VPNのセキュリティーを試すには

VPNはインターネットサーフィンするときにプライバシーを守る素晴らしいサービスですが、完ぺきというわけではありません。あなたの選んだVPNが高度のセキュリティー対策に向いているか確かめるためのツールをご紹介します。

VPNサービスを使用する第一の目的はデータのセキュリティー対策です。ではVPNが本当にあなたのデータを保護しているか確認することはできるのでしょうか? VPNのセットアップ中にエラーの発生する可能性のあるステップがありVPN接続していても情報漏洩やIPアドレスの公開につながってしまうという問題が発生しかねません。

この記事ではVPN接続中に漏洩が発生していないか確認するツールを紹介します。ここで紹介するツールを使えば、VPNがあなたを本当に保護しているのか分かります。

  1. DNS漏洩試験

DNSとはドメイン・ネーム・システムのことです。ドメイン名をIPアドレスに変換することでアクセスしやすくするために使われています。例えば、vpnmentor.comのIPアドレスは104.25.7.109となっています。

一般的に、ドメイン名をIPアドレスに変換しているのはインターネットサービスプロバイダです。しかし、VPNを使用している場合、あなたの本当のIPアドレスは隠され、第三者に居場所をトラッキングされるのを防ぎます。

変換リクエストはVPNトンネルから漏洩してしまうことがあります。この時、あなたのインターネットサービスプロバイダのIPアドレスと位置情報が外部に漏れてしまいます。DNS漏洩試験を実行するためにはVPNのサーバーがあなたの住んでいる国以外に位置するようなVPNに接続します。その後、dnsleaktest.comなどのツールを利用します。この時、IPアドレス、現在地、その他の情報はあなたのインターネットサービスプロバイダのものと一致している場合、DNSは漏洩しているというわけです。

DNS漏洩はIPアドレスが公開されているというわけではありません。インターネットサービスプロバイダのIPアドレスと現在地が漏洩されているということです。この情報を使って簡単にあなたのIPアドレスがトラッキングされてしまうのです。

DNS漏洩を予防するためには独自の暗号化されたDNSシステムを持つVPNを利用しましょう。

  1. IPアドレス漏洩試験

ほとんどのVPNはあなたのIPアドレスを保護すると宣伝していますが、現実にはそうとは限りません。アンドロイド向けVPNアプリに関する調査によると、VPNの84%がユーザーの本当のIPアドレスを漏洩しているということが分かりました。

あなたのVPNサービスがIPアドレスを漏洩していないか試験するため、IP漏洩試験ツールをご利用ください。

ただし、VPN接続が有効な時と再接続している時、両方ともIPアドレスが漏洩していないか確認する必要があります。ほとんどのVPNは接続が失敗し、再接続しようとしているときにIPアドレスを漏洩してしまうからです。

VPN接続が途絶えた時のために備えてVPNにはすべてのインターネット通信を切断するキルスイッチを搭載しているべきです。

再接続しているときにIPアドレスが漏洩していないか確認する方法

  1. VPNが接続され、有効であるままインターネットの接続を切断します。
  2. 接続が途絶えたら、再接続して矢継ぎ早にIP試験をします。IP試験のウェブページを複数のタブに開いておいてできるだけ早く更新するということです。
  3. VPNが再接続できたら更新するのをやめて試験結果を見てみます。
  4. いくつかのタブであなたの本当のIPアドレスが表示されたら再接続漏洩が発生していることを意味します。

IPアドレスの漏洩を防ぐためには安全なVPNを選ぶ必要があります。IPv6漏洩が発生している場合、手動で端末のIPv6接続を無効にすることもできます。さらに、あなたのVPNはIPv6に対応している場合、IPv4にも対応しているということを意味します。

  1. WebRTC漏洩試験

WebRTCとは外部プラグインや拡張機能の必要なくブラウザ内で音声や動画チャット経由でピアツーピアでファイルの共有を可能にするAPI定義で、ファイアフォックス、グーグルクローム、オペラなどのウェブブラウザで目にするものです。インターネットエクスプローラーや、その他のブラウザがWebRTCを対応できるようにするプラグインもあります。

WebRTC APIからIPアドレスが漏洩した場合、WebRTC漏洩が発生します。あなたのVPNのWebRTC漏洩を確認するためにはパーフェクトプライバシーWebRTC試験のウェブサイトを訪ねてください。

このような漏洩を予防するには、利用しているブラウザでWebRTCを無効にできます。

VPN速度試験

プライバシーやセキュリティーだけでなく、通信速度もVPNの重要なポイントです。VPNの通信速度はいろいろなものが左右しています。以下がその一部です。

  1. インターネットサービスプロバイダの許容範囲

VPNがどんなに速くても、インターネットサービスプロバイダが提供している通信速度を上回ることは不可能です。あなたのインターネットの速度を総体的に左右しているのはインターネットサービスプロバイダなのです。

  1. 暗号化レベル

暗号化レベルが増すにつれてVPNの通信速度は遅くなっていきます。L2PTはPPTPよりも安全なプロトコルですが、速度がかなり遅くなってしまいます。高度の暗号化がほとんどの場面で必要ないという人は、低レベルの暗号化を選択する方が実用的でしょう。

  1. ユーザーとVPNサーバーとの地理的な距離

これはVPNの速度に影響を与える一般的な要素です。インドでアメリカのVPNサーバーを使用するとインターネットはすごく遅く感じられるでしょう。この問題を解決するにはなるべく近いVPNサーバーを使用することです。

  1. VPNサーバーを使用中のユーザー数

多くの人気VPNサービスは多数のユーザーがサーバーを同時に使用していることで通信速度が遅くなってしまうという問題に直面しています。VPNサービスを購入する前にリアルタイムの帯域幅情報を表示しているサーバーステータスのページを提供していることを確認することが重要です。

  1. ファイアウォール設定

VPN通信やCPNのパフォーマンスを妨害するようにファイアウォールの設定はしていませんか? これによって通信速度が遅くなっている可能性があります。

  1. 端末の処理能力

パソコンや携帯端末でVPNが稼働しているとき、端末は常に情報を暗号化したり解読したり、多くの作業をしています。これはたくさん処理能力を要することです。インターネットが速ければ速いほど大きな処理能力を要します。

ですから通常のインターネット接続が速くても、CPUの処理能力不足のため通信速度が遅くなっている可能性があります。

VPNの速度を試験するためにはSpeedof.meのウェブサイトを訪問してください。

漏洩があった場合、どうすればいいのでしょう?

VPN漏洩があった場合、VPNのサポートチームに問い合わせて問題解決することができるはずです。その他には、あなたのデータを漏洩しないような高品質のVPNに切り替えることも可能です。VPNサービスはあまり経験のないユーザーに売り込むことが多いので、注意が必要です。

私たちがおすすめするVPNの一覧はこちらです。

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはNordVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在68%オフの割引キャンペーンを実施中です。

NordVPNへ

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
投票して下さり、ありがとうございました。
待ってください! NordはそのVPNの68%ディスカウントを提供しています