当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

中国で使える無料VPN おすすめ5選│2024年に検証済み!

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月15日 ファクトチェッカー:ベン・ローソン 編集主任

中国のグレートファイアウォール(金盾、GFW)は、VPN規制が世界でもっとも厳しいことで知られています。VPNのサイトもブロックされていますから、中国国内でVPNを入手するのは至難の業。VPNがなければ、中国ではさまざまなアプリやサイト(特にニュースサイトやSNS)が利用できません。そして、無料VPNは資金が少ないので、金盾を回避する手段を提供できないことがほとんどです。

無料VPNの多くは安全性が低く、プライバシーをしっかり守れないため、中国で安心して使えません。幸い、中国で頼りになる、安全かつ完全無料のVPNはいくつかあります。

とは言え、ExpressVPNのように信頼性の高いVPNのほうがおすすめです。100%無料ではないものの、無料VPNより圧倒的に高性能で、金盾を突破するために設計された高度なセキュリティ機能があり、超高速です。30日間返金保証付きなので、完全に満足できなければ簡単に全額を返金してもらえます。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

【重要】中国では政府非公認のVPNは禁止されています。中国でVPNを使用した旅行者が訴追された事例は報告されていませんが、自己責任のもとくれぐれも注意しましょう。また、中国では多くのVPNサイトやアプリがブロックされているため、渡航前にVPNをダウンロードすることをお勧めします。また、中国の規制は変更することがあるため、VPNが一時的に動作しなくなったり、サービスを利用できなくなる可能性があります。しかし、この記事でご紹介するVPNは徹底的にテストされており、信頼できるサービスであることが確認されています。

お急ぎですか?2024におすすめの中国向け無料VPNはこちら!

  1. ExpressVPN:全サーバーが自動難読化に対応しているので、金盾にVPNの使用を検出されるのを防げます。データ通信量は無制限なので、思う存分ウェブを閲覧できます。リスクなしでお試しください
  2. Hotspot Shield:中国でDisney+とHBO Maxをストリーミングできますが、無料プランで利用可能なのは1台のアメリカサーバーのみ。
  3. TunnelBear:キルスイッチと難読化(GhostBear)が搭載された無料VPN。ただし、毎月500MBしかデータ通信できません。
  4. hide.me:毎月のデータ通信量は10GBで、無料VPNとしては素晴らしいでしょう。中国で大量のコンテンツをダウンロードできます。ただし、アクセス可能なストリーミングサービスは少なめ。
  5. Speedify:チャネルボンディングが安定した接続を実現。IP電話アプリを使いたい場合におすすめです。ただし、無料サーバーは混雑していることも。

中国でおすすめの無料VPN — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:中国で一番おすすめのVPN。軍レベルのセキュリティ機能があり、ブロックされたサイトに自由にアクセスできる

  • 難読化機能があり、ストリーミングに完全対応。中国から世界中のサイトにアクセス可能
  • データ漏洩対策、キルスイッチ、256ビット暗号化により、安全性は抜群
  • 105か国に3,000台のサーバー。香港、シンガポール、台湾、マカオ、日本にサーバーがあり、中国から日本のコンテンツを閲覧できる
  • 利用可能なオンラインサービス:Netflix(アメリカや日本など多数のライブラリ)、Amazonプライムビデオ、Disney+、Hulu、HBO Max、YouTube、DAZN Japan、TVer、GYAO!、Abema TV、U-NEXT、Google、Facebook、Instagram、WhatsApp、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ルーター、スマートテレビ、Fireデバイス、ゲーム機など
  • アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応
  • 知識ベース、メール・チャットサポートは日本語に対応

金盾は、ディープパケットインスペクション(DPI)という高度な技術を用いてVPN接続を検出し、ブロックします。しかし、ExpressVPNは全サーバーが難読化に対応していますから、DPIが検出されると、自動的にメタデータを読み取り不可能にしてくれます。設定を変えなくても、金盾を回避できるということです。

