当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。
広告開示情報

vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

中国で使えるVPNおすすめ5選│2024年に確認済み

ヴォーンシェイン 更新日 2024年04月18日 ファクトチェッカー:クリスティーン・ヨハンセン 編集主任

中国ではグレートファイアウォール(金盾)と呼ばれる厳しいインターネット規制が行われているため、使えないVPNが多く、危険なものもあります。また、ネットのレビューを見てみると、現在中国で利用可能なVPNについて情報が一貫しないので「どれを選べばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。中国政府はグレートファイアウォールを常に更新し、VPNの検出・ブロック技術を強化しているのです。

そのため、中国で最も頼りになるVPNでも時々使えなくなることがあります。現地でサービスを展開しているVPNは、絶えずサービス改善を行わなければなりません。この記事では、中国で使えることが知られている50社以上のVPNのセキュリティ機能を検証しました。

その結果、中国で使えるVPNのうち一番おすすめなのはExpressVPNであることが分かりました。セキュリティが強く、中国で使えるよう最適化された拠点が5か所あります。30日間返金保証があるのもポイントです。満足できなかった場合は全額を返金してもらえます。

中国でおすすめのExpressVPNを試す >>

【重要】中国では、政府が認可していないVPNの利用は禁止されていますが、旅行者が非認可VPNを使ったことを理由に中国政府に罰せられた事例は公に報告されていません。VPNを使っても現地でブロックされているサイトやサービスにアクセスするなどの違法行為が認められるわけではありませんので、注意してください。法律に違反する形でVPNを使うのは絶対にいけません。

プロ厳選!2024年に中国で使えるVPNのおすすめはこちら!

  • 編集者のチョイス
    ExpressVPN
    ExpressVPN
    高速な難読化サーバーがあり、速度低下なしで中国のネットワークで安全を確保できる。
    読者の70%がExpressVPNを選んでいます
  • Astrill VPN
    Astrill VPN
    中国で最も頼れるVPNの1つで、高度なセキュリティ機能あり。
  • PrivateVPN
    PrivateVPN
    ネットワークの制限を回避し、中国で安全にブラウジングできるようセキュリティを変更できる。
  • Private Internet Access
    Private Internet Access
    中国を含む世界中に多数のサーバー。初心者はアプリが使いにくいと感じる可能性も。
  • TunnelBear VPN
    TunnelBear
    使いやすく高速なため、中国でスムーズにブラウジングできる。返金保証なし。
【プロのアドバイス】Baidu Browser、Cheetah、360 Browser、UC、QQ Browserなど、中国製ブラウザは避けることをおすすめします。これらのブラウザは「適切な保護をせずにデータを送信している」または「弱い暗号化を採用している」と報告されています。これらの脆弱性は、国家監視のために意図的に設けられたバックドアであることが疑われています。

中国でおすすめのVPN:完全分析【2024年更新】

1. ExpressVPN:中国で一番おすすめのVPN。自動難読化を導入しており、高速

注目ポイント 全サーバーで自動的に難読化が行われるため、VPN利用を簡単に隠せる
近くのロケーション 香港、カザフスタン、マカオ、モンゴル、ミャンマー、ネパール、韓国、台湾、タイ、ベトナム
セキュリティ パーフェクトフォワードシークレシー(前方秘匿性)、RAMサーバー、デバイス起動時にExpressVPNを起動
対応サービス Netflix、Max、プライムビデオ、HBO Go Asia、BBC iPlayer、YouTube TV、DAZN Japan、Abema TV、TVer、GYAO!など
日本語のアプリ
日本語のカスタマーサポート
  • ヘルプセンター
  • ライブチャット

ExpressVPNは全サーバーで難読化が自動的に行われるため、中国で簡単にオンラインデータを守れます。他社VPNでは難読化を手動で有効にしなければならないことが多いですが、ExpressVPNならその必要はありません。厳重なファイアウォールが検出された場合、自動的にメタデータをスクランブリングし、VPN通信をふつうのネット通信に見せかけます。

難読化すると速度がかなり遅くなる傾向があり、もともと低速なVPNでは特にそうです。しかし、ExpressVPNは筆者が試したなかで最速のVPNの1つで、難読化が行われてもHD動画を見るのに適したスピードを維持できました。マカオ在住の調査スタッフがExpressVPNの現地のサーバーを試したところ、速度は11%しか低下しませんでした。『My Piggy Boss』を再生中、バッファは発生しなかったそうです。

Screenshot of My Piggy Boss on iQIYI with ExpressVPN connected to a Macau serverマカオは中国本土の一部ですが、グレートファイアウォールの規制対象外となっており、インターネットに制限なくアクセスできます

