情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

インドでおすすめの無料VPN 5選│2022年も使える!

インドにサーバーがある無料VPNはほんのわずか。また、インドにサーバーがあっても、安全性が気になります。ユーザーデータをサードパーティに売り渡し、ターゲティング広告を配信する無料VPNが多いからです。また、「セキュリティ機能が少ない」「通信量が制限されている」など、無料VPNは欠点があるので、VPNの良さを最大限に生かしたい場合は有料プランにアップグレードしなければなりません。以上のような理由から、インドで本当に役に立つ無料VPNを見つけるのは、意外に難しいのです。

この記事では、調査チームと協力して83社のVPNを試し、インドで最高の無料サービスを厳選しました。通信の平均速度、サーバーの設置範囲、セキュリティ機能、国内や世界中の動画配信サービスのブロックを解除できるかなどの観点で徹底的に分析しました。

テストしたVPNのうち、一番おすすめなのはExpressVPNです。トップクラスのセキュリティ機能があり、Hotstarやアメリカ版Netflixなど、インド国内外の人気動画配信サービスのブロックを解除できます。100%無料ではありませんが、ExpressVPNは30日間返金保証があるので、インドで安心して体験できます。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

インドでExpressVPNを体験しましょう!

お急ぎですか? 2022 8月にインドでおすすめの無料VPNはこちら!

  1. ExpressVPN — 超高速通信により、バッファせず快適に動画を視聴でき、揺るぎないセキュリティ機能がネット上のプライバシーを保護。仮想サーバーでインドのIPアドレスを取得し、世界中どこでもインドのコンテンツを閲覧できます。リスクなしで体験できるのも嬉しいですね。
  2. CyberGhost — インドの仮想サーバーで簡単にインドのサイトのブロックを解除できます。初心者でも操作しやすいのがポイント。
  3. ProtonVPN — 本当に無料で使えるVPN。データ量と帯域幅は無制限ですが、無料版ではインドのサーバーに接続できません。
  4. Hotspot Shield — 遠くのサーバーでも高速。アカウント登録不要で使えます。ただし、無料版ではNetflixにアクセスできません。
  5. hide.me — 満足できるスピードと強力なセキュリティ機能が特長。無料版では毎月10GBしか通信できません。

今すぐExpressVPNをお試しください!

インドでおすすめの無料VPN — 完全分析【2022年更新】

1. ExpressVPN — 超高速サーバーでインドや世界中のコンテンツをHD画質で視聴

  • 超高速で帯域が無制限
  • 94か国に3,000台のサーバー、 インドに2台の仮想サーバーあり(イギリス、シンガポール)
  • ブロックを解除できるサイト:Hotstar、Voot、SonyLiv、Zee5、Netflix、Disney+、Hulu、BBC iPlayerなど
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーター、Apple TVなど
2022年8月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは通信が圧倒的に速く、帯域が無制限なので、スムーズに動画をHD画質で見られます。インド(イギリス経由)とインド(シンガポール)、ワシントンのサーバーでテストを実施したところ、平均ダウンロード速度は50Mb/秒でした。動画をHD画質で見るのに必要な速度の10倍で、Hotstar Indiaにアクセスしてドラマシリーズ「Special Ops」をイッキ見できました。また、ワシントンのサーバーでは、アメリカ版NetflixとHuluにもアクセスできました。

Screenshot showing Special Ops streaming on Hotstar with ExpressVPN connected

シンガポールの仮想サーバーは、VootやZee5など、調査で試したインドの全サイトにアクセスできました

セキュリティはトップクラスなので、インド国内外でデータの安全を守れます。AES 256ビット暗号化で通信が保護され、DNSとIPアドレスの漏洩対策もしっかり行えます。インドの仮想サーバー2台に加え、イギリスとアメリカのサーバーに接続して、ipleak.netでテストを行ったところ、IPアドレスとDNSの漏洩は検出されませんでした。また、Network Lockと呼ばれる自動キルスイッチもあり、VPN接続が途切れたときにネット通信が遮断されます。データ漏洩や個人を特定される心配はありません。インドに限らず、世界中どこでも安心してインターネットを閲覧できます。

