2020年にも使える本当に無料のVPNサービス10選

本当に安全で通信が速い無料VPNを見つけるのは簡単なことではありません。そこで今回、当サイトチームの助けを借りて、80種類以上の無料VPNを調査しました。その結果、日本で信頼できるサービスはほんの一部しかないことが分かりました。ほとんどの無料VPNはサイトを快適にロードできるほど通信が速くありませんし、パソコンがクラッシュする原因になったものもありました。チームの調査によると、一部の無料VPNはユーザーデータのログを記録しているものがあることも分かり、そのようなサービスを利用するとプライバシーが侵害されてしまいます。

危険なアプリをダウンロードして時間を無駄にしたり、端末を危険にさらしたりしたくありませんよね。下でご紹介する10種類のVPNは確実に安全で、きちんと動作することが確認されています

調査したVPNの中で一番オススメなのは、高度な機能があるNordVPNです。帯域が無制限で通信が高速ですし、接続も安全です。ただ、無料で利用できるのは30 日間だけです。そのため、NordVPNは短期間利用する場合にオススメです。長期間利用する場合は他の無料VPNをご利用ください(機能などに制限があります)。

今すぐNordVPNを試すならこちら!

お急ぎですか? 日本でオススメの無料VPNはこちらです【2020年に調査済み】

  1. NordVPN:総合評価ナンバーワンのVPNで、データ通信量が無制限、通信速度も超高速の高パフォーマンスサービス。ストリーミングやトレントにも完全対応。返金保証期間を利用すると30日間無料で利用できます。
  2. ProtonVPN:データ通信量が無制限でインターネットサーフィンするのに適した通信速度ですが、3か国のサーバーにしか接続できません(ジオブロックを通過するのは難しいでしょう)。
  3. Windscribe:10GBまで無料でデータ通信できるので、毎月160時間以上インターネットサーフィンできますが、動画をストリーミングするには通信が遅すぎます。
  4. Hotspot Shield:カタパルトヒドラプロトコルで高速通信を楽しめますが、毎日500MBまでしか通信できません(YouTubeで30分間程度ストリーミングできます)。
  5. hide.me:P2P通信を許可しているので安全にトレントできますが、ストリーミングサイトにはアクセスできません。

他にもおすすめの無料VPNを5つご紹介 | 調査方法 | よくある質問

今すぐNordVPNを試すならこちら!

オススメの無料VPN【完全分析】

大手無料VPNサービスを調査し、制限なく安全なサービスを利用できるものを探しました。残念ながら、セキュリティ対策、通信速度、安定性、無制限の利用などすべての面で優れている本当に無料のVPNはありません。総合的に優れたサービスが欲しい場合は低価格のプレミアムVPNが必要になります。日本で安全に利用できる10種類の無料VPNが見つかりました。いくらか妥協しなければならないポイントもありますが、以下でご紹介するサービスは安全です。

1. NordVPN:30日返金保証でリスクなし

Small assortment of technological devices compatible with NordVPN.
  • 返金保証を活用して30日間思う存分NordVPNで通信
  • 5,530か国に59個のサーバーがあり、日本にも88個の高速サーバーあり。
  • 256ビット暗号化、停止スイッチ、マルウェア対策
  • 5・9・14アイズ同盟以外に本社があるので完全に匿名
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、HBO、BBC iPlayer、Showtime、Amazonプライムビデオ、Sling TVなど、数百種類のストリーミングサービスに対応
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Android TV、Linux、Firefox、Chrome、ルーター

NordVPNは普通は無料VPNとしては紹介されていません。実は最も高度な機能が搭載されているプレミアムVPNなのです。無料VPNとしておすすめしている理由は、NordVPNの30日返金保証を利用すれば、この高パフォーマンスのプレミアムVPNを1か月間リスクなしで利用できるからです。この返金保証を実際に試してみたところ、確実に返金してもらえることが実証されています。

