情報開示:
プロによるレビュー

vpnMentorでは、コミュニティのレビュアーによるレビューが含まれています。レビュアーは中立的かつ専門的な視点で製品・サービスを評価・調査しています。

• 関係会社

vpnMentorはKape Technologies PLCが所有する会社です。Kape Technologies PLCはCyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoも所有しており、当サイトではこれらのサービスのレビューも公開している場合があります。

• アフィリエイト報酬

vpnMentorのリンクから製品やサービスを購入した場合、当サイトは報酬を受け取ることがありますが、これがレビューの内容やレビュー対象の製品・サービスに影響を与えることはありません。当サイトの一部のリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

• レビューガイドライン

vpnMentorに掲載されているレビューは、プロが当サイトの厳格なレビュー基準に従って製品を検証して執筆したものです。このような基準は独立した専門的かつ誠実な検証を基にしたレビューであることを保証するものです。基準にはユーザーにとっての価値、製品の技術的能力、品質などが反映されており、これらの基準は当サイトにおける製品のランキングにも影響を与える可能性があります。

中国で使えるおすすめのVPN 8選【2021年】

コロナウイルス最新情報:コロナウイルスが流行し始めたころから中国政府はネット検閲を強化しています。サイトにアクセスするのが今まで以上に難しくなっていますが、不可能ではありません。2021年現在、ExpressVPNは中国のグレートファイアウォール(金盾)を回避でき、30日返金保証付きです。

日本から中国に旅行する場合、「どのVPNでもネット検閲を回避できるだろう」と思っていませんか?しかし中国のネット検閲はあまりにも厳しいため、役に立たないVPNがほとんどなのです。使うと危険なものもあります。中国で普通のVPNを使用すると、なかなか接続できないだけでなく、プライバシーを危険にさらしてしまう恐れさえあるのです。

VPNが使えるかというのは場所にも左右されます。そのため、当サイトでは中国各地に住んでいる専門の調査スタッフが定期的にVPNサービスを調査し、最新情報をレポートしてくれています。

それによると、今のところ中国に最適なVPNはExpressVPNだということが分かりました。通信がとても高速で、世界クラスのセキュリティ対策機能があり、中国政府のVPN規制にも対抗できるからです

お急ぎですか? 2021年に中国におすすめのVPNはこちらです

  1. ExpressVPN – 超高速通信でいつも確実に接続でき、業界最先端のセキュリティ対策機能があるので中国におすすめのVPNランキング第1位となりました(今なら49%オフでご利用いただけます)。
  2. Astrill VPN – ネット検閲の厳しい国のために設計されたセキュリティ対策機能がありますが、サーバー数は上位のVPNより少なめです。
  3. VyprVPN – サーバー数は比較的少ないものの、ダイナミックなサーバー切り替え機能で通信速度とセキュリティ対策をアップします。
  4. PrivateVPN – 多くのサーバーが中国にあるので通信が速いですが、合計サーバー数はあまり多くありません。
  5. Hotspot Shield – ネット検閲が厳しい地域でも高速通信を楽しめるよう、充実したセキュリティ機能がありますが、いくらかログを記録しています。

他にも中国におすすめのVPNを3つご紹介VPNの調査方法 | よくある質問 | 中国に出発する前にVPNについて知っておきたいこと

今すぐ中国におすすめのVPNをご利用ください!

中国のファイアウォールとは?

グレートファイアウォール(金盾)とは、中国の厳しいネット検閲のことです。中国国内ではGoogle、インスタグラム、YouTube、Netflix、ウィキペディアなど多数のサイトやアプリがブロックされています

中国政府はインターネットの使用を規制するために複雑な戦略を開発したため、公式名ではありませんが過去数十年間にわたってそう呼ばれているのです。法的な制限から高度な技術など、様々な方法で様々なサイトへのアクセスを規制しています。

この規制の目的は中国政府にとって有害な情報を取り締まるためです。このような取り組みが始まったのは数十年前に中国国民がインターネットを利用し始めたときでした。政府はすぐに規制を始め、現在、この規制はかなり複雑なものとなっています。

取り締まりはいつも変わり続けていますから、どのような仕組みになっているのかはっきり知っている人はいません。さらに、地域やインターネットサービスプロバイダによって規制が大きく違いますし、日によって異なることもあるので規制を回避するのはかなり困難です。

しかし日本から中国に旅行する場合、仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用することでグレートファイアウォールを回避できます

中国ではほとんどのVPNがブロックされているため、日本で使用できるVPNでも中国に行ったらうまく行かないということは珍しくありません。ですが、中国でも使えるVPNはいくつかあり、厳しいネット検閲にも対応できます。

当サイトでは定期的に厳しい調査を行って利用できることを確認しています。一番おすすめなのはExpressVPNです。トップクラスのVPNを使うと中国以外のサーバーに接続でき、ネット検閲を回避してブロックされているサイトやアプリを利用できるようになります。

また、データを暗号化して政府だけでなくハッカーやISPからも隠すため、プライバシー保護やセキュリティ対策にも役立ちます。

中国に旅行する場合はVPNが必要不可欠です。仕事で出張したり、旅行したりする場合は中国に入国する前に必ずVPNをインストールしておきましょう。また、最低2つのVPNを準備しておきましょう。2つあれば片方がブロックされても問題ありません。

今すぐ中国におすすめのVPNをご利用ください!

