情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

VPNの速度を徹底比較し、高速VPNを10社厳選!│2022年

最速のVPNと主張するサービスが多いなか、本当に速いVPNがどれか見極めるのは困難です。しかし、VPNを選ぶうえで、安定した高速通信は妥協できません。超高速VPNでなければ、快適に動画やブラウジング、ゲーム、トレントができないからです。

本当に最速のVPNを調べるため、当サイトの調査チームが、85社以上のVPNに対してスピードテストを実施しました。数か月かけて、時間帯を変えて速度を計測したほか、長距離サーバーと短距離サーバーの速度を比較しました。また、インターネットサーフィンや動画の視聴など、アクティビティが異なると速度に影響するか徹底的に検証しました。

結論として、速で、速度が最も安定しているのはExpressVPNであることが分かりました。Lightwayという超高速の独自プロトコルを提供しており、94か国に3,000台のサーバーがありますから、いつも安定した接続を確立できます。また、アプリは使いやすく、簡単に最速の通信となります。ExpressVPNをリスクなしで体験することも可能です。30日間返金保証がありますから、ニーズに合わなければ気軽に返金してもらえます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

お急ぎですか?2022年に最速のVPNはこちら!

  1. ExpressVPN:超高速Lightwayプロトコルと巨大サーバーネットワークにより、世界中どこでも安定した高速通信を実現。アプリで素早く高速サーバーに接続できます。
  2. CyberGhost:最適化されたサーバーにより、高速で動画やトレントを楽しめます。サーバーネットワークは大規模で、回線混雑や速度低下を防ぎます。
  3. Private Internet Access:巨大なサーバーネットワークで安定した接続に。多機能で、設定を調整してさらに高速化できます。残念ながら、アメリカのサーバーはトレントに対応していません。
  4. IPVanish:使いやすく、容易に高速通信を確立できます。ただし、すべての動画配信サービスにアクセスできるわけではありません。
  5. PrivateVPN:セキュリティ設定をカスタマイズして、瞬時に通信を高速化。しかし、サーバーネットワークは小さめです。

他にも超高速VPN5社をご紹介

最速のVPNの完全分析【2022 7月更新】

1. ExpressVPN:超高速のLightwayプロトコルと大規模なサーバーネットワークが優秀な速度を実現

  • 独自のLightwayプロトコル
  • 軍レベルの暗号化、RAMベースのサーバー、データ漏洩対策、実証済みのログなし方針
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(アメリカ版、イギリス版など多数)、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、Abema TV、TVer、DAZN、GYAO、U-NEXTなど
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど
  • アプリは日本語に対応
2022年7月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

Lightway という独自プロトコルを提供しているExpressVPNは、私がこれまで使った中で最速のVPNです。ベース値を把握するために、VPNに接続していない状態でスピードテストを行ったところ、268.24 Mbpsでした。次に、OpenVPNプロトコルで直近のダラスサーバーに接続すると、251.02 Mbpsとなりました。VPNに接続すると、通信は暗号化されてから遠隔のVPNサーバーに送信されますから、速度はわずかに低下します。ですが、Lightwayプロトコルに切り替えたところ、259.50 Mbpsに改善されました。ベース値より6%しか速度が低下しなかったわけです。Huluでドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」をUHD画質で4話見たのですが、再生が途絶えることは一度もありませんでした。

Speed test results while using ExpressVPN connected to 6 different server locations

ExpressVPNの「スマートロケーション」機能を使うと、現在地で最速のサーバーに自動接続できます

サーバーネットワークはかなり大規模で、日本を含む94か国に3,000台のサーバーがあります。まず、アメリカの近距離サーバー3台でスピードテストを実施した結果、平均ダウンロード速度は221.58 Mbpsでした。次に、3台の長距離サーバーをテストしました(ブラジル、フランス、東京)。平均速度は179.22 Mbpsで、UHD画質で動画を見るのに必要な速度の7倍以上でした(PUBGのようなペースの速いオンラインゲームに必要な速度の約12倍)。ここまで速ければ、世界中どのサーバーでも、快適に動画やゲーム、トレントができます。

アプリはスピードを改善するよう最適化されており、最速のサーバーに接続できます。「スマートロケーション」機能を使えば、最速のサーバーに瞬時に自動接続できます。また、アプリにはスピードチェックツールも内蔵されており、ExpressVPNの全サーバーのPing値、ダウンロード速度、アップロード速度が表示されます。ほかにも、スプリットトンネル機能を活用すると、指定したサイトの通信だけ暗号化できるので、通信の低下を最小限に抑えられます

唯一の欠点は、他社より割高であることです。料金プランは$6.67/月~となっています。幸い、ExpressVPNは割引やクーポンを提供しており、今回は49%オフで加入でき、契約が無料で3か月延長されました。短期プランでも同じ機能が利用できますが、かなり高いので、長期サブスクリプションの方がお得です。

30日間返金保証がありますから、リスクなしでExpressVPNの高速通信を実感できます。満足できない場合、簡単に全額を返金してもらえます。サービスを27日間テストした後、24時間年中無休のチャットで返金をリクエストしました(チャットには自動翻訳機能があるので、日本語でもやり取りできます)。返金手続きはかなり簡単でした。利用体験について質問に答えたところ、すぐに承認され、2日後に全額が振り込まれていました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. CyberGhost:最適化されたサーバーで素早く高速通信に

  • 特設サーバーで快適に動画やトレント、ゲームが楽しめる
  • 軍レベルの暗号化、データ漏洩対策、広告・マルウェアブロッカー、厳格なログなし方針
  • 7台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(アメリカ版、イギリス版、日本版など数多くのライブラリ)Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ(アメリカ版、イギリス版、日本版など)、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど
  • ほとんどのアプリが日本語に対応
2022 7月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在82%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

