VPN のキルスイッチとは何か?なぜ使う必要があるのか?

VPN には質の高いオプションがたくさんありますが、こちらの rankings page で見られるように完璧なものはありません。利用者や利用したいと考えている人が改善を望んでいる重要な要素は「信頼性」に関係しています。

もっともです。もしネットワーク接続が落ちたら、コンピューターはISPから提供されているデフォルトの回線に戻ります。実際上、このユーザーは暴露されアクティビティを容易に追跡される状態になります。

最も危険な部分?それは、ユーザーはいつそれが起こるかわからず、事前の警告はないという点です。

この問題に対抗するために、いくつかの VPN 会社は「キルスイッチ」機能を提供しています。要約すると、VPN 接続が落ちた時に、キルスイッチはインターネット接続自体を切断してしまいます。

この機能はなぜ重要で誰が提供するのでしょう?下のFAQセクションでは、この重要なセキュリティ問題の全てをカバーしています。

一般的に VPN ネットワークはどれほど信頼できるのか?

それは、あなたが利用するサービスによります。

VPN kill switch - vpnMentor

自社サーバーを保有し、いくつものサーバー群を提供しているような会社は、ほぼ完璧な接続を保証できます。例えば、このサイトの推奨VPN ネットワークトップ10のいくつかは 99.99% のアップタイムを保証しています:

しかし、サーバーを共有していたり、ロケーションが少なかったりすると、信頼性は低くなります。こういう会社は帯域幅を制限したり、接続数を制限する傾向があります。

接続切断の主な原因は何か?

VPN が人気を得ている理由の一部は、とても信頼できるからです。それでも、VPN 接続は時に問題を起こし、ユーザーのストレスになります。

接続切断の3大原因は:

  1. ファイアウォールとルーターの設定: ユーザーのファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェアなどのソフトウェアが、設定によっては切断を起こしやすくなります。テストするには、これらのソフトを一度無効にしてVPN 接続してみます。無効にして接続が安定したら、そのソフトの設定を変更してそのVPN 接続を対象から外してから有効にします。
  2. VPN プロトコルの選択: ExpressVPN は、デフォルトのUDP ではなく、TCP プロトコルで実行すると接続がより安定すると言っています。そんなわけで、接続が不安定な時は、プロトコルを変更することもよい解決法になりえます。
  3. 信号の弱さ/ネットワークの混雑: VPN サービスでは遠隔のサーバーに接続するので、ローカルのWi-Fi の状態は重要ではないと考えるのはありがちな間違いです。残念ながら、Wi-Fi 接続の強さは直接、VPN 接続の信頼性に影響します。信号が弱いと、データロス超過のために接続切断を起こしやすくなります。加えて、大勢が利用しているWi-Fi スポットでは、VPN 接続が不安定になることがあります。

いくつの VPN ネットワークがキルスイッチを提供しているのか?

近年、キルスイッチを提供するVPN 会社は増えています。以下は一例です:

  • Private Internet Access
  • HMA
  • AirVPN
  • IPVanish
  • VyprVPN
  • ExpressVPN
  • PureVPN
  • SwitchVPN

特筆すべき例外 — TotalVPN と Buffered — は、キルスイッチ機能を提供していません。

キルスイッチは通常、自動でアクティブになるのか?

必ずしも自動ではありません。多くのVPN では、キルスイッチをアクティブにするには、そのアプリの設定を開いてキルスイッチ機能をアクティブにする必要があります。

例えば、VyprVPN では以下のようなダイアログボックスでキルスイッチ機能を設定します。

vyprvpn-kill-switch-settings

このダイアログボックスでは、機能のオン/オフに加え、キルスイッチが働くタイミングを設定できます。このアプリでは、「アプリケーションレベル」(VyprVPN が実行中で接続が切断された時にスイッチが働く)と「システムレベル」(VyprVPN にログインしているが、アプリは実行されてないとき)があります。キルスイッチのアクティブ時にLAN トラフィックを止めることも選択できます。

反対に、ExpressVPN のキルスイッチの「ネットワーク・ロック」と呼ばれる機能では、接続するとアクティブになります。

VPN ネットワークの信頼性問題で最も影響を受けるのは誰か?

接続切断は、VPN ネットワークでトレントをダウンロードしている人に深刻な影響を与えます。

このようなユーザーは、VPN に長時間接続し、切断時にコンピューターの前にいないことがあります。利用中のサービスにキルスイッチがない場合、あるいはキルスイッチが有効になっていない場合、切断に気づくより前に、IP アドレスが公開され、公共の接続で追跡が可能になってしまうことが考えられます。

このリスクを軽減するために、トレントをダウンロードする人は、次の2つの解決策のうちひとつを実行してください:

    1. Vuze Bittorrent クライアントを使用する: このエンド・ツー・エンド型ソフトウェアは、コンピューターを低速にせずに迅速にトレントをダウンロードします。最近のバージョンではVuze はVPN 接続に関連付けることができます。これは、VPN 接続が信頼できなくなった時に利点があります。OSは、公共のIPネットワークにパケットを送信しようとしますが、Vuze はVPN を使い続けようとするからです。トレントはダウンロードできませんが、最低限、パケットがパブリックに行くことはありません。
    2. 手動でファイアウォールの設定を変更する: サードパーティのオプションに頼りたくない人は、DIY でやります。手動でOS のファイアウォール設定を、VPN 接続が切断されたらダウンロードを停止するように変更します。これはWindowsパソコンでは特に有効です。PrivateInternetAccess の場合は、Windows ファイアウォールの設定が正しくない場合は、トレントをダウンロードすると切断されます。

接続切断による危険を避ける他の方法はありますか?

一体化されているキルスイッチ以外にも、VPN ネットワークの信頼性が不安定な場合に、あなたのプライバシーとIP アドレスを保護するサードパーティのオプションがいくつかあります。最もポピュラーなのは、VPNetMon と VPN Watcher です。

VPNetMon は、VPN 接続がダウンした場合に、接続が保護されなくなるのを防ぎます。この無料のサードパーティプログラムは、VPN 接続が落ちた時に特定のアプリケーションを閉じます。多くのユーザーがこのプログラムを気に入っています。インターネットを切断するのではなく、保護されない接続を通じてIP アドレスを通信する可能性のある、あらかじめ選択したプログラムを閉じるだけだからです。

VPN Watcher も、人気のVPN 接続モニタリングツールです。VPNetMon 同様、このプログラムも、確立されたVPN 接続が落ちている間、コントロールしているアプリケーションがデータをネットワークに送信することを防ぎます。現在の価格は、$9.95 です。

まとめ: VPN接続のセーフガードはユーザー保護の生命線

ユーザーはいろんな理由でVPN を利用しますが、皆、プライバシーを重視しています。しかし、接続が落ちるとユーザーのIP アドレスは追跡者にさらされます。だから、VPN ネットワークの信頼性は、これほど大きな関心事なのです。

特に、トレントであれ何であれ、常時接続に依存している人は、個人情報保護は大きな問題です。このようなユーザーにとっては、キルスイッチを提供しているVPN 会社は重要です。

VPN 会社の方もまた、もしネットワークの切断によってユーザーのIP アドレスが暴露されれば、市場シェアを失うことを理解しています。だから、99.9% の信頼性に加えてキルスイッチを提供するのです。

キルスイッチ機能を備えたVPN を選択してください:

これは役に立ちましたか?よろしければシェアしてください!
待ってください! NordはそのVPNの70%ディスカウントを提供しています