当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

NordVPNは中国で使える?│代わりのおすすめのVPN 2024年

ヴォーンシェイン 更新日 2024年02月15日 ファクトチェッカー:ベン・ローソン 編集主任

NordVPNを使っても、中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避できなくなってしまいました。幸い、現在も中国で使えるVPNは存在します。中国に渡航する際、この記事でご紹介するVPNを使えば、NetflixやGoogle、ツイッター、YouTubeなど、アクセスが制限されているオンラインサービスを確実に利用できます。

40社以上のVPNを徹底検証し、NordVPNの代わりに中国で使えるVPNを厳選しました。中国で安全にインターネットを利用し、アクセス制限を回避するのに役立つサービスばかりです。通信を暗号化してデータを守り、監視やプライバシー侵害を避けられるほか、帯域使用量と通信速度は無制限となっています。アプリはとても使いやすく、大半のデバイスで利用可能です。

中国で一番おすすめなのはExpressVPNです。全サーバーで難読化が有効になっているので、VPN通信を通常のネット通信に見せかけてブロックを避けられます。また、軍レベルの暗号化(AES 256ビット)、キルスイッチ、RAMベースのサーバー、ノーログポリシーにより、オンラインプライバシーをしっかり守れます。安心の30日間返金保証もありますから、中国でExpressVPNをぜひお試しください。満足できなかった場合、全額を返金してもらえます。

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください >>

【重要】中国では、政府の認可を受けていないVPNを使用することは法律違反です。しかし、現在のところ、旅行者がVPNを使用したことで罰則を受けたという事例は公に報告されていません。しかしながら、違法行為を行ったことで、法的なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。うっかり規制に違反してしまうことのないよう、渡航前に中国でのVPN利用に関する最新の法律をよく確認しておきましょう。

プロ厳選!NordVPNの代わりにおすすめのVPN【2024年】

  1. ExpressVPN:揺るぎないセキュリティ機能と難読化技術により、中国で制限なくインターネットを利用するのに一番おすすめ。世界中に高速サーバーが設置されており、快適に動画を視聴できます。30日間返金保証もありますから、安心してExpressVPNをお試しください。
  2. Astrill VPN:Smart Mode(スマートモード)で金盾に検出されるのを避けられます。国外サイトとの通信だけVPNに経由させ、中国のサイトは通常のネット通信でアクセスする仕組みです。
  3. PrivateVPN:最先端のデータ漏えい対策とキルスイッチで個人情報やブラウジングデータの流出を防止。中国でVPNを使用中、セキュリティとプライバシーをしっかり守るのにピッタリです。

ご注意ください。中国では、規制の変更によりVPNが不安定になることがあります。どのVPNも一時的にサービスを停止する可能性がありますが、今回の記事では安定したパフォーマンスのVPNを厳選しています。

NordVPNの代わりにおすすめのVPN — 完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:難読化技術で中国でも制限なくインターネットを利用

注目ポイント VPNの使用を自動的に隠し、ブロックを避けられる
セキュリティとプライバシー 軍レベルの暗号化が中国でのオンラインアクティビティを保護
サーバーネットワーク 105か国に3,000台のサーバー。香港やマカオ、日本にもサーバーあり
利用可能なサービス Netflix、YouTube、Disney+、Facebook、Google、WhatsApp、ほか多数
アプリは日本語に対応
日本語のカスタマーサポート 〇(ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応してくれます)

ExpressVPNは通信を難読化するため、中国のグレートファイアウォール(金盾)をスムーズに回避できます。VPNの難読化とは、VPN通信を通常のHTTPS通信に見せかける技術のこと。中国のDPI(ディープパケットインスペクション)はVPN通信とHTTPS通信を区別できず、中国国内からSnapchatやインスタグラム、Zoomなどの国外サービスにアクセスできるようになるわけです。

中国で必ず使えるように、ExpressVPNはサーバーとIPアドレスを定期的に更新しています。つまり、中国でも好きなサイトやオンラインサービス、VoIPアプリ(メッセンジャーやWhatsAppなど)を使えるということです。ExpressVPNの香港とイギリスのサーバーを検証したところ、FacebookとBBCのアクセス制限を必ず回避できました

