当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

MacとSafariにおすすめの完全無料VPN 7選│安全で高速 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月09日 ファクトチェッカー:クリスティーン・ヨハンセン 編集主任

Macを狙ったハッキングが増えています。「Appleデバイスなら安全」というイメージがあるので、私は昔からMacを愛用してきたのですが、利用者が増えるにつれてMacデバイスに対するハッキングの被害件数は増加しています。ただ、SafariのVPN拡張機能はほとんどありませんから、安全を確保するにはVPNアプリを使う必要があります。

VPNアプリを使えば、Mac、iMac、Mac Miniのデバイス全体が保護されます。もちろん、Safariの通信も、です。今回の調査では、MacBook Proで30社以上の無料VPNを検証し、安全なサービスを厳選しました(ストリーミングに役立つものもあります)。しかし、無料VPNは必ず何らかの制限があり、ここで紹介するサービスも例外ではありません。

そのため、ExpressVPNのように格安の高品質VPNを使ったほうがよい。業界最先端のセキュリティ機能が備わっており、高速で、データ通信量は無制限です。このような条件を満たすMac向け無料VPNはありません。ExpressVPNは無料ではないものの、30日間返金保証がありますから、満足できなければ簡単に全額を返金してもらえます。

リスクなしでExpressVPNをお試しください >>

プロ厳選!Mac・Safariにおすすめの無料VPN【2024年】

  1. ExpressVPN:MacとSafariに一番おすすめのVPN。検証したなかで最速のVPNで、ブラウザ拡張機能から全機能を使えます。データ通信量の制限はありません。安心の30日間返金保証がありますから、MacでExpressVPNをぜひお試しください
  2. CyberGhost:特殊サーバーがあり、Safariですばやく確実にTorrentサイトやストリーミングサービスにアクセスできます。Macアプリは設定しやすく、操作も簡単です。
  3. Proton VPN:Macで使える完全無料VPN。データ通信量は無制限で、セキュリティ機能もしっかりしています。ただ、アクセスできるストリーミングサービスは少なめです。
  4. Avira Phantom VPN:接続台数が無制限の完全無料VPN。macOS、iOS、iPadデバイスを何台でもカバーできます。ただし、キルスイッチが備わっていないため、プライバシー保護を優先したい場合はベストとは言えません。
  5. hide.me:さまざまなセキュリティ設定を変えられる完全無料VPN。MacでVPN接続をカスタマイズできます。ただし、1台のデバイスしか接続できません。

Macにおすすめの無料VPNをほかにも2社ご紹介!

MacとSafariにおすすめの無料VPN — 完全分析【2024 2月 更新】

1. ExpressVPN:MacとSafariに一番おすすめのVPN。ブラウザ拡張機能で全機能が利用可能

注目ポイント ChromeとFirefoxのブラウザ拡張機能ですべての機能が使える
セキュリティ 監査済みのノーログポリシー、マルウェア対策、キルスイッチ
アクセス可能なサービス Netflix、Disney+、HBO Max、プライムビデオ、iPlayer、DAZN、ほか多数
返金保証 30日間
日本語のmacOSアプリ
日本語のカスタマーサポート 〇(ライブチャット、メール、ヘルプセンター)

Safari向け拡張機能はないものの、ExpressVPNはChrome・Firefox拡張機能を提供しており、安全性は抜群です。拡張機能のインターフェースはアプリとほぼ同じで、全3,000台のサーバーを利用できます。他社のブラウザ拡張機能は単なるプロキシであることが多いですが、ExpressVPNの拡張機能はアプリのリモコンのような役割を果たします。拡張機能からアプリを操作できるのです。アプリと同じようにブラウジングセッションのプライバシーと安全を守れます。

Screenshot showing ExpressVPN's extension for Chrome browserブラウザを起動したら自動的に接続するように拡張機能を設定できます

もちろん、デスクトップアプリを使ってSafariのセッションを保護することもできます。Chrome・Firefox拡張機能は便利ですが、安全が一層強化されるわけではありません。普段Safariブラウザを使っている場合も、デスクトップアプリがあればデータをしっかり守れます。

ExpressVPNはこれまで検証したなかで最速のVPNです。MacBook ProでSafariを開き、Ooklaのスピードテストツールを使って通信速度を計測しました。イギリスドックランズの近距離サーバーに接続したところ、124.69Mbpsとなり、接続前と比べて5%しか減速しませんでした。遠くのサーバーも高速です。5,500キロ離れたニューヨークサーバーでは113.26Mbpsとなり、Ultra HD画質で動画をストリーミングするのに必要な速度の4倍でした。

ExpressVPNのアプリはシリコン搭載のMacデバイスで動作します。他社VPNの場合、Appleの古いIntelプロセッサにしか最適化されていないことが多く、新しいモデルで使うと動作が遅くなったり、バッテリーの減りが早くなったりしてしまいます。一方、ExpressVPNはAppleデバイスに搭載されているプロセッサを自動的に検出するため、最速の通信と最高のパフォーマンスが期待できます

