当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。
広告開示情報

vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

中国で使えるおすすめのVPN 5選│徹底検証!2024年

アカッシュ・ディープ 更新日 2024年02月12日 ファクトチェッカー:エマ・エアーズ サイバーセキュリティ研究者

中国に旅行したり引っ越す場合、「どのVPNでもWhatsAppやFacebook、Googleアカウントのブロックを解除できるだろう」と思うかもしれませんが、中国のネット検閲システム(グレートファイアウォール)は非常に厳しいため、役に立たないVPNがほとんどです。さらに、使うと危険なVPNもあります。普通のVPNだと、サーバーに接続できないこともあるほか、プライバシーが脅かされるリスクもあるのです。

また、中国のどの地域にいるかによって、使えるVPNが異なります。そこで、この記事では中国各地の調査スタッフに各社VPNを実際に試してもらい、本当に使えるサービスを報告してもらいました。中国政府はVPNアプリへのアクセスをブロックし、国内からインストールができないよう制限をかけていますが、大半のVPNはこの回避策を講じています。

調査を行った結果、中国で使える一番おすすめのVPNはExpressVPNであることが分かりました。世界トップクラスのセキュリティ機能と、中国での使用に最適化されたサーバーを備えているため、好きなサイトに安全かつ確実にアクセスできます。さらに、ExpressVPNには30日間の返金保証がついているので、リスクなし で試すことができます。満足できなければ、全額を返金してもらえます。

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください!

重要!中国では政府が認可していないVPNの利用は禁止されていますが、非認可VPNを使ったことを理由に中国政府に罰せられた事例は公に報告されていません。VPNを使っても、現地でブロックされているサイトやサービスにアクセスするなどの違法行為が認められるわけではありませんので、ご注意ください。法律に違反する形でVPNを使うのは絶対にいけません。

お急ぎですか?2024年に中国でおすすめのVPNはこちら!

  1. ExpressVPN:グレートファイアウォールを確実に回避できる難読化サーバーと最高のセキュリティ機能を搭載(今なら49%オフで加入できますf。)
  2. Astrill VPN:中国に最適化されたサーバーとプロトコルでグレートファイアウォールを簡単に回避。
  3. PrivateVPN:中国でのブラウジングに最適なStealth設定とトップクラスのセキュリティで通信をカスタマイズできるが、サーバーネットワークが小規模。
  4. Private Internet Access:中国の安定したサーバーロケーションを含む巨大なサーバーネットワークがあるが、初心者にはアプリの操作がやや面倒。
  5. TunnelBear:シンプルで可愛いVPNアプリで、中国でのストリーミングに最適な高速通信でラグもないが、返金保証なし。

中国で使えるおすすめのVPNを徹底分析【2024 3月 年更新】

1. ExpressVPN:自動難読化サーバーと超高速通信の中国向け総合ベストVPN

  • VPN通信を隠すための自動難読化機能を備えたサーバーが3,000台あり(中国で使えるよう最適化されたサーバーあり)
  • 8台同時接続可能+超高速通信で、ブラウジング、ダウンロード、ストリーミング、ゲームをラグなしで利用可能
  • 中国でVPNをダウンロードするための回避策を提供
  • 利用可能なサービス: Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど。
  • 日本語のアプリとブラウザ拡張機能あり

ExpressVPNのサーバーは自動難読化機能を搭載しているので、中国からでも好きなサイトに簡単にアクセスできます。ほとんどのVPNは、難読化機能をアプリの設定画面から手動で有効化する必要がありますが、ExpressVPNの場合、制限が厳しいファイアウォールを検知すると自動的に難読化機能が働き、メタデータをスクランブルし、VPNトラフィックをカモフラージュでして隠してくれます。これにより、中国のグレートファイアウォールを確実に回避することができるのです。

また、ExpressVPNは中国で確実に作動するよう定期メンテナンスされているサーバーの最新リストを公式サイトで公開しています。例えば、アメリカ、イギリス、日本、フランス、シンガポールなどのサーバーが掲載されています。中国の調査スタッフがこれらの難読化サーバーに接続したところ、FacebookとWhatsAppに簡単にアクセスでき、NetflixとYouTubeも見られたそうです。なお、ExpressVPNによると、プロトコルを「自動」に設定すると難読化機能が向上するそうです。

