当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

弊社のストーリー

vpnMentorは「誰でもネット上でプライバシーを守れるように」という願いから2014年に開設されました。

people

世界中の政府や企業によって、私たちのネット上の行動がますます監視・制限されている今、インターネットの利用状況を他人に干渉されたくないと考える人が増えているのは当然です。

チームについて

当サイトでは、264人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、インターネットの自由を取り戻すために日々尽力しています。

拠点

世界20か国以上。

map
あなたのIPアドレス

位置情報

-

ブラウザ

ミッション

当サイトでは、エキスパートがレビューを行い、一般ユーザーにとって役立つ情報を提供することを重視しています。レビューやガイドで詳しい最新情報をご覧になれるよう、VPNサービスのテストを継続的に行っています。また、コンテンツは29か国語に翻訳されています。

「世界中の人々が、インターネットを自由に利用できるように」というミッションの一環として、ネット通信の安全性を確認するための無料ツールも開発しました。最高のVPNを使って安全かつ自由にウェブを閲覧できるよう、vpnMentorでは信頼できる情報の提供に力を入れています。

チーム紹介

ベン・ローソン
ベン・ローソン

編集長

お気に入りのVPN: CyberGhost VPN

ケイト・リチャーズ
ケイト・リチャーズ

編集主幹

お気に入りのVPN: ExpressVPN

アネケ・ヴァン=アスウェゲン
アネケ・ヴァン=アスウェゲン

編集主幹

お気に入りのVPN: ExpressVPN

ライアン・ジョーンズ
ライアン・ジョーンズ

編集主幹

お気に入りのVPN: ExpressVPN

クリスティーナ・ヨシェフスカ
クリスティーナ・ヨシェフスカ

編集主幹

お気に入りのVPN: ExpressVPN

デニス・ホルベンコ
デニス・ホルベンコ

技術サポート主任

お気に入りのVPN: ExpressVPN

クリスティーン・ヨハンセン
クリスティーン・ヨハンセン

編集主任

お気に入りのVPN: ExpressVPN

マシュー・エイモス
マシュー・エイモス

編集主任

お気に入りのVPN: ExpressVPN

ケイト・ヴィール
ケイト・ヴィール

編集主任

お気に入りのVPN: ExpressVPN

キーラ・ワッデル
キーラ・ワッデル

編集デスク

お気に入りのVPN: ExpressVPN

アーネスト・シェプタロ
アーネスト・シェプタロ

編集デスク

お気に入りのVPN: CyberGhost VPN

ローレンス・ワチラ
ローレンス・ワチラ

編集デスク

お気に入りのVPN: ExpressVPN

ゲオルギー・チャントゥリゼ
ゲオルギー・チャントゥリゼ

編集デスク

お気に入りのVPN: ExpressVPN

ジェームズ・エベラード
ジェームズ・エベラード

編集デスク

お気に入りのVPN: NordVPN

ドリス・ムスリ
ドリス・ムスリ

編集デスク

お気に入りのVPN: CyberGhost VPN

価値観

価値観

vpnMentorでは、誠実さ、透明性、そして献身的な努力を通して価値を提供することを目指しています。VPNの調査方法、分析方法も例外ではありません。実際にテストを行い、結果を正直にご紹介しています。私たちの目標は、分かりやすく共感しやすい形で、情報を正直にお伝えすることです。

当社では検証対象のVPNの正規価格を支払って一般の消費者と同じように使用し、ユーザーの実体験を忠実かつ正確に反映した価値あるレビューをご提供しています。読者の皆さまが第一ですので、客観的な情報を提供したいと考えております。金銭を受け取って肯定的なレビューを執筆したり明らかな欠点を無視したりすることはありません。

当サイトは、アフィリエイト報酬で収入を得ています。ユーザーがリンクをクリックし、そのリンクを通してVPNを購入した場合、販売元から報酬を得ることがあります(ユーザーに追加費用はかかりません)。しかし、このことが当サイトの製品レビューの方法に影響することはありません。当サイトは透明性の高い検証結果を提示しており、検証結果を微調整して報酬を得ることはありません。Kape Technologies plcを通じて、当サイトはレビューを実施する製品(ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access)と共同所有関係にあります。しかしながら、当社メンバーが実際に使用したい(または、している)とするVPNを推奨しています。