ExpressVPNが中国でおすすめの理由の1つは、独自のセキュリティプロトコル「Lightway」が使えるからです。WireGuardと同様、Lightwayは軽くて安全で、高速ですが、WireGuardとは違い、難読化技術と併用できるように設計されています。中国でブロックされているアプリやサイト、オンラインサービスに簡単にアクセスできるようになります。ExpressVPNは同時に最大8台のデバイスで利用可能です。さらに、全サーバーでプライベートDNSが使用されているので、リクエストはサードパーティではなくExpressVPNに直接送信されます。

Screenshot of the ExpressVPN app connected to the USA - Seattle location over web browser streaming a movie on HuluExpressVPNを使うと、SNSやGoogle、幅広いストリーミングサービスにアクセスできるようになります。このようなことができる無料VPNはほとんどありません

ExpressVPNの長距離サーバーはこれまで検証したなかで最速で、中国でもラグなしでストリーミングできます。ほとんどの場合、遠くのサーバーに接続すると速度は少なくとも40~50%低下しますが、ExpressVPNのスペインとブラジルのサーバーに対してスピードテストを行ったところ、平均で7%しか低下せず、Ultra HD画質でストリーミングできました。マカオと香港の近距離サーバーにも接続できます(速度低下率は4%で、遅いと感じませんでした)。また、下でご紹介する完全無料VPNとは違い、データ通信量は無制限です

ExpressVPNは軍レベルの暗号化を採用しており、デフォルトでネットワークに最適な設定を選んでくれます。サーバーはRAMのみで実行されているので(TrustedServerテクノロジー)、サーバーにデータを保存することはほぼ不可能です。さらに、ExpressVPNのノーログポリシーは独立監査済みで、本社は英国領ヴァージン諸島(5・9・14アイズの管轄外)にありますから、プライバシー保護は万全です。

ExpressVPNは2つのミラーURLがありますから、中国国内でもアプリをダウンロードできます。URLは定期的に更新されているため、ミラーサイトに必ずアクセスできます。最新のリンクについては、メールでカスタマーサポートに問い合わせましょう(support@expressvpn.zendesk.com)。ミラーサイトにアクセスすれば、APKファイルとしてAndroidアプリを入手したり、24時間年中無休のライブサポートに問い合わせたり、最新のソフトウェアアップデートをダウンロードしたりできます。サポート担当者に中国でおすすめのサーバーもアドバイスしてくれます。

ExpressVPNは100%無料ではないものの、速度、安全性、サイトやアプリのブロック解除力はトップクラスで、完全無料VPNは足元にも及びません。中国でVPNを使いたい場合はExpressVPNが一番です。安心の30日間返金保証がありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験できます。100%満足できなければ、気軽に全額を返金してもらいましょう。仮想通貨での支払いにも対応していますから、匿名で加入したい場合もおすすめです。

返金保証を守っているか調べるため、24時間年中無休のライブチャットで払い戻しを希望しました。解約理由を聞かれたり、思いとどまるよう説得されたりすることはなく、数分で承認されました。4日後に口座に振り込まれていました。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. Hotspot Shield:中国で日本や海外のストリーミングサービスにアクセスするのにおすすめ

  • Disney+やHBO Maxなど、中国で日本や世界の幅広いコンテンツにアクセスできる
  • 独自プロトコル「Hydra」と256ビット暗号化で金盾を回避
  • データ通信量は毎月15GB(1日当たり500MBまで)
  • 利用可能なオンラインサービス:Disney+、HBO Max、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsApp、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Chrome
  • メールとチャットサポートは日本語OK(登録者のみ)

Hotspot Shieldを使うと、中国からアメリカ版Disney+やHBO Maxにアクセスできるようになります。ほかにも、YouTubeやSpotify、WhatsApp、Facebookのアクセス制限も回避できます。検証の結果、HBO Maxの厳しいアクセス制限を突破して「ラリーのミッドライフ☆クライシス」を見られました。数秒で再生が始まり、途中でバッファすることはありませんでした。その理由の1つは、ブロックされやすいOpenVPNではなく、Hotspot Shield独自のHydra(ヒドラ)プロトコルを使えるからです。