A screenshot showing that ExpressVPN's Yokohoma server unblocks Facebook in Chinaできる限り高速になるように、中国に近い横浜とシンガポールのサーバーがおすすめです。

難読化は速度を著しく低下させる傾向がありますが、その理由の一つは、低速のセキュリティプロトコル(OpenVPNなど)のみが難読化技術をサポートしているためです。ExpressVPNは、独自の超高速Lightwayプロトコルを開発することで、速度低下の問題を解決しています。WireGuardに匹敵する速さでなおかつ難読化をサポートしているので、多くの中国向けVPNに比べるとかなり優秀です。

中国から遠距離にある米国サーバーで平均ダウンロード速度は76.5 Mbps(速度低下率はわずか10%)を記録しました。これはUHD画質でのストリーミングに必要な3倍以上の速さになります。近隣の香港サーバーでは、速度低下率はわずか3%でした。ですので、データ量の大きい用途でも中国で快適に利用することができます。

ExpressVPNは、オンラインデータやプライバシーをしっかりと保護できます。AES 256ビットの軍用グレードの暗号化を採用しており、解読は事実上不可能なのです。さらに、自動キルスイッチ(Network Lock)と漏洩防止機能があなたのIPアドレスの開示を確実に防ぎます。

また、ExpressVPNは監査済みのノーログポリシーを遵守しているため、データが記録されることは一切ありません。

さらに、TrustedServer技術により、サーバーはRAMのみで実行されています。つまり、サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが削除されるのです。ExpressVPNは、データ保持に関する法律を持たないイギリス領バージン諸島を拠点に置いている点からもプライバシーを厳守していることが分かります。

ExpressVPNの公式サイトは中国でブロックされているため、すでに中国にいらっしゃる場合は面倒ですが、ミラーサイトのURL経由でExpressVPNをダウンロードすることは可能です。メール (support@expressvpn.zendesk.com) でサポート窓口に問い合わせれば、中国で動作する最新のリンクをもらえます。実際に問い合わせてみたところ、45分後には返信(リンク)がもらえ、Android用.apkファイルのダウンロードにも数分しかかかりませんでした。

ExpressVPNは、すべてのプランに30日間の返金保証が付いています。返金保証を守っているか確かめるために、30日以内に24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせました。なお、チャットでサポートに問い合わせると、翻訳ツールを使って回答してくれますから、日本語でも安心してやり取りできます。サービスの満足度について質問に答えたところ、2営業日後に返金されました。

2024年3月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. AstrillVPN:中国のグレートファイアウォールを回避するために最適化されたサーバー

  • 58カ国にサーバー120台、さらに中国でのコンテンツブロック解除に特化したサーバーもあり
  • すべての自社のDNSサーバーで、プライバシーを確保
  • 5台同時接続可能
  • 利用可能なサービス: Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど。

AstrillVPNは、金盾を回避できるよう設計された特設サーバーを提供しています。特設サーバーは、アメリカ、日本、香港、台湾、シンガポールの計5ヶ国にあり、中国の調査スタッフが各ロケーションをテストしたところ問題なく接続でき、Google、Twitter、Facebook、YouTubeの制限を20秒以内に解除できました。

通信はExpressVPNほど速くはありませんが、大きな速度低下は全く見られませんでした。例えば、米国のサーバーでYouTube動画をHD画質でスムーズにストリーミングできました。さらに、Astrill VPNには「Supercharged」とタグ付けされたサーバーもあり、通信を高速化したいときに役立ちます。なお、中国から接続する際には、香港のサーバーを利用すれば通信が最速になります。データがそれほど遠くへ移動しないため、速度低下を最小限に抑えることができるからです。