このサービスは旅行中やストリーミングするなど、短期間だけVPNが必要という場合にピッタリです。NordVPNはセキュリティ機能が最高クラスなのが特長です。他の無料VPNの多くはストリーミングサービスを利用できないように機能を制限していますが、NordVPNから世界中どこでもお気に入りの番組を自由に楽しめます。このVPNは400種類以上のストリーミングサービスにアクセスでき、ジオブロックされているコンテンツも楽しめるのです。多くのストリーミングサービスはジオブロックをどんどん強化していますが、NordVPNはそれに対抗しようと積極的に取り組んでおり、中国でも利用できます

他に役立つ機能として、高速のP2P専用サーバーでトレントに対応していること、広告ブロッカー、オニオンオーバーVPN、専用IPアドレス、ダブルVPNなどが挙げられます。もちろん、NordVPNは永久に無料で利用できるわけではありませんが、30日間で色々なことができます。また、1か月後も利用を継続したい場合、NordVPNの長期プランは他の有料VPNと比べてもかなり手頃な価格です。

NordVPNはiOSアプリが日本語に対応している数少ないVPNの一つです。日本語でVPNを利用したい方には本当にオススメのサービスでしょう。

詳しく知りたい方はNordVPNの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます

NordVPNを無料で始めましょう!

2. ProtonVPN:データ通信量が無制限で3か国にサーバーあり

ProtonVPN iOS devices
  • 無料でいくらでもデータ通信可能
  • ノーログポリシーとスイスのプライバシー法で匿名に
  • 強力な暗号化と自動停止スイッチ
  • 利用可能なストリーミングサービス:YouTube、Spotify、Kodi
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Linux
  • 日本に25個のサーバーあり

ProtonVPNは強力なプレミアムサービスを提供していますが、制限付きの無料版もあります。他の無料VPNで見られない最大のメリットは、データ通信量が無制限だということです。また、宣伝が表示されないのも魅力的です。ただ、無料プランでは日本、オランダ、アメリカの3か国のサーバーにしか接続できません。

ProtonVPNの無料ユーザーは皆、その3か国のサーバーに接続していますから、サーバーの負荷が高いことが多く、通信が遅い可能性があります。ProtonVPNでストリーミングやトレントしたい場合、有料プランにアップグレードする必要がありますが、無料の仮想ロケーションでも検閲を通過してジオブロックされているSNSやメッセージアプリを利用できます。

ProtonVPNのインターフェイスは直感的に使いやすく、複数のプラットフォームにも対応していますし、Quick Connect機能は一番近い最速のサーバーに自動で接続してくれます。このVPNは強力なAES暗号化や自動停止スイッチなど、強力なセキュリティ機能があるのも魅力的です。他にもDNS漏れ対策やスプリットトンネリングへの対応などの特長もあります。

ProtonVPNについて気に入ったことの一つは、プライバシー方針がはっきりしていることです。このVPNはログなし方針をはっきり提示しており、厳しく実施されています。本社は5・9・14アイズ同盟 に加盟していないスイスにあり、プライバシー保護に有利です

詳しく知りたい方はProtonVPNの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

今すぐ無料でProtonVPNを始めましょう!

3. Windscribe:毎月無料で10GBまでデータ通信

  • 毎月無料で10GBまでデータ通信可能
  • 10か国のブロックされているコンテンツにアクセス
  • 高度な暗号化、マルウェア対策、広告ブロッカー
  • トレントに対応
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、HBO
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Firefox、Chrome、Linux

Windscribeはデータ通信量が多いので日本でオススメの無料VPNの一つです。10GBデータ通信できるので、高画質で約3時間ストリーミングするのに十分のはずです。また、ツイートすれば5GB追加してもらえますし、友達を招待すると抽選で1GB追加されます。Windscribeは最高のAES暗号化や複数のVPNプロトコルに対応しているなど、最先端のセキュリティ機能を大々的に宣伝しています。

有料ユーザーも無料ユーザーも宣伝・マルウェアブロッカーなどすべての機能を利用できます。広告ブロッカーを利用できる無料VPNはあまりありませんから、これはかなり魅力的です。さらに、Windscribeはファイアウォールがあり、VPNの安全なトンネル外のすべての通信をブロックして故意に情報漏洩が発生するのを防いでくれます。

