当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

中国でWhatsAppを使う方法│安全でうまくいく!2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月20日 ファクトチェッカー:エリック・ラウエ 編集主任

中国のグレートファイアウォール(金盾)は、WhatsApp(ワッツアップ)をはじめとする多数のアプリやWebサイトをブロックしています。WhatsAppでやり取りされるメッセージの内容は監視が困難なため、アプリ自体がブロックされているのです。中国政府は、ディープパケットインスペクション(DPI)という手法を用いてインターネット通信を制限し、望ましくないオンラインアクティビティをフィルタリング/ブロックしています。

高品質VPNを利用すると中国のIPアドレスを他国のものに置き換えることができ、中国でWhatsAppを使えるようになります。また、インターネットアクティビティを暗号化することで覗き見を防ぐ効果もあります。残念ながら、中国政府はVPNを絶えずブロック対象リストに追加しているため、うまくいくものを見つけるのは簡単なことではありません。

世界中の調査チームと40社以上のVPNを検証した結果、ExpressVPNがトップに輝きました。中国向けの特殊サーバーを構えているほか、高速で安定しており、30日間返金保証があるのでリスクなしで試せます。ニーズに合わなかった場合は全額返金を受けることができます。

中国でWhatsAppを使う >>

【重要】中国におけるVPN利用は厳しい規制の対象であり、法的にグレーゾーンとなっています。政府が承認したVPNのみが許可されているのです。しかし、承認されていないVPNを使ったことを理由に中国を訪れた観光客が処分されたという公的な報告はありません。とは言え、リスクや法的な処罰を避けるために、VPN利用に関するあなたの地域のルールをきちんと理解するのが重要です。vpnMentorは、法律違反や違法な目的でVPNを使うことを支持しません。

【クイックガイド】3ステップで簡単!VPNを利用して中国でWhatsAppを使う方法

  1. VPNをダウンロードする。ExpressVPNがおすすめです。高速かつ安全で、確実にWhatsAppが使えます。中国に到着する前にExpressVPNをインストールするか、ExpressVPNのミラーサイトからダウンロードしましょう。
  2. サーバーに接続する。日本など、任意のサーバーを選ぶと、通信が暗号化されます。最速の通信を確保したい場合は近くのサーバーを選択してください。
  3. WhatsAppを使う。WhatsAppを開き、友人や家族、同僚とやり取りしましょう。音声・ビデオ通話、テキストメッセージを楽しめるようになりました。

中国でWhatsAppを使うのにVPNが必要な理由

中国では厳格なインターネット検閲(グレートファイアウォール、金盾)が実施されているため、WhatsAppにアクセスできません。WhatsAppのほかにも、制限されている国際的なアプリやウェブサイトは多数あります。これにより、中国を訪れると家族や友人とコミュニケーションを取りにくくなってしまいます。

中国でWhatsAppを使うには、VPNを利用するのが一番効果的で安全ですVPNは別の国のプライベートサーバーを経由してデータをやり取りするもので、実際の現在地を隠す効果があります。また、VPNはデータを暗号化するため、ネットの利用状況を他人に見られなくなります。

例えば、中国滞在中にWhatsAppを使う必要がある場合、VPNを起動して中国外のサーバーに接続すると、安全にメッセージを送受信できるようになります。世界のアプリにアクセスするためだけでなく、VPNはハッカーや第三者から機密情報を守るためにも極めて重要です

2024年に中国でWhatsAppを使うのにおすすめのVPN

1. ExpressVPN:ミラーサイトからダウンロードでき、直感的なデザイン。中国で簡単にWhatsAppを使える

注目ポイント ミラーサイトのURLが頻繁に変更されるため、ブロックされにくい
サーバーネットワーク モンゴル、ブータン、香港など105 か国に3,000台のサーバー。日本サーバーも多数
対応アプリ WhatsApp、Instagram、Viber、Skype、FaceTime、Gmail、Wikipedia、Snapchatなど
セキュリティ 軍レベルの暗号化でハッカーやスパイからオンラインデータを防御
日本語アプリ あり
日本語サポート
  • ナレッジベース
  • ライブチャット