ExpressVPNなら105か国3,000台のサーバーを利用できますから、MacでIPアドレスを変更し、世界のコンテンツを楽しめるようになります。Netflixやプライムビデオ、ディズニープラスなど、検証したすべての動画配信サービスのアクセス制限を回避できました。また、ショートカットを作成すると、VPNアプリのホーム画面からワンタッチで好きなアプリやサイトにアクセスできるようになります。

無料ではありませんが、安心の返金保証がありますから、MacとSafariでExpressVPNを体験 できます。満足できなかった場合、30日以内に問い合わせて返金してもらいましょう。ExpressVPNが返金保証を守っていることも確認済みです。24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いしたところ、数秒で対応してくれました。5日以内に口座に振り込まれていました。ちなみに、チャットには翻訳機能が内蔵されているので、日本語で担当者とやり取りできます。

主な特徴

  • 中国で使える。全サーバーで通信が自動的に難読化されるなど、ExpressVPNは高度なセキュリティ機能が備わっているため、中国をはじめとする検閲国家でも使えます。
  • 独自のLightwayプロトコル。ExpressVPNの独自プロトコルは高速かつ安全で、Macに完全対応しています。
  • MediaStreamer DNSサービス。この機能を使うと、ゲーム機やApple TVなど、通常はVPNに対応していないデバイスでも、地域制限のあるストリーミングアプリを利用できるようになります。5分以下で設定できます。
  • 強力なプライバシー保護。ExpressVPNは英国領ヴァージン諸島に本拠を置いています。14アイズの管轄外なので、ユーザーデータを政府に引き渡す法的義務は一切ありません。また、ExpressVPNのサーバーはRAMのみで実行されているため、再起動のたびにデータが消去されます。
2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. CyberGhost:特殊サーバーに接続してmacOSで簡単に動画視聴やTorrentが可能

注目ポイント 特殊サーバーで確実にストリーミングとTorrentが可能
セキュリティ プライベートなNoSpyサーバーがあり、一部の広告とマルウェアを防ぐ「コンテンツをブロック」機能が便利
アクセス可能なサービス Netflix、Disney+、HBO Max、プライムビデオ、iPlayer、ほか多数
返金保証 45日間
日本語のmacOSアプリ
日本語のカスタマーサポート

CyberGhostのMacアプリはサーバーがアクティビティ別に整理されており、使いやすいと思いました。ストリーミング、ゲーム、トレントのための専用サーバーがあります。ストリーミングサーバーを3台試してみました。ドイツ版プライムビデオ、イタリア版Netflix、アメリカ版Disney+の専用サーバーに接続し、Safariで各サイトにアクセスできるか実験したところ、すべてうまくいきました。

Screenshot showing how to go from simple to expanded view on the CyberGhost appCyberGhostはストリーミング専用サーバーが100台以上あります

近距離サーバーが最速でしたが、遠くのサーバーに接続しても通信はそれほど遅くなりませんでした。iMacでイギリスのバークシャーを試したところ、通信速度は123.24Mbpsでした。アメリカのロサンゼルスサーバーも99.69Mbpsで、かなり高速です。

NoSpyサーバーは、プライバシー強化に役立ちます。MacのIPアドレスをCyberGhostのもっとも安全なサーバーのIPアドレスに変更できるのです。NoSpyサーバーはCyberGhostが所有しているサーバーで、ルーマニア本社で管理されています(ルーマニアは5・9・14アイズ同盟の管轄外です)。他社VPNの場合、共用のデータセンターのレンタルサーバーしか提供していませんから、第三者に干渉される恐れがあります。

Safari拡張機能はないものの、CyberGhostのChrome・Firefox拡張機能は無料で使えます。ExpressVPNとは違い、ブラウザ拡張機能からアプリを操作したり特殊サーバーに接続したりすることはできませんが、アメリカやドイツ、オランダ、ルーマニアに接続できますから、無料VPNプロキシ拡張機能としては悪くありません。

アプリは完全無料ではありませんが、長期プランは45日間返金保証の対象なので、Mac・SafariでCyberGhostを体験 できます。保証を守っているか調べるため、24時間年中無休のライブチャットで問い合わせ、返金をお願いしました。すぐに承認され、5日後に口座に振り込まれていました。

主な特徴

  • コンテンツをブロック。悪意のある広告やサイト、リンクの読み込みをDNSレベルで防ぎます。特にP2Pシードサイトは危険なコンテンツが蔓延しているので、Safariやクライアントアプリを使ってTorrentを利用する際に便利です。
  • Wi-Fi自動保護。この機能を有効にしておけば、公共Wi-Fiや保護されていないWi-Fiを利用する際、iPhoneとiPadの安全を確保し、データ漏えいを防げます。
  • 格安。CyberGhostはもっとも安いVPNの1つです(一番安いプランは$2.03/月)。返金保証が終わっても使い続けたい場合、低コストでサブスクリプションに加入できます。
  • 仮想ロケーション。仮想ロケーションに接続すると、ネット検閲が厳しい国(中国やアラブ首長国連邦など)のIPアドレスを取得できます。サーバー自体はプライバシー保護に適した国に位置しているため、政府の監視を避けられるわけです。
2024 2月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在84%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

