情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

• レビューガイドライン

vpnMentorで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

中国で使えるおすすめのVPN 6選│無料VPNも2社! 2022年

コロナウイルス最新情報:コロナウイルスの感染拡大が始まった頃から、中国政府はネット検閲を強化しています。ブロックされているサイトへのアクセスがこれまでになく困難になっていますが、不可能ではありません。2022 11月現在、ExpressVPNは中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避できます。リスクなしで体験してみましょう。

中国に旅行する場合、「どのVPNでもネット検閲を回避できるだろう」と思うかもしれませんが、中国のネット検閲は非常に厳しいため、役に立たないVPNがほとんどです。さらに、使うと危険なVPNもあります。普通のVPNだと、サーバーに接続できないこともあるほか、プライバシーが脅かされるリスクもあるのです。

また、中国のどの地域にいるかによって、使えるVPNが異なります。そこで、この記事では中国各地の調査スタッフに各社VPNを実際に試してもらい、本当に使えるサービスを報告してもらいました。

それによると、中国で使える一番おすすめのVPNはExpressVPNであることが分かりました。超高速で、世界クラスのセキュリティ機能があり、中国政府のVPN規制にも対抗できる高性能VPNです。安心の30日間返金保証でExpressVPNを体験してみましょう。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください!

ご注意!中国政府に公認のVPN以外は使用が禁止されていますが、そのようなVPNを使ったことで旅行者が罰せられた事例はありません。VPNを使ってもネット上で違法行為するのは絶対にいけません。中国でVPNを使う場合は十分注意してください。

お急ぎですか?2022 11月 に中国でおすすめのVPNはこちら!

  1. ExpressVPN:世界クラスのセキュリティ機能、厳格なノーログポリシー、中国で使うための特設サーバーなど魅力が満載(今なら49%オフで加入できます。)
  2. Astrill VPN:ネット検閲が厳しい国のために設計されたセキュリティ機能がありますが、料金は割高。
  3. PrivateVPN:StealthVPNを用いてネット規制を回避。揺るぎないセキュリティ機能がありますが、カスタマーサポートはまあまあです。
  4. TunnelBear:厳重なファイアウォールを回避して最速のサーバーに接続できますが、すべての動画配信サービスのブロックを解除するわけではありません。
  5. hide.me:揺るぎないセキュリティ機能で規制を回避。ただし、マルチホップ機能を使うと速度が低下します。
  6. VyprVPN:カメレオンプロトコルにより、中国でVPNが検出されにくくなりますが、仮想通貨では支払えません。

今すぐExpressVPNをお試しください!

中国で使えるおすすめのVPNを徹底分析【2022 年更新】

1. ExpressVPN:中国でサイトやサービスのブロックを解除するために最適化されたサーバー

  • 3,000台のサーバー。中国で使えるよう最適化されたサーバーあり
  • AES 256ビット暗号化、ノーログポリシー
  • 超高速通信
  • 利用可能なサービス:Netflix(アメリカ版やイギリス版などの人気ライブラリ)、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • 日本語に対応
2022年11月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

ExpressVPNは94か国に3,000台のサーバーがあり、中国で利用可能な特設サーバーも用意されています。特設サーバーはアメリカ、イギリス、日本、フランス、シンガポールに位置しており、確実に利用できるように定期的なメンテナンスが行われています。中国の調査スタッフがすべての特設サーバーに接続したところ、FacebookとWhatsAppに簡単にアクセスでき、NetflixとYouTubeも見られたそうです。できる限り高速になるように、中国に近い横浜とシンガポールのサーバーがおすすめです。また、難読化された通信を受信するように、プロトコルは「自動」に設定しましょう。

A screenshot showing that ExpressVPN's Yokohoma server unblocks Facebook in China