中国でVPNを使うことについて知っておきたいこと

VPNが中国で使用できるか日本で確認するのは簡単なことではありません。そこで、当サイトでは中国各地に住んでいる数人のテスターに依頼してチェックしてもらっています

テスターたちは頻繁にVPNを1つ1つ試して今でも正しく利用できるか確認しています。その結果を定期的送ってもらい、それを基にこの記事を更新しています。自信をもって中国でおすすめのVPNの最新情報を発信できているのはそのためです。

中国でおすすめのVPNについて見て行く前に、中国に入国する前にVPNをダウンロード・インストールしなければならないということにご注意ください。
グレートファイアウォールは大手VPNのサイトをすべてブロックしているからです。入国してしまってからではVPNをダウンロードできません。飛行機に乗る前にきちんと準備しましょう。

また、旅行する際は最低2つのVPNをダウンロードしておきましょう。旅行中に1つが失敗してしまっても、もう1つあれば安心です。地域によって利用できるVPNが異なりますし、今日はきちんと使えても、次の日にブロックされてしまう恐れがあります。

バックアップ用のVPNを使う必要があった場合、それを利用できるうちにもう1つVPNをダウンロードしておきましょう。

「前もって複数のVPNをダウンロードするのはお金がかかるからいや!という方もいるでしょうご安心ください。おすすめのVPNはすべて返金保証がありますから、突然使えなくなってしまったら全額返金してもらえば良いのです。

今すぐ中国におすすめのVPNをご利用ください!

中国におすすめのVPN―完全分析【2021 9月年更新】

中国各地の専門調査チームが行っている定期調査の結果を基に、現在中国におすすめのVPNをご紹介します

アドバイス:中国に滞在するのが1か月以下であれば、30日返金保証があるVPN(ExpressVPNなど)に加入すると良いでしょう。日本に帰ってきてから返金を請求すれば良いのです。

1. ExpressVPN―業界トップの通信速度、セキュリティ対策、安定性

  • 香港、日本、シンガポールを含め、94か国に3,000個以上のサーバー
  • 通信が超高速
  • 隠しサーバーでグレートファイアウォールを回避
  • ストレージはRAMで、セッションごとに全データを消去
  • AES 256ビット暗号化、停止スイッチ、DNS/IP漏れ対策
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、SHOWTIMEなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Chrome、Firefoxなど
  • アプリは日本語など多言語に対応
ExpressVPNの2021 9月最新割引 :こちらのオファーを使えば1年契約が無料で3か月延長されます!この割引の終了日は未定なので割引ページを確認して現在も利用できるかご覧ください。

中国で使えるVPNで一番おすすめなのはExpressVPNです。いつも通信がとても速く、高度なセキュリティ対策機能があり、便利な機能がたくさんあるのでほかのVPNサービスより一歩先を進んでいます。

まず、香港、日本、シンガポールなど中国に違い国を含め、94か国、160か所に3,000個以上のサーバーがあります。中国在住のテスターたちはこれらの国のサーバーに接続しています。VPNサーバーが実際の現在地に近ければ近いほど通信速度が速くなるからです。

ExpressVPNのスピードテストの結果を見ると、どの国のサーバーに接続しても超高速だということが分かります。中国でも確実にインターネットサーフィン、ストリーミング、ダウンロードなどを楽しめます

ExpressVPNは「隠しサーバー」を用意しています。これは通信だけでなく、VPNを使っていることも完全に隠すサーバーのことです。仕組みについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

中国在住の調査スタッフは「ExpressVPNは高度なセキュリティ機能があるので信頼できる」と話しています。データは256ビットキーのAES暗号化で保護されます。これはアメリカ政府が採用している暗号化と同じです。DNSおよびIP漏れ対策もあり、現在地や通信が漏洩してしまうことはありません。

さらに、中国では通信障害があることは珍しくありませんが、ExpressVPNは自動停止スイッチがあり、通信に乱れがあった時に自動的に通信を遮断してくれます。情報漏洩を確実に防止できるわけです。

もう1つ役立つ機能はスプリットトンネリングでしょう。どのアプリの通信をVPNの隠しサーバーに経由させるか選べるので、国内サイトにアクセスしながら海外のサイトも利用できます。

ExpressVPNは厳しいログなし方針もあるので、ブラウジング履歴を保存されることはありません。TrustedServer技術ではハードドライブにデータを書き込むのではなく、サーバーはRAMで動作します。サーバーを再起動するたびにデータは一掃されるので、サードパーティがデータにアクセスするリスクを削減できます。

1つの契約で5台まで端末を同時に接続でき、トラブルがあった場合は24時間年中無休体制のライブチャットサポートがあるので安心です。ライブチャットを利用できない場合はメールでサポートチームに問い合わせることもできます。

30日返金保証もあり、リスクなしでExpressVPNを試してみることができます。中国で確実に利用できると確認してから支払えば良いのです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

2. Astrill VPN―中国で利用することを想定して設計されたVPN

  • 58か国に109個以上のサーバー
  • ステルスVPNプロトコルでファイアウォールをラクラク通過
  • スマートモードで国内のIPアドレスを取得。高速通信を実現
  • 自動停止スイッチでいつでもきちんとデータを保護
  • 同時に接続できる端末数が無制限
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、HBO GOなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linuxなど

Astrill VPNは上位のVPNよりかなり小規模なサービスです。世界各国に配備されたサーバー数は少なめですが、とても効果的なVPNです。

Astrill VPNはネット検閲が厳しい地域で便利な機能がいくつかあります。グレートファイアウォールを回避する方法についてじっくり考えて開発されているのは頼もしいと思います。

