当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

NetflixのVPN対策を回避する方法│すばやく簡単!2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年05月22日 ファクトチェッカー:アレクサンドラ・コヴァチェヴィッチ 編集主任

現在もNetflixに対応しているVPNはほんの一握りしかありません。NetflixがVPN対策を導入しているのは、理論上はVPNを使うと地域制限されたコンテンツを見られるからです。しかし、国内で配信されているコンテンツを見る際にデータを保護するためにVPNを使っても、Netflixにブロックされてしまいます。

このように不公平なVPN対策を避けるさまざまな方法を試し、NetflixでVPNを使えるようにする回避策をまとめました。サーバーを切り替えたり別のブラウザを使ったりするなど、簡単な解決方法もありますが、ここで紹介するトラブルシューティング方法がうまくいかなかった場合、NetflixにVPNを検出されないようにする高度なセキュリティ機能を備えたプレミアムVPNが必要となります。

NetflixのVPN対策を回避するには、ExpressVPNがおすすめです。設定を変更する必要はなく、どのサーバーに繋いでも難読化によってVPN利用が自動的に隠されます。また、私が試したなかで最も高速なVPNの1つです。また、30日間返金保証付きなので、100%満足できなかった場合は全額を返金してもらえます。

NetflixでExpressVPNを試す >>

【クイックガイド】3ステップで簡単!NetflixのVPN対策を回避する方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。安定してNetflixを利用でき、幅広いデバイスと互換性があります。高速でセキュリティも強く、30日間返金保証付きです。
  2. 国内サーバーに接続します。国内の数か所にサーバーがある場合、一番近いものを選ぶと速度低下を最小限に抑えられます。
  3. ストリーミングを開始しましょう。Netflixアカウントを開いてください。映画やTV番組を安全に見られるようになりました。
【重要】当チームは著作権侵害を容認しません。私たちがおすすめするVPNは厳格なノーログポリシーを遵守しているため、オンラインアクティビティを追跡したり第三者と共有したりすることはありません。適用される法律や規則、Netflixの利用規約に従うのはご自身の責任であることをご理解ください。

VPNがブロックされる理由は?

VPN対策はますます高度化しています。プロバイダや放送局、政府がVPNをブロックする主な理由は次のとおりです。

  • 政府の検閲。一部の国では、特定のWebサイトやプラットフォームへのアクセスが禁止または制限されています。理論上はVPNを使うとこのような制限を回避できるため、VPN通信が政府によって完全にブロックされるケースもあります。
  • ライセンス契約や地域ごとの契約。Netflixなどの動画配信サービスは、コンテンツ提供者と、コンテンツをどこで放映できるか定めた配信許諾契約を結んでいます。この契約を尊重するために、Netflixはユーザーが外国のライブラリにアクセスできないようにしているのです。VPNを利用していることが検出された場合、エラーコードが表示され(M7037-1111、M7111-5059、M7111-1331-5059など)、サービスへのアクセスが一時的にブロックされる可能性があります。
    Screenshot showing the Netflix proxy error code M7037-1111-420検証で使った無料VPNはすぐにNetflixに検出されました
  • ネットワーク制限。大学や企業をはじめとする多くの組織は、Webコンテンツのフィルタリング・モニタリングを導入しています。例えば、学校ではゲームサイトやソーシャルメディア、VPNへのアクセスが制限されているかもしれません。
  • 著作権侵害。違法ダウンロードや著作権侵害を防ぐためにVPN対策が行われることがあります。

VPN対策の種類

1. IP制限

最も単純な手法です。送信元IPアドレスがVPNのものであると知られている場合にサービスやWebサイトが通信をブロックする仕組みです。多くのサイトやサービスはIPアドレスの最新版ブロックリストを持っており、VPNのIPアドレスを使っていることが検出されるとアクセスできません。

このタイプのVPN対策は、IPアドレスを頻繁に交換しているVPNを使うと回避できます(ExpressVPNなど)。また、自分専用のIPアドレスを取得する手もあります。他人のアクティビティのせいでIPアドレスがブラックリストに登録することはありません。

