情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

VPNを隠してアクセス制限を回避する方法【2021】

匿名で安全にネットを利用できるようにするために、日本でVPNは大活躍しています。しかし、セキュリティ対策のためのこのツールが探知されてVPN自体がブロックされてしまった場合はどうでしょうか? これはVPNブロック(VPN通信の拒否)と呼ばれ、大きな問題となっています。

一部のISP、サイト、オンラインサービス、さらには政府でさえVPNの利用を探してVPN通信のアクセスを拒否しています。このような対策に引っかかると、世界中のコンテンツに自由にアクセスできなくなったり、公共Wi-Fiで匿名でネットサーフィンするためにVPNを使いたい時に困ったりします。

しかし、ExpressVPNなどの良質なVPNサービスを使い、ノウハウがあれば、このようなブロックも通過してプライバシー保護とセキュリティ対策を続けることができます。さらに、ExpressVPNは30日返金保証があるのでリスクなしでお試しいただけます。

この記事では、VPNがブロックされてしまう仕組みと、検出されないようにする方法をご紹介します。

アクセス制限を回避しましょう!日本でブロックを避けるのにオススメのVPN

  1. ExpressVPN – 並外れた高速通信、多彩なセキュリティプロトコル、高度なプライバシー保護により、監視やストリーミングサイトのプロキシ制限を回避できます。

おすすめのVPNについて詳しくは下をご覧ください。| よくある質問

今すぐExpressVPNでVPN規制を回避しましょう!

VPN通信がブロックされてしまうのはなぜ?

著作権からネット検閲など、サイトがVPNをブロックする理由は様々です。また、ネット検閲が厳しい地域に旅行すると、普段よりVPN規制が厳しいと感じるかもしれません。

Why VPNs get blocked

政府の検閲

一部の地域では、インターネットは政府によって厳しく検閲されています。その国の文化や価値観に反するようなサイトへのアクセスを制限し、国民がそのような情報を見られないようにしているのです。さらに、このような国ではVPNの利用も規制されていることが多く、VPNプロバイダのサイトやアプリストアにアクセスできないのでVPNサービスをダウンロードできません。

このようなVPN規制の典型的な例は中国政府によるネット検閲です。グレートファイアウォールと呼ばれる中国のネット検閲では、Google、ソーシャルメディアアプリ、YouTube、一部のニュースサイトなど、様々なサイトへのアクセスが制限されています。また、中国では規制を回避できないようにするため、ほとんどのVPNサービスがブロックされています

ほかにもトルコ、アラブ首長国連邦、イランなどでもネット検閲が行われています。これらの国では多くのソーシャルメディアやストリーミングが禁止されており、VPNの利用も規制されています。

日本から海外旅行したり、厳しいネット検閲のある国に滞在するとき、政府の検閲を逃れられるようなVPNを見つけるのは簡単なことではありませんがご安心ください。今回、数週間かけて数百種類のVPNサービスを調査し、オススメのサービスを3つ見つけました。

ストリーミングサイトの地理制限

海外のNetflixライブラリにアクセスしようとしたことはありますか? 日本のライブラリにリダイレクトされてしまったはずです。その理由は、Netflixなどのストリーミングサイトは地域ごとに視聴できるコンテンツを決めているからです。つまり、Netflixで楽しめるコンテンツは国によって違うということです。外国のNetflixライブラリも自由に楽しむにはVPNが必要になります。このようなジオブロックがあるのはNetflixだけではありません。他にも特定の地域でしかアクセスできないストリーミングサイトはたくさんあります。BBC iPlayer、Hulu、HBO GO、ITV Hubなども地理制限を導入しています。

アメリカと日本でしか利用できないHuluなど、特定の国に限定されているサイトもありますが、国によってライブラリの内容が異なるNetflixなどのストリーミングサイトもあります。このような違いがあるのは放送やストリーミングの放映権の関係であることが多く、アクセスできる国以外だとアクセス制限があってコンテンツを楽しめません。また、このようなジオブロックを回避するのは難しく、中でもNetflixのプロキシエラーを回避するのはかなり困難です。