Astrill VPNは58か国に109個以上のサーバーがあります。比較的少ないですが、香港、日本、台湾、シンガポールにサーバーがあるので中国に近いサーバーに接続すれば高速通信を楽しめます。

また、OpenVPNを基にステルスVPNという独自のプロトコルも開発されています。厳しいネット検閲がある国で利用するために設計されているプロトコルで、ファイアウォールも回避できるように追加のセキュリティ対策があります。

スマートモードもユニークな機能です。海外のIPアドレスではなく、地元のIPアドレスを使える機能です。通信速度がアップし、VPNを使っていることを知られにくくなります。

他の大手VPNと同じでAstrill VPNも自動停止スイッチがあり、いきなり接続が途絶えたときに誤って情報が漏洩してしまうのを防止します。調査スタッフによると、中国では接続が不安定なのでこの機能はとても重要なのだそうです。

きちんと匿名化して個人を特定されないようにするためにはマルチホップ機能が役立ちます。通信を複数のサーバーに経由させる機能です。調査スタッフがこのようなセキュリティ機能を気に入った理由について詳しくはAstrill VPNの詳細レビューをご覧ください。

また、1つのアカウントで何台でも端末を接続できます。サポートは24時間年中無休のライブチャットを利用できます。

他のおすすめVPNとは違い、Astrill VPNは返金保証がないことにご注意ください。

こちらのリンクから申し込むと通常価格が50%オフになりますので是非ご利用ください。

今すぐAstrill VPNをゲットするならこちら!

3. VyprVPN―速度とセキュリティを向上するユニークな機能が満載

  • 世界中に700個のサーバーを配備
  • ダイナミックなサーバー切り替えでスピードアップ
  • 独自のカメレオンプロトコルと独自に管理されたサーバーによりセキュリティ対策を向上
  • 公共Wi-Fi接続でも安全
  • 厳しいログなし方針でプライバシー保護
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、ESPN、SkySportsなど
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Blackberry、スマートテレビなどに対応

VyprVPNはとても安全なサービスで、中国で安心してインターネットを利用するのに必要な匿名性を確保できます。また、とても高速なのでストリーミングしたいのにバッファしてしまってなかなか見られないというトラブルを解消できます。

VyprVPNは世界各国に700個以上のサーバーを用意していて、日本、台湾、香港など中国周辺地域にもいくつかサーバーがあります。IPアドレスの数は合計で20万を超えるほどです。

速度を最大限アップするために、VyprVPNはダイナミックにサーバーを切り替える機能があり、高速通信を楽しめます。負荷量が多いサーバーや使用できないサーバーなどに接続してしまうと通信が遅くなるため、この機能は便利です。スピードテストの結果を見るとこのサービスがいかに高速か理解できるでしょう。

最先端のセキュリティ機能もあります。例えばVyprDNSは独自のDNSサービスで、サードパーティなしですべてのリクエストを保護してくれます。また、DNSリクエストは一切記録されません。厳しいログなし方針があり、利用者に関するデータやネットの利用状況のプライバシーを守ることができます。

VyprVPNのカメレオンプロトコルはOpenVPNプロトコルをさらに強化したもので、セキュリティをきちんと守りながらファイアウォールを回避できます。中国ではカメレオンプロトコルがとても役立ちますが、OpenVPNやL2TP/IPsecを選んでもOKです。

このVPNは複雑な暗号化やセキュリティ機能があります。自動停止スイッチを有効にしておくと、接続が途絶えた場合に自動で通信を遮断できます。また、未知のWi-Fiネットワークに接続するとVyprVPNに自動で接続できるのも安心です。

VyprVPNには最大[Vendor data: Device per license]台の端末を接続でき、30日返金保証があるのでリスクなしでお試しできます。何かトラブルがあった場合は全額返金してもらえるので安心ですね。

今すぐVyprVPNをお試しください!

4. PrivateVPN―名前の通り、しっかりプライバシーを保護

  • 香港、日本、シンガポールを含め、63か国に100個以上のサーバー
  • データ通信量・帯域が使い放題なのでストリーミングやダウンロードに便利
  • 自由にサーバーを切り替えられ、通信をより高速に
  • AES 256ビット暗号化と2048ビットDHキー
  • ログなし方針でデータのプライバシーを保護
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、ESPNなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Xbox、プレイステーションなど

PrivateVPNは業界で最も信頼されているVPNの1つです。きちんとしたセキュリティ対策と高速通信が最大の魅力で、世界中の利用者が愛用しています。他のVPNよりはサーバー数が少なめですが、通信は安定しています。中国各地に住んでいる当サイトスタッフが確認済みです。調査結果について詳しくはPrivateVPNの詳細レビューをご覧ください。

サーバーは100個程度しかありませんが、香港や日本など中国周辺地域にもいくつかサーバーがあります。高速通信を楽しめますし、PrivateVPNなら自由にサーバーを切り替えられるので、好みのサーバーを利用できます。

ステルスモードはVPN通信を隠してくれるため、グレートファイアウォールを回避して検出されずに海外のサイトを閲覧できます。ISPにもVPNを使用していると知られません。厳しいログなし方針があるのでネットの利用状況のプライバシーを守れます。

また、PrivateVPNは高度なAES 256ビット暗号化でデータを守り、複数のセキュリティプロトコルから選ぶこともできます。ただし、中国ではL2TPでVPNを使用することになります。他のプロトコルはブロックされています。

PrivateVPNだと最大で6台の端末を接続できます。サーバーネットワークはあまり充実していないため、中国に入国する前にカスタマーサポートに問い合わせておすすめのサーバーはどれか聞いてみると良いでしょう。PrivateVPNは24時間年中無休のライブチャットサポートがあるので気軽に質問できます。

また、30日返金保証もあるのでリスクなしでPrivateVPNの使い心地を実感できます。

今すぐPrivateVPNをお試しください!

