情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

Windows PCにおすすめの無料VPN 7選│高速・安全! 2022年

無料VPNの多くは、ユーザーデータを収集し、サードパーティに売却することで利益を得ています。責任を持ってデータを取り扱っている無料VPNでさえ、有料サービスと比べると安全性は劣ります。Windowsはもともとセキュリティが弱いことで知られており、Microsoft社も大量の個人情報を収集していますから、Windowsで無料VPNソフトを使うのは多くのリスクが伴うのです。

本記事では、70社以上のVPNをテストした結果をもとに、Windowsパソコンの安全を守るおすすめの無料VPNを厳選しました。無料VPNは「サーバーネットワークが限られている」「通信が遅い」「セキュリティ機能が少ない」などの欠点がありますが、この記事に掲載されている無料VPNなら、Windowsデバイスをしっかり守れます。

結論から言うと、パソコンにはExpressVPNが一番おすすめであることが分かりました。100%無料で使えるVPNだけをご紹介したかったのですが、ExpressVPNには無料VPNの欠点は一切ありません。高度なセキュリティ機能、大規模なサーバーネットワーク、超高速通信など、魅力が多いサービスなのです。安心の30日間返金保証もありますから、ExpressVPNをリスクなしで体験できます。返金保証を本当に守っているか試したところ、手続きは簡単で、3日後に返金されました。

今すぐリスクなしでExpressVPNを体験しましょう!

お急ぎですか?Windowsパソコンにおすすめの無料VPNはこちら!【2022 10月最新】

  1. ExpressVPN:軍レベルのセキュリティ機能でWindowsパソコンを保護。超高速でデータ通信量は無制限です。94か国に3,000台のサーバーがあり、リスクなしで体験できるのも嬉しいですね。
  2. CyberGhost:大規模なサーバーネットワーク、データ通信量は無制限。高度なセキュリティ機能があり、24時間無料トライアルで体験できます。
  3. Proton VPN:WindowsパソコンでVPNソフトを無料で利用でき、厳格なノーログポリシーを守っています。データ通信量は無制限ですが、無料サーバーはトレントに対応していません。
  4. Avira Phantom VPN:Windowsアプリは完全無料で操作しやすく、AES 256ビット暗号化で通信が保護されますが、キルスイッチはありません。
  5. hide.me:複数のセキュリティ機能でWindowsパソコンの通信を無料で保護できますが、動画配信サービスにアクセスするためには使えません。

他にもWindows PCにおすすめの無料VPN2社をご紹介!

今すぐリスクなしでExpressVPNをお試しください!

Windowsパソコンにおすすめの無料VPNを徹底分析【2022 10月更新】

1. ExpressVPN:揺るぎないセキュリティ機能でWindows PCの安全を確保

  • 通信量は無制限、超高速
  • 日本を含む94か国に3,000台のサーバー
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能な動画配信サービス:Netflix(米国版や英国版など)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Vudu、DAZN Japan、Abema TV、TVer、GYAO!、U-NEXTなど
  • アプリは日本語に対応
  • 24時間年中無休のライブチャットサポートは日本語OK。翻訳機能により、あらゆる言語でやり取りできます
2022年10月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは安全なWindowsアプリでパソコンのデータを守ります。AES 256ビット暗号化(最も安全な暗号化標準)を採用しており、VPNとの接続が途切れた場合、自動キルスイッチが安全を守ります。ExpressVPNはIPアドレス・DNS・WebRTC漏洩対策もあるので、データの流出を防げます。サーバーをテストした結果、データの流出は検出されませんでした。

Screenshot of leak tests done on ipleaknet while connected to ExpressVPN

ExpressVPNのサーバー10台でテストを行ったところ、すべて成功しました

OpenVPNやLightwayという独自プロトコルなど、複数のプロトコルが利用できます。オープンソースのOpenVPNは常に脆弱性の検証が行われており、一番安全なプロトコルと言えます。しかし、WindowsパソコンではLightwayがおすすめです。安全で(漏洩テストはすべて合格でした)、速度と安定性が最高です。LightwayではVPNに1秒以下で接続でき、ブラウジングや動画の視聴、トレント中にトラブルに遭遇することはありませんでした。

