを視聴したい場合はアメリカのサーバーを選びましょう。ストリーミング専用サーバーを設けているVPNもあります。

トレントファイルをダウンロードするには、P2P対応のサーバーを選んでください。また、目的別に推奨されるサーバーを提供しているVPNもあります。分からない場合はVPNが推奨するサーバーを選びましょう。

VPNの詳細設定

高度な設定を変更する必要はほとんどないはずです。デフォルト設定を変更しなくても安全にVPNを使用できますが、どのような設定があるのか見てみると良いでしょう。

例えば、停止スイッチのオン・オフを切り替えられるVPNもあります。原則として、きちんとセキュリティ対策するには停止スイッチを有効にしておきましょう。通信が停止してしまうと困る場合は無効にしてもかまいません(データが漏えいするリスクはありますが)。

また、セキュリティプロトコルを手動で変更できるVPNが多いです。WireGuard、OpenVPN、IPSec、L2TP、PPTPなどのプロトコルが用意されているはずです。プロトコルを変更すればVPN規制を回避できることがありますから、トラブルに遭遇したらプロトコルを変えると解決できる場合があります。

また、スプリットトンネリングのオプションもあるかもしれません。どの通信をVPNに経由させるか選べる機能です。この機能は、大容量のファイルをダウンロードする際に、ほかのアクティビティで帯域を使いたくない場合に便利です。ただし、VPNを経由しなければ通信が暗号化されませんから、この機能は注意してご利用ください。

VPNの高度な機能の使い方に関して詳しくはVPNプロバイダのサポートページをご覧ください。ステップバイステップ形式の分かりやすいガイドが豊富に用意されていて、カスタマーサポートが親切に対応してくれるVPNプロバイダをおすすめします。

初めての方におすすめのVPN

初めてでも簡単に使いこなせるVPNはこちらです。サイバーセキュリティについて詳しくなくても、以下のサービスなら簡単に使い始められます。

 ExpressVPN:高速通信でストリーミングもインターネットサーフィンも簡単

  • 90か国に3,000個のサーバーを配備
  • 世界中どこでもコンテンツを視聴できるくらい通信が速い
  • アプリがとても使いやすい
  • 厳しいログなし方針と高度なセキュリティ対策
  • 同時に5台まで接続可能
  • 30日間返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、Disney+、HBO GO、Fox、Sky TVなどのほか、海外でアクセスできない日本のチャンネル
  • 対応端末:Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefox、Linux、一部のルーター。ExpressVPNのアプリは日本語に対応しているので、全端末で快適に利用できます。
ExpressVPNの2021 10月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

ExpressVPNはVPNランキングでいつも上位にランクインしています。非常に高速でセキュリティも万全です。また、ストリーミング専用サーバーも多く、完全レビューではNetflix、Huluなど多くのプラットフォームにアクセスできることが実証されました。

ExpressVPNのサーバーはとても高速なので、動画が途中でバッファしたり、なかなか読み込めなかったりというトラブルはありません。さらに、セキュリティも文句なしです。AES 256ビット暗号化厳しいログなし方針により、個人データの安全性が保証されます。

さらに、停止スイッチやTrustedServer(RAMベースのサーバーでデータを保護する技術)などのセキュリティ機能もあります。つまり、ExpressVPNはプライバシー保護にかなり力を入れているのです。

アプリはとても使いやすく、VPNを使ったことがない方でも使いこなせるように設計されています。

トレントをダウンロードしたい場合、ExpressVPNは全サーバーがP2Pファイル共有に対応しています。IPアドレスを公開せずにほかのユーザーと簡単かつ安全にファイルを共有できます。

ExpressVPNのプランだと同時に5台を接続できるので、すべてのデバイスを保護できますね。カスタマーサポートはライブチャットが24時間年中無休で対応しており、とても役立ちます。さらに、30日返金保証もあるので、ExpressVPNの使い心地を実感できます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

