当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

iPhone・iPad向け無料VPN おすすめ8選│iOS16にも対応 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月23日 ファクトチェッカー:ベン・ローソン 編集主任

iPhoneで無料VPNを使いたくても、怪しい無料VPNはたくさんありますから、どれが安全なのか見極めるのは困難です。無料VPNはセキュリティ機能が弱かったり、デバイスの動作が遅くなったり、iPhone・iPadのバッテリーの減りが早くなったりすることが多いのです。ユーザーデータを記録し、売却するものさえあります。さらに、信用できない低品質の無料VPNでも、ユーザーレビューは星4つ以上になっていることが多いため、注意が必要です。

ご安心ください。VPN業界で長年蓄積したノウハウを活かし、50社以上のiOS向け無料VPNを徹底的に検証・比較しました。ここで紹介する8社は高性能で安全なものばかり。iOS 16またはそれ以前のiPhoneで利用でき、自宅や外出先で安全を確保するのに役立ちます。ただし、「サーバーネットワークが小規模」「通信が遅い」「データ通信量が制限されている」など、無料VPNは必ず何らかのデメリットがあります。

そのため、iOSデバイスではExpressVPNなどのプレミアムプロバイダがおすすめです。完全無料ではないものの、これまで使ったなかで最高のiOS版VPNで、無料VPNのような制限やデメリットはありません。30日間返金保証を実施しており、本当に返金してくれることも確認してありますから、安心して体験できます。

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

プロ厳選!iPhone・iOSにおすすめの無料VPN【2024年に検証済み】

  1. 編集者のチョイス
    ExpressVPN
    ExpressVPN
    :高速なグローバルサーバーネットワークを誇りiOSで快適にストリーミングできます。30日間の返金保証がありますから、リスクフリーで体験できます。
    読者の70%がExpressVPNを選んでいます
  2. CyberGhost VPN
    CyberGhost
    :ストリーミング専用サーバーがあり、iPhoneとiPadで動画をスムーズに視聴できます。リスクフリーで体験できます。
  3. Proton VPN
    Proton VPN
    :データ通信量は無制限で、無料でiOSアプリを使えます(但し、無料サーバーで動画を視聴することはできません)。
  4. Avira Phantom VPN
    Avira Phantom VPN
    :無制限のiOSデバイスを無料で接続できます(但し、カスタマーサポートは利用できません)。
  5. hide.me VPN
    hide.me
    :プライバシー重視のiOS版VPN(但し、他社より低速です)。

iPhoneとiPadにおすすめの無料VPNをほかにも3社ご紹介!

iPhone・iPadにおすすめの無料VPN — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:iOSに一番おすすめのVPN。世界中に多数の高速サーバーがあり、動画配信サイトに確実にアクセスできる

注目ポイント 検証したなかで最速のiOS用VPN
データ通信量 無制限
アクセス制限を回避できるサイト・サービス Netflix、Disney+、Hulu、HBO Max、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、ほか多数
無料トライアル 30日間返金保証
日本語のiOSアプリ
日本語のカスタマーサポート 〇(24時間年中無休のライブチャットとメールサポートがあり、自動翻訳ツールを使ってやり取りできる。ヘルプセンターあり)

ExpressVPNは今回検証したなかで最速のiOS向けVPNでしたイギリス、ドイツ、フランスのサーバーを試したところ、平均速度は69.2Mbpsで、接続前と比べて3%しか低下しなかったのです。HD画質でストリーミングするのに必要な速度の13倍以上という驚異的なスピードでした。ExpressVPNが高速な理由の1つは、「Lightway」という独自プロトコル。トップクラスの性能を誇るプロトコルで、軽量でバッテリーが長持ちします。

ExpressVPN's speed tests on long-distance servers17,000キロ離れたサーバーに接続しても、通信速度は5%しか低下しませんでした

通信が速いため、快適にストリーミングできます。日本を含む105か国に3,000台を超えるサーバーが設置されており、iPhoneとiPadで世界中の人気ストリーミングサービスにアクセスできました。15か国以上のNetflix、Disney+、Hulu、Amazonプライムビデオなどを視聴でき、各サービスのアカウントに問題なくアクセスできました。

ExpressVPNのサーバーはPingが低いため、iPhoneでゲームもスムーズにプレイできます。ドイツサーバーに接続して『ブロウルハラ』というアクションゲームを遊んだところ、Pingは常に30ms以下で、遅延はほとんど発生しませんでした。激しい対戦ゲームもプレイできます。

ExpressVPNは完全無料ではないものの、30日間返金保証があります。ただし、保証を活用したい場合はExpressVPNの公式サイトから加入しましょう。iOSアプリを通して加入すると7日間無料トライアルが開始しますが、返金保証は適用されません。代わりにApple社の気まぐれな返金ポリシーに頼ることになり、早めに解約しても返金してもらえない可能性があります。

