情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

【VPNが遅い!】速度で比較したおすすめの高速サービス 8選

どんなVPNを使っても通信速度がある程度遅くなってしまうのは事実です。データを暗号化して遠隔のサーバーに送信する副作用だからです。何千キロも離れたサーバーと通信することもありますから、遅くなってしまうのは避けられません。多くのVPNは自社サービスこそが最速だと宣伝していますが、本当に高速なものは少数です。遅いサービスを使うとダウンロードに時間が掛かったり、ストリーミングで遅延が発生したりしてしまい、時間の無駄です。

最速のVPNサービスを見つけるため、数か月かけて300種類以上のVPNを調査してきました。何千回も通信速度を測定しただけでなく、セキュリティ対策、プライバシー機能、使いやすさの面で評価してVPNの全体的な質を分析しました。

このような詳しい調査の結果、本当に高速でスムーズにインターネットを利用できるようなVPNはわずか8個しかないことが分かったのです。通信が3%しか遅くならなかった驚異的なVPNサービスも明らかになりました(ネタバレ:ExpressVPNです)。最速のVPNは洗練された技術やテクニックを採用して通信の遅れを最小限に抑えていることが分かったのです。VPNを使っていると感じないほど速いケースもありました。また、VPNをスピードアップする裏技やハックも見つかったのでご紹介していきます。さらに、ストリーミングやトレントを楽しみたい方は避けたいVPNもあるので暴露していきます。

お急ぎですか? 最速のVPNはこちらです!

  1. ExpressVPN:通信速度は3%しか遅くなりませんでした。最速のVPNで、ストリーミングとトレントに最適です。
  2. CyberGhost:23%遅くなりました。ストリーミング専用サーバーがあり、サーバーネットワークが充実しているのが特徴です。
  3. Private Internet Access:22%遅くなりました。広告・マルウェアブロッカーを搭載しています。
  4. PrivateVPN:23%遅くなりました。使いやすいVPNで、サーバーネットワークも充実しています。
  5. Hotspot Shield:32%遅くなりました。インターネット通信を高速化するカタパルトヒドラプロトコルを採用しています。

他にも高速VPNを3つご紹介 | VPNの検査方法 | よくある質問

今すぐ最速のVPNをゲット

何がVPNの通信速度に影響するの?

日本でVPNに接続すると、ネット通信は最終的な送信先に到達する前にプライベートサーバーを経由します。ダブルVPNやマルチホップ機能があるVPNサービスを使うと、プライバシー保護のために2つ以上のVPNサーバーを経由する場合もあります。

飛行機に乗るときに直行便を選ぶか、経由便を選ぶかという状況をイメージしてみてください。乗り継ぎが多いほど最終目的地に到着するのが遅れますよね。

1回だけ乗り継ぐのと直行便を選ぶのでは直行便の方が目的地に早く着きます。通信の話に戻すと、ISPに直接接続するとVPNサーバーは経由しませんから通信は目的地に素早く到達しますVPN接続で通信が少し遅れるのはやむを得ない事なのです。

しかし、良質なVPNはとても高速なので、通信の遅れはほとんど感じられません。この記事でご紹介するVPNは全世界にサーバーを十分配備したり、通信の遅れを押さえるように設計された独自のプロトコルを採用したりしています。

VPNを使うと通信が普段より速くなる場合もあります。ISPの多くは、トレントプラットフォームを使っている時など、意図的に利用者の通信を遅くする場合があります。そんな時にVPNを使うと速度制限を回避できるので高速になるわけです。

バッファなしでストリーミングしたり、高速でトレントしたり、スムーズにネットゲームを楽しんだり、快適にインターネットサーフィンしたり…。高速VPNは色々な場面で役立ちます。遅いVPNを選んでしまうと、以上のようなことが難しかったり不可能だったりするので注意が必要です。

最速のVPN 8選:完全分析【2021年更新】

最速のVPNトップ8ランキングをまとめるために300種類以上のVPNサービスを実際に使って通信速度を測定しました。数か月かけてサービスを調査し、何度もスピードテストを行って本当に安定して高速なのか確認しました。今後も定期的に速度を測定して最新の情報を発信していきます。

速度以外にも、ストリーミングやトレントできるのか、セキュリティ対策やプライバシー保護も分析しました。この記事でご紹介するVPNはすべてストリーミングやトレントするのに十分な通信速度です。また、ほとんどは遅延なくゲーミングできる高速で、個人情報やプライベートデータを確実に保護できます。

1. ExpressVPN:セキュリティ対策に力を入れている超高速VPN

  • 94か国に3,000個以上の高速サーバー。
  • 様々な端末で高速ストリーミングできるMediaStreamer機能
  • 軍事レベルの暗号化とTrustedServer技術
  • 5台同時に接続可能、データ通信量と帯域が使い放題
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサイト:Netflix、HBO GO、Hulu、Amazonプライムビデオ、Sling TV、BBC iPlayer、Disney+
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Firefox、Apple TV、AmazonファイアTV、ルーター