Screenshot showing the Hotspot Shield app connected to the US free server and streaming Curb Your Enthusiasm on HBO MaxHydraプロトコルは長距離でも安定した高速通信をキープし、安全を守るように設計されています

毎月のデータ通信量は15GBで、無料VPNとしてはかなり多いと言えます。1日の通信量は500MBまでなので、ほかの無料VPNとは違い、月当たりの通信量をまとめて使うことはできません。他社の無料VPNのように、1ヶ月のデータを数日で使い切ってしまうことはできませんから、毎日少しずつ使う仕組みになっているのは気になりました。毎日ブラウジングしたり、ドラマを1話見たりできます。

Hotspot Shieldは安定して高速で、中国でストリーミングやブラウジングするのに適しています。アプリには、アメリカに1台ある無料サーバーは速度の上限があると書かれていましたが、速度は17%しか低下しませんでした。19,000キロも離れたサーバーだったことも考えると、無料VPNとしてはかなり高速です。Ping値とアップロード速度への影響も少なく、GmailやInstagramはすぐに表示され、スムーズにブラウジングできました。

無料でアカウント登録することもできますが、登録せずにアプリを使うことも可能です。アカウント登録しなければ、台数制限なしでHotspot Shieldを利用でき、各デバイスで毎日500MBまで通信できます。最大のデメリットは、広告が多いことです。有料プランへのアップグレードを促されます。

3. TunnelBear:中国でブラウジング中、難読化とキルスイッチでデータを隠せる

  • 難読化、キルスイッチ、256ビット暗号化、漏洩対策により、データをしっかり守り、金盾を回避できる
  • 厳格なノーログポリシーがあり、定期的にセキュリティ監査が行われているため、中国でプライバシーを守れる
  • 同時に無制限台を接続可能
  • 利用可能なオンラインサービス:Netflix、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsApp、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android
  • Android、iOSアプリは日本語に対応

無料VPNとしては珍しく、TunnelBearはキルスイッチと難読化機能があります。VPN接続が切れた場合、VigilantBearというキルスイッチがすべてのネット通信を遮断してくれます。DNS漏洩対策は自動で動作します。難読化機能は「GhostBear」と呼ばれており、検証でbbc.comやOutlook、Amazonなどに問題なくアクセスできました。ただし、iOSアプリにはGhostBearがないので、iPhoneで使える中国向け無料VPNが欲しい場合、TunnelBearはベストチョイスとは言えません。

Screenshot showing TunnelBear's security features over a streaming YouTube videoTunnelBearのGhostBearは接続を難読化する機能です。中国でブロックされているサイト(YouTubeなど)にアクセスできるようになります

無料版でも、47か国にある5,000台の全サーバーが利用可能です。ほとんどの場合、無料VPNはサーバー数がかなり少ないので、すべてのサーバーを使えるのは素晴らしいでしょう。中国では、マレーシアや台湾、インドネシアなどの近距離サーバーがおすすめです。アメリカサーバーでNetflixのアクセス制限を回避できました。ただし、アクセスできた人気ストリーミングサービスはNetflixだけでした。通信速度について、HD画質でストリーミングするのに十分な速さです。速度低下率は平均で9%でした。

高性能の広告ブロッカーも内蔵されていて、うっとうしい広告を消すことができました。試したところ、87%の広告とトラッカーがブロックされました。広告は帯域を使用しますし、Webページの表示が遅くなってしまいます。特に、遠くのサーバーに接続すると速度が低下しやすいため、広告をブロックすると速度低下を抑えるのに効果的です。TunnelBearは毎月500MBまでしかデータ通信できないので、広告を受信しなければ通信量を節約できます。

とは言え、1ヶ月当たりの通信量が500MBに制限されているのは残念です。中国の動画配信サービス「Youku」でHD動画を30分しか見られませんでした。しかし、TwitterでTunnelBearをメンションすると、データ通信量を1GB増やしてもらえます。試したところ、1時間以内に追加されていました。無料プランは支払い情報を入力しなくても使えます。メールアドレスを入力する必要がありますが、使い捨てメールアドレスで登録すれば、プライバシーを守れます。