他社VPNのホームページは中国でブロックされていることが多いですが、ExpressVPNは中国国内からダウンロードできるようにミラーサイトを提供しています。入国前にインストールし忘れた場合も安心です。ExpressVPNはミラーサイトがフィルタリング/ブロックされないようにするため、URLを定期的に変更しています。カスタマーサポート(support@expressvpn.zendesk.com)に連絡すると、最新のURLを教えてもらえます。ExpressVPNのアプリはすべての主要デバイスに対応しており、使いやすい設計です。中国滞在中の同僚が試したところ、日本サーバーに接続後、すぐにWhatsAppが使えるようになりました

中国でのサーバー推奨に関するExpressVPNライブチャットサポートとの会話のスクリーンショットサーバー検索バーに「Pick for Me」と入力すると、そのオプションが表示されました

ExpressVPNはVPN通信を通常のHTTPS通信に見せかける難読化技術を採用しているため、中国でVPNを使っても検出されたりブロックされたりしません。難読化は全サーバーで自動的に有効になっており、手動設定は必要ありません。ただし、通信が難読化されるのはプロトコルがデフォルト設定になっている場合のみなので、プロトコル設定を変更した場合は「自動」に戻してください。

ExpressVPNのノーログポリシーは検証済みなので、閲覧履歴などのオンラインアクティビティのプライバシーが保護されます。データが保存・共有されることはありません。さらに、サーバーはすべてRAMで実行されているため(TrustedServerテクノロジー)、サーバーが再起動されるたびにデータが消去されます。また、本社はプライバシー保護に配慮した英領バージン諸島にあり、5・9・14アイズ同盟(国際的な情報共有協定)の管轄外です。当局から要請されても、ExpressVPNが顧客のデータを引き渡すことはありません。

デメリットについて、プランは$6.67/月~と割高です。しかし、最新の割引を利用すれば節約できます。筆者は長期サブスクリプションを49% OFFでゲットできました。30日間返金保証がありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験できます。より匿名なビットコインでの支払いも可能です。

役立つ機能

  • 24時間週7日のライブチャット。迅速なサポートを受けることができれば、妨げなくWhatsAppを使えます。中国で最適なサーバーについて問い合わせたところ、ExpressVPNのカスタマーサポートは2分以内に対応してくれました。
  • 漏えい対策。予期せずVPN接続が切れた場合、ExpressVPNのキルスイッチ(ネットワークロック)がインターネット接続を遮断し、データ流出を防ぎます。さらに、IP・DNSの漏えい対策も備わっているため、実際の位置情報を誰にも知られません。
  • パーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)。セッションごとに固有の暗号鍵を使用するセキュリティ機能です。あるセッションの暗号鍵が他人に知られたとしても、他のセッションは影響を受けません。オンライン情報のセキュリティが一層強化されます。
  • 高速。ExpressVPNのLightwayプロトコルは、データをより高速で転送するよう設計されています。近くのサーバーを試した際、平均ダウンロード速度は3%しか低下しませんでした。WhatsAppで動画を送受信しても遅いと感じることはありません。
2024年6月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. Astrill VPN:強力な難読化により、中国で確実にWhatsAppが使える

注目ポイント StealthVPNプロトコルがVPNを検出不能にし、中国でWhatsAppのブロックを解除
サーバーネットワーク 58か国に118台のサーバー。香港、台湾(台北、彰化、台中、南投)、韓国(ソウル)、日本(東京)に近いサーバーも
対応アプリ WhatsApp、Instagram、Viber、Skype、FaceTime、Gmail、Wikipedia、Snapchatなど
セキュリティ Wireguardなど幅広いプロトコルに対応しており、速度とセキュリティを両立

Astrill VPNのStealthVPNプロトコルは、VPN通信を通常のインターネット通信に見せかけることで、中国で自由にWhatsAppを利用できるようにします。さらに、スマートモードを有効にすると、中国のサービスを利用する際は香港のIPアドレスを、中国以外のオンラインサービスは外国のIPアドレスを使うことで、VPN利用を隠してくれます。中国でWhatsAppを利用するには、StealthVPNとスマートモード