著作権

一部のインターネットサービスプロバイダ(ISP)は著作権侵害を阻止するためにVPNの利用を制限しています。VPNの利用者の多くはP2P共有で画像や動画などのファイルを送受信していますが、トレントで違法に著作権侵害をしている利用者もいます。つまり、著作権のある音楽や映画などをダウンロードするときにVPNを使っているのです。

ネットで何をするかに関わらず、VPNが制限されるとVPNの利用者が全員困ってしまいます。しかしVPNを利用していることISPに知られないようにすれば、ISPにネットの活動を妨害されることはありません。

学校や職場でのアクセス制限

ほとんどの学校や職場では特定のサイトにアクセスできないようにネットを制限しています。例えば、YouTubeやソーシャルメディアサイトのアクセス制限です。このようなサイトにアクセスできないようにするために、VPNの利用も制限されているかもしれません。少なくとも、学校や職場のWi-Fiに接続している時にはそのような制限が掛けられているはずです。

ExpressVPNでVPN規制を潜り抜けましょう!

VPN制限の種類

VPNがブロックされる理由はたくさんあります。しかし、どのようにブロックされているのか仕組みが気になったことはありませんか? 幸い、頻繁に見られる制限方法は比較的簡単に回避することができます。

Types of VPN blocks

IPアドレスの制限

VPNに接続すると本当のIPアドレスが隠され、代わりにVPNサーバーのIPアドレスが表示されます。つまり、日本でアメリカのVPNサーバーに接続してアメリカのNetflixにアクセスしようとすると、Netflix側にはアメリカのIPアドレスがアクセスしようとしていると表示されます。そのため、比較的簡単に地理制限を回避できます。しかしこんなに簡単に回避できるとは限りません。

IPアドレスがVPNのものだと分かっている場合はそれをブラックリストに記録しているサイトが多いものです。記録されているIPアドレスのVPNサーバーに接続すると、すぐにブロックされてしまいます。NetflixやBBC iPlayerなど、厳しい地理制限のあるサイトにアクセスできないVPNが多いのはそのためです。

ポートブロッキング

多くのVPNはインターネットに接続するときに特定のポートを使用しています。ポート番号はインターネット通信がどのトンネルを経由するのか識別するために使われています。例えば、OpenVPNというセキュリティプロトコルを使うと、ネット通信は一般的に1194番のポートに送信されます。

通信がいつも同じポートを使っていると、その通信だけブロックするのは簡単です。サイト側は、通信がどのポートから来たのかモニタリングするだけでブロックしたい通信なのか見極められます。このような方法でブロックされてしまうと、VPNを使ってもサイトにアクセスできません。ポートブロッキングは、IPブロッキングほどは頻繁に行われていませんが、ポートを切り替えるだけで簡単に解決できます。

ディープパケットインスペクション(DPI)

DPIはVPN通信をブロックする方法のうち、かなり高度な手法です。サイト側は通信がどこから来たのか確認するのではなく、通信の種類を確認します。

VPNを使うと通信は匿名になりますが、OpenVPNなど一部のセキュリティプロトコルは検出可能な暗号法を採用しているためブロックされてしまいます。OpenVPNで暗号化された通信がブロックされてしまいがちな理由は、OpenVPNをデフォルトのプロトコルとして使用しているVPNがほとんどだからです。サイト側はOpenVPNの通信であればVPNを使っているのだろうと推測しているわけです。通信の内容は誰にも見られませんが、通信が暗号化されていることは知られてしまいます。

実はこれは回避するのが特に難しい規制方法です。中国のグレートファイアウォール(金盾)はDPIでVPNの利用を規制しています。これが中国で利用できるVPNを見つけるのが難しい理由の一つなのですが、セキュリティプロトコルを変更できるようなVPNであれば、規制を回避できる可能性があります。

今すぐExpressVPNで厳しいVPN規制を回避しましょう!