ExpressVPNの2021 7月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

調査でExpressVPNの平均ダウンロード速度は45.89Mbpsでした。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 22ミリ秒 56.74 Mbps 11.12 Mbps 430 km 3 %
手動接続 アメリカのサーバー 73ミリ秒 51.96 Mbps 11.12 Mbps 1,100 km 11 %
Quick Connect イギリスのサーバー 123ミリ秒 44.42 Mbps 11.09 Mbps 6,880 km 24 %
手動接続 イギリスのサーバー 110ミリ秒 43.35 Mbps 11.05 Mbps 6,870 km 26 %
Quick Connect オーストラリアのサーバー 294ミリ秒 39.72 Mbps 10.08 Mbps 15,000 km 32 %
Quick Connect フランスのサーバー 265ミリ秒 43.20 Mbps 11.03 Mbps 7,100 km 26 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 135ミリ秒 42.13 Mbps 6.89 Mbps 6,950 km 28 %

上の表で分かる通り、ExpressVPNの通信速度は感心してしまうほど高速です。海外のサーバーに接続すると速度が大幅に遅くなってしまうVPNが多いのですが、イギリスのサーバーでは24%、ブラジルの場合は28%しか遅くなりませんでした。

英国のロンドンとマンチェスターのスタッフがアメリカのサーバーに接続して速度を測定したところ、それぞれ13%、16%しか遅くなりませんでした。ExpressVPNが一番遅いのはオーストラリアに接続している時でした。それでもこの記事でご紹介している他のサービスと比べると何倍も高速です。つまり、普段の通信速度とExpressVPNを使っているときの通信速度はほとんど変わらないということです。

ExpressVPNの通信が速い理由は、94か国に3,000個のサーバーがあるため、サーバーネットワークがとても充実しているからです。これほどサーバーが多いと、サーバーの負荷が高くなりにくく、通信が重くなることはほとんどありません。最速の通信でダウンロード、ストリーミング、トレントできるということです。

ExpressVPNは厳しい地理的制限も回避できるので、あらゆるサイトやストリーミングプラットフォームを高速で楽しめます。調査ではNetflix、Amazonプライムビデオ、Disney+、HBO GOなど多数のストリーミングプロバイダにアクセスできました。また、暗号化されていないDNSプロキシサービスであるMediaStreamerを使えば、一般的にVPNに対応していない端末でもバッファなくストリーミングできます。

それ以外のインターネット通信はAES 256ビット暗号化とDNS/IPv6漏れ対策で保護されます。ExpressVPNはログなし方針を後押しするTrustedServer技術は、データをRAMに書き込むため、サーバーが再起動されるたびにデータはすべて削除されます。

もう1つ便利な機能やスプリットトンネリングです。どの通信をVPNにルーティングして、どの通信をそのままにしておくか選ぶことができます。VPNで保護する必要のない通信を選ぶことでさらに通信を高速化できるわけです。

ExpressVPNのもう1つの魅力は多言語に対応していることです。Windows、iOS、Android、Chrome、Firefoxのアプリや拡張機能は日本語に対応しています。

最大で5台を同時にExpressVPNに接続できます。24時間年中無休のライブチャットサポートはとても親切な対応で、質問にきちんと答えてくれます。30日返金保証があるので安心してお試しいただけます。

詳しく知りたい方はExpressVPNの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐExpressVPNを試すならこちら!

2. CyberGhost:超高速通信と接続を最適化できるのが特長

  • 高速で妨げなくインターネットサーフィンするのに適した高速通信
  • 7,100個のサーバーがあり、世界中の地理制限を回避
  • 7台を同時に接続可能
  • 45日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、BBC iPlayer、Hulu、HBO Go、Showtime、Amazonプライムビデオなど
  • 対応端末:Mac、Windows、Linux、Android、iOS、Roku、ゲーム機など

2021 7月割引 :CyberGhostの一番人気のプランが現在85%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostはとても高速で、スピードテストでもその圧倒的な速さが明らかになりました。まず、アメリカのサーバー(ニューヨーク)に接続してみました。5,000キロ離れたサーバーに接続したのに23%しか遅くならなかったのは驚きです。平均ダウンロード速度は179.8Mbpsでした(スピードテストはオランダで実施しました)。

接続 応答時間(ミリ秒) 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度 距離 速度の遅れ(平均値)
VPNに接続前のベースライン(オランダ) 25 ms 232.5 Mbps 30.9 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 104 ms 179.8 Mbps 30.7 Mbps 5,290 km 23 %
手動接続 アメリカのサーバー 171 ms 231.9 Mbps 26.7 Mbps 8,690 km 9 %
Quick Connect イギリスのサーバー 22 ms 162.3 Mbps 36.5 Mbps 420 km 13 %
手動接続 イギリスのサーバー 26 ms 218.8 Mbps 36.8 Mbps 690 km 2 %
Quick Connect オーストラリアのサーバー 260 ms 180.9 Mbps 9.45 Mbps 16,500 km 46 %
Quick Connect フランスのサーバー 24 ms 236.5 Mbps 36.8 Mbps 513 km 0 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 235 ms 186.7 Mbps 12.87Mbps 9,700 km 39%

次に、現在地に比較的近いイギリスのサーバーも試してみます。ロンドンとマンチェスターのサーバーを試したところ、平均で通信速度が7%遅くなりました。バッファや遅延なくHD画質で大好きなドラマを見たりインターネットサーフィンしたりできました。