4. hide.me:毎月のデータ通信量は10GB。中国でストリーミングやブラウジングするのに便利

  • 無料のデータ通信量は毎月10GB。中国でブラウジングデータを保護できる
  • 無料ロケーションは8か所。アメリカやイギリスのほかに、中国に近いシンガポールサーバーも利用可能
  • 調整可能なキルスイッチ、256ビット暗号化、ノーログポリシーでプライバシー保護
  • 利用可能なオンラインサービス:Netflix、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsApp、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chrome、Firefox
  • モバイルアプリとデスクトップアプリは日本語に対応
  • チャットサポートは日本語OK

hide.meは毎月のデータ通信量が10GBまで。無料VPNとしては多いほうです。hide.meを1ヶ月試した結果、4.58GBしか使わなかったので、残りのデータでアメリカ版Netflixの映画を2本見られました。また、無料サーバーは8台あり、すべてP2Pファイル共有に対応していますから、大容量ファイルを安全にダウンロードするためにも使えます。uTorrentで映画を3本ダウンロードしても、データが残っていました。

Screenshot showing the Hideme app connected to a US server over a streaming movie on Netflix UShide.meなら、超高速プロトコルWireGuardでアメリカ - 西海岸のサーバーに接続し、安全にNetflixをストリーミングできます

スプリットトンネリングを使えばVPNから除外するアプリを選べるので、データ通信量を節約できます。中国で行った検証では、Chromeの通信をVPNから除外し、Operaの通信をVPNに経由させました。その結果、iQiyiなど中国のサイトにアクセスしながら、ニューヨークタイムズを読んだり、WhatsAppで友達とメッセージしたりできました。

プロトコルは5つから選ぶことができ、そのうち2つ(SSTPとSorftEther)は金盾などのファイアウォールを突破できるように最適化されています。中国で接続トラブルが発生した場合、アプリで別のプロトコルを試すか、VPNを手動で設定してみてください。データとIPアドレスの漏洩を防ぐため、StealthGuardという機能があります。hide.meに接続していなければ特定のアプリを利用できないように設定できるのです。

ほかの無料VPNとは違い、hide.meなら24時間年中無休のライブチャットで問い合わせられます。接続トラブルを解決したい場合に役立ちます。試したところ、VPNの使用を検出されないようにDNS設定を変える方法をアドバイスしてくれました。

hide.meを使うにはメールアドレスを使ってアカウント登録する必要があり、同時に1台のデバイスでしか利用できません。また、Amazonプライムビデオ、HBO Max、Hulu、Disney+など、アクセスできない動画配信サービスが多いのも残念でした。

5. Speedify:複数のインターネット接続を組み合わせて、中国からスムーズに通信

  • 複数の接続を組み合わせ、テレビ会議やストリーミングの速度を改善
  • アプリの言語を簡体字中国語に変えられる
  • シンガポール、インドネシア、韓国の近距離サーバーが利用可能。高速で金盾を回避できる
  • 利用可能なオンラインサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsApp、ほか多数
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux

Speedifyはインターネット接続を組み合わせることで速度を改善しています。SkypeやZoom、WhatsAppなどのVoIPサービスを中国で利用したい場合に便利です。Speedifyのチャネルボンディング機能を使うと、複数のWi-Fi接続、モバイル接続、イーサネット接続を組み合わせることで、速度と安定性を改善できます。スピードテストを行ったところ、iPhoneのアップロード速度が0.9Mbpsから3.8Mbpsに改善されました。

Speed tests demonstrating Speedify boosting speeds by combining connectionsSpeedifyのチャネルボンディングを活用すると速度を改善し、ラグを解消できます

Speedifyの無料スタータープランはアカウント登録しなくても使えるので、メールアドレスを入力する必要はありません。プライバシーを守れますし、すべてのデバイスで使うこともできるわけです。毎月のデータ通信量は2GBまでなので、標準画質で3時間半ほどビデオ通話できます(HD画質だと1時間程度)。

高速通信を実現するため、Speedifyは256ビット暗号化ではなく128ビット暗号化を採用しています。他社のVPNより安全性は低いものの、金盾を回避できますし、厳格なノーログポリシーを順守していますから、安心して使えます。