を有効にしてください。Astrill VPNを検証した際、iOSではスマートモードが自動的に有効になっていましたが、Androidではそうではありませんでした。

中国でのVPN利用についてAstrill VPNライブチャットサポートとの会話のスクリーンショット加入者しかライブサポートを提供していないVPNもありますから、嬉しい驚きです

暗号化レベルを選択すると、中国での接続を最適化できます。セキュリティを優先するなら「AES 256ビット」が、速度を優先するなら暗号強度が低めの「AES 128ビット」がおすすめです。ExpressVPNと同様、Astrill VPNはキルスイッチやIPv6漏えい対策などで安全を強化しています。また、VPNが切断された際に特定のアプリがインターネットをやり取りするのを防ぐApp Guard機能も備わっています。

Astrill VPNのスピードは驚異的でした。接続前は126.03Mbpsだったのですが、筆者が近くのサーバーを試したところ、平均ダウンロード速度は119.91Mbpsとなり、5%しか低下しませんでした。また、セキュリティと速度を向上させた、中国向けの特殊サーバーも用意されています。特殊サーバーは「Supercharged」と「China Optimized」と明記されています。中国滞在中の同僚は、Torrentを妨げなく利用できたそうです。

Astrill VPNはコストがかなり高く、返金保証はありません。しかし、友達紹介制度があり、紹介した友達が登録した場合、1か月無料で利用できます。プライバシーが気になる場合、Astrill VPNはビットコインで支払うことも可能です

役立つ機能

  • Cookieを自動的に削除。VPN接続を切った際、自動的にブラウザのCookieを全て削除する機能があり、中国でインターネットを利用する際に追跡されたりプロファイリングされたりするリスクを軽減できます。
  • 広告・トラッカーブロッカー。広告とトラッカーを防ぐことで、プライバシーを保護しデータ使用量を最適化できます。試したところ、広告の読み込みによるデータ使用量が減り、ブラウジングが若干速くなりました。
  • スプリットトンネリング。WhatsAppの通信はVPNを経由させ、他のアプリはインターネットに直接接続させることができます。一部のデータだけが暗号化されるため、スピードアップが期待できます。

3. PrivateVPN:高度なセキュリティ機能により、中国で安全にWhatsAppを利用できる

注目ポイント 高度な暗号化と漏えい対策がデータの安全を確保
サーバーネットワーク 香港、韓国、台湾、日本を含む63か国に200台のサーバー
対応アプリ WhatsApp、Instagram、Viber、Skype、FaceTime、Gmail、Wikipedia、Snapchatなど
セキュリティ Stealth VPNがVPN通信を通常の通信に見せかける(有効にする必要があります)
日本語アプリ あり

PrivateVPNはAES 256ビット暗号化でデータを保護するため、中国でも安心です。政府やサイバーセキュリティ会社が採用しているのと同じ暗号化なのです。ExpressVPNと同様、キルスイッチやIP・WebRTC・DNSの漏えい対策も備わっており、ネット上で個人情報を他人に知られません。中国の同僚が漏えいテストを数回実施したところ、実際のIPアドレスは一度も公開されませんでした。また、PrivateVPNはデータを記録しないため、中国でも安心して検索エンジンを使えます。

香港のサーバーに接続されている際のWindows上でのPrivateVPNのアドバンスドビューインターフェースのスクリーンショットWhatsAppで快適にビデオ通話ができない場合、より高速なAES 128ビット 暗号化に変更しましょう

PrivateVPNの欠点はサーバーネットワークが小規模であること。しかし、中国の調査スタッフはWhatsAppが利用可能なサーバーがすぐに見つかったと言います。速度低下を最小限に抑えるには、香港などの近距離サーバーを選ぶと良いでしょう。ビデオ通話が途切れにくくなります。最適な機能性のためには、中国で確実に使えるようにするにはOpenConnectアプリを利用しなければならないかもしれませんが、PrivateVPNは設定ガイドで手順を解説しています。