3. Proton VPN:データ通信量が無制限。好きなだけSafariで安全にブラウジングできる

注目ポイント データ通信量が無制限。MacとSafariで思う存分ブラウジングできる
セキュリティ CERNが開発した評判の良いVPN。しっかりしたデータ漏えい機能とキルスイッチを搭載
アクセス可能なサービス Peacock、YouTube、Spotify、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のカスタマーサポート 〇(メール。自動翻訳ツールを使って対応してくれる)

Proton VPNは完全無料でありながらも、魅力の多いサービスです。まず、Proton VPNの無料プランはデータ通信量が無制限となっています。ほとんどの場合、無料VPNは毎月のデータ通信量が500MB程度なので、HD画質で映画を見るのもぎりぎりです。一方、SafariでProton VPNを使い、YouTubeで『だきしめないでこわいから』のクリップを数時間見たのですが、上限に達することはありませんでした。

Screenshot of the Proton VPN app connected to a server in the Netherlands over a browser streaming a YouTube videoProton VPNの無料ロケーションは日本、アメリカ、オランダにありますから、3大陸のサーバーを無料で使えます

完全無料VPNとしては、安全性はかなり高いと言えます。本拠地はプライバシー保護法が厳しいスイスで、サーバーは安全な施設に位置しています。キルスイッチと漏えい対策機能も備わっており、Macでブラウジング状況のプライバシーを守れます。Proton VPNの独自プロトコル「Stealth」は、インターネットの監視・検閲を避けるのに役立ちます。

ほかの無料VPNだと1台のサーバーしか使えない場合がありますが、Proton VPNは日本、アメリカ、オランダの3か国に120台以上のサーバーを構えています。ピーク時にSafariでブラウジングしたところ、通信速度が7Mbpsにまで落ち込んでしまいましたが、Accelerator(アクセラレータ)機能を使うとMacの通信速度を最大2倍に改善できます。有効にしたところ、通信速度は10Mbps以上になりました。

ほかの無料VPNと同様、Proton VPNもデメリットがいくつかあります。接続台数は1台なので、Mac、iPad、iPhoneのうち、どれを接続するか選ばなければなりませんでした。また、ストリーミングサービスのアクセス制限を回避するためには向きません(Disney+、Hulu、HBO Maxにアクセスできませんでした)。Netflixは視聴できたものの、全世界で視聴可能なコンテンツしか見られず、あまり意味はありませんでした。また、イギリスにはサーバーがないので、iPlayerやITVX、All 4を視聴したい場合は他社サービスを使う必要があります。

主な特徴

  • プロフィールを作成できる。Safari・Macで、アプリやサイトごとに国、サーバー、プロトコルを割り当てることができます。アクティビティに適した接続をすばやく確立できるわけです。
  • アプリ内広告なし。多くの場合、完全無料VPNを使うとブラウジング状況をモニタリングされ、アプリにターゲティング広告が表示されます。迷惑ですし、プライバシー侵害です。Proton VPNなら、そのような広告は一切ありません。
  • 手厚いカスタマーサポート。24時間年中無休のライブチャットに問い合わせることはできませんが、チケットでサポートに質問でき、詳しく親切に対応してくれます。Safariでホームページから問い合わせたところ、12時間以内に回答してくれました。他社の無料VPNはよくある質問しかないことが多く、自分で答えを探す羽目になります。
  • 100%オープンソース。ほかの無料VPNとは違い、Proton VPNはオープンソースです。だれでもコードを検証し、バグを修正したり、改善点を提案したりできます。

4. Avira Phantom VPN:接続台数が無制限で、すべてのAppleデバイスを守れる

注目ポイント 台数制限がないため、すべてのApple製品をカバーできる
セキュリティ 無料アンチウイルスパッケージ、Block Malicious Sites and Content(悪意のあるサイトとコンテンツをブロック)
アクセス可能なサービス 国内サイトのみ(無料版では一番近いサーバーに接続される)
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のカスタマーサポート 〇(ナレッジベース)

Avira Phantom VPNは接続台数が無制限です。有料VPNでもそのようなサービスは一握りしかありません。実験として、MacBook Pro、iMac、Mac Mini、iPhone、2台のiPadを接続したところ、接続は安定しており、各デバイスのSafariでYouTubeを見られました。

無料版では一番近いロケーションに接続されます。回線は混雑していませんでしたが、コンテンツの地域制限を回避するためには役立ちません。検証ではイギリス - ロンドンに接続され、通信速度は66.73Mbpsでした。満足できるスピードですが、49%も減速してしまい、この記事に掲載されているほかのVPNと比べると遅いほうと言えます。

Screenshot showing the home screen and server list on Avira Phantom VPNAvira Phantom VPNは登録不要なので、すべてのmacOS・iOSデバイスで使えます

完全無料のMac向けVPNとしては珍しく、Avira Phantom VPNのサーバーはすべてTorrentに対応しています。私の場合、イギリスのサーバーが一番近いのですが、イギリスでは人気トレントサイトがブロックされているため、Avira Phantom VPNを使ってもアクセスできませんでした。しかし、Macに保存してあったトレントを使ったところ、SafariでuTorrent Webからファイルをダウンロードでき、スピードも良好でした。

