facebook
VPN には質の高いオプションがたくさんありますが、こちらの rankings page で見られるように完璧なものはありません。利用者や利用したいと考えている人が改善を望んでいる重要な要素は「信頼性」に関係しています。 もっともです。もしネットワーク接続が落ちたら、コンピューターはISPから提供されているデフォルトの回線に戻ります。実際上、このユーザーは暴露されアクティビティを容易に追跡される状態になります。 最も危険な部分?それは、ユーザーはいつそれが起こるかわからず、事前の警告はないという点です。 この問題に対抗するために、いくつかの VPN 会社は「キルスイッチ」機能を提供しています。要約すると、VPN 接続が落ちた時に、キルスイッチはインターネット接続自体を切断してしまいます。 この機能はなぜ重要で誰が提供するのでしょう?下のFAQセクションでは、この重要なセキュリティ問題の全てをカバーしています。 一般的に VPN ネットワークはどれほど信頼できるのか? それは、あなたが利用するサービスによります。 自社サーバーを保有し、いくつものサーバー群を提供しているような会社は、ほぼ完璧な接続を保証できます。例えば、このサイトの推奨VPN ネットワークトップ10のいくつかは 99.99% のアップタイムを保証しています: VyprVPN NordVPN ExpressVPN PureVPN TotalVPN SwitchVPN しかし、サーバーを共有していたり、ロケーションが少なかったりすると、信頼性は低くなります。こういう会社は帯域幅を制限したり、接続数を制限する傾向があります。 接続切断の主な原因は何か? VPN が人気を得ている理由の一部は、とても信頼できるからです。それでも、VPN 接続は時に問題を起こし、ユーザーのストレスになります。 接続切断の3大原因は: ファイアウォールとルーターの設定: ユーザーのファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェアなどのソフトウェアが、設定によっては切断を起こしやすくなります。テストするには、これらのソフトを一度無効にしてVPN 接続してみます。無効にして接続が安定したら、そのソフトの設定を変更してそのVPN 接続を対象から外してから有効にします。 VPN プロトコルの選択: ExpressVPN は、デフォルトのUDP ではなく、TCP プロトコルで実行すると接続がより安定すると言っています。そんなわけで、接続が不安定な時は、プロトコルを変更することもよい解決法になりえます。 信号の弱さ/ネットワークの混雑: VPN サービスでは遠隔のサーバーに接続するので、ローカルのWi-Fi の状態は重要ではないと考えるのはありがちな間違いです。残念ながら、Wi-Fi 接続の強さは直接、VPN 接続の信頼性に影響します。信号が弱いと、データロス超過のために接続切断を起こしやすくなります。加えて、大勢が利用しているWi-Fi スポットでは、VPN 接続が不安定になることがあります。 いくつの VPN ネットワークがキルスイッチを提供しているのか? 近年、キルスイッチを提供するVPN 会社は増えています。以下は一例です: Private Internet Access Hide My...