5. Hotspot Shield―中国のサーバーで超高速通信

  • 全世界に3,200個のサーバーがあり、中国国内のサーバーも利用可能
  • カタパルトヒドラプロトコルで通信速度アップ
  • 自動停止スイッチで匿名性を確保
  • プレミアムプランでは同時に最大で5台を接続可能
  • 45日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、HBO GOなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Chrome、Firefox、Blackberryなど

Hotspot Shieldは通信が速いことで知られていますが、他にも高度なセキュリティ対策機能やサーバー数が多いことが魅力的です。80か国に3,200個のサーバーがあります。

さらに、中国にVPNサーバーを用意しているという点ではHotspot Shieldはとても珍しいVPNだと言えます。つまり、近くのVPNサーバーに接続でき、中国のIPアドレスでインターネットサーフィンできるということです。通信が速いのも納得できますね!

しかしテスターが実際に試したところ、このVPNは常に中国で利用できるとは限らないということが分かりました。また、プライバシー方針も不審な部分があります。Hotspot Shieldに知られたくない情報も記録していると書かれているからです。本当のIPアドレスやネットワークに関する情報を記録していると書かれていますが、ネットワークに関してどのような情報を保存しているのかはっきり情報を開示していません。

Hotspot Shieldはカタパルトヒドラという独自のVPNプロトコルを提供しています。ネット検閲が厳しい地域でも高速速度とセキュリティ対策を楽しめるように設計されたプロトコルです。中国在住のテスターはこのVPNサービスを定期的に調査しています。Hotspot Shieldの詳細レビューで最新の調査結果をご覧ください。

自動停止スイッチがあり、接続が途絶えた場合も安心です。また、厳しいログなし方針もあるので誰にも通信を記録されません。さらに、高度な暗号化でデータを守り、マルウェア対策機能があるので不正な攻撃を防止してくれます。

Hotspot Shieldのプレミアムプランでは、1つの契約で最大5台の端末を接続できます。

トラブルがあっても24時間年中無休のライブチャットサポートが素早く対応してくれます。Hotspot Shieldのプランは[Vendor data: Money Back Guarantee]日返金保証付きなのでリスクなしでお試しいただけます。

今すぐHotspot Shieldをお試しください!

6. ProtonVPN―基本的な無料プランがあり、手頃な価格でアップグレード可能

  • 基本的な無料プランは3か国にサーバーあり
  • 帯域が無制限
  • AES 256ビット暗号化
  • 厳しいログなし方針あり
  • 広告ブロッカーを搭載
  • YouTube、Google、Facebook、Twitter、WhatsApp、Kodiなどを利用可能
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linuxなど

ProtonVPNは低価格のVPNで、無料で使えることも魅力的です。通信速度とセキュリティ対策を妥協せず、安定した通信を楽しめます。ただし、無料プランでは1台の端末しか接続できず、通信速度はあまり速くありません。詳しくはProtonVPNの詳細レビューをご覧ください。

ProtonVPNの無料プランでは基本的な機能を利用でき、データ通信量は無制限です。アメリカ、オランダ、日本のサーバーに接続できますが、中国で利用する場合は日本のサーバーが最速です。

有料プランに加入すると54か国に100個以上のサーバーがあり、自由に接続できます。また、P2P・BitTorrentに対応しているのでトレントをダウンロードしたり、Secure Core VPNを使って複数のVPNサーバーに通信を経由させることもできます。

高価格なプランを選ぶほど通信速度が速くなるので、動画を視聴したり、ファイルを頻繁にダウンロードする予定であれば、それなりの費用を支払う必要があります。さらに匿名性を守りたい場合はTorオーバーVPNが可能なプランを選ぶと良いでしょう。Torネットワークを使ってインターネットを利用できるようになります。

しかし、有料プランにアップグレードするならExpressVPNなどトップクラスのプロバイダがおすすめです。

プライバシーを守ってデータを隠すため、ProtonVPNは厳しいログなし方針があります。最高レベルのセキュリティ対策のため、AES 256ビット暗号化を採用していますし、マルウェアやウイルスから身を守るために広告ブロッカーも搭載されています。

1台から10台までを接続できますが、プランによって同時に接続できる端末数が異なります。カスタマーサポートにはチケットで問い合わせることになります。有料プランは30日返金保証があるのでリスクなしで加入できます。

今すぐProtonVPNをお試しください!