オーストラリアやブラジルのサーバーを試したときもCyberGhostは優秀な結果です。通信が46%遅くなりましたが、16,000キロ離れたサーバーに接続したのですから仕方がないことです。平均ダウンロード速度は100Mbps以上でしたから、かなり高速だと言えます。

CyberGhostは91か国に7,100個のサーバーがあるため、1つのサーバーに多数のユーザーが同時に接続して通信が遅くなることはありません。通信の妨げや接続トラブルなどに悩まされずに、快適にインターネットサーフィンしたりストリーミングしたりできます。

ストリーミング専用サーバーもあるのでジオブロックを簡単に回避して大好きな映画や番組を見ることができます。ワンクリックでAmazonプライムビデオ、Hulu、BBC iPlayer、Netflixなど多数のサービスに素早くアクセスできました。アメリカ、イギリス、イタリア、フランス、ドイツでしか利用できないコンテンツを楽しめます。

セキュリティに関して、CyberGhostは一番強力な暗号化であるAES 256ビット暗号化を採用しています。P2P専用サーバーに接続してトレントをダウンロードしても安全です。接続ログを記録しないので、ISP(インターネットサービスプロバイダ)や政府にブラウジング履歴を監視される心配はありません。

CyberGhostは同時に7台まで接続できます。トラブルに遭遇したら、ライブチャットで24時間週7日体制のカスタマーサポートに問い合わせられます。さらに、全プランが45日返金保証付きですから、長期プランに加入する前にリスクなしで使い心地を実感できます。

詳しくはCyberGhostの完全レビューをご覧ください。

今すぐCyberGhostをお試しください!

3. Private Internet Access:宣伝やマルウェアをブロック

  • 78+か国に35,550個のサーバー。
  • 軍事レベルの暗号化、ログなし方針
  • 10台同時に接続可能
  • ライブチャットサポート、30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、Sky Go、HBO Now、YouTube、Amazonプライムビデオ、Disney+、Crunchyroll
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Firefox、Apple TV、Linux、ルーター

Private Internet Accessは複数の端末を保護したいご家庭やプライバシー保護を優先したい方にオススメです。海外のサーバーは必ずしも最速とは言えませんが、他社サービスと比べるとトップクラスです。

調査でPrivate Internet Accessの平均ダウンロード速度は27.00Mbpsでした。最速だったのはアメリカのサーバーに接続していた時で、45.58Mbpsでした。普段の速度から22%の低下です。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
最速のアメリカのサーバー 23ミリ秒 45.58 Mbps 11.22 Mbps 435 km 22 %
その他のアメリカのサーバー 31ミリ秒 39.57 Mbps 10.38Mbps 1,400 km 32 %
最速のイギリスのサーバー 113ミリ秒 24.75 Mbps 11.21 Mbps 6,740 km 58 %
その他のイギリスのサーバー 128ミリ秒 21.62 Mbps 11.39 Mbps 6,700 km 63 %
最速のオーストラリアのサーバー 226ミリ秒 9.20 Mbps 11.25 Mbps 15,000 km 84 %
最速のフランスのサーバー 117ミリ秒 21.28 Mbps 11.48 Mbps 7,100 km 64 %
最速のブラジルのサーバー

Private Internet Accessのヨーロッパのサーバーに接続している時、通信速度は最大64%も遅くなりました。それでも、21Mbps以上ですからインターネットサーフィンやストリーミングをしている時、遅いとは感じませんでした。カナダのスタッフがアメリカのサーバーに接続したところ、27%遅くなったそうです。また、イギリスのスタッフがアメリカのサーバーに接続した時は43%遅くなりました。

オーストラリアに接続した時は84%も遅くなりましたが、9Mbps以上を維持できたのは素晴らしいでしょう。ランクインできなかった他のVPNは2~3Mbps程度だったからです。このVPNはブラジルにサーバーがないため、南アメリカの地理制限を回避したい場合は注意が必要です。

Private Internet Accessのサーバーネットワークはとても充実しており、78+か国に35,550個のサーバーがあります。サーバーの大半がアメリカにありますから、アメリカで最速なのも納得できますね。他にもヨーロッパ、アジア、その他の北アメリカ諸国にサーバーがあります。

このような戦略的なサーバーの分布により、Netflix、Disney+、Amazonプライムビデオ、Huluなど様々な地理制限を回避できます

Private Internet Accessのセキュリティ機能はトップクラスです。AES 128ビットおよび256ビット暗号化に対応しており、厳しいログなし方針や多彩なセキュリティプロトコルで大満足です。さらに、MACEという宣伝・マルウェアブロッカーも搭載されており、有害なマルウェアや鬱陶しい宣伝をブロックできるのでスピードアップにつながります。

Private Internet Accessでは10台を同時に接続できます。他社より多いですし、デスクトップやノートパソコン、スマホ、タブレットなど全端末を保護できるのが便利です。

Private Internet AccessのWindows、macOS、Linux、Android、iPhone/iPad、Chrome、Firefox、Opera向けアプリや拡張機能は日本語で利用できます。日本語でVPNを利用したい場合に役立ちます。

質問があるときにはPrivate Internet Accessにライブチャットで問い合わせられますが、残念ながら営業時間内にしか対応してくれません。また、チケットで問い合わせたり、知識ベースでサポート記事を読んだりすることもできます。30日返金保証があるので満足できることを確認できますね。

詳しく知りたい方はPrivate Internet Accessの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐPrivate Internet Accessを試すならこちら!