さらに、ExpressVPNのホームページには中国で利用できるようにメンテナンスされているサーバー一覧が掲載されています。これらのサーバーは、アメリカ、イギリス、日本、フランス、シンガポールに位置しています。ExpressVPNによると、難読化が効果を発揮できるようにするには自動プロトコルを選ぶと良いそうです。さらに、中国にいることが検出されると推奨されるサーバーがアプリに表示されるのも便利と思いました。「おすすめ」タブに表示されます。

この記事で紹介するほかのVPNと同様、中国で100%確実に使えるという保証はなく、「使えない」という報告も時々あります。しかし、ExpressVPNで接続トラブルが発生しても、すぐに解決されるはずです。また、ExpressVPNのプランはすべて30日間返金保証付きなので、ほかのサービスに乗り換えることもできます。試しにライブチャットで返金をお願いしたところ、わずか2日後に口座に振り込まれていました。

便利な特徴

  • 中国のミラーサイト。ExpressVPNの公式サイトはグレートファイアウォールのせいでアクセスできませんが、中国国内からアクセス可能なミラーサイトがあります。規制を避けるためにURLは頻繁に変更されていますが、メールまたは24時間年中無休のライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせるとミラーサイトのアドレスを教えてもらえます。
  • 中国の支払い方法。中国のカードで支払いたい場合、ExpressVPNならUnionPayで支払えます。ビットコイン決済にも対応していますから、足跡を残さずに加入できます。中国の銀行口座で支払えない場合、これらの決済方法に対応しているのは良いですね。
  • 安全性が高い。データは軍レベルの256ビットAES暗号化で保護されます。IPv4、IPv6、DNS、WebRTCの漏えいをしっかり防ぎ、Network Lockというキルスイッチも備わっていますから、他人に実際の位置情報を見られることはありません。
  • Threat Manager。ExpressVPNのカスタマイズ可能なブロッカー機能です。広告やマルウェア、トラッカーをすべて(またはこれらの組み合わせ)を防ぐことが可能で、中国でより安全に、よりプライベートにブラウジングするのに役立ちます。
2024年6月】ExpressVPNの特別割引
期間限定でExpressVPNのプランが最大49%オフ!お見逃しなく!

2. Astrill VPN:中国で最も頼れるVPNの1つで、高度な機能あり

注目ポイント 中国で非常に頼りになる。停止時間が少ない
近くのロケーション 香港、ロシア、韓国、台湾、タイ、ベトナム
セキュリティ クッキーの自動削除、広告・トラッカーブロッカー、専用IP(有料)
対応サービス Max、HBO Go Asia、BBC iPlayer、YouTube TVなど

Astrill VPNはExpressVPNに次いで中国で最も頼れるVPNとなっています。ほかのVPNとは違い、使えなくなることはほとんどありません。中国に近いロケーションが多いため、どこでも確実に繋がります。アメリカと香港には中国で使えるように最適化されたSuperchargedサーバーが設置されています。これらのサーバーは高速で、厳重なファイアウォールにも高い効果を発揮し、セキュリティが強いのが特徴です。

独自プロトコル「OpenWeb」は長距離接続でも非常に高速です。検証チームが数千キロ離れたタイサーバーに繋いだところ、通信速度は27%しか低下しませんでした。厳しいファイアウォールを回避できるように設計されたStealthVPNプロトコルも利用可能ですが、このプロトコルを使ったときは速度が79%も低下したため、ほかのプロトコルでうまくいかない場合に最終手段として使うと良いでしょう。

Screenshot of AstrillVPN's speed tests results on US serverAstrillのアプリはシンプルでアップロードとダウンロードのグラフが表示されるため、中国でのデータ使用量を把握できます

デメリットは、コストが非常に高いこと。最も高額なVPNの1つなのです。とは言え、中国在住でオンラインデータを保護しなければならない場合は値段相応の価値があるかもしれません。

返金保証はないものの、友達を紹介するとAstrill VPNを1か月間無料で使えます(友達が有料プランに加入した場合)。

便利な特徴

  • 5つのプロキシから選べる。もし中国でAstrill VPNが使えなくなった場合、5つのプロキシが利用可能です。ただし、プロキシは通信を暗号化しないことに注意しましょう。ほかの選択肢がないときに最後の手段として使うことをおすすめします。
  • ブラウザのみ、あるいはすべてのアプリを保護。OpenWebプロトコルを使うと、Astrill VPNですべてのアプリを保護するか、ウェブブラウザのみを保護するか設定できます。「中国でブラウザ以外のアプリが高速で動作するようにしたい」というときに便利です。
  • 接続をカスタマイズできる。OpenVPNを使うと暗号化は256ビット、192ビット、128ビットから選ぶことができ、暗号化をオフにすることも可能です。暗号化レベルを下げるとセキュリティを妥協せずにスピードを向上できますが、中国で暗号化をオフにするのはおすすめしません。