7. Windscribe―無料プランでも毎月10GBデータ通信が可能

  • 無料版があり、香港を含め60か国にサーバーあり
  • 毎月10GBまでデータ通信可能
  • R.O.B.E.R.Tツールが宣伝やトラッカーをブロック
  • ダブルホップ機能で2つのサーバーにデータを送信
  • AES 256ビット暗号化、ログなし方針あり
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、Kodiなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Chrome、Firefoxなど

Windscribeは信頼できるVPNプロバイダで、有料のProプランだけでなく便利な無料プランもあります。60か国に180個のサーバーが用意されていて、無料プランでは10か国のサーバーしか接続できませんが、香港にも無料サーバーがあるので中国で利用するのにぴったりです。

Windscribeは業界トップクラスのAES 256ビット暗号化を採用しています。R.O.B.E.R.T.ツールを使うとサーバー側でブロックするドメインやIPアドレスを設定できるのでトラッカーやマルウェアなどの脅威から身を守るために役立ちます。

無料プランでは毎月10GBまでデータ通信可能なので、普通にインターネットサーフィンしたり、数時間ストリーミングしたりするには十分だと思います。

テスターによると、Windscribeの通信速度は安定していることが多いそうですが、スピードテストでは業界大手のVPNと比べると少し遅いことが分かっています。通信速度は普通にインターネットサーフィンするには十分ですが、たくさんストリーミングしたりファイルをダウンロードする場合はこのランキング1位から5位のサービスをご利用ください。

Windscribeは業界最先端の暗号化と厳しいログなし方針と言った特徴があるので、通信はいつも隠され、VPNに記録されることはありません。

Proプランを選んだ場合、毎月または毎年の支払いから選べます。毎年支払いの方がかなりお得なので、数か月利用する場合はそちらをお選びください。

ただし、契約に申し込む前に無料プランを試すことをお勧めします。Proプランに加入して満足できなかった場合、返金保証期間は3日しかないからです。無料プランでも24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせられるのは頼もしいと思います。

今すぐWindscribeをお試しください!

8. hide.me―使いやすく、比較的高速

  • 無料プランがあり、サーバーを75か国に用意
  • プレミアムプランはデータ通信量が無制限
  • AES256ビット暗号化、IP漏洩対策
  • 自由にサーバー切り替え
  • 自動停止スイッチと厳しいログなし方針あり
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、HBO GO、Sky Goなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Chrome、Firefoxなど

Hide.meは名前の通りデータをしっかり隠してくれるVPNです。軍事レベルの暗号化を採用しているのでネットで何をしているのか見られることはありません。

75か国に1,900個以上のサーバーがあるのでいつもで高速なVPNサーバーが見つかるはずです。中国に到着したら、香港、日本、台湾、ベトナムなど周辺諸国のサーバーに接続できますが、これはプレミアムプランだけの特権です。

Hide.meは無料プランがありますが、ドイツ、カナダ、オランダ、アメリカの東・西海岸の合計5個のサーバーしか利用できません。そのため、中国で利用するのであれば無料プランはお勧めできません

プレミアムプランだとデータ通信量が無制限でIP漏洩対策や自動停止スイッチなど最高レベルのセキュリティ機能を利用できます。自動停止スイッチは接続で問題が発生した場合に自動で通信を遮断してくれるのでデータ漏れを防ぐために必要不可欠です。

さらに、Hide.meは厳しいログなし方針があるのでプライバシーを保証しています。思う存分サーバーを切り替えられるので自由なインターネットを楽しめます。

中国在住のテスターによると、普段は通信が安定しているそうですが、時々通信が遅いことがあるのでランキングトップにはなりませんでした。詳しくはHide.meの詳細レビューをご覧ください。

Hide.meはセットアップが簡単で使いやすく、メールアドレスを入力しなくても使い始めることができます。

また、プレミアムプランは30日返金保証付きですし、質問があれば24時間年中無休のライブチャットに問い合わせられます。

今すぐhide.meをお試しください!

中国で利用できないVPN

VPNプロバイダは本当にたくさんありますが、ネット検閲がある地域できちんと動作するものはあまり多くありません。そのためおすすめのVPNが現在も利用できることを中国各地に住んでいる専門スタッフに定期的に確認してもらっています。

検査結果を基にレビュー更新しているので、この記事ではいつも最新情報をご覧になれます。また、試す価値があるVPNだけでなく、避けるべきVPNも隠さずお伝えしています。中国のファイアウォールを回避できないVPNはたくさんありますが、有名サービスで利用できないものはこちらです

CyberGhost

CyberGhostは色々な場面で役立つ優秀なVPNですが、中国で利用する場合はお勧めできません。中国のサーバーは日本で中国のサイトを閲覧するためのものであり、中国にいる時にはあまり役立ちません。詳しくはCyberGhostの完全レビューをご覧下さい。

IPVanish

IPVanishはストリーミングサイトにアクセスしたり、匿名でインターネットを利用したりするには役立ちますが、中国では意味がありません。IPVanishのホームページを見てみると、中国で利用できるとは書かれていませんし、当サイトで確認したところ、利用できないことが分かりました。

ZenMate

ZenMateは中国でVPNサービスは利用できないと発表しており、中国で有料プランに加入しないように呼び掛けているほどです。しかしネット検閲がない国にはおすすめだというのがZenMateの詳細レビューの結論です。

UltraVPN

UltraVPNのサイトには中国で利用できるのかはっきりしたことは書かれていませんが、当サイトの調査では、今のところ中国では利用できないことが分かりました。現段階ではそれ以外の国しか利用をお勧めしていません。中国以外で利用するのであれば、サーバー数が多いこととNetflixにアクセスできることが魅力のサービスです。

出発前にVPNについて知っておきたいこと

まず、中国で使えるVPNを見つけるのは簡単なことではないということをご理解ください。中国国内で利用では安定して使えないVPNがほとんどですし、トップクラスのVPNでもいきなりブロックされてしまう可能性があるのです。「突然ブロックされてしまった!」という状況を避けるには事前にきちんと準備しておくことが大切です。