独立監査によって、ExpressVPNがノーログポリシーを遵守していることが実証されています。ExpressVPNのサーバーはRAMだけで実行しているので、再起動されるたびにユーザーデータは完全に削除されます。これはとても素晴らしいことです。また、ExpressVPNの本社は英国領ヴァージン諸島にあります。同国は5・9・14アイズ同盟に加盟していないので、ユーザーデータの開示請求をされても、ExpressVPNは応じる義務はありません(もともとデータを保持していないから、開示できません)。

ExpressVPNは超高速です。Windowsのノートパソコンでドイツ、フランス、イギリスのサーバーをテストしたところ、平均ダウンロード速度は67.5Mb/秒で、通信速度のベース値から2%しか低下しませんでした。アメリカの長距離サーバーでも平均速度は54.6Mb/秒でした。25Mb/秒以上であればUHD画質で動画を見られますから、高画質で映画を楽しめますね。通信量も無制限なので、高画質で動画を見たり、オンラインゲームをプレイしたり、大容量のトレントファイルをダウンロードしたりしても通信は遅くなりません。

世界94か国に3,000台のサーバーがありますから、Windows PCでブラウジング、動画の視聴、トレントを行うのに適したサーバーが確実に見つかります。テストでは14か国以上のNetflixライブラリにアクセスでき、海外旅行中にDisney+やHuluアカウントのブロックも解除できました。また、全サーバーがP2Pアクティビティに対応しています。ExpressVPNはネット制限が厳しい国(中国やトルコなど)でも利用できます。ただし、当サイトは違法行為を容認しません。VPNが規制されている国では、VPNの使用について現地のルールや法律をしっかり確認してください。

WindowsパソコンにExpressVPNを設定するのは簡単で、サクサク操作できます。わずか5分でVPNソフトのインストールが完了し、ワンクリックでサーバーに接続できました。設定で「起動時に開始」を有効にすることをおすすめします。そうすれば、パソコンを起動すると最速のサーバーに自動接続されるので、暗号化せずにネットに接続してしまうのを防げます。ExpressVPNはWindows 7以降に対応しており、Microsoft Edge用ブラウザ拡張機能もあります(ChromeとFirefoxの拡張機能も利用可能)。

さらに、Windowsで仮想ルーターを作成すれば、他のデバイスとVPN接続を共有できます。ExpressVPNの公式サイトに掲載されているガイドを参考にしたところ、10分で設定できました。ゲーム機やスマートテレビも、PC経由でVPNに接続できます。

どの通信をVPNに経由させるか選べる「スプリットトンネル」もあります。海外サーバーに接続し、一部の通信をVPNに経由させないように設定することで、国内コンテンツを閲覧しながらWindowsパソコンでHuluを見られるようになりました。

100%無料ではありませんが、ExpressVPNほど高性能の無料VPNソフトはありません。プランは30日間返金保証付きですから、ExpressVPNの有料機能をリスクなしで体験できます。満足できなければ、気軽に返金してもらえます。実際に、24時間年中無休のチャットサポートで返金をお願いしてみました。満足度についていくつか質問されましたが、すぐに返金が承認され、3営業日で全額が振り込まれていました。

リスクなしで今すぐExpressVPNを始めましょう!

2. CyberGhost:大規模なサーバーネットワークにより、Windows PCで海外コンテンツにアクセス

  • 通信量が無制限、超高速
  • 日本を含む91か国に9,294台のサーバー
  • 7台まで接続可能
  • ブロックを解除できる動画配信サービス:Netflix(日本、米国、英国など、多数のライブラリ)、Disney+、HBO Max、Hulu、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオなど
  • ほとんどのアプリが日本語に対応(Windowsアプリを除く)
2022 10月割引:CyberGhostの一番人気のプランが現在82%オフに!こちらのオファーを今すぐご利用になり、お得でCyberGhostのプランをお楽しみください。

CyberGhostのサーバーネットワークは感心してしまうほど大規模です。Windows用VPNソフトで91か国に設置された9,294台のサーバーに接続できます。24時間無料トライアルで大規模なサーバーネットワークを体験できます。時間制限はありますが、機能やサービス内容は有料版と同じです。ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨークのサーバーをテストしたところ、アメリカ版NetflixとHuluのアカウントに確実にアクセスできました。各サーバーに目的別のラベルが付いているので、ブラウジングや動画の視聴、トレントなど、ニーズに合ったサーバーが簡単に見つかりました。