VPNのアクセス制限を回避する方法

VPNが規制されている理由と仕組みについて理解できましたね。では、このようなアクセス制限を回避する方法について考えてみましょう。最初に重要なのは、必要な機能が揃った良質なVPNを選ぶことです。この記事の後半で、探知されないオススメのVPNサービスをご紹介します。VPNを使ってアクセス制限を回避する方法はいくつかあります。

How to avoid VPN blocks

隠しサーバー

隠しサーバーは一般的に大手VPNだけが提供している高度な機能です。その仕組みについて理解するために、まずは普通のVPN接続について考えてみましょう。VPNサーバーに接続すると、ISP、政府の監視組織、その他のサードパーティなど、通信を見る人たちにVPNを使っていることを見られてしまいます。通信の内容は見られませんが、VPNを利用していることを示す署名が見られるのです。

隠しサーバーはVPN通信自体を隠してくれます。データを隠すことで、VPN通信が普通の通信に見えるようになるのです。識別できるメタデータを削除して、VPN通信を見ても普通のインターネット通信にしか見えないわけです。

このようなサーバーを使うと、追加でプライバシー保護してさらに匿名化でき、ブラウザの通信だけでなくVPNの通信も同時に完全に隠すことができます。VPN通信が普通の通信に見えるのでVPN規制を回避しやすくなるのです。日本から中国などネット検閲が厳しくてほとんどのVPNが完全に禁止されている国に旅行する際にはこの機能が特に役立ちます。

また、隠しサーバーは通信を送信するときにいつも同じポートを使うのではなく、利用可能な他のポートを探してくれるため、検出されるリスクを大幅にカットできます。VPN通信をブロックするためにすべてのポートを監視している人はいないはずです。さらに、不明瞭なVPNサーバーを使うとVPNを利用していることを知られないため、通信をブロックされる可能性は極めて低くなります。

専用IPアドレス

2つ目の便利な機能は専用IPアドレスです。検出が心配なら専用IPアドレスを提供しているVPNを選びましょう。一般的に、専用IPアドレスは通常のVPN契約のアドオンとして購入することができます。

普通、VPNを利用すると、IPアドレスを他のユーザーと共用することになります。つまり、VPNサーバーに接続してVPNのIPアドレスを取得すると、そのサーバーに接続している利用者全員が同じIPアドレスを使うことになります。数人が同じIPアドレスを使ってNetflixなどのプラットフォームに同時にアクセスしてしまうと、NetflixがVPNを利用していると検知してIPアドレスをブロックしてしまう可能性があります。

専用IPアドレスを使えばあなた専用のIPアドレスを使えばほかの人と共有しなくて済むのでこの問題を解決できます。VPNサーバーに接続していても専用IPアドレスを使っているのはあなただけで、ほかの人と被ってしまうことはありません。識別子をほかの利用者を共用しませんから、Netflixなどのアクセス先はあなたが普通のユーザーだと思う可能性が高くなります。日本の端末からインターネットにアクセスしているのだと思われるため、ブロックされる可能性が下がるのです。

サーバーの切り替え

同じ国の別のサーバーに切り替えるだけでVPNのアクセス制限を解決できることもあります。サーバーがブラックリストに追加されてしまうことはよくありますが、VPNのネットワークにサーバーがたくさんあれば、現在接続しているサーバーから別のサーバーに切り替えることができます。ほとんどの大手VPNが定期的にIPアドレスを更新しているので、Netflixなどがすべての新しいIPアドレスを検出することは実質的に不可能です。

サーバー数が多いVPNならブロックされる可能性が低いですが、自由にサーバーを切り替えられるVPNなのか確認するのも大切です。そうすればうまくいくまでサーバーを試してみることができます。