シンガポールとロサンゼルスのサーバーも、Facebookなど中国で規制されているサイトにアクセスできました

ExpressVPNは超高速なので、中国で快適にブラウジングできます。ロサンゼルスの特設サーバーに接続してスピードテストを行ったところ、平均ダウンロード速度は46.7Mb/秒となりました。遠くのサーバーでしたが、速度は10%しか低下せず、UHD画質でドラマを見るのに十分な速度でした。中国の同僚も同じサーバーをテストしたところ、似たような結果となったそうです。また、同僚によると、近距離サーバーだと速度は3%しか低下しなかったとのことです。ここまで速ければ、中国でも快適に動画の視聴やオンラインゲームを楽しめます。

揺るぎないプライバシー機能とセキュリティ機能により、中国で安全にインターネットサーフィンできます。すべてのアプリが日本語に対応しており、解読不可能なAES 256ビット暗号化で全サーバーの通信が保護されます。これは大手セキュリティ機能にも信用されている最高水準の暗号化です。ExpressVPNは監査済みのノーログポリシーを遵守しているため、データが記録されることは一切ありません。さらに、TrustedServer技術により、サーバーはRAMのみで実行されています。つまり、サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが削除されるのです。また、自動キルスイッチ(Network Lock)がIPアドレスとブラウジングデータの漏洩を確実に防ぎます。

ExpressVPNの唯一の欠点は、料金プランが割高であることです。一番安いのは$6.67/月の長期プランです。大幅割引やクーポンがありますから、今ならExpressVPNのプランに49%オフで加入できます

また、全プランが30日間返金保証付きなので、リスクなしですべての機能を体験できます。返金保証を守っているか確かめるために、30日以内に24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせました。なお、チャットでサポートに問い合わせると、翻訳ツールを使って回答してくれますから、日本語でも安心してやり取りできます。サービスの満足度について質問に答えたところ、2営業日後に返金されました。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. Astrill VPN:中国で安全にブラウジングするための特別なセキュリティ機能

  • StealthVPN、OpenWeb、Site Filter難読化機能
  • 軍レベルの暗号化、自動キルスイッチ、ログなし方針
  • 5台まで接続可能
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど

Astrill VPNはStealthVPNとOpenWebプロトコル(およびSite Filter機能)を使ってファイアウォールとサイトへのアクセス制限を回避します。中国の同僚は、通信を難読化するためにStealthVPNとOpenWebの両方を強く推奨しています。VPNの使用を隠すために設計されているので、検出されにくくなるからです。また、Site Filter(Smart Mode)を活用すると、中国で閲覧可能なサイトには中国のIPアドレスを、ブロックされているサイトにはVPNトンネルを使うことができます。

A screenshot showing Astrill's settings for StealthVPN

プロトコルによってAstrill VPNの設定が変わります。

Astrill VPNは106台のサーバーがあり、中国で使うために最適化されたサーバーもあります。特設サーバーは金盾を回避できるよう設計されており、中国在住の調査スタッフがすべて試したところ、確実にうまくいくことが分かりました。さらに、「Supercharged」とタグ付けされたサーバーもあり、通信を高速化したいときに役立ちます。MacBook Proで最適化されたサーバーを数台試した結果、GoogleとYouTubeに20秒以内でアクセスでき、中国の検索結果が表示されました。ExpressVPNほど高速ではありませんが、通信が大幅に遅くならずにブラウジングできました。

Astrill VPNは軍レベルの暗号化を採用し、キルスイッチもありますから、個人情報をしっかり守れます。暗号化標準は全プロトコルでAES 256ビット暗号化ですが、OpenVPNプロトコルでは192ビットまたは128ビット暗号化も選べるので、速度と安全性のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。最後の防衛策としてキルスイッチもあり、VPNとの接続障害が発生すると、ネット通信が完全に遮断されます。つまり、中国でインターネットを利用しても、個人情報が流出することは一切ないということです。

残念ながら、Astrill VPNはこのランキングで一番コストが高いVPNです。一番安いプランでも$8.33/月となっています。とは言え、今なら73%オフの割引キャンペーン中ですから、少し節約できます。また、独自IPアドレスや、速度を改善するVIPアドオンを追加購入することも可能です。

Astrill VPNは返金保証がないので、料金を支払ったが最後、払い戻してもらえないのは残念です。しかし、友達に紹介して有料プランに加入した場合、サービスを1か月間無料で利用できます。1か月の無料期間もサービス内容の制限はありません。

今すぐAstrill VPNをお試しください!