便利な特徴

  • 非常に強固な暗号化。ExpressVPNのiOSアプリは軍レベルの暗号化で通信を守り、パーフェクトフォワードシークレシーで安全が強化されています。暗号鍵が定期的に変更されるため、部外者に解読されるリスクを最小限に抑えられるわけです。iPhoneとネットワーク接続を共有すれば、Apple Watchのデータも暗号化されます。
  • Threat Manager。Threat Manager(脅威マネージャー)とは、iOSデバイス上のアプリが第三者とデータを共有したり、不正サイトとやり取りしたりするのを自動的に防ぐ機能です。ExpressVPNのIPアドレス・DNSの漏えい防止機能と自動キルスイッチも、データのプライバシーを守るのに一役買っています。
  • RAMベースのサーバー。ExpressVPNのサーバーが再起動されるたびにすべてのデータが消去され、プライバシーが保護されます。また、ExpressVPNの本拠地はプライバシー保護に適した英国領ヴァージン諸島です。14アイズ同盟の管轄外なので、政府のデータ開示請求を受けたとしても応じる義務はありません。
  • 自動サーバー難読化。ネットワークの制限が検出されると、自動的にVPNの通信を通常のネット通信に見せかけます。iOSデバイスの設定を変えなくても、VPNをブロックするファイアウォールを回避できるようになるわけです。
2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:iPhoneでストリーミング専用サーバーに接続し、快適に動画を視聴できる

注目ポイント ストリーミング専用サーバー
データ通信量 無制限
アクセス制限を回避できるサイト・サービス Netflix、Disney+、Hulu、HBO Max、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオ、ほか多数
無料トライアル 45日間返金保証
日本語のiOSアプリ
日本語のカスタマーサポート ×

CyberGhostはiOSデバイスで動画を視聴するのにおすすめです。100か国に11,690台以上のサーバーが設置されていますから、どこからでも世界のコンテンツにアクセスできます(日本サーバーも利用可能)。特定の動画配信サービスにアクセスしたり、外国のライブラリを視聴したりするためのストリーミング専用サーバーもあります。アメリカのストリーミングサーバーを試した結果、iPhoneとiPadでアメリカのNetflix、Disney+、Huluのアカウントに簡単にアクセスできました。

Screenshot of CyberGhost's streaming servers accessing Canadian Netflix on iOSCyberGhostは100台以上のストリーミングサーバーがありますから、世界のコンテンツを視聴できます

iPhoneでスピードテストを行った結果、CyberGhostは高速であることが分かりましたアメリカサーバーを試したところ、平均速度は59.7Mbpsで、16%しか低下しませんでした。ExpressVPNほど高速ではないものの、ドラマ『ウェンズデー』をUltra HD画質で見るのに十二分なスピードです。一方、遠くのサーバーではもっと遅くなってしまいました(35%の速度低下)。

CyberGhostのデメリットの1つは、中国で使えないこと。とは言え、カスタマーサポートに問い合わせたところ、イランやトルコなど、ネット検閲が行われている一部の国では使えるそうです。ただし、法律を違反しないよう、VPNに関する現地の法令をしっかり調べたうえで使用するか判断してください。

ExpressVPNと同様、CyberGhostも完全無料というわけではないものの、CyberGhostの公式サイトから加入すれば45日間返金保証が適用されますから、じっくり試せます。iOSでは7日間無料トライアルも利用可能ですが、トライアル後に自動課金されてしまうと、返金保証が適用されない可能性があるため、おすすめしません。

便利な特徴

  • 初心者でもアプリが使いやすい。CyberGhostのiOSアプリは設定がとても簡単で、使い勝手の良いデザインです。わずか3分でiPhoneにインストールし、使い始めることができました。ストリーミング専用サーバーがどれか明記されており、頻繁に使うサーバーはお気に入りに登録することもできます。
  • 独立監査済みのノーログポリシー。CyberGhostのノーログポリシーは監査法人Deloitte社による独立監査を受けており、ユーザーデータとアクティビティを記録していないことが確認されています。また、本拠地はプライバシー保護に適したルーマニアです。
  • 追加の安全機能。公共Wi-Fiに接続した際にCyberGhostが自動的に起動するように設定できます。また、AES 256ビット暗号化、自動キルスイッチ、IPアドレス・DNSの漏えい防止機能で常に安全を確保できます。広告、マルウェア、トラッカーを防ぐ「Block Content」という機能も備わっています。
2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Proton VPN:無料版でもデータ通信量は無制限。常にiPhoneを守れる

注目ポイント 制限のない完全無料VPN
データ通信量 無制限
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram、Kodi
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ ×
日本語のカスタマーサポート 〇(メール。自動翻訳機能付き)