ポートを変更する

ポートは監視されているため、ポートを切り替えるだけで検出を避けられることもあります。この作業を自動で行ってくれるVPNもあり、そのようなサービスを使えば自動的にポートをスキャンしてブロックを避けられるように接続してくれます。手動でポートを変更することもできます。オススメのポートをご紹介しましょう。

  • ポート443:暗号化されていない通信はこのポートに送信され、安全なバージョンのサイトに転送されます。例えば、ネットショッピングをしていてクレジットカードを入力する段階になると、個人情報や支払情報の漏洩を防ぐためにHTTPSサイトが表示されます。普通の安全なウェブ通信はすべてこのポートを経由するため、このポートがブロックされている可能性は低いです。ポート443がオススメなのはそのためです。
  • ポート80:このポートは暗号化されている通信(HTTPS)にも使われています。すべてのHTTPSサイトを保護するため、ほとんどブロックされていません。

セキュアソケットトンネリングプロトコル(SSTP)も利用できるVPNもあります。ポート1194を使っているOpenVPNとは違い、SSTPプロトコルはデフォルトでポート443を使っています。このポートはすべてのウェブ通信を保護するため通信は検知されず、ブロックされにくいと言えます。代わりに使えるセキュリティプロトコルは他にもありますから見ていきましょう。

ExpressVPNで高度なセキュリティ対策を!

セキュリティプロトコルを変更する

ほとんどのVPNはたくさんのセキュリティプロトコルに対応していますから、どれが良いのか分かりにくいことがあります。ほとんどの場合、OpenVPNがオススメです。OpenVPNは通信速度とセキュリティ対策を兼ね備えている最先端のプロトコルなのです。しかし、検出を避けてブロックされにくくしたい場合、他のセキュリティプロトコルに切り替えるのも一つの手です。ブロックアルゴリズムの多くはOpenVPN通信かチェックしているため、ブロックを避けるのは困難です。

VPNによって対応しているプロトコルは違いますから、どのプロトコルが最適か一概には言えませんし、ニーズにも左右されます。ほとんどのケースで通信速度とセキュリティ対策のどちらかを妥協することになりますから、プロトコルの特徴について理解するのが大切です。例えば、日本から海外旅行に行くときにジオブロックされているストリーミングサイトにアクセスしたいなら速度を優先したいですね。しかしインターネット通信を保護して匿名でファイルを共有したいなら、速度ではなくセキュリティ機能をアップしたいと思うかもしれません。

L2TP/IPSec

これは2つの異なるプロトコルを1つにまとめたものです。レイヤー2トンネリングプロトコル(L2TP)はほとんどセキュリティ対策がないものの、通信は比較的速いという特徴があります。通信を完全に暗号化して漏洩を防いでくれるインターネットプロトコルセキュリティ(IPSec)と併用することが多いのはそのためです。しかし追加でセキュリティ対策すると速度がやや遅くなるため、速度ではなくアクセス制限を避けたいならこのプロトコルを選ぶと良いでしょう。

IKEv2

インターネット鍵交換v2(Internet Key Exchange v2・IKEv2)はIPSecと同じレベルのセキュリティ対策と高速で安定した通信が特徴です。インターネット接続が中断してしまっても再接続できるため、モバイル端末に適しています。デメリットはセットアップが難しく、一部の端末でしか利用できないことです。

SSTP

上でも説明した通り、SSTPはVPN規制を回避するのにオススメのプロトコルの一つです。ポート443を使っていますし、インターネット通信を保護する機能もすべてあるのでとても安全です。ただし、利用できるのはWindows端末だけです。

WireGuard

WireGuardは比較的新しいセキュリティプロトコルで、OpenVPNのセキュリティ対策を使用し、IKEv2と同等の通信速度なのが特徴です。セキュリティは素晴らしいですが、現時点ではCyberGhostなど一部のVPNしか対応していません。また、Linux端末でしか利用できません。