2. ポートブロック

一般的に、VPNは特定のポートを使って通信を行いますが、そのポートがブロックまたは制限されるとVPNは使い物にならなくなります。例えば、OpenVPNは1194番ポート、PPTPは1723番ポートを使うため、Webサイトはこれらのポートを遮断することがあるのです。高品質VPNは複数のセキュリティプロトコルに対応しており、設定オプションが多いため、VPNのプロトコル設定から別のポートに切り替えると、ポート制限を回避できます。

3. ディープパケットインスペクション(DPI)

ネットワーク管理者は、ネットワークを通過するデータパケットからVPN通信なのか見極めることができます。VPNのプロトコルや暗号化シグネチャを検出すると、通信をブロックすることがあるのです。これを防ぐには、難読化を有効にしましょう。VPN通信を通常のインターネット通信に見せかけることができます。

4. GPSに基づいたブロック

一部のWebサイトやサービスは、デバイスの位置情報データからユーザーの現在地を割り出します。GPSの位置とIPアドレスが一致しなければ弾かれるわけです。GPSキャッシュを削除し、デバイスでGPSをオフにすると、位置情報の追跡を防げます。

5. QoS制御

QoS(quality of service、サービス品質)を保証するために、管理者はアプリやユーザーが使用できる帯域幅をコントロールすることがあります。VPN通信のために確保されている帯域幅の優先順位を下げたり制限したりすると、間接的にVPNがブロックされ、結果的に通信速度が遅くなったりVPNサービスが妨げられたりします。このような事態を避けるには、強力な暗号化と難読化を備えたVPNが必要です。

VPN対策を簡単に回避する14の方法:完全ガイド

1. 高品質VPNを使う

ExpressVPNなど多くのプレミアムVPNサービスは、VPN対策を回避するための高度な機能を提供しています。IPアドレスを頻繁に交換し、難読化技術を採用し、数千台のサーバーを構えているため、うまくいく接続が必ず見つかります。

2. 別のサーバーに切り替える

接続したサーバーのIPアドレスがNetflixのブロックリストに追加された可能性があります。このようなケースでは、国内の別のサーバーに切り替えてみてください。そのサーバーもブロックリストに登録されていなければ、問題なく国内のNetflixライブラリを見られるはずです。

3. 別のブラウザを試す

ブラウザによってセキュリティ設定やプラグインが異なり、VPN通信に独特な影響を与える場合があります。例えば、安全性の低いブラウザと比べると、強力なプライバシー機能が備わったブラウザのほうがVPN利用を効果的に隠せるかもしれません。筆者の調べでは、Google Chromeのシークレットモードが一番効果的でした。

4. OpenVPNで443番ポートを使う

443番ポートは、インターネットを介して安全にやり取りするために使われることが多い「HTTPS通信」のためのポートです。443番ポートでOpenVPNを使うVPNサーバーに接続すると、VPNアクティビティが隠されます。443番ポートの通信をブロックすると通常のHTTPS通信が妨げられてしまうため、ネットワーク管理者がこのポートを遮断することはほとんどありません。

5. 難読化を使う

難読化はVPN通信を通常のインターネット通信に見せかけ、VPNを使っていることをWebサイトやサービスから隠してくれます。VPNアプリによりますが、難読化機能は「Stealth VPN」と表記されているかもしれません。VPNのプロトコル設定にあるはずです。ExpressVPNでは、デフォルトのプロトコル設定を使うと通信が自動的に難読化されます。

6. Cookieとキャッシュを削除する

多くのWebサイトはユーザー情報を収集するためにトラッキングCookieを使用しています。短時間で異なるIPアドレスでブラウジングすると、サイト側のセキュリティプロトコルが作動してブロックされる可能性があります。しかし、自分の国または都市のサーバーに接続すれば、簡単にこのトラブルを避けられます。そもそも、著作権法や利用規約を違反せずにNetflixを見るには国内サーバーに接続しなければなりませんが。