Avira Phantom VPNは登録しなくても使えますが、毎月のデータ通信量が500MBに制限されてしまいます。メールアドレスで登録すれば毎月1GBまで使えます。無料版にキルスイッチは備わっていませんが、調査でデータ漏えいは一切検出されませんでした。プライバシーの観点で少し心配なのは、14アイズの加盟国であるドイツに本拠を置いていることです。

主な特徴

  • ウイルス対策。Avira Phantom VPNは、Macのハードドライブにウイルスがないかスキャンし、不審なファイルを隔離するためにも役立ちます。また、Safariでブラウジングする際、リアルタイムで脅威から守ってくれます。
  • Junk Cleaner(ジャンククリーナー)。Aviraのベーシック版Junk Cleanerを使ったところ、ディスクの空き容量を6GB以上増やせました(フルクリーンアップを行うには有料版が必要です)。
  • パスワード管理ツール。無料プランを利用するすべてのデバイスでパスワードマネージャーが使えます。複数のデバイスでSafariを使う際、パスワードを忘れてもリセットする手間を省けます。
  • DNSの漏えい対策。漏えい対策機能が自動的にmacOS、iOS、iPadデバイスのすべてのデータを守ってくれます。

5. hide.me:安全性が高く、無料のMac向けVPNとしては多機能

注目ポイント さまざまなセキュリティ設定があり、VPNの保護を微調整できる
セキュリティ キルスイッチ、漏えい対策、Stealth Guard、登録不要
アクセス可能なサービス アメリカ版Netflix、YouTube、Spotify、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のmacOSアプリ
日本語のカスタマーサポート 〇(チャットは自動翻訳を搭載)

hide.meは完全無料のMac向けVPNで、セキュリティ機能が充実しています。「Stealth VPN」は、ネットワークとアプリに対するVPNの挙動を指定する機能です。例えば、「すべての接続をVPNに制限する」を選択すると、ネットワーク全体が保護されます。「アプリをVPNに制限する」は、VPN接続が無効になっている場合に指定したアプリのネット通信をブロックする設定です。データが危険にさらされるのを防げます。

Screenshot showing the settings panel on hideme完全無料VPNとしては珍しく、hide.meならスプリットトンネリングとサポートも利用可能です  

SSTPとSoftEtherも利用できます。中国のグレートファイアウォール(金盾)をはじめとする厳しいファイアウォールを突破するために設計されているプロトコルです。SoftEtherは高速です。MacBook Proで試した結果、イギリスの近距離サーバーは118.46Mbpsで、通信速度は約11%しか低下しませんでした。アメリカに接続しても116.12Mbpsで、通信は少ししか遅くなりませんでした。

毎月のデータ通信量は10GBで、この記事で紹介した登録不要のVPNのなかで最大です。8か所のサーバーが利用可能で(アメリカ東・西、カナダ、イギリス、ドイツ、オランダ、スペイン、フランス)、完全無料VPNとしては多いほうです。

有料アカウントでは15か国以上のストリーミングサーバーが使えますが、無料版では利用できません。主なストリーミングサービスにはアクセスできません。YouTubeは快適に視聴できましたが、Netflixにはログインできませんでした。P2P通信は無料プランでも可能です。

主な特徴

  • スプリットトンネリング。Safariなど、特定のアプリが必ずVPN接続を使うように設定できます。ネット検閲が厳しい国で便利です。
  • Chrome・Firefoxの拡張機能。完全無料で使うことができ、ワンクリックでブラウザに追加できます。使い方は簡単で、便利です。
  • 24時間年中無休のライブサポート。有料VPNさえ24時間年中無休のライブサポートを提供していないことがありますが、hide.meなら無料ユーザーもライブチャットでいつでも問い合わせられます。
  • 本拠地はマレーシア。5・9・14アイズ同盟の管轄外に本拠を置いています。

6. Hotspot Shield:SafariとMacで高速の独自プロトコル「Hydra」を使える

注目ポイント 独自プロトコル「Hydra」は高速でPing値が低く、安全
セキュリティ マルウェア対策、キルスイッチ、DNS・IP漏えい対策を搭載
アクセス可能なサービス アメリカ版Netflix、iPlayer、ITVX、All 4、YouTube、Spotify、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン
日本語のカスタマーサポート メール(問い合わせフォームはFAQページにあります)

独自プロトコル「Hydra」は安全性とスピードを両立するように設計されています。検証で、HydraはWireGuardよりPing値が若干低く、通信も2%速いことが分かりました。とは言え、iOSデバイスにはIKEv2プロトコルのほうがおすすめです。ネットワークを切り替えるのが得意なので、外出中も安心です。

Screenshot showing Hotspot Shield connected to a UK server and streaming a show on Safari無料アカウントでは、2つの高速プロトコル(HydraとWireGuard)が使えます

Proton VPNと同様、Hotspot Shieldの無料版は毎月のデータ通信量が無制限です。YouTubeを見るのが好きな人に向いています。通信量の上限を気にせずに動画を楽しめます。