最適化されたサーバーを提供しているCyberGhostなら、高速でストリーミングやトレント、オンラインゲームを楽しめます。特設サーバーはアプリから簡単に接続でき、普通のサーバーより約11%速いことが分かりました。ストリーミングサーバーにはそれぞれ、どの動画配信サービスにアクセスできるか明記されています。アメリカ版Netflix用サーバーのテストで、ドラマ「The Sinner -記憶を埋める女-」を3話見たのですが、次のエピソードはすぐに再生され、読み込みに時間がかかることもありませんでした。また、途中でバッファせずにUHD画質で動画を視聴できました。

日本を含む91か国に7,793台のサーバーがありますから、いつも確実に高速通信となります。ダラス、シカゴ、アトランタのサーバーをテストしたところ、平均で211.79 Mbpsとなり、速度低下率は23%でした。かなり優秀な結果です。バンコクとオークランドの長距離サーバーでも、速度が146 Mbpsを下回ることはありませんでした。ヨハネスブルグのサーバーでは大幅な速度低下が見られましたが、Netflixでバッファせずに「ウィッチャー」を3話見られました。

Speed test results while using CyberGhost connected to 6 different server locations

近距離サーバーは安定して高速でしたが、一部の長距離サーバーでは速度低下が見られました

セキュリティプロトコルを変えると速度を改善できます。VPNは通信を暗号化しますから、速度がある程度低下するのは避けられませんが、近距離サーバーでOpenVPNからWireGuardプロトコルに切り替えたところ、約5%も高速化できました。IKEv2にも対応しています。このプロトコルは安定していますが、やや遅いようです。

残念ながら、南アフリカ(ヨハネスブルグ)など、遠くのサーバーは近距離サーバーほど高速ではありませんでした。また、ドイツに接続すると、YouTubeの動画を読み込むのに1分もかかってしまいました。幸い、サーバー数が多く、ドイツ国内にも数か所にサーバーがあるのでドイツの別のサーバーに切り替えることで速度を改善できました。

サブスクリプションにわずか$2.29/月で加入できます。2年プランに申し込んだところ、契約が無料で2か月延長されました。短期プランでも同じ機能が利用できますが、コストはかなり高いでしょう。長期プランの方がお得です。

長期プランは安心の45日間返金保証付きです。加入から28日後に24時間年中無休のチャットで返金をリクエストしました(チャットサポートは英語、フランス語、ドイツ語、ルーマニア語に対応しています)。サポートスタッフは押し付けがましくなく、解約理由しか聞かれませんでした。すぐに払い戻しが承認され、3日後に銀行口座に振り込まれていました。

今すぐCyberGhostをお試しください!

3. Private Internet Access:巨大サーバーネットワークにより、世界中どこでも超高速

  • 日本を含む84か国に29,650台のサーバー。帯域は無制限
  • MACEが広告やトラッカー、マルウェアをブロック
  • 軍レベルの暗号化(256ビット・128ビット)、キルスイッチ、データ漏洩対策
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、スマートテレビ、ルーターなど
  • アプリは日本語に対応
2022 7月最新情報:PIAはもともと安いサービスなので割引キャンペーンを行うことはあまりないのですが、今なら圧倒の82%オフでご利用いただけます

Private Internet Access(PIA)のサーバーネットワークは業界最大級で、近くに多数のサーバーがありました。近距離サーバーに接続すると、データは長距離を移動しなくて済みますから、より高速となります。3台の近距離サーバー(ヒューストン、米国テキサス、デンバー)をテストしたところ、平均で167.48 Mbpsでした。また、回線は混雑しておらず、速度は安定していました。PIAの近距離サーバーでゲーム中にスピードテストを実施した結果、最高のパフォーマンスで、ラグや速度低下なしで「VALORANT」をプレイできました。

Private Internet Access speed test results from 6 different server locations

ドイツのサーバーに接続したところ、バッファせず快適にHD画質でNetflixを見られました。しかし、フランクフルトのサーバーでゲームしようとしたところ、Ping値が高く、レイテンシのトラブルに遭遇しました

最速の通信を実現するため、アプリにはさまざまな機能があります。頻繁にトレントする上級ユーザーは、「ポートフォワーディング」でより多くのシーダーに接続し、ファイルを高速ダウンロードできます。また、「SOCKS5プロキシ」も利用できるので、トレントの速度を改善できますが、通信は暗号化されないため、安全性を妥協することになります。テストでは「スプリットトンネル」を使うと高速化できることが分かりました。Netflixの通信だけVPNに転送することで、暗号化されるデータ量を減らしたのです。

優秀なセキュリティプロトコルを選ぶと高速通信を維持できます。OpenVPNプロトコルで長距離サーバー3台を試したところ、平均速度は97.24 Mbpsに低下しました。しかし、WireGuardに切り替えると、平均速度は104.59 Mbpsに改善されました。オーストラリアのサーバーで、uTorrentを使って映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」をダウンロードしたのですが、790MBのファイルを約3分でダウンロードできました。

PIAの欠点は、本社がアメリカにあることで、プライバシー保護の観点で素晴らしいとは言えません。しかし、PIAはログなし方針を守っていることが裁判で実証されています。FBIがデータの引き渡しを求めたところ、PIAは応じられなかったのです。このことを踏まえると、個人情報を安心して託せるVPNだと言えます。

長期サブスクリプションであればわずか$2.19/月で加入できます。契約が数か月無料で延長されることもあります。同時接続台数は10台です。長期プランを選ぶのがおすすめです。短期プランでも同じ機能が使えますが、コストが高くなってしまいます。

PIAのプランは安心の30日間返金保証付きです。25日間試してから返金をリクエストしたところ、スムーズにできました。24時間年中無休のチャットでくつか質問に答えるだけで、4日以内に口座に振り込まれていました。

今すぐPIAをお試しください!