他に役立つ機能はポートフォワーディングとスプリットトンネリングでしょう。この会社は詳しいプライバシー方針があり、どのようなデータを記録しているのかをはっきり説明していますし、プライバシーを保護するためのログなし方針もあります。Windscribeはデスクトップアプリやブラウザ拡張機能を用意しています。プログラムのインターフェイスは分かりやすく、ライブチャットやセットアップガイドなど、カスタマーサポートも豊富です。ワンクリック接続で素早く簡単に使い始めることができます。

Windscribeの無料アカウントではデータ通信量に制限があるだけでなく、一部の国のサーバーにしか接続できません(アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、香港、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、スイス)。これらの国のサーバーにしか接続できないということは、それ以外の国のコンテンツをアンブロックできないということでもあります。

詳しく知りたい方はWindscribeの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

Windscribeを無料で始めましょう!

4. Hotspot Shield:トレントに対応しているVPN

  • 24時間ごとに無料で500MBまで通信可能(1か月に換算すると15GB)
  • インターフェイスはシンプルで使いやすいので、初めてでも簡単
  • 軍事レベルの暗号化でインターネットの利用状況を保護
  • 安定した通信で遅延なくインターネットサーフィン可能
  • 利用可能なストリーミングサービス:YouTube、Spotify
  • 対応端末:Windows、mac、iOS、Android、Chrome
  • 日本のサーバーは1個

Hotspot Shieldは接続が安定していて軍事レベルの暗号化を採用しているので日本でオススメのサービスです。調査ではDNS漏れは確認されませんでしたから、効果的にローカルIPアドレスを隠してネットでしっかりプライバシーを保護できることが分かりますね。Hotspot ShieldはすべてのOSに対応しており、匿名性を守るノーログ方針があり、テクニカルサポートもあります。また、無料版も有料版もP2Pに対応しています。

専用アプリは使いやすく、ワンクリックで接続できるのでスムーズに利用を開始できます。ただし、無料版には制限もあります。宣伝収入で運営されているため、広告が表示されますし、1日に500MBまでしかデータ通信できません。大きなファイルをダウンロードするには少なすぎますが、メールをチェックしたりSNSを利用したりするには問題ないでしょう。

残念ながら、無料版ではストリーミングできません

Hotspot Shieldは3,200か国に80個のサーバーがありますが、無料版ではアメリカの仮想ロケーションしかアクセスできません。VPNを有効にした状態でストリーミングコンテンツにアクセスしようとすると、支払ページが表示されてしまいます。1つしか仮想ロケーションがないHotspot Shieldですが、政府の検閲や学校や職場のコンテンツ制限を通過できるので、どこでも自由にサイトにアクセスしたりSNSアプリを利用できます。

Hotspot Shieldの無料版が気に入ったら、7日間無料トライアルで有料版の使い心地をお試しいただけます。

詳しく知りたい方はHotspot Shieldの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

Hotspot Shieldを無料でご利用ください!

5. hide.me:高速通信で、毎月10GBまで無料

  • 毎月無料で10GBまでデータ通信可能
  • 4か国に無料サーバーを配備
  • 強力な暗号化と複数のプロトコルに対応
  • 通信速度が速いので素早くページをロード
  • 利用可能なストリーミングサービス:Hulu、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、HBO GO
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、ルーター

hide.meは日本でオススメのシンプルで安定した無料サービスです。毎月10GBまで無料データを利用でき、hide.meの使いやすい専用アプリや強力な保護など、すべての機能を使えます。強力なAES暗号化、自動停止スイッチ、漏洩対策、厳しいノーログポリシーなどの高度なセキュリティ機能が含まれています。

hide.meは複数のVPNプロトコルに対応しているので端末に最適なものを選んで接続を最適化できます。このような安全な接続プロトコルにより、保護されていない公共WiFiネットワークでも監視を気にせずに安心して利用できます。

登録でメールアドレスなどの個人情報を入力する必要はなく、確実に匿名性を守れます。

無料サーバーはカナダ、オランダ、ドイツ、アメリカ西海岸と東海岸に5つありますが、NetflixやBBC iPlayerなどのジオブロックされているサイトにはアクセスできません。

職場や学校のコンテンツ制限を回避したり、政府の厳しいネット検閲を通過するためには無料サーバーが役立ちます。さらに、hide.meはP2Pに対応していて無料版でもトレントできます。しかし毎月10GBまでしか通信できないのでファイル共有するなら賢くご利用ください。

また、無料アカウントでは1台の端末しか接続できませんからノートパソコンでインターネットサーフィンしている時にスマホやタブレット端末を保護することはできません。

hide.meの無料トライアルの他の特長として、24時間年中無休のテクニカルサポートを利用できること、スプリットトンネリング、宣伝なしでインターネットサーフィンできることなどが挙げられます。

詳しく知りたい方はhide.meの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

無料でhide.meを始めましょう!