ここでは、Google ChromeでCookieとキャッシュをクリアする手順を説明します。

  • 設定で[プライバシーとセキュリティ]を開きます。プロフィール画像の隣にある縦3点リーダーをクリックし、[設定] > [プライバシーとセキュリティ]の順に選択してください。
  • 閲覧データオプションを開きます。[閲覧履歴データの削除]をクリックすると、ポップアップが表示されます。期間が[全期間]になっていることを確認し、[閲覧履歴]、[Cookieと他のサイトデータ]、[キャッシュされた画像とファイル]にチェックを入れてください。
  • [データを削除]をクリックします。Chromeから過去の閲覧データが削除されました。
  • ページを更新します。ページをもう一度更新して、成功したか確認しましょう。

Safariでは、[設定] > [プライバシー] > [Webサイトデータを管理]の順に進み、検索バーに「Netflix」と入力してください。[削除]をクリックし、Safariを再起動したら完了です。

7. デバイスでIPv6を無効にする

VPNがIPv4通信のみを保護し、IPv6通信は無視する場合、NetflixはIPv6データを読み取ることでVPN利用を検出できてしまいます。デバイスがVPNトンネル外でIPv6リクエストを送信すると、NetflixはIPv6アドレスとIPv4アドレスの不一致を検出します。IPv6漏えいと呼ばれる現象です。

これを避けるには、IPv6に対応しているか、IPv6通信を無効化できるVPNが必要です。この記事でおすすめしたVPNはすべて自動的にIPv6漏えいを防いでくれます。

VPNがIPv6ネットワークスタック上でIPv4通信しかトンネリングできない場合、一時的にIPv6を無効化することが推奨されます。WindowsデバイスでIPv6を無効にする方法を説明します。

  • 設定で[ネットワークとインターネット]を開きます。Windowsデバイスの検索欄に「コントロールパネル」と入力し、[ネットワークとインターネット]を選択してください。
  • [ネットワークと共有センター]へ進みます。
  • [アダプターの設定の変更]を選びます。左側のパネルにあります。
  • ネットワークのプロパティを開きます。使用しているネットワークを右クリックし、[プロパティ]をクリックしてください。
  • IPv6を無効にします。[インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)]のチェックを外し、[OK]をクリックしてください。
  • ページを更新します。VPNで自分の国のサーバーに接続し、ブラウザでページ(Netflixなど)を更新してください。

Macでは、[システム環境設定] > [ネットワーク]の順に進み、[詳細]をクリックしてください。[TCP/IP]タブをクリックし、[IPv6の設定]の隣のドロップダウンメニューで[オフ]を選択し、変更を適用したら完了です。

8. VPNプロトコルを変更する

検出・ブロックされにくいVPNプロトコルとそうでないものがあります。うまくいくものが見つかるまで、利用可能なプロトコルをすべて試しましょう。ただし、PPTPは安全性が低く、プライバシーを脅かす可能性があるため、おすすめしません。

VPN対策を回避するには、OpenVPN(443番ポートを使う場合)、WireGuard、ExpressVPNの独自プロトコルLightwayが最も効果的でした

9. Smart DNSサービスを使う

多くのVPNはSmart DNSを提供しています。プロバイダが提供したDNSアドレスを、別のサーバーのDNSアドレスに置き換える機能です。通常、Smart DNSは動画再生のために使うことを想定して設計されています。通信を暗号化しないので通常のVPN接続より若干高速です。

この記事で紹介するVPNはどれもSmart DNSを提供しています(ExpressVPNのSmart DNSはMediaStreamerという名称です)。ただ、アメリカやイギリスなど一部の国でしか使えないことが多く、日本のようにSmart DNSが使えない地域にいる場合、著作権法を違反せずにNetflixを見るには国内の一般サーバーを使うしかありません。

10. パソコンを使う

モバイルやゲーム機、スマートテレビでNetflixなどの動画配信サービスが利用できない場合はパソコンをお試しください。特にAndroidやiOSデバイスを使っている場合、Netflixなどのサービスはプロバイダが提供したDNSの使用を強制することがあり、これが原因でVPN利用がバレるかもしれません。また、ストリーミングデバイスやスマホの代わりにルーターにVPNを設定する手もあります。