PPTP

これは一番古いプロトコルで、本当に必要でなければお勧めできません。高速ですが、セキュリティ対策はあまり良くないので漏洩や監視のリスクがあります。ネット検閲がある国にいる場合は危険です。

独自のセキュリティプロトコルを提供しているVPNもあります。ジオブロックを安定して通過でき、通信が速く、セキュリティ対策もしっかりしていることが多いため、プロトコルを選ぶ際には検討すると良いでしょう。詳しく知りたい場合はセキュリティプロトコルについてクイックガイドをご覧ください。

ExpressVPNで複数のプロトコルから選びましょう!

モバイルデータに切り替える

職場や学校にいる場合、Wi-Fiからモバイルデータに切り替えることでVPNのアクセス規制を回避できます。規制はWi-Fi通信だけのことが多いからです。ただし、データが使い放題でなければお勧めできません。ストリーミングやゲームをしているとすぐにデータ容量を使い切ってしまう可能性があるので注意しましょう。

VPN規制を回避する他の方法

隠しサーバーがないVPNをご利用中ですか? VPNについて詳しく知っている方や、技術に詳しい方はVPN規制を回避する高度な方法を試してみると良いでしょう。

Torブラウザ

Tor(トーア)はThe Onion Routerの頭文字をとったもので、無料で利用できるオープンソースのソフトウェアです。このソフトを使うと匿名でインターネットサーフィンできます。通信は入口ポイントからTorネットワークに入り、任意の数のサーバー(ノード)を経由してから送信先にたどり着きます。

ザ・オニオン・ルーターと呼ばれている理由は、匿名性を守るためにタマネギ(オニオン)のようにデータが何層も暗号化されるからです。出口ノードで識別するために暗号化の層は各ノードを通信が移動するにつれて解読されていきます。

しかし、Torブラウザだけでは完全に安全とは言えません。通信を検知、ブロック、漏洩するために監視組織やハッカーによって厳密に監視されている入口ノードと出口ノードでIPアドレスを識別することは可能です。また、これらのノードでIPアドレスから現在地を特定することもできます。

Torブラウザに対応しているVPNもあります。VPNオーバーTorに対応しているVPNを使うと、Torネットワークに接続してからVPNサーバーに接続できます。こうすることで入口ノード・出口ノードの両方でデータを完全に暗号化できるので追加で匿名性とプライバシー保護できます。通信とIPアドレスを識別できないので、ブロックしにくくなるわけです。

SSHトンネル

SSHトンネリング検出されずにフィルタリングサービスにデータを送信することでデータを暗号化してブロックを回避する高度な方法です。ローカルポートフォワーディングを使うことでSSHトンネルを作成できます。つまり、他の地点にある別の端末に現在使っている端末を接続することでブロックを回避するのです。

例えば、職場や学校でネットショッピングサイトがブロックされている状況を想像してみてください。SSHトンネルを作って職場のノートパソコンを自宅のパソコンに接続します。そうすると別のポート(ポート80など)を使って新しいブラウザが起動してネットショップサイトと通信できるようになります。暗号化されたデータは自宅のパソコンに送信され、送信先に到着すると解読されます。

多くのアプリケーションがこの方法を採用していて、FTP経由でファイルを送受信するアプリもこの方法使っているため、ほとんどブロックされていません。しかしSSHトンネルは通信が遅いというデメリットがあるのでストリーミングする場合にはオススメできません。

逆の利用も可能です。遠隔ポートフォワーディングと呼ばれ、例えば自宅のネットワークから職場のパソコンを使ってサーバーにアクセスできます。

SSL・TLSトンネル

SSL・TLSトンネルは暗号化されているという点でSSHトンネルと似ています。SSL・TLSトンネルは暗号化されたHTTPS通信や機密データに関するものに使用されています(ネット銀行で送金するときなど)。