Proton VPNの無料iOSアプリはデータ通信量が無制限なので、好きなだけ利用できます。他社の無料VPNは毎月のデータ通信量が1GBに制限されていることがほとんどで、500MBしか通信できないケースもあります。通信量が無制限の無料VPNは非常に珍しいのです。Proton VPNを使ってYouTubeを3時間視聴したのですが、途中で再生が止まることはありませんでした。

通信速度も、Proton VPNは安定して高速です。iPhone 14で3か国の無料サーバー(日本、アメリカ、オランダ)を試した結果、平均速度は54.5 Mbpsとなり、接続前と比べて25%しか低下しませんでした。無料VPNとしては悪くありません。

無料のiOSアプリには、個人情報の安全を確保するためのセキュリティ・プライバシー機能がいくつか内蔵されています。Stealthプロトコルを使えるため、制限されたネットワークでも検出されずにVPNを利用できます(こちらも無料VPNとしては珍しい機能です)。WireGuard、OpenVPN、IKEv2にも対応しています。また、AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、IPアドレス・DNSの漏えい対策も備わっています。本拠地はプライバシー保護法が厳しいスイスなので、データがしっかり保護されます。

Screenshot of Proton VPN iOS app's security featuresキルスイッチがありますから、VPN接続が切れてもデータは漏えいしません

残念ながら、Proton VPNの無料プランでは動画を視聴できません。しかし、データ通信量は無制限で、Stealthプロトコルを使えますから、学校や職場などVPNがブロックされているネットワークでいくらでもインターネットを閲覧したり、Netflixオリジナル作品やYouTubeを視聴したりできます。

便利な特徴

  • iOSアプリはオープンソースで監査済み。Proton VPNのiOSアプリはオープンソースなので、透明性が最高です。また、2022年に独立監査を受けており、業界標準を満たす安全なソリューションであることが証明されました。
  • 無料サーバーが130台以上。ほかの無料VPNと比べ、Proton VPNはサーバーが多いのが特徴です。混雑したサーバーに接続されて通信が遅くなる可能性が低く、1台のサーバーが停止したとしても、ほかに多数のサーバーから選ぶことができます。
  • 設定しやすく、使い方も簡単。Proton VPNの設定はとても簡単です。Quick Connect(クイック接続)ボタンを使えば数秒で最速のサーバーに接続されますし、地図画面からサーバーロケーションを選ぶことも可能です。ホーム画面にProton VPNのウィジェットを追加すれば、すばやく接続できます。

4. Avira Phantom VPN:接続台数が無制限。すべてのAppleデバイスで無料で使える

注目ポイント 接続台数は無制限
データ通信量 500MB/月
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ ×
日本語のカスタマーサポート ×

Avira Phantom(アヴィラ・ファントム)は同時接続数が無制限で、自宅のすべてのデバイスを保護できました。検証で2人のルームメートとアカウントを共有し、全員で同時にVPNに接続したところ、VPN接続のトラブルはまったくありませんでした。

ネットワークは無料VPNとしては大規模です。日本を含む世界34か所に無料サーバーが設置されています。しかし、そのうち5台を検証したところ、ストリーミングサービスのアクセス制限は回避できませんでした。ページを読み込めなかったり、「VPNの使用が検出されました」というプロキシエラーが表示されたりしたのです。

screenshot showing Avira Phantom VPN's server list in the app残念ながら、すべてのサーバーを試す前にデータ通信量の上限に達してしまいました

毎月のデータ通信量は500MBまでなので、Avira Phantom VPNはストリーミングには向きません(HD動画を30分程度視聴すると使い切ってしまいます)。幸い、メールアドレスで登録すると、毎月500MBを追加してもらえます。

便利な特徴

  • 自動Wi-Fi保護。公共Wi-Fiに接続したことが検出されると、VPNに自動的に接続する機能です。悪意のある第三者から機密情報を守れます。AES-256ビット暗号化とIPアドレス・DNS漏えい対策も備わっています。残念ながら、iOSアプリでキルスイッチは使えません。
  • 満足できる速度。iPhone 14でアメリカサーバーに接続したところ、通信速度は39.5 Mbpsでした。まあまあでしょう。Proton VPNより低速ですが、YouTubeをHD画質で視聴するには十分です。
  • アプリが使いやすい。大きな接続ボタンをタップするだけでサーバーに接続できます。Nearest Location(一番近いロケーション)をクリックすると、最速の近距離サーバーに自動的に接続され、とても便利です。

5. hide.me:iPhoneのデータを守る、無料のiOS版VPN

注目ポイント セキュリティ設定をカスタマイズ可能
データ通信量 10GB/月
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ ×
日本語のカスタマーサポート 〇(チャットは自動翻訳ツールを搭載)

hide.meなら、iOSのデータのプライバシー保護は万全です。データ保持法のないマレーシアに本拠を置いています。また、透明性レポートを定期的に発行しており、無料VPNとしてはかなり珍しい取り組みです。レポートには、当局から受けたユーザーデータの開示請求と、その対応について詳しい情報が記載されています。いずれにせよ、hide.meは厳格なノーログポリシーを順守していますから、提供できるデータは一切ありません。