PrivateVPNの長期プランは$2/月と手頃な価格で、30日間返金保証の対象です。筆者が返金保証を試したところ、手続きは簡単でした。24時間年中無休のライブチャットで解約し、返金をリクエストしました。担当者に解約理由を聞かれましたが、すぐにリクエストを処理してくれました。5日後にPayPalアカウントに返金されていました。

役立つ機能

  • Connection Guard。VPNが接続されていない場合は自動的にWhatsAppを閉じるように設定できます。中国で保護されていない状態でWhatsAppを使うのを防げます。
  • 専用IP。専用IPアドレスは他のユーザーと共有ではないので、アプリやネットワークの制限のブロックリストの対象になりにくくなります。

中国でWhatsAppを利用するのに最適なVPNの選び方

この記事では、多数のVPNサービスを試し、中国でWhatsAppを快適に使うのに最適なものを厳選しました。ご自身で検証したい場合は、次のようなポイントを検討しましょう

  • 中国で使える。多くのVPNは「厳しい検閲が実施されている国でも使える」と主張していますが、実際に使えるものはほんの一握りです。この記事に掲載されているVPNはすべて中国で使えることが実証されています。
  • 難読化技術。VPN通信を隠す技術です。中国ではVPNが検出されるとブロックされてしまうことがほとんどなので、必須です。
  • ログを残さない。オンラインデータを詮索から守るには、データを記録しないノーログVPNを選びましょう。数社のプライバシーポリシーを調査し、利用者の情報を収集または共有しないサービスだけを検討しました。
  • 強力なセキュリティ機能。VPNのホームページを確認するかサポートに問い合わせて、少なくともAES 256ビット暗号化、キルスイッチ、DNS漏えい対策が備わっていることを確認してください。
  • 高速。WhatsApp通話が途切れるのは非常にイライラするものです。数社に対してスピードテストを実施し、安定して高速なサービスを厳選しました。
  • 24時間年中無休のカスタマーサポート。VPNが突然使えなかった場合(中国ではよくあることです)、あるいは中国で使えるサーバーを知りたい場合、しっかりしたカスタマーサポートが必須です。さまざまなVPNのサポートチームに問い合わせ、対応の速さと回答の質を評価しました。
  • 無料トライアルまたは返金保証。本契約が始まる前に、リスクなしで試せるサービスを選びたいものです。各サービスのトライアルと返金保証を調査しました。VPNの利用規約を読み、返金保証が適用されないケースはないか必ずチェックしてください。

VPNを使って中国で安全にWhatsAppをダウンロードし、使用する方法

  1. 評判が良く、安全性の高いVPNを選びます。筆者が検証したVPNのうち、ExpressVPNが一番おすすめです。使いやすく、セキュリティが強いうえ、さまざまなデバイスに対応しています。ミラーサイトもあるため、中国内でダウンロードできます。ExpressVPNのサポートに連絡すれば、ミラーサイトのリンクを送ってもらえます。

    さまざまなデバイスのダウンロードリンクが表示されているExpressVPNのホームページのスクリーンショット8台を同時接続できるため、すべてのデバイスにExpressVPNをインストールしました

  2. 高度なセキュリティ機能を有効にします。続行する前に、VPNの重要なセキュリティ対策(キルスイッチや漏えい対策など)が有効になっていることを確認してください。多くの場合、VPNの難読化は手動でオンにしなければなりませんが、ExpressVPNではデフォルトで有効になっています。

    サーバーリストと一般設定が表示されているExpressVPNのWindowsインターフェイスのスクリーンショットExpressVPNの「スマートロケーション」では、自動的に最適なサーバーに繋がります

  3. サーバーに接続します。近くのサーバーを選ぶと最速の通信が期待できます。また、カスタマーサポートに問い合わせると最適なサーバーの選び方を案内してもらえるはずです。ストレスやトラブルなく、WhatsAppが利用できるようになります。

    ExpressVPNの中国で最適なサーバーに接続するには、「Pick for Me」機能が役立ちます

  4. WhatsAppをインストールします。接続したら、安全にWhatsAppをアプリストアからダウンロードできます。接続のプライバシーを保護しつつ、チャットや通話、動画の共有が可能になりました。

    ExpressVPNに接続されている間にWhatsAppのウェブサイトのダウンロードページを表示しているスクリーンショットExpressVPNのサーバーの多くは、中国で安全にWhatsAppをダウンロードするのに役立つことが確認できました

VPNを利用して中国でWhatsAppを使うことについてよくある質問

VPNを使って中国でWhatsAppを利用するのは合法ですか?