6. TunnelBear:充実したサーバーネットワークとログなしが特長

windows tunnelbear
  • 毎月無料で500MBまでデータ通信可能
  • 23 か国以上のサーバーあり(日本には1個)
  • ログなし保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:YouTube、Spotify
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Chrome、Firefox、Opera

初めてVPNを利用する場合、TunnelBearの無料版がオススメです。インターフェイスが本当に使いやすく、クマのアニメーションが可愛いのが魅力のサービスで、他の無料VPNだと一部のサーバーにしか接続できませんが、TunnelBearだと無料ユーザーでもたくさんの国のサーバーに接続でき、通信速度も比較的高速です。

TunnelBearは外部の審査を受けているので安全性は間違いありません。また、AES 256ビット暗号化を採用し、データログを記録していないことを保証しています。つまり、データは一切記録されず、個人情報のプライバシーをしっかり守れるのです。このVPNは地理制限のある多くのサイトをアンブロックでき、簡単にコンテンツ制限も通過できますが、Netflixなどのストリーミングサービスにはアクセスできません

TunnelBearの無料アカウントだと、毎月のデータ通信量は500MBまでですが、TunnelBearについてツイートすると1GB追加されます。30分ストリーミングするのに十分なデータ通信量ですが、映画を見たり大きなファイルをダウンロードしたりすることはできません

詳しく知りたい方はTunnelBearの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

無料でTunnelBearをご利用ください!

7. OperaVPN:ブラウザのVPNを使って匿名でインターネットサーフィン

  • データ通信量と帯域が無制限
  • 広告・マルウェアブロッカーを搭載
  • 登録不要
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Linux

無料のウェブブラウザOperaにはVPNが搭載されていて、インターネットサーフィンしている時にローカルIPアドレスを隠すことができます。ブラウザ設定でVPNを有効にするだけで利用できます。これはブラウザの拡張機能なので、OperaのVPNでは他のブラウザやアプリで送受信される通信は保護できません。そのため、インターネットサーフィンしている時の通信は安全でも、メールやネット銀行アプリの通信は保護されないわけです。

無料VPNサービスのほかに、このブラウザには広告ブロッカーやマルウェア対策機能が搭載されています。ブラウザのVPN機能を使うと個人を特定できなくなり、匿名でインターネットサーフィンできるようになります。特に公共WiFiを使う場合に便利です。仮想ロケーションはアメリカ、ヨーロッパ、アジアの3か所だけです。

地域は選べますが特定のサーバーは選べないため、OperaVPNはストリーミングには適していません。アメリカのNetflixやBBC iPlayerなど、様々なストリーミングサービスを試しましたが、全くアンブロックできませんでした。このブラウザはすべての主要なプラットフォームで利用できます。

詳しく知りたい方はOperaVPNの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

今すぐ無料でOpera VPNを始めましょう!

8. Speedify:高速通信で宣伝なし

speedify iphone
  • 毎月無料で2GBまでデータ通信可能
  • 200地点に50個のサーバー。
  • チャンネルボンディング技術で高速で安定した通信
  • ChaCha暗号化サイファーでセキュリティと通信速度をバランスよく提供
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Linux

名前の通り、Speedifyは通信速度をアップするVPNプロトコルを採用しています。チャンネルボンディング技術により、複数のインターネット通信を同時に使えるので、ウェブ通信を分けることでより高速な通信を楽しめます。

SpeedifyはDNS漏れ検査にすべて合格しました。つまり、ローカルIPアドレスを効果的に隠し、プライバシーをしっかり守れると同時に、検閲・ジオブロックされているコンテンツにもアクセスできるようになります。ネットの利用状況はSpeedify独自のChaCha暗号化サイファーと厳しいノーログポリシーで保護され、匿名性もしっかり守ることができます。