3. PrivateVPN:セキュリティ機能をカスタマイズし、中国で最適な通信に

注目ポイント 暗号化レベルを変更し、中国でセキュリティとスピードのバランスを調整できる
近くのロケーション 香港、韓国、台湾、タイ、ベトナム
セキュリティ IPv6漏えい対策、外部のIPチェッカー、ポートフォワーディング
対応サービス Netflix、Max、プライムビデオ、HBO Go Asia、BBC iPlayerなど

PrivateVPNではセキュリティ設定をカスタマイズできるため、中国で接続を最適化できます。試しに暗号化レベルを256ビットから128ビットに変更したところ、下り速度が12%向上しました。VPNプロトコルを選ぶこともできます。制限されたネットワークではOpenVPNよりL2TPのほうがうまくいく確率が高いです。

Screenshot of PrivateVPN's customizable security settings128ビット暗号化は256ビットより高速で、安全性は若干低くなるものの、グレートファイアウォールで速度低下を軽減するのに役立ちます

StealthVPNモードをオンにすると、VPN通信を通常のウェブ通信に見せかけることができます。ExpressVPNとは違ってデータが自動的に難読化されるわけではなく、アプリの設定からStealthVPNモードを有効にしなければなりません。中国ではOpenConnectアプリを使わなければならないかもしれませんが、PrivateVPNは便利な設定ガイドを提供しています。

サーバー台数は200台で、この記事に掲載されているほかのVPNと比べるとネットワークは小規模です。回線混雑のせいで通信が遅くなるかもしれないと思ったのですが、PrivateVPNはIPトランジットプロバイダからインターネットキャパシティを直接購入して大幅な速度低下を軽減しています。イギリスに出張中に日本サーバーに繋いだところ、通信速度は36%しか低下しませんでした。

30日間返金保証もありますから、PrivateVPNを無料でお試しできます。保証を守っているか実験したところ、ExpressVPNと同じくらい簡単に返金してもらえました。

便利な特徴

  • メールのカスタマーサポート。PrivateVPNのホームページは中国でブロックされているためライブチャットで問い合わせることはできませんが、専用のメールサポートが利用できます。試したところ20分以内に回答が届きました。ライブチャットは翻訳機能があるため中国語でもサポートを受けられます。
  • 使いやすい。詳細ビュー(Advanced View)には便利なセキュリティ設定がありますが、シンプルビュー(Simple View)を離れなくても中国で接続を守れます。サーバーを選び、大きな接続ボタンを押すだけです。VPNをあまり使ったことがない方におすすめのチョイスでしょう。
  • ストリーミング専用サーバー。PrivateVPNは快適に動画を視聴したり、高速でダウンロードしたりするための専用サーバーを提供しており、香港には中国で使えるよう最適化されたサーバーがあります。中国国内でプライバシーを保護しつつ、中国のTV番組や映画をHD画質で見られるわけです。

4. Private Internet Access(PIA):サーバーネットワークが大規模、仮想サーバーで確実に中国のIPアドレスを取得できる

注目ポイント 仮想サーバーで中国のIPアドレスを取得できる
近くのロケーション 中国、香港、マカオ、モンゴル、台湾、ベトナム
セキュリティ カスタマイズ可能なWireGuardおよびOpenVPN接続、高度なキルスイッチと通常のキルスイッチ、揺るぎない漏えい対策
対応サービス Netflix(アメリカ版、イギリス版、日本版などのライブラリ)、Max、プライムビデオ、HBO Go Asia、BBC iPlayer、YouTube TV、日本版Amazonプライムなど
日本語のアプリ

PIAはこの記事でサーバー台数が最多のVPNで、中国にバーチャルサーバーロケーションがあります。中国のサイトを閲覧する際、データの安全を確保するのに適したチョイスです。マカオの調査スタッフはWeTVで『Here We Meet Again』を1シーズンHD画質で安全に見られました。

Screenshot of PIA's privacy settings and virtual servers in the appMACEはワンクリックで有効化でき、中国のサイトでポップアップ広告を消すのに役立ちます

無制限のデバイスを同時接続できるため、大家族におすすめです。デバイス数が多い場合はPIAでほぼすべての機器を守れます。ノートパソコン、デスクトップパソコン、スマホ、タブレットでVPNを同時利用したところ接続は安定していました。