Screenshot of CyberGhost's server network highlighting the optimized server categories

無料トライアルでNoSpyサーバーは使えませんが、トレント、ストリーミング、ゲーム向けの専用サーバーが利用可能です

ストリーミングサーバーも、普通のサーバーも、膨大な数のコンテンツのブロックを解除できます。通信が速く、帯域は無制限なので、ドラマを再生中にラグは発生しません。Netflixで「ピーキー・ブラインダーズ」を再生中、平均ダウンロード速度は44.5Mb/秒でした(35%の速度低下)。ExpressVPNほど高速ではありませんが、Windows PCでHD画質の動画を見るのに十分な速さです(5Mb/秒以上であればHD画質で見られます)。

AES 256ビット暗号化とIP・DNS漏洩対策により、安全性の高いVPNとなっています。部外者がオンラインアクティビティを盗聴するのはほぼ不可能です。さらに、CyberGhostはWireGuard、OpenVPN、IKEv2など、複数のセキュリティプロトコルを提供しています。特にWireGuardがおすすめです。安定性が高く、Windowsパソコンで行ったスピードテストで最速でした。

CyberGhostなら、プライバシーを気にせずWindowsデバイスを使えます。本社は14アイズ同盟に非加盟のルーマニアにあり、自社所有のNoSpyサーバーも提供しています(45日間返金保証でNoSpyサーバーを体験できます)。NoSpyサーバーは、CyberGhostの本社にあり、立ち入れるのはCyberGhostの職員だけです。中間業者に干渉されないので、安全を強化できます。

Windowsアプリにはプライバシーの強化に役立つ広告・トラッカー・マルウェアブロック機能もあります。ブロッカーを使うことで、広告企業によるデータの収集やターゲティング広告の配信を防げます。

CyberGhostのWindowsアプリは設定しやすいのもポイントです。5分以下でVPNソフトのダウンロードとインストールが完了しました。なお、Windows用VPNソフトはWindows 7以降に対応しています。

24時間無料トライアルでCyberGhostを無料体験してみましょう。NoSpyサーバーが利用できないことを除き、CyberGhostの有料版の全機能をお試しできます。45日間返金保証で試すこともできます。実際に返金をお願いしてみました。CyberGhostを43日間使ったあと、24時間年休無休のライブチャットで払い戻しをリクエストしたところ、すぐに返金が承認され、4日後に振り込まれていました。

CyberGhostを無料で始めましょう!

3. Proton VPN:通信量が無制限なので、Windowsパソコンでいくらでもブラウジングできる

  • 通信量は無制限、高速
  • 3つの無料サーバーロケーション
  • 1台のデバイスを接続可能
  • ブロックを解除できるサービス:Netflixオリジナル作品、YouTube、Spotify、Facebook、Instagram、Kodi

Proton VPNの無料VPNは、データ通信量が無制限なので、Windowsパソコンで使用中に通信量を使い切ってしまうことはありません。無料VPNは月当たりの通信量が500MB~10GBに制限されていることがほとんどですから、嬉しいですね。アメリカとオランダの無料サーバーをテストしたところ、36.6Mb/秒を下回ることは一度もありませんでした。VPNに接続していないときと比べ、47%低下しました。素晴らしいとは言えませんが、バッファせず動画を見るのに十分な速度です。

データを監視から守る高度なセキュリティ機能もあります。例えば、AES 256ビット暗号化、IP・DNS漏洩対策、キルスイッチ、複数のセキュリティプロトコル(OpenVPNを含む)などが挙げられます。主な動画配信サービス(HuluやHBO Maxなど)のブロックは解除できませんが、スプリットトンネルを活用すれば暗号化したい通信を指定できるので、動画配信サービスには普段の通信を使えます。

さらに、Proton VPNはパーフェクトフォワードシークレシーでセキュリティを強化しています。Windows PCを新しいサーバーに接続するたびに暗号化キーが変わるので、セッションの暗号化キーをハッカーに知られたとしても、過去のセッションや今後のセッションを解読されることはありません。

厳格なノーログポリシーを守っていますから、プライベートデータの安全をしっかり確保できます。さらに、Windowsアプリはオープンソースなので、常に改善されています。本拠はスイスにあるので(機密情報の共有を合意した多国間協定「5・9・14アイズ同盟」に非加盟)、Proton VPNが他の加盟国と個人情報の共有を強制されることはありません。まとめると、Proton VPNはプライバシー保護に最適な無料VPNの1つと言えます。