4. PrivateVPN:使いやすくてセキュリティ機能も充実

  • 63か国に100個のトレント・ストリーミング対応サーバー。
  • AES256ビット暗号化と2048ビットDHキー
  • 6台同時に接続可能
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、Hulu、HBO GO、Sky Go、YouTube
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Firefox、Apple TV、Linux、Safari、ルーター

Private VPNは他のオススメのサービスほどはサーバーネットワークが充実していませんが、通信が速いのは間違いありません。

速度を測定したところ、平均ダウンロード速度は28.62Mbpsでした。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
最速のアメリカのサーバー 25ミリ秒 45.02 Mbps 8.47 Mbps 435 km 23 %
手動接続 アメリカのサーバー 52ミリ秒 39.51 Mbps 11.26 Mbps 1,630 km 32 %
最速のイギリスのサーバー 118ミリ秒 28.05 Mbps 11.15 Mbps 6,880 km 52 %
手動接続 イギリスのサーバー 126ミリ秒 24.75 Mbps 11.05 Mbps 6,700 km 58 %
最速のオーストラリアのサーバー 235ミリ秒 12.46 Mbps 11.12 Mbps 14,600 km 79 %
最速のフランスのサーバー 131ミリ秒 21.93 Mbps 11 Mbps 7,100 km 62 %
最速のブラジルのサーバー

他のVPNと同じですが、PrivateVPNはサーバーが近いほど通信が速いです。アメリカのサーバーでは安定して39Mbps以上を維持でき、トレントで複数のファイルを素早くダウンロードできました。イギリスのスタッフがヨーロッパのサーバーに接続したところ、速度は24~28%低下したので同様の結果となりました。

イギリスとフランスのサーバーに接続しても20Mbpsを超える速度となり、大満足です。他のVPNと同じで、一番遅かったのはオーストラリアに接続したときでした。また、PrivateVPNはブラジルにサーバーがありますが、負荷量が高すぎて接続できませんでした。

PrivateVPNは63か国、150か所以上にサーバーがあります。とても多いとは言えませんが、P2Pやストリーミングのために最適化されている高性能サーバーですから、最速の通信なのも納得できますね。ブラジルなどでは通信の渋滞というトラブルも時々ありますが、アメリカ、イギリス、ドイツのサーバーに接続している時にはこのような問題はありませんでした。

PrivateVPNはAmazonプライムビデオ、BBC iPlayer、HBO GO、複数のNetflixライブラリを含め、様々なストリーミングサービスをアンロックできます。地理制限を回避するために、アクセスできるサイトがサーバーごとに明記されているのは便利です。調査では確実にこれらのサイトにアクセスできましたし、高画質でストリーミングでき、バッファはありませんでした。

PrivateVPNのセキュリティ対策は最初からデフォルトで有効になっているので素早く使い始められます。軍事レベルの256ビット暗号化、2048ビットDHキー、DNS/IP漏れ対策などがあり、ハッカーや監視から個人情報をしっかり守れます。さらに、自動停止スイッチもあり、知らない間にVPN接続が途切れた場合にインターネット通信を遮断できます。

同時に最大で6台の端末をPrivateVPNに接続でき、30日返金保証でVPNの性能を実感できます。

セットアップで助けが必要な場合はライブチャットで問い合わせられますが、いつも利用できるわけではありません。時間帯によっては知識ベースの方が役立つかもしれません。

詳しく知りたい方はPrivateVPNの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐPrivateVPNをお試しください!

5. Hotspot Shield:カタパルトヒドラプロトコルでネット通信を高速化

  • 80か国に3,200個のトレント対応サーバー。
  • カタパルトヒドラプロトコルでネット通信が高速化
  • 同時に5台まで接続可能
  • 45日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、Crunchyroll、Fox Go、CBSオールアクセス、HBO GO
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Firefox、Apple TV、Linux、Opera

Hotspot Shieldは何年も前からVPNサービスを提供しており、高品質VPNとして知られています。ランクインできた理由は革新的なサービス、通信速度が安定しており、高度なセキュリティ機能もあるからです。

調査でHotspot Shieldの平均ダウンロード速度は24.28Mbpsでした。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 42ミリ秒 37.06 Mbps 11.44 Mbps 130 km 37 %
手動接続 アメリカのサーバー 91ミリ秒 39.59 Mbps 11.82 Mbps 2.380 km 32 %
Quick Connect イギリスのサーバー 132ミリ秒 20.53 Mbps 11.30 Mbps 6,880 km 65 %
手動接続 イギリスのサーバー 121ミリ秒 23.22 Mbps 11.40 Mbps 6,770 km 60 %
Quick Connect オーストラリアのサーバー 123ミリ秒 9.64 Mbps 10.54 Mbps 15,000 km 84 %
Quick Connect フランスのサーバー 131ミリ秒 20.29 Mbps 11.18 Mbps 7,100 km 65 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 126ミリ秒 19.61 Mbps 11.26 Mbps 7,100 km 66 %