Astrill VPNはStealthVPNとOpenWebプロトコルを使ってファイアウォールとサイトへのアクセス制限を回避します。中国の同僚は、通信を難読化するためにStealthVPNとOpenWebの両方を強く推奨しています。また、Site Filterを活用すると、中国で閲覧可能なサイトには中国のIPアドレスを、ブロックされているサイトにはVPNトンネルを使うことができます。

A screenshot showing Astrill's settings for StealthVPNプロトコルによってAstrill VPNの設定が変わります。

Astrill VPNは軍レベルの暗号化を採用し、キルスイッチもありますから、個人情報をしっかり守れます。暗号化標準は全プロトコルでAES 256ビット暗号化ですが、OpenVPNプロトコルでは192ビットまたは128ビット暗号化も選べるので、速度と安全性のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。また、Astrill VPNは14アイズ情報共有同盟に規制されておらずプライバシーを尊重するセーシェル共和国に拠点を置いている点も安心です。

さらに、Astrill VPNは自社所有のプライベートDNSサーバーを経由させるため、第三者があなたのデータを記録したり、あなたが閲覧したサイトを見たりすることは一切できません。とはいえ、AstrillVPNがいくつかの情報(接続時間、IPアドレス、デバイスの種類など)を記録しているのは残念です。なお、サーバーから接続解除すると、すべての情報は永久に削除されます。

残念ながら、Astrill VPNはかなりコストが高いVPNです。一番安いプランでも$12.50/月で、ExpressVPNのほぼ2倍の価格となります。なお、Astrill VPNの公式サイトは中国でブロックされていますが、メールサポート窓口(support@astrill.com)へ問い合わせると中国でもAstrill VPNをダウンロードできるミラーサイトのURLを送ってもらえます。

Astrill VPNは返金保証がないので、料金を支払ったが最後、払い戻してもらえないのは残念です。しかし、友達に紹介して有料プランに加入した場合、サービスを1か月間無料で利用できます。1か月の無料期間もサービス内容の制限はありません。

3. PrivateVPN:セキュリティ設定のカスタマイズが可能で、中国での通信を最適化できる

  • セキュリティ設定をカスタマイズし、通信速度やセキュリティレベルを調節可能
  • StealthVPNプロトコルでグレートファイアウォールを回避
  • 10台同時接続可能
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど

PrivateVPNのセキュリティ設定はカスタマイズが可能ですので、あなたのニーズに合わせて中国での接続状況を最適化することができます。例えば、通信速度を改善したければ暗号化タイプを変更できます。暗号化レベルのテストで256ビットから128ビットに変更してみたところ、ダウンロード速度が12%も向上しました。また、PrivateVPNは複数のプロトコルを提供しており、中国の同僚が試してみたところOpenVPNよりもL2TPの方がアクセス制限の解除に優れていることが分かりました。

screenshot showing PrivateVPN's customizable security settings256ビット暗号化よりAES128ビットの方が若干速いですが、安全性が低くなります。      

世界で最も厳重なファイアウォールやネット規制も、PrivateVPNのStealth VPN(ステルスVPN)で突破できます。なお、ExpressVPNとは異なり、難読化モードは自動ではなくアプリの設定から手動でを有効にする必要があります。中国の同僚が難読化機能をテストしたところ、規制されているSNSやストリーミングサイトにもアクセスできるようになったそうです。

さらに、PrivateVPNの安全性は非常に高く、Stealth VPNを有効にして4台のサーバーでDNS・IPアドレスの漏洩テストを実施したところ、データの流出は一切検出されませんでした。厳格なノーログポリシーも採用していますので、あなたのネット上の利用状況が記録されたり追跡されることはありません。

PrivateVPNは、高品質ネットワーク(HQN:High-Quality Network)を使用することで、世界トップクラスのスピードとブロック解除機能を実現してます。また、中国本土の近隣に高速で信頼性の高いサーバーを複数配置しています(香港、台湾、韓国など)。

しかし残念なことに、PrivateVPNは、中国の制限解除の対策がしっかりなされたVPNであるにもかかわらず、ミラーサイトのURLを提供しておらず中国でインストールができません。中国に入国する前であれば、インストールは勿論可能ですので、現地で何の問題もなく使えます。また、サポートが必要な場合、中国国内からライブチャットは利用できませんが、こメール(support@privatevpn.com)で問い合わせが可能です。