VPNがデータを保護する仕組み

VPNを使うとIPアドレスが隠されるため、あなたがインターネットで何をしているか誰にも知られません。VPNサーバーに通信を経由させてからアクセス先のサイトに送信するからです。

この基本的な機能のほかに、トップクラスのVPNは高度なセキュリティ対策機能を複数搭載しており、データの盗聴を防ぎます。プライバシー保護に関しては、すべてのVPNサービスは平等ではありません。以下の項目を満たすVPNを選びましょう。

厳しいログなし方針

VPNを使用すると、あなたのデータにアクセスできるのはVPNプロバイダだけです。だからこそ、あなたの活動や個人情報を記録しないVPNを選ぶことが重要なのです。トップクラスのVPNは厳しいログなし方針があるので、データを保存されないことが保証されます。

VPNのサーバーが危険にさらされても、ユーザーデータが盗まれたり漏えいしたりすることはありません。また、政府がVPNにユーザーデータの引き渡しを要求したとしても、引き渡せるデータがありません。

ExpressVPNのホームページにはログなし方針がはっきり提示されています。

漏えい対策

VPNを使用しても個人データが漏えいしてしまうことがあります。VPNではなく誤ってISPにデータを送信してしまうDNSやIPv6の漏えいなどがあり得ます。

もちろん、最高品質のVPNは、このようなデータ漏えいを防止するための対策を行っています。そのため、DNS・IPv6漏れ対策を提供しているVPNを選びましょう。レビューをよく読み、漏えい機能が正しく動作することもチェックしてください。

停止スイッチ

VPNを使用すると、VPNサーバーとの接続でセキュリティ対策が左右されます。何らかの理由でVPNサーバーとの接続が停止してしまった場合、プライバシーが侵害される可能性があります。停止スイッチはそのような状況で役立つ機能です。

停止スイッチの役割は接続トラブルがあった時に自動的に通信を遮断することです。安全な接続が再び確立されてからブラウジング、ストリーミング、ダウンロードを継続できます。

アドバイス:停止スイッチがデフォルトで有効になっていない場合があるので、オンになっていることを確認しましょう(VPNの設定画面で簡単にオンにできます)。

Wi-Fiの保護

自宅以外でインターネットを使用することは多いですが、Wi-Fiの対策機能があるVPNが役立ちます。つまり、カフェなどの公共WiFiを利用しているときもデータの安全性を確保できるということです。

トップクラスのVPNは公共Wi-Fiを安全に使用できるように設計されていますが、追加の機能を搭載しているものもあります。例えば、公共Wi-Fiを検出すると自動で接続したり、保護されていないネットワークに関する通知を受け取ったりできます。

ExpressVPNで通信を守りましょう!

VPNの欠点は?

まず、VPNには欠点もありますが、メリットの方が圧倒的に多いことをご理解ください。VPNサーバーに接続する前に注意したいことご紹介します。

通信がわずかに遅くなる。

データが送信先に到達するのに時間がかかりますし、VPNに接続するとデータが遠隔のVPNサーバーにたどり着くまでにいつもより長距離を通信する必要があります。また、通信を暗号化・解読するのも数秒かかります。以上のような理由により、通信速度が少し遅くなりますが、最速のVPNを選べば通信の遅れは最小限に抑えられます。

信頼できないVPNだとプライバシーを侵害される。

信頼できないVPNに関しては、本当にネットの利用状況を見られないか、サードパーティと情報を共有していないか確実なことは言えません。VPNの本社が5・9・14アイズ同盟の加盟国にある場合、政府にデータの引き渡しを命じられることもあり得ます。

幸い、厳しいログなし方針などプライバシーを守る対策を行っており、信頼できるVPNであれば問題ありません。迷ったときは、RAMベースのサーバーを提供しているVPNや、個人情報保護法がある国に本社を置いているVPNを選びましょう。例えば、ExpressVPNはデータの記録に関する法律がない英国領ヴァージン諸島に本社を置いています。