無料版では35か国に設置されたSpeedifyの全サーバーが利用可能です。シンガポールサーバーに接続したところ、DianPing、Sina、Jingdongなど、中国のサイトにアクセスできました。満員のサーバーもあり、エラーメッセージが表示されてしまいましたが、接続できるサーバーが見つかり、Facebookを1時間ほど快適に見られました

デメリットについて、Speedifyは動画配信サイトにアクセスするためにはおすすめしません。YouTubeの動画は見られたものの、NetflixやDisney+、ESPN、Hulu、BBC iPlayerにアクセスできませんでした。カスタマーサポートを利用できないのも残念です。よくある質問を参考にするしかありません。

【比較表】中国で使える無料VPN

この記事では、中国で使える安全なVPNをご紹介しましたが、機能や特徴は大きく異なります。なぜVPNが欲しいのか考えて選びましょう。

プライバシーを優先したい場合、難読化やキルスイッチ、漏洩対策があるサービスを選びましょう。ストリーミングしたい場合、ストリーミングサービスに確実にアクセスでき、高速で、データ通信量が十分で、複数のロケーションにサーバーがあるVPNを選ぶと良いでしょう。

VPN 難読化 キルスイッチ・データ漏洩対策 速度 毎月のデータ通信量 ロケーション 接続台数
?ExpressVPN あり あり・あり 超高速 無制限 105 8台
?Hotspot Shield なし あり・あり 高速 15GB(1デバイスあたり毎日500MB) 1 無制限
?TunnelBear あり あり・あり 高速 500MB 47 無制限台
hide.me なし あり・あり ふつう 10GB 8 1台
Speedify なし なし・あり 高速 2GB(1デバイスあたり) 35 無制限

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

中国でおすすめの無料VPNの選び方

有料VPNでも中国で利用できるものは限られているため、無料VPN erstwhile VPNはさらに限られます。この記事では、以下の評価項目に基づいて、中国でおすすめの無料VPNを厳選しました。

  • 金盾(GFW)を確実に回避できる。
    利用可能なプロトコルが複数あれば、1つのプロトコルがブロックされても問題ありません。難読化(Stealth、ステルス機能)を活用すると、VPN通信を通常のネット通信に見せかけて、金盾を回避できるようになります。DNSレベルのアクセス制限は、カスタムDNS設定で回避できます。
  • 地域制限を回避できる。
    例えば、中国から日本や中国国外のコンテンツにアクセスしたい場合、日本にサーバーがあるVPNが必要です。残念ながら、大半の無料VPNはサーバーロケーションが少ないので、地域限定コンテンツを閲覧したい場合は、そのコンテンツが利用可能な国にサーバーがあり、本当に地域制限を回避できるVPNを選びましょう(無料VPNはストリーミングサービスのアクセス制限を突破できないことが多いですが、サイトやSNSはアクセスできることがあります)。
  • 高速。
    中国では、国外と通信するための帯域が少ないため、高速VPNを使わなければ国際サイトを快適に閲覧することはできません。また、遠くのサーバーと比べ、近くのサーバーのほうが断然速いので、香港や台湾、シンガポール、インドネシアなどにサーバーがあるか確認しましょう。また、速度を制限しない無料VPNを選びたいものです。この記事に掲載されているサービスは速度制限がありません。
  • データ通信量が十分である。
    少しブラウジングするだけなら無料VPNで用が足りますが、限界があります。ストリーミングやゲーム、IP電話など、データ通信量が多いアクティビティを中国で行いたい場合、格安で高品質のVPNサービスのほうが確実です。
  • 優れたセキュリティ機能が備わっている。
    無料VPNは重要なセキュリティ機能を欠いていることが多いもの。金盾を突破したい場合、安全は絶対に妥協できません。この記事に掲載されているVPNは、128ビットまたは256ビット暗号化でデータを隠してくれます。また、本記事で紹介したサービスはDNS・IPアドレスの漏洩テストに合格し、キルスイッチが搭載されているので、中国でオンラインプライバシーを守れます。
  • 公式サイト以外からVPNをダウンロードできる。
    ここで紹介したVPNは、APKファイルのダウンロードリンクがありますから、中国でVPNを密かにダウンロードできます。ミラーURLから加入してアプリをダウンロードできるVPNもあります(ExpressVPNなど)。
  • 手厚いカスタマーサポート。
    技術的なトラブルに遭遇した場合、24時間年中無休のライブチャット窓口があると安心です。チャットが利用できない場合、少なくともメールや問い合わせフォームでサポートを提供しているか、検索可能な知識ベースで質問を解決できるべきでしょう。
  • 幅広いプラットフォームで使える。
    VPNが大半のデバイス・OSをサポートしていることを確認しました。