A screenshot showing you can log in to Twitter while in China using ExpressVPN's Macau serverページはすぐに表示され、接続が不安定になることはありませんでした

AES 256ビット暗号化(アメリカ国家安全保障局も使用している暗号化標準)により、監視やハッキングからデバイスを守れます。また、パーフェクトフォワードシークレシーが暗号鍵を定期的に変更するため、安全をさらに強化できます。暗号鍵を他人に知られても、データを読み取れないということです。また、パソコンがスリープ状態になったときなど、VPN接続が切れた場合、キルスイッチがインターネットアクセスを一時的に遮断して安全を確保してくれます。

トンネリングプロトコルはLightway、OpenVPN、L2TP、IKEv2から選べます。もちろん、ネットワークに最適なプロトコルを自動的に選ぶように設定することもできます。難読化に対応しているのはLightwayとOpenVPNです。中国でストリーミングしたり、ブラウジングしたりする場合、Lightwayプロトコルがよいでしょう。コードの行数が少ないため、通信が速いのです。一方、オンラインショッピングやネットバンキングをする際は、OpenVPNのほうが安全です。

ExpressVPNは監査済みのノーログポリシーがありますから、個人情報を記録されたり部外者と共有されたりすることは絶対にありません。本拠地は英国領ヴァージン諸島です(5・9・14アイズ同盟の管轄外)。サーバーはRAMベースなので、再起動のたびにデータが消去されます。情報収集できない環境が整っているわけです。ExpressVPNのサーバーに接続してIP・DNS・WebRTCの漏えいテストを行ったところ、データ漏えいは一切検出されませんでした。中国でオンラインアクティビティが公開されてしまうリスクは極めて低いと言えます。

通信速度も良好です。フランス、ドイツ、ウクライナのサーバーの平均速度は120.6Mbpsでした。接続前(128.3Mbps)と比べて6%しか低下せず、中国で4K動画をストリーミングしたり、ラグなしでゲームを遊んだりするのに十分なスピードでした。中国でも高画質でドラマを見られます。

一番安いプランは$6.67/月~で割高ですが、ExpressVPNは頻繁に大幅割引キャンペーンを行っています。長期プランに加入したところ、料金が49% OFFとなり、契約が無料で3か月延長されました。

満足できなかった場合、返金手続きは簡単です。30日間返金保証を守っているか調べるため、24時間年中無休のライブチャットで解約をお願いしたところ、2営業日後にクレジットカードに全額が返金されていました。

主な特徴

  • 中国に物理サーバーを設置していない。オンラインプライバシーを守るため、中国国内のサーバーはありません。ユーザーデータの記録、保存、共有に関する中国の法律が適用されないわけです。
  • ミラーURL。ミラーURLを使えば、中国でもExpressVPNのホームページにアクセスできます。残念ながら、中国政府は予告なしにExpressVPNのサイトをブロックする可能性があるため、入国前にアプリをダウンロード・インストールしておきましょう。
  • アプリが使いやすい。ExpressVPNはWindowsやMac、Android、iOSなど、大半のOSに手軽にインストールできます。また、中国での使用に適した設定にカスタマイズするのも簡単です。
  • 複数のデバイスを接続できる。同時に最大8台のデバイスでブラウジングやストリーミング、Torrentなどができます。

2024年2月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. Astrill VPN:Smart ModeでIP制限を避け、中国から国外サービスに安全にアクセス

注目ポイント VPNのオン・オフを切り替えなくても、中国国内ですべてのコンテンツに簡単にアクセスできる
セキュリティとプライバシー VPN接続が切れた場合、キルスイッチがネット通信を遮断して、データ漏えいを防止
サーバーネットワーク 日本を含む58か国に120台のサーバー。アメリカサーバーが多く、SnapchatやInstagramにアクセス可能
利用可能なサービス Netflix、YouTube、Disney+、Facebook、Google、WhatsApp、ほか多数