Screenshot of Proton VPN's logging policy highlighting what information it doesn't store

Proton VPNは2019年にログの開示を命令されましたが、もともとログを保持していないため、応じられませんでした

無料サーバーは日本、アメリカ、オランダに100台以上あります。他社の無料VPNと比べるとサーバーは多めですが、3か国にしかありません。また、無料サーバーはトレントに対応していないものの、Netflixにはアクセスできます(Windowsのノートパソコンで実証済み)。無料サーバーがある全3か国のNetflixオリジナル作品を見られましたが、コンテンツの地域制限は回避できず、Netflix以外の人気動画配信サービスにもアクセスできませんでした。

ネイティブアプリはWindows 7に対応しており、設定は簡単です。アプリをダウンロードし、インストールが完了したら、「クイックコネクト」をクリックするだけで最速のサーバーに数秒で接続できます。

なお、無料プランに登録するにはメールアドレスを入力する必要があり、Proton VPNは24時間年中無休のカスタマーサポートはありません(メールで問い合わせなければなりませんでした)。

Proton VPNを無料で始めましょう!

4. Avira Phantom VPN:アプリは使いやすく、すべてのWindowsパソコンを保護

  • 通信量は月当たり1GBで、ある程度高速
  • サーバーを1か所に設置
  • 接続台数は無制限
  • ブロックを解除できるサイト:国内サイトのみ(無料プランで接続できるのは直近のサーバーのみ)
  • アプリは日本語に対応

Avira Phantom VPNのネイティブアプリは使いやすく、Windows 7以降に対応しています。Windowsのノートパソコンにインストールしたところ、4分で完了しました。設定は簡単で、「secure my connection」ボタンをクリックするだけでサーバーと接続できました。Aviraは同時接続数が無制限なので、デバイスを何台でも接続できます

このVPNはオンラインデータを守るためにセキュリティ機能が複数ありますが、キルスイッチはありません。プロトコルはOpenVPNとIKEv2から選ぶことができ、軍レベルのAES 256ビット暗号化を採用しています。Windowsパソコンでデータ漏洩テストを行った結果、IPアドレス、DNS、WebRTCの流出は検出されませんでした。しかし、キルスイッチがないので、VPNとの接続が途切れるとデータは危険にさらされてしまいます(また、月当たり1GBの通信量を使い切ってしまうと、データは保護されません)。

Screenshot of Avira Phantom VPN's app highlighting the auto-connect VPN for WiFi networks feature

画面右上の歯車アイコンをクリックすると、設定タブが表示されます

厳格なノーログポリシーがありますが、本拠地はプライバシーに配慮した国ではありません。ブラウジング履歴やIPアドレス、個人情報はWindowsパソコンから収集されないので、プライバシー保護には役立ちますが、本社は14アイズ同盟の加盟国であるドイツに位置しています。

Avira Phantom VPNは満足できる速さです。Windowsパソコンでスピードテストを行ったところ、平均ダウンロード速度は32Mb/秒で、54%の速度低下となりました。速度とセキュリティ機能を検討すると、Aviraはトレントに便利なVPNとなり得るかもしれませんが、通信量は月当たり500MBに制限されていますし、メールアドレスで登録しても1GBしか通信できません。このVPNはP2P接続をサポートしていて、100MBのファイルを1分でダウンロードできましたが、通信量制限により、大容量のトレントファイルはダウンロードできません。

接続できるサーバーは1台だけです(「Nearest location」機能を使う必要があります)が、Windowsパソコンで個人情報を守るのに役立つVPNであると言えます。サーバーネットワークは小規模で、無料版でカスタマーサポートは利用できません。

今すぐ無料でAvira Phantom VPNを始めましょう!