ほとんどのVPNはデフォルトでこの機能を提供しているので、VPNと併用できます。ポート443をモニタリングしているスパイが普通のHTTPS通信かVPN通信か見極めにくいため、ブロックされる可能性は低いのです。

VPNにこのソフトウェアが含まれていない場合は自分でダウンロードすることもできますが、セットアップに時間が掛かることがデメリットです。

SOCKS5プロキシ(シャドーソックス)

SOCKS5プロキシはソケットセキュア5プロトコルでプロキシサーバーを使ってデータを送受信する仕組みになっています。さらに、SOCKSは認証の層を追加して特定のユーザーしかプロキシにアクセスできないようにします。こうすることで通信をとても効果的に匿名化して送信できるので、P2Pでファイルを共有するのにぴったりなのです。

このプロキシはブロックを回避するために遠隔サーバーを使っています。特に中国などネット検閲の厳しい国で便利です。仕組みを詳しく見てみましょう。普段のIPアドレスが1234だと仮定します。通信がプロキシサーバーを経由すると、新しいIPアドレスが割り当てられます。新しいIPアドレスは5678だとしましょう。中国からGoogleにアクセスしたい場合、Googleは5678のIPアドレスだけを見ることができ、本当の端末のIPアドレスは隠されます。これにより、あらゆるブロックを回避できるわけです。

ただし、プロキシだけでは完全に安全ではないということに注意しましょう。認証を使っていますが、VPNのようにデータは暗号化で保護されません。SOCKS接続に対応しているVPNもありますから、セキュリティ対策を最大限アップして規制なくアクセスするためには2つのツールを併用するのがオススメです。

今すぐExpressVPNでブロッカーを回避しましょう!

VPNのアクセス規制を回避するのにオススメのVPN【完全分析・2021 10月年 更新】

サイトやサービスにVPNを利用していることを知られないようにするためには高品質のVPNプロバイダが必要です。不明瞭なVPNサーバー、多様なプロトコル、多数のIPアドレスがあるようなサービスを見つけるのはなかなか大変ですが、そのような機能がなければ検出されてブロックされてしまう恐れがあります。

詳しく調査して試験利用した結果、VPN規制にも引っかからないオススメのVPNが3つ見つかりました。アクセス制限の心配なく自由にインターネットサーフィン、ストリーミング、トレントを楽しめます。

1. ExpressVPN – セキュリティプロトコルがオススメ

  • 3,000 か国に 90 個の高速サーバーがあり、日本にも3個の高速サーバーあり
  • 隠しサーバーと多彩なセキュリティプロトコル
  • Torに対応
  • DNS漏れ対策
  • 利用可能なストリーミングサービス:Hulu、Crunchyroll、ESPN、Netflix、BBC iPlayer、Hotstar、Disney+
  • 対応端末:iOS、macOS、Linux、Android、Windows、Chromebook、ルーター
ExpressVPNの2021 10月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

ExpressVPNは高速VPNで、軍事レベルの暗号化とセキュリティ対策があるのが特徴です。数週間使ってみた結果、とても使いやすく、通信が安定してとても速いことが分かりました。また、中国やトルコなどでも厳しいジオブロックにアクセスできることを保証しています。

ブロックされないVPNと宣言しているこのVPNを実際に試してみることにしました。オランダ、インド、ニュージーランド、南アフリカからアメリカのNetflix、BBC iPlayer、DAZNにアクセスできるか実験してみたのです。同僚たちは全員、非常に厳しいジオブロックを回避して各サービスにアクセスできました。このように素晴らしい結果だったのはExpressVPNがたくさんのサーバーを用意しているからです。3,000 か国に 90 個のサーバーがあります。また、定期的にIPアドレスを更新しているため、サイトはExpressVPNの全IPアドレスをブラックリストに記録することはできません。