11. モバイルデータ通信を使う

学校や職場など、Wi-FiネットワークがVPNをブロックしている場合、モバイルデータ通信に切り替えると簡単に解決できるはずです。モバイルデータは携帯電話会社のインフラを使いますが、通常、ローカルWi-Fiネットワークの制限はありません。

12. 専用IPアドレスを取得する

専用IPアドレスを使えるのは自分だけなので、動画配信サービスの自動ブロックリストに引っかかりにくいという特徴があります。固有のIPアドレスを使えば、共有IPアドレスでありがちなトラブル(CAPTCHA認証やアクセス拒否など)を避けられるため、よりスムーズでプライベートにインターネットを利用できます。

13. ネットワーク管理者がNetflixをブロックしているか確認する

トラブルの原因はNetflixではなくローカルネットワークかもしれません。特に、職場や学校のネットワークでは、動画配信サービスへのアクセスが制限されていることが多いです。ネットワークによるアクセス制限が考えられる場合、モバイルデータ通信を試しましょう。ご自身が管理者であれば、ネットワーク設定を変更してください。

14. カスタマーサポートに問い合わせる

上記を試しても解決されなかった場合はVPNのカスタマーサポートに問い合わせましょう。高品質VPNは24時間年中無休のライブチャットとメールサポートを提供しています。カスタマーサポート担当者がうまくいく解決方法を教えてくれるはずです(Netflixを見るのに最適な国内サーバーなど)。

VPN対策を回避するのにおすすめのVPN:完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:VPN通信を自動的に隠し、Netflixのブロックを簡単に回避

注目ポイント Netflix、Amazonプライムビデオ、ディズニープラス、Hulu、BBC iPlayerなどを安定して利用できる
サーバーネットワーク 105か国に3,000台のサーバーがあり、IPアドレスが頻繁に交換されている
速度 ローカルサーバーで通信速度は3%しか低下せず、4K動画を見るのに最適
対応機器 Windows、Android、Mac、iOS、Linux、ルーター、Firestick、スマートテレビなど
日本語のアプリ
ライブチャットサポートは日本語に対応

ExpressVPNのサーバーはすべて難読化されているため、VPN通信を通常のHTTPS通信に見せかけることができます。デフォルト設定でもエラーは一切発生しませんでした。アメリカのメンバーがExpressVPNを検証した際、試したすべてのアメリカサーバーでアメリカ版Netflixを見られました。イギリスやカナダ、オーストラリアの同僚も、それぞれ自国のNetflixライブラリを視聴できたそうです。

アメリカの同僚は、現地のNetflixライブラリを快適に見られました

ExpressVPNがNetflixと相性が良いもう1つの理由は、サーバーメンテナンスとIPアドレスの更新が定期的に行われているからです。あるIPアドレスが検出・ブロックされたとしても、ExpressVPNならほかに多数のIPアドレスが使えます。また、強力な漏えい対策とPrivate DNSにより、データ漏えいが原因でブロックされることはありませんでした。

ExpressVPNはFireStickやApple TV、Android TV向けの専用アプリを提供しているため、これらのデバイスで安全にNetflixを見られます。また、カスタムファームウェアを使ってルーターにExpressVPNをインストールすると、ホームネットワーク上のあらゆるデバイスでNetflixを見られるようになります。ゲーム機や古いスマートテレビのように、VPNに対応していないデバイスでも視聴可能です。

些細なことですが、ExpressVPNのデメリットは、この記事で紹介するほかのVPNより若干高いこと。しかし、ExpressVPNは1年を通して大幅割引を提供しています。長期プランに登録したところ、49% OFFとなり、無料で3か月分をゲットできました。すべてのプランが30日間返金保証の対象です。24時間年中無休のライブチャットで解約すると、簡単に全額返金を受けられます。3日後に銀行口座に振り込まれていました。