3. PrivateVPN:厳重なファイアウォールを回避できるよう設計されたVPN

  • Stealth VPNプロトコル
  • 63か国に200台のサーバー
  • DNS漏洩対策と自動キルスイッチ
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど

世界で最も厳重なファイアウォールやネット規制も、PrivateVPNのStealth VPN(ステルスVPN)で突破できます。中国のグレートファイアウォール(金盾)も回避できます。Astrill VPNのStealthVPNプロトコルと同様に、PrivateVPNの難読化機能を使うと通信が規制に引っかかりにくくなります。中国の同僚が難読化機能をテストしたところ、規制されているSNSや動画配信サイトにもアクセスできるようになったそうです。トグルをオンに切り替えるだけでStealth VPNが有効になるので、サーバーに接続するだけでサイトのブロックを解除できます。

Screenshots showing PrivateVPN's Advanced View screen where the Stealth VPN feature can be turned on

PrivateVPNのStealth VPNを活用すれば、中国のグレートファイアウォール(金盾)も回避できます

DNS・IPアドレス漏洩対策などのセキュリティ機能もありますから、DNSリクエストや本当のIPアドレスの流出を防げます。中国でインターネットを閲覧しても、ネットの利用状況と通信はしっかり保護されるわけです。Stealth VPNを有効にして5台のサーバーでデータ漏洩テストを実施したところ、データの流出は検出されませんでした。VPNとの接続が切れた場合にネット通信を遮断する「キルスイッチ」もありますから、データ漏洩を確実に防げます。

他のトップクラスのVPNと比べ、サーバーネットワークはやや小規模です(63か国に200台のサーバーがあります)。とは言え、香港や台湾、韓国など中国周辺にサーバーがいくつかあり、テストで安定して高速であることが分かりました。アメリカ(ニューヨークとバッファロー)のサーバーも、NetflixとHBO Maxのアクセス制限を確実に解除できました。

PrivateVPNの料金プランを調べたところ、$2/月~の長期プランが一番お得であることが分かりました。機能は短期プランと同じですが、長期的に使うなら長期プランの方がお得です。

30日間返金保証がありますから、PrivateVPNを完全無料で体験できます。本当に返金してもらえるか試したところ、きちんと全額が戻ってきました。24時間年中無休のライブチャットで返金をお願いところ、営業日後に全額が払い戻されました。

今すぐPrivateVPNをお試しください!

4. TunnelBear:GhostBear機能でネットワークの制限を回避

  • GhostBear(難読化機能)
  • 47か国に2,600台のサーバー
  • 無制限台まで接続可能
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • 日本語に対応(Androidは日本語に完全対応、iOSは一部対応)

TunnelBearのGhostBear機能(ゴーストベア)は、中国などネット検閲の厳しい国で規制を回避するために設計されています。この機能を使えば、暗号化された通信を普通の通信に見せかけることができ、実際のIPアドレスを隠しつつ、ネットワークの制限を回避できます。アプリの設定画面でオンにできます(iOSアプリを除く)。中国各地の調査スタッフがGhostBear機能を試したところ、VPNが検出されることは一度もなく、サイトのアクセス制限を簡単に回避できたそうです。

A screenshot of TunnelBear's app showing its GhostBear feature

GhostBear機能は、通信を難読化することで検出されにくくします

Fastest Tunnel(最速のトンネル)機能を使うと、中国で最速のサーバーに接続できます。直近のサーバーに接続されるので、データは長距離を移動しなくて済み、通信速度を改善できます。中国のスタッフが試したところ、台湾とシンガポールの近距離サーバーに接続され、安定して高速であることが分かりました(速度低下率は約18%)。また、サーバー一覧で「最速」を選び、ニュージーランドの近距離サーバーでスピードテストを行った結果、ダウンロード速度は43.8Mb/秒でした。HD画質で動画を見るためにVPNを使いたい場合、十分な速度が期待できます。