SpeedifyのアムステルダムのサーバーはBitTorrentとP2Pに最適化されています。毎月2GBまで無料でデータ通信できるので、メールをチェックしたりFacebookを確認したりする時に安全なVPN保護が欲しいという方に向いています。それでも、ストリーミングやトレントするには足りません

他の無料VPNと同じように、Speedifyは有料アカウントにアップグレードするよう勧めてきますが、無料版には宣伝を表示しないと約束しています。つまり、Speedifyは利用者の情報をサードパーティの宣伝会社やGoogle Adsなどと共有しないので、セキュリティは万全です。

詳しく知りたい方はSpeedifyの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

いますぐ無料でSpeedifyを始めるならこちら!

9. Betternet VPN:保護されていないWiFiネットワークをより安全に

Small assortment of technological devices compatible with Betternet.
  • 1日に500MBまで無料でデータ通信可能
  • 登録不要。ダウンロードしたら直ちに利用できます
  • 強力な暗号化とマルウェア対策
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Chrome

低画質で30分間ストリーミングするなら500MBで十分かもしれませんが、Betternetの無料アカウントではストリーミングは許可されていません。日本ではアメリカのサーバー地点にしか接続できないので、他の国のコンテンツはアンブロックできません。それでもセキュリティ対策に関してBetternetは基本をしっかりカバーしています。

強力な暗号化、高速通信、パーフェクトフォワードシークレシーなどがありますが、停止スイッチないのでVPNサーバーとの接続が故意に途絶えた場合、通信は保護されません。この無料VPNは保護されていない公共WiFiネットワークに接続している時に監視の目を避けるのに役立ちますが、完全に匿名性を守りたいなら他のサービスを選びましょう

Betternetはユーザー情報を収集しているのでプライバシー保護には向いていませんし、情報の一部はサードパーティのサービスプロバイダと共有されてしまいます。また、無料アカウントには宣伝がたくさん表示されます

詳しく知りたい方はBetternetの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

無料でBetternetをご利用ください!

10. VPNBook:OpenVPNでデータ通信量は無制限

  • いくらでもデータ通信可能
  • 5か国に仮想ロケーションあり
  • 安全なOpenVPN技術で構築されたサービス
  • 対応端末:Windows、macOS、iOS、Android、Linux

VPNBookは無料でいくらでもデータ通信でき、安全なAES暗号化を採用していてOpenVPNまたはPPTP接続から選ぶことができます。日本にオススメのこのサービスを使えば監視の目を避けることができますが、VPNBookはアメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、ポーランドにしかサーバーがありません。VPNBookのホームページではNetflixとHuluをアンブロックできると宣伝されていますが、調査ではどちらにもアクセスできませんでした

この会社の本社はプライバシー保護に寛容なルーマニアにあり、活動記録は一切収集していませんが、最大1週間接続ログをいくらか保存します。この記事でご紹介した他のVPNとは違い、VPNBookは端末向けの専用アプリは提供していません。代わりにOpenVPNの手動設定ファイルを提供しています。VPNBookが用意しているステップバイステップのインストールガイドに従えばそれほど難しくありません。

VPNBookはトレントに対応したサーバーをいくつか提供しており、検閲を通過するためにも役立ちます。このVPNは広告収入で運営されているため、サービスを利用している時にはいくらか宣伝が表示されます。

詳しく知りたい方はVPNBookの完全レビューで検査結果をすべてご覧になれます。

無料でVPNBookを始めましょう!