プライバシー保護のため、ExpressVPNはインドの仮想サーバーを提供しています(仮想サーバー:インド国外に位置する物理サーバーマシン)。インド国内に物理サーバーがない理由は、ExpressVPNがインドのデータ保持法を拒んだからです。さらに、サーバーはRAMのみで実行されているので、再起動されるたびに過去のセッションデータが完全に消去されます。厳格なノーログポリシーもあり、本社は5・9・14アイズ同盟の非加盟国(英国領ヴァージン諸島)にあることから、ネットの利用状況から個人を特定されることは不可能です(5・9・14アイズ同盟:機密情報の共有を合意した多国間同盟)。

ExpressVPNの全サーバーでトレントとP2Pファイル共有が許可されています。3GBのトレントファイルをわずか10分でダウンロードできました。データ通信量は無制限ですから、妨げなくトレントを利用できます。

また、5台のデバイスを接続できますから、1つのサブスクリプションですべてのデバイスを保護できます。テストするため、Windowsノートパソコン、iPhone、およびiPadをインド(シンガポール経由)のサーバーに接続しました、すべてのデバイスでYouTubeの動画を再生しました。すべての同じサーバーに接続したのに速度低下や接続の途切れなどのトラブルはありませんでした。

100%無料というわけではありませんが、リスクなしでExpressVPNの全機能を体験できます。満足できなければ、30日以内に問い合わせて全額を返金してもらいましょう。ExpressVPNが本当に返金保証を守っているか確認するため、24時間年中無休のチャットサポートに問い合わせて解約をお願いしました。サポートスタッフに解約理由を聞かれましたが、事情を説明したところ、すぐに返金手続きを開始してくれ、3日後に返金されていました。

今すぐリスクなしでExpressVPNを体験しましょう!

2. CyberGhost — インドで安全にトレントするのに適した、初心者でも使いやすいVPN

  • 高速で帯域が無制限
  • 91か国に9,023台のサーバー。ムンバイに25台以上の仮想サーバーがあります
  • 軍レベルの暗号化と厳格なログなし方針
  • ブロックを解除できるサイト:Hotstar、Netflix、Disney+、HBO Max、Huluなど
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーター、Apple TVなど
2022 8月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在82%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostのアプリは使いやすく、VPNを初めて利用するユーザーに最適です。アプリを開くと、サーバー地点が一覧に表示され、簡単に接続できます。好みの地点を選ぶか、ストリーミングやトレントなど、目的別に最適化された専用サーバーに接続することもできます。RARBGはインド国内ではアクセスできないのですが、アメリカのトレント用サーバーに接続したところ、RARBGで著作権切れの『ガリヴァー旅行記』をダウンロードできました。

通信は感心するほど速いので、ラグやバッファなどに悩まされることはありません。スピードテストでムンバイとニューヨークのサーバーに接続したところ、平均ダウンロード速度は35Mb/秒でした。HD画質で動画を見たり、オンラインゲームやブラウジングを楽しんだりするのに十分な速度です。さらに、ムンバイのサーバーに接続中、ゲームのPing値が低くなり、ラグなしでiPhoneでBGMIをプレイできました。

ストリーミングに最適化されたサーバーもあり、人気の動画配信サービスのブロックを簡単に解除できます。Hotstarに最適化されたサーバーを試したところ、問題なくアクセスできました。他にも、Sony Liv、Voot、Zee5のブロックも一発で解除できました。接続が安定しているか確認するため、Hotstarで「Criminal Justice」のエピソードを2本見たのですが、再生中にトラブルは発生しませんでした。

Screenshot showing CyberGhost's streaming-optimized servers

CyberGhostなら、世界中どこでもお好きな動画配信サービスが利用できます

ブラウジング履歴のプライバシーを守るため、CyberGhostは最も高度な軍レベルのAES 256ビット暗号化を採用しています。サーバーを切り替える際、自動キルスイッチが個人情報の流出を防止してくれます。さらに、インドでウェブを閲覧してもセキュリティとプライバシーが脅かされないよう、IP・DNS漏洩対策と厳格なログなし方針もあります。

ExpressVPNと同様に、CyberGhostは完全無料というわけではありません。しかし、返金保証を活用すれば、全機能を制限なく体験できます。長期プランに加入すれば、45日間じっくり試すことができ、短期プランは14日間返金保証付きです。本当に払い戻してもらえるか確かめるため、実際に返金をお願いしました。24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせて、VPNが必要なくなった旨を伝えるだけでOKでした。5日以内に返金されました。

今すぐCyberGhostを体験しましょう!