残念ながらPIAは中国で使えると保証されているわけではありませんが、うまくいかない場合は公式サイトに回避策がいくつか掲載されています。まず、WireGuardまたはOpenVPNプロトコルに切り替えましょう。うまくいかない場合、PIAのMulti-Hop(マルチホップ)接続をお試しください。この接続はSOCKS5プロキシまたはShadowsocksで設定できますが、速度に影響する可能性があります。最終手段として手動設定ファイルを試すこともでき、PIAのホームページに詳しい説明が掲載されています。

返金保証があるため、PIAを30日間無料で試せます。満足できなければ簡単に全額を返金してもらえます。

便利な特徴

  • 高度なキルスイッチ。PIAに接続をロックすると、VPNで保護せずにインターネットに接続されるのを防げます。中国に住んでいる場合、アプリをダウンロードしたらすぐにこの設定をオンにしましょう。デバイスの電源を入れたときにデータが誤ってグレートファイアウォールに公開されるのを防止できます。
  • 接続の自動化。公共のWi-Fiネットワークに繋がったときなど、特定の条件を満たした際にVPNに自動接続するよう設定できます。世界中どこでも役立ちますが、特に中国では非常に重要です。

5. TunnelBear:アプリが使いやすく、中国で簡単にオンラインデータを保護

注目ポイント アプリはシンプルで家族におすすめ。地図からサーバーを選べる
近くのロケーション 韓国、台湾
セキュリティ 難読化機能「GhostBear」、自動キルスイッチ、スプリットトンネリング
対応サービス Netflix、Max、YouTube TV、Spotify、HBO Go Asiaなど
日本語のアプリ 〇(iOS、Android)

TunnelBearのインターフェースはシンプルで可愛らしいデザインで、最も使いやすい中国向けVPNとなっています。世界地図からすぐにサーバーを選べる仕組みです。接続するとクマのキャラクターが現在地からサーバーまでトンネルを掘ってくれます。接続台数は無制限ですから、家族で中国に滞在する場合に適しています。

Screenshot of TunnelBear connected to Taiwan server接続を切断すると、クマが現在地に戻ってきます

インストールする際も各ステップにクマの駄洒落があるのは面白いですね。近くに多数のサーバーがあり、高速でした。検証ではFastest Tunnel(最速のトンネル)という機能を使いました。現在地に一番近いサーバーに接続し、高速通信を確保する機能で、39%以上遅くなることはありませんでした。

GhostBear(難読化)機能により、信頼性が比較的高いVPNとなっています。制限されたネットワークで検出されません。難読化を有効にするには、Settings > Preferences > Security > GhostBearの順に進みましょう。ただし、iOSでは利用できません。

残念ながらシンプルな返金保証はありません。公式サイトによると、返金にはケースバイケースで応じるそうです。

主な特徴

  • スプリットトンネリング。どのデータをVPNに経由させるか選ぶことができ、中国で帯域不足を解消するのに役立ちます。
  • 信頼できるネットワーク。信用できるネットワークは安全リストに追加できます。中国でもフリーWi-Fiは普及していますから、便利です(そのようなネットワークは安全とは言えませんが)。

【比較表】中国で使えるVPNの特徴

おすすめしたVPNの主な特徴を表で比較しましょう。監査済みノーログポリシーを掲げており、データを絶対に記録しないVPNがどれなのか一目で分かります。

また、平均通信速度、サーバー台数、難読化なども比較表に含まれます。なお、選ぶ際に重要な項目は人それぞれですから、おすすめサービスの違いを理解するために参考にしてみてください。

最低価格(月額) 中国で使えるよう最適化されたサーバー 監査済みのノーログポリシー 難読化 中国の支払い方法 中国語のライブチャットサポート 日本語のアプリ サーバーネットワーク 通信速度(近距離サーバーでの平均速度低下率) 返金保証
🥇ExpressVPN $6.67/月 あり、全サーバーで自動的に行われます UnionPayが利用可能 105か国に3,000台のサーバー 8% 30日間
🥈Astrill VPN $12.50/月 × あり、StealthVPNプロトコル UnionPayが利用可能 × × 58 か国に118台のサーバー 9% なし
🥉PrivateVPN $2/月 × × あり、Stealth VPN機能 UnionPayが利用可能 63 か国に200台のサーバー 15% 30日間
Private Internet Access $2.03/月 × あり、マルチホップ(プロキシサーバー経由) × 91 か国に29,650台のサーバー 22% 30日間
TunnelBear $3.33/月 × あり、GhostBear × ライブチャットなし(英語のチャットボットのみ) 〇(iOS、Android) 47 か国に5,000台のサーバー 21% ケースバイケースで対応

