情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

金盾テスト

特定のウェブサイトをチェックして、中国国内でブロックされているかを確かめる

のテスト結果

URLはブロックされています

このURLにアクセスできるサーバーはありません。中国で接続が制限されているようです。このページをシェアして、より多くの人にこのツールを知ってもらえるようにしてください

URLはブロックされています
接続エラー

エラーが発生したため、このURLが中国でアクセス可能か判定できませんでした。URLを再入力して「テスト」をクリックしてください。

接続エラー
URLはブロックされていません

中国国内でもこのURLにアクセスできます。このページをシェアして、より多くの人にこのツールを知ってもらえるようにしてください。

URLはブロックされていません
URLは全地域でアクセスできるわけではありません

中国の一部のサーバーはこのURLにアクセスできなかったため、このページにアクセスできない可能性があります。より多くの人がこのツールが使えるよう、このページを共有しましょう

URLは全地域でアクセスできるわけではありません

中国で自由にサイトにアクセスする方法

アドバイス:ほとんどのVPNは、金盾を回避するための高度な技術がないため、中国では利用できません。中国でVPNを使いたい場合、加入前に中国で利用できることを確認しましょう。

Result page
  • 1

    VPNをゲットします。当サイトの調査チームはExpressVPNを推奨しています。軍レベルの暗号化を採用しており、セキュリティ機能が優秀なサービスです。中国に入国する前に、すべてのデバイスにVPNを設定しておきましょう。入国してから政府に許可されていないVPNをダウンロードするのはほぼ不可能です。

  • 2

    難読化サーバーに接続します。難読化サーバーは、金盾を回避し、VPNの使用を隠すよう設計されています。例えば、Astrill VPNのステルスVPNは難読化技術を活用しているので、金盾はVPN通信と普通のネット通信を区別できません。PrivateVPNも似たような機能を提供しています。

  • 3

    制限なくブラウジングしましょう!お好きな国のサーバーに接続したら、自由にお気に入りのサイトを閲覧できるようになります。

金盾テストの仕組みは?

金盾テスト は、中国で特定のサイトがブロックされているか確認する無料ツールです。テストしたいサイトのURLをコピーし、上のテキストボックスに張り付けてください。すると、URLは中国各地のサーバーに送信されます。サーバーアプリはURLを開こうとし、結果をリアルタイムで知らせてくれます。

search

金盾テストに関してよくある質問

中国で規制されているサイトは?

中国で規制されている主要なサイトとして、Facebook、Instagram、Twitter、TikTok、YouTube、Twitch、Wikipedia、Gmail、Google、Reddit、WhatsApp、Spotify、国外のニュースサイトなどが挙げられます。中国で規制されているサイト一覧はこちらをご覧ください。

金盾を回避する方法は?

VPNを使えば、ネット上の位置情報を簡単に変更でき、あたかも他の場所からインターネットにアクセスしているかのように見せかけることができます。例えば、中国国内でVPNを使ってアメリカのサーバーに接続すると、アメリカでブラウジングしているように見えるので、お好きなサイトにアクセスできるようになります。

しかし、すべてのVPNが中国で利用できるわけではありません。どのVPNが金盾を回避できるか確認するため、当サイトではテストを毎日実施しています。こちらに掲載されているVPNを使うと、Facebook、Twitter、Instagram、TikTokなどにアクセスできます。

アドバイス:中国に旅行する場合は、あらかじめVPNをダウンロードしておきましょう。中国国内では、ほとんどのVPN企業のサイトがブロックされているため、入国してからダウンロードすることはできません。

中国で多数のサイトがブロックされている理由は?

中国政府は政治的な理由でネット上のコンテンツを検閲しています。金盾プロジェクトの一環として、中国企業が国際競争を心配しなくて済むように、多くのサイトやサービスがブロックされているのです。

中国政府は国内のインターネットサービスプロバイダと協力し、URLフィルタリング、DNSキャッシュポイズニング、IPブロッキング、ディープパケットインスペクションなどの高度な技術を使ってネット上のコンテンツをブロックしています。このような複雑な検閲システムは、金盾(中国のグレートファイアウォール)と呼ばれています。

つまり、中国ではFacebook、Google、Twitter、YouTube、WhatsApp、LINEなど、主要なサイトやアプリが利用できないわけです。しかし、中国でコンテンツにアクセスできるようにするVPNもありますから、国際的なニュースサイトやSNS、WhatsAppやLINEなどのメッセージアプリを普段通り使えるようになります。適切なVPNさえあれば、金盾テストで失敗したサイトにもアクセスできるのです。

このツールは役立ちましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。