Screenshots of hideme's transparent report on its websiteHide.meの年次レポートはシンプルで読みやすいです

hide.meは加入・登録しなくても使えます。メールアドレスを入力せずに利用できるわけです。とは言え、hide.meはあまり速くありません。平均速度は24.6 Mbpsで、65%も低下してしまったのです。

便利な特徴

  • セキュリティ機能をカスタマイズ可能。プロトコルの切り替え(IKEv2またはOpenVPN)、DNSの手動設定、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信が検出された際にVPNに自動接続するなど、さまざまな設定を変えられます。スプリットトンネリングとキルスイッチもあり、ワンクリックで有効にすることができます。
  • 無料サーバーロケーションは8か所。無料サーバーは主にヨーロッパに設置されており、アメリカ2か所、カナダとシンガポールの各1か所にも無料サーバーがあります。残念ながら、ストリーミングサービスの地域制限は回避できませんでしたが、アメリカに旅行中、近くのサーバーに接続し、通信速度への影響を最小限に抑えられました。
  • 24時間年中無休のサポート体制。無料ユーザーも24時間年中無休のライブチャットが利用可能で、日本語で問い合わせると自動翻訳ツールを使ってやり取りしてくれます。ヘルプセンターは英語のみですが、サポート記事が充実しています。アプリから直接サポートにリクエストを送信できるのは便利です。

6. Hotspot Shield:長距離通信でも高速。iOSで無料で使える

注目ポイント 遠くのサーバーでもカタパルト・ヒドラプロトコルが高速通信を実現
データ通信量 15GB/月
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ ×
日本語のカスタマーサポート 〇(メールとチャットは自動翻訳機能あり。利用できるのは登録者のみ)

Hotspot Shieldの独自プロトコル「カタパルト・ヒドラ」は遠くのサーバーでも高速通信を実現するスグレモノ。サーバーはイギリス、アメリカ(ロサンゼルス、ニューヨーク)、シンガポールに設置されています。iPhone 14で5,000キロ離れたアメリカサーバーに接続したところ、平均速度は41.2 Mbpsで、42%の低下となりました。他社の無料VPNで遠くのサーバーに接続すると、通信は80%以上遅くなってしまいますから、すばらしい結果です。

screenshot of speed tests with Hotspot Shield's free iOS appHotspot Shieldで長距離サーバーに接続しても、UHD画質でストリーミングするのに適した通信速度でした  

本社がアメリカにあるのは気になります。アイズ同盟という監視網の主要国なのです。また、帯域使用量とセッション時間を記録しています。とは言え、匿名のデータなので個人を特定することはできません。

便利な特徴

  • 優れたセキュリティ機能が備わっている。AES 256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシーを採用しており、IPアドレス・DNSの漏えい防止機能があります。iOSアプリにはキルスイッチと「Always-on VPN」機能が備わっており、VPN接続が切れた場合に自動的に再接続されます。
  • データ通信量は毎月15GB。無料VPNとしては多いほうです。月当たりの通信量が10GB以上の無料VPNはほとんどありません。1日当たりのデータ通信量は500MBに制限されていますが、メールの確認、SNSの閲覧、小容量ファイルのダウンロードなどには十分です。HD動画の視聴には少なすぎます。もっとも、ほかの無料VPNと同様、動画配信サービスのアクセス制限は回避できませんから、通信量が十分だったとしても動画視聴は不可能です。
  • スプリットトンネリング。VPN接続を使うアプリとサイトとVPN接続から除外するものを指定する機能です。データ通信量とバッテリー消費を抑えるのに役立ちます。

7. TunnelBear:無料で大規模なサーバーネットワークを利用でき、通信が安定している

注目ポイント 大規模なサーバーネットワーク
データ通信量 2GB/月
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ ×
日本語のカスタマーサポート ×

TunnelBearの無料版では、日本を含む47か国に設置された5,000台以上のサーバーを自由に使えます。サーバー数はこの記事に掲載されているiOS版無料VPNのなかで最多です。混雑したサーバーに接続されることはありませんから、他社の無料VPNより安定した通信が期待できます。不安定なサーバーに接続されたら別のサーバーに切り替えればよいのです。

Screenshots of TunnelBear's server map and listTunnelBearでは、適切なサーバーが必ず見つかりました

近距離サーバーの速度はまあまあでしょう。通信速度があまり低下せずにブラウジングやストリーミングを行えます。iPhoneで近距離サーバーを試した結果、平均速度は26.7 Mbpsで、62%の低下となりました。遠くのサーバーでは83%も遅くなってしまいました。