中国で使えるVPNの選び方

グレートファイアウォールの技術はますます高度になってきているため、中国で使えるVPNを見つけるのは困難です。ここでは、中国向けVPNを選ぶ際に注目したいポイントを紹介します。

  • 中国で確実に使える。中国でVPNを利用するのに必要な機能に着目しました。セキュリティを強化する「マルチホップ」、メタデータをスクランブリングしてVPNを検出されにくくする「難読化」などが含まれます。当サイトでは中国でおすすめのVPNを継続的に調査し、現地での稼働率が最も高く、使えなくなる可能性が最も低いサービスのみを紹介しています。
  • 強固なセキュリティ機能が備わっている。軍レベルの暗号化、キルスイッチ、DNS・IPアドレスの漏えい対策を備えたVPNのみを検討しました。これらの機能は中国を旅行中にデータが第三者に公開されるのを防ぎ、公共Wi-Fiネットワークで安全を確保します。
  • ノーログポリシー。VPNがオンラインアクティビティを記録しないことを保証していれば中国でプライバシーを保護できます。各社VPNのプライバシーポリシーを読み、厳格なノーログポリシーを遵守していることを確認しました。
  • 高速。中国から送信されるデータはすべて数が限られたゲートウェイを通らなければならないため、回線が混雑することがあります。VPNのせいで通信がさらに遅くならないよう、高速VPNのみを検討しました。中国国内または周辺地域にサーバーがあるVPNのほうが高速通信が期待できます。
  • 使いやすさ。設定を変更し、中国に適した接続にしたいですか?すぐに使えるシンプルなVPNのほうが良いですか?この記事では、初心者から上級者まであらゆるユーザーに適したVPNを紹介しました。
  • 頼れるカスタマーサポート。必要なとき、簡単にサポートを受けられるべきですね。この記事に掲載されているVPNは24時間年中無休のライブチャットやメールなど複数のサポート窓口があり、詳しいFAQページも用意されています。多くの場合、カスタマーサポートとのやり取りが自動的に翻訳されるため、日本語でも安心してコミュニケーションを取れます。
  • 安心の返金保証。中国でVPNに繋がりにくい場合、返金保証があれば払い戻しを受けられます。本契約が始まる前に1か月程度試せるサービスを選びたいものです。
【プロのアドバイス】中国に出発する前に、VPNプロバイダに問い合わせて現地で利用可能なサーバーがどれか教えてもらうことをおすすめします。また、問題が発生したときに直接連絡できるように、メールアドレスを聞いておくと良いでしょう。中国ではVPNのサイトがブロックされているため、ヘルプセンターを見たりライブチャットで連絡したりできないからです。

【クイックガイド】3ステップで簡単!中国でVPNを使う方法

  1. VPNをダウンロードします。ExpressVPNがおすすめです。全サーバーが自動難読化に対応しており、軍レベルのセキュリティを提供しているため、中国でプライバシーを保護できます。現地でVPNを入手するのは困難なため、入国前にダウンロードしてください。
  2. サーバーに接続します。ほかのVPNを使う場合は難読化設定を有効にしてください。そうしなければ繋がらない可能性があります。
  3. 中国でブラウジングを始めましょう。プライバシーを保護し、安全にインターネットを利用できるようになりました。

中国でVPNを使う合法性と安全性は?

中国で合法なのは、政府が認可したVPNのみとなっています。ただし、規制対象は主に組織であり、VPNを使ったことを理由に旅行者が処罰を受けたという事例は報告されていません。また、政府が認可したVPNは厳しく監視されているため、プライバシーは保護されません。

一般的に中国ではVPNがブロックされているため、許可された場合以外は使えません。政府が認可していないVPNアプリを使っている旅行者を探すより、VPN自体をブロックするほうが簡単なのです。

しかし、高度なセキュリティ機能を備えており、中国でデータの安全を保てる独立VPNはいくつかあります。そのようなサービスは通信を難読化し、VPNを利用していることを隠してくれます。なお、中国では大半のVPNのホームページがブロックされているため、入国前にVPNのダウンロードとインストールを済ませておきましょう。

また、規則をきちんと守れるように、中国におけるVPN利用に関する法律の最新情報を調べてください。中国のインターネット事情は変化が絶えません。当社はVPNを使った違法行為を容認しません。例えばVPNを使って中国でブロックされているサイトやサービスにアクセスするのは絶対に避けてください。

中国でVPNが使えなくなったら?