AstrillVPNのSmart Mode(スマートモード)は、自動的に特定の通信を暗号化トンネルから除外する機能で、中国のサイトと国外サイトに同時にアクセスするのに役立ちます。例えば、Smart Modeを有効にしてからWeChatにアクセスすると、中国版のアプリが表示されます。一方、ツイッターにアクセスしようとすると、VPNが自動的に国外のIPアドレスに切り替えてくれます。この機能はOpenWebを選んだ場合に利用可能で、Settings(設定)をクリックし、Smart Modeを選択すると有効になります。

A screenshot showing that AstrillVPN offers a wide range of customizable protocols to secure your connection.質問がある場合、24時間年中無休のライブチャットでいつでもカスタマーサポートに問い合わせられます

AES 256ビット暗号化など高度なセキュリティ機能があり、個人情報やアクティビティを守れます。App Guard(アプリガード)は、VPNに接続されていない状態では指定したアプリが通信できないようにする機能です。中国国内のサービスを利用しながら、VPNを使って国外サイトを閲覧するのに役立ちます(現在、この機能はパソコンでのみ利用可能)。DNS・IPv6漏えい対策機能が備わっており、AstrillVPNの台湾と香港のサーバーでデータ漏えいは検出されませんでした

「OpenWeb」と「StealthVPN」は、プロバイダと金盾に検出されるのを避けるために設計されています。暗号化された通信を難読化し、通常のネット通信に見せかける機能です。ExpressVPNと同様、AstrillVPNはプライバシー保護に適した国(セーシェル)に本拠を置いており、厳格なノーログポリシーを守っています。また、セッションを終了すると、データは完全に消去されます。

このVPNのデメリットは返金保証がないことですが、友達を紹介すると制限なしで1か月間無料で使えます

長期プランは$12.50/月です。今回はオトクな2年プランを選びました。プライバシーを優先したい場合、ビットコインでの支払いも可能です。

主な特徴

  • 高速。AstrillVPNは通信が速いので、快適にインターネットを利用できます。WireGuardプロトコルで香港サーバーに接続したところ、通信速度は22%しか低下しませんでした(119Mbps→93Mbps)。
  • アプリフィルターとサイトフィルター。指定したアプリ・サイトの通信だけVPNを経由させ、ほかの通信は暗号化されたトンネルから除外することができます。
  • アプリが使いやすい。AstrillVPNは直感的に分かりやすいデザインなので、設定も使い方も簡単です。中国で使えるようにアプリの設定を容易に変えられます。

3. PrivateVPN:揺るぎないセキュリティ機能がプライバシーを保護。中国で安心してブラウジング、ストリーミング、Torrentが可能

注目ポイント IPv6とDNSの漏えい対策が位置情報の流出を防止
セキュリティとプライバシー キルスイッチが備わっており、保護されていない接続を通してデータが発信されるのを防止
サーバーネットワーク 香港や日本など63か国に200台のサーバー
利用可能なサービス Netflix、YouTube、Disney+、Facebook、Google、WhatsApp、ほか多数
アプリは日本語に対応 ×
日本語のカスタマーサポート 〇(ライブチャットとメール。自動翻訳ツールを使って対応してくれる)

PrivateVPNは高度な漏えい対策とキルスイッチ機能があるため、中国でインターネットを利用する際にプライバシーをしっかり守れます。VPNとの接続が不安定になった場合、キルスイッチが作動して機密データの流出を防いでくれます。ipleak.netを利用してPrivateVPNの実力を試したところ、データ漏えいは一切検出されませんでした。中国でインターネットを利用する際、個人情報が流出する心配はありません。

Stealth VPN(ステルスVPN)モードを有効にすると、VPN通信が難読化され、プライバシーを一層強化できます。通信はAES 256ビット暗号化とパーフェクトフォワードシークレシーで保護されますが、Stealth VPNを有効にすればVPN通信を通常のネット通信に見せかけることができるのです。「ユーザーデータを収集しない」という厳格なノーログポリシーもありますから、PrivateVPNならデータが他人の手に渡ることは絶対にありません。