3. ProtonVPN — データ量は無制限。インドでISPによる帯域制御を回避できる

  • 高速で帯域が無制限
  • 3か国に24台のサーバー(日本、アメリカ、オランダ)
  • 軍レベルの暗号化と厳格なログなし方針
  • ブロックを解除できるサイト:Netflix、Peacock、Crunchyroll
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど

無料VPNは通信データ量を厳しく制限していることが多いですが、ProtonVPNの無料版はデータ量と帯域が無制限となっています。性能を試すため、US-FREE #8サーバーに接続して、Peacockで海外ドラマ『チャームド〜魔女3姉妹〜』をHD画質でイッキ見してみました。再生中、速度は安定していて、読み込みが遅れたり、バッファしたりするなどのトラブルはありませんでした。JioやBSNLなどのISP(インターネットサービスプロバイダ)が帯域を制御しても、動画を何時間も楽しめるわけです。

地域制限を回避したい場合、無料版では3か国のサーバーしか利用できません。Netflixオリジナル作品しか見られず、Netflixの地域限定コンテンツは閲覧できませんでした。また、AmazonプライムビデオやDisney+、Huluのブロックも解除できませんでした。しかし、Crunchyrollにはアクセスでき、インドで『鬼滅の刃』を視聴しても通信は安定していて、接続が不安定になることはありませんでした。無料版は通信が遅めですが、HD画質で動画を見ることはできます。

Screenshot showing Charmed streaming on Peacock with ProtonVPN connected

ProtonVPNのUS-FREE#3サーバーは高速でした

ProtonVPNなら、優れたセキュリティ機能でデータを守ることができます。セキュア・コア(Secure Core)機能を使うと、データを複数のサーバーに経由させることでネットワーク攻撃を避けられます。ゲーマーは必見の機能でしょう。BGMIなどのゲーム中、DDoS攻撃の防止に役立ちます。さらに、自動キルスイッチ、DNS・IP漏洩対策、軍レベルのAES 256ビット暗号化などで最高水準のセキュリティ対策を実現しています。

インターフェースも使いやすいでしょう。サーバーごとに負荷率が表示されるので、最適なサーバーが見つけやすくなっています。クイック接続(Quick Connect)を使えば、最適なサーバー地点に自動接続でき、最速の通信でネットを閲覧できます。適切なサーバーを手動で選ぶ必要がないので、とても便利だと感じました。しかし、無料プランでは1台のデバイスしか接続できません

ProtonVPNの最大の欠点は、無料版ではインドのサーバーが利用できないことです。そのため、HotstarやVootなど、インドの動画配信サイトは利用できません。しかし、有料プラン(30日間返金保証付き)に加入すれば、インドの動画配信サービスのブロックを解除できます。

ProtonVPNの無料体験はこちら!

4. Hotspot Shield —インドでの長距離接続も、カタパルトヒドラプロトコルで高速

  • 高速で1日当たり500MB
  • アメリカに1台の無料サーバー
  • 軍レベルの暗号化とDNS・IP漏洩対策
  • ブロックを解除できるサイト:Amazonプライムビデオ、Crackle、Crunchyroll
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーターなど

Hotspot Shieldは、「カタパルト・ヒドラ」プロトコルを提供しています。このプロトコルは、長距離での接続時間を短縮することで、通信速度の改善と回線混雑の防止を図ります。テストするため、アメリカのサーバーに接続したところ、平均ダウンロード速度は23Mb/秒でした。ExpressVPNほど高速ではありませんが、アメリカ版Amazonプライムビデオで『時の車輪』をHD画質で視聴できました。インドで数千キロ離れたサーバーに接続してもバッファしなかったのは素晴らしいでしょう。

設定と利用も簡単です。メールアドレスを入力しなくても登録できるのは嬉しいですね。アプリをインストールして「Proceed with Basic」をクリックするだけです。5分以下でWindowsノートパソコンに設定でき、インドでCrunchyrollなどのアメリカ限定サイトを閲覧できるようになりました。

Hotspot Shieldは、サイバー犯罪者から守るための優秀なセキュリティ機能があります。業界標準のAES 256ビット暗号化とキルスイッチでネットの利用状況が隠されます。さらに、DNSとIPの漏洩を防止し、ブラウジング履歴のログを記録しません。公共Wi-Fiでは、自動保護機能(Auto-Protect)がVPNに自動接続してくれます。この機能を有効にしたところ、スタバのWi-Fiを利用したときに通信が自動的に保護されました。