便利な特徴

  • 自動Wi-Fi保護。保護されていないネットワークを自動的に検出し、「VPNに接続してください」という警告が表示されます。AES 256ビット暗号化とIPアドレス・DNSの漏えい対策機能がデータの安全を確保します。
  • iOSアプリが使いやすい。ワンクリック接続ボタンがあり、最速の近距離サーバーに自動接続してくれます。また、TunnelBearのアプリは楽しいデザインです。世界地図にサーバー設置場所が表示され、接続するとクマのキャラクターが現在地から接続先にトンネルを掘っていくアニメーションが表示されます。

8. カスペルスキー VPN:シンプルで初心者でも使いやすいiOS向け無料VPN

注目ポイント 初心者でもすぐに始められる
データ通信量 6GB/月
アクセス制限を回避できるサイト・サービス YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のiOSアプリ
日本語のカスタマーサポート ×

カスペルスキーの最大の魅力は、無料iOSアプリをとても簡単に使い始められること。アプリのダウンロードとインストールを行い、サーバーに接続するのに2分もかかりませんでした。また、登録しなくても使えますから、プライバシー保護のためメールアドレスを明かしたくない場合におすすめです。アプリを開かずに自動的にVPNに接続する「Smart Protection」という機能も役立ちます。

Screenshot of Kaspersky's iOS app and Smart Protection featureカスペルスキーのアプリは直感的に分かりやすいインターフェースとなっています

無料プランのデータ通信量は少なめです。1日当たり200MBしかデータ通信できません。そのため、ブラウジングやメールの確認、SNSの閲覧など、iOSデバイスでデータ通信量の少ないアクティビティを行う際に安全を確保したい場合に向いています。

便利な特徴

  • 満足できる速度。検証の結果、iPhoneでダウンロード速度は44.5 Mbps(38%の低下)となり、接続トラブルは一切ありませんでした。
  • 最速のサーバーに自動接続。無料版では1か所のサーバーにしか接続できませんが、現在地をもとにアプリが最速のサーバーを選んでくれます。オンラインアクティビティの安全を確保したいだけであれば、アプリを使うたびにサーバーを探す手間を省くことができます。

【比較表】iPhone・iOSにおすすめの無料VPN

本記事で紹介した無料VPNの特徴を表にまとめました。無料のiOS版VPNを選ぶ際、もっとも大切なのは速度です。多くの無料VPNは通信速度があまりにも遅くなってしまうため、快適にブラウジングできません。毎月のデータ通信量も検討しましょう。

また、登録しなくても使えるか、どのiOSバージョンに対応しているか、アメリカのNetflixにアクセスできるかなどもご覧ください。最後に、各社VPNのログ方針とサーバーネットワークも比較しました。

速度 1か月当たりのデータ通信量 登録の要否 アメリカ版Netflixのアクセス制限の突破 iOSの対応バージョン ログ方針 サーバーネットワーク 日本語のiOSアプリ
ExpressVPN? 69.2 Mbps(3%の速度低下) 無制限 可能 12以降 絶対にログを保持しない 日本を含む105か国に3,000台以上のサーバー
CyberGhost? 59.7 Mbps(16%の速度低下) 無制限 可能 13以降 絶対にログを保持しない 日本を含む100か国に11,690台以上のサーバー
Proton VPN? 54.5 Mbps(25%の速度低下) 無制限 Netflixオリジナル作品のみ 14以降 絶対にログを保持しない 3か国に130台以上の無料サーバー ×
Avira Phantom 39.5 Mbps(45%の速度低下) 500 MB(登録すると1GB) 不要 不可能 12以降 匿名化されたログを保持 日本を含む22か国に34台の無料サーバー ×
hide.me 24.6 Mbps(65%の速度低下) 10GB 不要 Netflixオリジナル作品のみ 12以降 絶対にログを保持しない 8か国に9台の無料サーバー
Hotspot Shield 41.2 Mbps(42%の速度低下) 15GB 不要 不可能 13以降 匿名化されたログを保持 3か国に4台の無料サーバー ×
TunnelBear 26.7 Mbps(62.5%の速度低下) 2GB Netflixオリジナル作品のみ 12以降 匿名化されたログを保持 日本を含む47か国に5,000台以上のサーバー ×
カスペルスキー 44.5 Mbps(58%の速度低下) 6GB 不要 不可能 14以降 匿名化されたログを保持 1台の無料サーバー

iOSでExpressVPNをお試しください >>

iOS向け無料VPNの選び方

ここでは、iPhoneとiPadにおすすめの無料VPNを選ぶ際に検討したポイントを紹介します。ご自身でVPNを試し、ニーズに合ったiOS向け無料VPNを選ぶために役立てば幸いです。