TunnelBearはセキュリティ機能・プライバシー機能もありますから、中国で安心してインターネットを利用できます。通信の盗み見を防ぐためにAES 256ビット暗号化を採用しており、VPNとの接続が切れた場合にネット通信を遮断する「VigilantBear」というキルスイッチもあります。Androidアプリは日本語に完全対応、iOSアプリは一部対応しています。また、ノーログポリシーは独立監査済みなので、中国でオンラインアクティビティを記録されることは絶対にありません(もちろん中国以外でもデータは記録されません)。

通信量が無制限の長期プランに$3.33/月で加入できます。短期使用に便利な1か月プランもありますが、日常的に使う予定なら年間プランがおすすめです。TunnelBearの無料版は無期限で利用できますが、月当たりの通信量は500MBだけなので、あまり役立ちません。動画を15分再生しただけでVPNが止まってしまいました。

残念ながら、TunnelBearは返金保証を提供していません。ただし、公式サイトによると、返金のリクエストにはケースバイケースで応じるそうです。

今すぐTunnelBearをお試しください!

5. hide.me:揺るぎないセキュリティ機能により、中国でデータをしっかり保護

  • AES 256ビット暗号化、ステルス・ガード、マルチホップ
  • 75か国に2,000台のサーバー
  • 10台まで接続可能
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • 日本語に対応

hide.meは世界クラスのセキュリティ機能がありますから、中国に旅行中も安全を確保できます。大手セキュリティ企業にも信頼されているAES 256ビット暗号化を採用しており、Stealth Guard(ステルス・ガード)はDNSとIPアドレスの漏洩を防ぎます。アメリカとイギリスのサーバーに接続し、ipleak.netでDNS・IPアドレス漏洩テストを行った結果、データ流出は検出されませんでした。中国に限らず、世界中どこでも他人にデータを盗み見られることはありません。

A screenshot showing that hideme passed my IP leak test

hide.meはDNSリクエストとIPアドレスをきちんと守ります

厳格なノーログポリシーも遵守していますから、中国でブラウジングデータが収集・保持されることはありません。個人情報のプライバシー保護も万全です。監視組織からデータの開示請求を受けても、hide.meはユーザーのオンラインアクティビティを記録していませんから、応じられません。個人情報と位置情報を誰にも知られないため、中国でプライバシーとセキュリティを強化できるわけです。アプリは日本語で表示できるのも素晴らしいでしょう。

hide.meはMultihop(マルチホップ)という機能で厳重なインターネット規制を回避します。数か所にVPN通信を転送することで、通信を乱雑な状態にして検出を防ぐ機能です。入口サーバーと出口サーバーを選ぶだけでマルチホップを作成できます。中国の調査スタッフがマルチホップ機能を試したところ、速度は安定していることが多かったそうですが、通信を2台のサーバーに経由させるため、速度が低下することもあるようです。

料金は$2.88/月~で、妥当でしょう。割引キャンペーンもありますから、最大72%オフで加入できます。さらに、毎月10GBまで通信できる無料プランもあります(クレジットカード・メールアドレス不要)が、動画は視聴できません。

また、30日間返金保証を活用すれば、hide.meの有料版を無料体験できます。返金保証を試すために、加入から30日以内にメールでサブスクリプションを解約しました。解約理由を説明するだけで、4営業日後に返金されました。

今すぐhide.meをお試しください!

6. VyprVPN:超高速通信で中国でも快適にインターネットが利用できる

  • 超高速
  • 70か国に700台のサーバー
  • カメレオンプロトコル
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • 日本語に対応

高速通信で快適にブラウジングできるよう、VyprVPNはサーバーネットワークを継続的に管理しています。帯域も無制限なので、インターネットを思う存分閲覧できます。アメリカとイギリスのサーバーを数台テストした結果、平均ダウンロード速度はそれぞれ37.5Mb/秒と36.2Mb/秒でした。中国在住の同僚も、HD画質で動画を見るのに必要な5Mb/秒を大きく上回る速度だったそうです。中国でもラグやバッファなしでコンテンツを楽しめます。