Screenshot showing the interface and features of Hotspot Shield's free version

ipleak.netで調べたところ、Hotspot ShieldでIPとDNSの漏洩は検出されませんでした

無料版では同時に5台のデバイスを接続できます。Windowsノートパソコン、iPhone、iPadをアメリカのサーバーに接続しました。接続はすべてのデバイスで安定していました。インドでCrackleにアクセスして映画『アラフォー女子のベイビー・プラン』を見ても、速度低下や接続の途切れに悩まされることはありませんでした。他のデバイスの接続を切断しなくてもすべてのデバイスでVPNが使えるということです。

Hotspot Shieldの無料プランでは1日当たり500MBしか通信できないのは残念です。標準画質で動画を1時間見たら使い切ってしまいます。また、利用できるのはアメリカの1台のサーバーだけなので、インド限定サイトのブロックは解除できません。アメリカの無料サーバーでもアメリカ版Netflix、Hulu、Disney+は利用できませんでした。幸い、Hotspot Shieldの有料版を7日間無料体験できます。体験期間中は通信量が無制限で、インド国内外すべてのサーバーが利用できます。

Hotspot Shieldの無料体験はこちら!

5. hide.me — 最高のセキュリティ機能がインドですべてのデバイスを保護

  • 満足できる速度で、通信量は月当たり10GB
  • 5か所に無料サーバーあり
  • 軍レベルの暗号化とスプリットトンネル
  • ブロックを解除できるサイト:CrunchyrollとFunimation
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーター

hide.meは、インドで揺るぎないセキュリティ対策と個人情報の保護を実現します。データは軍レベルのAES 256ビット暗号化で保護され、自動キルスイッチもあり、VPN接続が途絶えても安全性を確保できます。複数のVPNプロトコルから選べるので、デバイスに最適な接続を確立できます。私が試したときは、IKEv2が最速でした。

キルスイッチは、サーバーを切り替えるときにネット通信を自動的に遮断します

スプリットトンネル機能を使えば、一部の通信だけ暗号化されたVPNトンネルに経由させることができます。他のアプリは直接インターネットに接続されます。つまり、地域的に制限されたコンテンツを閲覧しながら、インドの銀行口座にアクセスしたり、国内の検索結果を見たりできるということです。

Hide.meは動画をHD画質で見るのに十分なスピードです。スピードテストを行った結果、アメリカとドイツのサーバーは平均ダウンロード速度が18Mb/秒でした。ExpressVPNには及びませんが、インドでFunimationにアクセスして「ワンピース」を3話見てもバッファしませんでした。ただし、無料プランは毎月10GBしか通信できないので、HD画質の動画を約3時間しか見られません。

無料版では、5か所のサーバーが利用できます(アメリカ西・東海岸、ドイツ、カナダ、オランダ)。地域制限がかかったサイトもアクセスでき、アメリカのサーバーを試したところ、10秒以下でTikTokにアクセスできました。FunimationとCrunchyrollも利用できました。ただし、Hulu、アメリカ版Netflix、BBC iPlayer、Disney+、Peacockのブロックは解除できませんでした。

無料版では同時に1台しか接続できませんが、ルーターに導入すればすべてのデバイスをカバーできます。Hide.meの公式サイトに掲載されているガイドを参考にして設定したところ、Wi-Fiに繋がっている全デバイスを保護できました。

hide.meの無料体験はこちら!

ご注意!無料VPNに潜む危険とは?

無料VPNは「スピードが遅い」「帯域が制限されている」「サーバーネットワークが限られている」などの欠点があります。さらに、無料VPNを使うとセキュリティとプライバシーが脅かされる恐れがあります。この記事では、安全性が確認された無料VPNだけをご紹介しました。

無料VPNに潜むリスクはこちらです。

  • 無料VPNはユーザーデータを売り渡す
    無料VPNも収入を得る必要がありますから、サードパーティにユーザーデータを売り渡すことが多いのです。無料VPNをダウンロードする前に、必ずプライバシー方針を読み、ネット上で安全を守れるか確認しましょう。
  • 無料VPNはセキュリティ対策が不十分
    ほとんどの無料VPNは、重要なセキュリティ機能がありません。例えば、軍レベルの暗号化、自動キルスイッチ、DNS・IP漏洩対策などがないのです。そのため、ハッキングや個人情報の漏洩などの恐れがあります。
  • 無料VPNを使うと、ウイルスやマルウェアに感染する恐れがある
    無料VPNは、広告ブロッカーを搭載していないことがほとんどなので、悪質な広告が表示されるのを防ぐことはできません。さらに、無料VPNのアプリにマルウェアが埋め込まれていることもあり、デバイスが感染する危険があります。