便利な特徴

  • Lightwayプロトコル。ExpressVPNの独自プロトコル「Lightway」は他のVPNプロトコルより高速です。近くのサーバーを試したところ、通信速度は118.1Mbpsから114.03Mbpsに低下しました。Netflixで『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』をHD画質で快適に見られました。
  • 帯域幅が無制限。データ制限を気にせずに、ブラウジングや動画再生、ダウンロードを好きなだけ行えます。
  • 8台のデバイスを同時接続できる。アカウントが1つあれば、ExpressVPNをすべてのデバイスで使えます。アメリカの調査メンバーが複数のデバイスでCrunchyrollを同時視聴したところ、パフォーマンスの問題はなかったそうです。
2024年6月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:ストリーミング専用サーバーがあり、VPNでNetflixを確実に見られる

注目ポイント アプリが使いやすく、国内のNetflixサーバーにすばやく接続できる
サーバーネットワーク 100か国に11,690台のサーバーがあり、回線混雑に伴う速度低下を避けられる
速度 近距離サーバーでは平均でわずか5%の速度低下
対応機器 Windows、Android、Mac、iOS、Linux、ルーター、Firestick、スマートテレビなど
日本語のアプリ 〇(macOS、iOS、Android)

CyberGhostは、日本を含む多くの国にNetflix専用サーバーを構えています。専用サーバーが設置されている国にいれば、自分の国のNetflixをHD画質で見るのに適したサーバーが簡単に見つかるでしょう。アメリカの同僚がアメリカ版Netflix専用サーバーを試したところ、アメリカ限定タイトルを問題なく見られました

CyberGhost's Windows interface showing all servers optimized for Netflixストリーミングサーバーのほうが一般サーバーより若干高速です

ExpressVPNと同様、CyberGhostのインターフェースは直感的なので、VPN初心者も簡単に使いこなせます。メニューを展開すると利用可能なサーバーが一覧に表示されます。ここで自分の国を選ぶか、For Streaming(ストリーミング用)をクリックすると最適化されたサーバーが表示されます。アメリカの調査スタッフは2回クリックするだけでアメリカ版Netflix専用サーバーに接続できました。

唯一のデメリットは、1か月プランは割高で返金保証期間が14日間であることです。しかし、長期プランを選ぶとCyberGhostをわずか$2.03/月でゲットできます。さらに、最大7台のデバイスで同時に使えます。

長期プランは返金保証が長く、CyberGhostを45日間無料で使えます。気に入らなかった場合は全額を払い戻してもらえます。24時間年中無休のライブチャットを通して返金をリクエストしたところ、アプリの利用体験についてフィードバックを求められましたが、すぐに承認され、5日以内にPayPalウォレットに返金されていました。

便利な特徴

  • 専用IPアドレス。検出とブロックのリスクを最低限に抑えたい場合、専用IPアドレスを格安で購入できます。日本やアメリカ、ドイツ、フランス、イギリスなどの専用IPアドレスが利用可能です。
  • スピードが優秀。CyberGhostの近距離サーバーに対してスピードテストを実施したところ、平均速度は116.77Mbpsとなり、少ししか遅くなりませんでした(接続前は123.31Mbps)。
  • DNSとIPアドレスの漏えい対策。CyberGhostは偶発的なデータ漏えいを防ぎ、第三者から機密データ(本当のIPアドレスなど)を隠します。
2024 6月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在83%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. NordVPN:特殊技術でNetflixにVPNを検出されるのを阻止

注目ポイント メッシュネットワークを使って、検出を避けつつデバイスに遠隔アクセスできる
サーバーネットワーク 111か国に6,420台のサーバーがあり、特殊な難読化サーバーも
速度 9%の速度低下。Netflixを高画質で視聴可能
対応機器 Windows、Android、Mac、iOS、Linux、ルーター、Firestick、スマートテレビなど
日本語のアプリ
ライブチャットサポートは日本語に対応

NordVPNのメッシュネットワークを活用すると、自分のデバイスをVPNサーバーに様変わりさせることができます。例えば、自宅のすべてのデバイスがパソコンのIPアドレスを使って通信を行うように設定しました。いつも同じ既知のIPアドレスを使うことになるため、NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスに弾かれにくいのです。

