中国でWhatsAppを利用する方法【2019年最新情報】

中国は最近、人気のあるメッセージアプリWhatsAppを制限しました。この記事ではその制限を回避してアクセスできるようにするにはどうすればいいか説明します。

中国でWhatsAppをアンブロックすることはできるのでしょうか? 実はできるのです。

中国政府は2017年9月からWhatsAppをブロックしていますが、VPNを使えばスムーズにアプリを利用できるのです。

中国でWhatsAppをアンブロックするためにはVPNを使ってIPアドレスを隠すだけでは不十分です。中国のファイアウォール(金盾)とディープパケットインスペクション(DPI)を通過するためには高度な暗号化のある頼りになるVPNが必要なのです。

すべてのVPNが中国のファイアウォールを通過できるわけではありません。(特に無料VPNでは無理です。)ですから中国で100%WhatsAppを利用できるようにしてくれる最高のVPNを調査し、この記事でご紹介します。

中国でWhatsAppをアンブロックするのに最適なVPN

1. NordVPN

NordVPN Devices
  • 中国周辺地域に100以上のサーバーあり
  • 30日返金保証
  • 6台同時接続可能

NordVPNは賢いのが特徴です。パナマに本部があるこのVPNは中国国内にサーバーを配置していませんが、だからと言ってWhatsAppをアンブロックできないわけではありません。NordVPNは香港、日本、韓国、台湾、パキスタン、インド、ベトナムなど近隣諸国に100以上のサーバーを配置しています。

これにより、政府と監視システムを逃れられるだけでなく、高速通信で安定したパフォーマンスを提供しているのです。

さらに、NordVPNは難読化サーバーがあり、中国の検閲を乗り越えるための専用サーバーとなっています。

ログなしで軍事レベルの暗号化などの特徴の他にもダブルVPN、キルスイッチ、DNS漏洩保護、自動公共Wi-Fi保護などのたくさんの機能がそろっていますから、中国でWhatsAppを利用できるのは当たり前でしょう。

また、24時間週7日体制のカスタマーサポートも利用できます。ユーザーレビューにはNordVPNに関する喜びの声が寄せられています。サービスに満足できなければ30日以内に返金してもらうこともできます。

割引をご覧ください

2. ExpressVPN

expressvpndevices2-e1512565397277
  • 解読不可能な暗号化と超高速通信
  • ログなしで30日返金保証あり
  • 3000以上のサーバーがあり、最高レベルの機能も

賞を受賞したExpressVPN中国でWhatsAppを利用するのに本当におすすめです。プライバシー保護に寛容な英国領バージン諸島に本部があるExpressVPNはVPN市場でもとても有名です。中国などの非常に厳しいフィルタリングシステムにもスムーズに通過することができ、通信速度も超高速です。

何百万人ものユーザーに愛用されている ExpressVPNは一切ログなしであることが実証済みです。さらに、サーバーネットワークは広大で、香港、日本、韓国、台湾、パキスタン、インド、ベトナムなどの中国近辺の国にもサーバーがあります。

ExpressVPNは世界標準の最高の暗号化で情報を保護してくれますし、機能もとても豊富です。

さらに、ExpressVPNはインストールするのが非常に簡単で、5台の端末で同時に利用することができます。iPhoneを利用しているなら 中国国外でダウンロードしましょう。 質問がある場合はライブチャットから24時間いつでも問い合わせることができるのが便利です。

ExpressVPNは料金が高すぎるという場合は30日返金保証を利用して返金してもらうことができます。

割引をご覧ください

3. VyprVPN

  • 700ものサーバーがあり、同時に5台の端末を接続可能
  • iOS以外すべての端末でカメレオン技術を利用可能
  • 中国国内からも購入できます

VyprVPNで最高なことの一つは中国などの検閲が非常に厳しい国でもしっかりした安全なVPNサービスを提供していることです。

人気のカメレオンプロトコルはOpenVPNプロトコルをスクランブリングするため、探知するのが非常に難しくなります。つまり、中国でも簡単にWhatsAppをアンブロックできるということです。

カメレオン技術はiOS端末では利用できませんが、IKEv2を代わりに利用することができます。ですからWhatsAppにも問題なく接続することができるのです。

さらにVyprVPNは独自のDNSサーバーを所有、運営していることも注目ポイントです。つまりサードパーティに頼る必要がないのでセキュリティーレベルを最大限に高めることができます。利用者の通信データはサーバー内に留まり、漏洩しないということです。また、香港、日本、韓国、台湾、パキスタン、インド、シンガポール、タイ、ベトナムなどの中国近辺諸国に約700ものサーバーを用意しています。

また、中国国内で問題が発生してもVyprVPNは親切なサポートスタッフが24時間いつでもライブチャットでサポートしてくれます。詳しくはユーザーレビューをご覧ください。

割引をご覧ください

4. PrivateVPN

  • 香港、日本、韓国、ベトナム、インドなど56か国にサーバーあり
  • ログなし
  • L2TPプロトコルで中国のファイアウォールを通過可能

大手VPNプロバイダではありませんが、スウェーデンに本部があるPrivateVPN は中国でWhatsAppをアンブロックすることができます。

2048ビット暗号化とAES256(最高レベルの暗号化)で検閲を通過することができます。さらに、OpenVPN、PPTP、L2TP、IKev2およびIPSecといった複数のセキュリティープロトコルに対応しています。中国で利用する場合、おすすめのプロトコルはL2TPです。ユーザーレビューはこちらからご覧ください。

PrivateVPNは1つのライセンスにつき6台の端末を同時に接続することができます。また、ほとんどすべての主要なオペレーティングシステム用の専用アプリも用意されています。つまり、iOSやAndroidのスマホでもWindows、Mac、Linuxなどのパソコンでも簡単に保護でき、スマホでは簡単にWhatsAppにアクセスすることができるようになるということです。

割引をご覧ください

5. Trust.Zone

trust zone devices

  • 香港、インド、シンガポールを含む31か国に127ものサーバーを配置
  • iOSやAndroidをはじめとするたくさんのオペレーティングシステム用の使いやすいアプリ
  • ポート443を使って中国のファイアウォールを通過可能

Trust.Zoneのチームはポート443、33、22経由で中国のファイアウォールを通過できるようにサービスの改善を続けています。

Trust.ZoneはiOSやAndroid端末両方ののためのアプリがあり、簡単にインストールすることができます。1台以上の端末を保護したい場合、1つの契約につき3台の端末を同時に保護することができます。

プライバシーの面で心配ですか? ご安心ください。Trust.Zoneはとても厳しいログなし方針があり、ネットを匿名で利用できるようになります。このサービスについて詳しい情報やユーザーレビューはこちらからご覧ください。

割引をご覧ください

中国でVPNを利用するのはとても大切です

中国政府は今後もネットの検閲を緩める見込みはありません。実はネットのプライバシーや自由をどんどん奪って規制しているのです。中国のファイアウォールはWhatsAppなどのメッセージアプリだけでなくFacebookYouTubeDropboxなどのソーシャルメディアや他にも何千ものサイトへのアクセスを禁止しています。

そのため、インターネットのプライバシー保護や自由を確保するためには中国ではVPNの利用が必要不可欠なのです。VPNを使えば禁止されているサイトやサービスにアクセスできるようになりますし(大好きなサイトにアクセスできるかこちらで確認できます)、個人情報の流出やサイバー脅威から身を守ることもできるようになります。

市場には多数のVPNが流通していますし、プレミアムVPNプロバイダの多くは価格がとても高いです。VPNの割引やクーポンを利用して節約しましょう

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
待ってください! NordはそのVPNの75%ディスカウントを提供しています