ご注意:無料VPNプロバイダが明かさない秘密とは

無料VPNは利用するのにお金がかかりませんが、無料であるのにはワケがあるのです。無料VPNがデータ通信量や帯域を制限しているのは、有料版にアップグレードさせたいからです。また、利益を得るためにユーザーデータを転売することもあり、誰に情報を売るかきちんと情報公開していないので利用者にとって不利なのです。この記事でご紹介した無料VPNはこのようなリスクはありませんが、いくつか注意したいデメリットがあります。

有料VPNは利用するために継続的に料金を支払わなければなりませんが、きちんと保護してくれますし、機能性も優れています(勝手にデータを売られることもありません)。さらに、返金保証を利用すれば有料VPNでも短期間無料で利用することができます。

早見表:無料VPNと有料VPNの長所と短所を比較

長所 短所
無料VPN
  • 無料
  • 支払い情報を入力しなくてOK
  • 長期契約に加入しなくてOK
  • データや帯域に制限があることが多い
  • サーバーネットワークの負荷が高いので遅い
  • カスタマーサポートがないことが多い(あっても対応してくれない)
  • IPv6対策がない傾向があり、ISPにネットの利用状況を見られてしまう
  • 宣伝が表示される
  • セキュリティや暗号化が弱い(単なるプロキシであることも)
  • 個人データを転売して収入を得ていることがある
  • ログを記録していることが多い
有料VPN
  • データ通信量と帯域が無制限
  • ほとんどの国にサーバーがある
  • ストリーミングやトレントに対応している(十分なデータ通信量がある)
  • 24時間年中無休サポートがあることが多い
  • IPv6やDNS漏れ対策が含まれているので安全
  • 宣伝ブロッカーが搭載されていることが多い
  • 256ビット暗号化を採用している(最高レベルの暗号化)
  • ログを記録したり、情報をサードパーティと共有しない
  • 無料ではない(低価格の月額料金あり)
  • 支払い情報の入力が必要(ビットコインでの支払いが可能なことも)

今すぐNordVPNを試すならこちら!

避けるべき無料VPN

調査では、セキュリティに重大な問題がある信頼できない無料VPNも見つかりました。以下のVPNは避けましょう。上でご紹介した無料サービスとは違い、これらのVPNは危険です。

Hola これは真のVPNではなく、P2Pネットワークです。他のユーザーがあなたのコンピュータに接続し、あなたのIPアドレスを使用してしまいます。違法行為のためにあなたのIPアドレスが使われてしまった場合、トラブルの原因になるので避けましょう。
CrossVPN CrossVPNはトロイの木馬ウイルスに感染しており、調査でVPNアプリをインストールした時に私の端末が感染してしまいました。インストールするとセキュリティのリスクがあり、有害です。
sFlyネットワークブースター これはVPNではありません。あなたの端末のメッセージにアクセスして勝手にメッセージを送信するので有害です。
OkVPN 他のアプリに広告が表示されるようになってしまいます。
EasyVPN このサービスも他のアプリに宣伝を表示するので避けましょう。
Psiphon 提携会社があなたの活動をトラッキングできるようになります。また、あなたのデータが提携会社に共有されたり、ターゲティング広告が表示されたりします。
HoxxVPN これはプロキシであり、VPNではありません。また、ユーザーデータをサードパーティに転売しています。
Archie VPN マルウェアにたくさん感染しています。
HatVPN 無料ユーザーの位置情報を宣伝会社と共有していて、マルウェアに感染しています。
SuperVPN ログを記録しており、端末にマルウェアをダウンロードされます。
Private Pipe VPN ターゲティング広告を表示し、ネットの利用状況を記録しています。
Tuxler VPN ブラウジングデータを記録し、宣伝会社と共有してターゲティング広告を表示されます。
GO VPN VPNではなく単なるプロキシです。アプリにはターゲティング広告が表示されますから、ログを宣伝会社と共有しているようです。
Hexatech あなたのユーザーデータやネットの利用状況に宣伝会社がアクセスできるようになってしまいます。
Faceless.me サイトにアクセスしたところ、McAfeeが悪質なサイトだと診断しました。
FinchVPN マルウェアを端末にダウンロードされます。
VPN OneClick Free 端末のマルウェアをインストールします。
Fast Secure Payment マルウェアが大量に潜んでいます。

NordVPNを無料で30日間お試しください!