中国では、特別な日(祝日など)や重要な政府会議が行われる日などにVPNが使えないことがあります。インターネットアクセスをより厳しくコントロールし、国境を越えた情報の流れを制限する政府の取り組みのためです。政府は国民がVPNを使ってインターネットにアクセスするのをコントロールしようとしており、政府が認めたVPNの利用を優先しています。

一部のVPNはVPN通信を隠す難読化技術を採用しているため、現在も中国で利用でき、中国周辺にサーバーを設置しているので速度も良好です。しかし、信頼性の高いVPNさえいつも必ず使えるとは言い切れません。

VPNが使えなくなった場合、中国で利用できるよう最適化されているか確認してください。この記事で紹介したVPNも、時にはトラブルが発生することがあります。現在接続しているサーバーが検出され、ブロックされたのかもしれません。現地で確実に使えるよう、中国でおすすめのVPNはサーバーをモニタリングし、定期的にメンテナンスを行っています。

VPNに繋がらない場合は、次の解決方法をお試しください。

  • VPNプロトコルを変更する。中国での利用に向いているプロトコルとそうでないものがあります。うまくいくものが見つかるまで、利用可能なプロトコルを1つひとつ試しましょう。
  • 別のサーバーに接続する。現在接続されているサーバーで障害が発生した可能性があります。サーバーを切り替えると解決するかもしれません。
  • VPNソフトウェアを更新する。プロバイダがVPNアプリに何らかの変更を加えた可能性があります。アップデートすると変更が適用され、中国で使えるようになるかもしれません。
  • ほかのVPNに接続されていないか確認する。数社のVPNを試している場合、同時に別のVPN接続が有効になっていないか確認しましょう。
  • カスタマーサポートにメールで問い合わせる。上記の対処法を試しても繋がらない場合はカスタマーサポートに問い合わせて中国から使えるサーバーを教えてもらいましょう。

現在中国で使えないVPN

すべてのVPNが中国で効果的に動作するわけではありません。現在中国でサービスを展開できていないVPNをいくつか紹介します。

  • CyberGhost:以前は中国に適したVPNでしたが、グレートファイアウォールが強化されたことにより使えなくなってしまいました。
  • NordVPN:人気サービスですが、NordVPNは中国で使えません。このことは公式サイトに記載されています。
  • Surfshark:以前は使えたものの、Surfsharkは中国で使えないことが多くなっています。
  • Proton VPN:中国で使えるときと使えないときがあります。確実に繋がる保証がないため、あまりおすすめしません。
  • StrongVPN:Buffered VPNおよびSaferVPNと合併したこのサービスは、中国で繋がらないことがあります。現地のインターネット検閲があまりにも厳しいためです。Proton VPNと同様、繋がるときと繋がらないときがあります。

ほかにも、Ivacy VPN、PrivadoVPN、Total VPN、TorGuard、Hotspot Shield、AtlasVPNなどは最近中国で使えないことが確認されています。

中国で確実に利用でき、停止時間が少ないVPNサービスを選ぶのが重要です。使えなくなるサービスもありますが、中国のインターネット規制に対抗して難読化サーバーや高度なプライバシー機能を提供しているVPNも存在します。

中国でブロックされているサイトやアプリは?

国際的な動画配信サイト(Netflix、BBC iPlayer、Huluなど)は厳しい配信許諾契約を守らなければならず、中国でコンテンツを配信できません。中国滞在中にこれらのサービスは利用できないわけです。中国で視聴できるのは、現地でコンテンツ配信が許可されたプラットフォームのみとなっています(iQIYIやWeTVなど)。

また、ソーシャルメディアやニュースサイト、動画配信サイト、検索エンジン、メッセージアプリなども規制されています。規制対象サイトをいくつか紹介します。

Facebook インスタグラム Pinterest X(Twitter) ニューヨーク・タイムズ
フィナンシャル・タイムズ エコノミスト ウォール・ストリート・ジャーナル BBC ブルームバーグ
YouTube Vimeo Google Bing Yahoo
DuckDuckGo Messenger Snapchat Telegram Signal

中国VPNについてよくある質問

中国製VPNを使うと中国でプライバシーを保護できますか?

中国製VPNでプライバシーを保護できる可能性は低いでしょう。中国製VPNは政府によって厳しく規制・監視されており、データ保持が義務付けられています。プライベートかつ安全にインターネットにアクセスするという目的にそぐわないのです。難読化や強固な暗号化などの高度な技術を採用している、独立したVPNを使うことをおすすめします。

しかし、中国でいつも使えるVPNは存在しません。中国当局はVPN通信をブロックする取り組みを続けていますから、時には繋がらないことがあるのです。中国のインターネット規制に対抗するために最新技術を導入しているVPNを選ぶのが重要です。

中国でVPNを使うのはリスクが伴う可能性があります。VPNを使ったことだけを理由に外国人が罰せられた報告はないものの、法律は変わることがありますので、リスクを検討し、規制や取り締まりに関する最新情報を調べることをおすすめします。

中国で海賊版VPNを使っても大丈夫ですか?