Hotspot Shieldの通信はとても速いことが分かりました。ヨーロッパのサーバーでは20Mbps以上を維持できましたし、イギリスのスタッフがアメリカのサーバーに接続すると49%しか遅くならなかったそうです。また、オーストラリアやブラジルの速度も優秀でした。さらに、アップロード速度はどの国でもとても安定していて、SkypeやWhatsAppなども利用できました。

Hotspot Shieldの通信が速い理由はカタパルトヒドラというVPNプロトコルを採用しているからです。OpenVPNの代わりとしてHotspot Shieldが独自に開発したプロトコルです。このユニークなプロトコルを使うとVPNサーバーに接続してデータを送受信する時間を短縮できます。また、Hotspot Shieldは80か国に3,200個のP2Pに対応したサーバーがあることも通信の渋滞を防止したり速度をアップしたりするために役立っているようです。

サーバーが多いとジオブロックを回避するパワーがあることも意味します。調査ではAmazonプライムビデオ、Hulu、Netflixでさえもアクセスできました。高速通信により遅延やバッファすることなくストリーミングでき、一気にテレビシリーズを視聴するために役立ちます。

Hotspot Shieldのアプリは256ビットAES暗号化、DNSおよびIPアドレスの漏洩対策、マルウェア対策ソフトなど、セキュリティ機能も充実しています。しかし、自動停止スイッチがあるのはWindowsクライアントだけです。つまり、他の端末用のアプリを使っている時にVPNサーバーから切断されてしまった場合、情報が漏洩するリスクがあります。

Hotspot Shieldの最大の欠点は厳しいログなし方針がないことです。OSや端末のモデルなど、個人を特定できないログを記録しますが、VPNやネットの利用状況に関するデータは保存していません。ジャーナリストや活動家など、完全なプライバシー保護が必要な方にはお勧めできませんが、ストリーミングやダウンロードのために高速なVPNが必要な方には問題ありません。

同時に接続できる端末数は5台だけなので他のサービスよりは少ないですが、スマホ、タブレット、ノートパソコン、デスクトップパソコンなどをカバーするには十分です。

Hotspot Shieldは45日返金保証があり、リスクなしで長期間試せます。24時間年中無休のライブチャットサポートはとても素早く対応してくれます。質問を送信してほんの数分で対応してくれましたし、カスタマーサポートスタッフはきちんと質問に答えてくれました。

詳しく知りたい方はHotspot Shieldの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐHotspot Shieldを試すならこちら!

6. VyprVPN:暗号化されたDNSで確実にアンブロック

  • 70か国に700個のトレント向けサーバー
  • カメレオンプロトコルとVyprDNSでブロックを回避
  • 同時に30台を接続可能
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Disney+、Amazonプライムビデオ、Hulu、YouTube、BBC iPlayer、Sky Go
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Firefox、Apple TV、Linux、ルーター

VyprVPNには長所だけでなく短所もありますが、最速のVPNの1つなので検討する価値があります。

調査ではVyprVPNの平均ダウンロード速度は23.00Mbpsでした。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 44ミリ秒 25.76 Mbps 11.13 Mbps 1,250 km 56 %
手動接続 アメリカのサーバー 65ミリ秒 26.34 Mbps 11.13 Mbps 1,480 km 55 %
Quick Connect イギリスのサーバー 136ミリ秒 21.64 Mbps 10.98 Mbps 6,880 km 63 %
手動接続 イギリスのサーバー
Quick Connect オーストラリアのサーバー 235ミリ秒 23.51 Mbps 11.25 Mbps 15,600 km 60 %
Quick Connect フランスのサーバー 153ミリ秒 19.30 Mbps 11.08 Mbps 7,100 km 67 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 152ミリ秒 21.47 Mbps 9.15 Mbps 6,950 km 63 %

ランキング下位になってきましたから、速度はかなり低下してきますが、インターネットサーフィンやストリーミングには十分な速度でしょう。ただし、ゲーミングやトレントに適したVPNが必要な方は上位のVPNサービスをご検討ください。

VyprVPNの別のアメリカのサーバーに接続したところ、通信速度は50%以上も低下してしまいました。ランキングトップのサービスだと、海外のサーバーでなければここまで遅くなりませんから、こんなに遅いのは残念です。しかし、良い結果も見つかりました。VyprVPNの速度は国によらず安定していて、オーストラリアに接続しても平均で20Mbps以上となりました。

アンブロックに関してもVyprVPNは優秀でした。70か国に700個サーバーがあるため、複数の地域のNetflixにアクセスできましたし、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、Disney+も利用できました。ジオブロックを回避できる理由は、VyprVPNの高度なカメレオン技術がディープパケットインスペクション(DPI)を防止できるため、VPN対策ソフトに引っかからないからです。

VyprVPNは軍事レベルの暗号化を採用しているので、通信のハッキング対策になります。VyprDNSプロトコルはさらに一歩進んでおり、DNSリクエストさえも暗号化できます。結果的に、ISPや政府機関などのサードパーティはネットの利用状況をモニタリングしたり特定のコンテンツへのアクセスを禁止したりすることもできません。

VyprVPNの1つの契約で同時に30台を接続できます。アプリはインストールが簡単で使いやすいですし、質問やトラブルがあるときには24時間年中無休のライブチャットで問い合わせられます。30 日返金保証があるのでVyprVPNのカメレオン技術をリスクなしで試せます。

詳しく知りたい方はVyprVPNの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐVyprVPNをお試しください!