A screenshot showing PrivateVPN lets you choose the level of encryption.速度を優先する場合はAES 128ビット、セキュリティを優先する場合はAES 256ビットを選ぶとよいでしょう

ExpressVPNよりは若干遅いものの、PrivateVPNは中国で快適にインターネットを利用するのに適した通信速度です。カナダ、フランス、ドイツのサーバーの平均速度は104.8Mbpsでした。接続前と比べて速度は14.8%しか低下せず、HBO MaxとHuluの動画がスムーズに再生されました。

このVPNの唯一の欠点はネットワークがやや小規模であることです。しかし、PrivateVPNは中国国内にサーバーを設置していないことから、プライバシー保護を重視していることがうかがえます。中国政府はPrivateVPNに対してユーザーデータの記録・共有を強制できないということです。

料金は$2/月~で、格安です。今回は一番オトクな長期プランを選びました。

返金保証がありますから、PrivateVPNを30日間無料体験できます。24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせ、返金をお願いしたところ、5日後にクレジットカードに返金されていました。

主な特徴

  • ほかのダウンロードリンクがある。中国での利用ためのミラーURLはありませんが、別のダウンロードリンクが用意されています。中国国内ではホームページにアクセスできない場合があるため、入国前にカスタマーサポートにURLを教えてもらいましょう。
  • 初心者でもアプリが使いやすい。PrivateVPNのインターフェースは分かりやすく、初めてでも安心して使えます。中国で利用できるように設定を変えたところ、簡単でした。
  • SOCKS5プロキシとポートフォワーディング。これらの機能を使うと、中国でTorrent利用時の通信速度を改善できます。また、帯域使用量は制限されていません。

【比較表】NordVPNの代わりにおすすめのVPNの特徴

この記事でご紹介したVPNを表にまとめました。各社サービスを比較しましょう。

最低価格 通信速度 難読化 サーバー数 本拠地はプライバシーに配慮した国? アプリは日本語に対応
🥇ExpressVPN $6.67/月 検証したなかで最速 105か国に3,000台のサーバー
🥈Astrill VPN $12.50/月 良好 58か国に120台のサーバー × ×
🥉PrivateVPN $2/月 常に高速 63か国に200台のサーバー × ×

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください >>

NordVPNの代わりにおすすめのVPNの選び方

中国でおすすめのVPNを使うと、安全とスピードを妥協せずにインターネットを自由に利用できるようになります。この記事では、次の観点でVPNを評価しました。選ぶ際のチェックリストとして役立てば幸いです。

  • 金盾を回避できる。 中国のファイアウォールを突破できるVPNはほんの一握りしかありません。通信を暗号化しても金盾を突破できるように、難読化やStealth VPNなどの機能があるVPNを選びましょう。
  • セキュリティ対策とプライバシー保護がしっかりしている。中国でプライバシーを守れるように、AES 256ビット暗号化やキルスイッチ、データ漏えい防止機能、ノーログポリシーなどがあるVPNを選びましょう。
  • 高速。中国で快適にインターネットを閲覧したり、動画を視聴したり、Torrentを利用したりできるよう、通信速度が30%以上低下しないVPNを選びましょう。
  • 世界中にサーバーがある。世界各国にサーバーを構えているVPNを使えば、中国でもSnapchatやZoomなどのオンラインサービスに簡単にアクセスできます。中国のコンテンツを閲覧したい場合、香港やマカオのサーバーに接続しましょう。
  • アプリが使いやすい。すぐに使い始められるように、直感的なデザインのVPNを選びましょう。そうすれば、設定も簡単に変更できます。助けが必要になった場合に備えて、オンラインサポートが迅速に対応してくれるのも重要ポイントです。
  • 安心の返金保証付き。リスクなしで体験し、ニーズに合わなかった場合に全額を返金してもらえるよう、安心の返金保証があるVPNを選びましょう。