VPN規制が厳しいサイトもある

Netflixなどのストリーミングサイトで頻繁に見られる問題です。放映権の関係で、その国で放送できないコンテンツを見られないようにした方がストリーミングサービスにとっては都合が良いのです。そのため、ユーザーのIPアドレスを確認し、既知のVPNサーバーと一致するか検証しています。

あなたのIPアドレスがVPNのものだと検出されてしまうと、ストリーミングサイトへの通信がブロックされてしまいます。この問題を解決するには、同じ地域の別のサーバーに接続してみてください。試行錯誤が必要になるかもしれませんが、利用できるサーバーが見つかるはずです。また、IPアドレスを定期的に更新しているストリーミング向けVPNをご利用ください。

NetflixがVPNの使用を検出するとこのようなメッセージが表示されます。

また、PayPalやネット銀行でもVPN規制がトラブルの原因になることがあります。海外のIPアドレスでログインしようとすると不審なアクティビティだと警戒されるからです。ネットでは詐欺が蔓延していますから、利用者以外がアカウントにログインできないように対策しているのです。

VPNを使用しているとアカウントにログインできなくなってしまうことがあり、解決するために銀行に問い合わせる必要があり、面倒です。このような状況を避けるには、VPNとの接続を一時的にオフにするか、国内サーバーに接続しましょう。

詳しくはVPN規制を回避する方法をご覧ください。

よくある質問

VPNのコストはどれくらい?

VPNは高度な機能がたくさんありますから、普通の利用者にとってはコストが高すぎるのではないかと思うかもしれませんが、VPNはとても低価格で利用できます。特に割引やクーポンもたくさんありますから、手頃な価格で加入できます。

一番おすすめのExpressVPNは$6.67/月からご利用いただけます。コーヒー一杯分の料金で世界各国の超高速サーバーに接続でき、高度なセキュリティ機能を使ったり、多数のストリーミングサービスを楽しんだりできるようになるわけです。

無料VPNはありますか?

無料VPNはたくさんありますが、避けるべきです。まず、無料VPNの多くは利用者を騙すための落とし穴がたくさんあるのです。高品質サービスを約束しておきながら、肝心なところに抜けがあるのは困りますね。

また、無料VPNはサーバー数がかなり少なく、速度が遅いのも欠点です。通信量が制限されていたり、セキュリティ対策が不十分だったりすることもあります。さらに、ジオブロックを回避できませんから、ストリーミングには不向きです。プライバシーを侵害することもあり、そうなると本末転倒ですね。

しかし、すべての無料VPNが使い物にならないというわけではありません。安全で信頼でき、制約が少ない無料VPNもいくつかあります。プライバシーとセキュリティを妥協していないことが確認済みなので安心してご利用いただけますが、通信量やサーバー、機能などが制限されていることにご注意ください。

日本で一番おすすめのVPNは?

当サイトでは厳しい基準を基にVPNをランキングにまとめています。最新のテストで、パフォーマンスが最高なのはExpressVPNだということが判明しました。世界中どこでもストリーミングに適した高速通信を実現しており、中国などネット検閲が厳しい地域でも利用できます。

VPNの選び方は?

何のためにVPNを使用したいのかニーズを検討してからVPNを選びましょう。例えば、ストリーミングサービスを利用したい場合、サーバーネットワークが広範囲をカバーしていて、通信が速いサービスがよいでしょう。しかし、何を優先させるのであっても、信頼でき、使いやすく、データをきちんと保護する安全なVPNを選ぶのが大切です。

VPNをセットアップする方法を教えてください。

VPNをセットアップするのはとても簡単です。VPNプロバイダの公式サイトからソフトをダウンロードし、端末にインストールしたら、好きなサーバーに接続するだけです。最も使いやすいVPNは簡単に短時間でセットアップできるようにデザインされています。

常にVPNを有効にするべきですか?