注意!無料VPNに潜むリスク

危険な無料VPNはたくさんあります。なかには、ユーザーデータを監視し、第三者に売却して利益を得ている無料VPNもあります。そのようなVPNを使うと、安全が脅かされるだけでなく、パーソナライズされた広告が大量に表示されるようになってしまいます。アプリにウイルスやマルウェアが埋め込まれている悪質な無料VPNもあります。

さらに、無料VPNの多くは、資金不足により、ネット上でプライバシーを守るために必要な高度なセキュリティ機能を提供できず、ネット検閲が厳しい中国で使うためには向きません。脆弱な暗号化を採用していたり、漏洩対策やキルスイッチなどの重要な機能を欠いていたりするケースもあります。

避けるべき無料VPN

金盾を突破できる無料VPNは素晴らしいですが、中国で使えるからと言って必ずしも安全とは限りません。セキュリティを脅かすサービスもあるのです。次の無料VPNは危険なので、絶対に避けてください。

  • Hola Free VPN
    とても人気がありますが、実はVPNではありません。Holaの無料サービスはP2Pネットワークで、他人とIPアドレスを共有することになります。通信は暗号化されませんし、ネットワーク上のほかのユーザーに自分のIPアドレスを知られてしまいます。つまり、誰かがあなたのIPアドレスを使って違法行為を行った場合、あなたが責任を問われるわけです。
  • Touch VPN
    Touch VPNを使うと、大量のユーザーデータを記録されます(ブラウジングアクティビティ、位置情報、デバイス情報など)。また、Touch VPNの提携企業にユーザーデータを監視・記録されます。さらに、本社はアメリカ(5・9・14アイズ同盟の主要な加盟国)にありますから、政府がTouch VPNにユーザーデータの開示を請求した場合、従わなければなりません。
  • LinkVPN
    LinkVPNはどのように設立されたか公表していないので、信用できません。中国の開発者が単独で生み出したVPNであるようです。この開発者は、プライバシーを侵害する怪しいVPN(SuperVPNなど)にも関係しています。LinkVPNのプライバシーポリシーには、ユーザーデータを監視・記録し、提携企業や政府機関と共有する場合があると書かれています。

【クイックガイド】3ステップで簡単!中国向けVPNの設定方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。データ通信量が無制限で、すべてのサーバーで難読化が自動的に有効になるので、金盾を回避できます。30日間返金保証がありますから、安心してExpressVPNを体験できます
  2. 中国国外のサーバーに接続します。必要に応じて難読化をオンにして、キルスイッチと漏洩対策が有効になっていることを確認してください。
  3. 普段と同じようにWebサイトにアクセスできるようになりました。中国でアクセスが制限されているサイトはおよそ30万件ありますが、VPNを使えば日本にいるのと同じようにインターネットを利用できます。

今すぐリスクなしでExpressVPNをお試しください!