Mac向け無料プランでは、4か所のサーバーが利用可能です(ニューヨーク、ロサンゼルス、イギリス、シンガポール)。イギリスに接続したところ、iPlayerやITVX、All 4にアクセスでき、通信速度は119.59Mbpsでした(6%の速度低下)。プレミアムVPNに匹敵するスピードです。ロサンゼルスサーバーは115.63Mbpsという驚異的な速さで、アメリカ版Netflixにアクセスできました。

Hotspot Shieldの本拠地は、ファイブアイズの加盟国であるアメリカです。データとデバイスの使用状況について匿名のログを保持していることを認めています。無料アカウントでは1台しかデバイスを接続できず、Hotspot Shieldの無料サービスは広告収入で運営されています(広告がうっとうしいと感じるかもしれません)。

主な特徴

  • 登録不要。メールアドレスでアカウント登録する必要はありません。
  • スプリットトンネリング機能。特定のサイトがVPN接続を使うかどうか設定できますが、hide.meとは違い、SafariをVPNブラウザに指定できないのはやや不便です。
  • よくある質問ページとメールサポートが利用可能。メールサポートに日本語で問い合わせると、自動翻訳ツールを使って対応してくれますが、よくある質問ページを探してからでないと問い合わせフォームは表示されません。
  • 近距離サーバーはゲームに向いている。独自プロトコル「Hydra」は安全かつ高速でPing値が低くなるように設計されています。イギリスサーバーのPingは22msでしたが、ニューヨークに接続すると163msになってしまいました。ゲームには遅すぎます(100ms以下が目安です)。

7. TunnelBear: Macアプリが可愛いデザイン。初心者でも楽しく簡単に使える

注目ポイント アプリにクマのキャラクターが現れる。初めてでも使いやすい
セキュリティ AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、IP・DNSの漏えい対策
アクセス可能な動画配信サービス アメリカ版Netflix、ITVX、All 4、YouTube、Spotify、Instagram
無料トライアル 永久無料プラン

TunnelBearのMacアプリを使えば、VPNを簡単に利用できます。サーバーの位置が地図上に表示され、クリックするとクマのキャラクターが現在地からサーバーにトンネルを掘っていくのが可愛らしいと思いました。無料アカウントでも全47か国のサーバーが使えますから、好きな地点のサーバーに接続できます(日本サーバーも利用可能)。

Screenshot showing the TunnelBear app and the animated bear tunneling to a location in the USTunnelBearは47か所にサーバーがあり、接続ボタンの隣のドロップダウンメニューを使って選ぶこともできます

近距離サーバーは高速です。イギリス - ロンドンの通信速度は118.93Mbpsで、接続前と比べて8%しか遅くなりませんでした。アメリカ - ニューヨークは遠いので、75.11Mbpsにまで落ち込んでしまいましたが、それでもUltra HD画質で動画を視聴するのに十分なスピードです。Hotspot Shieldと同様、Safariでアメリカ版NetflixやiPlayer、ITVXにアクセスできました。

毎月のデータ通信量は2GBで、HD画質の映画を2本程度見られます。ほかの無料VPNと比べると少なめですが、大容量のTorrentファイルを1つダウンロードするか、数週間少しブラウジングするためには十分でしょう。

TunnelBearはカナダに本拠を置いています。ファイブアイズの加盟国ですが、ほかの無料Mac向けVPNより安全です。アプリのセキュリティ監査が毎年行われており、定期的に透明性レポートを発行しています。さらに、運動家や抗議活動家などの非政府組織に2万以上のプレミアムアカウントを贈っていることから、誠実な企業であることがうかがえます。

主な特徴

  • GhostBear。VPN接続を通常のネット通信に見せかける機能です。ファイアウォールを突破し、中国などでネット検閲を避けられます。
  • VigilantBear。TunnelBearのキルスイッチです。MacでVPN接続が切れた場合にデータ漏えいを防いでくれます。
  • 自動接続。起動時にVPNに接続されるので、いつも安全にブラウジングできます。
  • TCP Override。TCPを優先する設定です。TCPはやや遅めですが、接続が不安定なときにパフォーマンスを改善できます(iOSとiPadでは利用できません)。

【比較表】Mac・Safariにおすすめの無料VPN

この記事でご紹介したVPNは、安全に使用できます。安全とプライバシーを守れるのはもちろん、ここに掲載されているVPNはさまざまなアクティビティに役立つ機能を提供しています。

ストリーミングやダウンロード、ゲームなど、データ通信量が多いアクティビティには、高速でデータ通信量が無制限のVPNが最適です。アクセス制限を回避したい場合、サーバーネットワークが大規模なVPNが役立ちます。プライバシーを優先するには、登録不要の無料VPNを選びましょう。