PrivateVPNのプランは長期プランが一番オトクで、$2/月で加入できます。短期プランと機能は一切変わりませんので長期プランの方が明らかにコスパが良いです。

また、30日間の返金保証が付いてきます。返金保証を守っているか確かめるために、24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせました。スムーズに返金に応じてもらえ、4営業日後には全額返金されました。

4. Private Internet Access :巨大なサーバーネットワークと信頼性の高い中国サーバーでコンテンツにアクセス

  • 中国のコンテンツに確実にアクセスできる特設サーバー
  • 同時接続台数が無制限
  • 高性能でカスタマイズ可能なセキュリティ機能でデータを保護
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • 日本語対応アプリ

Private Internet Access (PIA)は、91ヶ国に29,650台のサーバーがあり、今回ご紹介するVPNの中で最大のサーバーネットワークを誇ります。中国にもサーバーが設置されているため、海外から中国のコンテンツに確実にアクセスできます。実際にテストしたところ、一貫してスムーズに中国のコンテンツにアクセスすることができました。一発でWeTVに接続し『Here We Meet Again』の全シーズンを視聴したり、iQIYI、捜狐、BiliBiliにも簡単にアクセスできました。

PIAは、同時接続台数が無制限の数少ないVPNの1つですので、家族利用や複数の端末を所有している方には特にお勧めです。自分の10台のデバイスを接続し、WeTV、iQIYI、Netflixを同時にストリーミングしてテストしてみたところ、動画の読み込みにいつもより数秒余計にかかりましたが、VPNのパフォーマンスの違いはほとんど感じられませんでした。

PIAは設定のカスタマイズが可能ですので、用途に合わせてVPNを最適化することもできます。例えば、暗号化をAES 128ビットまたは256ビットに変更できます。128ビットはそれほど安全ではありませんが、速度を優先したい場合には最適です。また、キルスイッチ、IP・DNSリーク保護機能もあります。

Screenshot of PIA's Windows app showing the protocol settingsPIAのアプリはあらかじめ各オプションがデフォルト設定されているので、すぐに利用できます。

残念ながら、PIAは中国での動作を保証していませんが、公式サイトで中国のブロック解除策をいくつか提案しています。WireGuardプロトコルを試すか、OpenVPNアプリを介して接続の設定を試す案、そして最後の手段として、手動設定ファイルの案を提案しています。公式サイトに、手順が詳しく説明されていますのでチェックしてみることをお勧めします。

PIAは、各サブスクリプションを短期と長期の両方で提供しています。どのプランでも機能は同じですが、契約期間が長いほどお得になります。なお、長期プランだと、わずか$2.03/月で加入できます。

PIAには30日間の返金保証が付いていますのでリスクフリーで試すことができます。
返金保証を守っているか確かめるために、24時間年中無休のライブチャット(英語)でカスタマーサポートに問い合わせました。1つだけ質問されただけ(フィードバックがほしいとのこと)で返金に応じてもらえ、5営業日後には返金されました。

5.TunnelBear :シンプル&楽しいアプリで中国のコンテンツに簡単アクセス

  • かわいいクマのキャラクターとシンプルなデザインで、VPNが初めての方にもおすすめ
  • VPNブロックや厳しいファイアウォールを回避できるGhostBear (難読化)
  • 同時接続台数が無制限
  • 利用可能なサービス:Netflix、Disney+、YouTube、Google、Facebook、Instagram、WhatsAppなど
  • モバイル端末アプリは日本語対応

TunnelBearはシンプル+可愛らしいデザインで、今回テストした中国用VPNの中で最も使いやすいVPNです。ワールドマップ機能を使えば、素早くサーバーを見つけて接続することができます。ヨーロッパのサーバーロケーションの中から、イギリスのトンネルアイコンをクリックしたところ、クマのアニメーションが地図上の私のロケーションのトンネルからイギリスのトンネルをくぐって「がぉー!」と叫んで接続完了を知らせてくれました!なお、接続に要した時間はほんの数秒です。