データ使用量は無制限で、サーバーは高速なので、国内版Netflixを何時間でも快適に見られますアメリカのチームメンバーがNordVPNのニューヨークサーバーを試したところ、通信速度は105Mbpsでした(接続前は122.89Mbps)。『ツイン・ピークス』を4K画質でイッキ見でき、エピソードは2~3秒で再生されたそうです。NordVPNのセキュリティプロトコルを試した結果、NordLynxプロトコルが最速だったので、それを使うと最高のパフォーマンスが期待できます。

アメリカで国内サーバーを試した結果、どれもNetflixを見られました

デメリットについて、NordVPNは外国政府に要請された場合にデータを共有する可能性があることを認めています。しかし、NordVPNは厳格なノーログポリシーを遵守していますから、ネットの利用状況のプライバシーを保てます。

長期プランは$6.39/月と格安で、30日間返金保証があるのでNordVPNを安心して体験できます。サービスに不満を感じた場合は24時間年中無休のライブチャットまたはメールで簡単に返金してもらえます。試したところ、1週間以内にクレジットカードに返金されました。

便利な特徴

  • 専用IPアドレス。CyberGhostと同様、格安で専用IPアドレスを取得できます。アメリカのメンバーがアメリカの専用サーバーを試したところ、Netflixとの相性が良く、CAPTCHA認証を求められなくなりました。
  • アプリが使いやすい。アプリはとても直感的で、さまざまなOSやデバイス向けのアプリが用意されています。サーバーに接続するには、地図上のピンをクリックするか、検索バーを使いましょう。
  • SmartPlay技術。NetflixやHulu、アマゾンプライムなど、400以上の動画配信サービスに対応した、セキュアなプロキシサービスです。

VPNがブロックされたときの高度な対処法 5つ

1. VPN接続を手動でセットアップする

一部のネットワークやプラットフォームは、既知のVPNアプリを妨害することに焦点を置いています。手動でVPN接続を確立すれば、識別/ブロックされやすいアプリに頼らずに済むわけです。ここでは、VPN接続を手動設定する手順を分かりやすく解説します。

  1. 設定を開きます。デバイスのネットワーク設定を開いてください。「新しいVPN接続を追加する」「VPNを設定する」などのオプションを探しましょう。
  2. 使用したいVPNプロトコルを選びます。手動設定では、ポートやプロトコルを選べます。VPNが使うことの多いポート(OpenVPNの1194番ポートなど)がネットワークにブロックされる場合、VPNがあまり使用しないポートを選びましょう(443番ポートなど)。
  3. VPNサーバーの情報を入力します。サーバーアドレスまたはホスト名、認証情報(ユーザ名とパスワードなど)を入力し、VPNプロバイダが要求するその他の追加設定を行います。
  4. [保存]をクリックします。設定を保存し、ネットワーク設定または環境設定メニューを閉じてください。
  5. 接続します。VPN接続をクリックし、VPNサーバーとの接続を確立します。
  6. VPNによってデバイスが保護されました。このことを示すアイコン、通知、あるいはステータスメッセージが表示されるはずです。接続を切断するには、VPN設定に戻り、切断ボタンをクリックするか、トグルボタンをオフにしましょう。

ただし、手動設定は時間と手間がかかります。一番簡単で手っ取り早いやり方は、ExpressVPNなどの信頼性の高いVPNを使うことです。高品質VPNはセキュリティが強く、高度な暗号化を採用しているため、サイトが検出・ブロックするのは非常に困難です。

2. Torブラウザ

Torはランダムなサーバーに通信をリダイレクトする無料ブラウザで、匿名でWebサイトにアクセスするのに役立ちます。しかし、動画再生を想定したものではなく、遅いことが多く、完全な匿名性を保証することはできません。プライバシーとセキュリティを最大化するには、Torネットワークに対応しているVPNとTorブラウザを併用すると良いでしょう。

3. Shadowsocks(SOCKS5プロキシ)

Shadowsocksは、ネットワーク上での暗号化通信を円滑にするために設計された安全なプロキシプロトコルです。「SOCKS5プロキシ」と呼ばれる手法を用いてデバイスとサーバー間でデータパケットをやり取りし、通信内容を隠します。通信パターンやデータシグネチャに基づいたVPN対策を導入しているネットワークで検出を避けるのに役立ちます。