7. ProtonVPN:サーバーネットワークは小規模でも安定したパフォーマンス

  • 54か国以上に1,250個以上のトレント対応サーバー
  • アプリは使いやすく、強力な暗号化を採用
  • 10台まで同時に接続可能
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、YouTube、HBO Max
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Linux、Chromebook、AndroidTV、ルーター

ランキング下位でご紹介している他のサービスと同じで、ProtonVPNはトップのサービスと比べると通信が遅いですが、ランクインできなかったVPNよりは高速です。

平均ダウンロード速度は40Mbps以上ですが、遅いサーバーもいくつか見つかりました。最速で59.2Mbpsで、VPNに接続していない状態から15%低下したという計算になります。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の低下(平均)
VPNなしの速度(ルーマニア) 12ミリ秒 86.60 Mbps 5.88 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 128ミリ秒 32.87 Mbps 1.97 Mbps 7,500 km 64 %
手動接続 アメリカのサーバー 176ミリ秒 59.2 Mbps 6.11 Mbps 9,260 km 15 %
Quick Connect イギリスのサーバー 65ミリ秒 47.01 Mbps 1.79 Mbps 2,300 km 57 %
手動接続 イギリスのサーバー 61ミリ秒 53.40 Mbps 3.35 Mbps 2,700 km 41 %
Quick Connect オーストラリアのサーバー 246ミリ秒 37.76 Mbps 3.94 Mbps 12,500 km 45 %
Quick Connect フランスのサーバー 63ミリ秒 40.78 Mbps 4.62 Mbps 2,100 km 37 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 244ミリ秒 28.68 Mbps 4.71 Mbps 10,150 km 44 %

ProtonVPNのクイック接続機能を使い、アメリカのサーバーを試してみました。最初は速度が64%も遅くなり、かなりの低下でした。しかし結果はあまり一貫していませんでした。VPNの通信速度はサーバーとの距離が長いほど遅い傾向があるのですが、今回は必ずしもそうではありませんでした。アメリカのサーバーに手動接続したところ、15%しか遅くならなかったのです。トップレベルのVPNと同じくらいの速度と言えますが、かなり遅くなることもあったため、下位にランクインしました。

ProtonVPNは54か国に1060個のサーバーがあります。業界最大のサーバーネットワークではありませんが、目的はしっかり果たしてくれます。すべてのOSでNetflix、HBO Max、Huluなどの人気プラットフォームをアンブロックできます。

また、一部のVPNサーバーはP2Pにも対応していますが、いつ接続するかによって速度が遅いこともあります。たくさんの利用者が同じ地点のサーバーに接続することもあり、そうなると速度が極端に遅くなるからです。それでもHD画質で映画や番組をストリーミングするには十分な速度を確保できます。

ProtonVPNは厳しいログなし方針があり、利用者に関するデータは一切記録されません。AES-256暗号化でデータを守るので接続をハッキングされたり、機密データを盗聴されたりすることもありません。停止スイッチもあるのでVPNの接続トラブルがあっても安心です。

ProtonVPNは全体的に優れたVPNサービスでしょう。アプリは分かりやすくて使いやすい設計で、10台の端末を同時に接続でき、返金保証を活用すれば30日間試してみることができます。

機能やパフォーマンスについて詳しくはProtonVPNの完全レビューをご覧ください。

今すぐProtonVPNを試すならこちら!

8. IPVanish:国際的なサーバーネットワーク

  • 75か国に1,600個のサーバー。
  • 強力な暗号化を採用、ログなし方針あり
  • 同時に何台でも接続可能
  • 7日間無料トライアル、30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Vudu、HBO GO、Disney+、FOX GO、CBSオールアクセス、Sony、Crackle
  • 対応端末:Windows、Android、iOS、Mac、Chrome、Apple TV、Linux、Android TV、Amazonファイアスティック、ルーター

ランキング最下位となりましたがIPVanishは高画質ストリーミングや高速ダウンロードするのに十分な通信速度です。平均ダウンロード速度は16.75Mbpsでした。

接続 応答時間 平均ダウンロード 平均アップロード 距離 速度の平均低下率
ベースライン(VPNなし) 15ミリ秒 58.46 Mbps 11.88 Mbps
Quick Connect アメリカのサーバー 34ミリ秒 19.82 Mbps 11.14 Mbps 435 km 66 %
手動接続 アメリカのサーバー 107ミリ秒 23.13 Mbps 11.48 Mbps 3,250 km 60 %
Quick Connect イギリスのサーバー 148ミリ秒 7.44 Mbps 7.74 Mbps 6,900 km 87 %
手動接続 イギリスのサーバー 135ミリ秒 13.74 Mbps 11.12 Mbps 6,670 km 76 %
Quick Connect オーストラリアのサーバー 252ミリ秒 19.88 Mbps 10.73 Mbps 14,760 km 66 %
Quick Connect フランスのサーバー 142ミリ秒 17.49 Mbps 11.02 Mbps 7,040 km 70 %
Quick Connect ブラジルのサーバー 185ミリ秒 15.73 Mbps 11.19 Mbps 6,950 km 73 %