調査方法:VPN検査について

私たちは毎月VPNをそれぞれ検査しているのですが、調査作業ではパフォーマンス分析ツールを使ったり、実例を分析したり、追加の検査を行ったりしています。中国やロシアなどネット検閲のある国を含め、世界中10か国以上のスタッフが調査を実施しています。

セキュリティ、通信速度、使用制限、安定性などの調査結果を総合的に評価し、オススメのサービスをランキングにまとめています。ほかにも、トレントやストリーミングに対応していること、ログ方針、サーバーの可用性、対応端末、マルウェアブロッカーなどの追加機能なども考慮しています。

  • 各サービスのセキュリティ機能を調査し、情報漏洩や脆弱性がないかなども分析しています。また、ログ方針を読み、情報を記録しているのか、もしそうであればどんな情報を記録しているのか、情報はどのように使用されているのかなどもチェックしました。ユーザーデータを一切記録・転売していないと保証できるのは厳しいノーログポリシーがあるVPNだけです。
  • 通信速度はspeedtest.netを利用し、VPNに接続する前と後で速度がどのように変化するか比較しました。VPNに接続するとある程度通信が遅くなることが予想されますが、無料VPNはサーバーネットワークが充実していなかったり、意図的に通信を遅くしていたりするので、インターネットサーフィンやストリーミングするには遅すぎる場合があります。いつもの通信と同じくらい速いのは最高のVPNだけです
  • オススメのサービスは無料で通信できるデータ量とその他の機能をどのようにバランスよく提供しているか検討してランキングにまとめました。例えば、データ通信量が無制限でも、速度が遅すぎれば上位にランクインすることはできません。
  • VPNのパフォーマンスはどのサーバーに接続するかにも左右されます。VPNのサーバーネットワークが充実しているほどサーバーの選択肢が多く、安定したサービスを楽しめます。できる限り、複数のサーバーを検査して、VPNネットワークの総合的なパフォーマンスを把握できるようにしました。

今すぐNordVPNを試すならこちら!

無料VPNに関するよくある質問

? 無料VPNは日本で安全に利用できますか?

調査したVPNの中で、安全に利用できるサービスはほんの一握りしかないことが分かりました。きちんとした暗号化を採用していなかったり、ログを記録していたり、アプリがきちんと動作しなかったりするため、ほとんどの無料VPNは危険なのです。また、無料VPNの中には、他のユーザーの端末にマルウェアをダウンロードすることが報告されているものもあります。

今回の調査では当サイトスタッフと協力して80種類以上のVPNサービスを評価しました。この記事でご紹介している無料VPNは安全でパフォーマンスが安定しており、高速です。

? 無料VPNはすべての端末にインストールできますか?

ほとんどの無料VPNはノートパソコン、デスクトップパソコン、スマホにしか対応していません。

このランキングでご紹介した無料VPNは対応端末を明記しましたから、お使いの端末に適した無料VPNを見つけられるはずです。Windows、macOS、iOS・iPhone、Android、Linux、Chrome、Firefox、ルーター、Amazon Fire TVスティックなどのOSに対応している無料VPNをご紹介しました:

? 無料VPNでNetflixなどのストリーミングプラットフォームをアンブロックできますか?

このランキングでご紹介した無料VPNはNetflix、Disney+、Huluなどの人気ストリーミングサイトにアクセスできます。AmazonプライムビデオやBBC iPlayerなど、より厳しいジオブロックやVPN検知技術を採用しているプラットフォームにはアクセスできないというものもあります。

私たちの調査では、すべてのストリーミングサイトに確実にアクセスできるVPNは有料VPNだけという結果が出ています。有料VPNの料金は払いたくないという場合、返金保証を利用して短期間だけ使うのがオススメです。

? 無料で有料VPNを試す方法は?

有料VPNは返金保証があることが多いため、短期間だけ有料VPNを試してみるのに役立ちます。保証期間が終わる前に払い戻しをリクエストすればOKです。

? 無料VPNで安全にトレントできますか?

安全にトレントできる無料VPNはかなり少ないです。トレント中にもしっかり保護してくれる良質なVPNもいくつかありますが、そうでないVPNの方が圧倒的に多いのです。無料サービスの多くは通信を暗号化せず、データ漏洩を防止しないことが分かっています(そのため安全にP2P通信できません)。sind sie für P2P-Verbindungen nicht sicher).

ほとんどの無料VPNは遅いですし、データ通信量が制限されているので大きなファイルはダウンロードできません。通信速度を調整せず、安全に利用できるような無料サービスを見つける必要があります

無料VPNは中国で利用できますか?