VPNはすべてのネット通信を暗号化するのに対して、Shadowsocksがカバーするのはデバイスとプロキシサーバーの間でやり取りされるデータのみです。データがプロキシサーバーに到達してインターネット上の最終目的地に転送された後は暗号化されません。Private Internet Access(PIA)などVPNでは、ソフト内でSOCKS5プロキシを使えます。

4. SSLトンネリング

SSL接続でVPN通信を暗号化すると、Webサイト側にVPN利用を検出・ブロックされにくくなります。VPNデータをSSLプロトコル内にカプセル化することで、ネットワークのフィルターに通常のHTTPS通信に見せかける仕組みです。設定方法は複雑なので、VPNプロバイダに問い合わせてください。

5. SSHトンネル

SSHトンネルは、インターネット通信をSSH(Secure Shell)接続内にカプセル化することで安全を確保する方法です。要するに、デバイスからのデータを暗号化されたSSHプロトコルを通してサーバーに転送する仕組みで、安全なファイル転送やリモートサーバーログインのために使われることが多いです。SSH接続は、安全な管理ややり取りのために使われる標準的なネットワークプロトコルなので、ブロックされる可能性が低いのです。

SSHトンネルを構築するには、次の作業を行う必要があります。

  1. 自分の地域のサーバーとSSH接続を確立する。
  2. SSHトンネルをプロキシとして使うようにデバイスまたはブラウザを設定する。
  3. リモートサーバーに通信をリダイレクトする。

しかし、SSHトンネルを使うと通信速度の低下を招く可能性があるため、動画再生やTorrentには向きません。この方法を試したい場合は、VPNプロバイダに問い合わせて設定を手伝ってもらいましょう。SSHトンネルを正しく設定する手順を案内してくれるはずです。

VPN対策を回避する方法についてよくある質問

VPNブロッカーとは?

VPNブロッカーとは、VPNサービスからの通信を認識し、ブロックするためにWebサイトが導入している技術です。Webサイトにブロックされた場合、どのタイプのVPN対策なのか見極めると、最適な解決策を実践できます。通常、サイトがこの技術を使うのは、地域制限をかけたりライセンス契約に従ったりするためです。法的な問題にならないように、VPN対策を回避しようとする前にお住まいの国の規則を確認してください。

サイトにVPNが検出されたか調べる方法は?

WebサイトにVPNが検出されると、「プロキシまたはVPNサービスの利用しているようです」というエラーメッセージや警告が表示されます。検出されるとサイトを利用できないはずです。VPN接続がサイトに検出された場合はVPN対策を回避する方法をお試しください。別のプロトコルを使ったり、サーバーを切り替えたりするなどの簡単な回避策もあります。

NetflixがVPNをブロックしている理由は?

NetflixがVPNをブロックする理由は、利用者が自分の国で配信されていないコンテンツを視聴できないようにするためです。Netflixのドラマや映画の多くは、配信権の都合上、限られた国でしか視聴できないのです。しかし、自国のNetflixライブラリを見たい場合も、VPNが検出されただけで不当にブロックされることがあります。

NetflixがVPN対策に力を入れている理由は、著作権保有者から圧力をかけられているためです。対象外地域からコンテンツを視聴した場合、そのコンテンツの著作権保有者は利益を受け取りません。Netflixはライセンス契約を守るために地域制限やVPN対策技術を導入しているわけです。

また、NetflixがVPN利用を検出すると、ブロックするのではなくオリジナル作品だけを表示することがあります。通常、オリジナル作品はNetflixが全世界配信権を保有しているタイトルで、すべてのNetflixライブラリで視聴できるのです。

NetflixでVPNを使うのは合法ですか?VPNを使うとアカウント停止されませんか?