現存のすべてのVPNをランク付けすることはできませんが、当サイトの研究者チームは、オールラウンドな最高水準のVPNをショートリストするために、スピード、セキュリティ、信頼性においてトップクラスのVPNを常に検証しています。本リストは、各読者が購入後に投稿した満足度や、サービスプロバイダーとの商業的な関係も考慮していますまとめ記事ページを作成する際、ライターはこの一覧を参考にしていますが、ライターが適切と見なした場合は必要に応じて変更を加えることができ、そうする責任があります。さまざまな利用シーンに関する調査を行い、ユーザーのニーズに合ったサービスを紹介しています。

結局のところ、当社にとって一番大切なのは、読者の皆さまがネット上でプライバシーと安全を守り、自由を手にするために役立つ情報を提供することなのです。

調査方法

調査方法

ここでは、どのような項目をもとにVPNをテスト、調査、分析、パフォーマンスの追跡を行っているかご紹介します。VPNレビューサイトの権威として、利用者と業界との信頼関係を構築・維持することを目標としています。当サイトの専門チームは、丹念なテストと調査に裏付けられたユーザーレビューを執筆しており、これまでに公開されたレビューは数千件を超えています。

298 レビュー済みのVPN
17,888 実際の利用者からのレビュー・評価・コメント

1. プライバシーとログに関する方針

最低条件: 個人を特定できるようなデータを収集しない。

理想条件: 厳格なログなし方針を遵守しており、独立監査を受けている。

多くのVPN企業は、通信やネットの利用状況、個人情報を守るプライベートなサービスを提供していると主張しています。しかし、このように主張するだけでは不十分ですから、当サイトではさらに深く掘り下げて調べています。VPNのプライバシーに関する主張を評価する際、まず、プライバシー方針を検証します。

1日の接続タイムスタンプ数やデータ転送量など、VPNサービスは必ず何らかのユーザーデータを収集します。これは許容範囲内であり、プライバシーは脅かされません。しかし、プライバシー方針にIPアドレスや閲覧履歴などを収集していると書かれていた場合は心配です。VPNが個人を特定できる情報を収集している場合(あるいはプライバシー方針が長く複雑で、理解しにくく、曖昧な場合)は減点となります。

また、VPN企業の沿革、親会社、本拠地なども考慮します。過去にプライバシー侵害の疑いやスキャンダルがあった場合や、14アイズ同盟の加盟国に本社がある場合も減点となります。

最後に、サードパーティによる監査を受けている場合は、本当にログを記録していないことが実証されるため、加点となります。ログを記録しないVPNが信用できる理由は、ユーザーデータやログを収集しないからです。サードパーティによる監査でログを記録していないことが認められると、肯定的に評価されます。監査組織は、VPNのサーバーが何らかのデータを記録しているか、部外者がデータにアクセスしたことはあるかなどの観点でログ方針を検証しています。

2. 通信速度

最低条件: ラグが発生することなく、HD画質でコンテンツをストリーミングできる(少なくとも5Mb/sの通信速度を実現している)。

理想条件: 近くのサーバーでは速度の低下が20%以下、遠くのサーバーでは40%以下である。

通信速度はユーザー体験に大きな影響を与えますから、できるだけ高速であるべきです。特に、動画の視聴、ファイルのダウンロード、オンラインゲームなどを行う場合はスピードが重要となります。当サイトでは、手作業でスピードテストを行っています。

まず、ベースライン(基準値)を把握するために、VPNに接続していない状態で通信速度を測定します。次に、VPNに接続し、世界各国に設置されている近距離・遠距離サーバーをテストします。また、時間帯も変えてテストを実施しています。このように条件を変えて詳しく調べることで、実際の通信速度を把握できるのです。

スピードテストでは、ダウンロード速度、アップロード速度、Ping値を測定します。ダウンロード速度とは、データを受信する速度のことで、動画を視聴したりファイルをダウンロードしたりする際に重要です。アップロード速度とは、データを送信する速度のことで、動画のアップロードやメールの送信を行うときに重要です。Ping値(応答時間)を測定すると、通信がどれくらい速く応答するか(レイテンシ)が分かります。データが移動するのにかかる時間を示すものです。

データを収集したら、サーバー地点ごとにVPN未接続時と接続時の速度差(%)を計算します。VPNの通信速度は現在地や時間帯、回線の上限などによって変化しますから、速度差を見れば、VPNが通信速度にどれくらい影響を与えるか把握できるわけです。VPNを使うと、通信は暗号化されてから長距離を移動しますから、速度はどうしても遅くなってしまいます。評価では、速度の低下が小さいほど良いと見なします。