5. hide.me:複数の強固なセキュリティ機能でWindowsパソコンを保護

  • 通信量は月当たり10GBで、ある程度高速
  • 無料サーバー地点は5か所
  • 1台のデバイスを接続可能
  • ブロックを解除できるサービス:Netflix、YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
  • アプリは日本語に対応
  • 24時間年中無休のライブチャットサポートは日本語OK。自動翻訳機能があるので、あらゆる言語でチャットが可能

個人情報はhide.meの強力なセキュリティ機能で保護されます。複数のセキュリティプロトコル(OpenVPNを含む)、256ビット暗号化、スプリットトンネル、IP・DNS漏洩対策、キルスイッチなどが提供されています。また、ステルス・ガード(Stealth Guard)を活用すると、データ通信量を節約できます(月当たりの通信量は10GB)。Windowsパソコン上のアプリがインターネットに接続するのをブロックすることで、帯域の無駄を防ぐ機能です。

hide.meの通信速度はまあまあでした。Windowsパソコンで5台の無料サーバーを試した結果、平均ダウンロード速度は23.4Mb/秒で、普段の速度より66%遅くなりました。通信量制限も考えると、ラグが発生することなくHD画質で動画を約3.5時間見られるはずです。

Screenshot of Netflix player streaming Don't Look Up unblocked with hideme's free plan

HD画質で映画を見るのに十分な帯域で、途中で再生が止まることもありませんでした

hide.meは厳格なノーログポリシーはありません(割り当てられるIPアドレスと、VPNのユーザー名を保存されます)が、データは匿名化され、数時間ごとに削除されます。さらに、本拠地は14アイズ同盟に非加盟のマレーシアにあります。Windowsアプリは加入・登録不要で使えるのも気に入りました。hide.meに個人情報や連絡先情報を知られる心配はありません

hide.meのWindowsソフトは、Windows 7以降に対応しています。残念ながら、同時接続台数は1台で、無料版はルーターに設定できません。Amazon Fire TV用のネイティブアプリもありますが、ルーターに対応していませんから、ゲーム機やその他のスマートテレビでは使えません。

無料サーバー地点はカナダ、オランダ、アメリカ東・西海岸、ドイツの5か所です。すべてP2Pに対応しているのでトレントをダウンロードできますが、通信は遅めです。残念ながら、無料サーバーは動画配信サービスのブロックを解除できるとは限りませんが、Netflixにはアクセスできました

無料VPNとしては珍しく、24時間年中無休のチャットサポートが利用できます。無料ユーザーなのに担当者は親切に詳しく回答してくれました質問に答えてくれました。

無料でhide.meを始めましょう!

6. Hotspot Shield:P2P対応なので、Windowsパソコンで安全なトレントが可能

  • 通信量は月当たり15GB、速度はまあまあ
  • 無料サーバーは1台
  • 1台のデバイスを接続可能
  • ブロックを解除できるサービス:YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
  • 日本語のチャットは加入者のみ利用可能(Hotspot Shieldのチャットには自動翻訳機能があるので、サポート担当者とやり取りできます)

Hotspot ShieldはP2Pファイル共有に対応しており、Windowsパソコンで軽いトレントファイルをダウンロードするのに十分な速度です。テストで平均速度は21.4Mb/秒となり、500MBのファイルを5分以下でダウンロードできました。残念ながら、アメリカ1か所のサーバーにしか接続できません(私は西ヨーロッパにいるので、5,000キロ以上も離れています)。Hotspot Shield独自の「カタパルト・ヒドラプロトコル」は、長距離接続を高速化するために設計されていますが、やはりベース値より69%も遅くなってしまいました。

Hotspot Shieldにはキルスイッチ、AES 256ビット暗号化、IPアドレス・DNS漏洩対策が備わっています。Windowsパソコンでテストを行った結果、データ漏洩は一切検出されず、データをしっかり守れることが分かりました。保護されていないWi-Fiで通信が常に暗号化されるように、公共Wi-FiではVPNに自動接続するよう設定しましょう。

Hotspot Shieldのログ方針は少し気になります。帯域使用量とVPNセッションの継続時間が記録されるからです。データはすべて匿名化されますが、より安心のプライバシー方針がある無料VPNは他にあります。

Hotspot ShieldのWindowsアプリは登録・加入せずに使えるのが気に入りました。連絡先情報や支払い情報を一切知られずにVPNを使えるわけです。Windows用VPNソフトはWindows 7以降に対応しており、操作しやすく、サーバーにワンクリックで接続できます。ただ、無料版ではライブチャットで問い合わせられませんから、カスタマーサポートは不満が残ります。

月当たりの通信量は15GBですが、1日に500MBしか通信できません。データをすぐに使い切ってしまい、HD画質の動画を見ることはできませんでした。しかし、Windowsパソコンでメールの確認、SNSへの投稿、音楽ファイルのダウンロードを行うためには十分でしょう。

Hotspot Shieldを無料で始めましょう!