上位2社は完全無料VPNではないものの、返金保証があります。無料VPNは制限がありますが、プレミアムVPNならMac・iOSアプリの全機能を使えます。

無料プラン・返金保証 速度 月当たりのデータ通信量 macOSの対応バージョン iOSの対応バージョン サーバー設置国数 無料のChrome・Firefox拡張機能? 登録の要否 中国で利用可能?
🥇ExpressVPN 30日間返金保証 非常に高速 無制限 High Sierra 10.13以降 iOS 12以降 105か国 ×
🥈CyberGhost 45日間返金保証 とても高速 無制限 High Sierra 10.13以降 iOS 13以降 100か国 〇(制限あり) ×
🥉Proton VPN 完全無料 高速 無制限 Sierra 10.12以降 iOS 14以降 3か国 × ×
Avira Phantom VPN 完全無料 ふつう 500MB High Sierra 10.13以降 iOS 12以降 1か国 〇(制限あり) 不要 ×
hide.me 完全無料 高速 10GB Catalina 10.15以降 7か国 〇(制限あり) 不要
Hotspot Shield 完全無料 とても高速 無制限 Sierra 10.12以降 iOS 13以降 3か国 × 不要
TunnelBear 完全無料 高速 2GB Catalina 10.15以降 iOS 12以降 47か国

リスクなしでExpressVPNをお試しください >>

Macにおすすめの無料VPNの選び方

この記事では、次の評価基準をもとにMacにおすすめの無料VPNを選びました。

  • 本当に無料で使える。この記事では、完全無料VPNと返金保証付きVPNをご紹介しました。
  • Macアプリが使いやすい。この記事に掲載されているVPNは、macOS・iOS・iPad向けのアプリがあり、Safariに完全対応しています。デスクトップMac、MacBook、iMac、Mac Mini、iPhoneにインストールしやすく、使い方も簡単です。
  • 強力なセキュリティ対策・プライバシー保護。本記事に掲載されている無料VPNは、AES 256ビット暗号化とIP・DNSの漏えい対策でネットの利用状況を隠してくれます(プライバシーを守らない無料VPNもあるので注意しましょう)。また、各社VPNのプライバシーポリシーをチェックし、データを収集しているのか、もしそうである場合、どのようなデータを収集するのかを明記しました。
  • 高速でデータ通信量が十分。ほとんどの場合、Mac向けの無料VPNは通信速度と通信量を制限しています。ニーズに合ったサービスを選べるように、スピードテストを実施し、各社VPNのデータ通信量の制限もチェックしました。
  • アクセス制限を回避できる。さまざまなストリーミングサービスに対してMac向け無料VPNを試し、少なくとも一部の人気サービスにアクセスできることを確認しました。Torrentに対応していない無料VPNもありますが、この記事ではTorrentが可能な無料サービスもいくつか紹介してあります。
  • カスタマーサポート。メールやよくある質問など、無料のMac用VPNが何らかの形でカスタマーサポートを提供していることを確認しました。24時間年中無休のライブチャットが一番便利ですが、一般的に、チャットで問い合わせられるのは有料VPNだけです。

無料で使えるほかのMac版VPN

ランクインには至らなかったものの、そこそこ良いMac向け無料VPNがほかにもいくつか見つかりました。ここでは、検討したいほかの無料VPNを紹介します

  • カスペルスキーVPNセキュアコネクション:この無料Mac版VPNは無制限のデバイスで使用でき、自動Wi-Fi保護やマルウェアブロッカーなど、セキュリティ機能もいくつか搭載されています。しかし、キルスイッチはなく、直近のサーバーにしか接続できません。また、毎月のデータ通信量は500MBに制限されています。
  • Speedify:この無料VPNはデータ通信量が2GBで、同時に5台のデバイスを接続でき、Macですべてのサーバーを自由に使えます。しかし、主要な動画配信サービスにアクセスできず、高速と主張しているのに通信速度が大幅に低下します。また、一部のユーザーデータを記録しており、キルスイッチはありません。
  • OperaVPN:データ通信量が無制限で、3地域のサーバーが利用可能です(アメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア)。広告ブロッカーも搭載されています。しかし、Operaブラウザに内蔵されているため、MacデバイスでOperaブラウザを使わなければVPNは利用できません。また、キルスイッチはなく、各地域の特定のサーバーを選ぶことはできません。

【プロの一言】無料Mac版VPNは安全ではないことが多い

有料サービスの体験版は別ですが、無料のMac版VPNは利用者のデータから利益を得ています。VPNプロバイダも儲けを出さなければなりませんが、不正な方法で利益を出しているケースもあるのです。ここでは、検証されていないVPNをむやみにダウンロードすると、どのような危険があるのか解説します。

  • 無料VPNはデータを記録して第三者に売却している。ほとんどの場合、データを売却している無料VPNは、そのことを隠していません。例えば、VPNBookとBetternetVPNのプライバシーポリシーには、ユーザーデータをモニタリングしていることが明記されています。収集されるデータとして、サイトの閲覧履歴、セッション時間、デバイスの機種・OS、画面の大きさなどが挙げられます。
  • 大量の広告が表示される。ユーザーデータは、アフィリエイトなどの第三者に売り渡されるだけでなく、ブラウジング履歴と関連するターゲティング広告を配信するために使われることもあります。
  • 安全性が低く、脆弱な暗号化標準を採用している。無料のMac用VPNの多くは、キルスイッチやIP・DNS漏えい防止機能など、基本的なセキュリティ機能を欠いています。実際のIPアドレスを漏えいする無料VPNは少なくありませんし、データを暗号化しないものもあります。
  • Macがウイルスやマルウェアに感染する恐れがある。感染すると、長期的に大きな損失を被る可能性があります。アプリの動作が遅い、フリーズ・停止するなどの症状が出てようやくウイルス感染に気付くこともあるでしょう。