Screenshot showing part of the tutorial after installing TunnelBear地図をクリックして場所を選択するか、サーバーリストから選択することができます。

インストールの各ステップでもクマのモチーフで本当に可愛いです。なお、TunnelBearは中国近隣に高速サーバーも沢山配置しています。Fastest Tunnel機能を使って日本と台湾に接続してみましたが、9%以上速度が低価することはありませんでした。最寄りのサーバーに自動的に接続することで、データの移動距離が短縮され、速度が向上します。これにより、中国内外でサーバーを探す際に参考になさってください。

TunnelBearには中国のネット規制を簡単に回避できるGhostBear(難読化)という機能があります。この機能はアプリの設定画面から有効できますが、iOSでは利用できません。中国の調査スタッフが国内の様々なロケーションからテストを試みたところ、VPNが検出されることはなく、スムーズにコンテンツのブロックを解除できたそうです。

TunnelBearは、高性能なセキュリティとプライバシー機能を備えていますので、中国でも安全にインターネットを利用できます。AES 256ビット暗号で通信を守り、もしVPNが途切れた際にはキルスイッチ (VigilantBear機能) がインターネット接続を自動切断してくれます。また、ノーログポリシーは第三者機関による監査を受けており、中国国内外であなたのネット上のアクティビティが記録されることはありません。

TunnelBearの長期プランに$3.33/月で加入できます。短期のサブスクリプションもありますが、搭載している機能は同じであるにもかかわらずコストが割高になります。

残念ながら、TunnelBearに返金保証はありません。しかし、返金希望はケースバイケースで承認される可能性があると公式サイトに記載されていました。1台のデバイスで試せる無料プランが用意されていますので、まずはそちらを使ってみると良いでしょう。ただし、データ使用量が500MBまでに制限されています。最大2〜3時間機能を試せる程度です。

【比較表】中国で使えるおすすめのVPN

この記事でご紹介した中国でおすすめのVPNの主な特長を表で比べてみましょう。あなたのデータが記録されることがないよう、監査がしっかりなされた「ノーログポリシー」の有無をご覧になれます。また、通信速度、サーバー数、デバイス同時接続台数など、中国向けVPNを選ぶ際の重要ポイントをまとめました。

最低価格(月額換算) 中国用の特設サーバー ノーログポリシーの監査有無 通信速度 サーバー台数 同時接続台数 日本語に対応
🥇ExpressVPN $6.67/月 あり あり 超高速 105ヶ国に3,000台 8
🥈AstrillVPN $12.50/月 あり なし 良好 58ヶ国に120台 5
🥉PrivateVPN $2/月 なし なし 高速 63ヶ国に200台 10
Private Internet Access $2.03/月 なし あり 高速 91ヶ国に29,650台 無制限
TunnelBear $3.33/月 なし なし 高速 47ヶ国に5,000 無制限 ◯ (iOS、Android)

中国で使えるVPNの選び方

グレートファイアウォールはどんどん強化されていますから、中国で使えるVPNを見つけるのも難しくなっています。できるだけ役立つおすすめ情報をお届けするために、当サイトの調査チームがVPNの重要な機能をテストし、結果を報告してもらいました。