NetflixでVPNを使うのはほとんどの国で合法であり、通常、NetflixがVPNを使ったユーザーのアカウントを停止することはありません。しかし、Netflixの利用規約には、Netflixコンテンツにアクセスするのはアカウントを開設した国内に限ると書かれています。お住まいの国のNetflixを安全に見るには、国内にサーバーがあるVPNを選びましょう

理論上はVPNを使うとあらゆるNetflixライブラリにアクセスできるようになりますが(アメリカ版や日本版Netflixなど)、これは著作権侵害です。可能性は低いものの、何らかの技術を使って対象外地域からコンテンツにアクセスした場合、Netflixはアカウントを停止する権利があります。とは言え、通常はアカウント停止ではなくコンテンツの視聴がブロックされるだけです。ユーザーを取り締まるのではなく、VPNプロバイダのIPアドレスをブロックしているのです。

ただし、VPN利用が厳しく規制または禁止されている検閲国家は例外です(中国、ロシア、サウジアラビアなど)。そのような国でVPNを使うのは違法である可能性があります。当社は違法行為を容認しません。VPNやサイトの利用についてお住まいの国の法律を必ず確認してください。

無料VPNでNetflixのVPN対策は回避できますか?

不可能でしょう。大半の無料VPNはサーバーネットワークが小規模で、難読化を行わないからです。また、通信速度が遅く、データが制限されているため(毎月1~2GB程度)、Netflixを長時間見ることはできません。返金保証付きのプレミアムVPNを使ったほうが確実です。

危険な無料VPNも多いので注意が必要です。プライバシーポリシーが信用できなかったり、ソフトを頻繁にアップグレードする資金がないためセキュリティが弱かったりします。また、マルウェアを含む無料VPNもあり、デバイスに悪影響が及ぶ恐れがあります。

Netflixのパスワード共有対策はVPNで回避できますか?

NordVPNの「メッシュネットワーク」という機能を使うと、理論上はNetflixのパスワード共有対策を回避できます。メッシュネットワークで2台のデバイスを繋ぐと、両方とも同じIPアドレスを持つことになり、同じ場所に位置しているように見えるのです。しかし、vpnMentorはこのような行為に反対しています。とは言え、NordVPNはNetflixを快適に見るのにおすすめのVPNの1つとなっています。

VPNでポートブロックは回避できますか?

はい、ポートブロックを回避できるVPNはたくさんあります。ただし、回避できるかというのは、VPNの柔軟性とポートをブロックしているファイアウォールの構成によります。例えば、ネットワークがHTTP通信に使われるポート(80番ポート)をブロックしている場合、VPNは、安全なブラウジングのために解放されていることが多いHTTPS(443番ポート)で通信をカプセル化してくれます

すべての動画配信サービスがVPNをブロックしているのでしょうか?

いいえ、すべてではありませんが、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオなど多くの大手サービスはVPN対策を導入しています。しかし、現在もVPN対策を回避できるVPNはいくつかありますから、動画を見る際にデータの安全を確保できます。

今すぐNetflixのVPN対策を回避しよう

NetflixにVPNを検出されないようにする方法はいくつかあります。難読化を有効にするという簡単なやり方だけでなく、SSLトンネルを構築するなど、難易度が高めの解決策もあります。しかし、一番簡単で確実なのは、2024年にNetflixに対応していることが確認されているVPNを使うことです。

一番おすすめのExpressVPNなら、いつも安定してNetflixが利用できます。驚異的な通信速度なので4K動画を見るのに適しており、軍レベルの暗号化で通信を守ってくれます。また、30日間返金保証がありますから、リスクなしでExpressVPNをお試しできます。気に入らなかった場合は全額を返金してもらえます。

まとめとして、VPN対策の回避におすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
83% 引き!
3
9.4 /10
9.4 当社のスコア
72% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。

この記事を改善する方法についてコメントをお願いします。あなたのフィードバックが重要です!

コメントする

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

名前は少なくとも3文字以上で入力してください

入力欄の内容は、80 文字を超えないようにしてください。

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

有効なメールアドレスを入力してください

name%%さん、コメントありがとうございます!

私たちは48時間以内にすべてのコメントをチェックし、本当のコメントであり、悪意がないことを確認します。その間にこの記事をシェアしてください。