結局のところ、無料のMac版VPNは良からぬ方法で利用者のデータから利益を得ていることがほとんどなのです。Appleデバイスと個人情報は貴重なものですから、怪しい無料Mac版VPNをダウンロードして危険にさらすのは止めましょう。この記事に掲載されている完全無料VPNはデメリットがありますが、有料版ユーザーから得た利益で運営されているため、Safariで使っても安全です。

避けるべき無料VPN

この記事でご紹介したMac用無料VPNとは違い、次の無料VPNは危険です。第三者とデータを共有されたり、マルウェアやウイルスに感染したりする恐れがあります。
次の無料VPNは安全ではありません。使用は避けてください。

  • Hola:VPNではなく、ピアツーピアネットワークです。全ユーザーがネットワークを共有することになるため、全員のオンラインアクティビティに対して責任を負うことになります。
  • VPNBook:ログを保持され、デバイスがマルウェアに感染します。
  • VPN Gate:ボランティアが運営しており、ユーザーログを保持しています。
  • SuperVPN:マルウェアだらけです。
  • TurboVPN:デバイスにマルウェアがダウンロードされます。
  • BetternetVPN:ターゲティング広告を配信するためにログを保持しています。
  • GOVPN:IPとDNSが漏えいし、アプリにマルウェアが埋め込まれています。

【クイックガイド】3ステップで簡単!無料のMac用VPNの始め方

  1. VPNをダウンロードしましょう。ExpressVPNがおすすめです。高速で、データ通信量の制限はなく、P2Pに対応しています。ExpressVPNをリスクなしで30日間体験できます
  2. サーバーに接続してください。一般的に近距離サーバーが最速ですが、どのサーバーに接続してもアクセス制限を確実に回避し、世界中のコンテンツを閲覧できるようになります。
  3. ブラウジングを始めましょう。macOSとiOSデバイスのデータが隠され、Safariの閲覧履歴とアプリの利用状況のプライバシーが保護されました。

リスクなしでExpressVPNをお試しください >>

MacとSafariにおすすめの無料VPNについてよくある質問

Safariで使える無料VPNブラウザ拡張機能はありますか?

いいえ。Apple社のルールが厳しいため、VPNがSafariの機能拡張を提供するのは困難なのです。完全版VPNを使ったほうがよいでしょう。デバイス全体が保護されますから、Safariのブラウジングセッションの安全も確保できます。VPNのブラウザ拡張機能は単なるプロキシであることが多く、ブラウザで位置情報は変更できますが、データは暗号化されません。一方、完全版VPNはデータを暗号化し、ブラウジングアクティビティを追跡されにくくしてくれます。

また、Safariのプライベートウィンドウを使ってセキュリティを強化することをおすすめします。プライベートウィンドウにすると、データの追跡を防ぎ、データを追跡するアカウントから自動的にログアウトされます。ほかにも、「サイト越えトラッキングを防ぐ」「すべてのCookieをブロック」「IPアドレスを非公開」など、Safariで追加のプライバシー機能を有効にするのもありでしょう。

Netflixを見るのにおすすめのMac向け無料VPNは?

Netflixに無料VPNはおすすめできません。無料VPNを使ってもNetflixにアクセスできないことが多く、アクセスできたとしても制限が多くて快適にストリーミングできないのです。無料VPNではなく、格安で高品質の返金保証付きVPNをゲットしたほうが確実にNetflixを見られます。プレミアムVPNはデータ通信量が無制限で、世界中にサーバーが設置されているため、MacやiPhone、iPadなどで制限なくNetflixを視聴できるのです。

どうしても完全無料VPNを使いたい場合、本記事では数か国のNetflixライブラリにアクセスできるサービスをいくつかご紹介しました。アクセス制限を回避できることだけでなく、VPNのデータ通信量が無制限であることも重要ポイントです(少なくとも、コンテンツを見るのに十分であることを確認しましょう)。参考までに、データ通信量が10GBのVPNだと、HD画質で約5時間ストリーミングできます。

登録せずに使えるMac向け無料VPNはありますか?

はい。登録不要のVPNはいくつかありますプレミアムVPNの無料トライアルを利用するにはメールアドレスとクレジットカードが必要ですが、金融機関レベルのセキュリティ対策を行っているので、データが危険にさらされることはありません。プライバシーを強化したい場合、使い捨てメールアドレスでアカウント登録する手もあります。

無料のMac版VPNは安全ですか?