いいえ、クラックされたVPN(違法な手段で許可なく入手された有料VPNサービス)はマルウェアなどのセキュリティリスクが多いので避けてください。また、接続が不安定だったり接続を保護しなかったりする可能性もありますから、中国での利用には向きません。

中国でプライバシーを保護する必要がある場合、高度な機能を備えた、評判の良い正規のVPNサービスを使うことをおすすめします

中国でVPNをダウンロードすることはできますか?

困難かもしれませんが、不可能ではありません。一部のVPNは中国で利用可能なミラーサイトを提供しています。通常、中国ではほとんどのVPNのサイトがブロックされているため、政府に許可されていないVPNはダウンロードできません。これを回避するため、一部のVPNはグレートファイアウォールにブロックされていない代替URLを使用しているのです。

また、中国でGoogle PlayストアとAmazonアプリストアは利用できません。Apple App Storeにはアクセスできるものの、厳しく監視されており政府が運営しているVPNアプリ以外は見つかりません。中国に入国する前にVPNをダウンロードしておくのがベストです

中国では、どのVPNサーバーを使うべきですか?

近距離サーバーに繋ぐと最速の通信が期待できます。中国本土の近くにサーバーがあるVPNを選びましょう。この記事に掲載されているVPNを含め、大半のVPNは中国本土にサーバーを設置していません。というのも、中国政府は国内でサービスを展開しているVPNを禁止したりユーザーデータを提出させたりするため、安全でなくなってしまうからです。

とは言え、香港、韓国、台湾など、中国に近いロケーションに接続すると高速通信を得られます。この記事で紹介したVPNはすべて中国本土の近くにサーバーがありますから、速度低下を最小限に抑えたい場合におすすめです。

中国でVPNが遅い理由は?

中国ではグレートファイアウォールが干渉するため、VPNが遅いと感じることが多々あります。より快適に利用するには、中国で確実に使えることが証明されているVPNを選び、サーバーを定期的に切り替えましょう。

さらに、中国では国外へデータを送信するための帯域幅がほとんど確保されていません。中国のサービスを利用するよう国民に促すためです。普段利用している国際サイトにアクセスしたい場合、少ない帯域幅を多数のユーザーと一緒に使うことになります。

速度低下を最小限に抑えるにはVPNを使うのがベストです。グレートファイアウォールに起因する速度低下は避けられないものの、VPNのせいでブラウジングや動画の視聴、トレントができないほど遅くなることはありません。

中国全土がグレートファイアウォールの規制対象ですか?

いいえ、中国全土がグレートファイアウォールの規制対象というわけではありません。中国本土の大部分は規制対象ですが、香港、マカオ、台湾は対象外となっています。これらの地域のサーバーに接続すると、中国向けの頼れるVPNでインターネットを安全に利用できます

グレートファイアウォールはどのようにVPNをブロックしていますか?

グレートファイアウォールでは、ディープパケットインスペクション(DPI)を通してVPNをブロックしています。DPIはVPN通信を特定し、ブロックする技術で、VPN利用を検出・防止するために継続的に更新されています。一部のVPNが難読化などの高度な機能を提供しているのはそのためです。そのようなVPNを利用すると、VPN通信を通常の暗号化されていない通信に見せかけることができます。

中国でおすすめのVPNプロトコルは?

何をしたいかによります。検証ではExpressVPNのLightwayプロトコルが最速でした。しかし、ExpressVPNを中国で使うにはプロトコルを「自動」に設定しなければなりませんから、必ずしもLightwayを選べるとは限りません。StealthVPNも難読化が内蔵されているため信頼性が高いことが分かりました。WireGuardとOpenVPNも使えることがありますが、上記のプロトコルと比べるとあまり頼りになりません。

多くのVPNはSOCKS5、Shadowsocks、ShadowsocksR(SSR)などのプロキシサーバーを提供しています。これらも役立つ場合がありますが、データは暗号化されないためプライバシー保護には向きません。問題が解決できないときは最終手段として試すと良いでしょう。

なお、中国でVPNが使えるかを左右するのはVPNプロトコルだけではありません。VPNを選ぶ際は、複数のプロトコルを提供していることだけでなく、難読化技術を定期的に更新していることも確認しましょう。そうすれば中国の厳しいネットワークでもより確実に使えます。

中国で無料VPNは使えますか?