IPVanishは普段の速度から大幅に遅くなってしまうのは残念ですが、遅いVPNではありません。ウェブページは素早くロードできましたし、ストリーミングしている時にもバッファしませんでした。オーストラリアのサーバーでもアメリカのサーバーと同じくらいの速度だったのは感心してしまいましたが、IPVanishのクイック接続機能が思い通りに動作しないのが惜しいですね。ほとんどの場合、自分で選んだサーバーの方が高速だったからです。

IPVanishは75か国に1,600個のVPNサーバーがあります。サーバー数は多く、たくさんのストリーミングサービスで地理制限を回避できました。しかし一部のサービスのVPN対策ソフトには対抗できませんでした。例えば、Netflix、Vudu、Disney+、HBO GOにはアクセスできましたが、BBC iPlayerで引っ掛かってしまいました。

IPVanishに接続すると、256ビットAES暗号化とログなし方針で通信を守れます。このVPNは漏洩対策と自動停止スイッチもあるので情報が一切漏洩しないように対策できます。

IPVanishはほとんどの端末やプラットフォームに対応していますし、同時に何台でも接続できます。他のVPNでは接続数に上限があるため、何台でも接続できるのは魅力的です。すべての端末を保護できますね。

サービスを試してみたい場合は2つ選択肢があります。お金を払わずに試したいなら7日間無料トライアルが最適です。また、30日返金保証もあります。セットアップで助けが必要なら24時間年中無休のライブチャットが便利です。

詳しく知りたい方はIPVanishの完全レビューで検査結果をご覧ください。

今すぐIPVanishをお試しください!

クイックガイド: VPNのスピードテストをする方法

  1. VPNを選びましょう。オススメはExpressVPNです。速度試験で常に第1位でした。
  2. SpeedtestTestMySpeedにアクセスしてGoボタンをクリックします。VPNに接続していない状態の速度を測りましょう。
  3. 次に、VPNを有効にしてサーバーに接続し、接続が安定するまで数分待ってからもう一度スピードテストを行います。結果を比較すればVPNが速いか分かります。
ヒント:VPNでトラブルが発生した場合。最高レベルのVPNでもブロックされているサーバーや遅いサーバーがあるのは仕方がないことです。「VPNが遅い」と感じた場合は別のサーバーに切り替えてみてください。

通信速度が遅い大手VPN

すべてのVPNが高速というわけではありませんから、ストリーミング、トレント、ゲームなどを楽しみたい場合、以下のVPNは避けるべきです。ジオブロックを簡単に回避できたり、通信をきちんと保護できても、通信速度を妥協することになります。

Betternet

Betternetを利用した時、速度が大幅に遅くなってしまい、なかなかストリーミングできなくてイライラしてしまいました。このVPNは低価格でセキュリティ対策も良いですが、十分に高速なサーバーを見つけるためにとても時間が掛かってしまいました。Betternetの完全レビューでこのサービスの長所をご覧ください。

PureVPN

PureVPNは通信が遅すぎます。他に高速なVPNはたくさんありますから、ストリーミングやトレントにPureVPNはオススメできません。安全で、広告ブロッカーもあるのは良いですが。PureVPNの完全レビューでこのサービスの長所をご紹介しています。

調査方法

VPNを使うとある程度遅くなってしまうのは避けられないことです。VPNの仕組み自体が原因で遅くなるからです。しかし、最速のVPNならインターネットサーフィン、ダウンロード、ストリーミング、トレントで遅いと感じません。

VPNの通信速度を測る方法は色々あります。一部のレビューサイトではラボで速度を測定したり、設定を変えて実際よりVPNが速いように見せたりします。しかし当サイトでは皆様にできる限り正確なデータをお届けしたいと考えています。そこで、VPNの速度を正確に判定するためにシンプルな方法で徹底的に調査しました。数週間かけて300種類以上のVPNを調査したのですが、その方法はこちらです。

  • Speedtest.netを使い、VPNに接続する前の通信速度を記録しました。インターネットの速度は常に変化しています。そこで、調査を始める時と新しいVPNを調べるたびに、スピードテストを行ってできるだけたくさんデータを収集するようにしました。
  • 同じスピードテストサイトでVPNに接続した時の速度を記録します。次に、スピードテストごとにダウンロード速度の低下率を計算しました。世界各国の複数のサーバーに接続してスピードテストの結果を記録していきました。スピードテストの回数は何千回にも及びます。また、30か国以上にいる当サイトスタッフにも同様にスピードテストをお願いしました。彼らの利用体験も今回のランキングに反映されています。
  • 最速のVPNを判定するため、収集したデータを確認し、平均値を出しました。最速で、かつ速度が安定しているVPNをランキングにまとめました。サーバーが超高速でも、速度が不安定のVPNは下位にしました。