7. TunnelBear:使いやすく、サーバー地点が多い

  • 通信量は月当たり500MB、比較的高速
  • 日本を含む48か国に2,600台の無料サーバー
  • 5台まで接続可能
  • ブロックを解除できるサービス:Netflix、YouTube、Spotify、Facebook、Instagram
  • Android・iOSアプリは日本語に対応

TunnelBearのアプリは使いやすく、ワンクリックでサーバーに接続できます。Windows 7以降に対応しており、5分でインストールが完了しました。さらに、他社の無料VPNと比べ、サーバー数が多いのも注目ポイントです。48か国に2,600台のサーバーがありますから、近くのサーバーに接続してより高速な通信が期待できます。

Windowsパソコンのデータを守るセキュリティ機能もあります。TunnelBearは、自動キルスイッチ、IPアドレス・DNSの漏洩対策、AES 256ビット暗号化、GhostBear(制限されたネットワーク向けの難読化機能)を提供しています。不安定な接続では、Windowsアプリの設定で「TCP Override」をオンにするのがおすすめです。安定性の高いトンネリングプロトコル(TCP)の使用を強制することで、安定性をアップできます(速度は少し低下しますが)。

Windowsパソコンのプライバシー保護も万全です。TunnelBearはしっかりしたノーログポリシーがあり、セキュリティ企業の独立監査でポリシーを守っていることが実証されています。なお、TunnelBearの公式サイトを閲覧するとブラウザにCookieが保存されることもありますから、アプリのダウンロードが完了したらCookieを削除しましょう。

残念ながら、近近距離サーバーでも通信は遅く、長距離サーバーに切り替えると速度がさらに低下してしまいました。Windows PCで近距離サーバーをテストしたところ、平均速度は15.6Mb/秒で、VPNに接続していないときと比べ、77%の速度低下です。アメリカと日本の長距離サーバーでは、平均で10.14Mb/秒に落ち込んでしまいました。直近のサーバーでなければ、使い物にならないほど遅くなってしまいます。幸い、TunnelBearのサーバーでアメリカ版Netflixにアクセスできることが分かりました

残念ながら、月当たりの通信量は500MBに制限されているため、Windowsパソコンで動画を見るためには適していません。しかし、TunnelBearにツイートすると、当月の通信量が1GB追加されます。

TunnelBearを無料で始めましょう!

【比較表】Windowsパソコンにおすすめの無料VPN

Windowsパソコンにおすすめの無料VPNの特徴を比べてみましょう。

速度 月あたりの通信量 ログ方針 サーバー 登録 対応しているWindowsバージョン Windowsアプリは日本語に対応?
 ExpressVPN 超高速 無制限 ログの記録は一切なし 94か国 7、8、10、11
CyberGhost 超高速 無制限 ログの記録は一切なし 91 か国 7、8、10、11 ×
Proton VPN 普通 無制限 ログの記録は一切なし 3か国 7、8、10、11 ×
Avira Phantom 高速 1GB(登録しない場合は500MB) 匿名のログを記録 1か国 不要 7、8、10、11
hide.me 高速 10GB 匿名のログを記録 5か国 不要 7、8、10、11
Hotspot Shield 高速 15GB

(1日当たり500MB)

匿名のログを記録 1か国 不要 7、8、10、11 ×
TunnelBear 普通 500MB 匿名のログを記録 48か国 7、8、10、11

リスクなしでExpressVPNをお試しください!