中国で利用できる無料VPNはほとんどありません。また、安全性の面でも懸念があります。中国、ドバイ、インド、ロシアなど、ネット検閲が厳しい地域で身を守るには高度なセキュリティ機能が必要です。

ただ、無料VPNは難読化機能がないので、中国政府はVPNを使用していることを見ることができ、接続をブロックしてしまいます(また、無料VPNがきちんとデータを暗号化していなければ、違法行為で罰せられる可能性もあります)。難読化はインターネット通信の見た目を変えて、VPNを使っていることが分からないようにする機能です。また、無料VPNは使用制限があります。数日でデータ量が足りなくなってしまい、全く保護されていない状態になってしまいます。

中国で利用するのに一番オススメなのは位置情報だけでなくネットの利用状況やVPNを使っていることも隠せるNordVPNです。旅行に行くなら30日間利用できる返金保証を活用するのがオススメです。

無料VPNは合法ですか?

はい、ほとんどの国で無料VPNの使用は合法です。 一部の国ではVPNは禁止されています(例えばロシアや中国では政府に認可されているVPNしか使えません)が、旅行者がこれらの地域でVPNを使ったとしても問題にはなりませんからご安心ください。

無料VPNとトーアを併用するべきですか?

この記事でご紹介した無料VPNをトーアと併用することは可能ですが、通信がかなり遅くなります。

トーアは通信をリレーするのに時間が掛かりますから、高速VPNがなければ途方もない時間が掛かってしまいます。帯域や通信速度を制限しているような無料VPNではうまくいきません。

最高の通信速度にしたいなら現在あなたがいる場所に近いサーバーに接続するべきです。無料VPNはサーバーが少ないので近くにサーバーがないこともあり、難しいでしょう。

無料VPNはどのように収入を得ているのですか?

無料VPNは宣伝の表示、ユーザーデータの転売、有料のVPNサービス(フリーミアムVPN)の提供という3つの方法で収入を得ています。

一番よく見られるのは宣伝収入でしょう。宣伝は鬱陶しいですが、それより重要な注意事項があります。無料VPNがターゲティング広告を表示している場合、サードパーティにネットの利用状況のデータを売っていることを意味します。

無料VPNが収入を得る方法として、ユーザーデータの販売も挙げられます。ターゲティング広告を表示するために宣伝会社にデータが販売されることが多いですが、中には危険な会社にデータを売っているサービスもあります(HexatechやPsiphonなどはネットで誰が何をしているのかサードパーティが見られるようにしたほどです)。無料VPNはこれについて明白に情報を開示していませんし、情報が誰の手に渡っているのか分からないことが多いので、プライバシーを侵害されてしまいます。

「フリーミアム」VPNは有料VPNの無料版のことです。支払いは必要ありませんが、通信速度、データ量、アクセスできるサーバーが制限されています。このようなケースでは有料VPNの利用者が支払った契約料が無料サービスの運営に充てられています。

オススメしたVPNのほとんどはフリーミアムVPNで、宣伝は表示されませんし、データを転売されません。

まとめ

良質な無料VPNはありますが、一番安全な無料サービスでも、低価格のプレミアムVPNには対抗できません。プレミアムサービスは最高レベルのセキュリティ対策を実現していますし、日本でもストリーミングやトレントできるようにしてくれます。また、ほとんどの無料VPNとは違い、プレミアムVPNはデータや帯域が無制限です。さらに、より多くのサーバーに自由にアクセスできるようになりますし、通信も断然高速なのです。

ほとんどのプレミアムVPNは無料トライアルや返金保証がありますから、ニーズにピッタリのサービスか実際に試して実感できます。 一番のおすすめはNordVPNです。高速で安全ですし、アメリカのNetflixを含む何百ものストリーミングサービスをアンブロックできます。さらに、30日返金保証があるので安心してお試しいただけます。

毎週更新しているVPNの割引ページ をご覧になれば、最高レベルのVPNを破格でゲットできます!

返金保証を使って無料で試せるオススメのVPNは…

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはNordVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在68%オフの割引キャンペーンを実施中です。

NordVPNへ

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
投票して下さり、ありがとうございました。
待ってください! NordはそのVPNの68%ディスカウントを提供しています