4. IPVanish:直感的なインターフェースで最速のサーバーが簡単に見つかる

  • 各サーバーのPing値と負荷率がアプリに表示される
  • 75か国に2,000台のサーバー。東京のサーバーも利用可能
  • IP・DNS漏洩対策、256ビット暗号化、キルスイッチ
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、HBO Max、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど
IPVanish2022 7月割引:有効なIPVanish 割引は珍しいですから、この割引が見つかったのは驚きました!こちらをクリックして今すぐIPVanishを77%オフでご利用ください!割引は自動的に適用されるのでコードは必要ありません。

IPVanishの多機能アプリは、高速サーバーに容易に接続できるようにデザインされています。各サーバーに1~100の数字が表示され、サーバーがどれくらい混雑しているか把握できます(数字が小さいほど高速)。また、サーバーのPing(応答時間)がミリ秒で表示されます。Pingが低いほどラグが少なく、動画やブラウジング、ゲーム、トレントを快適に楽しめます。

また、IPVanishの「Quick Connect」で最速のサーバーに自動接続することも可能です。この機能を試すため、国(今回はスペイン)を選び、Best available city > Connectの順にクリックしたところ、スペインで最速のサーバー(マドリード)に瞬時に接続されました。Netflixを4K画質で視聴できたので、後で簡単に接続できるよう、サーバーをお気に入りに追加しておきました。

IPVanishはさまざまなプロトコルに対応しているので、速度とセキュリティのバランスを考えて選べます。高速プロトコルとして、WireGuard、PPTP、OpenVPNが挙げられます。また、OpenVPNはUDPとTCPから選ぶことができ、通信をスクランブルすることも可能です。TCPより速いOpenVPN UDPで3台の近距離サーバーをテストしたところ、平均速度は155.28 Mbpsでした。ストックホルム、ブカレスト、オークランドのサーバーの平均速度は121.96 Mbpsで、UHD画質で動画を見るのに十分な速さでした。

IPVanish speed test results from 6 different locations

世界各国のサーバーで一貫した結果となりました

残念ながら、IPVanishでDisney+とHuluにはアクセスできませんでしたが、NetflixやHBO Maxなど、他の動画配信サービスには高速で簡単にアクセスできました。

複数の料金プランがあり、一番安いのは$2.50/月です。IPVanishは同時接続台数が無制限であることを考えると、コスパの高いサービスと言えます。機能は全プラン共通ですが、月払いプランは月額料金がかなり高いので、長期サブスクリプションの方がお得です。

さらに、IPVanishの30日間返金保証で速度を実感することもできます。返金手続きを確認したところ、サポートに問い合わせなくても返金してもらえることが分かりました。IPVanishのアカウントにログインし、手順に従うだけで数秒で解約できたのです。5日後に返金されていました。また、チャットには自動翻訳機能がありますから、日本語で問い合わせられます。

今すぐIPVanishをお試しください!

5. PrivateVPN:セキュリティ設定を変えて、速度を改善

  • 複数の暗号化レベルとプロトコルに対応。キルスイッチとデータ漏洩対策も
  • ポートフォワーディング
  • 63か国に200台のサーバー。東京にもサーバーあり。帯域は無制限
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど

PrivateVPNでは、暗号化レベルを選べます。VPNは通信を暗号化するので速度はある程度遅くなりますが、暗号化水準を下げる(256ビットから128ビットに切り替える)ことで、速度を改善できます。しかし、安全性が低くなってしまうので、ネット銀行など、機密情報にアクセスするときなどにはおすすめしません。

アプリには、最速のサーバーを選ぶのに役立つ情報が表示されます。各サーバーのPing値を閲覧できるのです。また、「直近サーバー」機能が便利だと思いました。クリックすると、現在地に一番近いサーバー一覧が表示されました。直近のサーバー(ダラス)に接続したところ、144.57 Mbpsでした。しかし、デンバーのサーバーの方が混雑しておらず、高速だったので、後で接続できるようにお気に入りに登録しました。

全世界で高速通信を提供するために、PrivateVPNはハイクオリティネットワーク(HQN)サーバーを採用しています。サーバーをIPトランジットサービスから直接購入することで、ホスティング企業による速度低下を防いでいるのです。スピードテストで、アムステルダムとチューリッヒのサーバーが感心するほど速いことが分かりました。平均で161.06 Mbpsとなり、長距離接続でここまで速いのは驚異的です。しかし、ブリスベンのサーバーはわずか9.25 Mbpsで、かなり遅いでしょう。幸い、PrivateVPNはオーストラリアのパースにもサーバーがあり、53.62 Mbpsで、より高速でした。

PrivateVPN speed test results from 6 different locations

今回テストした国外サーバーのほとんどは、国内サーバーとほぼ同じ結果となりました

PrivateVPNの欠点は、サーバーネットワークの規模が小さめであることです。サーバーが1台しかない国もあります。しかし、テストしたサーバーはほとんどすべて、安定して高速でした。HD画質で動画を見られたほか、ブラウジングやゲーム、トレントをしても、VPNに接続していることを忘れるほどでした。

サブスクリプション料金は$2/月~なので格安で、10台までデバイスを接続できます。短期プランもあり、全プランで同じ機能が利用できますが、割引率が高い長期プランを選んだ方がお得でしょう。

プランは30日間返金保証付きなので、PrivateVPNを無料体験できます。返金手続きは簡単で、すぐに終わります。試しに、チャットで払い戻しをリクエストしました。いくつか質問に答えるだけで返金が承認され、1週間以内に銀行口座に振り込まれていました。

今すぐPrivateVPNをお試しください!