この記事を読むほかに、ご自分でも調べてみてください。次に、日本から中国に向かう前にいくつかのVPNをダウンロードしておきましょう。グレートファイアウォールはVPNのサイトをすべてブロックしていますし、Google Playストアも利用できません(政府が認可したVPNのサイトにはアクセスできますが、そのようなサービスは避けましょう)。Appleのアプリストアはブロックされていませんが、頼りにならない理由は後程ご説明します。

2~3種類のVPNをダウンロードしておくだけでなく、中国に出発する前に実際に試してみましょう。もちろん、到着するまで中国で利用できるか確かめることはできませんが、使い方を確認したり、端末の設定を済ませておくに越したことはありません。

コストが高いと思うかもしれませんが、ExpressVPNなどトップクラスのVPNは返金保証があるので、実際に使ってみて満足できなければ全額返金してもらえば良いのです。。複数のサービスに加入しても、中国に行って利用できなかったものはキャンセルして全額返金してもらえるのです。

中国でサイトがブロックされているか確認したい場合は、こちらのツールでチェックしてみましょう。

今すぐ中国におすすめのVPNをご利用ください!

中国でVPNが使えない時の解決方法

VPNが中国で利用できなかった場合、解決するのは簡単なことではありません。ここでは素早くインターネット通信を復旧するアドバイスをご紹介します。イライラして諦めてしまう前に、以下の手順に従って何が問題なのか特定し、解決しましょう。

一番簡単な解決方法は別のVPNサービスに切り替えることです。中国に出発する前に少なくとも2つのVPNに加入することをおすすめしているのはそのためです。1つVPNが利用できなくても、他のVPNは使い続けられる場合があります。他に用意しておいたVPNも利用できなければ、次のステップに進んでください。

安定した通信を確保する方法はいくつかあります。まず、別のサーバーに接続してみましょう。他の国のサーバーを試してみるとうまく行く場合があります。試行錯誤が必要ですが、難しくはないので試してみる価値があります。

それでもうまく行かなければ別のセキュリティプロトコルに切り替えてみてください。中国におすすめのVPNの多くは独自のプロトコルを用意しています(ExpressVPNのLightwayなど)。他にもOpenVPNやIKEv2などいくつかプロトコルを利用できるはずです。それぞれ通信速度やセキュリティ対策が異なります。利用できるプロトコルが見つかる可能性があるのでお試しください。

それでもうまく行かなければ別の端末を試してみましょう。例えばノートパソコンで接続できなければスマホをお試しください。これで解決できるはずはないと思うかもしれませんが、念のため確認してみましょう。

最後の手段は別のネットワークを利用することです。公共Wi-Fiネットワークを試してみたり、友達にモバイルホットスポットを作ってもらったりします。解決できるまで色々試してみることが重要です。面倒ですが、諦めずに試せば解決できるはずです。

ご注意:社会情勢が悪化している時などはVPNに接続していても通信が不安定なことがあります。中国国内でデモが行われていて世界から注目を集めている時はネット検閲が普段より厳しくなるかもしれませんが、これは一時的な措置であることが多いのでしばらくすると通信が元通りになるはずです。

今すぐ中国におすすめのVPNをご利用ください!

調査方法:VPNの検査項目

グレートファイアウォールはどんどん強化されていますから、中国で使えるVPNを見つけるのも難しくなっています。役立つおすすめ情報をお届けするために、当サイトでは中国各地に住んでいるテスタースタッフが各サービスを定期的に再検査しています。

テスターはVPNについて様々な項目を調べて報告してくれるため、全体的なパフォーマンス・性能を把握するために役立つはずです。自信をもって中国で使えるVPNをご紹介しているのはこのような努力があるからなのです。検査項目は以下の通りです。

  • 中国のグレートファイアウォール(金盾)を通過できること
    中国のネット検閲は世界一厳しいですから、ほとんどのVPNは回避できないことがあったり、全く歯が立たないことも稀ではありません。テスターの調べによると、ExpressVPNAstrill VPNVyprVPNをはじめとするトップクラスのVPNはグレートファイアウォールを回避して中国でも使えることが確認されています。
  • 高速通信。
    アプリやサイトがロードできない、空白のページしか表示されないなどと言った状況ではインターネット通信自体が遮断されている可能性があります。当サイトの調査チームはインターネットサーフィン、ストリーミング、ファイルのダウンロード、ゲーミングなどを複数のサーバーで試し、速度を測定しておすすめのVPNで必ず高速通信を楽しめるのか確かめています。
  • 近隣国にサーバーがあること。
    スピーディーな通信を楽しみたい場合は香港、日本、シンガポール、台湾、ベトナムなど中国周辺地域のVPNサーバーに接続するのがおすすめです。中国のテスターたちはそのようなサーバーの通信速度とパフォーマンスの安定性を確認しています。
  • 高度な暗号化。
    中国では軍事レベルの高度な暗号化が必要不可欠です。そのため、この記事でおすすめしているVPNはすべて業界でもトップクラスのAES 256ビット暗号化でデータを保護しています。アメリカ政府が使っているのと同じ種類の暗号化です。中国在住の専門調査チームは、それよりレベルの低い暗号化を採用しているVPNは中国ではおすすめできないと話しています。
  • 自動停止スイッチ。
    中国でVPNを使ってインターネットサーフィンする場合、突然通信が途絶えることは珍しくありません。このようなトラブルが発生した時、データや個人を特定できる情報が漏洩しないように対策するのが非常に重要です。この記事でおすすめしたサービスはすべて自動停止スイッチがあります。この機能は、VPNとの接続に問題が合った場合に直ちに通信を遮断するため、プライバシーを確実に守ってくれます。
  • 使いやすさ。
    VPNの使い方を調べるために時間を無駄にするのは嫌ですよね。そのためこの記事では使いやすいサービスだけをご紹介しています。初めてVPNを利用する方でもこの記事でご紹介したサービスはとても簡単にインストールしてセットアップできます。専門知識がなくても快適にVPNをご利用いただけるものばかりです。

よくある質問

中国のファイアウォールとは?