インターネットの通信速度について理解しておきたいことは、直線状ではないということです。通信速度に影響する要素はたくさんあります。日本で現在何人がインターネットを利用しているか、どのサーバーに接続したか、ルーターやセキュリティソフトなど、ハードウェアやソフトウェアの構成も影響します。

VPNの性能を公平に把握できるように、何千回もスピードテストを行いました。しかし、実際の利用体験は現在地、ハードウェア、時間帯によって異なるということをご理解ください。また、VPNはソフトウェアやサーバーをいつもアップデートしていることも通信速度に影響することがあります。

VPNが遅いときの解決方法

VPNを使うとインターネットが遅いと感じる場合がありますが、以下の解決方法で遅延を最小限に抑えられます。
  1. イーサネットケーブルを使う。イーサネットケーブルでパソコンを直接インターネットに接続すると最速の環境にすることができます。ベースラインをできるだけ速くすることでVPNの速度も速いと感じられるのです。Wi-Fiは必要な時だけにしましょう。
  2. 近くのサーバーに接続する。ほとんどの場合、データの通信距離が長いほど通信が遅くなります。ネットの利用目的に合ったサーバーのうち、できるだけ近いものを選びましょう。個人情報を隠したり、個人を特定されないようにしたいなら同じ市町村のサーバーで十分です。
  3. 適切なVPNプロトコルを使う。VPNのプロトコルは、データをどの程度暗号化するかを決めるものです。非常に安全なプロトコルもありますが、暗号化が複雑なほど通信に時間が掛かってしまいます。逆に、セキュリティを下げると速度がアップします。ネットで何をするのか、どの程度保護したいのかを考慮して最適なVPNプロトコルを選びましょう。
  4. 別のポートを使ってみる。一部のVPN対策技術は、VPNが使うことが知られているポートをブロック・制限してVPN通信をシャットアウトしています。この場合、異なるポートを使うことで問題を解決できるかもしれません。
  5. ソフトウェアやハードウェアの構成を確認する。パソコンが古い、プロセッサの処理能力が悪い、RAMが不足しているなどといった状況では最速の通信を楽しめません。また、コンピュータプログラムがVPNの利用体験に影響することもあります。可能な場合、帯域をたくさん要するプログラム(トレントソフトなど)やVPNがインターネットにアクセスできないようにするソフト(セキュリティソフトなど)を一時停止しましょう。

よくある質問

? VPNを使うとインターネットの速度が落ちませんか?

データを暗号化して遠隔サーバーに送信するというVPNの仕組みにより、ほとんどのVPNはインターネットの速度に影響があります。幸い、良質なサービスを選べばその影響を最小限に抑えられますし、最高のVPNならISPによる意図的な速度調整を回避できるのでインターネットがいつもより速くなることもあります。

? VPNを使うとどれくらい遅くなりますか?

VPNの速度は様々な要素に左右されます。サーバーネットワークの規模、現在地とVPNサーバーの距離、サーバーの負荷量などが影響します。

サーバーネットワークが充実していると、膨大な量の通信量に対応でき、サーバーの負荷量が高すぎることが理由で遅くなることはほとんどありません。ExpressVPNなどのVPNは圧倒的な通信速度なので遅くなったとほとんど感じないはずです。

? ストリーミング向けの最速のVPNは?

ExpressVPNは総合的に最速のVPNであるだけでなく、ストリーミング向けVPNの中でも最速です。

独自のSmartPlay技術により、素早く効率的にストリーミングサービスのジオブロックを回避できるからです。

? 最速の無料VPNは?

残念ながら、無料VPNで速いものはありません。

無料VPNはプレミアムサービスよりかなり遅いのが現状です。有料VPNは速度アップのためにインフラや技術開発に投資できる経済力があるのに対して、無料VPNはそのような余裕はありません。

無料VPNの中には無料で利用できるサーバーを制限しているものもあり、無料サーバーは負荷量が高すぎてとても遅い傾向があります。また、速度をわざと遅くしている無料VPNもあります。

確実に最速の通信を楽しみたいならExpressVPNなど手頃な価格のプレミアムVPNをご利用ください。

まとめ

最速のVPNをお探しならオススメのサービスはたくさんあります!この記事でご紹介したVPNなら、ストリーミング、トレント、ゲーミングなど、あらゆる場面にピッタリの高速通信を楽しめます。

業界最速のVPNが欲しいならExpressVPNをお選びください。VPNを使っていることを忘れるほど高速です。低価格なのも魅力的です。ほかのVPNよりやや高価格ですが、ExpressVPNの最新のクーポンコードを使えばかなり安くなります。

より高速でトレントする方法を知りたい方はトレントのブロックを回避してスピードアップする方法をご覧ください。

まとめとして、2021年に最速のVPNはこちらです…

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

エリーはデジタル技術が専門の経験豊富なライターです。サイバーセキュリティや技術トレンドの最新情報について調査するのが好きなエリーはvpnMentorの利用者の皆様のために最高のVPNやプライバシー保護に役立つ情報を発信しています。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
独占割引キャンペーン
3か月分無料
ランキングトップのVPN
期間限定

00

00

時間

00

00

ExpressVPNをゲットする
30日返金保証付き
Image Alt Text - Vendor Logo expressvpn - devices