6. ProtonVPN:VPN Acceleratorで速度制限を克服

  • VPN Accelerator機能
  • 256ビット暗号化、データ漏洩対策、キルスイッチ
  • 10台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、ABC iview、Sling TVなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど

ProtonVPNは「VPN Accelerator」機能で通信を高速化します。複数の技術を組み合わせることで、CPUの制限を克服し、TCP通信を改善できるのです。この機能を有効にする前に直近のサーバー(US CO #10)でスピードテストを行った結果、速度は262.13 Mbpsで、ベース値の301.84 Mbpsから14%も低下しました。次に、VPN Acceleratorを有効にすると速度は291.27 Mbpsに改善され、低下率はわずか4%でした。

Speed test results using ProtonVPN connected to 4 different server locations

テストでは利用可能な最速のプロトコル(WireGuard)を選びました。国外サーバーも超高速です

アプリではVPN設定を細かく変えられます。複数のプロトコルに対応していますが、WireGuardが最速です。スプリットトンネル機能もあり、広告ブロッカーを内蔵しているので、ポップアップ広告をブロックしてサイトの表示を高速化できます。さらに、お気に入りのサーバープロフィールを作成でき、現在地で最速のサーバーを一覧にまとめるのに役立ちました。

サーバーネットワークは大規模で、日本を含む63か国に1,787台のサーバーがあります。ウクライナとニュージーランドのサーバーでスピードテストを実施したところ、平均ダウンロード速度は199 Mbpsでした。若干の速度低下が見られましたが、遅いと感じられるほどではなく、ラグなしで動画を視聴できました。高速サーバーが多数あるProtonVPNは、世界中でコンテンツをストリーミングするのにピッタリです。

唯一の欠点は、ProtonVPNのプラスプラン以外は速度が制限されていることです。プラスプランでは全サーバーに自由に接続でき、同時接続台数は10台です。より低価格のベーシックプランもありますが、利用できる機能がかなり限られています。幸い、割引があることが多く、今ならProtonVPNのプラスプランに$4.99/月で加入できます。

30日間返金保証もあります。試しに、公式サイトの問い合わせフォームからリクエストを送信してみました。ProtonVPNの場合、返金されるのは未使用の日数分だけです。今回は契約が14日残っていたので、その分の料金が翌週に振り込まれていました。

今すぐProtonVPNをお試しください!

7. Hotspot Shield:長距離接続の速度低下を抑えるカタパルトヒドラ

  • カタパルト・ヒドラプロトコル
  • 日本を含む110か国に1,800台のサーバー。帯域は無制限
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、Amazonプライムビデオ、Vudu、Showtime、Discovery Plusなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど

Hotspot Shieldの独自プロトコル「カタパルトヒドラ」を使用すると、長距離接続でも超高速通信が期待できます。試したところ、テキサスのサーバー2台の平均速度は121.59 Mbpsでした。特に、数千マイルも離れたアルメニアのサーバーで速度は86.13 Mbpsにしか低下せず、感心するほど優れた結果となりました。Netflixの映画「カーゴ」をバッファせず楽しむのに十分な速さです。

Speed test results using Hotspot Shield connected to 4 different server locations

大規模なサーバーネットワークがあり、高速なので、動画を見るのにぴったりです。

アプリは使いやすく、最速のサーバーを選ぶのに必要な情報が表示されます。例えば、スピードテストツールが内蔵されており、トレントファイルのダウンロードに最適な国内サーバーを見極めるのに役立ちました(全サーバーで制限なくトレント可能)。サーバーの負荷率とレイテンシも閲覧できますが、接続しなければこれらの情報は表示されません。ExpressVPNのアプリでは、接続しなくてもこれらのデータが見られますから、Hotspot Shieldより良いでしょう。

もう1つの高速化機能は、SmartVPNです。VPNを経由しないアプリを指定できるスプリットトンネル機能で、設定画面から簡単に使えます。普段の接続でデータを送受信したいアプリを選ぶだけでOKです。暗号化が不要な通信は、暗号化しないように設定できます。

料金は$2.99/月~で、他社と比べると高めでしょう。しかし、加入した際、Hotspot Shieldの一部のプランが最大77%オフであることが分かりました。短期プランもありますが、かなり割高です。

45日間返金保証を活用すれば、無料で速度を実感できます。返金してもらうには、24時間年中無休のライブチャットでお願いするだけです。解約理由を聞かれましたが、ほんの数分で払い戻し手続きが開始され、7日後に全額が振り込まれていました。チャットサポートには自動翻訳機能がありますから、日本語でサポート担当者とやり取りできます。

今すぐHotspot Shieldをお試しください!