中国国内からVPNを入手する方法

金盾はVPNをブロックしていますから、中国国内でVPNを使うには入国前にインストールしておくのがベストです。中国でGoogle Playはアクセスできません。Apple App Storeは利用できますが、入手できないアプリは数千個もあり、政府が認可していないVPNもダウンロードできません。さらに、中国国内ではVPNの公式サイトもブロックされていることが多く、アプリを直接ダウンロードするのは不可能です。

中国国内で無料VPNを入手できない場合、次の方法をお試しください。

  • ミラーサイトを使う。
    ネット検閲が厳しい国で通常のサイトがアクセスできないユーザーのために、ExpressVPNは2つのミラーサイトを提供しています。中国などの国でブロックされないよう、ミラーサイトのURLは定期的に変更されています。ミラーサイトにアクセスすればVPNをダウンロードしたり、ソフトをアップデートしたり、カスタマーサポートに問い合わせたりできます。最新のURLについてはExpressVPNのメールサポートにお問い合わせください(support@expressvpn.zendesk.com)。
  • アプリストアの国を変更する。
    Google Playストアとは違い、Appleアプリストアは中国でもアクセスできます。ただ、中国政府がモニタリングしていないVPNはダウンロードできません。新しいAppleアカウントを作成し、VPNが利用可能な国に設定すれば、回避できます。あるいは、現在使用しているアカウントのリージョンを変えましょう。アプリストアにログインし、プロフィールを開き、国・地域をタップすると変更できます。
  • ホテルのWi-Fiを使う。
    旅行者が母国のサイトにアクセスできるように、中国のホテルのWi-FiはVPNに接続されていることが多いです。そのようなホテルのWi-Fiに接続すれば、VPNをダウンロードできるはずです。
  • ウェブプロキシを使う。
    プロキシはVPNほど安全ではないものの、位置情報を変えられるので、金盾を回避してVPNのサイトにアクセスし、アプリをダウンロードできるようになります。
  • APKファイルをダウンロードする。
    この記事に掲載されているVPNのAPKファイルは、外部サイトから入手できます。ただし、外部サイトのリンクは必ずしも安全とは限りません。マルウェアが含まれている場合もあるので、セキュリティソフトをインストールしてからお試しください。
  • Torブラウザを使う。
    金盾はTorをブロックしようとしていますから、中国で使うにはほぼ毎日設定を変えなければならず、かなり手間がかかります。しかし、設定が完了すれば、Torを使って金盾を回避し、VPNのサイトにアクセスして無料VPNをダウンロードできるようになります。

【よくある質問】中国で使える無料VPN

中国でVPNを使うのは合法ですか?

中国で合法的に使えるのは、政府が認めたVPNだけです。とは言え、VPN企業はネットの自由を支持している傾向があるので、多くのVPNは中国在住者がネット検閲を回避できるように設計された技術が備わっています。中国政府に認可されたVPNは、ユーザーデータを保存して当局と共有しなければならないため、そのような技術を提供できません。

また、認可されていないVPNを使うと罰金を科されたり、告訴されたりする可能性がありますが、実際にそのようになったケースは極めて少なく、中国でVPNを使ったことを理由に旅行者が起訴された事例はありません。とは言え、最新のルールや規制について調べておくことをおすすめします。

中国国内にサーバーがある無料VPNは?

ごく少数です。中国はデータ保持法が非常に厳しいため、中国国内にサーバーを置くとVPN企業はノーログポリシーを守れなくなってしまうのです。また、無料VPNはサーバーロケーションが少なく、アメリカやヨーロッパのサーバーしか使えない傾向があります。とは言え、近隣国に安全なサーバーを提供している無料VPNもあります。マカオや香港、シンガポール、インドネシアなど、金盾が適用されない地域にあるサーバーを使えば、ブロックされたサイトに高速でアクセスできるようになります。

中国でVPNが使えなくなった場合の対処法は?

まず、中国で使えることが実証されているVPNを使っているか確認しましょう金盾は高度な技術を用いてVPN接続をブロックするため、確実に回避できるVPNはごく少数です。中国で使えるはずのVPNが使えない場合、次の対処法をお試しください。