facebook
ウェブサイトを作る時にオンラインのプライバシー・ポリシーのことを考えている起業家はあまりいない。しかし、多くのセキュリティの専門家が言うように、このプライバシー・ポリシーは会社にとっても利用者にとっても必要なセーフガードだ。そこでこの投稿では、成功するプライバシー・ポリシーの要件を詳しく解説し、末尾に無料で利用できるテンプレートを付けよう。これを利用して独自の文書を作成することができる。 オンライン・プライバシー・ポリシーの基礎 最初に、ウェブサイトのプライバシー・ポリシーに関する基本事項を見ていこう。 どんなタイプのサイトにプライバシー・ポリシーが必要か? ユーザーから個人情報を収集、または、ユーザーを追跡・分析、または、個人情報を求める広告を表示する全てのウェブサイトおよびサービス。 このようなポリシーが必要な理由は? プライバシー・ポリシーはユーザーに以下のことを説明する: どのような情報を収集するか どのような方法で情報を収集するか どのように情報を保管するのか 収集する情報のタイプに違いはあるか? ある。多くのポリシーは、個人を特定できる情報と、個人的でない情報を分けている。 米国標準技術局(NIST)は、個人を特定できる情報というものを次のように定義している: 「特定の機関によって保持される個人に関する全ての情報で、以下のものが含まれる: (1)個人を特定し、追跡するために使用することのできる全ての情報。例えば、氏名、社会保障番号、生年月日、母親の旧姓、生体認証記録など。(2)特定の個人にリンクした、またはリンクさせることのできるその他の情報。例えば、医療、教育、財産、雇用などの情報。」 個人的でない情報は次のように定義される: 「特定の人物、アカウント、履歴等に対応する情報であっても、その情報の保有者がその人物を特定、連絡をとる、居場所を知る、などするには不十分な情報。」 例としては次のようなものが含まれる: ブラウザのタイプ ブラウザのプラグインの詳細 地域のタイムゾーン、現地時間 各ビジターのリクエストの日時(例:各ウェブページの来訪・退出日時) 言語の選択 参照サイト デバイス・タイプ(例:デスクトップPC、ノートPC、スマートフォン) 画面サイズ、色調、フォント 多くのユーザーは、その有効性を隠すためにブラウザの拡張機能を利用する個人的でない情報の共有を懸念している。また、VPNs は、ある種の個人的でない情報の共有を防ぐのに役立つ。例えば、VPNは、サイトを来訪した時刻やユーザーのタイムゾーンを隠すことができる。 プライバシー・ポリシーを掲載しなかった場合、法的処分があるか? ある。情報収集活動の内容をユーザーに説明せずにデータを収集すると、法律により罰せられることがある。また、ポリシーに記述されていないものを収集したり、ポリシーをアップデートせずに収集するデータを変更したりしても、罰せられる恐れがある。 オンライン・プライバシー・ポリシー~無料で使えるテンプレート ネットのプライバシー・ポリシーは、長く複雑なので、たいてい読まれない。実際、ある調査では、ユーザーが1年間に訪れるサイトのプライバシー・ポリシーを実際に読むには、1日8時間で30日かかると見積もっている。 複雑になりがちなのは、それが多数のユーザーのインターネット最大の懸念を取り扱っているからだ: つまり、データのセキュリティ、不正利用からの保護、そして個人のプライバシーである。そして、ネットのユーザーは、ますますプライバシーの問題に敏感になっているので、ウェブサイトのオーナーは、できるだけ明瞭かつ分かりやすくプライバシー・ポリシーを作成することが当然だと考えられる。以下の解説では、この文書の最も重要な部分について説明し、法律用語を省いた無料で使えるテンプレートを用意した。 ポイント #1: 情報収集 全てのポリシーは、サイトが収集する情報の種類と収集方法を明記すること。 ポイント #2: 情報の利用 情報収集について記述した後、サイトがその情報をどのように利用するかを説明する。Facebook は、2013年にプライバシー・ポリシーをアップデートしようとした際にトラブルになった。会社はポリシーの追加条項で利用者の個人データを18歳未満の未成年も含めて、広告目的で使用できるようにしようとした。 結局、Facebook は、監視団体が連邦取引委員会の注意を喚起したため、この条項を破棄した。2014年、Facebook は、法律用語を3分の2にカットした簡素な英語版プライバシー・ポリシーを発表した。 会社―とそのウェブサイト―は、利用者のデータを細心の注意を持って取り扱い、 個人を特定できる情報を第3者に決して売却しない 漏えい防止のため、データを匿名化また暗号化する データは期間を限って保存する ポイント #3: Eコマースとしての配慮 Eコマースサイト(ネットショップ)の場合は、ポリシーに決済処理の過程で収集されるユーザーの金銭的な個人情報に対する安全対策を記述する。この個人情報には、クレジットカード番号、社会保障番号(米国)、銀行口座番号などが含まれる。 ポイント #4: 第3者への情報開示 ウェブサイトと第3者との関わりについては、明確な記述があるべきである。理想を言えば、あなたのサイトは、法的制約がなくても個人を特定できる情報を売ったり共有したりすべきではない。個人的でない情報についても会社の方針を明確に説明すること。...