この記事をお読みいただけば、各社VPNがどのようなサービスを提供しているか、全体像を把握できるはずです。ここでは、調査項目をご紹介します。

  • グレートファイアウォールを確実に回避できる
    グレートファイアウォールのような厳重なネット検閲を回避するには、中国で使えるサーバーがあるVPNを選ぶ必要があります。マルチホップや難読化など、メタデータをスクランブルしてVPNを検出されにくくする機能を搭載しているかを確認しましょう。そうすれば、ネット検閲をかいくぐりながら地域制限のあるコンテンツにスムーズにアクセスすることができます。
  • 揺るぎないセキュリティ機能
    軍レベルの暗号化、自動停止スイッチ(キルスイッチ)、DNS・IPアドレス漏洩対策があるVPNを選びましょう。これらの機能があれば、中国国内でデータ漏洩を防げるので、公共Wi-Fiネットワークも安心して利用できます。
  • ノーログポリシー
    ノーログポリシーとは、ネットの利用状況を記録しないことを保証する方針です。ノーログポリシーを守っているVPNなら、中国で確実にプライバシーを守れます。各社VPNのプライバシーポリシーを読み、厳格なノーログポリシーを遵守していることを確認しました。
  • 高速通信
    中国からのトラフィックはすべて、限られた数のゲートウェイを経由しなければならないため、混雑や速度低下を引き起こす傾向にあります。そのため、速度が速いVPNを選ぶことが重要です(速度低下は35%以下が良い)。中国国内または中国近隣にサーバーがあれば、速度が向上しますのでお勧めです。
  • 使いやすいアプリ
    VPN企業は中国で使えるVPNを提供するために特別な技術を導入していますが、設定しにくくなってしまうこともあります。このランキングでご紹介したVPNは操作しやすく、初めてでも簡単に使いこなせます。
  • 手厚いサポート体制
    必要なときにカスタマーサポートに気軽に問い合わせられるべきですね。このランキングに掲載されているVPNは、24時間年中無休のチャットやメールなど、複数のサポート窓口があり、よくある質問も充実しています。

【プロからのアドバイス】
中国に出発する前に、VPNのサポート窓口に中国で利用可能なサーバーリストを問い合わせることをお勧めします。また、何か問題があったときに直接連絡できるメールアドレスも聞いておくと便利です。中国ではVPNの公式サイトがブロックされているので、サポート記事やよくある質問ページなどを参照したり、ライブチャットを利用したりすることができないからです。

【クイックガイド】中国でVPNを使う方法(3ステップで簡単!)

  1. VPNをダウンロードします。
    この記事でイチオシのExpressVPNは、全サーバーに自動難読化機能を搭載しているだけでなく、中国のインターネットに安全にアクセスできるよう高性能なセキュリティが満載です。中国に渡航する前にダウンロードしておきましょう。
  1. 難読化サーバーに接続します。
    難読化設定を有効にするか、難読化サーバーを選択しましょう。そうしないと接続に失敗してしまう可能性があります。
  2. 中国で自由なインターネットをお楽しみください!
    プライバシーを守りつつ、お好きなサイトやサービスにアクセスできるようになりました!

中国でおすすめのExpressVPNをお試しください!

中国でおすすめのVPNについてよくある質問

中国でVPNを使用するのは合法ですか?安全性は?

中国で合法なのは、政府公認VPNだけです。政府公認VPNは厳しく監視されているため、プライバシー保護には向きません。しかし、高度なセキュリティ機能を備え、グレートファイアウォールを回避できるVPNもいくつかあります。中国で使えるこれらのVPNには、VPNの使用を隠す「難読化機能」やプライバシーを保護するためのノーログポリシーを採用しています。


中国では、VPN技術とVPN企業の公式サイトが規制されているため、中国で認可されていないVPNにアクセスすることはできません
(中国政府は非公認VPNを使用している旅行者を探し出そうとしているわけではありません)。中国ではVPN企業のサイトがブロックされていることがほとんどなので、入国前にVPNをダウンロード・インストールしておきましょう。また、法律を違反しないよう、VPNを使い始める前に中国でのVPNの使用に関する法律について最新情報を調べましょう。

中国でVPNが使えなくなったら?

まず、中国で使えることが実証されているVPNか確認しましょう。中国で使えるVPNでも、VPNサーバーが検出・規制されて使えなくなることがあります。しかし、中国でおすすめのVPNは、定期的にサーバーを監視・保守し、確実に動作するようにしています

なお、VPNが使えなくなった場合、以下の解決方法をお試しください。

  • VPNプロトコルを切り替える
    VPNプロトコルの中には、ファイアウォールの回避に優れたものもありますので、プロトコルを切り替えてみましょう。
  • 別のサーバーに接続する
    接続しているサーバーに何らかの問題が発生している可能性がありますので、別のサーバーに切り替えてみましょう。
  • VPNソフトをアップデートする
    VPNアプリが更新された可能性がありますので、アプリをアップデートしてみましょう。
  • メールでカスタマーサポートに問い合わせる
    上記を全て試してもうまくいかなかった場合は、カスタマーサポートに問い合わせて中国で使えるサーバーを教えてもらいましょう。

中国にいる間にVPNをダウンロードすることはできますか?