中国のグレートファイアウォール(金盾)は中国国内でのインターネットの使用に関して中国政府が指定した法律や規制、およびそのようなルールを実施するための技術のことを言います。

中国のグレートファイアウォールの仕組みについてはっきりしたことを知っている人はいませんし、仕組みは知らなくても問題ありません。押さえておきたい重要ポイントは中国では利用できない人気サイトやアプリがたくさんあるということです。ツイッター、フェイスブック、グーグル、ユーチューブ、WhatsApp、ウィキペディアなどは中国で使えないサイトのほんの一例です。

中国政府はいくつかの高度な技術を使ってネットでできることをコントロールしています。IPアドレスのブラックリスト、DNSのスプーフィング、手動で特定のサイトやIPアドレスをブロックするなど、あの手この手で国民が自由に情報にアクセスできないように検閲しています。

しかし、ExpressVPNなどのおすすめのVPNを使うと検閲されているサイトやアプリにもアクセスできるようになります。位置情報を隠し、外国にあるサーバーに通信を経由させることができ、VPNを使っていることも知られないので安心です。

中国政府はどのようにVPNをブロックしているのでしょう?

VPNを使用していることをVPNプロバイダが隠さなければ、グレートファイアウォールが検出してサイトにアクセスできないようにブロックしてしまいます。

積極的にフィルタリングやプロービングしたり、透過型プロキシを使用するなど、中国政府は複雑な技術をいくつか組み合わせてVPNをブロックしています。さらに、グレートファイアウォールは偽のDNSサーバー、ネットワークのブラックホールなどの高度な方法を使って特定のサイトをブロックしています。また、VPNを見極め、ブロックするために詳しい調査も頻繁に行われています。

中国では一部のVPNが許可されていますが、政府の認可が必要なので意味がありません。

政府の規制を回避できているVPNもいくつかあり、そのようなサービスを使えば禁止されているサイトにアクセスできます。しかし中国に入国してからVPNをダウンロードすることはできません。VPNのサイトがブロックされているからです。

そのため、日本にいるときに準備しておくのがとても重要です。中国のネット事情を詳しく調べ、いくつかVPNをダウンロードし、事前に使ってみましょう。ExpressVPN、とAstrill VPN VyprVPNを両方インストールしておくのがおすすめです。

無料VPNは中国で利用できますか?

はい、中国で利用できる無料VPNはいくつかあります。例えばWindscribeHotspot Shieldはどちらも無料プランがあり、中国のネット検閲に対抗できる場合があります。

しかし、無料プランには重要な機能が抜けていることが多いので、有料プランに加入するべきでしょう。宣伝がたくさん表示されたり、自動停止スイッチがなかったり、弱い暗号化を使っているなどのデメリットがあるからです。また、無料プランの多くは通信速度やデータ通信量に上限を設けているので快適に利用できません。

中国でインターネットを使う時、セキュリティ対策は特に重要です。疑われたり、ネットで何をしているのか注目されたりするのは嫌ですよね。そのため最高水準のセキュリティ機能は必須です。少し費用は掛かりますが、中国ではそれが普通なのです。

幸い、短期間だけ旅行する場合、トップレベルのVPNは返金保証があるので実質無料で利用できます。例えばExpressVPNは30日返金保証があり、返金の理由も聞かれません。旅行中に使って、帰国したら返金を請求すれば良いのです。

この記事でご紹介しなかった無料VPNは使ってはいけません。中国で使えない可能性が高いですし、セキュリティ対策が不十分でデータを危険にさらしてしまう恐れがあるからです。ネットのプライバシー保護に関しては油断せずにきちんと対策しましょう。

中国に旅行する予定です。日本で普段使っているアプリは利用できますか?

GmailやWhatsAppなどの人気アプリを中国で使おうとしても、ブロックされているので使えません。そんなときは通信をVPNに経由させればよいのです。

この記事でご紹介した中国におすすめのVPNはグレートファイアウォールのブロックを回避できます。つまり、普段通りアプリを利用できるようになるということです。中国でも日本の友達とコミュニケーションをとれますね。

中国でブロックされているサイトは?

中国では本当にたくさんのサイトがブロックされています。グーグルからフェイスブック、ツイッター、ニュースサイトまで、すべてご紹介できないほどたくさんあります。規制されているサイトをすべて見たい方、それらのサイトにアクセスする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

中国に滞在中は常にVPNを有効にしておくべきですか??

しかし中国でインターネットを利用する場合はできる限りVPNに接続しておくことをおすすめします。対策しておくに越したことはありませんし、VPNはセキュリティ対策・プライバシー保護のために一番のツールなので、できるだけVPNをオンにしておきましょう。

また、普段からVPNに接続しておけば接続し忘れません。公共Wi-Fiを利用するときなどは特に忘れがちなので普段から有効にしておきましょう。

中国でVPN通信が遅い理由は?