  • 本当に無料で使える。無料のiOS版VPNは、サブスクリプションに加入しなくても使えるはずです。この記事に掲載されているVPNは、完全無料か安心の返金保証を実施しています。
  • 高度なセキュリティ・プライバシー機能。この記事で紹介したVPNは、AES 256ビット暗号化とIPアドレス・DNSの漏えい対策機能でiOSデバイスのデータを守ってくれます。また、各社VPNのログ方針を通読し、個人を特定できるデータを保存しないことを確認しました。
  • iOSアプリが使いやすい。スムーズに使えるよう、iOS版VPNアプリのインターフェースが分かりやすいか確認しましょう。日本語に対応しているのが理想です。この記事では、iPhone・iPadでアプリを簡単に使えるVPNを紹介しました。
  • 高速でデータ通信量が十分。速度低下なしでストリーミングやTorrentのダウンロード、ブラウジングを行うには、iOSデバイスで速度が良好なVPNを選びましょう。また、各社VPNのデータ通信量の制限をチェックし、毎月少なくとも1GB使えることを確かめました。
  • サーバーネットワークが大規模。サーバーネットワークの規模が大きいほど、サーバーが混雑しにくい傾向があります。また、1台のサーバーが停止しても、ほかに多数のサーバーがありますから、問題ありません。iOSで安定したVPN接続を確立できます。
  • 一部の動画配信サイトのアクセス制限を回避できる。多くの場合、無料のiOS用VPNを使ってもストリーミングサービスのアクセス制限は回避できません。少なくともNetflixオリジナル作品を見られる無料VPNはいくつかありましたが、動画を視聴したい場合、ExpressVPNをお試しください。各国のNetflixライブラリ、Hulu、Disney+などに確実にアクセスできるようになります。
  • モバイル対応プロトコル。モバイルでは、Wi-Fiやモバイルデータを切り替えることが多いため、外出中も安全を確保できるように、iPhone用VPNで接続の速いプロトコルを使えるかチェックしましょう。接続の速さで選ぶ場合、Lightway、WireGuard、IKEv2がおすすめです。
  • 優れたカスタマーサポート。助けが必要なとき、迅速なカスタマーサポートはとても大切です。各社VPNがiOS版の利用者にカスタマーサポートを提供しているか、ヘルプセンターが充実しているかチェックしました。
【アドバイス】iOS 16(またはそれ以前)の脆弱性レポートによると、VPNを使ってもデータ漏えいのリスクはゼロではないそうです。Apple社はまだこの問題を解決していませんが、VPNサーバーに接続後、機内モードをオンにして、再度オフにすると回避できる場合があります。データ漏えいを100%確実に防げるという保証はありませんが、リスクを軽減できることが分かっています。最高水準の安全を確保するには、しっかりしたセキュリティ対策とプライバシー保護を提供しているiOS用無料VPNを選ぶのが大切です。

【警告】多くのiPhone・iPad用無料VPNは安全ではありません

オンラインセキュリティを脅かすiOS向け無料VPNはたくさんあります。ここでは、無料VPNのリスクを紹介します。ダウンロードする前に理解しておきましょう。

  • 無料VPNはユーザーデータを記録し、売却することがあります。多くの無料VPNは、広告事業者などの第三者にユーザーデータを売却して利益を上げています。オンラインプライバシーを守るには、厳格なノーログポリシーがあるVPNを使いましょう。
  • 無料VPNのセキュリティ機能は弱く、データを漏えいすることがあります。多くの場合、無料VPNはセキュリティ機能を更新する資金がないため、データが流出する恐れがあります。AES 256ビット暗号化とIPアドレス・DNSの漏えい対策機能でオンラインデータを守るVPNを使いましょう。
  • 無料VPNを使うとウイルスやマルウェアに感染する恐れがあります。Apple社はApp Storeのアプリを厳しく審査していますから、無料VPNにウイルスなどが潜んでいるリスクは比較的低いものの、過去にそのような事例がありました。また、無料VPNは広告収入で運営されていることがほとんどなので、広告を通してマルウェアに感染する可能性があります。
  • 無料VPNは広告が非常に多い。無料VPNはユーザーから料金を受け取らない代わりに、アプリに大量の広告を表示することが多く、うっとうしいと感じるかもしれません。無料VPNが原因でブラウザの乗っ取りの被害に遭うことさえあります。意図したサイトではなく、広告の多いサイトや悪意のあるサイトに転送されてしまいます。

避けたい無料VPN

下記の無料VPNは安全ではないので、使用は避けましょう。ユーザーデータを記録され、広告事業者などのサードパーティと共有される恐れがあります。IPアドレスが漏えいすることもあり、オンラインプライバシーを確実に守ることはできません。

安全ではないにもかかわらず、App Storeで星4つ以上という高い評価を獲得しているVPNもあるのは心配です。App Storeで無料VPNをダウンロードする際は、事前にしっかり調べてください。ユーザーレビューと評価だけを見て、安全か判断するのは絶対に避けましょう。