  • プロトコルを変更する。
    セキュリティ設定から変更できます。利用可能なプロトコルをすべてお試しください。VPNサービスの独自プロトコルはうまくいく可能性が高いです。広く使われていないため、中国のファイアウォールに検出・ブロックされにくいのです。独自プロトコルの例として、ExpressVPNの「Lightway」とHotspot Shieldの「Hydra」が挙げられます。また、プロトコルの設定も調整できます。UDPではなくTCPをお試しください。
  • 難読化を有効にする。
    難読化を有効にするとデータがごちゃごちゃになり、VPN通信を通常のネット通信に見せかけることができます。中国のファイアウォールを回避できる可能性が高まるわけです。難読化(Stealth、ステルスなど)がオンになっているか確認しましょう。
  • キルスイッチと漏洩対策を有効にする。
    VPNがデータを漏洩すると、検出・ブロックされる可能性が高くなってしまいます。キルスイッチとデータ漏洩対策機能は必ず有効にしましょう。
  • ポートまたはDNS設定を変更する。
    金盾は、ポートブロックやDNSブロックなどの手法を用いています。hide.meのように、ポートを切り替えたり、デバイスのIPv4とIPv6のDNS設定を1.1.1.1(Cloudflare)に手動で変更したりできるアプリもあります。

AndroidにAPKファイルをダウンロードできる無料VPNは?

この記事でご紹介したVPNはすべてAPKファイルがありますが、Android向けの公式APKを提供しているのはExpressVPNだけです。ExpressVPNの公式サイトから入手できるので、信用できます。他社のAPKファイルは外部サイトから入手することになります。できる限り、APKファイルはVPNの公式サイトからダウンロードするようにしましょう。外部サイトのファイルは検証されていませんから、安全でない場合があります。

中国でVPNが遅い理由は?

中国では外国のコンテンツの多くがブロックされているので、中国からデータを送信するための帯域幅が少ないのです。速度を改善するには、中国に近いVPNサーバー(マカオや香港など)を使うのがおすすめです。これらの地域は特別行政区なので、金盾(GFW)は適用されません。金盾ではディープパケットインスペクションという高度な監視が行われており、外国サイトの表示が遅くなります。中国のサイトと比べると国外のサイトは表示にかなり時間がかかるのです。

どのVPNを使っても速度は少し低下しますが、無料VPNはデータ通信量や速度の上限がありますし、利用可能なサーバーも限られているので、有料VPNより遅くなります。快適にブラウジングやストリーミングをしたい場合は、速度を制限しない格安の高品質VPNを選びましょう

中国でGoogleなどのサイトやオンラインサービスにアクセスできない理由は?

政治的な理由で、中国政府はオンラインコンテンツを厳しく検閲しています。中国でアクセスが制限されているコンテンツを閲覧するには、VPNを使うのが一番安全です。VPNはデータを暗号化し、ファイアウォールにブロックされるのを防いでくれます。また、データは中国国外のプライベートサーバーを経由して送受信されます。中国のファイアウォール(金盾)でブロックされているサイト(Google、YouTube、Facebookなど)にアクセスできるようになるわけです。さらに、難読化機能があるVPNなら、データをスクランブリングして通常のネット通信に見せかけられるので、金盾のVPNブロックを回避できます。

中国でブロックされているSNSとして、Facebook、Twitter、Snapchat、WhatsApp、Instagramなどが挙げられます。また、Google(および関連サービス)、Yahoo、YouTube、Spotify、Netflixなどのストリーミングサービスもアクセスできません。ほかにも、BBCやニューヨークタイムズなどのニュースサイトも利用できません。中国で特定のURLへのアクセスが制限されているか確認するには、こちらのツールをご利用ください。

今すぐ中国向け無料VPNをゲットしましょう

多くの無料VPNは安全性が低すぎて、中国では使えません。DNSの漏洩、弱い暗号化や古いプロトコルを採用しているなどの理由により、金盾に引っかかってしまうのです。この記事でご紹介したVPNなら、安全かつ確実に金盾を回避でき、無料で使えます。

中国で一番おすすめなのはExpressVPNです。高度な難読化技術により、設定を変えずにそのまま使っても、金盾の検出を避けられます。中国でブロックされているアプリやサイト、ストリーミングサービスを多数試したところ、問題なくアクセスできました。無料ではありませんが、高性能でデータ通信量が無制限であることを考えると、無料VPNより優れているのは間違いありません。30日間返金保証がありますから、安心してExpressVPNを体験できます

中国でおすすめの返金保証付きVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
85% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
73% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。