A screenshot of a speed test I conducted on Vypr's San Francisco server

VyprVPNは、中国で動画をHD画質で見るのに十分なスピードでした

VyprVPNが提供する「カメレオンプロトコル」は、中国のネット検閲を回避するために設計された高度な難読化技術です。VPN通信をスクランブリング処理することで、普通のHTTPS通信に見せかけることができ、検出されにくくなります。テスターによると、カメレオンプロトコルは中国でインターネットするためにとても役立ちますが、OpenVPNやL2TP/IPsecを選んでもOKだそうです。

VyprVPNはプライバシー機能もありますから、中国でインターネットを利用中もオンラインデータは安全です。ノーログポリシーがあり、部外者にネットの利用状況を見られません。また、本拠地はプライバシーに配慮したスイスです。VyprVPNは全サーバー全体を所有しているため、プライバシーと安全を一層強化できます。アプリは日本語で表示できます。

一番安いプランは$5/月で、長期プランがお得です。VyprVPNの欠点は料金プランが高めであることと、仮想通貨での支払いに対応していないことですが、クレジットカードやPayPal、Alipayでの支払いに対応しています。

30日間返金保証付きなので、VyprVPNの全機能を無料体験できます。本当に返金してもらえるか調べるため、30日間保証の終わり間近に返金をお願いしました。ニーズに合わなかったと伝えると、サポート担当者はすぐに解約手続きを開始してくれました。5営業日後に全額が振り込まれていました。

今すぐVyprVPNをお試しください!

【比較表】中国で使えるおすすめのVPN

この記事でご紹介した中国でおすすめのVPNの主な特長を表で比べてみましょう。中国のネット検閲を回避するのに必須である「難読化機能」と「ノーログポリシー」の有無をご覧になれます。難読化機能は、通信をスクランブル処理することでVPNの使用を隠す機能です。

ノーログポリシーがあれば、中国などでVPNを使ってもデータは一切収集・記録されませんから、プライバシー保護に必須です。

他にも、返金保証期間、対応OS、同時接続台数、一番安い月額料金など、中国向けVPNを選ぶ際の重要ポイントをまとめました。

VPN 最低価格(月額換算) 難読化 ノーログポリシー 返金保証期間 対応機器 同時接続台数 日本語に対応
 ExpressVPN $6.67/月 30日間 Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーターなど 5
 Astrill VPN $8.33/月 × Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーター 5 ×
 PrivateVPN $2/月 30日間 Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーター 10 ×
TunnelBear $3.33/月 ×(制限付きの無料版あり) Windows、macOS、Linux、iOS、Android 無制限 〇(Androidは日本語に完全対応、iOSは一部対応)
hide.me $2.88/月 30日間(制限付きの無料版も) Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーター 10
VyprVPN $5/月 30日間 Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーター 10

中国におすすめ第1位のVPNを体験しましょう!

中国で使えるVPNの選び方

グレートファイアウォールはどんどん強化されていますから、中国で使えるVPNを見つけるのも難しくなっています。できるだけ役立つおすすめ情報をお届けするために、当サイトの調査チームがVPNの重要な機能をテストし、結果を報告してもらいました