8. ZenMate:特設サーバーで快適に動画とトレントが可能

  • 動画の視聴とトレントに最適化されたサーバー
  • 軍レベルの暗号化、DNS・IP・WebRTC漏洩対策、キルスイッチ
  • 無制限台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど
  • Mac、iOS、Androidアプリは日本語に対応

ZenMateは、快適に動画やトレントができるよう、最適化されたサーバーを提供しています。アプリを起動すると、画面左側から最適化されたサーバーに接続できます。トレント用サーバーには負荷率と距離が表示され、最速のサーバーが見極めやすいでしょう。バハマのサーバーを使ったところ、わずか3分で1GBのファイルをダウンロードできました。

81か国に4,400台のサーバーがあり、東京にもサーバーが用意されています。混雑していないサーバーが確実に見つかるはずです。テストでは、「Amazon Prime US」というサーバーで少しラグが発生しました。負荷率が高かったからでしょう。シカゴのサーバーに切り替えたところ、140.61 Mbpsで、特設サーバーより77%も速くなりました。動画はすぐに再生され、バッファしなくなりました。

Speed test results using ZenMate connected to 4 different server locations

アメリカとカナダのサーバーは高速でしたが、長距離サーバーの結果はまちまちでした。

アプリには、速度を改善するのに役立つさまざまな情報が表示されます。サーバーとの距離や負荷率だけでなく、接続中のユーザー数も閲覧できます。ZenMateの「ベストサーバーロケーション」機能で最速のサーバーに自動接続することも可能です。

ZenMateの長距離サーバーはかなり低速なのが唯一の不満点ですが、近距離サーバーはストリーミングやゲーム、トレントに十分な速さでした。

料金はわずか$1.99/月~なので、手頃でしょう。今回は最もお得なアルティメットプランを選び、契約が無料で3か月延長されました。ブラウザ向けのProプランもあります(Chrome、Firefox、Edgeで利用可能)。しかし、コスパが最高なのはアルティメットプランでしょう。ブラウザだけでなく、スマホやタブレット、macOS、Windows、ルーターなどさまざまなデバイスをカバーできます。

30日間返金保証を活用すれば、ZenMateを無料体験できます。公式サイトのライブチャットで返金保証を守っているか実験してみました。解約理由を説明し、いくつか質問に答えると、払い戻しが承認されました。翌週までに全額が口座に振り込まれていました。

今すぐZenMateをお試しください!

9. hide.me:Bolt機能で通信を高速化

  • ボルト機能
  • 75か国に帯域が無制限のサーバーが2,000台。東京にもサーバーあり
  • 軍レベルの暗号化、データ漏洩対策、自動キルスイッチ、ログなし方針
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、Disney+、HBO Max、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、ブラウザ、ゲーム機、スマートテレビ、Fireデバイス、ルーターなど
  • アプリは日本語に対応

hide.meのアプリのBolt(ボルト)機能は、通信の高速化に役立ちます。特に、Windowsは UDP通信の処理が苦手なので、通信が遅くなることがありますが、ボルト機能をオンにすると、できる限りUDPを避け、強制的にTCPが使用されます。ダラスのサーバーでこの機能を試したところ、15%も高速化できました。

Speed test results using hideme connected to 4 different server locations

長距離サーバーはかなり低速でしたが、バッファなしで映画を見られました。

ポートフォワーディングやスプリットトンネルなど、高速化に役立つ追加機能もあり、使いやすいと思いました。各サーバーのPingも表示され、ゲーム中にテストを行った際に便利でした。1分以下でPingが29ミリ秒の近距離サーバーに接続され、ラグなしでコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアをプレイできました。

プロトコルは複数から選べますが、WireGuardが最速でした。テストで、韓国のサーバーを試したとき、OpenVPNプロトコルでは10.14 Mbpsだったのですが、WireGuardに切り替えると16.76 Mbpsに改善されたのです。どちらもDisney+の韓国ドラマ「スノードロップ」を見るのに十分な速さで、途中で再生が止まることはありませんでした。

長距離サーバーはPing値が高く、200ミリ秒以上のサーバーがほとんどでした。他社のVPNでも、サーバーが遠ければPing値が高くなってしまいますが、海外の対戦相手とゲームしたい場合は向きません。とは言え、近距離サーバーでは快適にゲームプレイでき、長距離サーバーでも海外コンテンツをストリーミングするのに十分な速さでした。

料金について、hide.meを$4.16/月でゲットできます。このプランに加入したところ、契約が2か月無料で延長されました。長期プランが一番お得です。短期プランでも同じ機能が利用できますが、月額料金がかなり高くなってしまいます。また、10台のデバイスを同時に接続できます。

すべてのサブスクリプションが返金保証付きで、確実に返金してくれます。返金保証を検証するため、24時間年中無休のライブチャットで払い戻しをリクエストしました。解約理由を聞かれることもなく、翌週に返金されていました。なお、チャットには自動翻訳機能が搭載されていますから、日本語でカスタマーサポートとやり取りできます。

今すぐhide.meをお試しください!

10. TunnelBear:使いやすく、簡単に高速接続を確立

  • アプリが使いやすい(AndroidとiOSアプリは日本語に対応)
  • 軍レベルの暗号化、ログなし方針、自動キルスイッチ
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix、HBO Max、Amazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Vuduなど
  • 対応機器:Windows、macOS、iOS、Android

TunnelBearのアプリはとても操作しやすいのが特長です。世界地図にサーバー地点が表示され、地点をクリックするだけで接続できます。一覧からサーバーを選ぶより簡単だと思いました。また、「Fastest Tunnel」機能を使うと最速のサーバーに自動接続できます。デフォルトプロトコルはOpenVPNで、TCPより高速のUDPがおすすめです。

また、通信の安定性を改善する「TCP Override」機能もあります。この機能はmacOSとWindowsで利用可能で、通信が途切れやすいときにアプリの設定画面からワンクリックで有効化できます。Windowsのノートパソコンでテストしたところ、Netflixの映画「ドント・ルック・アップ」の読み込み時間を大幅短縮できました。

日本を含む48か国に2,600台のサーバーがありますから、安定したサーバーがすぐに見つかるでしょう。アメリカとカナダのサーバー地点を試したところ、平均で118.90 Mbpsでした。しかし、台湾のサーバーはかなり遅く、HD画質で動画を見ようとしたのですが、途中で何度もバッファしてしまいました。ヨーロッパのサーバー地点(コペンハーゲンなど)は高速で、HD画質で快適に動画を見られました。

Speed test results using TunnelBear connected to 4 different server locations

カナダのサーバーは超高速で、スムーズにゲームをプレイできました

欠点の1つは、返金保証がないことです。しかし、サブスクリプション料金は手頃で、わずか$3.33/月でTunnelBearに加入できます。

今すぐTunnelBearをお試しください!