ネットの利用状況をVPNで常に隠すのが理想的ですから、できれば常にVPNに接続しておくことをおすすめしています。しかし現実的には、VPNをオフにしなければならないこともあるでしょう。少なくとも、公共Wi-Fiや信頼できないネットワークを使用するときは必ずVPNに接続するようにしてください。

自宅でVPNを使う必要はありますか?

はい!VPNは、旅行中や公共Wi-Fiを利用するときだけ使うツールではありません。自宅のネットワークに接続しているときでもIPアドレスは公開されていますから、他人に通信を盗聴され、プライバシーが侵害される恐れがあります。そのため、いつでもどこでも常にVPNを使って位置情報とネットの利用状況を隠すべきなのです。

スマホにVPNは必要ですか?

はい。しっかり対策するためにすべての端末にVPNをインストールすることをおすすめします。スマホなどのモバイル端末は保護されていない公共Wi-Fiに自動で接続されることが多いため、特に注意が必要です。ただし、通信が途切れるたびにVPNに再接続しなければなりませんから、少し手間がかかるかもしれません。

会社でVPNを使うべきですか?

会社のデータや職員のプライバシー保護を気にしているのであれば、法人向けVPNを使用すべきです。幸い、トップクラスのVPNプロバイダの中には何台でも接続できるサービスもありますから、1つの契約で会社の端末をすべて保護できます。

VPNを使うとISPはネットのブラウジング履歴を見られますか?

VPNを使えばブラウジング履歴と利用状況はISPに見られません(ISPに限らず、他人はネット上の活動を一切見られません)。ISPは接続のタイムスタンプや送受信した通信量など一部のデータを見られますが、どのサイトにアクセスしたか、どんなファイルをダウンロードしたかなど、ネットの使用に関することは分かりません。

VPNを使ってNetflixにアクセスする方法は?

高性能VPNを選べば、日本国内だけでなく海外旅行中もVPNを使って簡単にNetflixにアクセスできます。視聴したい国のVPNサーバーに接続するだけです。後は普段通りNetflixにアクセスしてコンテンツを視聴できます。NetflixにおすすめのVPNはこちらをご覧ください。

日本でVPNを使ってNetflixにアクセスするのは合法ですか?

はい、VPNを使ってNetflixにアクセスするのは合法です。Netflixでは放送権の関係で特定の国でしか見られない映画やドラマがあります。このような地理制限はVPNで回避できるため、NetflixはVPNの使用をブロックしようとしているのですが、このようなブロックを回避するのは犯罪ではありません。ストリーミングサービスにとって不都合なだけです。

VPNの割引を利用する方法

私はお得な割引が大好きですから、いつも節約する方法を探しています。VPNサービスは定期的に新しいクーポンや特別割引を行っていますが、詐欺サイトが多いので、本当に使えるクーポンはどれか見極めるのは大変です。

この問題を解決するために、同僚と協力して現在利用できるVPNのクーポンをまとめました。頻繁に更新しているのでいつでも最新情報をご覧になれます。2021年月も利用できることを確認するため、割引情報は1つひとつ検証してからご紹介しています。

まとめ

多くの利用者はネットでセキュリティ対策するにはVPNが必要不可欠だということに気付き始めています。VPNはプライバシー保護だけでなく、地理制限を回避するためにも役立ちます。ネット検閲を回避したり、ストリーミングサイトで大好きなドラマを見たり、さまざまな場面で活躍するツールなのです。

プレミアムVPNを利用したい方にはExpressVPNが一番おすすめです。高速かつ安全で、とても使いやすいため、初めてVPNを利用する方にもピッタリです。

VPNで何ができるか詳しく知りたいですか? VPNを使用するメリット・デメリットストリーミングにおすすめのVPNをご覧ください。

まとめとして、2021に初心者におすすめのVPNはこちらです!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

Melissa is a freelance writer, editor, and translator who specializes in content marketing and creative copywriting. She's currently based in Lisbon, Portugal, where she spends as much time as humanly possible in the ocean.

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。