Windowsパソコンに最適な無料VPNの選び方

Windowsにおすすめの無料VPNをランキングにまとめる際、次のような項目を評価しました。無料VPNを選ぶ際の参考になれば幸いです。

  • 本当に無料
    完全無料で使える、あるいは安心の返金保証があるVPNをご紹介しました。
  • 高度なセキュリティ機能・プライバシー機能
    この記事に掲載されているVPNはすべて、AES 256ビット暗号化とIPアドレス・DNS漏洩対策を備えています。また、各社のログ方針を読み、個人を特定できる情報を保持しないことを確認しました。
  • 速度が速く、通信量が十分
    各社VPNのデータ通信量の制限をチェックし、スピードテストを行い、速度が低下せずに、一定の時間インターネットを閲覧できるか調べました。複数の無料サーバーがあるVPNを選ぶと、より高速な通信が期待できます。
  • トレントに対応
    この記事に掲載されているVPNは、トレントに対応しているものがほとんどです。トレント向けの無料VPNをお探しの方は、無料サーバーでP2P共有が許可されているか確認しましょう。
  • 一部の動画配信サービスのブロックを解除できる
    無料VPNは動画配信サービスのアクセス制限を回避できないことが多いですが、この記事では、少なくともNetflixのブロックを解除できる無料サービスをいくつかご紹介しました。
  • 手厚いサポート体制
    質問がある場合、カスタマーサポートに簡単に問い合わせられることを確認しました。24時間年中無休のライブチャットが理想ですが、すべての無料VPNがチャットサポートを提供しているわけではありません。

今すぐリスクなしでExpressVPNを体験しましょう!

【ご注意】無料VPNに潜む危険

Windows向けの無料VPNは、ネット上の安全を脅かすものがほとんどです。無料VPNならどれでもいいわけではありません。危険な無料VPNもありますから、レビューを読み、しっかり調べることが大切です。安全な無料VPNを簡単に選べるよう、この記事では、安全性が確認できた無料VPNだけをご紹介しました。

多くの無料VPNには、次のような危険が潜んでいます。

  • 無料VPNはユーザーデータを収集し、売り渡すことがある。
    無料VPNの多くは、ユーザーの個人情報をサードパーティに売却することで利益を得ています。常にオンラインデータを守るために、ノーログポリシーを厳しく守っているVPNを選びましょう。
  • 無料VPNはセキュリティ機能が弱いため、データが漏洩する恐れがある。
    無料VPNは、セキュリティプロトコルをアップデートする経費がないことが多いため、IPアドレスやDNSなどのデータが流出するリスクがあります。さらに、キルスイッチや軍レベルの暗号化など、必須のセキュリティ機能がないことも珍しくありません。
  • 無料VPNを使うと、マルウェアやウイルスが感染することがある。
    無料VPNのアプリに、マルウェアやウイルスが埋め込まれていることもあるので注意が必要です。さらに、無料VPNは広告収入で運営されていることがほとんどなので、大量の広告が表示され、ウイルスに感染するリスクが高まってしまいます。

おすすめしない無料VPN

以下の無料VPNは安全ではありません。ユーザーデータを部外者と共有したり、アプリにマルウェアやウイルスが含まれていたりしますから、避けてください。

  • Hola Free
    Hola社の無料VPNはかなり人気がありますが、VPNではなく、ピアツーピアネットワークです。つまり、あなたのIPアドレスを他のユーザーに使われてしまいます。他人があなたのIPアドレスを使って違法行為を行う恐れがあり、もしそうなった場合、あなたが犯人だと疑われてしまいます。
  • CrossVPN
    この無料VPNは、10個以上のセキュリティソフトによって安全でないと判定されました。デバイスをマルウェア(特にトロイの木馬ウイルス)に感染させることで知られています。
  • TurboVPN
    ターゲティング広告とトラッカーだらけです。このVPNは、ユーザーデータを収集し、サードパーティと共有しています。
  • Betternet VPN
    アプリに多数のマルウェアが埋め込まれていることが発見されています。さらに、個人情報(閲覧したドメイン、位置情報、使用中のデバイスなど)のログを保持されます。

クイックガイド:Windowsパソコンに無料VPNを設定する方法

  1. 無料VPNをダウンロードしましょう。ExpressVPNが一番おすすめです。サーバーネットワークが大規模で、高度なセキュリティ機能があり、超高速です。完全無料ではありませんが、安心の30日間返金保証があります。
  2. サーバーに接続します。できるだけ高速にするために、近くのサーバーに接続しましょう。
  3. ブラウジングを始めましょう!これでWindowsパソコンで安全にブラウジングできるようになりました。

今すぐリスクなしでExpressVPNを体験しましょう!

Windowsパソコンにおすすめの無料VPNについてよくある質問

無料のWindows用VPNは安全ですか?