この記事をお読みいただけば、各社VPNがどのようなサービスを提供しているか、全体像を把握できるはずです。調査項目をご紹介します。

  • 中国で使えるサーバー
    金盾のような厳重なネット検閲を回避するには、中国で使えるサーバーがあるVPNを選ぶ必要があります。この記事では、中国在住の調査スタッフによって中国で安定して使えることが実証されたVPNをご紹介しました。
  • 難読化プロトコルまたは難読化設定
    VPN通信を普通の通信に見せかけることができます。難読化機能を有効にするとVPNの使用が検出されにくくなり、ネット検閲を回避しやすくなります。中国の調査チームによる徹底調査の結果、この記事に掲載されているVPNの難読化機能は確実にうまくいくことが分かりました。
  • 揺るぎないセキュリティ機能
    この記事では、軍レベルの暗号化、自動停止スイッチ(キルスイッチ)、DNS・IPアドレス漏洩対策があることを最低条件としました。これらの機能があれば、中国国内でデータ漏洩を防げるので、公共Wi-Fiネットワークも安心して利用できます。
  • ノーログポリシー
    ノーログポリシーとは、ネットの利用状況を記録しないことを保証する方針です。ノーログポリシーを守っているVPNなら、中国で確実にプライバシーを守れます。各社VPNのプライバシーポリシーを読み、厳格なノーログポリシーを遵守していることを確認しました。
  • 高速
    HD画質で動画を見るには5Mb/秒以上の通信速度が必要なので、この条件を大きく上回るVPNを選びましょう。中国の調査チームと協力して各社VPNの複数のサーバーでスピードテストを実施し、安定した高速通信を確保できるか検証しました。
  • 使いやすいアプリ
    VPN企業は中国で使えるVPNを提供するために特別な技術を導入していますが、設定しにくくなってしまうこともあります。このランキングでご紹介したVPNは操作しやすく、初めてでも簡単に使いこなせます。
  • 手厚いサポート体制
    必要なときにカスタマーサポートに気軽に問い合わせられるべきですね。このランキングに掲載されているVPNは、24時間年中無休のチャットやメールなど、複数のサポート窓口があり、よくある質問も充実しています。ただし、中国に出発する前にVPNをダウンロードするのを忘れずに。そうすれば、VPNに接続してからVPNの公式サイトにアクセスし、サポート記事を閲覧したり、カスタマーサポートにメールを送信したりできます。

【クイックガイド】中国でVPNを使う方法(3ステップで簡単!)

  1. VPNをダウンロードします。中国周辺に難読化サーバーがあるExpressVPNがおすすめです。入国前にインストールするのをお忘れなく。
  2. 難読化サーバーに接続します。難読化サーバーは、金盾を回避するために設計されています。ステルスモードを有効にするか、中国用サーバーに接続しましょう。分からない場合はVPNのカスタマーサポートに問い合わせてください。
  3. 中国で自由なインターネットをお楽しみください!プライバシーを守りつつ、お好きなサイトやサービスにアクセスできるようになりました!

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください!

中国でおすすめのVPNについてよくある質問

中国でVPNを使用するのは合法ですか?安全性は?

中国で合法なのは、政府公認VPNだけです。政府公認VPNは厳しく監視されているため、プライバシー保護には向きません。しかし、中国で使えるよう設計されたVPNもあります。中国で使えるVPNは、VPNの使用を隠す「難読化機能」があり、ユーザーデータは一切記録されません。

中国では、VPN技術とVPN企業の公式サイトが規制されているため、中国で認可されていないVPNにアクセスすることはできません(中国政府は非公認VPNを使用している旅行者を探し出そうとしているわけではありません)。中国ではVPN企業のサイトがブロックされていることがほとんどなので、入国前にVPNをダウンロード・インストールしておきましょう。また、法律を違反しないよう、VPNを使い始める前に中国でのVPNの使用に関する法律について最新情報を調べましょう。

中国でVPNが使えなくなったら?

まず、中国で使えることが実証されているVPNか確認しましょう。中国で使えるVPNでも、VPNサーバーが検出・規制されて使えなくなることがあります。しかし、中国でおすすめのVPNはサーバーを監視し、使えなくなったサーバーはすぐに更新されます。VPNが使えなくなった場合、以下の解決方法をお試しください。

  • VPNプロトコルを切り替える
  • 別のサーバーに接続する
  • VPNソフトをアップデートする
  • ポート433を使う
  • メールでカスタマーサポートに問い合わせる

中国ではVPNの公式サイトがブロックされていますから、サポート記事を読んだり、ライブチャットで問い合わせたりすることはできません。そのため、中国に出発する前にVPNプロバイダに問い合わせて、中国で使えるサーバーを教えてもらいましょう。また、トラブルに遭遇した場合に備えて、カスタマーサポートのメールアドレスを控えておくことをおすすめします。

中国にいる間にVPNをダウンロードすることはできますか?