おすすめしない無料VPN

テストを行った結果、安全ではないので絶対に使ってはいけないVPNがいくつか見つかりました。

  • Hola Free VPN — Holaの無料VPNは、ユーザーのデバイスをエンドポイントとして使っています。他のユーザーの通信があなたのデバイスを経由する可能性があり、全く知らない人があなたのIPアドレスを使うことになります。他人があなたのIPアドレスで違法行為をした場合、トラブルに巻き込まれてしまいます。
  • BetternetVPN — BetternetVPNはIPv6通信をブロックせず、プライバシー方針は曖昧です。詐欺を防止するためにユーザーデータを使用する場合があると書かれています。さらに、2016年に、BetternetのAndroidアプリはマルウェアだらけということが発覚しました。
  • Psiphon — この無料VPNは、ブラウジング履歴、地域識別子、接続タイムスタンプなど、個人を特定するために使えるログをたくさん保持しています。このデータをサードパーティの広告企業と共有しているのもいただけません。
  • TouchVPN — TouchVPNはデータログを保持し、ターゲティング広告を配信します。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

インドでおすすめの無料VPNの選び方

無料VPNは何百もありますが、安全で安定しているサービスはほんの一握りです。この記事では、次のような観点ですべてのVPNをテストし、ランキングにまとめました。インドでおすすめの無料VPNを選ぶ際、次のようなポイントに注目しましょう。

  • 本当に無料で使える
    無料VPNは契約に加入しなくても利用できるべきです。この記事では、完全に無料で使えるVPN、あるいは信用できる返金保証があることが確認できたVPNをご紹介しています。
  • 高速通信
    速度が低下せず快適にブラウジング、ストリーミング、トレントするために、通信が速い無料VPNを探しましょう。この記事でご紹介した無料VPNは、平均速度が少なくとも18Mb/秒なので、さまざまなアクティビティに適しています。
  • 動画が見られる
    無料VPNでは動画配信サービスが使えないことが多いものです。Crunchyrollなど、少なくとも2つの人気動画配信サイトにアクセスできる無料VPNを厳選しました。なお、動画配信サイトのブロックを解除したい場合は、有料VPNの返金保証か無料トライアルを使うのがおすすめです。
  • 強力なセキュリティ機能がある
    軍レベルの暗号化、自動キルスイッチ、DNS漏洩対策などの強力なセキュリティ機能がある無料VPNを探しましょう。また、広告ブロッカーが搭載されていると役立ちます。この記事に掲載されているVPNは信用でき、安全です。AES 256ビット暗号化で通信を守り、データ漏洩を防止できます。
  • 厳格なログなし方針
    インドで無料VPNを使う場合、厳格なログなし方針を守っているサービスを選びましょう。そうすれば、データが保存されたり、サードパーティに共有されたり売り渡されたりする心配はありません。今回の調査では、無料VPNのログ方針を通読し、本当にユーザーデータのプライバシーが守られるか確認しました。
  • トレントに対応
    残念ながら、ほとんどの無料VPNはトレントを制限しています。この記事では、トレントに対応していて、大容量ファイルをいくつかダウンロードするのに十分な通信量を提供している無料VPNをご紹介しました。
  • カスタマーサポートの対応が良い
    24時間年中無休のライブチャットやメール、問い合わせフォームなどでいつでも質問できるVPNを選びましょう。ライブチャットが理想的です。ほんの数分で質問に答えてもらえます。VPNのカスタマーサポートが本当に頼りになるかチェックしました。

クイックガイド:インドで無料VPNを設定する方法【3ステップで簡単】

  1. VPNをダウンロードしましょう。ExpressVPNがおすすめです。高速かつ安全で、サーバーネットワークは世界中を網羅しているので、インド国内外の動画配信サイトが利用できます。また、ExpressVPNは30日間返金保証があるので安心して体験できます
  2. サーバーを選びましょう。目的に合ったサーバー地点を選びましょう。例えば、インドの動画配信サービスにアクセスしたい場合は、インドのサーバーを選んでください。
  3. 「接続」をクリックしましょう!通信が保護され、安全にストリーミング、ブラウジング、トレントできるようになりました!

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

インド向け無料VPNについてよくある質問

無料VPNでNetflixとHotstarを見ることはできますか?