無料VPNは使えますが、おすすめしません。より確実かつ安全で、評判の良い格安VPNを購入することをおすすめします。無料VPNの多くは中国でプライバシーを保護するのに必要な暗号化とプロトコルを提供していません。評判の良い無料VPNもありますが、規制の変化に対応して中国で確実に使えるようにするための資金はないのです。

また、無料VPNはプライバシーとセキュリティを脅かしたり、閲覧履歴を監視して第三者に売却したりする場合があります。さらに、マルウェアやスパイウェア、その他の悪質なコードを含む無料VPNも発見されています。

中国で使えるVPNをゲットしよう

中国ではVPN対策が強化されているため、現地で利用でき、信頼できるVPNを見つけるのは大変です。グレートファイアウォールが許可しているのは政府公認VPNのみで、そのようなVPNは政府によって厳しく監視されています。また、中国政府はグレートファイアウォールの技術を変更し続けていますから、信頼性の高いVPNさえいつも確実に使えるわけではないのです。

とは言え、独立した一部のサービスは中国で確実に使えることが証明されています。この記事で紹介したVPNは制限されたネットワークでも使えるように設計されています。機密データとプライバシーを保護するためにも有用です。

中国でVPNを使うならExpressVPNが一番おすすめです。全サーバーが自動難読化を搭載しており、中国で確実に使えるように継続的にメンテナンスされているサーバーロケーションが複数あります。また、30日間返金保証付きです。満足できなかった場合、返金してもらうのは簡単です。

まとめとして、中国で使えるVPNのおすすめはこちら!

ランク
プロバイダ
当社のスコア
割引
サイトへ
1
medal
9.9 /10
9.9 当社のスコア
49% 引き!
2
5.3 /10
5.3 当社のスコア
59% 引き!
3
9.2 /10
9.2 当社のスコア
85% 引き!
4
9.5 /10
9.5 当社のスコア
83% 引き!
5
9.0 /10
9.0 当社のスコア
67% 引き!
プライバシーにご注意ください!

アクセス先のサイトに情報が漏洩しています!

あなたのIPアドレス:

あなたの現在地:

インターネットプロバイダ:

ネットの利用状況をトラッキング・監視したり、ターゲティング広告を表示したりするために以上の情報が使用されることがあります。

VPNを使えばこのような情報をアクセス先のサイトから隠して常に情報のプライバシーを守ることができます。一番のオススメはExpressVPNです。350件以上のVPNを検査したなかでナンバーワンのサービスです。 軍事レベルの暗号化とプライバシー機能により、確実にセキュリティ対策できます。また、現在49%オフの割引キャンペーンを実施中です。

ExpressVPNへ

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。
もっと詳しく
vpnMentorはVPNサービスのレビューやプライバシー関連の話題を取り上げるサイトとして2014年に開設されました。現在、数百人のサイバーセキュリティ研究者やライター、編集者たちが、Kape Technologies PLCと協力してネット上で自由を守るために役立つ情報を発信しています。Kape Technologies PLCはExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、Integoを所有しており、当サイトにはこれらの製品のレビューが公開されている場合があります。vpnMentorで公開されているレビューは各記事の日付時点で正確とされ、製品の技術的性能、品質、およびユーザーに対する製品価値を考慮し、レビュアーによる独立した専門的かつ公平な検証を重視した当社の厳しいレビュー基準に準じて執筆されています。また、当社が公開するランキングとレビューには、上述のとおり共通の企業が所有していることと当サイトのリンクを通して購入した際に発生するアフィリエイト報酬が反映される場合があります。当社はすべてのVPNプロバイダをレビューしているわけではなく、情報は各記事の日付時点で正確とされた情報です。

著者について

ヴォーンシェインは技術ライターで、最新の技術について執筆していないときにはズンバを踊ってストレスを解消しています。彼は自分自身の情報は自分でコントロールできるべきだと考えています。ネットで何をしているかという情報を人に知られたくないなら、隠しておけるべきだと思うそうです。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
/10点 - 人のユーザーが評価しました
投票して下さり、ありがとうございました。

この記事を改善する方法についてコメントをお願いします。あなたのフィードバックが重要です!

コメントする

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

名前は少なくとも3文字以上で入力してください

入力欄の内容は、80 文字を超えないようにしてください。

「申し訳ありませんが、この欄にリンクを貼ることはできません!」

有効なメールアドレスを入力してください

name%%さん、コメントありがとうございます!

私たちは48時間以内にすべてのコメントをチェックし、本当のコメントであり、悪意がないことを確認します。その間にこの記事をシェアしてください。