VPNのメリットとデメリット―知っておくべきこと

VPNの購入を検討しているのですか? いいですね!

VPN(仮想プライベートネットワークの頭文字)は制限されたコンテンツにアクセスできるだけでなく、インターネット接続を保護し、安全にしてくれます。

しかし市場には300以上のVPNがあると知っていましたか? 選択肢が多いでしょう。

さらに、あるVPNはセキュリティーに向いているのに対し、高速接続に向いているものもあれば、全く使い物にならないVPNもあります。

あなたにピッタリのVPNかどうか判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

以下でVPNのいろいろな面を紹介します。メリット、デメリット、注意しておきたいことなど情報が満載です。

さらに、現在市場で最高なVPNの一覧も掲載してみました。

(あなたに合ったVPNを選ぶアドバイスはこの記事をご覧ください。)

すべてのVPNが同じというわけではない

忘れないでください。VPNサービスはすべて同じというわけではまったくありません。無料VPNは大幅に節約になりますが、セキュリティーの面で危険です。

他のVPNは素晴らしいセキュリティー対策となりますが、暗号化の度合いによっては通信速度が遅くなります。(これは映画やテレビ番組をストリーミングしたい場合に困ります。)

どのようなことに注目して探したらいいのでしょう?

VPNを検討する際に考えなければならないことはいろいろあります。通信速度を重視する人もいればセキュリティー対策が最も重要だ考えている人もいます。

一つ一つ検討してみましょう。

これはすべてのVPNで最も重要な点でしょう。セキュリティーが万全でなければ使用する意味がないでしょう。

それでも、他にもデメリットはあり、そのため他のVPNを選ぶことにする人もいるかもしれません。

メリット:

  • 通信はすべて暗号化され安全に送信されます。これにより、多くの脅威から保護されます。
  • VPNを使用すると、ハッカーに仕事上のコミュニケーションやプライベートなメッセージを盗み見られたり妨害されたりしにくくなります。
  • ハッカーの心配なく公共Wifiを利用したり、遠隔サーバーに安全に接続できます。
  • 高度のセキュリティーのため、匿名でネットを利用できます。

デメリット:

  • VPNの種類によっては初期段階にセキュリティープロトコルをセットアップしにくくなっており、間違えるとセキュリティーが不十分になってしまいます。
  • VPNのセットアップを間違えるとDNSやIP漏洩が起きやすく、ハッカーがあなたの情報に簡単にアクセスできるようになってしまいます。
  • 多くのセキュリティープロトコルがあるため、どれが最高のものか知らないかもしれません(どのセキュリティープロトコルを選べばいいかについてはこちらをお読みください)。

VPNに関してはセキュリティーは常に重要なことです。そのため、VPNがどのようなセキュリティープロトコルに対応しているか、どのようにセットアップすればいいか知るのは大変役に立ちます。

だれでもバーゲンが好きでしょう。

残念ながら、頼りになるVPNが欲しいならそれなりの費用が掛かります。

ちまたに流通している無料VPNは帯域幅、通信速度、使用時間などを制限しています。質の悪いものはあなたのデータのログを保存し、セキュリティーの弱点となってしまいます。

良質のVPNは費用が掛かります。幸運にもVPNの割引があることが多いので、大幅に節約できます。

メリット:

  • VPNは他のセキュリティー設定より大幅に安いです。
  • セキュリティー対策を施すためにハードウェアをインストールする必要がありません。
  • 外部からプロを呼ぶ必要がないのでセットアップ、インストール、月額料金が掛かりません。
  • 月額または年会費のコストを検討するだけです。

デメリット:

  • VPNは機能によってコストが異なるので、価格に見合った価値があることを確認する必要があります。
  • 加入期間によってコストが変わります。
  • 無料サービスはセキュリティー対策が不十分で、セキュリティーやプライバシーの侵害につながることもあります。

VPNを購入する際にデザインを検討することがあまりありませんが、利用しやすさは意外と重要です。問題が発生しにくくなるのです。

メリット:

  • 多くのVPNはわかりやすいインターフェイスで初心者や技術にあまり詳しくない人にも最適です。
  • 利用しやすいデザインだとVPNの利用が簡単になります。

デメリット:

  • 簡単なデザインでないとVPNの設定に大幅に時間をかけてしまいます。
  • 手動セットアップはIP漏洩やDNS漏洩につながることもあります。

あなたのVPNはビジネスに合っているかどうかという項目にした方がいいかもしれません。その理由を説明しましょう。

ビジネス向けのVPNには違った特権があるのです。

ほとんどの点では似ているものの(通信速度、帯域幅、同時に接続できる台数など)、企業向けVPNは個人向けVPNを異なる部分で機能を改善しているのです。

いずれにせよ、成長や改善に力を入れ続けている会社のVPNを選びたいものです。

メリット:

  • 企業にはサービスの度合いを増やせることは重要です。
  • 企業用VPNは会社の開発・成長に伴って変わってくる企業のニーズに応えられるように、サービスをいくつか拡張できるようになっています。例えば新しいユーザーを追加料金なしでアカウントに追加できることなどです。
  • 個人ユーザーには個人が必要な機能のみの料金を払うように価格が設定されているVPNもあります。

デメリット:

  • 一部のVPNのパッケージによっては拡張性に制限があることもあります。
  • サービスごとに何台同時に接続できるかには制限があります。
  • パッケージにはサーバー切り替え、帯域幅、通信速度に制限がかかっています。

グレーゾーンがあるとしたらこの点がそれでしょう。

VPNはストリーミングサイトなどの地域的な制限のかかっているコンテンツにアクセスするのに役立つツールです。

その半面、この技術はトレントが禁止されている地域でトレントにアクセスできるなど、違法行為にも使えるのです。

つまり、VPNを何に使うかはあなたの責任だということです。

メリット:

  • ネットフリックスBBCなどのストリーミングサイトなど、VPNなら地域的な制限のかかったコンテンツにアクセスできます。アメリカ以外からアメリカ版のネットフリックスにアクセスしたり、アクセス制限のかかっている地域でBBCにアクセスしたりするのに最適です。
  • 一部のウェブサイトはあなたの現在地によってコンテンツやウェブサイト自体を変更しているので、VPNならそれを回避できます。

デメリット:

  • 多くのストリーミングサイトはVPNについて認識しており、制限されたコンテンツにアクセスされるのを阻止したり防いだりしています。
  • 残念ながらこの技術は違法行為にも使えるため、悪いイメージが伴っています。

使用方法は?

VPNのメリットやデメリットを知っておけば、あなたに向いているか判断しやすくなります。さらに、あなたのニーズに合ったVPNを選びやすくなります。

VPNを何のために使用したいか判断したら、当社の最もおすすめするVPNをご覧ください(こちらから詳細な説明やレビューを含む一覧を読めます)。

VPNについて詳しく知りたい方は初心者ガイドをご覧ください。

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
Facebookでシェアする
これをツイートする
待ってください! NordはそのVPNの75%ディスカウントを提供しています