NetflixやHotstarにアクセスできない無料VPNがほとんどです。しかし、このランキングの1位と2位はNetflixやHotstarに簡単にアクセスでき、Disney+、Hulu、Amazonプライムビデオなどの動画配信サイトも利用できます。100%無料ではありませんが、一定期間だけ無料で使えます。

ほとんどの場合、無料VPNはインドにサーバーがなく、あったとしてもNetflixとHotstarに検出されてしまいます。この記事では本当に無料のVPNをご紹介しましたが、無料版ではインドのサーバーを使えないので、動画配信サービスにアクセスするには有料版にアップグレードする必要があります。とは言え、Netflixオリジナル作品やCrunchyroll、Peacockなどが見られるサービスもいくつかあります。

インドにサーバーがある無料VPNは?

残念ながら、インドにサーバーがある安全な無料VPNはありません。この記事に掲載されている100%無料のVPNは安全ですが、インドにサーバーがありません。インドにサーバーがある有料VPNの無料トライアルか返金保証を使うのがおすすめです。一定期間、すべての機能を無料で使えます。

無料VPNでPUBGとBGMIはプレイできますか?

できますが、おすすめしません。無料VPNはインドにサーバーがないことがほとんどで、BGMIはプレイできないのです。

また、インドにサーバーがあるVPNは通信が非常に遅いため、ダウンロード速度が低くなったり、Ping値が高くなったりします。さらに、無料VPNはセキュリティが弱く、本当の位置情報を流出することが多いので、DDoS攻撃対策にもあまり役立たないことがほとんどです。

PUBGやBGMIのような対戦ゲームには、低価格のプレミアムVPNを使うのがおすすめです。インドなど、プレイしたい地域にサーバーがあるVPNを選びましょう。この記事に掲載されているVPNは返金保証があるので、PUBGとBGMIで試してみると良いでしょう。満足できなければ返金してもらえます。

インドでVPNが必要な理由は?

インドでVPNを使うメリットはいくつかあります。地域制限のかかったコンテンツにアクセスでき、ネットのセキュリティ対策とプライバシー保護を強化できるのです。信用できるVPNは、IPアドレスを隠し、ハッカーからデータを守り、サードパーティによる監視を防ぐ役割を果たします。

ただし、無料VPNは重要なセキュリティ機能やプライバシー機能を欠いていることがほとんどです。マルウェアやウイルスに感染させるものまであります。そのため、信用できるログなし方針があり、強力なセキュリティ機能を提供している無料VPNを選ぶのが大切です。

インドでVPNを使うのは合法ですか?

はい、合法です。インドには、VPNの使用を禁止する法律はありません。VPNを使えばプライバシーを守り、地域制限のかかったコンテンツにアクセスできるようになります。ただし、著作権で保護されたコンテンツをダウンロードするなど、違法行為のためにVPNを使うのは絶対にいけません。

違法行為のためにVPNを使用してはいけません。法律に違反しないよう、現地の法律について最新情報を確認しましょう。

インドで無料VPNのChrome拡張機能を使うべきでしょうか?

位置情報を隠し、地域制限のかかったコンテンツにアクセスしたいだけであれば、無料VPNのChrome拡張機能を使うこともできます。しかし、VPNの拡張機能は単なるプロキシであることが多く、この記事でご紹介したVPNと同じ水準の暗号化は行われません。さらに、接続できるサーバーが限られていて、Chromeブラウザ以外の通信は保護されません。

最大限の保護を行うには、無料のVPNアプリを使った方が良いでしょう。より高速でより多くのサーバーが利用でき、高度なセキュリティ機能もあるので、デバイスを完全に守れます。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

今すぐインドでおすすめの無料VPNをゲットしましょう!

無料VPNはインドにサーバーがないことが多いので、インドのサイトのブロックを解除するためには使えません。さらに、危険が潜んでいることもあり、重要なセキュリティ機能がないため、ネットで十分に安全を守れません。

この記事でご紹介した無料VPNはすべて、安全に利用できます。とは言え、ExpressVPNが一番おすすめです。帯域が無制限で、ネット上で安全を守る強力なセキュリティ機能があり、インドの仮想サーバーでお気に入りのサイトのブロックを解除できます。また、30日間返金保証もあるので、ExpressVPNを安心して体験できます。満足できなければ、全額を返金してもらいましょう。

インドでおすすめの返金保証付きVPNはこちら!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。