速度低下の目安として、近距離サーバーでは20%以下、遠距離サーバーでは40%以下なら、ラグなしでHD画質の動画を観ることができるので理想的です。スピードテストを実施し、以上の条件を満たした場合は高評価となります。

3. セキュリティ機能

最低条件: 軍用レベルの暗号化、自動停止スイッチ(キルスイッチ)、DNS・IP漏洩対策、複数のセキュリティプロトコルなどの機能がある。

理想条件: 上記に加えて、スプリットトンネルや難読化などの機能があり、ファイアウォールを確実に回避できる。

安全に公共Wi-Fiを利用できるようにし、データを暗号化することは、VPNの最も重要な機能の1つです。

セキュリティ機能の評価では、まず採用されている暗号化標準を評価します。最低でも、VPNはAES 128ビット暗号化を使うべきですが、当サイトでおすすめしているVPNのほとんどは、安全性が最高のAES 256ビット暗号化を採用しています。主要なセキュリティ機関も機密データを守るためにこの暗号化を使っているほどで、解読するのに数十年以上かかるため、安全なのは間違いありません。

次に、使用できるセキュリティプロトコルに注目します。プロトコルは接続の暗号化方式の選択を可能にするもので、通信速度と安全性とのバランスを決定するものでもあります。VPNは、安全性が最も高いOpenVPN(UDP/TCP)、IKEv2、WireGuardを提供するべきです。

セキュリティ面で注目したいもう1つのポイントは、DNSリクエストや本当のIPアドレスの流出を防ぐ「DNS・IP漏洩対策」です。VPNが本当に安全であり、IPアドレスとDNSを漏洩しないか検証するために、ipleak.netなど外部のツールを使って漏洩テストを行います。また、VPNの自動停止スイッチ(キルスイッチ)がきちんと作動するか確認するため、「VPNサーバーを切り替えながらWebページを読み込めるか」という実験を行います。Webページが表示されなければ、自動停止スイッチが作動したことが分かります。以上の機能をすべて搭載しているVPNサービスは高評価となります。

ほかにも、スプリットトンネルや難読化などのセキュリティ機能も検討します。難読化は、ファイアウォールやネット規制を回避するために役立つ機能です。ファイアウォールを回避できるか調査する場合、一部のサイトにアクセス制限をかけている環境(図書館の公共Wi-Fiなど)でVPNを使い、制限されているサイトにアクセスできるか確認します。

4. ストリーミング

最低条件: アメリカ版NetflixにアクセスしてHD画質で動画を視聴できる。

理想条件: 人気動画配信サービスのブロックをすべて解除でき、ラグなしでUltra HD画質で動画を視聴できる。

地域制限を回避して動画配信サービスにアクセスできるかということも、VPNを評価するうえで重要な項目です。当サイトのコンテンツライターは、レビューを執筆する際にVPNサービスを実際に試しています。さらに、専門の調査チームも週に2度、数十社のVPNで動画配信サービスへのアクセスを試みています。例えば、アメリカ版Netflix、Hulu、HBO Maxにアクセスできるか確認するため、アメリカのサーバーを数台試して結果を記録しています。地域制限を回避するのが得意なプロトコルとそうでないプロトコルがあるため、サーバーだけでなくプロトコルも切り替えて実験を行います。

Netflix、Hulu、HBO Maxのほかに、Amazonプライムビデオ、Disney+、BBC iPlayer、ESPN+、ITV、Peacockなどのテストも頻繁に行っています。テストを実施できるよう、これらすべての動画配信サービスのサブスクリプションに加入してあるのです。動画配信サービスにアクセスできた場合、画質もチェックします。画像が乱れずに、安定したHD画質で視聴できた場合は評価がアップします。

5. 使いやすさ

最低条件: ネイティブアプリが用意されていて、インストールと設定が簡単である。

理想条件: 上記に加えて、画面を操作しやすく、直感的に使いこなせる。

操作しにくく、スムーズに動作しないVPNアプリを利用したいと思う人はいませんね。

まず、VPNを容易にダウンロードしてインストールできるか検証します。理想的には、主要なOS向けのネイティブアプリが用意されていて、2分程度でインストールしてVPNサーバーに接続できるべきです。Windows、macOS、Android、iOSなど、主なOS向けのアプリを1つひとつ入念にテストしていきます。さらに、自宅のルーターやLinux、ストリーミングデバイス(Amazon Fire TV StickやRokuなど)、ゲーム機、スマートテレビなど、設定がやや難しいデバイスも試します。