比較表:最速のVPN

高速VPNなら、近距離サーバーだけでなく、長距離サーバーでも高速通信となります。ただし、長距離でも高速なVPNがある一方で、近距離サーバーしか速くないVPNもあります。また、通信が突然止まってしまわないように、VPNの安定性にも注目しましょう。超高速プロトコルと大規模なサーバーネットワークを提供しているVPNなら、速度低下を最小限に抑えられます。

VPNを使うと、ある程度の速度低下は避けられませんが、速度に影響する要因は他にもあります。例えば、普段の速度や現在地、時間帯、インターネットサービスプロバイダなどによって通信速度は異なるのです。理想的には、近距離サーバーの速度低下率は40%以下であるべきです。また、VPNに接続しても25 Mbps以上であるべきです。そうすれば、超高速通信で快適に動画やブラウジング、ゲーム、トレントなどを楽しめます。

最低価格(月額換算) 近距離サーバーの速度低下率 遠距離サーバーの速度低下率 全体的な安定性 サーバー数 最速のプロトコル 日本語に対応
🥇ExpressVPN $6.67/月 6% 34% 最高 94 か国に3,000台のサーバー Lightway
🥈CyberGhost $2.29/月 23% 59% 素晴らしい 91 か国に7,793台のサーバー WireGuard ほとんどのアプリ
🥉PIA $2.19/月 38% 51% 良い 29,650か国に84 台のサーバー WireGuard
IPVanish $2.50/月 41% 54% まあまあ 75 か国に2,000台のサーバー WireGuard ×
PrivateVPN $2/月 48% 60% 良い 63 か国に200台のサーバー OpenVPN ×
ProtonVPN

(プラスプラン)

$4.99/月 14% 34% 素晴らしい 63 か国に1,787台のサーバー WireGuard ×
Hotspot Shield $2.99/月 56% 72% 良い 110 か国に1,800台のサーバー カタパルトヒドラ ×
ZenMate $1.99/月 42% 97% まあまあ 81 か国に4,400台のサーバー OpenVPN Mac、iOS、Android
hide.me $4.16/月 56% 97% まあまあ 75 か国に2,000台のサーバー WireGuard
TunnelBear $3.33/月 57% 96% まあまあ 48 か国に2,600台のサーバー OpenVPN

今すぐExpressVPNをお試しください!

高速VPNの選び方

VPNの速度はオンラインアクティビティの快適さに大きな影響を与えます。VPNが遅いと、サイトやゲーム、アプリを読み込んだり、アクセスしたりするのに時間がかかってしまいます。スムーズにストリーミングやブラウジング、ゲーム、トレントするには、25 Mbps以上が推奨されます。

テストではWindows 10のノートパソコンを使い、速度のベース値は250 Mbps程度でした。より正確な結果になるよう、テストでは同じブロードバンド回線とスピードテストツールを使いました。以下の方法で最速のVPNを厳選しました。選ぶ際の参考にしてみてください。

  • 最速のプロトコルが提供されていることを確認。
    この記事に掲載されているVPNはすべて業界最速のプロトコルを提供しています。ほとんどの場合、WireGuardが最速です。また、独自プロトコルを提供しているVPNもあります(ExpressVPNのLightwayとHotspot Shieldのカタパルトヒドラなど)。独自プロトコルは、より高速になるよう最適化されており、WireGuardより速いこともあります。
  • ダウンロード速度を記録。
    VPNの最小ダウンロード速度が25 Mbps以上であることを確認しました。ここまで速ければ、快適に動画やゲームを楽しんだり、高速でブラウジングしたり、素早くトレントをダウンロードしたりできます。
  • 安定性も検討。
    各社VPNの速度を1日当たり3回テストし、時間帯を変えても速度が安定していることを確認しました。当サイトの調査チームと協力して、数か月にわたってVPNをテストし、一貫しない結果を指摘しました。
  • 世界各国のサーバーをテスト。
    外国のサーバーに接続すると、地域制限がかかったさまざまなコンテンツにアクセスできるようになりますが、長距離サーバーでは速度が大幅に低下することがあります。回線混雑を避けられるよう、各社VPNが大規模なサーバーネットワークを提供していることを確認しました。また、近くのサーバーでも遠くのサーバーでも、一貫して速いVPNを選びました。
  • PingとP2P機能を検討。
    VPNのスピードを評価する際、主な指標はダウンロード速度ですが、Ping値(レイテンシ)も重要です。特にゲームではPing値が低いほど有利になります。Pingとは、入力の処理にかかる時間のことで、応答の速い接続を選べるよう、Pingを表示するVPNをご紹介しました。また、トレントの速度を改善する機能(SOCKS5プロキシやポートフォワーディングなど)があるVPNも厳選しました。
  • 返金保証を精読。
    この記事に掲載されているVPNはすべて、返金保証または無料版を提供しているので、安心してお試しください。実際にVPNのスピードを体験し、満足できなければ気軽に返金してもらえます。

