SurfEasy VPN vs Zenmate VPN vs 2019

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

 
 

どのVPNがよいのか?

 

レビュー

 

価格

 

 カテゴリ別のベストVPN

 

 結論

アリエル・ホックシュタット
元Google社員。国際的な技術評論家

ZenMateは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くZenGuard社(2014年サービス開始)によって制作されたプラグインで、ブラウザとモバイル・デバイス向けにVPNセキュア・トンネルのサービスを提供します。このVPNプロキシ拡張機能/プラグインは、Google Chrome、Firefox、Operaのブラウザ、パソコン(Mac OS X)とモバイル・デバイス(AndroidとiOS)で利用可能です。これは、あなたの選択したデバイスとZenGuardのサーバーネットワーク間に仮想プライベート・ネットワーク(VPN)とよく似たトンネルを作成します。プレミアム・ユーザーにはWindowsとMac OS X向けに十分なデスクトップVPNクライアントもあります。これは、ブラウザ外のダウンロードとVoIPのニーズのための機能を提供します。

このVPNトンネルは、あなたの閲覧活動、ダウンロード、それから、銀行業務とクレジットカードのデータ送信のような機密データなどのために一流のセキュリティを提供するように設計されています。最新のLS 1.2(RFC 5246)プロトコルを使用し、PFSを備えた異なる暗号をサポートしています。費用の問題を抜きにして、コストの高いAES 256よりもAES 128の方がよいと言っています。

プレミアム・パッケージにサインアップすると、利用したいサーバーのアクセス・ポイントを選ぶことができます。ポイントは24か所あり、専用のプレミアム・サーバーでは、加速された速度を利用できます。さらに、特定のウェブサイトへ行く場合に、ロケーションを自動的に切り替えるように設定を変更することができます。無料版は、速度とプラットフォームに制限があり、サーバー位置は、ドイツ、ホンコン、ルーマニア、アメリカの4か所に限定されています。しかし、無料でもプレミアム・ユーザーでも、個人のデータは常に保護されます。それは、選択したパッケージとそのデータ量(つまり、制限されていれば)、そしてプライバシー・ログのレベルによります。上限があればデータの総量だけが記録され、あなたのアカウントがデータ量無制限であれば、記録されません。

あなたのアカウントを確認するだけで、無料で7日間、プレミアム・サービスを試用することができます。その後、無料サービスに戻すことも、有料サービスのどれかにサインアップすることもできます。3プランから選ぶことができ、月払いと年払い(最も人気)の他、よろしければ半年払いもあります。主なクレジットカードのほか、UnionPay、PayPal、Bitcoinも使えます。後者の方の手段は、なるべく匿名でいたい人によいでしょう。

カスタマー・サポートは、詳細に解説されてますが、ウェブサイトを利用して自分でトラブルシューティングするだけです。プレミアム・ユーザーは、サポート・チケットで好ましいサポートを受けられます。しかし、チケットが多ければ、返答に時間がかかるでしょう。ここではあまりはっきりしませんが、ユーザー・サポートの点ではがっかりです。

結論的には、しっかりしたブラウザ拡張機能/プラグインであり、とても操作が簡単です。シンプルですが効果的です。他のVPNプロバイダーと比べると、追加機能はありません。外観の下に何か変わったものを隠してはいません。
無料ユーザーは、ブラウザ・プラグインと全く同じセキュリティを利用できます。一方、プレミアム・ユーザーはキルスイッチやオートスタート機能などの追加機能を利用できます。EverSecureとマルウェア保護は言うまでもありません。

面白いことに、当社サイトトップに位置する仮想プライベートネットワークのZenmate VPNとNordVPNを比較すると、Zenmate VPNNordVPNから学ぶことが多いと気が付くでしょう。 Zenmate VPN と NordVPNを比較する