ExpressVPNは複数のセキュリティプロトコルに対応しているので検出されないように接続を変更するのにオススメです。調査ではOpenVPNの代わりにL2TP・IPSec、SSTP、PPTPから選べました。デフォルトでOpenVPNが選択されていますが、設定欄から簡単に変更できます。どのプロトコルでも通信は速かったです。遅いことで有名なプロトコルもサクサク操作できました。

ExpressVPNで中国のグレートファイアウォールを回避できるか知りたかったため、上海、台北、広州市の同僚たちに試してもらいました。彼らがExpressVPNの隠しサーバーを使ったところ、実質的に全く検出できない状態になり、Google、YouTube、インスタグラムなどの禁止されているサイトも直ちにアンロックできました。

どのように接続したとしてもExpressVPNは256ビットAES暗号化を使って個人情報を守ってくれます。また、DNS漏れ対策で通信の漏洩を防止してくれますし、Torにも対応しているのでしっかり匿名になれます。

ExpressVPNは日本語のWindows、iOS、Android、Chrome、Firefox用アプリがある業界で数少ないVPNサービスの一つです。日本語でVPNを利用したい方には本当にオススメです。

詳しく知りたい方はExpressVPNの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

よくある質問

VPNは合法ですか?

VPNは誤解が多いツールですが、多くの国で合法です。ほとんどの国ではVPNの利用には一切規制がありませんが、そうではない国もあります。特に中国はここ数年間でVPNの利用の取り締まりが進んでおり、ほとんどすべてのVPNサービスがブロックされています。トルコやアラブ首長国連邦でもVPNの利用が規制されています。VPNの合法性に関して詳しくはこちらのクイックガイドをご覧ください。

VPNの利用が許可されているかどうかにかかわらず、違法行為のためにVPNを利用するのはもちろん違法です。例えば著作権のある映画や音楽をダウンロードするためにVPNを使ってはいけません。

モバイル端末でブロックされないようにVPNを利用することはできますか?

もちろんです。モバイル端末に対応しているVPNを利用すれば、スマホやタブレットでも簡単にブロックを回避できます(上でご紹介したVPNサービスはすべてモバイルに対応しています)。

無料VPNを使えばVPNのアクセス制限を回避できますか?

無料VPNはたくさんありますが、無料サービスよりプレミアムサービスの方がオススメです。無料VPNだと機能が少なく、セキュリティプロトコルは選べない場合がほとんどです。

無料VPNは頻繁にIPアドレスを更新していませんからNetflixなどのサイトをアンブロックできる無料VPNはほとんどありません。また、停止スイッチ、暗号化、ログなし方針などのセキュリティ対策が不十分なので、匿名性を妥協することになります。また、無料VPNだと隠しサーバー、様々なセキュリティプロトコル、専用IPアドレスなどの高度な機能を利用できません。無料VPNにはVPN規制を回避するのに必要な機能がないのです。

今すぐVPN規制を回避しましょう!

まとめ

Netflix、BBC iPlayer、Hulu、HBO GO、ITV Hubなどのストリーミングサイトに自由にアクセスしたくても、地理的制限でブロックされてしまうことがあります。コンテンツを制限しているサイトはVPNの規制に取り組んでいて、VPNを使っているとアクセスできないようにしています。一部の国では政府組織もこのようなアクセス制限を行っています。優れたVPNサービスが必要なのはそのためです。

一番のオススメはExpressVPNでしょう。隠しサーバーやダブルVPN機能があり、複数のセキュリティプロトコルに対応しているため、検出は実質的に不可能です。しかしこの記事でご紹介したVPNはすべてブロックされずに自由なインターネットを楽しむのに役立ちます。

まとめとして、2021 年にVPNのアクセス規制を回避するのにオススメのVPNはこ:

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

エリーはデジタル技術が専門の経験豊富なライターです。サイバーセキュリティや技術トレンドの最新情報について調査するのが好きなエリーはvpnMentorの利用者の皆様のために最高のVPNやプライバシー保護に役立つ情報を発信しています。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。