通常、中国で政府に認可されていないVPNの公式サイトはブロックされていますから、ダウンロードできません。Torブラウザを使えばアクセスできるVPNサイト(ExpressVPNなど)もありますから、あらかじめTorブラウザを用意しておけばVPNをダウンロードできます。VPNの公式サイトだけでなく、Google Play StoreやAmazon Appstoreもブロックされているので利用できません。Apple App Storeは利用できますが、監視が厳しく、入手できるVPNアプリはごく少数です。中国に旅行する場合は、事前にVPNアプリをダウンロードしておきましょう。

無料VPNは中国で利用できますか?

できますが、中国で無料VPNを使うのは危険で不便です。中国で使える格安のプレミアムVPNを使う方が安全です(返金保証があるサービスを選びましょう)。

この記事では無料版を提供している安全なVPNを2社ご紹介しましたが、どちらも通信量が制限されています。上限に達してしまうと、データが公開されてしまいます(一般的に、無料VPNの通信量は毎月500MB~10GBまで)。

無料VPNは、安かろう悪かろうです。単なるSSL VPNブラウザ拡張機能であることが多く、金盾にブロックされてしまいがちです。また、インターネットの制限を回避するための「難読化機能」もありません。これは、中国で非常に重要な機能です。

中国で使えないサイトやアプリは?

中国では膨大な数のサイトやアプリがブロックされています。例えば、Facebook、Google(およびGoogleの全サービス)、YouTube、Instagram、Twitter、WhatsApp、Skype、ニューヨーク・タイムズ、WordPressは利用できません。欧米のソーシャルメディア、ニュースサイト、メディアサイトはほとんど利用できないわけです。中国に旅行中にこれらのサービスを利用したい場合、ネット規制を回避するための難読化機能があるVPNをダウンロードすることをおすすめします。

ほとんどのサイトは永久的にブロックされていますが、ある出来事が原因で一時的に規制されたサイトもあります。例えば、抗議行動や政治的にデリケートなことが予定されている場合は、ネット検閲が強化される傾向があります。結果的に通信速度が制御され、スピードが低下します。また、省によって検閲が異なる場合もあります。

香港では中国本土ほどネット検閲は厳しくありませんが、多くのVPNプロバイダは、中国の新しいデータセキュリティ法からユーザーを守るために、2019年に香港のサーバーを無効にしました。

中国でNetflixは規制されていますか?

いいえ、Netflixは中国で規制されていませんが、中国版Netflixは存在しないので、VPNを使わなければ中国でNetflixは見られません。中国で利用でき、Netflixの地域制限も回避できるVPNを選びましょう。また、中国では多くのVPNサイトがブロックされていますから、中国に出発する前にVPNをダウンロードする必要があります。

中国でソーシャルメディアは監視されていますか?

はい。中国ではWeChatやDouyin、QQ、WeiboなどのSNSが監視されています。プロフィールやメッセージ、投稿が監視されており、ネットショッピングの状況、映像監視、生体認証情報などのデータと組み合わされます。アカウント作成時に実名と個人情報を入力しなければなりませんから、どうしてもデータが記録されてしまうわけです。

中国ではFacebookやInstagram、WhatsAppなどのサイトやアプリが規制されているため、旅行者も利用できません。そこで、VPNを使えば、SNSのブロックを解除して閲覧できるようになります。ネットの利用状況が暗号化されるので、ブラウジングデータを追跡・監視されることもありません。

中国でGoogle PlayストアとApp Storeは使えますか?

Apple App Storeにはアクセスできますが、Google Playは不可能です。中国でApple App Storeも厳しく監視されており、中国以外で入手できるアプリの多くは入手できません。そのため、中国で使いたいアプリがある場合、入国前にダウンロードしておく必要があります。

特に、VPNアプリは禁止されていることが多いので、事前にダウンロードしておかなければ使えません。例えば、ExpressVPNとVyprVPNは2017年にApple App Storeから削除されてしまいました。中国でApp Storeにアクセスできても、ExpressVPNやVyprVPNなどのVPNサービスは配信されていません。VPNは入国前にダウンロードしましょう

中国でVPNを使うべき理由は?