【クイックガイド】3ステップで簡単!NordVPNの代わりにおすすめのVPNの使い方

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。高速サーバーが通信を難読化するため、中国で制限なくインターネットを利用できるようになります。なお、中国では金盾のせいでVPNをダウンロードできない場合がありますから、入国前にVPNをダウンロードしてください。
  2. サーバーに接続します。VPNを使う目的にもよりますが、通信が極端に遅くならないようにできるだけ近いサーバーを選びましょう(マカオや香港など)。
  3. インターネットを閲覧しましょう。プライバシーを強化した状態でWhatsAppYouTubeGmailなどにアクセスできるようになりました。

設定を調整すれば、ExpressVPNは中国で必ず使えます。中国でExpressVPNを最大限活用する方法はこちらをご覧ください。制限なく安全にインターネットを利用できるようになります。

NordVPNの代わりに中国でおすすめのVPNについてよくある質問

中国でVPNが使えない理由は?

中国では、グレートファイアウォール(金盾)という厳しいインターネット検閲政策が行われているため、VPNが利用できない場合があります。さまざまな手段を用いて外国のサイトやサービスへのアクセスが禁止・制限されているのです。とは言え、中国で確実に使える高品質VPNはいくつか存在します。このようなVPNサービスは、サーバーのIPアドレスを定期的に更新したり、難読化技術でVPN通信を隠したりしています。

中国でVPNが使えない主な理由はこちらです。

  1. 規制と法令。中国政府は、VPNの使用を規制する法律を定めています。政府が認可したVPNは使用が許可されていますが、そのようなサービスを使っても、プライバシーをしっかり守ったり、アクセス制限を避けたりすることはできません。
  2. VPNサーバーがブロックされている。中国政府はVPNサーバーのIPアドレスを片っ端から特定し、ブロックしています。IPアドレスがブロックされると、中国国内ではそのVPNサーバーに接続できなくなります。
  3. ディープパケットインスペクション(DPI)。金盾は、DPI技術を用いてインターネットを介して送信されるデータパケットを検査しています。VPN接続を介した通信と見なされた場合、データパケットがブロックまたは制限されることがあります。
  4. VPNサイトへのアクセス制限。中国では多くのVPNのホームページがブロックされているため、VPNソフトをダウンロード・インストールするのは困難です。
  5. VPNプロトコルの妨害。金盾はVPNプロトコルを直接妨害・ブロックすることがあるため、安定した接続を確立しにくくなってしまいます。

中国でVPNを使うのは合法ですか?

個人がVPNを使うのは違法という明示的な規定はないものの、中国政府はVPNサービスを厳しく規制しています。公式に認められているのは政府が認可したVPNのみで、通常、そのようなVPNを使っているのは企業や法人です。中国でVPNを使いたい場合、入国前にVPNのダウンロードと設定を済ませておきましょう

政府は、認可されていないVPNをブロックする取り組みを行っています。また、許可なく運営しているVPNプロバイダを厳しく取り締まっています。中国で認可されていないVPNを使うと罰金や処罰の対象になる可能性がありますが、取り締まりは一貫せず、どのようなときに罰せられるかはっきりしないことも多々あります。

VPNを使うかによらず、VPNなしで違法なオンラインアクティビティは、VPNを使っても違法であることを覚えておきましょう(著作権で保護されたファイルをダウンロードするなど)。

NordVPNの代わりにおすすめのVPNは?

NordVPNの代わりにおすすめなのは、ExpressVPNです。全サーバーで通信が自動的に難読化されるため、VPNが検出・ブロックされにくいのです。ExpressVPNは105か国にサーバーがありますから、中国でも日本のアカウントにアクセスできます。使いやすさも抜群で、高度なセキュリティ機能が充実しているので、スピードを落とさずにネット上で安全を確保できます。

NordVPNの代わりにおすすめのVPNのうち、特殊サーバーを提供しているサービスはありますか?

はい。AstrillVPNは、中国でコンテンツを閲覧するための専用サーバーがあり、簡単に接続できます。ホーム画面で展開ボタンをクリックすると、一覧から特殊サーバーを選べます。

NordVPNの代わりにおすすめのVPNも、NordVPNと似たようなセキュリティ機能がありますか?