可能ですが、面倒です。中国でもダウンロードできるよう対策を立てているVPNがあります

基本的に、中国にいる間に政府非公認のVPNをダウンロードすることは不可能です。なぜなら、これらのVPNの公式サイトのほとんどが中国でブロックされているからです。このような場合、サポート窓口に問い合わせて、中国で動作するミラーサイトのURLを提供しているかどうかを確認してみましょう。VPNの公式サイトだけでなく、Google Play StoreやAmazon Appstoreもブロックされているので利用できません。Apple App Storeは利用できますが、監視が厳しく、非政府機関が運営するVPNアプリは提供されていません。中国に旅行する場合は、事前にVPNアプリをダウンロードしておきましょう。

中国ではどこのVPNサーバーを使うべき?

近隣サーバーに接続すると通信が高速になるのでお勧めです。ですので、中国本土の周辺にサーバーがあるVPNを選びましょう。(今回ご紹介したVPNの中も含め)ほとんどのVPNは中国本土にサーバーを配置していません。なぜなら、中国政府はそのVPNプロバイダーを禁止しているか、プロバイダーにユーザーデータの引き渡しを強制しているため安全に利用できなくなるからです。

しかし、香港、韓国、台湾など、中国本土から近い場所にサーバーがあれば、通信が高速になり快適に利用できます。今回ご紹介したVPNはすべて、中国本土に近い場所にもサーバーがあるので、速度低下を最小限に抑えることができます。

中国向けVPNはどのサイトやアプリをブロック解除できますか?


優秀なVPNなら、どんなサイトやアプリでもブロックを解除できます。例えば、Google、Facebook、YouTube、Instagram、New York Times、Netflix、Hulu、Skype、WhatsAppなどを解除できますが、すべてのVPNが中国のブロックを解除できるほどの強力なセキュリティ機能を備えているわけではありません。中国でも機能することが証明されている難読化機能を備えたVPNは、アプリ、SNS、サイトのブロックを確実に解除できるのでお勧めです

今すぐ中国で使えるおすすめのVPNをゲットしましょう!

中国政府はVPNの取り締まりを強化しているため、信用でき、中国で使えるVPNを見つけるのは困難です。グレートファイアウォールは中国で政府公認のVPNしか許可せず、公認のVPNは政府によって厳しく監視されています。

しかし、中国でも利用できることが証明されている政府管轄外のVPNがいくつかあります。この記事でご紹介したVPNは、厳しく規制されたネットワークで使えるように設計されています。さらに、これらのVPNはあなたの機密データとプライバシーを保護します。

ExpressVPNは、今回検証した中で最も信頼できる中国利用向けVPNです。全サーバーに自動難読化機能が搭載されており、近隣国に複数のサーバーがあり、定期的にメンテナンスされていますから、安定して動作します。30日間返金保証もあり、リスクなしでExpressVPNを体験できます。満足できない場合、保証期間中に全額を返金してもらいましょう。

まとめとして、中国で使えるおすすめのVPNはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
9.7 /10
9.7 当社のスコア
59% 引き!
3
9.5 /10
9.5 当社のスコア
85% 引き!
4
9.4 /10
9.4 当社のスコア
82% 引き!
5
9.3 /10
9.3 当社のスコア
67% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2014年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。vpnMentorに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

著者について

アカシュ・ディープは、vpnMentorのサイバーセキュリティ研究者兼ライターを務めており、オンラインセキュリティとプライバシーに関する偏りのない専門的なアドバイスを読者に提供することに力を注いでいます。サイバーセキュリティの最新動向を分析し、読者が十分な情報を得た上で意思決定できるよう最新情報を提供しています。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。