【クイックガイド】3ステップで簡単にVPNのスピードテストを行う方法

  1. VPNをゲットします。ExpressVPNがおすすめです。超高速の独自プロトコル「Lightway」を提供しているほか、大規模なサーバーネットワークにより、世界中どこでも安定して高速です。
  2. 速度のベース値をチェックしましょう。VPNに接続する前に、ネット上のスピードテストツール(Ooklaなど)で速度のベース値を測定し、数値を書き留めてください。
  3. VPNに接続し、テストを行います。VPNのサーバー一覧からテストしたい地点を選びます。近距離サーバーが一番速いはずです。次に、同じツールでスピードテストを再度行います。VPNに接続前の速度と結果を比べましょう。

今すぐ最速のVPNをお試しください

VPNの速度を改善する方法

VPNを使うとネット通信が少し遅くなります。ここでは、VPNの速度低下を最小限に抑え、高速化する方法をご紹介します。

  • イーサネットケーブルを使う。
    イーサネットケーブルでパソコンをインターネットに直接接続すると速度が最速になります。ベース速度をできるだけ速くすることでVPNに接続しても速いと感じられるようになります。Wi-Fiは必要な時だけ使うようにしましょう。
  • 近くのサーバーに接続する。
    通信距離が長いほど速度が低下する傾向があります。できる限り、直近のサーバーを選びましょう。個人情報を隠し、個人を特定されないようにしたい場合、海外サーバーではなく、同じ都市のサーバーでOKです。
  • 適切なVPNプロトコルを使う。
    安全性の高いプロトコルは、暗号化されたデータを送受信するのに時間がかかり、速度が低下してしまいます。セキュリティを下げると速度がアップするわけです。とは言え、テストでは、WireGuardはスピードとセキュリティを両立していることが分かりました。
  • スプリットトンネルを設定する。
    この機能は一部のVPNが提供しています。どのアプリやサイトの通信をVPNに経由させるか選ぶことができ、他の通信は普段のネットワークで送受信されます。例えば、「銀行やトレントアプリとの通信だけVPNで保護したい。Netflixの地域は変えたくない」という場合はスプリットトンネルが役立ちます。暗号化が不要な通信はそのまま送受信されますから、暗号化による速度低下を抑えられます。
  • ポートを切り替える。
    一部のVPN規制では、VPN通信をシャットアウトするために、VPNが使用しているポートをブロック・制限していることがあります。その場合、別のポートを試すことで解決できかもしれません。さらに、ポートフォワーディング機能があるVPNを使えば、トレントなどの通信を高速化できます。
  • ソフトウェアやハードウェアの構成を確認する。
    パソコンが古い、プロセッサーの処理能力が悪い、RAMが不足しているなどといった状況では最速の通信を楽しめません。また、コンピュータプログラムがVPNの利用体験に影響することもあります。可能な場合、帯域使用率の多いプログラム(トレントソフトなど)やVPNなどのインターネットアクセスをブロックするソフト(セキュリティソフトなど)を一時的に終了しましょう。

高速VPNについてよくある質問

VPNが速度に影響する理由は?

VPNが速度に影響する要因として、サーバーとの距離、暗号化、インターネットサービスプロバイダの速度制御の回避などが挙げられます。VPNに接続すると、ネット通信は最終的な送信先に到達する前にプライベートサーバーに転送されます。通信はいつもより長距離を移動しなければなりませんから、速度低下の原因となるわけです。また、VPNはデータを保護するために通信を暗号化しますが、この処理も速度に影響します。

しかし、高速VPNは、さまざまな方法で速度低下を最小限に抑えています。まず、WireGuardやExpressVPNのLightwayなど、超高速プロトコルを提供しています。また、安定した接続を維持するために、サーバーネットワークは大規模で、高速化機能もあります。快適に動画やブラウジング、ゲーム、トレントなどを楽しめるよう、さまざまな工夫がされているのです。

最後に、VPNはインターネットサービスプロバイダ(ISP)による速度制御を避けるためにも役立ちます。多くのISPは、ユーザーがトレントプラットフォームを使用すると、意図的に通信速度を制限していますが、VPNで通信を暗号化すると、ISPはトレント通信を検出しにくくなり、速度を改善できるわけです。

ただし、VPNを使ってもベース値より速くなることはありません。普段の通信が遅い場合、VPNで改善することは不可能です。

ゲームできるようにVPNの速度を改善する方法は?

待ち時間が短いサーバーを選びましょう。一般的に、現在地に一番近いサーバーが最適です。他のリージョンに切り替えてプレイしたい場合、そのリージョンのVPNサーバーのうち、直近のサーバーを選びましょう(直近のゲーム用サーバーでもOKです)。Ping値や距離、負荷率でサーバーを並べ替えられるVPNもあります。ゲームに最適なサーバーを選びやすいはずです。

Ping値を表示してくれるゲームもあります。そうでなければ、以下の手順でPingテストを行いましょう。

  1. 接続中のサーバーを書きとめましょう。プレイするゲームサーバーのドメインまたはIPアドレスを調べましょう。この作業は少し時間がかかるかもしれません。
  2. コマンドプロンプトまたはターミナルを開きます。Windowsではコマンドプロンプト、macOSではターミナルを開いてください。検索バーに入力すると素早く開けます。
  3. Pingを調べましょう。コマンドプロンプトまたはターミナルに「Ping」と入力し、その後にゲームのサーバードメインまたはIPアドレスを入力します。数値を書き留めてください。次に、VPNに接続して上記の手順を繰り返したら、数値を比べましょう。

また、VPNが提供している最速のプロトコルに切り替えると速度を改善できることもあります。一般的にWireGuardが最速ですが、速度を改善するよう最適化された独自プロトコルを提供しているVPNもあります(ExpressVPNやHotspot Shieldなど)。プロトコルのほかにも、VPNアプリに速度を改善するための機能がないか確認しましょう。例えば、hide.meはボルト機能を提供しています。

最速のVPNプロトコルは?