サービスによります。安全でないMac版VPNはたくさんありますが、本記事で紹介したMac向け無料VPNは安全です。軍レベルの暗号化や安全なプロトコル、データ漏えい対策など、データの安全を確保するのに必要なセキュリティ機能やプライバシー機能がそろっています。また、この記事に掲載されているVPNは個人情報を一切記録しません。

Macデバイスだけでなく、Mac上のデータも守るには、最低でも上記の機能があるVPNを選ぶ必要があります。セキュリティ対策が最優先なら、より高度な機能が搭載されたプレミアムVPNにアップグレードしましょう。キルスイッチや監査済みのノーログポリシー、何らかのマルウェア対策機能などがあるサービスを選びたいものです。上位2社のVPNはこれらの条件を満たしており、ほかにも魅力がたくさんあります。

無料のMac用VPNはほかのデバイスでも使えますか?

ほかのデバイスでも使えますが、ログアウトしなければならないかもしれません。この記事に掲載されているVPNは複数のデバイスで使えます。一般的に、アカウント登録せずに使えるVPNは無制限のデバイスで使えますが、登録しなければならない場合、同時に1台のデバイスしか接続できないはずです。

中国で使える無料のMac用VPNはありますか?

中国で使える無料VPNはほとんどありませんが、いくつか見つかりました。中国でVPNを使いたい場合、強力なセキュリティ機能が備わっており、通信が速いサービスを選びましょう。この記事では、サーバーが難読化に対応している無料Mac版VPNをいくつかご紹介しました。通信を難読化すれば厳しいファイアウォールを突破でき、中国やイランなどネット検閲が厳しい国でもVPNを使えるようになります。プライバシーが強化され、オンラインアクティビティの監視も避けられます。

また、中国のグレートファイアウォール(金盾)は国外サイトの表示速度を制限していますから、サイトの表示がさらに遅くならないように、できるだけ通信が速い無料Mac用VPNを選びましょう。低速なVPNを使うと、快適にブラウジングできない可能性があります。

無料VPNはMacの通信速度にどれくらい影響しますか?

VPNによりますが、高速VPNを使えば、速度低下を最小限に抑えられます接続前と比べて5~25%程度しか遅くならないはずです。とは言え、無料のMac向けVPNには非常に遅いものもあり、90%も減速してしまうケースもあります。

無料VPNの多くは、回線混雑を防いだり、有料版にアップグレードを促したりするためにわざと通信速度を制限しています。たいてい、1~5か所のサーバーしか使えませんから、サーバーが混雑して通信が遅くなります。また、遠くのサーバーに接続すると通信速度が低下しがちです。完全無料VPNのなかで最速だったのは「Hotspot Shield」です。近距離サーバーでは6%、アメリカサーバーでも8%しか通信が遅くなりませんでした。

AppleにVPNは内蔵されていますか?

いいえ、Apple社のmacOS製品にVPNは搭載されていません。MacのVPNインターフェースを使うには、IKEv2またはL2TP設定ファイルを提供しているVPNに加入する必要があります(ExpressVPNなど)。しかし、大半の無料VPNは設定ファイルを提供していません。また、この方法でVPN接続を使うと、セキュリティ設定や利用可能なサーバーが限られてしまいます。全機能を使えるように、VPNのMacアプリをインストールしたほうがよいでしょう。

一方、iCloudではSafariでのみ「プライベートリレー」が使えます。ただし、これは単なるプロキシ接続であり、かなり低速です。ネット上の位置情報は変わりませんし、ネット通信を暗号化したり、地域制限を回避したりすることもできません。VPNを使うほど安全ではなく、メリットも少ないわけです。

MacでVPNが必要な理由は?

無料のMac版VPNは、セキュリティやエンタメなど、さまざまな場面で役立ちます。ファイブアイズの加盟国(イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)では、プロバイダは利用者のブラウジングデータをモニタリングし、加盟国政府と共有しなければなりません。頼れる無料VPNを使えば、Macのデータが暗号化され、IPアドレスが隠されますから、プロバイダや政府の監視、ハッカーなどからSafariのブラウジングデータを守ることができます。

また、VPNは公共Wi-Fiでセキュリティを向上するため、オープンネットワークを利用する際は必要不可欠です。マルウェアブロッカーを搭載したVPNを使うと、悪質なコンテンツから身を守れます。さらに、定評のあるVPNを活用することで、Macで地域限定コンテンツにアクセスできるようになります。「旅行中も普段通りストリーミングサービスにアクセスしたい」という方におすすめです。

MacとSafariにおすすめの無料VPNをゲットしましょう

完全無料VPNは必ず何らかのデメリットがあります。しかし、この記事では、強力なセキュリティ機能が備わっており、通信が速く、アクセス制限を回避でき、Torrentに対応しているなど、魅力の多いVPNをご紹介しました。これらの条件をすべて満たす完全無料サービスはほとんどありませんが、アクティビティに適したVPNが見つかるはずです。無料サービスと比較できるように、プレミアムサービスもいくつか紹介しました。

この記事では優れたMac向け無料VPNをいくつか紹介しましたが、ExpressVPNのように格安で高品質のVPNを使ったほうがよいでしょう。完全無料ではないものの、制限はありません。業界最先端のセキュリティ機能があり、とても高速で、データ通信量は無制限です。このような無料のMac VPNはありません。返金保証付きなので、満足できなかった場合は30日以内に問い合わせれば全額を返金してもらえます。

Mac・Safariにおすすめの返金保証付きVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
84% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
50% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
42% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
73% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。