「この無料iOS用VPNはどのように儲けているのだろうか」と考えてみてください。有料版があれば、安全である可能性が高いと言えます。有料版からの利益を無料版の運営に回している可能性が高いのです。このようなビジネスモデルを「フリーミアム」といいます。

一方、有料版を提供していないVPNは、何らかの方法で運営資金を得ている(そして利益を上げている)はずです。利用者のデータを売買している可能性がありますから、注意しましょう。

ここでは、iOSで利用できるもっとも危険な無料VPNと、避けるべき理由を紹介します。

  • Hola:HolaはVPNではなく、P2Pネットワークです。自分のIPアドレスがネットワーク上のすべてのユーザーと共有されます。ほかのユーザーがあなたのIPアドレスを使って違法行為をした場合、あなたが責任を問われる可能性があります。また、接続時間や閲覧履歴、IPアドレスを記録されます。
  • TurboVPN:広告とトラッカーが多いVPNです。また、オンラインデータを記録し、広告事業者に売却して利益を上げています。
  • Betternet VPN:アプリがマルウェアに感染していたことがあります。また、アクセスしたURL、位置情報、デバイス情報が記録されます。

ほかにも、次の無料VPNは避けてください。

Opera VPN、Stealth VPN、Totally Free VPN、DotVPN、FreeVPN、OkVPN、EasyVPN、SuperVPN、HatVPN、One Click VPN、Flash VPN、SkyVPN、Touch VPN、VPN 360、VPN Proxy Master、Yoga VPN

【クイックガイド】iPhone・iPadに無料VPNを設定する方法

  1. VPNをダウンロードします。iOSにはExpressVPNが一番おすすめです。揺るぎないセキュリティ機能が備わっており、サーバーネットワークが大規模で、通信はとても高速です。30日間返金保証付きなので、ExpressVPNを安心して試せます
  2. サーバーに接続してください。高速通信をキープしたい場合、近くのサーバーに接続しましょう。
  3. ブラウジングを始めましょう。iOSデバイスで安全にウェブを閲覧できるようになりました。

iPhone・iOS向け無料VPNについてよくある質問

iPhone用無料VPNは、NetflixやHuluなどのストリーミングサービスの利用に向いていますか?

残念ながら、無料VPNは動画の視聴に向かないことがほとんどです。大手ストリーミングサイトによるIP制限に対抗するため、VPN企業はサーバーネットワークを継続的にアップグレードしなければなりませんが、無料VPNはそのための資金がないのです。また、データ通信量と速度を制限しているため、長時間ストリーミングするのは不可能でしょう。

この記事で紹介した上位2社なら、NetflixやHulu、BBC iPlayerなどの動画配信サービスのアクセス制限を確実に回避できます。通信も速く、データ通信量が無制限なので、いくらでもストリーミングできます。ただし、上位2社は返金保証付きのプレミアムサービスであり、完全無料サービスではありません。

検証の結果、人気ストリーミングサイトのアクセス制限を必ず回避できる完全無料VPNは見つかりませんでした。動画配信サイトにアクセスしようとすると、「有料プランにアップグレードしてください」というペイウォールにブロックされたり、エラーメッセージが表示されたりしたのです。また、Netflixにアクセスできても、Netflixオリジナル作品しか見られないケースもありました。

無料のiOS向けVPNはほかのデバイスでも使えますか?

はい。本記事に掲載されているiOS用無料VPNは、MacやWindows、Androidなどでも使えます。大半のサービスはChrome、Firefox、Microsoft Edgeなどのブラウザ拡張機能も提供しています。ExpressVPNとCyberGhostはルーターもサポートしていますから、通常はVPNを使えないデバイスでも利用可能です。

ただし、無料VPNは同時に1台のデバイスしか接続できないことがほとんどなので、幅広いデバイスに対応していても、すべて同時に接続することはできません。一方、プレミアムVPNなら同時に複数のデバイスを接続できます。

iPhone・iPad向けの安全な無料VPNはありますか?

はい。ただし、iOSデバイスで安全に使える無料VPNは一握りしかありません。この記事で紹介したVPNはすべてとても安全です。必須のセキュリティ機能(軍レベルの暗号化やIPアドレス・DNSの漏えい防止機能など)がそろっていますし、厳格なノーログポリシーでプライバシーを保護し、iOSデバイスの安全を確保してくれます。

なお、無料VPNは「通信が遅い」「サーバーネットワークの規模が小さい」「データ通信量が制限されている」「セキュリティ機能が弱い」など、デメリットがあることが多いことに注意しましょう。有料プランへのアップグレードを促すためですが、安全性の観点では問題ありません。HolaVPN、Touch VPN、Flash VPN、VPN Proxy Masterなど、危険なiPhone用無料VPNもあります。ご注意ください。

中国、トルコ、イラン、インド、アラブ首長国連邦でおすすめのiPhone用無料VPNは?