中国でVPNを使うべき理由はいくつかあります。まず、中国のネット検閲は非常に厳しいため、GoogleやWikipedia、YouTubeなど、普段使っている多くのサイトが利用できません(SkypeやWhatsAppなどのSNSアプリも規制されています)。そこで、VPNを使えば、中国で規制されているサイトやアプリにもアクセスできます。VPNは特別な技術を用いて通信を暗号化するため、厳しいファイアウォールも回避できるのです。ハッカーは公共Wi-Fiで悪質な攻撃を行うことが多く、保護されていないユーザーは危険にさらされてしまいますが、VPNで暗号化すれば、旅行中も安心して公共Wi-Fiを使えます。

なお、中国では政府公認VPNしか使えません。とは言え、禁止されたVPNを使用した中国国民が罰金を科されたケースはありますが、このような事例はかなり珍しく、旅行者が罰せられたことはありません。

中国でVPNを使うと通信速度は低下しますか?

中国でVPNを使うと、速度はわずかに低下します。制限の厳しいネットワークでVPNを使うには、強力な暗号化を行わなければならないからです。VPNに接続すると、通信は難読化トンネルを経由します。通常より移動距離が長くなるため、速度が低下してしまうのです。なお、速度低下率は使用するVPNとサーバーとの距離に左右されます。

高速VPNを使い、近距離サーバーに接続すれば、速度は5~10%しか低下せず、「遅くなった」と感じられないはずです。速度が少ししか低下しなければ、動画の視聴やオンラインゲームなど、帯域使用量が多いアクティビティをするのに十分な速度となります。しかし、速度が50%以上低下するようなVPNを使うと、普段の速度が100Mb/秒以上でなければ高速通信は期待できません。この記事では速度低下率が20%以下であることが確認されたVPNをご紹介しました。

中国のグレートファイアウォール(金盾)とは?その仕組みは?

中国のグレートファイアウォール(金盾)とは、中国共産党によるネット検閲の施策・法律のことです。インターネットサービスプロバイダはすべてのネット通信をごく少数のアクセスポイントに制限しています。これにより、政府はすべての通信を監視でき、外国のサイトへのアクセスをブロックできるわけです。ネット検閲の手法として、次のようなものが挙げられます。

  • ディープパケットインスペクション
    接続を暗号化するVPNプロトコルのデータパケットを識別・ブロックします。
  • URLフィルタリング
    不審なキーワードを含むサイトなど、ネットワーク上のURLをブロックします。
  • VPNのIPアドレスとVPN企業のサイトの規制
    VPNサーバーのIPアドレスは共有であることがほとんどです。つまり、複数のユーザーが同じIPアドレスを使用しているため、検出・ブロックされやすいのです。また、VPNをダウンロードしにくくするために、中国ではVPN企業のサイトもブロックされています。中国でFacebookやGoogleなどのサイトにアクセスする必要がある場合、出発前にVPNを設定することをおすすめします。
  • DNSの改ざん
    特定のサイトをブロックするために、金盾がユーザーのDNSリクエストを傍受することを指します。

中国におすすめ第1位のVPNを体験しましょう!

今すぐ中国で使えるおすすめのVPNをゲットしましょう!

中国政府はVPNの取り締まりを強化しているため、信用でき、中国で使えるVPNを見つけるのは困難です。中国では政府公認のVPNしか使用できず、公認のVPNは政府によって厳しく監視されています。

中国で使えることが実証されているVPNを選びましょう。この記事でご紹介したVPNは、厳しく規制されたネットワークで使えるように、難読化機能が備わっています。機密データやプライバシーもしっかり保護できます。

中国に滞在する場合は、ExpressVPNがおすすめです。近隣国に複数のサーバーがあり、定期的にメンテナンスされていますから、安定して動作します。30日間返金保証もあり、リスクなしでExpressVPNを体験できます。満足できない場合、保証期間中に全額を返金してもらいましょう。

まとめとして、中国で使えるおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
総合評価
割引
サイトへ
1
medal
9.8 /10
49% 引き!
2
9.8 /10
73% 引き!
3
9.6 /10
84% 引き!
4
9.4 /10
67% 引き!
5
9.2 /10
72% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。