一般的に、WireGuardが最速ですが、一部のVPN企業が提供している独自プロトコルには敵いません。VPN企業のプロトコルを使うことでWireGuardよりさらに高速になることもあります。ExpressVPNの「Lightway」とHotspot Shieldの「カタパルトヒドラ」はどちらもWireGuardより高速でした。

なお、すべてのVPN企業が独自プロトコルやWireGuardを提供しているわけではありません。WireGuardの次におすすめなのは、OpenVPNでしょう。満足できる速度で、セキュリティも強いのが特長です(UDPの場合)。一方、PPTPとL2TPは古めのプロトコルで、高速ですが、セキュリティが弱くなるのが欠点です。

VPNを使うとネット通信を高速化できますか?

ほとんどの場合、VPNを使ってもベース値より高速になることはありません。しかし、最速のVPNは速度低下を最小限に抑えるので、普段とほぼ同じ速度となります。

インターネットサービスプロバイダが速度を制御している場合、VPNで高速化できるかもしれません。トレントなど通信量の多いアクティビティをすると、ISPに速度を制限されることがありますが、VPNで通信を暗号化すると、ISPはあなたがネット上で何をしているか見られませんから、速度制限を防げるわけです。

とは言え、VPNは通信を暗号化しますから、少し遅いと感じるかもしれません。大幅に低下すると、バッファやラグ、表示の遅れなど原因となります。そのため、この記事でご紹介したVPNのように、超高速プロトコルや高速化機能を提供しているサービスを選びましょう。

最速のAndroid向けVPNは?

Androidで最速のVPNはExpressVPNです。スマホでテストしたところ、94.01 Mbpsで、ベース値より6%しか低下しませんでした。モバイルでは一部のプロトコルしか使えないVPNもありますが、ExpressVPNならAndroidでも超高速のLightwayプロトコルが利用可能です。また、通信量と速度が無制限で、全サーバーに自由に接続できます。

AndroidのタブレットとスマホでExpressVPNをテストした結果、バッファなしでNetflixを見られました。ゲームにもおすすめです。低Pingのサーバーがすぐに見つかり、ラグなしでPUBGモバイルをプレイできました。

最速のVPNサーバーを見つける方法は?

一般的に、直近のサーバーが最速です。大都市のサーバー(ロサンゼルスや東京など)は混雑している可能性がありますから、避けた方が良いかもしれません。負荷率が高いほど速度が低下しますから、負荷率が低いサーバーを探しましょう。この記事に掲載されているVPNは、最速のサーバーを見極めるのに必要な情報を表示します。つまり、サーバーとの距離や負荷率、Pingなどがアプリに表示されるVPNがあるのです。

また、VPNのクイック接続機能を使うと良いでしょう。現在地で最速のサーバーに自動接続できます。

VPNを使用すると、速度はどれくらい低下しますか?

VPNはセキュリティを強化するため、最大50%の速度低下は普通です。速度ができるだけ低下しないように、超高速VPNを使いましょう

今回の徹底調査で、ExpressVPNが最速のVPNであることが分かりました。近距離サーバーは通信が3%しか低下しないことが多く、最速のプロトコルと大規模なサーバーネットワークも提供していますから、高速通信をキープできます。インストールも素早く完了し、とても使いやすいサービスです。ほとんどのデバイス向けにアプリが用意されていますから、すぐに使い始められます。

最速の無料VPNは?

高速の無料VPNは存在しません。この記事に掲載されているVPNのほとんどは、返金保証がありますから是非ご検討ください。無料ではありませんが、満足できなければ確実に返金してもらえます。スピードテストを行ったり、さまざまなアクティビティ(ストリーミングやゲーム、トレントなど)で使い心地を実感してみてください!

無料VPNの欠点は、サービス内容が限られていることです。データ通信量や速度が制限されているので、ほとんど使い物になりません。また、サーバーが少ないので、サーバーに多数のユーザーが集中していることが多く、さらに速度が低下してしまいます。通信量制限により、毎月1~2時間しかストリーミングできないでしょう。有料プランへのアップグレードを促すために制限されているのです。

他にも、ターゲティング広告が表示され、快適にブラウジングできません。無料VPNを使ってデータを危険にさらすより、返金保証付きのプレミアムVPNを入手する方がおすすめです。

今すぐ最速のVPNをゲットしましょう!

多くのVPN企業が最速のサービスをうたうなか、どれが本当に最速のVPNなのか判断するのは困難です。この記事でご紹介したVPNは、超高速プロトコル、大規模なサーバーネットワーク、通信を高速化する便利な機能を提供しています。

中でもExpressVPNが最速でした。独自のLightwayプロトコルと巨大サーバーネットワークにより、抜群のスピードと安定性を実現しています。動画の視聴やブラウジング、ゲーム、トレントなどを快適に楽しめるでしょう。30日間返金保証もありますから、リスクなしでExpressVPNの速度を体験できます。満足できなければ、気軽に返金してもらえます。

まとめとして、最速のVPNはこちら!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。