WhatsAppは中国で違法というわけではありませんが、アプリは使えません。中国政府は、「WhatsAppは"望ましくない"情報を広める」という理由でブロックしているのです。しかし、中国を訪れる場合、信頼できるVPNを利用すれば安全にWhatsAppを使えるようになります。とは言え、誤ってルールを違反しないよう、VPNとWhatsAppの利用に関する現地の法律をしっかり確認してください。

無料VPNを使って中国でWhatsAppにアクセスすることはできますか?

無料VPNを使って中国でWhatsAppを利用するのは難しいでしょう。また、無料VPNは強力なセキュリティ機能を欠いているため、データが危険にさらされる恐れがあります。確実にWhatsAppを使えるようにするには、信頼できる有料VPNを選びましょう。セキュリティを重視しており、中国で使えることが確認されているサービスのほうがベターです。

一部の無料VPNはアプリにマルウェアを埋め込んでいることが判明しており、広告事業者にユーザーデータを売却している無料VPNもあります。中国で使える無料VPNが見つかったとしても、通信速度やデータ使用量が制限されているはずです。

中国でWhatsAppがブロックされている理由は?

WhatsAppが中国でブロックされているのは、同国のインターネット検閲方針(グレートファイアウォール、金盾)が実施されているためです。中国政府は、国の安全や社会の安定を脅かすと見なしたアプリやWebサイトをブロックしています。中国に渡航する場合、信頼できるVPNを使うとWhatsAppにアクセスできます

WhatsAppなどのプラットフォームではメッセージが暗号化されるため、当局がやり取りを監視するのは困難です。そのため、そのようなアプリはブロックされ、監視とデータに関する中国政府の要件を守っている国内アプリが優遇されています

VPNがなくても中国でWhatsAppは使えますか?

通常、VPNなしで中国でWhatsAppを使うことはできません。しかし、一部の旅行者は「場所や時間帯によってはWhatsAppが使えた」と報告しています。とは言え、確実かつ安全に使えるようにしたい場合は、中国で検証済みの信頼できるVPNをダウンロードしたほうが良いでしょう。

WhatsAppの代わりに中国で使えるメッセージアプリはありますか?

はい。中国ではWhatsAppの代わりに「WeChat」というメッセージアプリが人気です。しかし、WeChatは検閲法に従っており、政府によって監視されているため、やり取りのプライバシーは保護されません。オンラインでセキュリティと匿名性を確保するには、安全な中国向けVPNを使い、WhatsAppなどの暗号化メッセージアプリを利用したほうが良いでしょう。

今すぐ中国でWhatsAppを使おう

中国ではインターネット検閲が続いています。中国を旅行する場合、WhatsAppなどの主流なプラットフォームが使えなくなります。中国でエラーなくWhatsAppを使うには、VPNを利用するのが一番確実です。しかし、中国で使えるVPNは多くありません。

徹底検証の結果、中国ではExpressVPNが一番おすすめであるという結論に至りました。暗号化と難読化サーバーによってオンラインデータが保護され、VPN接続が隠されるため、「WhatsAppが使えない」というトラブルを避けることができます。また、通信速度は高速で、30日間返金保証もあるため、ExpressVPNをリスクなしで試せます。

まとめとして、中国でWhatsAppを使うのにおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
5.3 /10
5.3 当社のスコア
59% 引き!
3
9.2 /10
9.2 当社のスコア
85% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。

この記事を改善する方法についてコメントをお願いします。あなたのフィードバックが重要です!

コメントする

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

名前は少なくとも3文字以上で入力してください

入力欄の内容は、80 文字を超えないようにしてください。

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

有効なメールアドレスを入力してください

name%%さん、コメントありがとうございます!

私たちは48時間以内にすべてのコメントをチェックし、本当のコメントであり、悪意がないことを確認します。その間にこの記事をシェアしてください。