Windowsにおすすめの無料VPNの中には安全なサービスもいくつかありますが、サービス内容はかなり限られています。Microsoft Storeから入手できる無料VPNの多くは、セキュリティ機能が弱く、ユーザーデータを売り渡して利益を得ている悪質なケースもあります。このランキングでは、最も安全なWindowsパソコン向け無料VPNを厳選しましたから、無料VPNにプライベートデータを収集・売却される心配はありません(マルウェアもありません)。

ただし、安全な無料VPNでも、注意すべきことがあります。優れたセキュリティ機能があり、ノーログポリシーを守っていることが実証されている無料VPNもありますが、「サーバー数が少ない」「通信が遅い」「ブロック解除力が低い」「1台のデバイスしか接続できない」などの欠点があります。

P2P・トレントに対応しているWindows用無料VPNはありますか?

ありますが、通信量が制限されており、通信が遅く、セキュリティ機能が弱いなどの理由から、無料VPNの多くはトレントにあまり向きません。この記事では、P2Pに対応している優れた無料VPNをご紹介しました。すべての無料VPNがトレントに対応しているわけではありませんから、しっかり確認してから選びましょう。また、通信量が制限されていることが多いので、ファイルをダウンロードするのに十分な通信量かチェックしてください。毎月500MBしか通信できない無料VPNもあり、これではドラマを1話見ることもできません。

登録不要のWindows用無料VPNはありますか?

はい。プランに加入せずに使える無料VPNはいくつかありますこの記事では、メールアドレスさえ入力せずに使える無料VPNが3社掲載されています。「プライバシーを優先したい」「個人情報を入力せずに無料アプリをダウンロードしたい」という方におすすめです。

通信量が無制限のWindows用無料VPNはありますか?

はい。Windowsソフトの通信量が制限されていない無料VPNはいくつかあります。この記事では、通信量が無制限のVPNをいくつかご紹介しました。Proton VPNは、データ通信量の上限がない無料VPNとして一番おすすめです。ただし、他の無料VPNと同様に、通信量以外の欠点があります。Proton VPNの場合、サーバーネットワークが小規模で(無料サーバーは3か国に100+台しかありません)、速度が遅いのがデメリットです。

Windows 10にはVPNが搭載されていませんか?

Windows 10でVPN接続を手動設定することは可能ですが、VPN自体は搭載されていません。手動接続ではキルスイッチやスプリットトンネル、複数のセキュリティプロトコルなどの高度な機能がありませんから、おすすめしません。また、サードパーティのVPNサービスに加入しなければ手動設定できません。さらに、接続するたびに設定しなければならず、かなり不便です。結局はVPNサービスに加入しなければならないのですから、VPNアプリを使った方がよいでしょう(手動設定しなくて済みます)

無料VPNの使用は合法ですか?

お住まいの地域の法律によります。オンラインデータを保護するためにVPNを使用するのは、ほとんどの国で合法です。VPNの使用が禁止・規制されているのは一部の国(中国、ロシア、北朝鮮、オマーン、イラク、イランなど)だけなので、そのような国でVPNを使う場合は、事前に国の規則を調べておきましょう。なお、VPNを使ったとしても違法行為が合法になるわけではありません。vpnMentorでは、違法行為のためにVPNを使用することを容認していません。

今すぐリスクなしでExpressVPNを体験しましょう!

今すぐWindowsパソコンを保護しましょう

無料VPNは安全でないことがあり、利益を得るためにユーザーデータが売却されることも珍しくありません。この記事では、信用できる無料VPNをご紹介しましたが、データ通信量に上限があったり、通信が遅かったり、広告が表示されてブラウジングや動画の視聴が妨げられるなど、それぞれ何らかの欠点があります。

そのため、ExpressVPNのような格安のプレミアムVPNをおすすめします。完全無料ではありませんが、軍レベルのセキュリティ機能を備え、データ通信量は無制限で、無料VPNでは見られないほど超高速です。安心の30日返金保証付きですから、ExpressVPNをリスクなしで体験しましょう。満足できなければ、気軽に返金してもらえます。

WindowsにおすすめのVPNはこちら!(返金保証付き)

ランク
プロバイダ
総合評価
価格
サイトへ
1
medal
9.8 /10
$6.67/
49% 引き!
2
9.8 /10
$2.29/
83% 引き!
3
9.6 /10
$2.19/
82% 引き!
4
9.4 /10
$3.33/
70% 引き!
5
9.2 /10
$2.00/
84% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。