情報開示:
アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

Cloak VPN vs
TunnelBear VPN vs
2021

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

 
 

どのVPNがよいのか?

ダニエル・クロン
ダニエル・クロン
サイバーセキュリティー研究者

Tunnel BearとCloakは複数の特徴や機能面で共通しています。両方とも無料トライアル期間やOpenVPNがあり、ソーシャルメディアでの宣伝を推奨しています。Cloakは複数の同時サーバー接続の制限を宣伝していません。それに対しTunnel Bearは5つ同時に接続できる特徴があります。Tunnel Bearの優れている点はプライバシー運動を支援しているということで、インターネットデータ保護運動に貢献しているということです。しかもCloakより格安ですがそれには裏があるのかもしれません。Cloakはソーシャルメディアを通して顧客にサービスに関して投稿すると報酬を与えるようになっています。さらにCloakは出接続の始めと終わりのログを保存しサーバー接続量に制限はありません。Tunnel Bearは帯域幅の使用料のログを保存しスパムを許可しています。両者とも5 Eyeの国の一部ですが、Tunnel Bearは倫理的なコピーを必要とせず完全公開を提供していません。どちらもプライバシーツールIO基準を満たしておらず、Tunnel Bearは旧式の暗号基準であっても接続を許可しています。サーバーとクライアントのブラウザ間の情報の共有に関して、SSL基準ではCloakが勝っていますが、大した違いではありません。ユーザーのプライバシーが保証されているわけではないため、両方とも完全に安全だとは言えません。Cloakは30日間の返金保証があるのが良いですが、セキュリティー保護が両者とも欠けているというのは考え物です。

 

レビュー

 

価格

 
 

 結論

ダニエル・クロン
ダニエル・クロン
サイバーセキュリティー研究者

Cloakは良質な商品ですがアップル端末にしか対応していないことと、一部の使用ログを保存することでプライバシー保護が至らない部分があります。2商品のうち、Tunnel Bearの方が優れていますが、アップル端末だけを考慮した場合、同等でしょう。インストールが簡単でカスタマーサポートもよい評判があるTunnel Bearは年間プランを購入した場合、割引が適用されるため、低価格商品としておすすめです。

Interestingly, if you compare TunnelBear VPN with Ipinator VPN, which is our top ranked vpn, you'll see that TunnelBear VPN can learn a lot from Ipinator VPN. Compare TunnelBear VPN with Ipinator VPN