はい、他社サービスもNordVPNと似たようなセキュリティ機能を提供しています。プライバシーを重視しているVPNサービスを選ぶのが大切です。この記事で紹介した代替サービスは、軍レベルの暗号化やキルスイッチ、データ漏えい対策、ノーログポリシーがありますから、データの安全を確保できます。

NordVPNは中国の企業ですか?

いいえ、NordVPNはTesonetの子会社です(ビジネスソリューションが専門の企業)。NordVPNはプライバシーを尊重しているパナマに本拠を置いており、厳格なノーログポリシーを守っています(NordVPNの代わりにおすすめの中国向けVPNもノーログポリシーがあります)。個人情報を記録・保存されたり、第三者と共有されたりすることはありません。

中国でブロックされているサイト・サービスは?

中国では、さまざまなサイトやSNS、ストリーミングサービスへのアクセスが禁止されています。中国政府の狙いは、外国の思想や影響、有害な可能性のある情報から国民を守ること。中国で国外サービスを利用したい場合、ExpressVPNが一番おすすめです。GmailやBBC、インスタグラムなどを自由に利用できるようになります。

インターネットの適切な使用に関するガイドラインは、1997年に施行された「コンピュータ情報ネットワークおよびインターネット安全保護管理弁法」で定められています。この条例には、個人がしてはいけない行為がいくつか記載されています。例えば、インターネットを利用してうわさを広めたり、真実を歪曲したり、国家のイメージを損なったりすることが禁じられています。

中国でブロックされているサイトやサービスをいくつか紹介します。

  • SNSサイト・アプリ:Facebook、Instagram、Twitter、Snapchatなど
  • 国際的な報道機関:CNN、BBC、ザ・ガーディアン、ブルームバーグ、NBCなど
  • ストリーミングサービス:Netflix、YouTube、Hulu、HBO Max、Twitchなど
  • メッセージサービス:Gmail、WhatsApp、Telegram、Skype、Slack、Zoomなど
  • 検索エンジン:DuckDuckGo、Yahoo、Startpage、Google、Bingなど

中国でNordVPNをダウンロードすることはできますか?

NordVPNは中国で使えなくなってしまいました。入国前にインストールしても使えません。中国でVPNを使いたい場合、代わりにExpressVPNやAstrillVPNをお選びください。中国で使えることが確認されており、数分で設定できます。

中国でサイトが規制されているか確認する方法は?

適切なツールを使えば、中国でサイトが規制されているか簡単にチェックできます。vpnMentorでは、中国でサイトやサービスが規制されているか確認するツールをご用意しています。とても使いやすく、結果は数秒で表示されます。

NordVPNの代わりに無料サービスは使えますか?

NordVPNの代わりに無料VPNを使っても、中国のグレートファイアウォール(金盾)を確実に突破することはできません。中国ではVPNの使用が厳しく規制されているため、難読化などの高度な機能が備わっている高品質サービスを使わなければインターネットを自由に利用することは不可能です。

また、無料VPNは帯域使用量や通信速度を制限しており、サーバーが少なく、弱い暗号化を採用しているため、有料版にアップグレードせざるを得ません。ユーザーデータを第三者と広告事業者に売却したことがある無料VPNもありますから、プライバシーが脅かされてしまいます。マルウェアを含む無料VPNも少なくないため、デバイスが故障するリスクもあります。

NordVPNの代わりにおすすめのVPNをゲットしましょう

この記事では、NordVPNの代わりに中国で確実に使えるVPNをご紹介しました。本記事に掲載されているVPNは、暗号化された通信を隠して通常のネット通信に見せかけます。金盾を突破し、中国国内でもWhatsAppやYouTubeなどを利用できるようになるわけです。

中国ではExpressVPNが一番おすすめです。どのサーバーに接続しても、中国でVPNの使用を隠せます。さらに、マカオと香港にサーバーを構えているため、スピードと安全を妥協せずに、中国国内外のコンテンツにアクセスできます。ExpressVPNを体験しましょう。満足できなかった場合、30日以内に問い合わせれば全額を返金してもらえます。

まとめとして、NordVPNの代わりに中国で使えるVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
59% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
85% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。