もし、VPNサービスの説明書を参考にインストールしている途中でトラブルが発生した場合、カスタマーサポートを試す機会とします。親切に対応してくれるか、技術的な問題を解決するノウハウがあるかなどを検証します。記事を執筆するたびにVPNアプリをそれぞれインストールしているので、最新版ソフトの状況やインストール方法の変更点なども把握しています。

さらに、VPNサービスの対応機器、OSごとの動作の違いなども評価に反映しています。VPNサービスが対応しているすべてのOS・機器でテストを実施しているのです!
各アプリのレイアウトを克明に確認し、サーバーを探して接続しやすいか、設定を変更しやすいか検討します。手動設定が不要で、数回クリックするだけで設定を変更してサーバーを切り替えられるのが理想的です。

6. カスタマーサポート

最低条件: オンラインサポート記事が用意されていて、メールでの問い合わせにすばやく対応してくれる。

理想条件: 上記に加えて、サポートスタッフは知識が豊富で、24時間年中無休のチャットサポートにいつでも問い合わせられる。

VPNを使っていると、助けが必要になることがあります。そのため、いつでもサポートに問い合わせることができ、スタッフは製品知識が豊富であるべきです。VPNのサポートチームは、マニュアルに沿って対応することが多く、ボットが回答することもあります。一方、優れたVPNサービスは専門スタッフやデベロッパーが質問に答えてくれます。

まず、VPNのメール・チケットシステムを試し、対応にどれだけ時間がかかるかを確認します。24時間以内に回答が届いた場合は「満足できる」と評価します。さらに、届いた回答を読み、質問内容に答えたか、役に立ったか、親身な対応だったか検討します。

高評価となるのはチャットサポートがあるVPNで、24時間年中無休だとさらに加点されます。原則として、複数の質問を投げかけて、対応時間と回答内容を評価しています。

ほかにも、よくある質問ページの内容、動画チュートリアル、セットアップガイドなどのオンライン資料の有無も評価の対象です。資料が充実していれば、カスタマーサポートに頼らずにユーザー自身が疑問やトラブルをすばやく解決できますから、高評価となります。

7.トレント

最低条件: 一部のサーバーがP2P通信に対応している。

理想条件: P2P専用サーバーが用意されている、あるいはネットワーク全体がトレントに対応している。さらに、通信が速く、ポートフォワーディングやスプリットトンネルなどの追加機能がある。

VPNサービスがトレントに適しているか分析するには、複数の項目を調べなければなりません。最低でも、好きなだけトレントできるように、サーバーでP2P共有が許可されている必要があります。また、トレントをダウンロードするには通信速度が重要です。VPNに接続している状態と接続していない状態でダウンロードが完了するまでの時間を比べます。このテストは近距離サーバーと遠距離サーバーの両方で行われます。

さらに、トレントを行うと個人情報が流出する可能性があるため、プライバシーとセキュリティ機能も評価の対象です。例えば、強力な暗号化、IP漏洩対策、停止スイッチなどが挙げられます。VPNサービスが以上の項目をすべて満たした場合は、トレントについては高評価となります。

また、ポートフォワーディングやスプリットトンネルなど、トレントのパフォーマンス向上に役立つ機能があるか確認します。トレントをダウンロードするのに役立つ機能が多いほど高評価となります。

最新のレビュー

9.0
298VPN 中 12
9.4
検討する価値あり
NordVPN

NordVPNはかなり素晴らしいサービスに見えます。大規模なグローバルサーバーネットワークがあり、安定して高速で、強固なセキュリティ機能とプライバシー機能が備わっていると宣伝されています。全機能をわず...

レビューを読む
8.0
298VPN 中 37
ExtremeVPN

 

レビューを読む

研究ラボ

vpnMentorの研究ラボ(Research Lab)は、データプライバシー機関やコンピュータ緊急対応チーム(CERT)と共同で、サイバー脅威を特定し、企業や組織のユーザーデータを守る支援を行っています。世界的に有名なアナリストであるノア・ロテム氏とラン・ロカー氏が先導となり、2019年にプロボノのサイバーセキュリティ分析チームを設立しました。それ以来、世界中の深刻なセキュリティ脅威の発見と報告を行ってきました。研究ラボの活動により、すでに1億人以上の個人情報を守ることができました。

vpnMentor研究ラボの活動について詳しくはプレスページをご覧ください。

研究ラボ

95+

公開されたサイバーセキュリティレポート

70+

データ漏洩の被害に遭った企業

数十億件

発見されたデータ漏洩

最新のレポート