VPNを使ってインターネットサーフィンすると、データはすべて暗号化・複合化され、遠隔のサーバーに送信されますから、普段の通信よりいくらか遅くなってしまうのは仕方がないことです。しかしExpressVPNなどのプレミアムVPNを使えば通信の遅れはほとんど感じられないはずです。

「いつもより遅いな」と感じたら、ネットワークやサーバーが混み合っているからかもしれません。別のサーバーに切り替えてみると解決できる場合があります。それでも遅い場合はこちらの解決方法をお試しください。

VPNを使うとなぜグレートファイアウォールを回避できるのですか?

VPNは通信の内容と送信先を隠すことでグレートファイアウォールを回避しています。データを隠すと、ネット検閲システムは暗号化された状態のデータがサーバーに送信されていることしか見られません。データの内容も目的地も分からないのです。おすすめのVPNは隠しサーバーを使用しているため、VPNを使っていることも知られません。

VPNなしでグレートファイアウォールを回避できますか?

グレートファイアウォールを回避する方法はVPN以外にもいくつかありますが、VPNほど確実ではありません。ネットワークを分割したり、プロキシアプリやTorを使ったりするなどの方法があります。ただし、Torは追加で構成する必要があり、Torを利用する場合は匿名性を確保するためにVPNを併用するべきです。

中国のIPアドレスを取得する方法は?

中国のサイトにアクセスしたい場合は中国のIPアドレスが役立ちます。中国国内にサーバーを用意しているVPNが必要なので、取得するのは簡単なことではありません。一番おすすめなのはHotspot Shieldのプレミアムプランです。

中国ではどのVPNセキュリティプロトコルが最適ですか?

原則として、OpenVPNまたはIKEv2の使用をおすすめしています。どちらも高度なセキュリティ対策に向いているからです。しかしこれらのプロトコルが必ずしも中国で使えるとは限りません。特にOpenVPNの通信を画するには追加で対策が必要になります。

そこで、おすすめのVPNはネット検閲が厳しい地域でも利用できるように設計されたプロトコルを独自に開発しています。OpenVPNベースのVyprVPNのカメレオンプロトコルがおすすめです。

中国でiOSのアプリストアにアクセスするには?

実はiOSアプリストアは中国ではブロックされているのですが、中国でも引き続きサービスを提供するためにAppleは中国政府が指定したルールに従っています。つまり、中国版のアプリストアでは入手できないコンテンツが多く、VPNアプリもほぼすべて利用できないということです。中国以外でAppleアカウントを登録した場合は普段通りのコンテンツにアクセスできるのでご安心ください。

中国ではVPNの使用は合法ですか?

厳密には中国でVPNの使用は禁止されていません。人気VPNの多くはグレートファイアウォールでブロックされていますが、VPNを使用すること自体は禁止されていないのです。しかしVPNを使用していると検閲システムが検出した場合、通信がブロックされてしまうはずです。そのため、VPNを使っていること自体を効果的に隠してくれるVPNサービスを選ぶことがとても重要です。

中国でNetflixは見られますか?

残念ながらNetflixはグレートファイアウォールでブロックされています。旅行中も大好きなコンテンツを楽しみたいですよね。中国でおすすめのVPNを使えば、Netflixがブロックされていない国のサーバーに接続できるので、普段通り映画やテレビ番組を視聴できます。ただし、Netflixのライブラリは国によって違うのでどの国のサーバーに接続するかに注意しましょう。

ExpressVPNをおすすめしたい理由は、中国のグレートファイアウォールだけでなくNetflixのVPN規制も確実に回避できるからです。

香港や台湾ではVPNが必要ですか?

中国は香港や台湾の主権を握っていると主張していますが、グレートファイアウォールは適用されていません。そのため、香港や台湾ではVPNがなくてもインターネットを利用できます。ただし、追加のセキュリティ対策・プライバシー保護のためにはVPNが役立ちますし、アメリカのNetflixやBBC iPlayerなど海外のストリーミングサービスを利用するにはVPNが必要になります。VPNがあって損をすることはありません。

まとめ

日本から中国に旅行する場合は普段よりインターネット事情が複雑なので注意しましょう。特に日本よりプライバシー侵害が深刻なので対策が必要です。

プライバシーを保護し、中国のグレートファイアウォールを回避する最善の方法は、入国前にVPNを1つか2つダウンロードしておくことです。自由にインターネットを利用できるようになりますし、ブロックされているコンテンツも閲覧できます。

中国でおすすめのVPNは高速・安全でパフォーマンスも安定しています。トップクラスのセキュリティ機能もあるので個人情報、位置情報、ネットの利用状況を隠し、安心してインターネットを楽しめるようになります。

中国で使えるVPNで一番おすすめなのはExpressVPNです。中国周辺地域にセキュアサーバーがたくさんありますし、通信もとても高速です。ありとあらゆるサイトやアプリにアクセスできるスグレモノです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

まとめとして、2021年に中国でおすすめのVPNはこちらです!

プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

著者について

Melissa is a freelance writer, editor, and translator who specializes in content marketing and creative copywriting. She's currently based in Lisbon, Portugal, where she spends as much time as humanly possible in the ocean.

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
ユーザーが投票しました
投票して下さり、ありがとうございました。
コメント コメントは5~2500文字まで入力してください。
独占割引キャンペーン
3か月分無料
ランキングトップのVPN
期間限定

00

00

時間

00

00

ExpressVPNをゲットする
30日返金保証付き
Image Alt Text - Vendor Logo expressvpn - devices