Proton VPNがおすすめです。iOS用無料VPNとしては珍しく、サーバー難読化に対応しているからです。Proton VPNのStealthプロトコルはVPNの通信を隠すために設計されているため、ネット検閲やVPNをブロックするファイアウォールを回避できるようになります。データ通信量は無制限で、比較的高速なので、通信速度が極端に低下することなくブラウジングできます。

しかし、Proton VPNはデメリットもあります。まず、HuluやDisney+、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスはアクセスできません。また、サーバーネットワークが小規模なので、サーバーが混雑したり、接続が不安定になったりする可能性があります(検証でこのような症状は見られませんでしたが)。

信頼性の高さで選ぶなら、ExpressVPNがおすすめです。完全無料ではないものの、サーバーネットワークが大規模で、通信が自動的に難読化され、動画配信サービスのアクセス制限を確実に回避できるなど、Proton VPNにはないさまざまなメリットがあります。どのVPNを選ぶにしても、違法行為は絶対にいけません。VPNの使用が規制されている国でVPNサービスを使う場合は、事前に現地の法令をチェックしてください。

iPhoneに無料VPNは内蔵されていますか?

いいえ。iOS 15のリリースと同時に提供が開始された「iCloudプライベートリレー」はVPNと混同されがちですが、別物です。どちらかというとプロキシのようなもので、IPアドレスは変更されますが、VPNアプリと同レベルの安全機能はありません。例えば、プライベートリレーはSafariブラウザでしか使えませんから、iPhone全体を保護することはできません。また、バーチャルロケーションを選べず、2台のサーバーを経由してデータ通信を行うため、かなり低速です。

iPhone・iPadでVPNが必要な理由は?

VPNは、iPhoneやiPadなど、使用中のデバイスでハッカーや広告事業者などの第三者からオンラインデータを保護するものです。広告事業者はターゲティング広告を配信するためにユーザーデータを使用しています。ターゲティング広告は危険ではないものの、プライバシー侵害であることには変わりありません。この記事では、個人情報を守るのに必要なセキュリティ機能を備えたVPNを紹介しました。また、利用者のデータを一切記録しませんから、広告事業者に売却されることはありません。

信頼性の高いiPhone用VPNは、プロバイダから閲覧履歴を隠し、データを暗号化し、公共Wi-Fiで安全を確保し、地域限定コンテンツにアクセスするためにも役立ちます。

iOS用無料VPNはログを保存していますか?

本記事でおすすめしたiOS版無料VPNは個人情報を一切記録しません。しかし、ほかのiOS向け無料VPNはデータを収集してサードパーティに売却して利益を得ている場合があります。そのため、無料VPNはしっかり調べてからダウンロードするのが大切です。無料VPNを使う前にプライバシーポリシーをよく読み、データが保護されることを確認しましょう。

結局のところ、VPNを使うのはプライバシーを守るため。VPNサービスにユーザーデータを収集、売却されたら本末転倒です。信用できるVPNを選びましょう。

無料VPNを使うとiPhoneのバッテリーの減りが早くなりますか?

はい。VPNを使うとiPhoneのバッテリーの減りが早くなります。VPNはバックグラウンドプロセスを暗号化しますから、いつもより早くバッテリーが消耗してしまうのです。しかし、iOSアプリを柔軟にカスタマイズできる無料VPNもありますから、設定を変えてバッテリーが長持ちさせることもできます。例えば、ExpressVPNのユニークなLightwayプロトコルは非常に軽量なので、バッテリー消費にほとんど影響しません。

また、画面の明るさを抑えたり、バックグラウンドアプリをすべて閉じたりすると、iPhoneのバッテリーが長持ちします。

今すぐ無料VPNでiPhoneを守りましょう

ネット上で安全をしっかり守る無料VPNを見つけるのは簡単なことではありません。無料VPNを使うとユーザーデータを売却されたり、デバイスの動作が遅くなったりすることが多いのです。この記事では、信用できるサービスを厳選しました。しかし、本記事で紹介したiOS用無料VPNも、データ通信量が制限されていたり、通信が遅かったり、サーバーネットワークが小規模だったりするなど、何らかのデメリットがあります。

iOSデバイスで快適にVPNを使いたい場合は、ExpressVPNをお試しください。完全無料ではないものの、安全性が高く、データ通信量は無制限で、世界中に多数の高速サーバーがあります。無料のiOS用VPNは足元にも及びません。30日間返金保証がありますから、リスクなしでExpressVPNを体験できます。満足できなかった場合、必ず返金してもらえるわけです。

iPhone・iOSにおすすめの返金保証付きVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
82% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
67% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
82% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。